ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.222>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:今回は Car Models File-No.222です!
館長:ぞろ目です、、、222
館長:フランスはルノーのクルマの登場です
学芸員B:ルノーのクルマは“初”ですか?
館長:ラリーカーの「A110」があったかな!?
学芸員A:今回もラリーに関係ありそうですね、、、?
館長:鋭いっ!その通り、ラリーのホモロゲーションモデルとして製作された
館長:それまでのルノー車中最高価格だったそうだよ
学芸員B:よ〜し、検索だ!
1980-Renault-5-turbo_01
Renault 5 Turbo(1980–82年)
学芸員A:でちゃいまいしたね、、、「5 ターボ」
館長:WRC(世界ラリー選手権)のグループ4のホモロゲーションモデルだ!
学芸員B:真四角なクルマですね!それなのにワイドボディ、とてもパワフルですね〜
館長:なんと、このスタイルでエンジンはミッドシップなのだ、そして後輪駆動で走る
学芸員A:ベース車の「ルノー 5」はフロントエンジンで前輪駆動なんですけどね
館長:逆のレイアウトになってるね、、、
館長:最高出力が160PS、最大トルク:が21.4kgm
学芸員B:あれ〜?、、、実力はそれほどでもない!?
1980-Renault-5-turbo_02
Renault 5 Turbo(1980–82年)
館長:問題なのは車重よ、車両重量、、、970kgの軽量なのだ
学芸員B:小型軽量でスポーツカーのレイアウトを持つラリーで勝つためのクルマ
学芸員A:「5」とかいて「サンク」と読む
学芸員A:それがルノー 5(サンク)ターボ
館長:歴史を見れば、スタートは1978年のパリサロンでの発表となる
館長:1980年から市販が開始され、'83年までに1300台がロールアウトする
学芸員B:それから、それから!


学芸員B:ラリーにも出場したのですよね?
館長:ラリーの成績は1981年のモンテカルロラリーで優勝ルした
館長:1983年からは、ボディ材質を改めるなど、より生産性を高めたターボ2へとチェンジ
館長:1985年まで生産は続けられた
学芸員A:さ〜て、映像探しへいってみましょうか?
1980-Renault-5-turbo_03
Renault 5 Turbo(1980–82年)
館長:それじゃあ、映像を探しましょう
学芸員:わかりました




essai camera embarqué r5 turbo
館長:「Queen」の曲に乗せて、颯爽と登場!
学芸員A:テンションが上がりますねぇ
館長:官能的なエンジンサウンド!痺れるねぇ
学芸員B:内装もセンスが良いデザイン
館長:さすがっ!フランス人
学芸員A:次の映像です

RENAULT 5 TURBO ルノー5ターボ
館長:これだ!という映像がないですねぇ
学芸員B:そうですね
学芸員A:これはどうでしょう?

ルノーサンク・ターボin多治見
館長:日本の 5 ターボが、多治見に集合か!?
学芸員A:ルノー車中最高価格で少量販売された、とWikipediaにありました
学芸員A:その少量のうち、日本に何台ほど入ってきたのでしょう?
学芸員A:やはり年数も経ていますから、希少でしょうね
学芸員B:最後はサーキットランでどうでしょう?
館長:いいねぇ
館長:最後にその映像でお別れしましょー

Renault 5 Turbo 2 In Action On Track


館長:サウンドに痺れるわぁ
館長:それでは、今日はここら辺で、、、
館長&学芸員:おつかれさまでした
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪

出典:Favcars.com
参照:Wikipedia



   
スポンサーサイト

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR