1/24 博物館<File No.214>Part 5 ランボルギーニ ミウラ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.214 ////////////////////////////////////

ESCI 1/24 Lamborghini MIURA
エッシー 1/24 ランボルギーニ ミウラ
Car Models File-No.214

PCM00314_17
Car Models File-No.214エッシー 製の MADE IN ITALY
『ランボルギーニ ミウラ』 プラモデル キットです。
ランボルギーニ ミウラ(1966年・イタリア)
古いキットの紹介です。
オリジナリティーのあるキットです(笑
実車に似てるとは、とても言えないモデルですけど、
斜め後方から見る角度だけ、お気に入りです!
非常に珍しいと思いますので楽しんでください。
現在の決定版キットはハセガワ製のミウラSVですかね〜。。。

PCM00314_18
──── ミウラ SV への道

 タイトルは、ちょっと置いておいて(汗
1966年のミウラP400から1973年のミウラP400SVの生産終了まで765台がリフト
オフしました。
その後、ミウラは次のフラッグシップモデル、カウンタックへとそのポジションを譲
り渡しました。
当博物館の展示車両であるミウラSVをご紹介しましょう♪
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.8>Part 1
博物館ファイルナンバーが「8」です。4年前なんですねぇ。。。
パート2もあります。
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.8>Part 2

PCM00314_19
──── ミウラ SV への道…その2

 ミウラからカウンタックへ。
そのフラッグシップのポジションを譲ったのは1973年。
6年間の生産期間の間には、ワンオフモデルを含め数々のモデルが輩出される。
「P400」1966年、ミウラのすべてはここから始まった。
「ロードスター」1968年、カロッツェリア・ベルトーネの作品となるスタディモデル。
「P400S」1968年、370PSにパワーアップされたV12を搭載する。
「Jota」1970年、後にJ=イオタと呼ばれるワンオフモデル。
「P400SV」1971年、リヤフェンダーを広げ幅広タイヤに履き替え385PSにアップ!
「SVR」1972年、特別な名前を持つミウラは、日本で最も有名なミウラ・イオタだ!
これがミウラの変遷。そのどれもがランボルギーニの歴史を示すスペシャルモデル。

PCM00314_20


Car Models File-No.214
エッシー 1/24 ランボルギーニ ミウラ
ESCI 1/24 Lamborghini MIURA

Car Models File-No.214 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



      
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR