1/24 博物館<File No.214>Part 3 ランボルギーニ ミウラ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.214 ////////////////////////////////////

ESCI 1/24 Lamborghini MIURA
エッシー 1/24 ランボルギーニ ミウラ
Car Models File-No.214

PCM00314_09
Car Models File-No.214エッシー 製の MADE IN ITALY
『ランボルギーニ ミウラ』 プラモデル キットです。
ランボルギーニ ミウラ(1966年・イタリア)
古いキットの紹介です。
オリジナリティーのあるキットです(笑
実車に似てるとは、とても言えないモデルですけど、
斜め後方から見る角度だけ、お気に入りです!
非常に珍しいと思いますので楽しんでください。
現在の決定版キットはハセガワ製のミウラSVですかね〜。。。

PCM00314_10
──── 世界を驚愕させたスタイル

 量産車として世界初となるミッドシップ・レイアウトにエンジンを搭載するミウラ。
そのエンジンを含めてメカニカルな部分の設計を担当したのは、ジャン・パオロ・
ダラーラとパオロ・スタンツァーニ。足回りを調教するのは、テストドライバーの
ボブ・ウォレス。このエンジン横置きミッドシップ・レイアウトは革新的なもので、
当時、偶然に3人が夕食を一緒にした際の雑談の中でアイデアが生まれたそうです。
ちなみに、横置きエンジンによる後輪駆動は、1959年に登場したアレック・
イシゴニスによるADO15(オースティン・ミニ)からヒントを得たものだそうです。

PCM00314_11
──── 世界を驚愕させたスタイル…その2

 今現在でもミウラのデザインを超えるものがないと、言える(私は)ほど斬新なスタ
イリングは、弱冠28歳でカロッツェリア・ベルトーネのチーフ・スタイリストに迎え
られたマルチェロ・ガンディーニのベルトーネでの処女作でした。
エンジンは排気量3929ccのV型12気筒DOHCで、最高出力350HP/7000rpmと
最大トルク37.6kgm/5100rpmを発揮、車両重量980kgのボディを最高速度276km/h
で走らせる。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーンである。
標準のタイヤは210×15サイズのピレリ・チンチャラートHSであった。

PCM00314_12


Car Models File-No.214
エッシー 1/24 ランボルギーニ ミウラ
ESCI 1/24 Lamborghini MIURA

Car Models File-No.214 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



      
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR