【ビデオ】旧車なんだけど、旧車じゃない!それは何かと尋ねたら・・・

いくつかビデオを紹介したいと思います。
まずは、ポルシェ。
ポルシェのチューナーでは、シンガー・ビークル・デザイン社が有名ですけど、
注目ガブを発見!
それは、「ライトスピード・クラシック」という911でございます。
手掛けるは、ドイツのミュンヘンにある会社、Autoaktiv Motorsport(オートアクティブ・モータースポーツ)社です。

この911の製作者は、ポルシェの元エンジニアであるRalf Skatulla氏です。
これは、旧車の911、"ナロー・ポルシェ"に見えるでしょ。ナローは1973年以前の
モデルですけどー、実は1990年代初期の964型をベースにチューンしているのです。
クラシックな佇まいと仕上げの美しさが、ゲーム的CGではないかと、勘ぐってしま
うほど、仕上がりがすこぶる凄まじい。
ちなみに、心臓部は964型RS用の3.8リッター水平対向6気筒エンジン。チタン製
パーツを使ってリビルドされていて、340hpの最高出力を発揮するとのこと。
トランスミッションは996型ターボ用で、クラッチは997型GT3 RS用。
そしてブレーキは996型GT3カップ用と、いいとこ取りのニコイチ、サンコイチ。
いや、ヨンコイチか!?
アルミホイールも純正ではなく(当たり前か)、フックス風の17インチ3ピース。
前225/45、後275/40サイズのミシュラン「パイロットスポーツ」タイヤを履く。

それでは、美しく舞う古き現代の911をご覧ください。

Fahren in reinster Form - Tim Schrick/Lightspeed Classic

お次は、日本車編です。
ポルシェと同じく、旧車のようで旧車じゃない!
その旧車は、トヨタ2000GT。日本の名車中の名車。レプリカの話もよく聞きますが。
日本のスーパーカー第1号と呼べる2000GTが、なんとハイブリッドで蘇る!?

Rocky Auto 「RHV」
それが、新生トヨタ2000GT with ハイブリッドの名前です。
数台のオリジナル2000GTから3D CADでデータを測定して、さらに、その測定誤差を
現代の技術で取り除き、職人の手作業で造形されたボディは、スーパーレプリカと呼ぶ
に相応しい。
心臓部のハイブリッドシステムは、トヨタ・アクア用1.5リッターHVシステムを搭載。
車重は1トン以下に抑えて、軽快さと省燃費を両立している。
欲しいでしょ!?
しかし、アクアのHVシステムと言ってもお安くは買えません(残念
開発コストが掛かっていますから、値段は1700万円程になりそうだということ。
実車、スーパーレプリカともに2000GTはプレミアムカーということで。

この映像を見てしまったら、取り込まれますよー。。。

Rocky Auto RHV -TOYOTA 2000GT-HV SUPER REPLICA- 試乗

最後にサービス・カット!
PCM00113_11
ハセガワ 1/24 トヨタ2000GT 前期型
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.13>

PCM00113_12
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.13>Part 2
当 1/24 博物館で収蔵のトヨタ・2000GTです。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR