1/24 博物館<File No.212>Part 5 ホンダ オルティア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.212 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 HONDA ORTHIA 2.0GX-S
アオシマ 1/24 ホンダ オルティア 2.0GX-S
Car Models File-No.212

PCM00312_17
Car Models File-No.212アオシマ 製の ザ・ベストカー シリーズ No.34
『オルティア 2.0GX-S(オプション仕様)』 プラモデル キットです。
ホンダ オルティア(1996年・日本)
初めてじゃないかなぁ、、、このスタイル?
ステーションワゴン・タイプのクルマの登場です。
名前を聞いても、知らない人が多いのではないかなぁ。
模型として存在することが、また奇跡!?

PCM00312_18
──── オルティアの主要装備

 オルティア 2.0 GX-S の装備を調べてみました。
「◎」「●」について…◎はメーカーオプション ●は標準装備
◎運転席用&助手席用SRSエアバッグシステム
◎ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)
◎電動ガラス・サンルーフ(チルトアップ機構付)
◎ホンダ・ナビゲーションシステム
●木目調センターコンソールパネル
●キーレスエントリーシステム(全ドア/テールゲート)
●革巻ステアリングホイール
●スポーツグリル
●オートエアコンディショナー
●ルーフレール
●高熱線吸収グリーンガラス(フロントウインドウ)
●プライバシーガラス(リアドア/リアクオーター/リアハッチ)
●ハーフポジション付トノカバー
●フォグライト
●カーゴフック&マルチユースネット
●195/60 R14 86Hスチールラジアルタイヤ
これだけの装備で、新車価格 2,183,000円

PCM00312_19
──── オルティアの調べ

 オルティアは、6代目シビックのプラットフォームをベースに、車体を200mm程延
長して荷室を設けたステーションワゴン。
ルーフレール、ガラスハッチやフォグランプ、キーレスやオートエアコンなど充実し
た標準装備が用意されていた。
エンジンは「CR-V」に搭載されていたB20B型 直列4気筒 DOHC 2.0L(145PS)
を搭載。トランスミッションは、2.0Lは4速ATのみの設定、4WDは「リアルタイム4
WD」と呼ばれるスタンバイ式で、ホンダ独自の「デュアルポンプシステム」が搭載さ
れていた。通常走行はFFで、雪道等で前輪と後輪の回転数が異なった場合、油圧を発
生させクラッチをつなぎ、後輪に駆動力を伝達するもの。これは、スポーティ走行の
ためというよりは、生活四駆的な性格のシステムなのである。

PCM00312_20


Car Models File-No.212
アオシマ 1/24 ホンダ オルティア 2.0GX-S
AOSHIMA 1/24 HONDA ORTHIA 2.0GX-S

Car Models File-No.212 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



      
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR