1/24 博物館<File No.211>Part 4 サンバートラック 郵便車

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.211 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 SUBARU SAMBER POST CAR
アオシマ 1/24 サンバートラック 郵便車
Car Models File-No.211

PCM00311_13
Car Models File-No.211アオシマ 製の ザ・ベストカーGT No.92
『'12 サンバートラック 郵便車』 プラモデル キットです。
サンバートラック 郵便車(2012年・日本)
働くクルマの登場です。
街で、工事現場で、農作業現場で! 世の中には、たくさんの働くクルマが活躍してま
すね。子ども達は大好きですよねー。今回は、そんな働くクルマの中で郵便物を集め
たり配ったり、郵便車です。

PCM00311_14
──── スバル サンバーの歴史

 初代サンバーは、スバル360をベースにした軽トラック、ライトバンで、生活に密
着したクルマとして1961年(昭和36年)に市販された。前年の東京モーターショー
で発表されています。2015年現在で8代目、長〜い歴史を歩んでるのです。
ここから、ざ・ざ・ざーーっと振り返ってみてみましょう♪
初代(1961年〜1966年)
スバル360の開発者でもある富士重工業の百瀬晋六をチーフエンジニアとして、
スバル360の完成直後から開発に着手した。
軽トラックとしては早い時期にキャブオーバーレイアウトを採用ている。
キャブオーバーレイアウトとは、エンジンの上にキャブ(運転席)があるもののこと。

2代目(1966年〜1973年)
1966年(昭和41年)登場。通称「ニューサンバー」。
1970年(昭和45年)、エンジンはR-2用のリードバルブ付2サイクルに変更される。
このモデルは通称「ババーンサンバー」と呼ばれる。
さらに1972年(昭和47年)に再度マイナーチェンジを受け、ダミーグリルが大型化。
このモデルは通称「すとろんぐサンバー」と呼ばれる。

PCM00311_15
──── スバル サンバーの歴史…その2

3代目(1973年〜1982年)
1973年(昭和48年)2月登場。
宣伝コピーから「剛力(ごうりき)サンバー」という通称で呼ばれる。
初代以来の空冷エンジン(EK31型)から、前年にデビューしたレックスに搭載してい
た水冷エンジン(EK34型)に換装される。
1976年(昭和51年)2月、長らく続いた2サイクルエンジンを捨て、水冷4サイクル2
気筒SOHCエンジン(EK21型)に換装される。同年5月、スバルにとって550cc規格
は急だったため、従来ボディにバンパーのみ延長させて500ccエンジン(EK22型)を
積んだ。これが「サンバー5(ファイブ)」。
1977年(昭和52年)にはボディを拡大し刷新。550cc(EK23型)となる。
1980年(昭和55年)より走破性に優れた四輪駆動モデルが軽トラックおよび軽キャブ
バンとして設定された。

4代目(1982年〜1990年)
1982年(昭和57年)9月登場。ワンボックスタイプが「サンバートライ」となる。
1987年(昭和62年)9月のマイナーチェンジでは「サンバートライ」からハイルーフ
下級モデルおよび標準ルーフ車が「サンバーバン」として分離した。
「サンバートライ」上位モデルに3バルブエンジン車が登場。
また、4代目をベースに1000cc3気筒SOHCエンジン(EF10型)を搭載したドミンゴ
が1983年(昭和58年)に誕生している。

PCM00311_16


Car Models File-No.211
アオシマ 1/24 サンバートラック 郵便車
AOSHIMA 1/24 SUBARU SAMBER POST CAR

Car Models File-No.211 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



        

        
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR