1/24 博物館<File No.210>Part 4 スチュードベーカー アヴァンティ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.210 ////////////////////////////////////

amt 1/25 Studebaker Avanti
amt 1/25 スチュードベーカー アヴァンティ
Car Models File-No.210

PCM00310_13
Car Models File-No.210amt・アーテル 製の
『スチュードベーカー アヴァンティ』 プラモデル キットです。
スチュードベーカー アヴァンティ(1963年・アメリカ)
ものすごく古いキットです。
なんども再販していますね。タイミング良く手に入れた方もいるかも。。。
下にもアマゾンの商品検索でヒットしたものを掲載しましたが、、、いつまで商品があるでしょうか。

PCM00310_14
──── アヴァンティ人気上々?

 1962年6月に発表されたスチュードベーカー・アヴァンティは、そのレイモンド・ローウィによる前衛的なデザインにより、高い注目を集め受注は順調、なんと同年開催のインディ500のペースカーに選ばれたのです。ところがFRPボディ※の生産体制が整わず、デリバリーが進まない状態に陥った。ついにはインディのペースカーまでもラーク・デイトナ・コンバーチブルに変更せざるを得ない事態に追い込まれしまうと同時に、大量の注文キャンセルが発生してしまった。
※アヴァンティのFRPボディの生産を請け負っていたのは、1954年以来シボレー・コルベットのFRPボディを手がけていたオハイオ州の「Molded Fiberglass Products Company」というメーカー

PCM00310_15
──── 奈落の底のアヴァンティ

 スチュードベーカーはアヴァンティのボディを外注から自社生産に切り替えた。アヴァンティの1964年モデルではヘッドライトの縁を丸から四角に変更するなどしてイメージチェンジを図り再起を願うも会社はすでに手遅れの状態、1964年モデルが登場して間もない1963年12月にはアメリカ国内での自動車生産を打ち切るという発表されたのでした。主力のコンパクトカー・ラークはカナダ工場で継続生産されたが、アヴァンティはこの時点で生産が打ち切られた。アヴァンティの累計生産台数は4,643台と今となっては希少な名車となりました。なんとアヴァンティは、当時の日本にも輸入されていたのです。当時の輸入代理店は「日新自動車」、このディーラーによって少なくとも2台が輸入されたそうです。

PCM00310_16


Car Models File-No.210
amt 1/25 スチュードベーカー アヴァンティ
amt 1/25 Studebaker Avanti

Car Models File-No.210 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



    
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR