1/24 博物館<File No.209>Part 6 アウディ R8

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.209 ////////////////////////////////////

Revell 1/24 Audi R8
レベル 1/24 アウディ R8
Car Models File-No.209

PCM00309_21
Car Models File-No.209アメリカレベル・モノグラム 製の
『アウディ R8』 プラモデル キットです。
アウディ R8(2006年・ドイツ)
お初のお目見得ですね!?
2003年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカーである「アウディ・ルマン・クワトロ」をベースにしたドイツ・メイド・スーパーカーが『アウディ R8』です。

PCM00309_22
──── 見えない床下

 R8のフロア下は完全被覆(ひふく)型。まさにこれは、レーシングカーさながらのフラットボトム設計と呼ばれるもの。Cd値はダウンフォースを発生させるスーパースポーツとしては優秀な0.345だ!リヤディフューザーなどの空力デバイスが効果的に機能している証拠だ。アウディはA8から積み上げてきたアルミスペースフレーム(ASF)技術がR8の骨格に存分に活かされている。高剛性とボディシェル状態で210kgという軽さはライバルたちを完全に凌駕する。

PCM00309_23
──── R8の造形は…

 正直、特徴のない造形だと、、、失礼しました。
しかし、エキゾチックなイタリアン・スーパーカーとは一線を画すスタイリングであることは間違いない!
こんな表現は、いかがでしょうか?…スーパースポーツ本来の攻撃性や威圧感を、アウディの持つ先進性や優美さと高度にバランスさせた造形が、R8のアイデンティティーの最たるものである。
 フロントバンパーグリル、ヘッドライト及び下部グリル、リヤコンビランプなど、全体的なイメージにもTTと共通性が認められ、アウディ・スポーツモデルのフラッグシップとしての存在感を醸している。
 最後に、R8は快適性の追求も怠りなく、長めのホイールベース、余裕ある全高、と快適なドライブが楽しめる居住空間を確保している。また、フロントに100リットル、シート後方にゴルフバックも積める90リットルのトランクスペースを設けている。わたくし個人としてはスーパースポーツの定義としては納得できないところではあるが、、、現代のスーパースポーツの姿を提示するプレゼンテーションモデルであった。

PCM00309_24


Car Models File-No.209
レベル 1/24 アウディ R8
Revell 1/24 Audi R8

Car Models File-No.209 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



      
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR