【ビデオ】旧車“青い鳥”は海を渡って走る



この映像のタイトルは「The Nissan Bluebird is a Little Beast」
直訳すると「日産ブルーバードはリトル・ビーストである」。。。

このブルーバードの所有者は、日産とダットサンの愛好家であるTroy Ermishさん。
彼はアメリカの熱狂的な510ブルーバード・マニアなのだ。
映像からその熱き想いがひしひしと伝わってきますよー♪


──── 古き良き時代の日産…

510ブルーバードとは、1967年に登場した3代目のダットサン(日産)ブルーバードで、型式が510型系と呼ばれるものです。駆動方式はFR、L型と呼ばれる新開発の水冷直列4気筒 SOHCエンジンを搭載し、軽量コンパクトでスタイリッシュなエクステリアにラリーでも活躍するなど、ファミリーカーの枠を超えて現代でも親しまれる名車であ〜る。
日本国外では、廉価でありながら欧州車並みに高度なスペックを備えた魅力的なセダンとして「プアマンズ・BMW」と言われ、ラリーフィールドでのタフネスな活躍ぶりとも相まって人気を高め、史上初めて北米市場でヒットした日本車となった。当時の米国では高校生が初めて乗るクルマとして人気を博し、その世代の米国人にとっては思い出深いクルマなのだそうだ。

Troy Ermishさんは、そんな世代の一人かもしれない。
510ブルーバードに魅せられ、1989年からダットサン車でのモータースポーツ活動の傍ら、現在ではレストア稼業も営む彼は、510ブルーバードの熱狂的なファンであり、所有者でもあるのです。
彼の所有する510ブルーバード・クーペは現在アメリカ国内で30台程度しか現存していないとされる希少車なのだ。

また、彼がこれまで自身のショップで手がけたブルーバードは225台以上!
彼は言う「510に自分を投影しているのさ、とてもよく出来たクルマだし、“never give up”で“work hard”なところがまさしく自分とそっくりなのさ。」

まさに彼にとっては510ブルーバードは彼の人生そのものであるようです。


【ビデオ】カッコイイぞ!カスタムZ!
もう1本ご紹介しちゃおう♪

AC x PD: Rich M | Datsun 240z
イメージは『湾岸ミッドナイト』の“悪魔のZ”でしょうか!?
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR