私のこと、知ってますCAR? 第14弾!

私のこと、知ってますCAR?
第14弾です。
世の中は広い!
まだ、まだ、まだ、知らないクルマが次から次へと、、、悩ましい。
魅力的なだけにさらに悩ましい♪
今回のクルマは?

さーて、第14弾は、え〜っと、恥ずかしながら知らなかったクルマです。
知るきっかけになったのは、Pinterest です!
何、このクルマ?コンパクトなスポーツカー。MGとかマーコスとか、、、
調べたら、TVR 。タスカンとかサーブラウのTVRなの!?
これは放っておけないぞー!身体の中のクルマ虫が騒ぎ出したぞー♪
・・・・・・・・・・・
いろいろと写真を探しまして、、、こんなクルマなのです。。。
TVR-Vixen-S2_01
TVR ヴィクセン S2

私のこと、知ってますCAR? 第14弾は、
TVR ヴィクセン(VIXEN):1967〜1973年・イギリス

Wikipediaには、

ビクセン(Vixen )は、イギリスのTVRが製造・販売していたスポーツカー。
ビクセンとは「雌ギツネ」を意味する。


■概要

グランチュラの後継車として1967年に登場。
車体が鋼管チューブラーフレームとFRP製ボディで構成されているのはグランチュラと同様。
エンジンはグランチュラに搭載されていたMG・MGB用1.8Lエンジンに代わり、フォード製の1.6L直列4気筒OHVエンジンを搭載され、88PS・99.5PS・115PSの3種類がラインナップされた。トランスミッションは4速MT。サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン・コイルによる独立懸架方式を採用。
ビクセンには4種類のモデルが存在する。モデルの変遷は以下の通り。
S1:1967年に登場した初期型モデル。
S2:1968年にモデルチェンジ。ホイールベースが延長され、ボディマウントがそれまでの接着式からボルト留めとなった。
S3:1970年にモデルチェンジ。エンジンのパワーアップとアルミホイールの標準装備化を図った。
S4:1972年にモデルチェンジ。後のMシリーズ並みの強固なフレームを採用。総生産台数が23台と全モデル中一番少ない。
1973年の生産終了までに累計750台程製造された。ちなみに、同じシャーシとボディにフォード製3.0LV6エンジンを積んだものが「タスカンV6」、同社製4.7LV8エンジンを積んだものが「タスカンV8SE」である。


TVR-Vixen-S3_01
TVR ヴィクセン S3

──── まずは「TVR(TVR Motors Company)」

 イギリスはブラックプール在住のエンスージアスト、トレヴァー・ウイルキンソンが1949年に製作したバックヤード・スペシャルから出発したTVR(創立者の名であるTreVoRに由来)は、1957年にプロダクションモデル第1号のグランチュラ(南米の毒蜘蛛という意味)を世に送り出した。その後も電子制御や安全装備をもたない小型スポーツカーをコツコツと製造するも、1990年代には同国で最大の独立したスポーツカー・メーカーとなっていた。2004年にロシア人実業家に買収され、それ以降は会社運営に迷走し販売は激減、2006年12月には経営破綻した。製造されたクルマの評価は、高性能のわりに安価だが、信頼性に欠けると評された。

 話を巻き戻し、TVRの記念すべき第1号車であるグランチュラは、短いホイールベースとワイドなトレッド、いささか奇怪なボディを特徴とするクルマで、その改良を進めながら同じシャシー&ボディに米国フォードの4.7リッターV8を積んだグリフィスなどを生産していた。

TVR-Vixen-S3_02
TVR ヴィクセン S3リアビューがセクシーだろゥ!?

 1967年に登場したヴィクセン(雌ギツネ)はグランチュラの後継モデルで、鋼管フレームとFRP製2座クーペボディは基本的に従来通りだが、エンジンはそれまでのMGB用1.8リッターに代わり88PS/99.5PS/115PSと3種のチューンが揃った英国フォード製の直4OHV1599ccを搭載。サスペンションは生産車としては珍しい前後ともダブルウィッシュボーン・コイルによる独立で、前ディスク、後ドラムのブレーキを備え、15インチの大径タイヤを履いた。翌年にはビクセンはS2へと発展。ホイールベースが延長され、ブレーキサーボが標準となり、ボディマウントがそれまでの接着式からボルト留めとなった。70年に登場したS3ではエンジンがパワーアップされ、アルミホイールが標準装備された。72年には後に登場するMシリーズと同じより強固なフレームを持つS4に発展するが、これは生産台数23台とごく少ない。ヴィクセンは73年に姿を消すまでS1/S2/S3/S4合わせて750台余りが造られた。なお、基本的に同じシャシー&ボディに英国フォード製3リッターV6を積んだモデルがタスカンV6、米国フォード製4.7リッターV8を積んだタスカンV8SEがある。


映像を見ましょう!♪

TVR VIXEN S3 GANDESA 1
S3の映像ですね。ちょっとボケ気味ですが、、、


TVR Vixen Sound
昨年2014年の映像のようです。素晴らしいコンディションですねぇ。

ヴィクセンの前モデルのグランチュラも見てみましょう♪
いささか奇怪なスタイルとは〜??

◆TVR グランチュラ~毒蜘蛛1962年製

最後にヴィクセンのスペックをわかる範囲で!
──── ヴィクセン 1600

■メーカー:TVR ■国籍:イギリス
■駆動方式:FR ■乗車定員:2人
■トランスミッション:4速MT(フロア)
■ドア枚数:2 ■車両重量:762kg
■エンジン種類:ガソリン 4サイクル
■ボア×ストローク:80.94mm × 77.52mm ■排気量:1598cc
■最高出力:90PS/5500rpm
■最大トルク:13.5kgm/3600rpm
■全長:3590mm ■全幅:1625mm ■全高:1220mm
■ホイールベース:2220mm
■前トレッド/後トレッド:1360mm × 1390mm
■サスペンション(前):独立ダブルウィッシュボーン・コイル
■サスペンション(後):独立ダブルウィッシュボーン・コイル
■ブレーキ(前):ディスク・サーボ ■ブレーキ(後):ドラム
■タイヤサイズ(前):165-15 ■タイヤサイズ(後):165-15
■ステアリングギア:ラック&ピニオン
■燃料供給装置:キャブレター

──── ヴィクセン 1600S2

■メーカー:TVR ■国籍:イギリス
■駆動方式:FR ■乗車定員:2人
■トランスミッション:4速MT(フロア)
■ドア枚数:2 ■車両重量:762kg
■エンジン種類:ガソリン 4サイクル
■ボア×ストローク:80.97mm × 77.6mm ■排気量:1599cc
■最高出力:99.5PS/5000rpm
■最大トルク:14.2kgm/3600rpm
■全長:3695mm ■全幅:1635mm ■全高:1220mm
■ホイールベース:2290mm
■前トレッド/後トレッド:1345mm × 1370mm
■サスペンション(前):独立ダブルウィッシュボーン・コイル
■サスペンション(後):独立ダブルウィッシュボーン・コイル
■ブレーキ(前):ディスク ■ブレーキ(後):ドラム
■タイヤサイズ(前):165-15 ■タイヤサイズ(後):165-15
■ステアリングギア:ラック&ピニオン
■燃料供給装置:キャブレター
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR