1/24 博物館<File No.206>Part 2 ランチア デルタ HF

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.206 ////////////////////////////////////

Hasegawa 1/24 LANCIA DELTA HF integrale 16v
ハセガワ 1/24 ランチア デルタ HF インテグラーレ16v
Car Models File-No.206

PCM00306_05
Car Models File-No.206ハセガワ 1/24 自動車 CDシリーズ
『ランチア デルタ HF インテグラーレ16v』 プラモデル キットです。
ランチア デルタ HF インテグラーレ16v(1989年・イタリア)
“ランチア祭り”の5台目でーす!
大将『デルタ』の登場でーす!
ランチア祭りだ、わっしょい♪

PCM00306_06
──── インテグラーレへの道

 ランチアから「デルタ」が生まれたのが1979年(ランチアの草創期1911年にも「デルタ」という車種が存在したそう)。デルタは、基本的には普通のハッチバックモデルだった。しかし、生粋の走り好きの国民性は、よりスポーツ性を高めたモデルを生み出した。それが前輪駆動の「HF」。これにさらにターボ仕様、そして4WD仕様も生まれ、インテグラーレにつながる流れができあがった。もう一つ、カタチにもこだわる国民性は「ジウジアーロ」にそのデザインを委ねた。直線基調でかっちりとした折り目正しくも張りのあるデザインは、70年代の後半のジウジアーロらしさを醸し出している。
ちなみに初代ゴルフもジウジアーロ作です。
PCM00306_07
──── インテグラーレへの道…その2

 ランチア・デルタ インテグラーレは、それまでのHF 4WDをベースとして、アバルトがメイクスを担当。カンクネンを擁してWRCの2連覇を果たしたマシンのベースモデルであり、ホモロゲーション・モデルとして徹底したレギュレーション対策を施して1988年にデビューしている。「HF インテグラーレ」のなが冠されているそのスタイリングは、基本こそ5ドア・ハッチバックのデルタだが、大きく張り出したブリスターフェンダーは迫力十分。さらに角形のヘッドランプは丸形の4灯となり、徹底して冷却を意識したフロントグリル、空力を考えたスポイラーなど、計算し尽くされた対策が視覚的にも強烈に存在感をアピールしている。
PCM00306_08


Car Models File-No.206
ハセガワ 1/24 ランチア デルタ HF インテグラーレ16v
Hasegawa 1/24 LANCIA DELTA HF integrale 16v

Car Models File-No.206 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR