ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.206>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.206 ////////////////////////////////////

Hasegawa 1/24 LANCIA DELTA HF integrale 16v
ハセガワ 1/24 ランチア デルタ HF インテグラーレ16v
Car Models File-No.206

PCM00306_01
Car Models File-No.206ハセガワ 1/24 自動車 CDシリーズ
『ランチア デルタ HF インテグラーレ16v』 プラモデル キットです。
ランチア デルタ HF インテグラーレ16v(1989年・イタリア)
“ランチア祭り”の5台目でーす!
大将『デルタ』の登場でーす!
ランチア祭り続けましょー♪

PCM00306_02
──── キットの解説より

※ランチア デルタ HF インテグラーレ16V 1989 サンレモ ラリー キットの解説より、、、
 世界ラリー選手権(WRC)は、1987年より年間生産台数5000台以上の4座席の車をベースとしたグループA仕様車で争われる様になりました。これによって各自動車メーカーは、WRCへ参戦する事で直接ユーザーへアピールできる絶好の場と考えたのです。ランチアは、このグループAによるWRCにデルタ・インテグラーレで挑みました。そして、名門チームにふさわしく87、88、89、90年と4年連続でメイクスチャンピオンとなったのです。
PCM00306_03
──── キットの解説より…その2

 16バルブ仕様のインテグラーレが初めて姿を現したのは、89年のサンレモラリーでした。ランチアの地元イタリアということで必勝を期して投入され、見事デビューウィンを果たしました。90年のシリーズから本格的に投入された16バルブ仕様は、それまでの8バルブ仕様と違い、ボンネット上にバルジが追加され、一段と迫力を増しています。迎えた91年のシーズンは、ライバルのワークスマシンが台頭してきたものの、WRCの豊富な経験と実績、それに加え優秀なドライバーにより5年連続のメイクスチャンピオンを獲得しました。
PCM00306_04


Car Models File-No.206
ハセガワ 1/24 ランチア デルタ HF インテグラーレ16v
Hasegawa 1/24 LANCIA DELTA HF integrale 16v

Car Models File-No.206 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR