1/24 博物館<File No.204>Part 2 ランチア 037 ラリー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.204 ////////////////////////////////////

Hasegawa 1/24 LANCIA 037 RALLY ‘1984 TOUR DE CORSE RALLY WINNER’
ハセガワ 1/24 ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー
Car Models File-No.204

PCM00304_05
Car Models File-No.204ハセガワ 1/24 コレクションラリーシリーズ No.CR030
『ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー』 プラモデル キットです。
ランチア 037 ラリー(1984年・ツール・ド・コルス ラリー ウイナー)
“ランチア祭り”の3台目でーす!
『037 ラリー』は当博物館でも初出で〜す♪
記録より記憶に残るランチア・037ラリー!

PCM00304_06
──── 037って、なんのこと?

 ランチア・ラリーは、アバルトが開発を担当し、ランチアのブランドでフィアットグループが1982年の世界ラリー選手権(WRC)に投入したラリーカーです。
また、グループBのホモロゲーションを取得するために150台前後生産したロードカーの名称。
正式な車名は単に『ラリー』。グループBの承認書には「Lancia Rally(151 AR0)」と記されています。ただ、“ラリー”に使用するクルマを“ラリー”と呼ぶのはいかがなものか?そこでエンジン開発を担当したアバルトの開発コード「SE037」の“037”を取って“037ラリー”、“ラリー037”と呼ばれるようになったのです。

※もともとは『ランチア・アバルト・ラリー』になる予定だったそうなのですが、「ラリーのランチア」復活をアピールしたかったためか「アバルト」の名前は消されてしまったそうです。
PCM00304_07
──── 037って、なんのこと?…その2

 その2って言っても、答えは出ちゃってますが(汗
ランチア・037ラリーは、四輪駆動のラリーカーが時代の趨勢となる中で、ミッドシップエンジン・リヤドライブ(MR)方式では最後のタイトル獲得車となったクルマです。
この当時すでにアウディのクワトロが4WDマシンの優位性を証明していたが、アバルトが選んだのはエンジンをミッドシップに搭載し後輪を駆動するリヤドライブだった。これは、ランチアの持つノウハウを詰め込んで開発した「ランチア・ストラトス」、そのストラトスでのWCR参戦で培ってきた経験・信頼性を生かすとともに、ミッドシップが整備性に優れているかの証明&抵抗でもあったのか。
PCM00304_08


Car Models File-No.204
ハセガワ 1/24 ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー
Hasegawa 1/24 LANCIA 037 RALLY ‘1984 TOUR DE CORSE RALLY WINNER’

Car Models File-No.204 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR