ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.204>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.204 ////////////////////////////////////

Hasegawa 1/24 LANCIA 037 RALLY ‘1984 TOUR DE CORSE RALLY WINNER’
ハセガワ 1/24 ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー
Car Models File-No.204

PCM00304_01
Car Models File-No.204ハセガワ 1/24 コレクションラリーシリーズ No.CR030
『ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー』 プラモデル キットです。
ランチア 037 ラリー(1984年・ツール・ド・コルス ラリー ウイナー)
“ランチア祭り”の3台目でーす!
『037 ラリー』は当博物館でも初出で〜す♪
記録より記憶に残るランチア・037ラリー、おいでませー!

PCM00304_02
──── キットの解説

 1982年、WRCのレギュレーションがグループBに移行するのにともない、フィアットがランチア・ブランドで開発したWRCマシンがランチア037ラリーです。ボディ・デザインはピニンファリーナ、エンジンはアバルトが担当しました。当時多くのワークスが4WDに切り替える中、アバルトが選んだのは、ランチア・ストラトスで培ってきたノウハウを生かすミッドシップ、後輪駆動のレイアウトでした。エンジンは、フィアットの量産水冷4気筒をベースにアバルトが手を加え、当時全盛のターボチャージャーではなく、低中回転でのトルクを重要視した機械式スーパーチャージャーを組み合わせています。グループBのホモロゲーションにより200台が生産され、うち約50台がワークス活動に投入、1000kgを切る軽量化ボディに排気量1995cc、約300HPのエンジンが搭載されました。
PCM00304_03
──── キットの解説…その2

 1983年中期からは、排気量を2111ccとし、スーパーチャージャーを大型化したエボルツィオーネIIを投入、最大出力は290〜325HPまでアップしました。デビューは、1982年ツール・ド・コルス、このシーズンは多くの4WDマシンの中で苦戦を強いられます。しかし参戦2年目の1983年、開幕のモンテカルロで1・2フィニッシュを飾るとともに、第3戦から第5戦と連続優勝、最終戦のサンレモ・ラリーでも優勝し、4WDマシンを抑えてメイクス・タイトルを獲得しました。翌1984年は、ツール・ド・コルスで優勝、多数入賞し、シリーズ2位でシーズンを終えました。あえてミッドシップ、後輪駆動のレイアウトでWRCに挑んだランチア037ラリーは流麗なスタイリングと機能性を合わせ持った最後のMRラリーマシーンです。
PCM00304_04


Car Models File-No.204
ハセガワ 1/24 ランチア 037 1984ツール・ド・コルス ラリー ウイナー
Hasegawa 1/24 LANCIA 037 RALLY ‘1984 TOUR DE CORSE RALLY WINNER’

Car Models File-No.204 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR