【勉強】最近は見なくなったフェンダーミラーのこと

フェンダーミラーとは?
Wikipediaで調べてみますと、、、

フェンダーミラーとは、自動車部品のひとつで、運転者が後方及び後側方を確認するためのミラー(バックミラー。法令では「後写鏡」と定める)のうち、車外ボンネットの前方端に装着されるもの(同・「車体外後写鏡」に含まれる)に対する呼称。通常は、左右1対で装着されている。


、、、とあります。
具体的にみますと
PCM00152_15
ハセガワ 1/24 トヨタ セリカ 1600GT
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館 <File No.52>


PCM00162_03
エルエス 1/24 日産 スカイライン RS
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.61>&<File No.62>

1980年代くらいは、ほとんどの普通車に装着されていた装備ですが、現在ではタクシーなど一部のクルマにしか装着されているのを見かけなくなりましたね。

タミヤ 1/24 トヨタ ソアラ 2800GT
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.67>
PCM00167_11
──── どうしてフェンダーミラー装着車を見なくなったのぉ?

フェンダーミラーは、1983年3月に規制が撤廃されるまでボンネット付きのクルマへの装着が義務付けられていた装備です。ボンネット前方端にあることから、ドアミラーに比べて視点移動が少なくて済む、車幅感覚が見切りやすいなどのメリットがありました。
しかし80年代初頭において、海外ではドアミラーが主流になっていました。そこで諸外国からは規制緩和を求める声が高まります。日本がそれを受け入れるような形で規制撤廃にいたったということです。
規制が撤廃されると、製造コストのかかるフェンダーミラーは徐々に減少。デザインの主流もファッショナブルなドアミラーに人気が移行していきました。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR