【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 12

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 12
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第12回目は、スーパーカー特設会場の3回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_019
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ


2015nat-03_020
LAMBORGHINI COUNTACH 5000QV


比べてみよう前期型 or 後期型
違いは、アニバーサリーに似たブレーキダクト付きのサイドスカートが付いているか?付いていないか?
2015nat-03_021
↑これはどっち?

2015nat-03_014
↑こっちはどっち?


2015nat-03_022
クワトロバルボーレの理由
フェラーリから強力なライバルとなる「テスタロッサ」が現れた!
ランボルギーニは対抗するために採ったのは400ccの排気量アップと48バルブ化だった。


こちらは、87年以前の初期モデル と思われる。
2015nat-03_023
──── クワトロバルボーレの特徴

初期モデルのクワトロバルボーレでは、前/後フード、フロアにカーボン/ケプラーの複合素材が使用されている。これは後にアルミに変更されている。このほか、ホイールベースは50mm延長されていて2500mmとなっている。87年後期モデルとなると、後のアニバーサリーに似たブレーキダクト付きのサイドスカートが設定された。


【主要スペック】
ランボルギーニ カウンタック LP5000 quattorovalvole
■発表年次:1985年〜1988年 ■生産台数:632台
■全長4140㎜ ■全幅2000㎜ ■全高1070㎜
■ホイールベース2500㎜ ■車重1490kg
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:水冷60度V型12気筒DOHC48バルブ ■排気量:5167cc
■最高出力455PS/7000rpm ■最大トルク51.0kg/5200rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名
■最高速295km/h





※独り言、、、
1/24クルマ博物館のPRをしないとね♪
PCM00201_07
フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400

PCM00201_09
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.101>
博物館<File No.101>Part 2 ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)
博物館<File No.101>Final ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)

※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー4回目でーす。




ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)
(2015/09/30)
グッドスマイルレーシング

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR