【ビデオ】やっぱり「かけっこ」が好き!ゼロヨン対決の2本を紹介

今日も「かけっこ」映像を2本紹介します。

まずは、フロリダのパームビーチ・インターナショナル・レースウェイで2015年1月18日に行われた、StreetCarDragsが主催するドラッグレースで、707hpを発揮するV8エンジンを積むダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャット」と、前後合わせて691hpを発生する2個の電気モーターを積むテスラ「モデルS P85D」が対決。結果は、P85Dがヘルキャットに圧勝するとともに、電気自動車の世界記録を樹立した。


Tesla Model S P85D Sets 1/4 Mile World Record While Challenger Hellcat Goes up in Smoke Drag Racing

テスラ・モデルS P85Dは1/4マイル(402m)を11.6秒というタイム、114.6mph(184km/h)という速度で走り、電気自動車による世界記録を更新。
負け惜しみじゃないが、本来のダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャットが実力を発揮すれば、11.2秒で走破できるであろうところを17.46秒だった。これはドライバーが初めてのドラッグレース・チャレンジで、プレッシャーに負けてしまったか!?



続いてもう1本!
まさにアメリカン・ライバル対決!
そのライバルとは?
ダッジ「ヴァイパー」シボレー「コルベット」
シボレーの最新高性能モデル「コルベット Z06」 vs ダッジの「ヴァイパー SRT TA」
ヴァイパーはTA、すなわち名前にタイム・アタックて付いちゃってる!


Quickest 2015 C7 Z06 Vs 2014 SRT Viper TA 1/4 Mile Drag Race

出足はヴァイパーが優勢だったが、伸びはコルベットが一枚上手だった。
スペックを見てみれば、2014年型バイパー SRT TAが最高出力640hp、最大トルク82.9kgmを発生する8.4リッターV10エンジンを搭載。一方の2015年型コルベット Z06は6.2リッターV8スーパーチャージド直噴エンジンを搭載で最高出力650hp、最大トルクは89.8kgmを発揮する。
この微妙な数値の違いなんて、どーでもなりそうな範疇でしょ!?
今回は新しさで若干コルベットって感じかな。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR