1/24 博物館<File No.197>Part 7 童夢-零

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.197 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 DOME-0[ZERO]
フジミ 1/24 童夢-零(Lights)
Car Models File-No.197

PCM00297_21
Car Models File-No.197フジミ 1/24 インチアップディスクシリーズ No.59
『童夢-零』 プラモデル キットです。
童夢-零(1978年・日本)

童夢-零 キット箱の解説より…1978年3月、童夢-零はジュネーブのオートショーにその姿を現し、多くの人々の話題の的となりました。この童夢-零とは京都にある株式会社 童夢が市販を目的として作り上げた試作車でした。製作したのは株式会社 童夢の代表取締役社長であり、日本の自動車レースの黎明期において、いち早くプロトタイプレーシングカーの開発を手がけた我が国レーシングマシン製作第一人者の林 みのる氏。鋭いウエッジシェイプのボディはFRP(強化プラスチック)で作られており、その全高は当時の世界のスポーツカーの中でも最も低い980mmという値を持っていました。また、この童夢-零は日本で初めてのミッドシップカーであり、リトラクタブルライトやガルウイングタイプドアなどカウンタックのようなスーパーカーと同じ方式が採用されており、世の自動車ファンから市販が熱望されましたが、残念ながらこの夢は叶いませんでした。現在の株式会社 童夢は創業25年(2000年)を迎え、レーシングカーから一般乗用車、電気自動車、ソーラーカーなどあらゆる種類のクルマを手がけています。また、近年ではF-1GPにも挑戦を計画したり、レースの本場ヨーロッパでの評価を高めるため、英国にDOME CARS LIMITEDを設立するなど世界一のカロッツェリア/レーシングカー・コンストラクターを目指し、ますます、意気軒昂です。


PCM00297_25
童夢-零の完成直前! 後はボディパーツを被せるだけぇ

古いキットのカンタン改造レシピです。
当時のフジミのプラモデルはモーターライズで板シャシーでした。
特にこの童夢-零には電池ボックスまでそのまま!インテリアは上げ底になっています。

PCM00297_26
フロント部分

タイヤハウス越しに反対側が丸見えです。
プラ板を三角にカットし、シャシーに接着!簡易タイヤハウス完成で〜す。
後ろには、底上げされたシートが見えますけど、そこは技術が伴わず、ママでいかせていただきます。

PCM00297_27
エンジン部分

エンジン自体は造形化されていません。モーターを固定させるための丸くなったモーター留めのみがあるだけ。
やはりこの部分も、反対側の世界が見えてしまうのと室内まで覗けてしまいます。
作業としてはまず、バルクヘッドを立てましょー♪
バルクヘッドとは、エンジンルームと室内との仕切り板のこと。
バルクヘッドを立てながら、フロント同様にタイヤハウスを作ります。

PCM00297_28
エンジン部分のアップ

次回の童夢-零の製作時は、インテリアの底上げを何とかできるように修行を積まねば!
ちなみにシャシー関係のオモテ&ウラの塗装は艶消しブラックを吹きっぱなしです。

PCM00297_29
エンジン部分を真後ろから

ここで小技を!
エキゾースト・パイプをアルミ・パイプに変えました。
アルミのヘアラインのリアル感は塗装では表現ができませんからね。


Car Models File-No.197
フジミ 1/24 童夢-零(Lights)
FUJIMI 1/24 DOME-0[ZERO]

Car Models File-No.197 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR