1/24 博物館<File No.193>Part 3 ロータス・エランS3

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.193 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 LOTUS ELAN S3
グンゼ 1/24 ロータス エランS3
Car Models File-No.193

PCM00293_09
Car Models File-No.193グンゼ産業 1/24 スケール プラモデル キットです。
ロータス エランS3(1966年・イギリス)

エランS3のキット箱の解説から…このキットは、イギリスのライトウェイトスポーツを代表する、ロータス・エランS3を精密再現した素晴らしいキットです。エランは、1962年に、ロンドンのモーターショーで初めて発表されたもので、ロータス・エリートに代わる次世代を担うスポーツカーとして話題を集めました。ボディは、FRP製で、バックボーンフレームという当時としては一歩進んだ構造を採り入れ、エラン特有の美しいシルエットを作りあげています。キットのS3は、1965年から登場したシリーズ中最高の人気を誇ったオープンモデルで、その熟成した機能と軽快なスポーツ性能によって、アメリカをはじめ、世界中のスポーツカーファンを魅了しました。後年、わが国でも、ロータス・エランの人気は大いに高まり、現在でも多くのマニアの秘蔵の愛車として大切にされています。


PCM00293_10
──── エランの中身

 エポックメイキングなクルマであると言われるエランです。その中身を見ていきましょう♪
その根幹であるバックボーン・フレームにFRPボディの組み合わせは、当時はアルピーヌなども使っていました。しかし、スティール・パネルを溶接したボックス断面のバックボーンは独自のものでした。基本形は前後が2本に開いたX字形ですが、リア側はクロスメンバーで補強されています。ボディとは16本のボルトで固定されていました。

PCM00293_11
──── エランの中身…その2

エランの中身、2つ目はパワーユニット、エンジンのことですね。
このエンジンもロータスにとっては非常にエポックメイキングなことでした。
その理由は、初の自社開発エンジンであるということ。その後のロータス・ラインナップに多用されるエンジンなのです。“ロータス・ツインカム”と呼ばれ、直列4気筒OHVのフォード116E型ユニットをベースに開発されたもので、ベース・ユニットの鋳鉄ブロックにツインカム・ヘッドを載せて、圧縮比は9.5:1という、そして2基のウェーバー45DCOEキャブレターを装備して、最高出力は100HP(105HP)を発生しました。

PCM00293_12


Car Models File-No.193
グンゼ 1/24 ロータス エランS3
GUNZE 1/24 LOTUS ELAN S3

Car Models File-No.193 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR