【写真集】『トヨタ博物館』でクルマの歴史探訪…Part 16

特集ネタ。【写真集】『トヨタ博物館』です。
16回目、日本車ゾーンの展示車両を紹介していきます。

1960年代の終わりから70年代の入口へ、、、、百花繚乱。
こどもの頃、見ていたクルマたちが目白押しー(ウレシ〜!
185_Isuzu-Bellett-1600GT-Model-PR90
Isuzu Bellett 1600GT Model PR90 (1966, Japan)
いすゞ ベレット 1600GT PR90型(1966年・日本)
1963年に発売されたいすゞベレットは、四輪独立懸架の足回りやディスクブレーキを採用し、いち早く走りの性能向上をアピールしました。さらに翌年4月、国産車で初めて車名に"GT"(グランツーリスモ)が冠せられたベレット1600GTを発売。このベレット1600GTは、SUツインキャブレターを装着し高出力、すばやい加速性などの高性能車として注目され、モータースポーツにおいても活躍した。"ベレG"の愛称で人気を博しました。


187_Nissan-Prince-Skyline-'2000GT-B'-Model-S54
Nissan Prince Skyline "2000GT-B" Model S54 (1967, Japan)
ニッサン プリンス スカイライン "2000GT-B" S54型(1967年・日本)
1960年代、高まりを見せたモータースポーツ熱を背景にプリンス自動車がスカイラインGTを開発。
それは1964年の日本グランプリに参戦するためのホモロゲーションとして100台限定で販売されたモデル。
1965年にファンからの熱い声により正式にカタログモデルとして2000GT-Bは発売されました。市販化にあたって、3連式のキャブレターでチューンされたエンジンとスポーティなステアリング・ホイール、メーター類などの装備を持つスポーツセダンとして人気を博しました。


189_Toyota-1600GT-Model-RT55
Toyota 1600GT Model RT55 (1967, Japan)
トヨタ 1600GT RT55型(1967年・日本)
大衆車のスポーティ化傾向は徐々に拡大の傾向をみせました。1600ccクラスにもそれはおよんで、トヨタも3代目コロナ・ハードトップを基本としたスポーツクーペ、1600GTを登場させました。9R型DOHCエンジンを積み込み、小型ではあったが最高速度は175km/h。快適な居住空間やトヨタ2000GTと同じ5速ミッションを備えた本格的な高性能ツーリングカーとして、高い人気を得たのです。


191_Isuzu-117-Coupe-Model-PA90
Isuzu 117 Coupe Model PA90 (1970, Japan)
いすゞ 117クーペ PA90型(1970年・日本)
1968年、高速ツーリングカーとして登場したこの車は、いすゞフローリアンをべ一スに開発され、力ロッツェリア・ギア社(イタリア)のジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたファーストバックスタイルは“走る芸術品”として賞讃されました。
日本初の電子制御燃料噴射式DOHCエンジンを搭載、後部専用ヒーター、4人分のシートベルト、ヘッドレスト、木目仕上げの7連メーターが並ぶインストルメント・パネル等の装備が付けられたスタイリング、性能、居住性等の総合的な良さが上級オーナーやマニアに受け入れられたのです。

192_Isuzu-117-Coupe-Model-PA90
▲ いまでも家の近くで、たま〜に見るのですよ、後期型ですけどネ


193_Toyota-Celica-Model-TA22
Toyota Celica Model TA22 (1970, Japan)
トヨタ セリカ TA22型(1970年・日本)
何台持っていたことか?セリカのミニカーを。。。
1970年12月、力リーナと同時に登場したセリ力は、わが国初の本格的スペシャルティカーとして、それまでのセダンベースとはまったく異なったスタイリッシュな2ドアクーペでした。これに上級モデルは高性能ツインカムを組み合わせ、高速安定性やコーナリング性能など優れたトータルバランスを持ち、どんな好みにも対応できるフルチョイスシステムを採用。価格も57万円から100万円まで幅広く設定されていました。


194_Mitsubishi-Colt-Galant-Model-GTO-MR
Mitsubishi Colt Galant Model GTO-MR (1971, Japan)
三菱 コルト ギャランGTO-MR型(1971年・日本)
このクルマもジウジアーロが手をいれたボディを持つ、1969年にデビューしたコルトギャランに、翌年スポーティカーギャランGTOシリーズが追加されたのです。シリーズ3車種中、三菱自動車初のDOHCエンジンを搭載したモデルがMRで、1.6リッターで125馬力、最高速度200km/hを誇り、内外装足回り等を含め、本格的高性能車として登場しました。


今日はここまで!


トヨタ博物館ってこんなとこ!

トヨタ自動車創立50周年を記念し、1989年に開館しました。
100年以上前のクラシックカーから燃料電池車などの最新型まで約140台のクルマが並び、世界の自動車の歴史をたどることができる施設なのです。
開館から25周年、トヨタ自動車も75周年です。

トヨタ博物館

■所在地:愛知県長久手市
■開館時間:午前9時30分〜午後5時(午後4時30分)、月曜休館
■入館料:大人1000円(65歳以上500円)、中高生600円、小学生400円
■電話:0561-63-5151
■交通:東部丘陵線(リニモ)芸大通駅より徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ : 自動車の歴史
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR