【写真集】『トヨタ博物館』でクルマの歴史探訪…Part 8

特集ネタ。【写真集】『トヨタ博物館』です。
8回目、本館の展示車両を紹介していきます。

わかる範囲で?、好きなクルマだけ?、知ってるクルマだけ?、
みたいな感じで写真を撮りましたので、、、ご了承ください m(_ _)m
081_Morris-Mini-Minor
Morris Mini - Minor (1959,U.K.)
モーリス ミニ マイナー(1959年・イギリス)
英国の奇才、BMCの技術者、アレック・イシゴニスによって、”Smaller outside, Bigger insaide”という基本コンセプトのもと、設計されました。現在の小型車の定番である、2BOXボディに横置きエンジン、前輪駆動、ラバーコーンサスペンションなど、当時としては画期的な成り立ちで登場したのです。発売以降、2000年まで改良を受けながら生産、世界中の人々に愛されました。

083_Ford-Thunderbird
Ford Thunderbird (1955, U.S.A.)
フォード サンダーバード(1955年・アメリカ)
第2次大戦後のアメリカでブームなったヨーロッパ製スポーツカーに対抗して、GMは1953年に「シボレー・コルベット」を発売、フォードはサンダーバードを開発したのです。
この初代サンダーバードはスポーツカーではなくパーソナルカーというポジションで、コルベットと同様に二人乗りながらV8エンジンも選べる、スポーティながら快適で高級なパーソナルカーとして販売されました。ルーフは着脱式のハードトップでグラスファイバー製。オープンカーとしてもクーペとしても楽しめました。

084_Ford-Thunderbird
▲ フォード サンダーバード vs シボレー コルベット


086_Mercedes-Benz-300SL-Coupe
Mercedes-Benz 300SL Coupe (1955, Germany)
メルセデスベンツ 300SL クーペ(1955年・ドイツ)
世界初のガソリン直噴エンジン搭載車として知られている名車です。
特有のガルウィングドアはレーシングカーをベースとした鋼管スペースフレーム構造だったことから、通常の車のドア下半分にフレームがきてしまい開口部の敷居が高くなってしまったこと、そして車高が低かったことから乗降性確保のためにやむなく採用されたと言われています。
車名300SLの300はベンツの排気量表記で3リッターを意味し、SLは「Sport Leicht」(英語のSport Light)の略で軽量スポーツの意味。
このクーペモデルは1955年3月から1957年までに1400台が生産された。

087_Mercedes-Benz-300SL-Coupe
1950年代の大きなレースで大活躍!
当初はワークスチームのレーシングカーとして製作され市販化の予定はなかったそうです。
北米市場からのラブコールによって市販化が決定したそうです。

088_Mercedes-Benz-300SL-Coupe


090_Austin-Healey-Sprite
Austin Healey Sprite (1958, U.K.)
オースチン ヒーレー スプライト(1958年・イギリス)
英国のライトウェイトスポーツカーの中でも最もコンパクトな車で1958年に発表された。英国では”The Flog Eyes”,米国では”Bug Eye”,日本では”カニ目”というニックネームで多くの人々から愛されました。パワートレーンやサスペンションは基本的にモーリス・マイナーからの流用で、非力なエンジンながら軽量ボディによる、軽快なハンドリングや性能は当時クラス最高を誇りました。

091_Austin-Healey-Sprite


今日はここまで!


トヨタ博物館ってこんなとこ!

トヨタ自動車創立50周年を記念し、1989年に開館しました。
100年以上前のクラシックカーから燃料電池車などの最新型まで約140台のクルマが並び、世界の自動車の歴史をたどることができる施設なのです。
開館から25周年、トヨタ自動車も75周年です。

トヨタ博物館

■所在地:愛知県長久手市
■開館時間:午前9時30分〜午後5時(午後4時30分)、月曜休館
■入館料:大人1000円(65歳以上500円)、中高生600円、小学生400円
■電話:0561-63-5151
■交通:東部丘陵線(リニモ)芸大通駅より徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ : 自動車の歴史
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR