【写真集】『トヨタ博物館』でクルマの歴史探訪…Part 5

特集ネタ。【写真集】『トヨタ博物館』です。
5回目、本館の展示車両を紹介していきます。

わかる範囲で?、好きなクルマだけ?、知ってるクルマだけ?、
みたいな感じで写真を撮りましたので、、、ご了承ください m(_ _)m
039_Alfa-Romeo-6C-1750-Gran-Sport
Alfa Romeo 6C 1750 Gran Sport (1930, Italy)
アルファロメオ 6C1750 グランスポルト(1930年・イタリア)
スーパーチャージャー付6気筒DOHC・1750cm³の軽快なエンジンで数々のレースに勇名を馳せた6Cは、設計者ヴィットリオ・ヤーノの最高傑作だといわれています。その戦績は枚挙にいとまがないが、特に知られているのは、公道上のレースとして知られるミッレ・ミリアでは、1930年にタチオ・ヌヴォラーリがドライブして史上初めて平均時速100km以上で走破し、見事優勝を収めました。

040_Alfa-Romeo-6C-1750-Gran-Sport
▲ 1930年当時でスーパーチャージャー付6気筒DOHCって、どんだけ高性能!?

041_Alfa-Romeo-6C-1750-Gran-Sport
▲ コクピットも超レーシー!


043_Morgan-Aero
Morgan Aero (1922, U.K.)
モーガン エアロ(1922年・イギリス)
頑丈で単純なバックボーンフレームの先端にモーターサイクル用のVツインエンジンを取り付けただけのモーガンスリーホイーラーは、まさに大衆のためのスポーツカーとして送り出されたのです。バイクよろしく、後ろ1輪をチェーン駆動する方式やスライディングピラー式前輪独立懸架など構造は極めて簡単で軽量なために運動性能にすぐれ、しかも経済的。ボディは4座席もありますが、このエアロのように2座席スポーツタイプが一般的で、1909年から1950年まで基本的に変わらず生産されました。安価なスポーツカーとして人気に。現在復活を果たしています。

045_Morgan-Aero
▲ スリーホイラーって、今も人気ね!ちゃ〜んと作ってる


046_Duesenberg-Model-J
Duesenberg Model J (1929, U.S.A.)
デューセンバーグ モデルJ (1929年・アメリカ)
モデルJは、市販車で初めてDOHCエンジンを採用し、アメリ力最高の多くのコーチビルダーがボディを架装。この時代の豪華サルーンに一歩もひけをとらないし、性能においてもはるかに抜きん出ていました。レーシングカーなみのそのパワーは、腕に自信のないドライバーではおさえつけることができないほどの強靱なパワーで人々を圧倒したのです。2力ウルの独特なボディはルバロン製フェートンで、数あるバリエーションのなかでも有名なモデルです。

047_Duesenberg-Model-J
▲ デューセンバーグは1913年に設立
記憶に新しいのは、レオナルド・ディカプリオの主演映画「華麗なるギャツビー」


048_Lincoln-Zephyr-Series-HB
Lincoln Zephyr Series HB (1937, U.S.A.)
リンカーン ゼファ シリーズHB (1937年・アメリカ)
1935年、アッパーミドルクラスの市場に登場したリンカーンゼファはまさしく完成された流線型のボディまとった新型車でした。前開きのエンジンフード、フェンダーに埋め込まれたヘッドランプ、形跡だけをとどめるランニングボードなど美しくまとめられた未来的なデザインはたちまち人気の的となったのです。とくにモノコック構造から生まれた前後のバランスは絶妙であり、そのスタイリングは、フォルクスワーゲンにも強い影響を与えています。この1937年モデルも細かなマイナーチェンジは受けるが基本的にはデビュー時と変わってはいません。

050_Lincoln-Zephyr-Series-HB


今日はここまで!


トヨタ博物館ってこんなとこ!

トヨタ自動車創立50周年を記念し、1989年に開館しました。
100年以上前のクラシックカーから燃料電池車などの最新型まで約140台のクルマが並び、世界の自動車の歴史をたどることができる施設なのです。
開館から25周年、トヨタ自動車も75周年です。

トヨタ博物館

■所在地:愛知県長久手市
■開館時間:午前9時30分〜午後5時(午後4時30分)、月曜休館
■入館料:大人1000円(65歳以上500円)、中高生600円、小学生400円
■電話:0561-63-5151
■交通:東部丘陵線(リニモ)芸大通駅より徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ : 自動車の歴史
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR