1/24 博物館<File No.183>Part 3 マツダ サバンナ RX-3(後期型)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.183 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 MAZDA SAVANNA RX-3 (Late Type)
フジミ 1/24 マツダ サバンナ RX-3(後期型)
Car Models File-No.183

PCM00283_09
Car Models File-No.183フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.旧109
マツダ サバンナ RX-3 後期型

PCM00283_10
──── 消滅!ロータリー

市販車で最後までロータリーエンジンを積み続けたマツダRXシリーズは、このRX-3の後RX-7、そしてRX-8と進化しました。だが、マツダはロータリー・エンジンの量産を休止するという苦渋の選択をし、RX-8は2012年の半ばには生産中止になりました。
販売が伸びなかった。スポーツカーとしてのポテンシャルは日本国内では最高峰。
なら何故?
多分その答えは、その燃費性能ではないでしょうか。
日常的な使用を前提とした場合、燃費性能の問題は大きいでしょう。
このサバンナ RX-3は、小さなボディに65リッターほども入るガソリンタンクが乗っているのです。
走っていると燃料計の針が見る見るうちに下がってくるのがわかるほどだったそうです。また、強めの加速の後にアクセルを戻すと、排気管から軽いアフターファイヤー音がパンパンと鳴り響くなど、捨てるものと得るものがハッキリしているクルマだったのです。

PCM00283_11
──── ロータリーが復活!

今年2014年の初頭に英自動車情報メディアAutocarが、マツダは2016年に発表する予定の新型マツダRX-7用に新しいロータリーエンジンを開発しているとリポートしていました。
そのリポートでは、排気量600ccの2ローターで総排気量1200cc、通常のレシプロエンジンの2400cc相当のパワーを持ち、300馬力未満の出力でほぼ250馬力程度のパワーを持つと予想されています。しかし、未だ2ローターなのか、3ローターとするかの決定はされていないようです。
ロータリーエンジンの問題点である信頼性と燃費を克服するため、新開発ロータリーエンジンは改善が著しく進んだと予測されています。
期待しているロータリーファンも多いのではないでしょうか。

PCM00283_12


Car Models File-No.183
フジミ 1/24 マツダ サバンナ RX-3(後期型)
FUJIMI 1/24 MAZDA SAVANNA RX-3 (Late Type)

Car Models File-No.183 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



1/24 インチアップNo109 マツダサバンナGT RX-3後期型1/24 インチアップNo109 マツダサバンナGT RX-3後期型
(2005/07/25)
フジミ模型

商品詳細を見る


1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型1/24 インチアップNo.41 マツダサバンナGT RX-3前期型
(2005/06/30)
フジミ模型

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR