1/24 博物館<File No.175>Part 2 ポルシェ ボクスター(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

PCM00275_05
Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
室内も立体感たっぷりに再現。
オープン仕様、ハードトップ装着、ソフトトップ装着を選んで組み立てられます。

PCM00275_06
──── 986型ボクスターは3タイプ

986型■1996年〜
2,480cc206仏馬力エンジンを搭載。最高速は240km/h。可変バルブタイミング機構バリオカムを採用。996型911と共通部品が多くする。フロントのストラット式サスペンション構造は996と全く同じである。しかし、全幅は996比+10mm、全長と全高は996比-15mm、ホイールベースは996比+65mmと車体サイズは大きく異なる。ボディー剛性を十分に確保しつつも車両重量を996カレラよりも100kg軽い1250kgとなっている。
986型■2000年〜
エンジンはストロークを72mmから78mmにし、2,687ccに拡大し220仏馬力となる。電子制御スロットル、デュアルエアバッグ、POSIP(サイドエアバッグ)、衝撃吸収ドアパネルで構成される側面衝突プロテクションシステム、ABSを標準装着した。
986型■2003年〜
大幅なマイナーチェンジを受けた986型の最終モデル。カムシャフト回転角を最大40度まで無段階調整ができるようになった新型のバリオカムを採用し、最高出力は8仏馬力アップ。シリンダーライナー下端にバイパスチャネルも設置された。新デザインの17inアルミホイールは、4本合計で10kg以上もの軽量化を果たした。前後バンパーの形状変更、ウインカーのクリアレンズ化、マフラー形状の変更など、エクステリアの変更も多い。

PCM00275_07
──── ボクスターはプチスーパーカー

ポルシェといえば「RR」すなわちリヤエンジン・リヤドライブとなるわけですが、このボクスターは違った。ポルシェ・968の後継機ですが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発された水平対向エンジンをミッドシップにマウントしているのです。ポルシェ初のミッドシップ!と思いきや、ポルシェの市販されたミッドシップ初は「914」だったのです。ただし914はワーゲン・ポルシェと言ってました。フォルクスワーゲンとポルシェの共同で製造・販売したことによるダブルネーム。しかしポルシェにかわり無し。なんと20年ぶりの復活でした。ボクスターのポルシェ車の中でのポジションは価格帯や搭載されるエンジン、そしてポルシェ・911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルとしての性格が与えられました。その辺りがボクスターをもってスーパーカーに含まない、911はスーパーカーである、みたいな線が引かれてしまったような気がする。もちろんスポーツカーとしての素養は十分以上に満たしている。

PCM00275_08


Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR