ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.174>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.174 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini REVENTON Rosso
フジミ 1/24 ランボルギーニ レヴェントン ロッソ(伊)
Car Models File-No.174

PCM00274_01
Car Models File-No.174は、フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.061ランボルギーニ レヴェントン ロッソです。
フジミの新作ですね。2013年の9月の発売です。
ロッソではない、ただのレヴェントン?は一昨年2012年の9月のことですね。
ちょうど一年をおいて登場しました。
違いは「ロッソ」ということで、成型色が「赤」だということです。
ロッソとは…ロッソ (rosso) はイタリア語で赤の意味である。

PCM00274_02
──── キット箱の解説から

ランボルギーニ・レヴェントンは、ムルシエラゴをベースとしたスーパーカー。2007年フランクフルトショーで初公開され、20台限定で販売されました。デザインのモチーフはステルス戦闘機といわれており、その形は未来の車をも連想させます。キットは実車同様左右のドアパーツをボディより分割し、特長であるガルウイングの開閉状態が選択可能。エンジンフードも透明パーツで再現しています。

PCM00274_03
──── キット中の設計図の解説から

サンタアガタ・ボロネーゼ生まれの究極の闘牛
レヴェントンという名称は、ドン・ロドリゲス家が所有していた闘牛の名前で、1943年に名高き闘牛士フェリックス・グズマンと死闘を演じたことで知られています。その車体は、ランボルギーニ発祥の地、そして母国であるイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼで、そのすべてが設計されました。このランボルギーニの正統究極伝承車は、当然のごとく、両側のドアは天に向かって跳ね上がり、650馬力を誇るV12エンジンをミッドに搭載。さまざまなエア・インテークをボディデザインに巧みに組み込んだ近未来的なエアロダイナミクスボディをまとい、そのスペック、その名にふさわしい、ランボルギーニの伝説に新たな1ページを書き加える為に誕生した究極の闘牛です。

PCM00274_04


Car Models File-No.174
フジミ 1/24 ランボルギーニ レヴェントン ロッソ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini REVENTON Rosso

Car Models File-No.174 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.61 レヴェントン ロッソ1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.61 レヴェントン ロッソ
(2013/09/20)
フジミ模型

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR