なんと字幕付き!【映像】米国有数の自動車博物館

ここは、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるピーターセン自動車博物館。
ここではクルマだけでなく、クルマと共に発展した町の歴史を知ることができる。
またハリウッドが近いことから、エンターテインメントに関連する展示も行われている。
車両の種類も幅広く、1897年に17歳の少年が作った電気自動車から、ブガッティ ヴェイロンまで。
番組ホストのジェシーとパトリックは、館内の展示を楽しむだけでなく、その舞台裏にも潜入。館長の展示企画にまつわる話や車を管理する担当者の話を伺った。そして最後は、スティーブ・マックイーンが愛した超稀少なジャガーでドライブ...。

…from Autoblog
http://jp.autoblog.com/2014/04/26/the-list-0060-visit-an-automotive-museum/






























ピーターセン自動車博物館行ってみたいですね。
バットモービルからスーパーカー、大好きなマックイーンのジャガーまで300台ということですね。
館長さんが言ってました。
「館長の仕事は、世界一すばらしい仕事です」。

それでは、当博物館の館長からも次回の予告を、、、、
PCM00273_13
世界一楽しい仕事でーす!♪
乞うご期待!!
スポンサーサイト

テーマ : 自動車の歴史
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR