1/24 博物館<File No.257>Part 7 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_25
PCM00357_26
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── ノーマル F40 と F40 LM の違いは?

<エンジン>
ミッドに搭載されるエンジンは、「ティーポF120B」と呼ばれる、90度V型8気筒・DOHC32バルブ+ツインターボエンジンで、総排気量2936ccというレイアウトに大きな変更はないが、タービンおよびインタークーラーの大型化とあわせ、ブースト圧は1.1barから2.5barまで引き上げられ、マネジメントシステムや給排気系を見直して、最高出力はノーマルの478PS/7000rpmから実に倍近い780PS/8100rpm、最高速度も324km/hから381km/hまで強化され、正にレーシングカーの領域にまで足を踏み入れることとなった。
<インテリア>
当時としては珍しかったデジタルメーターは、中央に各種車両データを切り替え表示できるようになっており、その下にターボのブースト圧計(3.2barまで)とタコメーター(10000rpmまで)がバーグラフとして表示され、タイヤの空気圧警告灯も装備されたが、開発の遅れにより実際には機能していなかったという。
シートも更に形状が見直され、ホールド性のアップが図られ、ハーネス(シートベルト)もサベルト製の4点式が装備されるなど、レースを意識したインテリアだった(シングルシートにはなっていない)。

from Wikipedia

PCM00357_27
PCM00357_28


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.257>Part 6 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_21
PCM00357_22
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM の特徴!?

 1/24スケールで フェラーリ F40 LM のプラモデルを探せば、フジミのキットが唯一となります。ちなみにタミヤには F40 GTE がありますが。フジミの F40 LM についての話題といえば、実車との違いですね。かけ離れて違うのが、フロントフェイス。ヘッドライトカバーがタレ目なのです。実車は地面に対して、ほぼ水平。これって実車を計測して作ったのか、写真から想像して立体化したのか。多分、後者でしょうね!?写真のアングルがタレ目になっていたのでしょう。腕に覚えのあるモデラーさんは、そのあたりを間違いなく改造していると思います。私、個人的な思いですが、このタレ目と異常なほどのワイド感が好きなのです。重量感があるんですよね〜。

PCM00357_23
PCM00357_24

フジミ 1/24 フェラーリ F40 LMの未組立キットをストックしています。
次に製作の機会があれば修正するかもしれませんけど・・・(汗


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.257>Part 5 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_17
PCM00357_18
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── エンツォ・フェラーリ

 フェラーリ F40が正式発表されたのは1987年7月21日、エンツォ・フェラーリが死去したのは1988年8月14日。結果として、エンツォ・フェラーリ自ら発案し、生前最後のモデルがこのフェラーリ F40となりました。F40は、人生の終焉を迎えようとしていたエンツォを喜ばせようと作られたクルマであるとされるが、エンツォ・フェラーリというフェラーリの創設者には、もう一度、コンペティティブばロードカーの誕生を望む気持ちが強くあったのではないのか。それが、288GTOであり、そしてF40ではなかったか。腕に覚えのあるユーザーが、週末ともなれば自らがサーキットまでドライブし、誰よりも速くサーキットを駆け、レースを無事に終え、家族の元へ帰る。ノスタルジーな、実際には実現不可能なことであったにせよ、もう一度、昔のように・・・。そんな思いを伝えることができるロードカーを、最後に作りたかった、、、のではないだろうか。

PCM00357_19
PCM00357_20


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.257>Part 4 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_13
PCM00357_14
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── BINGO SPORTS

 良質なスポーツモデルを中心に、世界のプレミアムカーを多数厳選販売するビンゴスポーツ
そのビンゴスポーツ東京ショールームからの 1994年式 フェラーリ F40 LM 情報でーす。

ビンゴスポーツのF40 LMは、1994年式 フェラーリ F40 コンペティションで車台番号:ZFFGX34X000099401。
・ミケロットによるフルレストレーション
・新車同様のコンディション
・F40コンペティション20台中の最終生産車
・車検取得済み、公道走行可
“ミケロットの手により完全なレストレーションを受けた貴重なコンペティション”
なのだそうだ。まさにビンゴーなクルマ。

詳しくはこちらから・・・
BINGO SPORTS:1994年式 フェラーリ F40 LM
F40 LM の解説もわかりやすい!

PCM00357_15
PCM00357_16


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.257>Part 3 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_09
PCM00357_10
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── F40コンペティツィオーネ

 F40コンペティツィオーネ(フェラーリ F40 Competizione)は、世界の著名なフェラーリストのために、フェラーリ社が『F40』をベースにして10台のみ限定生産したクルマである。外観上の『F40』との違いは、フロントカウル上に大きく口を開けたラジエター冷却用のエアアウトレットと、リトラクタブルタイプから変更された丸型4灯式の埋め込み式のヘッドライト、リヤの可変式スポイラーを装着していること。この『F40コンペティツィオーネ』の派生車として、ル・マン24時間レース仕様に改められた『F40 LM』がある。他にもバリエーションとしてF40 GTE(グラン・ツーリスモ・エヴォルツィオーネ)がある。

PCM00357_11
PCM00357_12


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.257>Part 2 フェラーリ F40 LM

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_05
PCM00357_06
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── フェラーリ F40 LM (1994年)カタログ・スペック情報

■ボディタイプ:ハードトップ ■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■型式:── ■全長×全幅×全高:4450×1980×1140mm
■ホイールベース:2450mm ■トレッド前/後:─/─mm
■室内長×室内幅×室内高:─×─×─mm ■車両重量:1050kg
■新車価格:─円
<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:─
■最高出力:780ps/8100rpm ■最大トルク:─kgm/─rpm
■種類:水冷90度V8 DOHC+ツインターボ ■総排気量:2930cc
■内径×行程:─mm×─mm ■圧縮比:─ ■過給機:ターボ
■燃料供給装置:─
■燃料タンク容量:─ ■使用燃料:ハイオク

PCM00357_07
PCM00357_08


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.257>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
Car Models File-No.257


ザ・キング・オブ・スーパーカー(私の中で…)
『フェラーリ F40』をベースにした限定モデル。
その名も『F40 LM』。
LM とはル・マンということ。
ル・マン24時間レースを戦うための限りなくレーシングカーに近い F40 。
<File No.257>フェラーリ F40 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00357_01
PCM00357_02
Car Models File-No.257
フジミ 製の 1/24 ヒストリックレーシングカーシリーズ HR-19
『 フェラーリ F40 LM 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F40 LM (1991年/イタリア)

──── フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM の解説から

 故エンツォ・フェラーリは生涯の目標“ル・マン24時間にエントリーすること”を夢見て、市販車F-40を開発しました。だが、このF-40が完成した直後にエンツォ・フェラーリは、ル・マン出場の夢を残し一生涯を終えたのです。しかし、エンツォの夢を実現させようと先立ってプロジェクトを組んだのが、フェラーリ・フランスの社長、ダニエル・マラン氏です。ダニエル・マラン氏はF-40を3台購入し、イタリアのチューナー、ジュリアーノ・ミケロット氏と共にF-40をレーシング仕様に開発し、エンツォの夢を叶えようとしています。そのレーシングカーが“F-40 LM(ル・マン)”です。
F-40について紹介すると、3ℓ V8エンジンにIHI製ツインターボ+大型インタークーラーを装着し、その組み合わせによって絞り出される出力は700馬力以上となっています。外観は、前後共大幅に張り出されたフェンダーにノーズサイドのフィンを追加、他前方に突き出されたフロントスポイラーなど、空力効果を一層高めています。内装関係では、インストゥルメントパネルがアナログからデジタルメータとなり、余分な部品はすべて取り除かれています。
1989年から、ル・マン出場の規定が変更され、あえなくル・マン24時間にはエントリーすることができませんでしたが、エンツォの夢を幻として終わらせない為にも、今も尚、ル・マン出場のプロジェクトが進行しています。


フジミより

PCM00357_03
PCM00357_04


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F40Competizione

Car Models File-No.257
フジミ 1/24 フェラーリ F40 LM
FUJIMI 1/24 FERRARI F40 LM


Car Models File-No.257 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【NEWS】 静岡ホビーショー & 生誕60周年スカイライン に関するニュースをまとめ

 静岡県のツインメッセ静岡(静岡県静岡市駿河区)で行なわれた『第56回静岡ホビーショー』(業者招待日:5月11日~12日、一般公開日:5月13日~14日、入場無料)に関するニュース。

CAR WATCH サイトに見所が上手にまとめてありましたのでリンクを貼ります。
気になる方はこちらから→
【静岡ホビーショー 2017】6輪F1マシン「タイレル P34」からクラシックPC「PasocomMini MZ-80C」まで、主要ブースを写真で紹介

ここからは私が個人的に気になった新製品についてまとめました。
まずは『アオシマ』。
『ホビーサーチ』のブログより。
こちらから→第56回 静岡ホビーショー【アオシマ カーモデル編その二】
ここで気になるモデルは、アオシマと提携しているマカオの模型メーカー『BEEMAX』からの参考出品。
●アウディ クワトロ S1
●ランチア デルタ S4
●ポルシェ 935 K2 など
期待しちゃうなぁ。。。

『静岡新聞』のニュースより。
こちらから→第56回静岡ホビーショー2017[EBBRO]
●シトロエン DS21
DS19がすでに発売されているので、いつかは出るのではないかと読んでましたが・・・

『e燃費』サイトより。
こちらから→【静岡ホビーショー2017】ハセガワ…メッキパーツが秀逸なBMW 2002tii などを出品
●BMW 2002
ここにきて2002なんて、嬉しいじゃないかぁ。
お小遣いが絶対に足りないわー!

ネットで話題の動画!
これぞ、模型ギミックの極み!
素晴らしいの一言です。

実車同様のルーフの開閉ギミック。
とてもスムースに動いて、チリもぴったしカンカン!?




続いて、生誕60周年のスカイラインのまとめ。
このまとめについては本家の日産の特設サイトよりも『カーグラフィック Web CG』が秀逸なので、こちらをリンクしましょう♪
スカイラインは私にとっても特別なクルマになります。
6代目DR30スカイラインに乗ってましたから。
WebCGでは初代スカイラインに特化した内容です。
こちらから→ 第412回:歴史を作った高級セダン 初代「スカイライン」の素顔に迫る
日産特設サイトはこちらから→生誕60周年スカイライン

PCM00106_01
マルイ製 1/24 スカイライン GT-R KPGC-10

PCM00114_05
タミヤ 1/24 スカイライン GT-ES

PCM00131_08
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R (R32)

PCM00133_01
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R NISMO(R32)

PCM00161_01
タミヤ 1/24 スカイライン RS

PCM00162_03
エルエス 1/24 スカイライン RS

PCM00163_01
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R VスペックII (R34)

PCM00164_01
タミヤ 1/24 ニスモ R34GT-R Zチューン

PCM00165_07
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R(R32)

PCM00166_07
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R32)

PCM00171_01
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R ハードトップ

PCM00191_01
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R(R32)

PCM00195_07
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R34)

PCM00200_01
タミヤ 1/24 スカイライン 2ドアクーペ GTS 25t

PCM00215_02
タミヤ 1/24 スカイライン ブラックスペシャル 2000RS

PCM00216_07
フジミ 1/24 R31 スカイライン GTS

PCM00227_01
アオシマ 1/24 スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)'83

PCM00230_01
フジミ 1/24 スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様

PCM00231_01
フジミ 1/24 スカイラインクーペ 350GTプレミアム

PCM00242_01
タミヤ 1/24 スカイライン GT-R(R32)

PCM00247_01
フジミ 1/24 R34 スカイライン25GTターボ '98

PCM00248_01
フジミ 1/24 R34 スカイライン25GTフルエアロ

PCM00258_01
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(KPGC110)

PCM00272_01
アオシマ 1/24 ケンメリ2Dr

PCM00284_01
アオシマ 1/24 スカイライン ジャパン 4Dr 2000ターボ GT/ES [HGC 211]

PCM00295_03
タミヤ 1/24 スカイライン 2000RS ハードトップ

PCM00296_03
アオシマ 1/24 スカイライン ジャパン 2000GT ターボ

ふ〜っ。ちょっと疲れた。
当博物館で紹介しましたスカイラインの面々。
レースカーや市販車でも若干間引きしまいましたが、ゆっくりご覧下さい。
と言いながら、リンクしてないわぁ m(_ _)m

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 笑うわぁ・・・ちょっと見て!2本立て

これはコントだな。
どっかで見たことあるなぁ〜って。
だけど、笑っちゃうわぁ・・・

ちょっと見て!



続きまして・・・
高級外車の自動販売機が存在する???

『どこからコインを入れるんだろ?』
う〜む。これは自販機に見えなくもないか。
この自販機?はシンガポールにあります。

2016年12月に中古車販売会社『Autobahn Motors』が建てたもの。
15階建ての立体駐車場ビルが丸ごとショールームになってるわけですね。
実は自販機よろしく、お客様は1階のタッチパネル(ラブホか?)で操作すれば、指定のクルマが1〜2分で勝手に降りてきてそのまま乗って帰ることができるという。まんま自販機じゃん!書類手続きはどうするんじゃ?

この自販機には60台ものクルマを収納できるそうです。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 Here comes a new challenger! 市販車ニュルブルクリンク最速を目指して

目まぐるしくタイトルホルダーが変わりますねぇ・・・
ニュルブルクリンク市販車最速を目指した新たな挑戦者の登場と、そのクルマが叩き出したとんでもないタイムのニュースが飛び込んできましたー!

チャレンジャーは、NIO EP9
知ってますか?
このクルマは中国の電気自動車メーカーが作る少量生産のスーパーカーです。
なんと、エンジンではなくてモーターからの出力は、1MW(メガワット)であるという。
ちなみに1メガワットは1360馬力相当です。

NIO-EP9_01
NIO EP9の公式サイトはこちらから→NIO - EP9

な・な・なんと、ニュルブルクリンクで6分45秒90を記録!
これって、トップが入れ替わっちゃう!?
しかも、7分5秒120というタイムトライアルの映像をアップした直後にこの6分45秒を叩き出しちゃったぁ。
とんでもないクルマだわぁ。。。


■スペック…4個のモーターと4個のギアボックスを搭載し、0-100km/h 2.7秒、0-200km/h 7.1秒、最高速度313km/h、航続距離426km、価格は日本円で1億円超えということです。

それでは、拙ブログのランキングリストに加えましょう♪
『ニュルブルクリンク市販車ランキング』…プラモde クルマno 楽しみ方編

7分40秒:ベンツ SLS AMG
7分40秒:ブガッティ ヴェイロン
7分38秒:フェラーリ 458 イタリア
7分34秒:レクサス LFA
7分34秒:アウディ R8 GT
7分33秒:ケーニグセグ CCX
7分32秒:アウディ R8 Plus
7分31秒:ポルシェ 911 GT2(997)
7分30秒:メルセデス・ベンツ SLS AMG GT
7分29秒37:フェラーリ 458 スペチアーレ
7分29秒03:日産 GT-R (2009)
7分29秒60 シボレー カマロ ZL1
7分28秒:ランボルギーニ ウラカン LP610-4
7分28秒:ポルシェ カレラGT
7分28秒:ポルシェ 911 GT3 RS(991)
7分28秒:マクラーレン MP4-12C
7分28秒:フェラーリ 458 イタリア ← 先代はココ!
7分28秒:BMW M4 GTS
7分27秒82:パガーニ ゾンダ F クラブスポーツ
7分27秒:ポルシェ 911 GTS RS4.0(997)
7分26秒7:日産 GT-R
7分26秒4:シボレー コルベット C6 ZR1
7分26秒:ポルシェ 911 ターボS(991)
7分25秒:フェラーリ エンツォフェラーリ
7分21秒63:フェラーリ 488 GTB
7分18秒:ポルシェ 911 GT2 RS(997)
7分14秒64:レクサス LFA ニュルブルクリンク・パッケージ
7分13秒:ポルシェ 918 スパイダー
7分12秒7:新型ポルシェ 911 GT3(991)
7分12秒13:ダッジ ヴァイパー ACR
7分11秒57:グンペルト アポロ
7分11秒:マクラーレン F1
7分10秒92:メルセデス AMG GT R
7分08秒:日産 GT-R NISMO
6分59秒:ランボルギーニ アヴェンタドール SV
6分57秒:ポルシェ 918スパイダー Weissach Package
6分52秒01:ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ
→★6分45秒90:NIO EP9


ということになったワァー!
お( ̄○ ̄)め( ̄◇ ̄)で( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.256> レパード wo ググる〜♪

館長&学芸員:皆さん、こんにちは

T学芸員:今回、ググるクルマは?
館長:<File No.256>は ニッサン レパード です
K学芸員:カッコよいクルマですね
館長:しかし、このモデルとは違います↓
PCM00211_01

館長:↑これは2代目レパードです
館長:アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 前期型
学芸員:では、どのレパード?
館長:なんと、初代のレパード!

学芸員:ググりましょ
T学芸員:初代は F30型系
K学芸員:販売期間は 1980年10月 〜 1986年2月
T学芸員:設計統括は、スカイラインの父・桜井眞一郎氏
K学芸員:ボディタイプは4ドア(ピラード)ハードトップと2ドアハードトップがあります
T学芸員:姉妹車が存在しますね
館長:ここは私の出番かな
館長:レパードは日産店(ブルーバード店)向けとチェリー店向けの仕様があった
館長:チェリー店向けモデルを『レパード TR-X(トライエックス)』と言ったのです
K学芸員:フロントマスクが違うようです
T学芸員:レパードが異型ヘッドライトであるのに対し、TR-Xは規格型の角型4灯ヘッドライトだった
館長:今回ピックアップするのは『レパード TR-X』の方です

館長:それでは始めましょう♪

K学芸員:それでは、恒例となった実車と模型との比べっこしましょう!?
1980-nissan-Leopard-TR-X_01
PCM00356_01
T学芸員:色といい、形といい、ぴったりですね
館長:フェンダーミラーが大きいか
T学芸員:ヘッドライトの厚みもあるかな
K学芸員:模型的にデフォルメしたんでしょうね
館長:キットはタミヤ製です
T学芸員:全体的には安心のタミヤクオリティーです
館長:買って損ナシ!
K学芸員:と言っても売ってません!(笑


K学芸員:では、お次は動画をググりましょう♪
館長:そうしましょう



K学芸員:スタートはCMから
T学芸員:TR-X はアメ車っぽいと思ったら、まんま『TR-X アメリカ』って!?
T学芸員:びっくりするわ〜
K学芸員:ちなみにレパードの登場時のCMはこちら

T学芸員:加山雄三さんがイメージキャラクターだったんだぁ
T学芸員:レパードとレパード TR-X のキャラクターの違いがわかりますね
館長:つぎ、どうぞ


K学芸員:こちらはインテリアがわかる映像です

T学芸員:先進的なメーターです
T学芸員:直線を基調としたパネル周り
館長:操作スイッチ類はステアリング周りに集められている



館長:これどうよ!?
K学芸員:ケンメリスカイラインやジャパンもありますね
T学芸員:フル加速の爆音を聞いてくれ〜ってことですね


T学芸員:クルマのパンフレットを映像にしてしまった作品
館長:おっと、お勉強ですね・・・



館長:そろそろ、最後に・・・
館長:今日はここまでにしましょう

K学芸員:ラジオCMです
館長:ユニークな映像?
学芸員:さすが、20秒で上手にまとまってるぅ

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 7 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_25
PCM00356_26
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── 初代レパードのまとめ的なもの

 レパード TR-X のエクステリアの写真を見ましょう♪ 特徴とも言えるのがバンパー下のエアスカート。ボディを設計・デザインする中で、空気抵抗を考慮した上で作られていることがこの装備から見えてくる。フロントデザインの特徴で、兄弟車レパードとの見た目の違いはヘッドライトです。TR-X は角目4灯でレパードは異形の角目2灯です。またグリルのデザイン、素材は TR-X がポリカーボネート製であるのに対し、レパードは ABS製となる。結構細かく違っているのです。TR-X のカラードバンパーはハニカム構造の吸収材が使われています。このようにレパードは、クーペのカッコよさだけでなく、パーソナルカーとしてのクルマというもの突き詰めて考えられた結晶であると思います。時代を先取り、このクルマから日本のスペシャリティカーが生まれたと言っても過言ではないでしょう。

PCM00356_27
PCM00356_28


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 6 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_21
PCM00356_22
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── 時代をリードしたデザインと先進装備の数々

 初代レパードの革命的な数々の技術を見てみましょう♪
■デザイン:リアウインドウの付け根が車体側面と揃っていないのは現在では普通のデザイン処理ですが、レパードはその先駆けといえます。またフロントグリルやリアガーニッシュに透明樹脂を多用し近未来的デザインを志向していました。
■インテリア:4つの機能を一つに集約したマルチ電子メーター、光通信ステアリングスイッチ、ドライブコンピュータ、オートレベライザー(車高自動調整)、ワイパー付きフェンダーミラー、日本初のオートボリュームコントロールオーディオ、チルト&テレスコピックステアリング、オートエアコンなど、世界初や日本初と謳われるエレクトロニクス装備を多数搭載していました。
■ワイパー付きフェンダーミラー:世界初!トラック等でみられますが当時はミラーにワイパーという発想はなく、アイディア的には面白いけど・・・小さなワイパーがフェンダーミラー上をキコキコ動くのはアナログ的ですが、見ているとほのぼのとしますねぇ。
■アルミホイール:TR-X専用ホイール=アルミホイール5.5J×14 センターキャップの色が黒でレパードのマークがあります。タイヤサイズは195/70・14インチとなります。

PCM00356_23
PCM00356_24


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 5 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_17
PCM00356_18
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── ライバルはソアラ

 ニッサン レパードのライバルは?と言われれば、誰もがトヨタ ソアラと答えるでしょう。
初代レパードは1980年10月に登場しました。一方、初代ソアラが発売されたのは1981年2月です。その差4ヶ月あまり。しかし、走り出しが順調だったのはソアラの方。結果的に1981〜1982年の第2回日本カーオブザイヤーを受賞しました。レパードはソアラに1歩先を越されてしまいました。
 ソアラの人気の理由はデザイン。直線と面で構成された重量感のあるシンプルなデザインで、当時のクルマは大きく見せることが当たり前という中で、前後を絞り込み高級感を醸し出していました。一方、初代レパードはピニンファリーナデザインでリアウインドウに使われたベンドグラスやCピラーとリアフェンダーを面一としない手法など、国産他車に先駆けるものがありました。大きく差が開いたのはその心臓でした。レパードは発売当時のエンジンがL型エンジンであることや、4気筒・1800ccのZ18のグレード設定があったことから、ソアラの直列6気筒 3.0/2.8/2.0Lの高級ラインナップには手も足も出ない状況でした。
初代対決の軍配はソアラに上がりました。

PCM00356_19
PCM00356_20


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 4 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_13
PCM00356_14
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── ピニンファリーナデザイン+L型ターボが魅力

 ニッサン レパードは、1970年代日産の栄光を代表するクルマだと思う。設計総括はスカイラインの父と言われた櫻井眞一郎氏。当時の日産にはレパードの車格にあったエンジンがなかったとも言えるが、L型エンジンを搭載したことで、今となれば、その部分こそがレパードの魅力と言えるでしょう。時代的にもL型+ターボは鉄板(テッパン)でした。実際に走らせれば、スポーツカーとは一線を画す上質なもので、内装も豪華、グランツーリスモ的な乗り味で高速をゆったり走る感じ。魅力であるエンジンは、昔ながらのターボの音、加速が楽しめるアンバランスさが優等生だけでないレパード本来の姿でしょう。

PCM00356_15
PCM00356_16


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 3 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_09
PCM00356_10
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── レパード TR-X(トライエックス)って、どんなクルマ?

 ニッサン レパードは、ブルーバードの上級グレードである6気筒シリーズの後継車として日産店に投入されたモデルです。これに対して、これまで上級車種の取り扱いがなかったニッサン・チェリー店に投入された姉妹車となるのがレパード TR-X(トライエックス)なのです。わかりやすく違うのがヘッドライトです。レパードは異型ヘッドライトを装備するのに対し、TR-Xは規格型の角型4灯ヘッドライトを装着していました。
TR-X(トライエックス)とは、テクノロジーの「T」、ロマンの「R」、未知の「X」を組み合わせたものです。
ライバルはトヨタの初代ソアラ。しかし、パフォーマンス面で劣っていたため、人気・販売とも大きく水をあけられ、初代同士の争いはソアラの後塵を拝す形となりました。

PCM00356_11
PCM00356_12


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.256>Part 2 ニッサン レパード TR-X ターボ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
カッコいいには理由がある。なんと、ピニンファリーナデザイン!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_05
PCM00356_06
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── レパード TR-X ターボ ZGX E-PF30(1984年・昭和59年式)カタログ・スペック情報

■ボディタイプ:ハードトップ ■ドア数:2ドア ■乗員定員:5名
■型式:E-PF30 ■全長×全幅×全高:4630×1690×1345mm
■ホイールベース:2625mm ■トレッド前/後:1400/1385mm
■室内長×室内幅×室内高:1815×1400×1090mm ■車両重量:1460kg
■新車価格:─円
<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:L20E
■最高出力:145ps/5600rpm ■最大トルク:21.0kgm/3200rpm
■種類:OHC水冷直列6気筒EGIターボ ■総排気量:1998cc
■内径×行程:78.0mm×69.7mm ■圧縮比:7.6 ■過給機:ターボ
■燃料供給装置:ニッサンECCS
■燃料タンク容量:62リットル ■使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
<環境仕様>
■10モード/10・15モード燃費:9.5km/リットル
<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前/後):独立懸架ストラット式/独立懸架セミトレーリングアーム式
■ブレーキ形式(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク
■タイヤサイズ(前後共):195/70HR14 ■最小回転半径:5.2m
<駆動系>
■駆動方式:FR ■トランスミッション:5MT ■LSD:─
■変速比:第1速/3.592、第2速/2.246、第3速/1.415、第4速/1.000、第5速/0.813
■後退:3.657
■最終減速比:3.900

PCM00356_07
PCM00356_08


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.256>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
Car Models File-No.256


待ってましたぁ!<旧車ですよー!
今回は 日産がニッサンだった頃の高級パーソナルカー。
その名も『レパード』。
初代レパードですよ。初代は認知度が低いんじゃないか!?
しかし、改めて見ると・・・カッコいいんだな、これが!
<File No.256>初代ニッサン レパード をごゆっくりお楽しみください。

PCM00356_01
PCM00356_02
Car Models File-No.256
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.20
『 ニッサン レパード TR-X ターボ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン レパード TR-X ターボ (1980年/日本)

──── タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.20 ニッサン レパード TR-X ターボのこと

「スポーツカーシリーズ」に、1/24 ニッサン レパード TR-X ターボがラインナップ。

商品解説■
ニッサンの高級パーソナルカー、レパード TR-X ターボが1/24スケールキットで登場。
こちらの商品はモーターライズキットとなりますので、FA-130モーター1個(※別売)、単三乾電池1本(※別売)を組み込めば走行が楽しめます。
計器盤など細部まで実感たっぷりに再現された室内。立体感、精密感あふれる車体下面。
サンルーフはスライド可能。グラスタイプとスチールタイプの両方の部品がセットされ、どちらもスムースな開閉を楽しんで頂けます。
ドライバーの人形に加えて、アクセサリーとして同じ1/24スケールのホンダのスクーター、タクトも付属し楽しさを盛り上げます。


タミヤより

PCM00356_03
PCM00356_04


※参考:Wikipedia:ニッサン・レパード

Car Models File-No.256
タミヤ 1/24 ニッサン レパード TR-X ターボ
TAMIYA 1/24 NISSAN LEOPARD TR-X TURBO


Car Models File-No.256 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 市販車ニュルブルクリンク最速を目指して・・・

あれっ?昨日もニュルブルクリンクのタイムトライアルだったけど・・・
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

見落としておりましたぁ。
今年3月のチャレンジャーを見落としておりました。

チャレンジャーは、ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ
知ってますか?このモデルはウラカンのハイスペックバージョンです。
エンジンは5.2リッターのV10 NA で最高出力が640馬力、トルクは61.2kgmというスペック。

ランボルギーニの公式チャンネルから

な・な・なんと、ニュルブルクリンクで6分52秒01を記録!
これって、トップが入れ替わっちゃう!?
ウラカン・ペルフォルマンテは2017年夏に最初の納車が予定されており、価格は税別で3,163万8,800円でございまする。

それでは、昨日エントリーのブログに加えましょう♪
『ニュルブルクリンク市販車ランキング』…プラモde クルマno 楽しみ方編

7分40秒:ベンツ SLS AMG
7分40秒:ブガッティ ヴェイロン
7分38秒:フェラーリ 458 イタリア
7分34秒:レクサス LFA
7分34秒:アウディ R8 GT
7分33秒:ケーニグセグ CCX
7分32秒:アウディ R8 Plus
7分31秒:ポルシェ 911 GT2(997)
7分30秒:メルセデス・ベンツ SLS AMG GT
7分29秒37:フェラーリ 458 スペチアーレ
7分29秒03:日産 GT-R (2009)
7分29秒60 シボレー カマロ ZL1
7分28秒:ランボルギーニ ウラカン LP610-4
7分28秒:ポルシェ カレラGT
7分28秒:ポルシェ 911 GT3 RS(991)
7分28秒:マクラーレン MP4-12C
7分28秒:フェラーリ 458 イタリア ← 先代はココ!
7分28秒:BMW M4 GTS
7分27秒82:パガーニ ゾンダ F クラブスポーツ
7分27秒:ポルシェ 911 GTS RS4.0(997)
7分26秒7:日産 GT-R
7分26秒4:シボレー コルベット C6 ZR1
7分26秒:ポルシェ 911 ターボS(991)
7分25秒:フェラーリ エンツォフェラーリ
7分21秒63:フェラーリ 488 GTB
7分18秒:ポルシェ 911 GT2 RS(997)
7分14秒64:レクサス LFA ニュルブルクリンク・パッケージ
7分13秒:ポルシェ 918 スパイダー
7分12秒7:新型ポルシェ 911 GT3(991)
7分12秒13:ダッジ ヴァイパー ACR
7分11秒57:グンペルト アポロ
7分11秒:マクラーレン F1
7分10秒92:メルセデス AMG GT R
7分08秒:日産 GT-R NISMO
6分59秒:ランボルギーニ アヴェンタドール SV
6分57秒:ポルシェ 918スパイダー Weissach Package
→★ 6分52秒01:ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ


ということになったワァー!
お( ̄○ ̄)め( ̄◇ ̄)で( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 ニュルブルクリンクで7分12秒7を記録したクルマとは?

あれっ?ニュルブルクリンクのタイムトライアルって、・・・
今年2017年の1発目???

チャレンジャーは、ポルシェの中でもサーキットユースに特化したGT3です。
GT3はカレラがターボを搭載しているのに、高回転型NAエンジンにこだわったモデル。
今回はファンが待ち望んだMTが復活!
そーんなGT3のタイムトライアルのオンボード映像を見てみましょう♪
ポルシェの公式チャンネルから

GT3の7速PDKモデル、ニュルブルクリンクで7分12秒7を記録!
ちなみにタイヤはミシュラン パイロットスポーツ カップ2だそうです。
もう一つ、ちなみに新型911GT3は既に日本導入も発表済みで、価格は2,115万円でございまする。

それでは、このブログでまとめてきたものに加えましょう♪
『ニュルブルクリンク市販車ランキング』…プラモde クルマno 楽しみ方編

7分40秒:ベンツ SLS AMG
7分40秒:ブガッティ ヴェイロン
7分38秒:フェラーリ 458 イタリア
7分34秒:レクサス LFA
7分34秒:アウディ R8 GT
7分33秒:ケーニグセグ CCX
7分32秒:アウディ R8 Plus
7分31秒:ポルシェ 911 GT2(997)
7分30秒:メルセデス・ベンツ SLS AMG GT
7分29秒37:フェラーリ 458 スペチアーレ
7分29秒03:日産 GT-R (2009)
7分29秒60 シボレー カマロ ZL1
7分28秒:ランボルギーニ ウラカン LP610-4
7分28秒:ポルシェ カレラGT
7分28秒:ポルシェ 911 GT3 RS(991)
7分28秒:マクラーレン MP4-12C
7分28秒:フェラーリ 458 イタリア ← 先代はココ!
7分28秒:BMW M4 GTS
7分27秒82:パガーニ ゾンダ F クラブスポーツ
7分27秒:ポルシェ 911 GTS RS4.0(997)
7分26秒7:日産 GT-R
7分26秒4:シボレー コルベット C6 ZR1
7分26秒:ポルシェ 911 ターボS(991)
7分25秒:フェラーリ エンツォフェラーリ
7分21秒63:フェラーリ 488 GTB
7分18秒:ポルシェ 911 GT2 RS(997)
7分14秒64:レクサス LFA ニュルブルクリンク・パッケージ
7分13秒:ポルシェ 918 スパイダー
→★ 7分12秒7:新型ポルシェ 911 GT3(991)
7分12秒13:ダッジ ヴァイパー ACR
7分11秒57:グンペルト アポロ
7分11秒:マクラーレン F1
7分10秒92:メルセデス AMG GT R
7分08秒:日産 GT-R NISMO
6分59秒:ランボルギーニ アヴェンタドール SV
6分57秒:ポルシェ 918スパイダー Weissach Package

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 筑波サーキット・スポーツカーによるタイムアタック映像!

さて、大好物のタイムアタックもの映像です。

今回の舞台は、筑波サーキット。
2017年3月25日に筑波サーキットで行われた『筑波フェスティバル』での全開タイムアタックの映像。
CARトップが公開しました

参加車両は、『日産 GT-R トラックエディション』 と 『ホンダ NSX』 と 『ポルシェ 991ターボS』 と 『アウディ R8 V10プラス』 と 『ジャガー Fタイプ SVR』 の5台。


ザァーっとスーパースポーツのスペックを・・・、
1番バッターは、ジャガー Fタイプ 4999ccV8スーパーチャージャー/575馬力/71.3kgm/1840kg/4WD/1815万円
2番、アウディ R8 5.2FSI V10プラス/610馬力/57.1kgm/1650kg/4WD/2906万円
3番、ホンダ NSX 3492ccV6ターボ+3モーター/570馬力/65.1kgm+7.4kgm*2+15.1kgm/1780kg/4WD/2370万円
4番、ポルシェ 911 3799cc水平対向6DOHCツインターボ/580馬力/76.4kgm/1600kg/4WD/2599万円
5番、日産 GT-R 3779ccV6DOHCツインターボ/570馬力/65kgm/1760kg/4WD/1369万円

2000万円級の高級スーパースポーツカーたちが全開アタック!
勝つのは誰か!?

それでは映像で確認!

思った通り、ポルシェは速い。
GT-Rも安くて速い!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 アオシマ 1/24 パガーニ・ウアイラを作るなら・・・

今日、紹介の雑誌は、模型雑誌のモデルグラフィックスです。

2017-04-29_mook_01
モデルグラフィックス 2017年 6月号
雑誌:月刊
出版社:大日本絵画
発売日:2017/4/25
定価:743円(税別)


2017-04-29_mook_02
目次より
[巻頭特集] スペース観艦式2017
続・電飾のススメ [短期集中講座]
特集の中身も濃いです。
2014年公開の映画『インターステラー』に出てくるレンジャー号ですよ。
ミクロの決死圏のプロテウス号やウルトラセブンのウルトラホーク2号、スペース1999のイーグルまでと
艦の選択がゼツミョーですよ。

2017-04-29_mook_03
本来、この雑誌の購入の理由がこれ↑
アオシマ 1/24 パガーニ・ウアイラ
これからキットを組み立てようとお考えの方・・・
キャンディ塗装と可動部にネオジム磁石を使って、ピタッとフィット!
しかし、参考になるけど、自分には無理か!?



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.255>no クルマwo ググる〜♪

館長&学芸員:皆さん、こんにちは

T学芸員:今回、ググるクルマは?
館長:<File No.255>は スバル インプレッサ です
K学芸員:ラリーカーですか!?
館長:今回のモデルは、市販車です
館長:マイナーチェンジで3度のフェイスチェンジをした2代目です
館長:『丸目』とか『涙目』とか『鷹目』とか言われてるんだけど
学芸員:わかります
館長:『鷹目』です・・・初めて取り上げるモデルです

学芸員:2005年の6月デビューですね
館長:インプレッサ型式GDBはA型から始まって、この鷹目はF型となります
館長:すごいですね、着実に進化するインプレッサ
館長:ちなみに丸目はA型→B型、涙目がC型→D型→E型と・・・
館長:そして鷹目でF型に
館長:変わらなかったのは内装関係だけ
館長:A型=2000年8月〜、B型=2001年11月〜、C型2002年11月1日〜
館長:D型=2003年9月〜、E型=2004年6月〜、そしてF型2005年6月〜です

館長:それでは始めましょう♪

K学芸員:それでは、恒例となった実車と模型との比べっこしましょう!?
SUBARU-Impreza-WRX-STI_01
PCM00355_19
T学芸員:写真のアングルがぴったりですね

SUBARU-Impreza-WRX-STI_02
PCM00355_20

館長:わー!どっちがどっち!?
T学芸員:フジミのキットですね
K学芸員:これは出来の良いキットなのですね
館長:キリッとした目の再現度が高い
T学芸員:完成度が高いですね
館長:リヤのテールランプ周りのボリューム感もグー!
K学芸員:リヤスポイラーの微妙な曲線も忠実再現です


K学芸員:では、お次は動画をググりましょう♪
館長:そうしましょう



K学芸員:2006 Subaru Impreza WRX STI
T学芸員:お勉強、お勉強
K学芸員:この映像もスタイリッシュですよー

T学芸員:どんどん行きましょう♪
T学芸員:コメントなくて m(_ _)m
館長:つぎ、どうぞ


K学芸員:もういいですか?次、行きます!
T学芸員:チョーっと毛色が違う映像が出てきました。
T学芸員:インプレッサを描いてます
館長:鷹目インプを描いちゃった!?



館長:こうやってパソコンで描くのね
K学芸員:意外とアナログチックなのね
T学芸員:色鉛筆バージョン?もありました
館長:こっちこそアナログだ

T学芸員:どっちがお好み??


館長:ちょっと外れましたね、方向修正しましょう
K学芸員:そうしましょう♪

T学芸員:おっと、お勉強ですね
館長:そろそろ、最後に・・・
館長:今日はここまでにしましょう
T学芸員:鷹目スペシャルモデルを土屋圭一が峠アタック映像
館長:それでは、見ながらお別れをー・・・

K学芸員:ウワォ!楽しそうだなぁ・・・
館長:インプレッサはそんなクルマ!!
学芸員:最後にそんだけ〜!?

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)
※出典:autoevolution

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 7 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_25
PCM00334_23

PCM00355_26
PCM00334_24

──── 涙目&鷹目 インプレッサ

 比べましょう♪
涙目インプレッサ vs 鷹目インプレッサ。
涙目インプ WRCラリーはこちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.234>

──── 鷹目インプレッサのまとめ的な・・・

 現在でもこの鷹目インプレッサは人気があり、中古車市場でも150万円クラスです。
それまでどっかんターボ仕様だったピーキーなエンジンフィーリングが、鷹目(後期型)へのチェンジに合わせ、セッティングがマイルドになったということです。しかし、内装関係はA型からF型までは大きな変更点はありません。大きな変化はエクステリア、すなわちフェイス(顔)ですね。丸目、涙目、鷹目と。一番の理由は人気による販売不振なのですね。この鷹目は以後のインプレッサのフェイスの方向性を決定したモデルです。

PCM00355_27
PCM00355_28
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 6 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_21
PCM00355_22
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── インプレッサ 丸目、涙目、鷹目のスペック比較

<丸目>
GDB A型 / B型

■全長x全幅x全高:4405×1730×1435(mm)
■ホイールベース:2525mm
■エンジン型式:EJ20型 水平対向4気筒DOHCターボエンジン
■排気量:1994cc
■最大出力:206kW(280ps)/6400回転
■最大トルク:373Nm(38.0kg.m)/4000回転
■駆動方式:AWD
■トランスミッション:6MT
■使用燃料:無縁プレミアムガソリン
■10・15モード燃費:10.4km/L
■タイヤサイズ:225/45ZR17
<涙目>
GDB C型 / D型 / E型

■全長x全幅x全高:4415×1740×1425(mm)
■ホイールベース:2540mm
■エンジン型式:EJ20型 水平対向4気筒DOHCターボエンジン
■排気量:1994cc
■最大出力:206kW(280ps)/6000回転
■最大トルク:394Nm(40.2kg.m)/4400回転
■駆動方式:AWD
■トランスミッション:6MT
■使用燃料:無縁プレミアムガソリン
■10・15モード燃費:10.4km/L
■タイヤサイズ:225/45ZR17
<鷹目>
■GDB F型

■全長x全幅x全高:4465×1740×1425(mm)
■ホイールベース:2540mm
■エンジン型式:EJ20型 水平対向4気筒DOHCターボエンジン
■排気量:1994cc
■最大出力:206kW(280ps)/6400回転
■最大トルク:422Nm(43.0kg.m)/4400回転
■駆動方式:AWD
■トランスミッション:6MT
■使用燃料:無縁プレミアムガソリン
■10・15モード燃費:10.2km/L
■タイヤサイズ:235/45R17

PCM00355_23
PCM00355_24


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 5 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_17
PCM00355_18
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── フェイスチェンジ!インプレッサ

インプレッサというクルマは、スバルを代表するネームです。しかし、その歴史は山あり谷あり。今回ご紹介する2代目インプレッサも例外ではなく、このモデルの歴史だけでも、「3つの顔を持つクルマ」となっています。俗にいう「丸目」「涙目」「鷹目」ってヤツです。2度目は2005年6月、マイナーチェンジを受けて後期型に。F型となりました。このモデルより変わったのが、ブランド名とグレード名ともに『STI』にまとめました。そしてフェイスチェンジ、「スプレッドウィングスグリル」と呼ばれる飛行機をモチーフにしたフロントグリルデザインを採用しました。これがいわゆる鷹目と呼ばれる顔の正式名称なのです。

PCM00355_19
PCM00355_20


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 4 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_13
PCM00355_14
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── スバル インプレッサ 2005年6月(平成17年6月)発売モデルまとめ

 ミドルクラスのスポーツセダン&スポーツワゴンの代名詞、スバルインプレッサシリーズ。スポーツワゴンとセダンベーシックシリーズは、5ナンバーサイズボディとし、セダンWRXシリーズは、全幅1740mmの3ナンバーサイズとワイドトレッドを採用する。今回の改良は、新デザインのフロントグリルやヘッドライト、フロントバンパーの採用などによるエクステリアデザインの改良や、インテリアの一部仕様変更した。また、WRX STIシリーズは、エンジンの最大トルクを向上させるとともに、従来からの電子制御式AWDシステム「DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」に、新たにトルク感応型の機械式LSD(リミテッド・スリップ・デフ)を追加した。搭載されるエンジンは、AVCS(可変バルブタイミング)機構付きの2L 水平対向4気筒DOHCターボ(250馬力)&同ツインスクロールターボ(280馬力)のスポーツユニット。それに1500ccはSOHC16バルブ(レギュラーガソリン仕様:100馬力)。トップスポーツモデル「WRX STI」は280馬力で6速マニュアルのみ、「WRX」は5速マニュアルと4速ATが選べる。それにモータースポーツ仕様の「WRX STIスペックC」を用意する。ベーシックシリーズとして、1.5L搭載の「1.5i」、ワゴンには前後エアロフォルムやインチアップされた15インチアルミがつくスポーティな「1.5i-S」をラインアップ。駆動方式はそれぞれグレードに適したフルタイム4WD、1.5LはFFも設定。



出典:グーネット

PCM00355_15
PCM00355_16


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 3 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_09
PCM00355_10
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── フジミ製 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 キットの特徴

フジミ 1/24 インチアップシリーズ 『スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005』の特徴をまとめました。
●車体はフロントバンパー部、リアバンパー部及びサイドステップ部、リアスポイラーと別パーツで構成
●2005年モデルで鷹目に一新されたフロントマスクを見事に再現
●フロントバンパーのエアインテーク部は開口済み、格子状のエンジングリル、ラジエーターグリルは別パーツ構成
●格子状のエンジングリルは打ち抜かれた精密なパーツで構成
●ボンネット上のエアインテーク部はスリットの入った別パーツで再現
●リアスポイラーは一体成型されたパーツで再現
●ルーフベーンを再現したパーツが付属
●フロント、リアのライトハウジング部はメッキ処理された別パーツ構成
●ブレーキランプ、ウインカーランプはそれぞれ赤とオレンジの成型色のクリアパーツで再現
●室内はダッシュボード、ドアの内張り、フロントシートなどを別パーツで構成
●車体下部に配置された4WDシステム「AWD」を精密な彫刻を掘り込んだパーツで再現
●マフラー部の取り回しもなど実車に忠実なメカニズムを再現
●フロント部の大型アンダーカバーやリアデフューザーは別パーツ構成、車体下部を組立てた後に取り付ける形式
●マフラー部は吹き出し口をメッキ仕上げの別パーツ
●前後輪の足回りは「STI」仕様となる「ブレンボ製4連ベンチレーテッドディスクブレーキ」を再現
●ホイールは「STI」オプション仕様となるBBS製鍛造17インチアルミホイールを再現(ゴールド調仕上げ)
●「SUBARU」のシンボルマーク、「STI」のロゴ、メーターパネル、ナンバープレート用の数字などを再現したデカール付属
●既に型取りされた切り込みの入ったウインドマスキングシール付属
●ボディ成型色:ブルー
●2006年完全新金型(インプレッサ セダン WRX と同時発売)

PCM00355_11
PCM00355_12


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.255>Part 2 スバル インプレッサ セダン WRX STI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_05
PCM00355_06
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── スバル インプレッサ WRX STI(2005年6月)カタログ・スペック情報

■ボディタイプ:ハードトップ ■ドア数:4ドア ■乗員定員:5名
■型式:GH-GDB ■全長×全幅×全高:4465×1740×1425mm
■ホイールベース:2540mm ■トレッド前/後:1490/1495mm
■室内長×室内幅×室内高:1890×1380×1180mm ■車両重量:1460kg
■新車価格:3,402,000円
<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:EJ20
■最高出力:280ps(206kW)/6400rpm ■最大トルク:43.0kgm(422Nm)/4400rpm
■種類:水平対向4気筒DOHC16バルブターボ ■総排気量:1994cc
■内径×行程:92.0mm×75.0mm ■圧縮比:8.0 ■過給機:ターボ
■燃料供給装置:EGI(電子制御燃料噴射装置:マルチポイント・インジェクション)
■燃料タンク容量:60リットル ■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
<環境仕様>
■10モード/10・15モード燃費:10.2km/リットル
<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前後共):ストラット式独立懸架
■ブレーキ形式(前後共):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前後共):235/45R17 ■最小回転半径:5.7m
<駆動系>
■駆動方式:フルタイム4WD ■トランスミッション:6MT ■LSD:標準
■変速比:第1速/3.636、第2速/2.375、第3速/1.761、第4速/1.346、第5速/1.062、第6速/0.842
■後退:3.545
■最終減速比:3.900

出典:グーネット

PCM00355_07
PCM00355_08


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.255>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
Car Models File-No.255


丸目、涙目、鷹目って、なんのことだかわかるぅ?
・・・2代目インプレッサの「目」のことですよねぇ。
今回は GDB の F型 鷹目が主役です。
このモデルが一番人気が高いですかね!?
年式的にも新しいわけですから。
それでは・・・
<File No.255>スバル インプレッサ セダン WRX STI をごゆっくりお楽しみください。

PCM00355_01
PCM00355_02
Car Models File-No.255
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.083
『 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ セダン WRX STI (2005年/日本)

──── 1/24 インチアップシリーズ No.083 インプレッサ セダン WRX STI のこと

●2005年に登場した「スバル インプレッサ セダン WRX」を1/24スケールで再現したプラスチックモデル組立キット
●インプレッサは、1992年に登場して以来、WRC(世界ラリー選手権)に出場するマシンとしてその名を広く知られたピュアスポーツセダン
●走りの楽しさと安全性とを両立すべく、これまでにWRCで培ったノウハウをもとに様々な改良を重ね、2005年にフロントフェイスなどを含むデザインを一新、「スポーツカーを超えるもの」、本物のクルマとしての完成度を高められたのが「インプレッサ セダン 2005年モデル」なのです

PCM00355_03
PCM00355_04


※参考:Wikipedia:スバル インプレッサ(2代目)

Car Models File-No.255
フジミ 1/24 スバル インプレッサ セダン WRX STI 2005
FUJIMI 1/24 SUBARU IMPREZA Sedan WRX STI 2005


Car Models File-No.255 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR