【ムック】 モデル・カーズ・チューニング & ホリデーオート & カー・マガジン

今日はプラモデルのムックを1冊とクルマのムックを2冊ご紹介。
まずはプラモデルのムック。


2017-04-20-mook_01
モデルカーズ・チューニング その四
ムック:111ページ
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/4/4


特集:Honda Build Off
モデル・カーズ・チューニングその四のメインテーマは“ホンダ車"だ。
かつては、“俺たちクルマ好き"の傍らに居てくれたホンダが、どこか遠い世界に行ってしまってから久しい。
ミニバン、SUV、軽自動車……もちろん今のホンダ車を否定するつもりなんかない。
でも、やっぱりもっとヤンチャでぶっ飛んだホンダ車があったっていいだろう。
それは速くて低くてカッコいいホンダ---。そう俺たちが永遠に恋い焦がれるPowed by Hondaなんだ。
・Civic【シビック】・Accord【アコード】・1300 77/Coupe【クーペ】
・Micro Car【軽自動車】・Integra【インテグラ】・City【シティ】
・Odyssey【オデッセイ】・STEP WGN【ステップワゴン】
・CR-V・S600/S800・S2000・NSX・CR-X/CR-Z・Orthia【オルティア】
・Plelude【プレリュード】


Amazonより

2017-04-20-mook_02
第4弾の特集はホンダ車。
シビックがどうしてこうなったか?とか
NSXをどう改造すれば、こうなるの?とか・・・は、どうでもいいや!
だって、こんなクルマがあったら楽しいじゃないですかー。
これはペラペラとながめているだけで面白いムックです。



クルマ雑誌の1冊目。
2017-04-20-mook_03
ホリデーオート 2017年5月号
雑誌
出版社:モーターマガジン社
発売日:2017/4/10


【巻頭特集】『日本警察車両大図鑑』
第1部 スポーツパトカー編
○最新スポーツパトカー探訪
 その1 フェアレディZ NISMO
 その2 マークX + Mスーパーチャージャー
◯その抑止力、最強・スカイライン GT-R
◯スポーツパトカー列伝
番外編 レアモノパトカー図鑑
第2部 パトカーQ&A


Amazonより

2017-04-20-mook_04
働くクルマは好きですか?
子どもたちは働くクルマが大好きです。
パトカーの特集は久しぶりじゃないかな?
この号は、絶対に人気が出るでしょうね!?
バブルの頃のスーパースポーツパトカーから最新のパトカー事情もあります。
大人も働くクルマが大好きなのだ。



クルマ雑誌の2冊目。
2017-04-20-mook_07
カーマガジン No.264 2000年6月
中古本
出版社:ネコ・パブリッシング


特集:愛と青春のデ・トマソ
復活したアレッサンドロ・デ・トマソに世界初インタビュー
2017-04-20-mook_08
なかなか手に入りませんよー!?
この本をずーっと探していました。
特集のデ・トマソのインタビューが読みたかったのです。
波乱万丈のデ・トマソ物語。
これからゆっくり読ませてもらいます。。。




 
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 この動画を見て!スゴ〜イ・面白かったークルマ映像

今晩は、クルマ動画を3本紹介しまーす。

1本目は、日産のプロモーション映像です。
それは・・・、
画家のStephen Wiltshire氏はサヴァン症候群で、「見たものを瞬間的に記憶できる」という能力を持つ。
その記憶力と描写する絵の精密さの素晴らしいこと。圧倒されるますよ!
ぜひ、その映像をその目で確かめてください。

たった60秒で記憶したイメージだとは思えないほど、細部まで車のビジュアルが表現されています。
しかも、三次元でその位置を瞬時に記憶してるんですよ。とても信じられない。
不思議です。特異な能力をお持ちです。

彼は3歳の時に自閉症であると診断され、6歳になるまで他人とコミュニケーションがほとんど取れなかったそうですが、「絵を描く」という行為が彼の隠れた能力を呼び起こし、今ではイギリスを代表するアーティストになったのです。



2本目は、お蕎麦屋さんの配達が“カブ”におかもちではなくて、フェラーリでドリフトなのだ〜!?
見てみたいでしょ!?
それでは、どうぞ!

これは、岡山県にある自動車販売会社「アドバンスオートモービル」が制作したもの。
面白かったでしょ。。。



それでは3本目。
ダッジ バイパーACRがカッコよくキメるペンズオイルの超絶ドリフト動画です。

知ってますか?
バイパーの販売不振が続きとうとう今年限りで25年の歴史に幕を閉じる事になったことを!

そこで、ペンズオイルがバイパーに敬意を表し「The Last Viper from Pennzoil」というタイトルで、バイパーの豪快な走りを堪能できる映像を作ったのです。

船積み場から盗まれた黄色いバイパーを謎のスゴ腕ドライバーが犯人の手からオーナーに届けるというストーリーなのだ。
それでは、ご一緒に!


バイパーは640馬力/83kgfmの出力を発揮する8.4リッターV10 OHVのモンスターエンジンをフロントに搭載しています。

それではまたー!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.254>no クルマwo ググる〜♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


館長&学芸員:皆さん、こんにちは

T学芸員:今回、ググるクルマは?
館長:<File No.254>は シボレー コルベット です
K学芸員:キング・オブ・アメリカン!?
館長:そうですね、コルベットはアメリカのシンボル
館長: 以前、コルベットが誕生60周年を迎えるとき
館長:シボレーのマーケティング担当副社長のクリス・ペリー氏の言葉を読みました
学芸員:なんて言ったのでしょうか?
館長:そう、こんなことを・・・

「過去60年間、シボレー コルベットは、映画スター、ミュージシャンをはじめ、宇宙飛行士に選ばれるスポーツカーとして、アメリカ文化そのものです。シボレー コルベットは、デザイン、テクノロジー、パフォーマンスにおいて、時代の最先端であり続けています」


学芸員:キングであり続けることが、コルベットの宿命なのですね
館長:キビシイわねぇ
館長:今回のコルベットはー?
館長:1997年に登場した5代目
館長:いわゆる C5 型と呼ばれるモデル
館長:特筆すべきは、トランスアクスルレイアウトを採用
館長:これで前後重量配分が50:50に近づいたのだ

館長:それでは始めましょう♪

K学芸員:それでは、恒例となった実車と模型との比べっこしましょう!?
corvette-c5-convertible_01
PCM00354_13


PCM00354_19
corvette-c5-convertible_03

館長:わー!どっちがどっち!?
T学芸員:AMTのキットですね
K学芸員:これは出来の良いキットなのですね
館長:このキットはスナップオンで簡単組立なのだ
T学芸員:完成度が高いですね
館長:アメリカ製のプラモデルも侮れない
K学芸員:リスペクトしちゃうゥ


K学芸員:では、お次は動画をググりましょう♪
館長:そうしましょう



K学芸員:これは、コルベット C5 の60秒CMです
T学芸員:なんだか、ナイトライダーを見てるようだ
K学芸員:古いですねぇ・・・
T学芸員:わたしって、何歳の設定?
T学芸員:ねぇ、館長!?
館長:じゃあ、私は何歳だろう・・・


K学芸員:もういいですか?次、行きます!

T学芸員:この映像で、しっかりお勉強しましょう♪
館長:う〜む、スーパーカーですね



館長:エキゾースト、そそります
K学芸員:意外とドロドロしていない
T学芸員:アメ車=ドロドロってイメージは古いのよ
館長:そうです、回ってますよー!?


T学芸員:C5 に乗り込み、エンジンを掛けるところから始めましょう♪

館長:インパネはメカニカルですね、スイッチがた〜くさんあって、とっさに探せないわ
K学芸員:ホロの開け閉めは簡単そう、さすがはアメ車です
館長:今日はここまでにしましょう
T学芸員:最後に C5 vs テスタロッサの映像がありました
T学芸員:ただし、テスタロッサしか映ってないよー
館長:それでは、見ながらお別れをー・・・

K学芸員:ヘッドアップ・ディスプレイがはっきり読めますね

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 7 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_25
PCM00354_26
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── コルベット C5 の中古車事情

 さすがに初期モデルだと既に20年、後期ものでも15年になろうとするモデルだけに、中には経年劣化で調子を崩したクルマも存在するでしょう。ただ、そもそもコルベットを購入する方なら、愛車に手をかける人が多いでしょうから、走行距離の割には程度が良いクルマが多いと思うのですが・・・。というか、そもそもC5はそんなに壊れるクルマじゃないでしょうしね。

 アメリカ本国ですとコルベットってのはどんなに年式が古くなろうと、極端には安くはならないようです。昔は日本でもアメ車でコルベットだけは高値安定のクルマでしたが、最近はC4以降のモデルは年式なりの相場になっています。

いつもお世話になってるグーネットで検索してみました。
ソコソコ程度が良さそうな1オーナーや2オーナーのクーペが150万円〜280万円、コンバーチブルが250万円〜の車両本体価格でありますね。意外とお求めやすい・・・アメリカのコルベット好きが見たらビックリするんじゃないでしょうか?

グーネットのコルベット検索はこちらから→グーネット:コルベット C5

PCM00354_27
PCM00354_28


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 6 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_21
PCM00354_22
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── 13年ぶりのフルモデルチェンジで、5代目コルベット登場…その4

 1997年に5代目C5型に移行したコルベット、先代から実に13年ぶりのフルモデルチェンジでした。
先代C4型から基本設計が一新され、ボディがセミモノコック構造からフルモノコック構造に変更されると共に、アルミブロック及び電子スロットル採用の新世代エンジンが搭載されました。
それでは今日は、5代目C5のインテリアなど・・・
インテリアは、さすが米国で高額なスポーツカーであるコルベット、インパネは人間工学を駆使した非常に機能的なもの。さらに操作性も良い。2000年前後の時代的に見てもよくがんばった内容です。シートを見てみよう♪模型の再現度は高く、形状が良いことがうかがえます。ホールド性もバッチリ。フロントカウルやリアのトランクフード上の「クロスフラッグ」、個人的にこのデザインが一番カッコいいと思います。

PCM00354_23
PCM00354_24


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 5 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_17
PCM00354_18
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── 13年ぶりのフルモデルチェンジで、5代目コルベット登場…その3

 1997年に5代目C5型に移行したコルベット、先代から実に13年ぶりのフルモデルチェンジでした。
先代C4型から基本設計が一新され、ボディがセミモノコック構造からフルモノコック構造に変更されると共に、アルミブロック及び電子スロットル採用の新世代エンジンが搭載されました。
それでは今日は、はるばる日本へ渡った5代目C5のお話を・・・
アメリカ本国ではクーペ、タルガトップ、コンバーチブルの3タイプボディが用意されていますが、日本に輸入されたのはタルガトップ(1997年6月)とコンバーチブル(1997年10月〜)の2タイプ。タルガトップにはベースグレードとスポーツモデルのZ51(1999年11月〜)がありました。日本仕様のトランスミッションは、ベースグレードとコンバーチブルが4速AT、Z51が6速MTでした。また、50周年記念モデル(2002年11月)もクーペとコンバーチブルと合わせて20台が輸入されました。

PCM00354_19
PCM00354_20


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 4 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_13
PCM00354_14
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── 13年ぶりのフルモデルチェンジで、5代目コルベット登場…その2

 1997年に5代目C5型に移行したコルベット、先代から実に13年ぶりのフルモデルチェンジでした。
先代C4型から基本設計が一新され、ボディがセミモノコック構造からフルモノコック構造に変更されると共に、アルミブロック及び電子スロットル採用の新世代エンジンが搭載されました。
それでは今日は、エンジンのお話を・・・
5735ccV8エンジンは、シボレー史上初のオールアルミエンジンブロックを採用しました。そして電子制御スロットルも備え、旧型エンジンに比べ最高出力はプラス50ps、最大トルクではプラス1.4kgmという大幅な性能向上を実現する新世代エンジンが搭載されました。サスペンションには前後ダブルウィッシュボーン式。ステアリング・システムには、車速に応じて操舵力を最適に確保するマグナステアIIを搭載しています。また、優れたハンドリングを実現するために、トランス・アクスル方式を新たに採用。これはトランスミッションをデフとともに後部車軸に置く方式のこと、車体フロントに置かれたエンジンとのバランスを最適にできるということがメリットです。事実、C5の前後重量配分は51:49で、理想的な50:50とほぼ変わりません。

PCM00354_15
PCM00354_16


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 3 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_09
PCM00354_10
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── 13年ぶりのフルモデルチェンジで、5代目コルベット登場

 1997年に5代目C5型に移行したコルベット、先代から実に13年ぶりのフルモデルチェンジでした。
先代C4型から基本設計が一新され、ボディがセミモノコック構造からフルモノコック構造に変更されると共に、アルミブロック及び電子スロットル採用の新世代エンジンが搭載されました。
それでは今日は、外観のお話から・・・
ボディタイプは、タルガトップ風セミオープンがなくなり、クーペのみでスタート、じきにコンバーチブルをラインナップに加えたのでした。C5でもリトラクタブルヘッドランプを踏襲するエクステリアは、曲線基調の流麗なフォルムとなり、Cd値0.29という優れた空力特性を持つこととなりました。ボディサイズは全長4,564mm×全幅1,869mm×全高1,212mmで、先代C4型から一回り大きくなりました。また、ホイールベースも一気に200mm以上延長され2,654mmとなった一方で、車両重量は30kgも軽量化され1,480kgとなりました。

PCM00354_11
PCM00354_12


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.254>Part 2 シボレー コルベット C5 コンバーチブル

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_05
PCM00354_06
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── シボレー・コルベット・コンバーチブル(1997年10月)カタログ・スペック

■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル ■ドア数:2ドア
■乗員定員:2名 ■型式:E-CY25E ■全長×全幅×全高:4555×1870×1230mm
■ホイールベース:2655mm ■トレッド前/後:1575/1575mm
■室内長×室内幅×室内高:980×1450×1030mm ■車両重量:1500kg
■新車価格:6,200,000円
<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:5E
■最高出力:350ps(257kW)/5600rpm
■最大トルク:48.4kg・m(474.6N・m)/4400rpm
■種類:水冷V型8気筒OHV
■総排気量:5665cc ■内径×行程:99.0mm×92.0mm
■圧縮比:10.1 ■過給機:なし ■燃料供給装置:SFI
■燃料タンク容量:72リットル ■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前/後):ダブルウィッシュボーン式リーフ
■ブレーキ形式(前/後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):P245/45ZR17 89Y ■タイヤサイズ(後):P275/40ZR18 94Y
■最小回転半径:6.1m
<駆動系>
■駆動方式:FR
■トランスミッション:4AT
■LSD:標準
■変速比:第1速/3.058、第2速/1.625、第3速/1.000、第4速/0.696
■後退:2.294 ■最終減速比:3.153

出典:グーネット:シボレー・コルベット・コンバーチブル(1997年10月)カタログ・スペック情報

PCM00354_07
PCM00354_08


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.254>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////

AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
Car Models File-No.254


アメリカンなスポーツカーといえば??
・・・「コルベット」ですよねぇ。
GM(ゼネラルモータース)のシボレーブランドのフラッグシップモデルです。
これからお届けするコルベットは 5代目、「C5」 と呼ばれるモデルです。
2000年前後のモデルなので、スタイルは現行モデルに近いです。

<File No.254>コルベット C5 コンバーチブル をごゆっくりお楽しみください。

PCM00354_01
PCM00354_02
Car Models File-No.254
AMT/ERTL 製の 1/25 SNAPFAST PLUS(組み立てスキルレベル1の簡易キット)
『 シボレー C5 コルベット インディ500 ペースカー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
シボレー C5 コルベット コンバーチブル(1997年/アメリカ)

──── コルベット C5!

 アメリカスポーツカーの最高峰、シボレーコルベット。13年ぶりのフルモデルチェンジにより、5代目となった。ロングノーズ&ショートデッキの伝統的スポーツカールックはそのままに、フルレングスペリメーターフレームにグラスファイバー製のパネルでボディを構成。アルミブロックのエンジンとともに軽量化を果たしている。5.7LのV8エンジンは350馬力・最大トルク48.8kgmを発生。サスペンションはフロント・リヤともにリーフスプリングのダブルウイッシュボーン。前後重量配分を51:49のFR車として理想的に近いものとしている。組み合わされるミッションは4速AT。デュアルエアバッグとABSを標準装備。左ハンドルのみの設定。

出典:グーネット

PCM00354_03
PCM00354_04


※参考:Wikipedia:シボレー・コルベット C5

Car Models File-No.254
AMT/ERTL 1/24 シボレー C5 コルベット コンバーチブル
AMT/ERTL 1/24 Chevrolet C5 Corvette Convertible


Car Models File-No.254 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 勉強になりまーす!HOW TO メイク プラモデル!

プラモデル作ってますかぁ?

今日の先生は、なべさん nabesan です。

パーツを外れないように強力に接着したい時って、どうしてますか?

今日のお題は、『プラモデル・プラスチックパーツを強力に接着してみよう!』です。

それでは、Let's Study!





もう1本!
お次は実車です。
クラシックなスポーツカーを紹介してくれる『Petrolicious』が公開したもの。

レプリカとのことですが、グループBラリーの名車です。
アウディ クアトロ S1 E2
三代目Sport Quattro に熟成の4駆システム、改良を重ねるエンジンは実に591馬力だ。
しかし、なによりもラリーファンを魅了したのはQuattro S1 E2が搭載していた巨大なリアウィングと5気筒ターボエンジンが奏でる荒削りな咆哮と呼ぶべきエクゾーストサウンドでした。

それでは、ご存分にー!


PCM00124_01
タミヤ 1/24 アウディ・クワトロ
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.24>
よろしければ 1/24博物館のアウディ・クアトロをどうぞ。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 見ちゃったら、面白かったクルマ動画のまとめ

■ 2017年3月19日:香港発NEWS
フェラーリの70周年を記念し、香港のフェラーリ・オーナーズクラブが、アジアワールド・エキスポにおいて、「フェラーリの70周年に対するトリビュート」というイベントを実施。招待された70名のフェラーリ愛好家が自身の愛車で走行距離70 kmのパレードを行ったほか、70台のフェラーリを並べて「70」という数字が描かれました。

その時の映像です。


出典:フェラーリの70周年を記念するドライビングイベント





続いて『WasabiCars』チャンネルより
■ 2016年10月:オートポリス

オートポリスで行われた『エキサイティングバトル九州』の模様。
楽しそうなイベントですねぇ。
参加車両がチョー魅力的です。
スカイライン、シルビア、ハチロクにRX-7・・・たまりませんわぁ (*゚∀゚*)

2度見、3度見とハマります!







続いて『alexsmolik』チャンネルより

フェラーリ F40 LM の映像です。
ほとんど走行映像は見たことないのでは!?
F40 LM は1989年のルマン24時間レースに参戦するために造られたスペシャルな F40 です。

映像はグッドウッドに75番目に走行した F40 LM です。

いや〜感激だわぁ (*^_^*)





最後は『ベスト モータリング』公式チャンネルより

塚本奈々美 ドリフトマッスルに挑戦!! 秘密の特訓編【Best MOTORing】2017
女性レーサーの塚本奈々美さんは、劇場版「頭文字D」Legend 3 -夢現- のプロモーションアンバサダー。「リアル真子」として2017年はドリフトマッスルの「マッスルクラス」に参戦しています。
クルマはS14シルビアですね

応援しよー *\(^o^)/*

秘密の特訓かぁ。。。

それではまたー!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 クルマ&プラモデル、面白い雑誌があります…豊作4月編

読み応えのある雑誌を4冊紹介します。

2017-04-05_mook_01
model cars(モデルカーズ)2017年 5月号 Vol.252
雑誌:月刊
出版社:ネコ・パブリッシング版
発売日:2017/3/25


2017-04-05_mook_02
特集:美しきフェラーリを愛でて作る

フェラーリほど速くて美しいクルマはない。フェラーリはクルマ好きみんなの憧れの的である。
……こう言うと、「いやいや私はそうじゃない」という人も出てくるだろう。
何が美しいか、どれがカッコイイか、どのクルマに憧れるか、それは人それぞれ、各自の勝手だと。
そう、それは確かにその通りだ。
しかし、フェラーリにはクルマの魅力が詰まっている。それもやはり事実なのだ。
肩の力を抜いて虚心坦懐に構えれば、フェラーリはクルマの方から、その魅力を語りかけてくれる。
ことに、模型は形が全てであることを考えると、ボディからメカニズムに至るまであらゆる要素が美しく出来ているフェラーリほど、模型作りの対象としてふさわしい存在はないかもしれない。さあ、フェラーリを愛でてみよう。

2017-04-05_mook_03
その他のコンテンツ
・ビッグスケール・フェラーリレビュー
・おかえり! マッチボックス
・注目のプラモデル「今月の一台」 アオシマ ランボルギーニ・ディアブロGT
・アメリカン・モデル・カーズ
・京商とミニカーの四半世紀(後編) ほか


2017-04-05_mook_04
モデルアート 2017年 5月号
雑誌:月刊
出版社:モデルアート社
発売日:2017/3/25


2017-04-05_mook_05
特集:そうだったのか!! ブラック塗装
黒塗装って苦手です。黒映えするクルマって少ないですよ。
なので自分から黒を選ぶことは・・・ないかな!?
しかし、勉強はしましょ♪

2017-04-05_mook_06
NEW KIT REVIEW:パガーニ ウアイラ アオシマ 1/24
エッチングパーツの攻略法も伝授してくれます。

2017-04-05_mook_07
「あぶない刑事」仕様ではありませんが、読めば上手に作れそう。


2017-04-05_mook_08
レーシングオン vol.488(シルエットフォーミュラ part2)
雑誌:135ページ
出版社:三栄書房
発売日:2017/4/1


特集:シルエットフォーミュラ 羊の皮を被った狼たちの咆哮
列強シルエットマシンカタログ、これは資料にいいです。
2017-04-05_mook_09
BMW320i Junior Team

2017-04-05_mook_10
ザクスピード・フォード カプリ

2017-04-05_mook_11
ランチア・ベータモンテカルロ

2017-04-05_mook_12
ポルシェ935K3 1979ル・マン

2017-04-05_mook_13
外伝・日産バイオレットシルエット秘話

他にも読みものがたくさん
●聖地探訪 名門シュニッツァーの歴史
●ザコースキーがシルエットに描いた夢
●ラリーからル・マンへ。ランチアの戦略

2017-04-05_mook_14
ポルシェ935K3/80 1980年


ちょっとブログの趣旨と違いますが・・・(汗:
珍しい特集のギター雑誌を見つけたので、思わず買ってしまいました。
2017-04-05_mook_15
Guitar magazine(ギター・マガジン)2017年 4月号
雑誌:230ページ
出版社:リットーミュージック
発売日:2017/3/13


ギター雑誌の特集が昭和の歌謡曲!?
もう、無条件で買ってしまいました。
ペラペラとタイトルだけを読み飛ばしても、読んで見たいものばかりで・・・。
こんなの見たことない!
ギター好きも歌謡曲好きも、絶対に「買い!」の1冊です。
2017-04-05_mook_16
内容を紹介。
歌は世につれ 世は歌につれ
恋する歌謡曲。


輝かしき歌謡界が残した名曲たちと、
人知れず活躍したギタリストたちのドラマ。
空前絶後の104ページ総力特集。

“歌謡曲"—誰もが口ずさめる、最高にキャッチーなヒット・ソング。特に歌謡曲黄金時代とされる70〜80年代は、『ザ・ベストテン』、『夜のヒット・スタジオ』などの人気テレビ番組の影響もあってか、日本全国古今東西、老若男女の心をつかむたくさんのヒット曲にあふれていた。今、それらは“和モノ"というくくりで若い音楽好きにも注目され、歌謡曲を中心に取り揃えたレコ屋に行くと本当にたくさんの人であふれ返っている。つまり今、歌謡曲はちょっとしたブームなのだ。
さて、ここで質問。みなさんは“ギター目線"で歌謡曲を聴いたことがあるだろうか? “歌謡曲"と言うぐらいだから、もちろん歌が中心の音楽なのであって、特段意識して聴く人は少ないかもしれない。意識的にフレーズを聴き取ってコピーする、なんてギタリストもそんなにいないだろう。しかし! 改めて、山口百恵の「プレイバック part2」や中森明菜の「少女A」、寺尾聰の「ルビーの指環」などを“ギター目線"で聴き返してみてほしい。……めちゃくちゃギターがカッコいいではないですか! ! ! 最新のJ-POPでは考えられないほどサディスティックなサウンドだったり、ファンキーなカッティングだったり、そしてサンタナ顔負けの泣きに泣きまくるチョーキング(これホント多いです)など、もはや宝の山状態なのである。
にもかかわらず、おもに70年代の歌謡曲に参加したギタリストはろくにクレジットがされず、彼らがギター・ヒーローと崇められることはほとんどなかった。それはあんまりだ。過小評価されすぎてはいまいか。もっと彼らに光を当て、その功績を讃えたい! それが本特集の最大の動機である。
というわけで、今回はおもに70〜80年代をターゲットとし、数々の輝かしきスターが歌った楽曲のギター・プレイと、その弾き手たちの物語をお送りしたい。また、同時代の歌謡界において、ギターをアイデンティティとしていた野口五郎とCharがなんと40年ぶり(! )に邂逅した特別対談も実現。さらに“歌謡曲以降=J-POP"の目線から、小室哲哉も登場してくれた。さまざまな切り口による本誌初の歌謡曲特集、全力の104Pをぜひご一読あれ。

Special Talk Session
◎野口五郎×Char
40年ぶりに再会を果たした
スーパースターたちが語る“歌謡曲とギター"の魅力とは?
※当Amazonページにて、再会を喜ぶ野口五郎&Charの動画を公開中!

◎歌謡スターとギタリストたちの物語。
・山口百恵のロック・サウンドを具現化した巨人、矢島賢の功績。
・キャンディーズ・サウンドにこの男あり! 70's歌謡曲の最重要ギタリスト、水谷公生。
・沢田研二のロック・イズムと井上堯之のケミストリー。
・西城秀樹が熱烈なラブ・コールを送った芳野藤丸のバランス感覚。
・松田聖子、寺尾聰、etc…。80年代、松原正樹×今剛の2大巨頭時代が到来!
・孤高の天才、大村憲司が歌謡曲/ニュー・ミュージックに残した作品たち。
・“荒井由実"のギターは鈴木茂じゃないとダメだった。

Special Interview
◎水谷公生
◎鈴木茂
◎小室哲哉

◎ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい"歌謡曲名選
水野良樹(いきものがかり)
小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)
古市コータロー(ザ・コレクターズ)
森雅樹(EGO-WRAPPIN')
長岡亮介(ペトロールズ)
マーティ・フリードマン
中田裕二
藤井友信(MUSIC FROM THE MARS)

◎ギタマガ歌謡ジャーナル
◎徹底討論! 歌謡曲とギターの50年史をひもとく
◎アプローチ別に弾きこなせ! 歌謡曲名フレーズ22選
◎70年代のエロティック歌謡とエ"ロ"クトリック・ギター
◎中尊寺まい(ベッド・イン)のギターがマブい歌謡曲
◎藤井友信(MUSIC FROM THE MARS)のこの編曲家がスゴい!
◎和モノ・シーンのトップDJ! 吉沢dynamite.jpが推すギター歌謡曲名選

【特別付録】
◎永久保存版 歌謡曲ギター・スコアブック
「春一番」キャンディーズ
「曼珠沙華」山口百恵
「ルビーの指輪」」寺尾聰
「少女A」中森明菜
「卒業写真」荒井由実

Amazon より



   

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 記録樹立!わずか1マイルで 472km/h の速度を出す フォード GT

今日の主役は フォード GT 。
わずか1マイル(約1600m)の距離で、293.6MPH(約472km/h)の速度がでる。
世界記録樹立ですヽ(´▽`)/

この計測はスタンディングマイル競技というもの。
停止状態から1マイル先のゴールを通過した時の速度を競う。

競技に参戦した フォード GT について。

マシンはMK2モータースポーツがテキサスマイルに持ち込んだ。
その諸元は5.4リッターV8+ツインターボエンジンから最高出力2000馬力オーバーということです!(◎_◎;)

映像では比べるものがないので、472km/h という速さが感じられませんが(^_^;)
迫力のサウンドが、臨場感ありますねぇ



もう1本、フォード GT の映像を紹介します。
フォード GT のチーフデザイナーであるカミーロ・パルド氏が2005年のフォード GTをドライブ。

かつての「フォード GT40」は、イギリスの著名なレーシングコンストラクターの「ローラ」社が開発しましたが、この「GT40」というモデル名には商標登録の問題があり、結局、「フォード GT」というモデル名で販売されることになりましたね。
「フォード GT」開発のチーフデザイナーには「カミーロ・パルド」氏が着任、「フォード GT40」を彷彿とさせながら現代のスーパーカーのテイストがデザインに加味されています。
駆動方式はミッドシップで、V型8気筒エンジンを縦置き搭載しており、その後ろにデフとギヤボックスが配置されるという、レーシングカーとしてオーソドックスな作りとなっています。

PCM00249_01
PCM00249_02
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.149>
Car Models File-No.149
フジミ 1/24 フォードGT40 1969年優勝車
FUJIMI 1/24 FORD GT40 P1075 '69 Le Mans

それではフォード GT とカミーロ・パルド氏の映像を見ましょう♪


それではまた(・◇・)/~~~

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.253>no クルマwo ググる〜♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)



館長&学芸員:皆さん、こんにちは

T学芸員:今回、ググるクルマは?
館長:<File No.253>は フェアレディZ です
K学芸員:確かー、えーっと、<File No.252>も フェアレディZ でしたよね!?
館長:そうですね、<File No.250><File No.252>と フェアレディZ でしたね〜
館長: No.250が フェアレディZ 432R、No.252が Z33型でしたね
館長:今日の「Z」は、アキラのZ でございます
学芸員:あきら?のZ・・・?
館長:そう、清水明さんのフェアレディZです
学芸員:なんで個人所有のフェアレディZを取り上げるの?
館長:ごめんねぇ、漫画に出てくるクルマなの
館長:漫画は『シャコタン★ブギ』、作者は楠みちはる先生です
館長:クルマの話をしましょう♪
館長:アキラの愛車のゼットはL28を3.0リッターにボアアップしたフルチューン仕様
館長:外装はGノーズにワークスオーバーフェンダーを装着
館長:ボンネットやドアに「Yanky Mate!」の文字をあしらって、目立つのだ

K学芸員:「Yanky Mate!」ですか・・・
T学芸員:ヤンキーメイト!
館長:それでは始めましょう♪

K学芸員:それでは、恒例となった実車と模型との比べっこしましょう!?
T学芸員:と言っても実車はないですよね?
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z
館長:これはプラモの箱絵
T学芸員:アオシマのキットですね
K学芸員:えーっと、漫画の設定だと・・・
館長:外観はさっき言った通り
館長:カラーは、初期は「うんこ色のZ」と呼ばれていた、最終的には青色に落ち着いたようだ
T学芸員:改造費は400万円オーバー!?
館長:1987年当時、新車のクラウンが買える金額
館長:Zの悪口を言う奴は片っ端から殴り、Zよりも速い・目立つクルマは許さない!
K学芸員:ヤンキー魂!?
PCM00353_28
PCM00353_29


館長:実車はーーー、個人的に改造してる方はいるようですが・・・
T学芸員:写真は使わせてもらえませんわねぇ
K学芸員:では、お次は動画をググりましょう♪
館長:そうしましょう



K学芸員:いきなり本命の登場です
T学芸員:タケヤリだわぁ〜
K学芸員:これぞ『シャコタン・ブギ』
T学芸員:1987年東映映画
T学芸員:映画のストーリーは・・・

18歳のハジメは、父親に買ってもらったソアラをシャコタン(車高を低くした改造車)にし、弟分のコージを乗せて街へ操りだした。出逢ったシャコタンのZと勝負するがあっさりと負けてしまう。くやしがる二人に「そのS30型のZならアキラや」と世話になっている自動屋の跡とり息子ジュンが教えてくれた。この日は、3年前にジュンが親友ヒロシと横波スカイラインで勝負し、事故を起こしたヒロシの命日でもあった。そんなことを知らないハジメたちはカマロに乗ったキザな男、マコトと出会う。助手席にはいい女が乗っていた。マコトはヒロシの弟で、ジュンと勝負して兄の仇をとろうと恋人ケイコを連れて東京から戻ってきたのだった。夜になり、ナンパに励むハジメたちは、男となら誰でもつき合う“サセコ”探しに夢中になるが、ユミとマリコという女子高生と知り合い海へと車を飛ばした。コージはユミといいムードになりキスを交わした。だが、突然現われたケイコに気づき、ユミをつきとばしてしまう。ユミは泣きながらその場を飛び出した。一方、ハジメはボーリング湯でマリコにサセコこと沙世子を紹介してもらう。深夜0時を過ぎ、多くのシャコタンが横波スカイラインへと向かった。ヒロシの命日はジュンが改造車の走行禁止と命令を出していたため、アキラたちが始動しだしたのだ。サセコも向かったと聞いたハジメは、ケイコに夢中のコージと一緒に追いかける。沙世子は実はジュンの昔の彼女でまだ彼を想っていた。ジュンはマコトの挑戦を受け、沙世子をスカGの助手席に乗せスタートラインにたった。カマロとスカGのデッドヒートのなか、何も知らないハジメたちか近道を通り飛び出して来た。そのためカマロはひっくり返ってしまう。幸いマコトの命に別状はなかったが、このことでハジメとコージは喧嘩別れ。翌朝、コージはマコトにより添って東京に帰るケイコを見かける。そして、ハジメと仲直りし、二人はまたナンパしにシャコタンを走らすのだった。



出典:映画-Movie Walker



K学芸員:アキラのZ 仕様を2台発見!?
T学芸員:同一車かもねー??
館長:もう1本も見てみよう♪



館長:同じだなぁ・・・
K学芸員:今日は勘弁してください
T学芸員:勘弁してください
館長:さすがにね・・・

館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




  

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 8 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
\(^〇^)/バンザーイ!
今回のクルマは・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_28
PCM00353_29
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── クルマ漫画、どれだけ知ってる??? Part 2

シャコタン★ブギは『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載されていました。
単行本は全32巻(講談社ヤンマガKC)となる人気漫画でした。
1986年からの連載ということで、社会的にもブームとなったクルマ漫画『サーキットの狼』のスタートが1975年(集英社)。
そこから脈々とクルマ漫画というジャンルを築いてきたのです。
最近は、クルマ人気の翳りのおかげか、連載本数が減ってきましたね。
しかし、これは漫画界全体でのことでもあるので、クルマ漫画のみが人気がないわけではないと言っておきましょう。

クルマ漫画と言っても、そのジャンルの幅はとても広い。
峠や首都高の走り屋、チューニングカーやレストア、F1やラリーなどのレースを題材にしたもの。特定の車種にこだわった作品もあります。

ここでは、今まで自分が読んだものなどを紹介しようと思います。


湾岸ミッドナイト
作者:楠みちはる

主人公・朝倉アキオが運転するフェアレディZ(S30型)は「悪魔のZ」と呼ばれる。
その「悪魔のZ」に魅入られた人々が織りなす人間模様を描く。舞台は主に首都高での公道バトルとなる。クルマ乗りたちは、バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく。
散った多くの挑戦者達はそこから何を見出したのか!?


頭文字D
作者:しげの秀一
出版社/メーカー: 講談社

藤原拓海(ふじわら たくみ)はごく普通の高校生だが、父が営む「藤原とうふ店」の配送を手伝い、秋名山の峠道で日々AE86型(ハチロク)スプリンタートレノを走らせるうちに、非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。ある日、赤城山を本拠地とする走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNo.2である高橋啓介(たかはし けいすけ)に地元を知り尽くした高等テクニックを駆使して勝利したことで、「秋名のハチロク」の噂は近隣に広まる。当初は状況に流されるままいやいやバトルを引き受ける拓海だったが、手練の走り屋たちの挑戦を経て、次第に自分の才能と夢を見つめなおすようになっていく。


赤いペガサス
作者:村上もとか

ケン・アカバ(赤馬研)は日系英国人のF1レーサーである。彼の血液は世界でも珍しいボンベイ・ブラッドという型で、緊急時には同じ血液を持つ妹ユキの輸血を受ける必要があることから、2人は常に行動を共にし、単なる兄妹以上の親密な絆で結ばれていた。
F1サーカスにおけるケン・アカバの活躍を、当時の実在のレーサー(マリオ・アンドレッティ、ニキ・ラウダ、ジェームス・ハント等)、マシン(タイレル6輪、JPSのロータス等)と絡ませながら描く。


カウンタック
作者:梅澤春人

空山舜は金なし女ナシのサラリーマン。そんな彼の元に実家から一通の手紙が転送されてきた。差出人の欄には、何と自分の名前が…。
それは舜が小学生のとき、25年後の自分宛てに書いた手紙だった。「25年後の自分は社長になってランボルギーニ・カウンタックを買っている」と書かれたハガキと、カウンタックLP400のスーパーカーカードが封入されていた。それを見た舜は奮起し、25年前の夢をかなえるべくLP400を買うことを決意する。


よろしくメカドック
作者:次原降二

東京にあるチューニングショップ「メカドック」(名前の由来は「Mechanical Doctor」の略で、クルマの医者という意味)に勤める主人公・風見潤。当初は店に出入りする常連客の求めに応じ様々なチューニングを行っていたが、自分が手がけたクルマを走らせているうちに他のチューニングショップとの関わりが生まれ、多くのレースに参戦することになっていく。


PCM00353_30
PCM00353_31


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 7 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
\(^〇^)/バンザーイ!
今回のクルマは・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_24
PCM00353_25
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── クルマ漫画、どれだけ知ってる???

シャコタン★ブギは『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載されていました。
単行本は全32巻(講談社ヤンマガKC)となる人気漫画でした。
1986年からの連載ということで、社会的にもブームとなったクルマ漫画『サーキットの狼』のスタートが1975年(集英社)。
そこから脈々とクルマ漫画というジャンルを築いてきたのです。
最近は、クルマ人気の翳りのおかげか、連載本数が減ってきましたね。
しかし、これは漫画界全体でのことでもあるので、クルマ漫画のみが人気がないわけではないと言っておきましょう。

クルマ漫画と言っても、そのジャンルの幅はとても広い。
峠や首都高の走り屋、チューニングカーやレストア、F1やラリーなどのレースを題材にしたもの。特定の車種にこだわった作品もあります。

ここでは、今まで自分が読んだものなどを紹介しようと思います。


サーキットの狼
作者:池沢さとし

主人公の風吹裕矢が、一匹狼の走り屋から始まり公道やサーキットを舞台にライバル達との競争を繰り広げ、プロレーサーへと成長していく物語である。彼の愛車はロータス・ヨーロッパ、ライバルとしてポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、日産・フェアレディZ、シボレー・コルベット、トヨタ・2000GTなど、世界中の著名なスポーツカーが多数登場する。いわゆるスーパーカーブームの火付け役となった作品。


シャコタン★ブギ
作者:楠みちはる

クルマ大好き、女の子大好き、夜遊び大好きのハジメとコージがシャコタンソアラに乗って今夜もくりだす夜の街。
クルマとナンパにすべてをかける青春グラフィティー。


オーバーレブ!
作者:山口かつみ

陸上部に所属する女子高生の志濃涼子は競技中のアキレス腱断裂によってインターハイ出場の夢を絶たれた。途方に暮れる涼子だったが、ある日友達と訪れた桑原峠でドリフトするS13シルビアとそれを操る女性ドライバーに魅せられ、車への憧れを抱く。愛車は「ミスター」、AW11 MR2 スーパーチャージャーを駆り、シルビアのドライバー・森田佐和子や片山愛香、橘沙璃、麻生拓郎、赤岡などといった仲間との出会いを通してドリフトの魅力に取り付かれ、「走る」ことの喜びを再び取り戻していく。


SS
作者:東本昌平

自動車整備工のダイブツは、かつて学生ラリードライバーをやっていたが、全日本ラリーでのクラッシュや妻の妊娠によりその道を閉ざされた過去を持つ。
給料停滞以外は生活は至って平凡なものだったが、妻の故郷に帰ったときにテレビでダカール・ラリーを見たことによってラリーへの夢が再び蘇り、その後、社長の冗談をきっかけに工場に眠っていたスタリオン4WDラリーを現物支給で入手し峠や首都高を攻めるようになるが、そこには拭いきれぬ未練があったのだった。


F
作者:六田登

赤木グループの創業者、赤木総一郎には将馬・軍馬・雄馬という3人の息子がいた。妾の子として養われた軍馬は総一郎に反抗して家を飛び出し、機械いじりが得意な大石タモツを連れてフォーミュラレースの世界に足を踏み入れる。軍馬は入門クラスのFJ1600で才能の片鱗をみせ、チャンピオンの聖を追って全日本F3選手権にステップアップする。


PCM00353_26
PCM00353_27


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 6 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
<バンザーイ!
今回のクルマは・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_20
PCM00353_21
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── シャコタン★ブギのキット箱絵特集 Part 3(ラスト)

現在、入手は難しいのではと思いますが〜・・・
アキラのZの他にもシャコタン★ブギ シリーズはたくさんあるよー!
AOSHIMA-KYOKOs-JAPAN
京子のジャパン
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.005
「スカイライン ジャパン」が「京子」の愛車
フロントグリルは劇中に登場する角目2灯タイプになっています
「アオシマ スカイライン ジャパン 4Dr 2000ターボ (HGC 211)」をベースにしたバリエーションキットです

AOSHIMA-MIZUTANIs-CIMA
水谷君のY32 シーマ
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.007
マンガに出てくる水谷造園の「水谷君(兄)」は、職人気質で流行に左右されない渋い「Y32 シーマ」に乗っています
ホイールは「インパル R1」を再現
シートは2種、ハンドルは3種同梱されてます

AOSHIMA-OKADAs-KENMERRY
岡田道秋 ケンメリ 2000GT-X
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.003
「ケンメリ 2000GT-X」が「岡田道秋」の愛車
「アオシマ スカイライン 4Dr 2000GT-X」をベースにしたバリエーションキットです
フロントグリルやテールランプ部のパーツが2種類付属、ホイールも3種付属する、チョー大盤振る舞いなキットなのだ!

AOSHIMA-OKAMOTOs-CEDRIC
岡本利雄 430 セドリック
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.002
「430セドリック」が「トシ坊」の愛車
「アオシマ 430 セドリック 4ドアHT 280E ブロアム」にエアロパーツを追加したバリエーションキットです
ホイールは14インチ「インパル ディッシュ D-01 (メッキ仕上げ)」
前後輪の幅が異なるタイヤはトレッドパターン入りの「小径引っ張りタイヤ」です

どのキットも専用のデカールやエアロパーツなどの付属パーツが豊富に入っているので、改造の幅が増え、ある意味チョーお得なお買い物だと思います。

PCM00353_22
PCM00353_23


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 5 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
<バンザーイ!
今回のクルマは・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_16
PCM00353_17
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── シャコタン★ブギのキット箱絵特集 Part 2

現在、入手は難しいのではと思いますが〜・・・
アキラのZの他にもシャコタン★ブギ シリーズはたくさんあるよー!
AOSHIMA-HAZIMEs-SOARER-type2
ハジメのソアラ type2
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.008
「山本ハジメ」の愛車
「ハジメのソアラ」には何パターンかありますが、この「ハジメのソアラ type2」は、単行本20巻に登場するソアラを再現したもの
「アオシマ トヨタ ソアラ (Z10)」をベースにしたバリエーションキットです

AOSHIMA-JUNICHIs-SKYLINE
野村純一 スカイライン 2000GT
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.004
「スカイライン 2000GT (ハコスカ)」が「野村純一」の愛車
「アオシマ ハコスカ 2000GT」をベースにしたバリエーションキットです
フロントグリルは劇中に登場する大型2灯ライトタイプを再現したものと、ノーマル4灯タイプの2種が同梱

AOSHIMA-KNIGHTs-KENMERRY
週末ナイトのケンメリ
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.006
「週末ナイト」の愛車
「アオシマ スカイライン 2000GT-R (KPGC110)」をベースにしたバリエーションキットです
フロントグリルやテールランプ部のパーツが3種類付属、ホイールは「ロンシャン XR-4」が同梱

AOSHIMA-KOMO-CHIAKIs-CRESTA
コマちゃんとちあきのクレスタ
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.010
「クレスタ (GX71)」が「コマちゃん」と「ちあき」の愛車
「アオシマ トヨタ クレスタ」をベースにしたバリエーションキットです
ホイールは深リム仕様の「フォーミュラ」ホイール
「フロントバンパーポイラー」「サイドステップ」「リアバンパースポイラー」を新規パーツで再現

どのキットも付属パーツ豊富に入っているので、ある意味でお得なお買い物だと思います。もちろん、専用のデカールも入っていますよ。

PCM00353_18
PCM00353_19


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 4 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
<バンザーイ!
今回のクルマはなんだ・・・!?
で・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_12
PCM00353_13
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── シャコタン★ブギのキット箱絵特集 Part 1

現在、入手は難しいのではと思いますが〜・・・
アキラのZの他にもたくさんあるよー!
AOSHIMA-HAZIMEs-Celsior
ハジメの10 セルシオ
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.011
「山本ハジメ」の愛車
「トヨタ セルシオ (UCF11)」をベースにしたバリエーションキットです

AOSHIMA-HAZIMEs-SOARER-1
ハジメのソアラ お祭り仕様 1 (水色) (ボディ塗装済)
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.SP040775
コミックス2巻 第2話「激突!女子祭」に登場する、目立つことに主眼を置いた「水玉模様のソアラ」を再現している

AOSHIMA-HAZIMEs-SOARER-2
ハジメのソアラ お祭り仕様 2 (赤) (ボディ塗装済)
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.SP040782
↑に同じ(笑

AOSHIMA-HAZIMEs-SOARER-2800GT
山本ハジメ ソアラ 2800GT
アオシマ 1/24 シャコタンブギ No.001
アオシマの「トヨタ ソアラ (Z10)」をベースにしたバリエーションキットです

どのキットも付属パーツ…はったりオイルクーラー、ビタミラー、ボンネットスポイラー、エアロディスク、フロントグリル(ベンツ風とか)、竹やり型マフラー(ロング)などのオプションパーツが入っているので、ある意味でお得なお買い物だと思います。もちろん、専用のデカールも入っていますよ。

PCM00353_14
PCM00353_15


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 3 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


1/24博物館、253台目となりました。
<バンザーイ!
今回のクルマはなんだ・・・!?
で・・・、ま〜た、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
知ってる人は知ってるんでしょうけど。
わかりますか?
そう、AKIRA'S Z です(汗;
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_08
PCM00353_09
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)
AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z


──── フェアレディ 240ZG (1973年)のカタログ・スペック

■年式:1973年 ■型式:HS30H
■全長:4,305mm ■全幅:1,790mm ■全高:1,230mm
■ホイールベース:2,305mm ■トレッド(前/後):1,475/1,515mm
■車両重量:── kg
■エンジン:LY28 (直6・OHC<クロスフロー>) 2,870cc
■最高出力:221kW(300ps)/7,600rpm
■最大トルク:314N・m(32.0kgm)/6,400rpm
■サスペンション(前/後):ストラット(前後共)
■ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム
■タイヤ:220-575-15/290-575-15

出典:Nissan Heritage Collection

ちょっと違うかなぁ・・・!?だいぶん違うだろっ!?

PCM00353_10
PCM00353_11


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.253>Part 2 シャコタン★ブギ アキラのZ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


名古屋オートトレンド2017 で間が空きましたが、
先日から 1/24博物館の253台目が始まりましたー。
で、また、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
そう、AKIRA'S Z です(汗
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_05
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)

──── アキラのZ のキットについて

AOSHIMA-AKIRAs-Z-S30Z
「アキラのZ」キットの特徴
 ・ オーバーフェンダー装着のボディは一体成型のパーツで再現、リアバンパーは別パーツ化されています
 ・ フロントバンパー上の「外付けオイルクーラー」、「テールスポイラー」を再現したパーツが付属
 ・ フロントガラスのワイパーは立った状態を再現したものがセットされています
 ・ ドアミラー、マフラー部を再現したパーツが付属
 ・ 室内は、フロントのシート、インパネ、ステアリングなどを別パーツで再現しています
 ・ ヘッドライト、リアウインカーなどはクリアパーツで再現
 ・ ホイールは14インチ「SSR Mk-1 (メッキ仕上げ)」が付属
 ・ 前後輪の幅が異なり、深リム仕様となっています
 ・ 前後輪の幅が異なるタイヤはトレッドパターン入りの「小径引っ張りタイヤ」
 ・ ボンネット、ボディサイドの「Yanky Mate!」のロゴ、「ドクロ」のマークなどを再現したデカールが付属
●旧グンゼ産業製「フェアレディ Z」のシャーシを流用しながら、ボデなどを完全新金型パーツとしてセット
●2008年一部新金型 (ボディ、ウインド・ライト類のクリアパーツ)

PCM00353_06
PCM00353_07


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.253>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
Car Models File-No.253


名古屋オートトレンド2017 で間が空きましたが、
今日から 1/24博物館の再開です。
で、また、フェアレディZ なのだ!
今度の「Z」は・・・アキラの「Z」です。
そう、AKIRA'S Z です(汗
タケヤリが勇ましーい!
S30Zです。

<File No.253>アキラの「Z」 をごゆっくりお楽しみください。

PCM00353_01
PCM00353_02
Car Models File-No.253
アオシマ 製の 1/24 シャコタンブギ No.009
『 アキラのZ 』 プラスチックモデル組み立てキット。
日産 フェアレディ Z [S30Z] (1975年/日本)

──── アキラのZッッッッッット!

アキラ
本名:清水明
備考:O型、19歳、いて座、トラック運転手
愛車:日産・フェアレディZ(S30)

ハジメとコージのライバル的存在。職業はダンプの運転手。愛車のゼットはL28を3.0リッターにボアアップしたフルチューン仕様。外装はGノーズにワークスオーバーフェンダー、ボンネットやドアの「Yanky Mate!(読み方は悪仲間)」のロゴの組み合わせで基本的には変わらないが、たびたびオールペンする為か初期は「うんこ色のZ」と呼ばれていたものが、最終的には青色に落ち着いた模様。改造費は「新車のクラウンが買える(1987年当時)」と言われていることから、400万円を超える金額をつぎ込んでおり、更にその後で全損に近いクラッシュを何度か起こしているため、更に高くついている模様。Zの悪口を言う奴は片っ端から殴りつけ、Zよりも速い・目立つ車には突っかかっていく、とかなり問題のある性格であるが、仲間に対する面倒見は良い。

出典:Wikipedia

PCM00353_03
PCM00353_04


※参考:Wikipedia:シャコタン★ブギ

Car Models File-No.253
アオシマ 1/24 シャコタン★ブギ アキラのZ
AOSHIMA 1/24 Shakotan Boogie AKIRA's Z

Car Models File-No.253 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 パガーニ祭りだぁ!わっしょ〜い!?

今日ご紹介の動画は、「パガーニ」!
「パガーニ」とは、もちろんご存知でしょうが・・・
イタリアの自動車メーカーですね。
いわゆるスーパーカーのみを生産。
現行の販売車は「ゾンダ」の後継車の「ウアイラ」。
まだゾンダも作ってるとか・・・
その辺りは、少量生産メーカーであることを生かし、クライアントの細かな注文に応じたワンオフモデルを多数制作しているということで・・・。
非常に高価なスーパーカーだが、エンジンは自社開発のものではなく、メルセデス・ベンツ(AMG)のものを流用している。

今回の動画は、高級スポーツカーをレポートしてくれるYouTubeチャンネル『Shmee150』さんが公開したもの。
パガーニ・ファクトリーにお邪魔して、価格2億8000万円と言われるゾンダ後継『パガーニ ウアイラBC』を紹介してくれます。

ちなみに「ウアイラBC」は世界で限定20台のみの生産となっています。
それゆえ2億8000万円超という強気の価格も納得???

それでは、どんなクルマか?
映像を見ましょう♪

なんだか、レーシーなのにカーボン&レザーって豪華ですね。
キーもクルマを模したものになっていて洒落てます。
折りたたみ傘の収納ボックス、笑うわぁ。
しかし、急な雨にあってよかったって思うよねぇ。

こちらはパガーニの公式、オフィシャル・ビデオです。


ここからは、「ウアイラ」のプラモデルのお話に。
昨年末、アオシマより1/24スケールで発売されました。
私も今年になって購入しました。
袋から出して、作業台には乗っておりますが、完成には至っておりません。
完成すれば、↓こ〜んな感じになるかと・・・。
Aoshima-Pagani-Huayra_01
アオシマ 1/24 パガー二 ウアイラ

『プラモ屋店長さん』のキット紹介を見てみよう♪




テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 おもしろ動画★F1マシンやラリーカーの音マネする人★

PCM00333_01
TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.233>

今回のお題は、クルマの音マネの動画。
↑のエスコート・ラリーカーが主役ではございません。
ごめんなさい m(_ _)m

「空き缶でF1マシンやラリーカーの音を出す人」がいるんです。
それがまた上手なのですよ。目を閉じて動画の音を聞くと、サーキットで観戦してるようですよ。

それでは、F1サウンドを再現したものから。
フェラーリのF1サウンド!?缶だけに缶(甲)高いサウンドですよ(おそまつ!
注意)爆音が出ます(笑

パート2もどうぞ。


次はラリーカーのサウンドをマネてます。
ラリードライバーとのコラボレーションです。車内で撮影していたら、まじ、分からないかも!?
お楽しみください。


それではー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 やっぱりミウラが好きー!

今回紹介したい映像は・・・
やっぱりミウラ!

いつもスーパーカーをレポートしてる「Shmee150」さんのチャンネルから先月公開されたものです。
レポート車は「ミウラP400」です。
P400はミウラの初期型です。
ミウラの進化はP400→P400S→P400SVとなるわけですね。
P400は最も華奢なボディですね。だんだんリアタイヤが太くなって、それを覆うリヤカウルがワイドになりましたから。
それでは映像を見ましょう♪



ここからは1/24博物館で紹介したミウラ・モデルP400を紹介。
PCM00314_09
ESCI 1/24 Lamborghini MIURA
エッシー 1/24 ランボルギーニ ミウラ
Car Models File-No.214
古いキットの紹介です。
オリジナリティーのあるキットです(笑
実車に似てるとは、とても言えないモデルですけど、
斜め後方から見る角度だけ、お気に入りです!

こちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.214>

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2017・Part 20

【写真集】名古屋オートトレンド2017 ・Part 20

春の足音も近づいた、快晴の名古屋オートトレンドです。
今年も行ってまいりました♪
近年では地区最大のクルマイベントになってます。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2017
■会期:2017年2月25日(土)・2月26日(日)

■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月25日(土)…73,126人 天候:晴れ
      2月26日(日)…105,727人 天候…晴れ
■会期中合計:178,853人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。



名古屋オートトレンド2017の20回目のレポートです。
そして今回がラストです。

それではごゆっくりお楽しみください!


2017nat-05_196

2017nat-05_197

2017nat-05_198
う〜む。ド派手なコルベット、イカすなぁ。

2017nat-05_200
2017nat-05_201
2017nat-05_199

ここから公開間近の ワイルド・スピード アイスブレイク のブースです。
2017nat-05_202
2017nat-05_203
2017nat-05_204
映画は楽しみダァ。




※独り言、、、
おつきあいいただきましてありがとうございました。
また来年、お会いしましょう♪



  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2017・Part 19

【写真集】名古屋オートトレンド2017 ・Part 19

春の足音も近づいた、快晴の名古屋オートトレンドです。
今年も行ってまいりました♪
近年では地区最大のクルマイベントになってます。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2017
■会期:2017年2月25日(土)・2月26日(日)

■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月25日(土)…73,126人 天候:晴れ
      2月26日(日)…105,727人 天候…晴れ
■会期中合計:178,853人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。



【写真集】も終盤の 1号館 のレポートです。
1号館はイベント盛りだくさんで・・・
アイドル・タミヤ・自転車と、老若男女それぞれが思い思いのスペースに溢れてました。
クルマは控えめ〜!?

それではごゆっくりお楽しみください!


しかし、1号館のブースの分割がわかりにくいですねぇ。
お手上げですわぁ・・・m(_ _)m
最初に謝っておきます(汗
2017nat-05_187
2017nat-05_189
RALLY BACKER MAZDA ROADSTER [MIATA MX-5 ND]

2017nat-05_188
RALLY BACKER MAZDA ROADSTER [MIATA MX-5 NC]

2017nat-05_190

2017nat-05_191

2017nat-05_192

2017nat-05_193

2017nat-05_194

2017nat-05_195




※独り言、、、
いよいよ。
次がラストです。
ご期待ください!




  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2017・Part 18

【写真集】名古屋オートトレンド2017 ・Part 18

春の足音も近づいた、快晴の名古屋オートトレンドです。
今年も行ってまいりました♪
近年では地区最大のクルマイベントになってます。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2017
■会期:2017年2月25日(土)・2月26日(日)

■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月25日(土)…73,126人 天候:晴れ
      2月26日(日)…105,727人 天候…晴れ
■会期中合計:178,853人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。



スーパーカースーパーカー特設会場 のレポート4回目です。
場所は特設屋外スペースです。

「サーキットの狼」を起爆剤に、70年代に一大ムーブメントを巻き起こしたスーパーカー。 フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなど、かつてのブームを牽引した名車から最新のモデルまで、新旧スーパーカーが勢ぞろい!カメラ片手に夢中になって追いかけたリアルタイム世代はもちろん、クルマに詳しくないギャルやキッズも、そのカッコ良さにほれぼれすること間違いなし!


http://supercar.fc2web.com/ supercarmeeting/
それではごゆっくりお楽しみください!


こちらは スーパーカースーパーカー の特設屋外スペースです。
★ フェラーリ F430 スパイダー
2017nat-04_154
2017nat-04_167
こ・こ・こ・これはっ!?
どうなっちゃったのー、ここへ来る前にやっちゃったかぁ・・・?
F430 スパイダーはこちら→1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 2 フェラーリ F430スパイダー

★ フェラーリ 360 モデナ
2017nat-04_155
2017nat-04_166
360 モデナはこちら→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.80>

★ 光岡 オロチ
2017nat-04_156
2017nat-04_165
すごーいデコレーションですねぇ

★ 光岡 オロチ
2017nat-04_157
2017nat-04_158
2017nat-04_163
2017nat-04_164
こちらは、ただのオロチ!?

★ マセラティ グランツーリスモ スポーツ
2017nat-04_159
2017nat-04_162
スペックを見ましょう♪
■価格:90.390ポンド:1,128万円(MCオートシフト93,720ポンド:1.170万円)
■最高速度:297km/h(298km/h)
■0-100km/h加速:4.7秒(4.8秒)
■燃費:6.9km/l(6.5km/l)
■Co2排出量:331g/km(360g/km)
■乾燥重量:1880kg
■エンジン:V8 4691cc
■最高出力:453bhp/7000rpm
■最大トルク:53.0kgm/4750rpm
■トランスミッション:6速ロボタイズド・マニュアル (6速オートマティック)

★ ポルシェ 911 カレラ4
2017nat-04_160
2017nat-04_161
1990年くらいの 911 カレラ4 でしょうか?




※独り言、、、
スーパーカーは今回でおしまい。
次は残った1号館です。
ご期待ください!




  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2017・Part 17

【写真集】名古屋オートトレンド2017 ・Part 17

春の足音も近づいた、快晴の名古屋オートトレンドです。
今年も行ってまいりました♪
近年では地区最大のクルマイベントになってます。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2017
■会期:2017年2月25日(土)・2月26日(日)

■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月25日(土)…73,126人 天候:晴れ
      2月26日(日)…105,727人 天候…晴れ
■会期中合計:178,853人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。



スーパーカースーパーカー特設会場 のレポート3回目です。
場所は特設屋外スペースです。

「サーキットの狼」を起爆剤に、70年代に一大ムーブメントを巻き起こしたスーパーカー。 フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなど、かつてのブームを牽引した名車から最新のモデルまで、新旧スーパーカーが勢ぞろい!カメラ片手に夢中になって追いかけたリアルタイム世代はもちろん、クルマに詳しくないギャルやキッズも、そのカッコ良さにほれぼれすること間違いなし!


http://supercar.fc2web.com/ supercarmeeting/
それではごゆっくりお楽しみください!


こちらは スーパーカースーパーカー の特設屋外スペースです。
★ ポルシェ カレラ GT
2017nat-04_149
2017nat-04_150
2017nat-04_171
2017nat-04_172
ポルシェ カレラ GT のスペックはこちら→1/24 博物館<File No.247>Part 2 ポルシェ カレラ GT

★ フェラーリ 488 GTB
2017nat-04_151
2017nat-04_152
2017nat-04_169
2017nat-04_170
スペックを見てみましょう♪
■全長×全幅×全高:4568×1952×1213mm
■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1475kg(空車重量)
■駆動方式:MR
■エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
■最高出力:670ps(492kW)/8000rpm
■最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm
■トランスミッション:7段AT
■タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR20 103Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
■燃費:11.4リッター/100km(約8.8km/リッター ECE+EUDC複合サイクル)
■車両本体価格:3070万円

★ フェラーリ 458イタリア
2017nat-04_153
2017nat-04_168
↑の 488GTB と比較できるようにスペックを載せましょう♪
■全長×全幅×全高:4527×1937×1213mm
■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1,380kg
■駆動方式:MR
■エンジン:4.5リッター 90度V8 DOHC
■最高出力:570ps(4192kW)/9000rpm
■最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6000rpm
■トランスミッション:7段AT
■タイヤ:(前)235/35 ZR20/(後)295/35 ZR20
■燃費:13.7リッター/100km
■車両本体価格:2920万円(2014年4月=平成26年4月)





※独り言、、、
スーパーカーが続きますよー。
どんなクルマが出てきますか?
楽しみですねぇ・・・
ご期待ください!




  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR