1/24 博物館<File No.249>Part 6 ブガッティ EB110

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_21
PCM00349_22
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110はカウンタックの正当な後継車!?…その4

 ブガッティ EB110の物語は、ランボルギーニの歴史ともリンクする。
それはスーパーカー伝説の1頁。

1985年、ランボルギーニの技術主任に登用されたルイジ・マルミローリ技師が何よりもしなければならない仕事に着手した。仕事とはカウンタック後継モデルのプロジェクトである。予算と人手、ともに足りていない状況のため、彼が採った方法は、カウンタックの基本設計は流用しつつ、ポイントで改良を加えてニューモデルを仕立てるというもの。俗にいうキープコンセプトっていうモデルチェンジです。デザイナーは前作と同じマルチェロ・ガンディーニに任された。ちなみに基本設計をしたのはパオロ・スタンツァーニです。スタンツァーニはカウンタックのその先を考え、4WD化を見据えて設計していました。「ミッドシップ4WD」、それがスタンツァーニのカウンタックに組み込んでいた既定路線であった。これがランボルギーニ・ディアブロ(VT)誕生物語。
※1987年、クライスラーがランボルギーニを買収。リー・アイアコッカは、ガンディーニのデザインにNGを出し、クライスラー・デザインセンターが大手術を施すという顛末となる。

・・・その5へ

PCM00349_23
PCM00349_24


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.249>Part 5 ブガッティ EB110

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_17
PCM00349_18
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110はカウンタックの正当な後継車!?…その3

 このEB110の物語は1987年、イタリア人実業家ロマーノ・アルティオーリがブガッティの商標を手に入れ、イタリアのモデナにブガッティ・アウトモビリ(Bugatti Automobili SpA )を設立するところから始まります。

1989年、新生ブガッティのリバイバル(復活)プランが発表され、1991年にEB110GTが発表されたのです。
経営者となったアルティオーリの采配はEB110開発にあたり、エンジニアリングはランボルギーニカウンタックの設計者であるパオロ・スタンツァーニが、スタイリングには同車のデザイナーであるマルチェロ・ガンディーニを配置したのです。

ここが「EB110がカウンタックの正当な後継車」であると言われる所以です。

・・・その4へ

PCM00349_19
PCM00349_20


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.249>Part 4 ブガッティ EB110

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_13
PCM00349_14
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110はカウンタックの正当な後継車!?…その2

ブガッティの歴史
1881年にイタリア・ミラノの芸術家一族の家に生まれたエットーレ・ブガッティが、
1909年にフランスにブガッティを興します。
※イタリアから当時ドイツ領であった(現フランス領)アルザス地方のモルスハイムに移った
1924年には量産レーシングマシーンの最高傑作と名高いT35をデビューさせ大成功を収めます。
その後も数々の伝説的なマシーンをリリース、一貫して高性能で高額なそのクルマは「走る宝石」と言われていました。
1937年にはル・マン24時間レースで総合優勝を果たしています。
しかし、第2次世界大戦後、彼は投獄され、
1947年に亡くなり、そして名門「ブガッティ」は、長い眠りにつくことになります。

1989年に新生ブガッティのリバイバルプランが発表され、
1991年にエットーレの生誕110年に復活の狼煙を上げ、「EB110」をその旗印とした。
しかるに、
1995年には財政難であえなく倒産、
1988年にフォルクスワーゲンが商標権を買い取り、ブガッティ・オトモビルを設立。
フランスのアルザスに本社を置いた。

・・・その3へ

PCM00349_15
PCM00349_16


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.249>Part 3 ブガッティ EB110

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_09
PCM00349_10
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110はカウンタックの正当な後継車!?

 ブガッティと言えば、歴史あるブランドイメージが強いのではないでしょうか?
現在はヴェイロン、シロンととんでもないスーパーカーを世に送り出しているわけですが。
そうでもなければ、戦前のクラシックカーと呼ばれるタイプ35とか!?
しかし、ブガッティは3度生まれ変わっているのです。
今回のEB110というクルマは、110年目の復活、すなわち2度目に生まれかった時点に発表したクルマなのです。
ちなみにEB110の“EB”というのは、創始者の名前がエットーレ・ブガッティで、その頭文字を取って車名としたのです。

・・・その2へ

PCM00349_11
PCM00349_12


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.249>Part 2 ブガッティ EB110

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_05
PCM00349_06
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110GT(1991年~1995年)カタログ・スペック

<基本性能>
■モデル名:EB110GT ■全長×全幅×全高(mm):4400×1960×1125
■駆動方式:4WD ■シート列数:2 ■ホイールベース(mm):2553
■ドア数:2 ■乗車定員:2名 ■前トレッド/後トレッド(mm):1550/1618
■ミッション:6MT ■車両重量(kg):1620
■新車時価格:3500万円〜
■生産台数:140台

<エンジン>
■エンジン型式:7M-GTEU ■種類:水冷60°V型12気筒DOHC60バルブ
■過給器:ターボ4基(クワッドターボ)  ■総排気量(cc):3499
■ボア×ストローク(mm):81×56.6
■最高出力:560PS/8,000rpm
■最大トルク:63.0kgm/3750rpm

<足回り>
■ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
■サスペンション形式(前後とも):ダブルウィッシュボーン
■ブレーキ形式(前後とも):ベンチレーティッドディスク
■ホイール:(F)9J×18、(R)12J×18
■タイヤ:(F)245/40ZR18、(R)335/30ZR18

<性能>
■0-100km/h加速:3.46秒
■最高時速:342km/h

PCM00349_07
PCM00349_08


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.249>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////

AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
Car Models File-No.249


スーパーカーといえど、すべてのモデルが成功を収めたわけではない。
今回のクルマも悲運のスーパーカーの1台と言えるでしょう。
メーカー自身が紆余曲折あったわけですから・・・
現在はヴェイロン、そしてシロンと、大メーカーの庇護のもとに製造・販売しています。
その辺りはおいおいと。

それでは<File No.249>ブガッティをごゆっくりお楽しみください。

PCM00349_01
PCM00349_02
Car Models File-No.249
AIRFIX 製の 1:24 シリーズ No.6
『 ブガッティ EB110 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ブガッティ EB110(1991年〜1995年/イタリア)

──── ブガッティ EB110のキットについて

 不勉強なのでブガッティ EB110のキットについてググってみました。1/24のキットではエレールとモノグラムから発売されていました。、今回紹介していますエアフィックスのモノはエレールの金型から生まれたものであることがわかりました。どちらも手強いキットであることは間違いありません。比べるにエレールのキットは、パーツ分割が独特で、どうしてここで分けるんだろう・・・と。なぜかと言えば、組み上げるまで、そのシルエットさえ想像することができないからです。モノグラムのキットはそんなことはありません。箱を開けて、ボディを見れば、そこにはきっちりとEB110のカタチが。現在はどちらのキットも入手するのは難しいです。幸運にもウチには両方(エアフィックスとモノグラム)のキットがありました。

PCM00349_03
PCM00349_04


※参考:Wikipedia:ブガッティ EB110

Car Models File-No.249
エアフィックス 1/24 ブガッティ EB110
AIRFIX 1/24 BUGATTI EB110

Car Models File-No.249 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 筑波サーキットをタイムアタック!・・・アタッカー・ルノー ルーテシア

筑波サーキット、3日連続のエントリーですぅ!


今回も筑波サーキットをタイムアタックするフルオンボード動画です。
昨日はレーシングカーでしたが、今回は市販車ですよ。

チャレンジャーは・・・
ルノー ルーテシア R.S.(ルノースポール) トロフィー

搭載エンジンは、最高出力220馬力の1.6リットルターボエンジン。
それに足回りは専用です。

ドライバーは、谷口信輝選手です。

果たしてルーテシアの実力はいかに!?

以外に速い!?

タイムは、1分8秒728 でした。

ちなみに↓の雑誌のランキングを見ると・・・
ランキング 180〜185位くらいです。
S2000インテ・Type-R などといい勝負ができそーですよ。

この雑誌は面白いわぁ。
1982年〜2016年 筑波サーキットアタック市販車モデル35年史
カー雑誌の『CARトップ』の特別編集。
CARトップ特別編集 全開記録1000
この本は、CARトップが50周年を記念し、名物企画である“筑波サーキットアタック"の歴史をまとめたもの。
こ〜んな雑誌です↓
2017-01-15-mook_01



テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 筑波サーキットをタイムアタックするのは誰だ!?

昨日のエントリーの続き?

雑誌の紹介をしました。

1982年〜2016年 筑波サーキットアタック市販車モデル35年史
カー雑誌の『CARトップ』の特別編集。
CARトップ特別編集 全開記録1000
この本は、CARトップが50周年を記念し、名物企画である“筑波サーキットアタック"の歴史をまとめたもの。
こ〜んな雑誌です↓
2017-01-15-mook_01

そーんな話をしていたら、スゴーイ映像をみ〜つけた!

2016年12月4日に筑波サーキットで行われた「SPEED×SOUND TROPHY 2016」で、
F1パイロット小林可夢偉選手が、日本で最も速いレーシングカーであるスーパーフォーミュラ「SF14」でタイムアタックをしたのだ。
そのタイムは、なんと・・・
43秒304

このタイムは速いですよー!
市販車最速は、↑の雑誌を見ると 1'00''72 ですよ。
15秒以上の短縮。

これは見るしかない!
どーぞ!

やっぱり加速が違いますねぇ。
コーナーリングも安定していて速い!




テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 これは、面白い企画本!?筑波サーキット タイムアタックの歴史

この雑誌は表紙だけで買っちゃいました。

1982年〜2016年 筑波サーキットアタック市販車モデル35年史

カー雑誌の『CARトップ』の特別編集。

こういう編集企画を待ってました!!
ついでにCARトップの表紙を飾ったアイドルの歴史も楽しめちゃう。

2017-01-15-mook_01
CARトップ特別編集 全開記録1000
ムック:162ページ
出版社:交通タイムス社
発売日:2016/12/31


出版社からのコメント

2017年CARトップ50周年イヤー記念MOOK第2弾!!
筑波サーキットアタック35年史がいま蘇る

2017年でCARトップが50周年を迎えます。そこで名物企画“筑波サーキットアタック"の歴史を綴った本書を発刊しました。1982年に始まった当初は、あの中嶋 悟をテストドライバーに迎え市販車の性能テストを実施。1985年からは清水和夫さんをメインテスターに起用し、年間30〜40台の新型車を筑波サーキットに持ち込み、定点観測を行ってきました。本書で、青春時代をともに過ごした愛車を懐かしみながら、当時の記憶を蘇らせてみてはいかがでしょうか!



2017-01-15-mook_02
こういった編集企画はやっていそうで、今までやっていないんだなぁ。

○ 巻頭コラム 継続は力なり ~筑波35年史~
○ 筑波最新テスト速報!! 新型NSX vs GT-Rニスモ 国産車最速王決戦
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.1 1982~1989
・DOHC4バルブ! 筑波サーキットアタックの幕開け
・DOHC4バルブ! 高機能ハイパワー車筑波バトル
・ホンダZC vs トヨタ4A-G対決in鈴鹿&筑波
・スポーツ4WDの真価をウェット路面でテスト
・全日本ナンパなクルマ日本一決定戦in筑波



2017-01-15-mook_03
懐かしいですね。CARトップは、ホリデーオートと並んで、よく購入するカー雑誌でした。
今も家にはたくさんありますよー。捨てられないですねぇ。両誌ともあります。

○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.2 1990〜1999
・ホモロゲーションモデル結集! GT-Rにいざ勝負!!
・280ps×6速MT 旗艦スポーツカーバトル
・FF最速王座奪還! インテグラタイプR
・RX-7ついに4秒台突入!
・ハイブリッドカー燃費性能五番勝負!
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.3 2000〜2009
・極上リミテッドエディションたちの280psバトル!
・ロータリーに夢をのせてRX-8新世代ロータリーの実力
・CTメガテスト 日独スポーツカー1000km走って乗り比べ
・CT筑波おバカアタック初夏の陣
○ 筑波アタック35年史アーカイブ Part.4 2010〜2016
・“ビート"がS660に姿を変えて復活!
・ニュル最速王 場外バトル in 筑波&鈴鹿



2017-01-15-mook_04
ゲームの話ですけど、PS『グランツーリスモ』でクルマの性能チェックは筑波サーキットのラップタイムでした。
コースが完全に頭に浮かびます。
ダンロップコーナーから80Rがスムーズに抜けられるクルマは私好みという感じ・・・。

○ CARトップ筑波回顧録 筑波テストと市販車の進化
〜パワー競争からエコカー全盛時代、そして未来〜
○ Photography 筑波全開記録 1/250秒史
○ 三菱ランサーエボリューション vs スバル インプレッサWRX25年戦史


2017-01-15-mook_05
資料としても役立ちますね。
さすがにモザイクしました(テへ;

○ CARトップ筑波テスト 全開記録1000パーフェクトランキング



Amazonより



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 超スーパーカー vs 超スーパーカー ドラッグレース!

超スーパーカーの加速勝負!
東西の横綱対決とでも申しましょうか!?

その超スーパーカーとは?

ブガッティ ヴェイロンリマック コンセプト・ワン
この2台がドラッグレースで加速勝負です。

ブガッティ ヴェイロンは、すでに生産は終了し後継車のシロンが公表されています。
しかし、スーパーカー度はMAXで、最高出力1001馬力、最大トルク127.5kgmという超絶パワーを誇る。

対するリマック コンセプト・ワンは、EVスーパーカーで驚きの最高出力1088馬力、最大トルク163kgm という超絶パワーの持ち主。

どちらも億を超えるプライスタグを付けています。
パワーユニットはまったく違いますが、数値的には同じです。車重は両車とも1850kg(乾燥重量)くらいです。
いい勝負が期待できそう。
果たして勝つのはどっちでしょうか?

それでは確認しましょうか・・・



さすがモーターパワーですねぇ。
ロケットスタートを決めたコンセプト・ワンがダッシュで得たリードを守り抜きそのままゴール!
しかし、ヴェイロンの追い上げも凄まじかった。
僅差での勝利!

と言っても、雲の上のスーパーカー同士の勝負を語ったって
リアルじゃないかなぁ。。。


映像をもう1本、もうちょっとリアルな感じのスーパーカーのゼロセン対決です。

ホンダ NSX vs 日産 GT-R vs マクラーレン 540C
3台のゼロセン加速対決!

新型NSX…3.5リットルV6ツインターボ+3モーター最高出力581馬力、最大トルク1725kg、AWD。
GT-R 2017年モデル…3.8リットルV6ツインターボ最高出力570馬力、最大トルク1750kg、AWD。
540C…3.8リットルV8ツインターボ最高出力540馬力、最大トルク1313kg、RWD。

新型NSXとマクラーレンは価格帯が同じ。GT-Rはそれらより、ちょいリーズナブル。
勝つのは誰ダァ!?

マクラーレンは速いからなぁ・・・

確認しましょう♪


GT-Rがいいスタートを切りましたねぇ。
しかし逃げ切レませんでした。一気に追い上げてきた540Cがトップでゴール!
ゴール間近でNSXも負けじとGT-Rをかわした、という感じでした。

GT-Rのロケットスタートには「ヤッタァー」って声が出ました・・・んですが残念でした。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.248>no クルマwo ググる〜♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248

館長&学芸員:皆さん、こんにちは

館長:お話があります
館長:タイトルを見て、気付いちゃいました?
館長:このコーナーをリニューアルします
T学芸員:なんですか、それ!
館長:別に理由はございません、気分です
K学芸員:あら、すでにクルマの名前も出ていますねぇ
館長:<File No.248>はトヨタ スープラ
T学芸員:初代?2代目?
K学芸員:ナナマル?ハチマル?
館長:A70スープラです
館長:今回からは、ネットで探したあらゆるスープラ情報を厳選してお届けします

K学芸員:「厳選」して???
館長:ごめんなさい、そのまんま行きます!
館長:それでは、進めましょう♪

K学芸員:実車と模型を比べちゃいましょう♪
館長:そうしましょう♪
toyota-supra-1987_01
PCM00348_13

K学芸員:このプラモのメーカーは?
館長:フジミ製です
K学芸員:エアロトップ仕様ですね
T学芸員:適度なディフォルメが効いています
館長:模型のリヤウイングはちょっとデカいようだけど、そこが具合いいね
K学芸員:つぎ、ググっちゃいましょう♪
館長:そうしましょう
K学芸員:『クルマ離れ世代のクルマ好き22歳男子の野望 ―70スープラが欲しい!―』
T学芸員:なに?面白そうなタイトルですねぇ
K学芸員:GAZOOのホームページにこんなコンテンツがありました
館長:Vol.9まであります
館長:実際に買えたようで、何よりです

K学芸員:『70系スープラと80系スープラ、違いはどこにある?』
館長:知ってるようで、知らないよねぇ
T学芸員:外観はまったく違いますが、、、
PCM00143_01
館長:↑これが80スープラです
館長:タミヤ 1/24 トヨタ スープラ A80型


館長:映像ってありますか?
K学芸員:ありますよー
K学芸員:スープラのデビュー時のテレビCMってのは、どうですか?
映像を埋め込むことができませんので、リンクを貼ります→toyota supra ad ~30sec version~

T学芸員:さらにCMを続けます



T学芸員:エアロトップの「新車情報」
K学芸員:三本和彦先生の登場です


K学芸員:お次は三本先生ではなく、鈴木五郎さんが司会を務めております
館長:三本和彦先生は海外出張中!



K学芸員:もっと綺麗な画質の映像がいいですよねー
K学芸員:探しまーす!
T学芸員:ありまーした!



T学芸員:その2?
館長:もう一つ!

T学芸員:カラーがレッドマイカになりました
館長:最後は、噂の2018年に登場するだろう新しいスープラの話をしようよ

K学芸員:ニュースはこちら→ 2016年10月23日更新 新型車・最新ニュース(394) 新型スープラ&BMW Z5最新情報!性能や価格は?発売日は2018年!
K学芸員:ニュルでテスト中のカモフラージュを施されたスープラ


T学芸員:ちなみに記事はこちら→トヨタ・スープラ次期型、高速ニュルアタックを動画で捉えた!
T学芸員:最後にもう1本、次期スープラ関係の製造です


館長:BMWと共同開発!?新型に期待しちゃいますね
館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 7 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_25
PCM00348_26
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── 海外で70スープラの新車が発見されたというニュース!?

 70スープラのネタをググっていたら、タイトル通りのニュースを見つけました。
ニュースは昨年2016年10月26日のもの。見つかったクルマは、「走行距離は92km、工場出荷時でもオドメーターは回っているのと、輸出する際に積み込みなどにて移動させたでしょうから新車といって間違いないと思います。新車の70スープラとしては地球上最後の1台ではないでしょうか。」ということです。さらに、「リアには「turbo」のエンブレムが装着されていますので、直列6気筒3リッターの7M-GTEUエンジン搭載車と思われます。1990年式である点と、フロントバンパーの形状から、後期型の最終モデルと思われます。」とクルマの詳細も判明しています。欲しいと思った方、気になるのはそのお値段ですよね?それに対してはこう、「販売価格は日本円で約825万円となっています。」だそうです。「レストアベースとしても良い物を見つけるのが難しいであろう70スープラ。探す手間とレストア作業と価格を考えれば、意外に安いのかもしれません。」、どうです?高いのか、安いのか?最近は新型が2018年に登場するのでは、という話が現実味を帯びてきましたし。
それより、どうなったんでしょうかね?売れたのか、まだ残ってるのか?

このニュースの元はこちら→70スープラの新車が海外で発見される!しかも絶賛販売中!


PCM00348_27
PCM00348_28


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 6 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_21
PCM00348_22
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── スープラ(A70型)を振り返れば・・・その2

 1986年2月に登場したA70型スープラのインテリアは、初代ソアラから採用が始まったデジタルメーターが高級車アイテムとして一般化してきたこともあり、初代スープラにも最上級グレードの3.0GTリミテッドにはパノラミックデジタルメーターと呼ぶ、デジタル表示のスピードメーター&タコメーターが採用されていた。
 シートは厚めのセミバケットタイプのスポーツシートが主要グレードに標準装備され、最上級グレードにはパワーシートが標準で本革シートがオプション設定されていた。
 スライドやリクライニングが電動式ではなかったが、腰の部分を支えるランバーサポートや腿の部分を支えるサイドサポートは電動化されていた。
 乗車定員は5人乗りだったが、運転席と助手席には十分な室内空間が確保されていたものの、後席の居住空間は大人が乗るのに不十分。スポーツカーにはありがちなお飾り的な後席スペースだった。
 デビュー当初の搭載エンジンは4機種。直列6気筒2.0リッターがSOHCの1G-EU型、DOHCの1G-GEU型、DOHCツインターボの1G-GTEU型、そして直列6気筒3.0リッターDOHCターボの7M-GTEU型が搭載されていた。パワーはそれぞれ、105ps、140ps、185ps、230psだった。ちなみに私の家に嫁いできたブルーマイカのスープラは直列6気筒2.0リッターの1G-EU型を搭載したクルマでした。
 トランスミッションはデビュー当初は3.0リッター車には5速MTの設定がなかったが、後に追加されている。全グレードに設定されたATは4速で、1G-EU型以外には電子制御式のECTが組み合わされていた。
 スープラの足回りは前後ともダブルウィッシュボーン式で、上級グレードには電子制御サスペンションのTEMSが採用されていた。当時としては非常に高いキャパシティを持つ足回りを奢られていたのだった。

PCM00348_23
PCM00348_24


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 5 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_17
PCM00348_18
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── スープラ(A70型)を振り返れば・・・

 A70型スープラは日本では1986年2月にセリカXXをフルモデルチェンジするタイミングで登場した。アメリカでは以前からセリカXXをスープラの名前で販売していた。これで、国内名と輸出名が統一され「スープラ」となったのだ。
 当時のトヨタの戦略は、「スープラ」をセリカXXのフルモデルチェンジとして世に出すのではなく、まったく新しいスポーツカーを投入するという形でのマーケッティング戦略をとり、かつて名車トヨタ2000GTの再来を表現するために“トヨタ3000GT”を標榜しての登場となった。
 トヨタ車のラインナップでのスープラのポジションは、ひと世代前のセリカXXから、セリカの上級バージョンというよりはラグジュアリーなグランツーリスモであるソアラのスポーティな姉妹車という性格を持つクルマになっていたが、その姉妹車関係をさらに一歩進めた形になったのだ。
 デビューした当初ボディタイプは1種類だけだったが、1986年6月にはオープンカーのエアロトップが追加された。これはルーフ部分を専用の工具を使って手動で脱着するもので、外したルーフは後部のラゲッジスペースに固定する仕組みになっていた。

PCM00348_19
PCM00348_20


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 4 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_13
PCM00348_14
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── トヨタ スープラは前期型 or 後期型のどちらが好きー!?

今日は、以前に当博物館でご覧頂きましたスープラを再度ご紹介しましょう♪
まずは後期型スープラを改造して、コンバーチブルにました。
PCM00155_01
フジミ 1/24 トヨタ スープラ ターボ A コンバーチブル
↑この写真が気になった方はこちらからどうぞ!→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.55>
Part 2 もあります。→博物館<File No.55>Part 2 スープラ コンバーチブル(A70)

つづきまして、前期型が登場です。
当時のイメージカラー「レッドマイカ」です。
こちらはレースカーから市販車仕様に!
PCM00175_07
タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
2台とも写真を再度撮りたいなぁ。。。
こちらからどうぞ→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.75>
Part 2 →博物館<File No.75>Part 2 トヨタ スープラ 3.0GT
Part 3 →博物館<File No.75>Part 3 トヨタ スープラ 3.0GT
Final →博物館<File No.75>Final トヨタ スープラ 3.0GT

PCM00348_15
PCM00348_16


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ


Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 3 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_09
PCM00348_10
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── トヨタ スープラ(1986年2月~1986年12月生産モデル)

日本初の装備を多数採用したスポーツクーペ

往年の名車トヨタ2000GTの現代版というコンセプトで作られた3ドアクーペ。ハッチバックスタイルのデザインとリトラクタブルライトは、当時のスポーツカーの定番。デビュー当初は5ナンバーサイズのナローボディだった。インテリアは適度なタイト感をもすべったものだが、ライバルのフェアレディZに比べるとスポーティ感が足りない印象。ただし大型パノラミックデジタルメーターや8ウェイパワーシート、ライトオートカットシステムなど日本初の装備を多数採用。エンジンは3Lターボ、2Lターボ、2LのDOHCとSOHCのて直6の4種類で、多様なニーズに対応していた。(1986.2)



PCM00348_11
PCM00348_12

家にもスープラがいました。妻の車でしたけど。
2Lの直6SOHC版でした。カラーはブルーマイカ。
当時、米国のテレビドラマ「ナイトライダー」の人気が急上昇!
ナイト2000は買えないが、日本にはスープラがある!
と、いうことで、奥様をけしかけてスープラ購入となりました(テへッ;
スープラの写真が残ってないかなぁ・・・


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ
※出典:カーセンサー:トヨタ スープラ 3.0 GTターボ

Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.248>Part 2 トヨタ スープラ 3.0

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_05
PCM00348_06
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── トヨタ スープラ 3.0 GTターボ(1986年2月~1986年12月)カタログ・スペック

<基本性能>
■型式:E-MA70 ■全長×全幅×全高(mm):4620×1690×1310
■駆動方式:FR ■シート列数:2 ■ホイールベース(mm):2595
■ドア数:3 ■乗車定員:5名 ■前トレッド/後トレッド(mm):1460/1455
■ミッション:4AT ■ミッション位置:フロア ■室内(全長×全幅×全高)(mm):1720×1400×1070
■車両重量(kg):1520 ■車両総重量(kg):1795 ■最小回転半径(m):5.4 ■最低地上高(mm):155
■標準色:スーパーホワイトII・レッドマイカ・アメジストシルバー
■オプション色:スープラノーブルトーニング
■新車時価格:339.3万円(税抜)

<エンジン>
■エンジン型式:7M-GTEU ■種類:直列6気筒DOHC
■過給器:ターボ ■総排気量(cc):2954
■最高出力:230ps/5600rpm
■最大トルク:33kgm/4000rpm
■使用燃料:レギュラー ■燃料タンク容量(リットル):70

<足回り>
■ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
■サスペンション形式(前後とも):ダブルウィッシュボーン
■ブレーキ形式(前後とも):Vディスク式
■タイヤサイズ(前後とも):205/60R15

PCM00348_07
PCM00348_08


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ
※出典:カーセンサー:トヨタ スープラ 3.0 GTターボ

Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.248>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
Car Models File-No.248


2017年の2台目は、1/24博物館の通算248台目です。
まもなく250台をー・・・
頑張らねば!
今回のクルマは思い出のクルマ、トヨタ スープラです。
通称は「70(ななまる)スープラ」。
日本がバブリーな頃に生まれたスポーツカー。
名車トヨタ 2000GTの再来ということで、トヨタ 3000GTとして喧伝された。
日本名は「スープラ」。これは北米仕様と同じ。
セリカの上位の位置付けでした。

それでは純白のスープラ、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00348_01
PCM00348_02
Car Models File-No.248
フジミ 製の 1/24 ハイメカニズムシリーズ No.1
『 トヨタ スープラ 3.0 GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
トヨタ スープラ 3.0(1986年〜1988年/日本)

──── フジミ製キットのここがポイント!

フジミ 1/24 ハイメカニズムシリーズのスープラ 3.0 キットの特徴
●3.0L DOHC-6 7M-GTEU型精密エンジンモデル
●エンジン専用ディスプレイ台付き
●精密シャーシ
●精密フロント&リヤサスペンション
●4輪ディスクブレーキ
●外装パーツ:フロントスポイラー・リヤスポイラー

PCM00348_03
PCM00348_04


※参考:Wikipedia:トヨタ・スープラ

Car Models File-No.248
フジミ 1/24 トヨタ スープラ 3.0
FUJIMI 1/24 TOYOTA SUPRA 3.0 GT

Car Models File-No.248 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 回って回って回って回る〜〜ゥ♪高回転エンジン集合だァ!

クルマ動画を2本紹介しましょう♪


気持ち良〜く、高回転まで回る回るエンジンを持つクルマ11台!
さぁ、みなさんは何台のクルマをご存知??

それじゃぁ、確認してみましょう。
エンジンサウンドも大切ですね!
あなたのベストエンジンは、どのクルマだろうか?
サウンドも楽しみましょう♪


アウディS2ホンダS600シボレー・ノヴァアウディR8スズキ・スイフトGTIトヨタ・スープラホンダ・シビックType Rホンダ・ビートホンダ・インテグラType Rクライスラー・タービンフェラーリ458イタリア、以上の11台。

5台のホンダ車がエントリーしてました。エンジン屋ホンダの面目躍如。


もう1本、紹介してもよろしいか!?

クルマの動画じゃないんですけど・・・
ラジコンカーを使った映像です。
スロー撮影って、迫力の映像が撮れるのですね。

映画のカーアクションシーンを観てるようです。
ちなみにそのラジコンカーはTRAXXASのようです。

それでは、迫力の映像をどうぞ!


スーパースローっていうのは迫力ありますねぇ。
まま、映画ですねぇ。

それではまたー!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 お正月のテレビに飽きたら、雑誌をペラペラしまーす

お正月は、どのように過ごしましたか?
テレビ番組は、どれを選んでも似たり寄ったりでー。
そんな時は、スマホ?ゲーム?プラモ?
そうだ。本を読もう!雑誌を見よう!

ということで、雑誌をプラペラ。。。

2017-01-04_mook_01
旧車のすべて
オリジナル旧車の乗り方編
NISSANスカイライン/フェアレディZ特集(G-ワークス保存版)

出版社:三栄書房
発売日:2016/11/30


2017-01-04_mook_02
特集 スカイライン & GT-R

2017-01-04_mook_03
2017-01-04_mook_04
GT-Rじゃない、スカイライン2000GT(ケンメリ)とスカイライン2000GT-X(箱スカ)の詳細比較。
これは資料として、ありがたいですねぇ。保存版!
GT-R系の資料は多いですけど、それ以外のグレードは少ないですからね。

2017-01-04_mook_05
R30スカイライン2000 TURBO GT-ES は、6気筒ターボですよ。
このクルマもありがたい。資料になりますねぇ。

2017-01-04_mook_06
マツダ コスモスポーツ の前期と後期モデルの違い。
新しい発見だ!知らなかったなぁ。勉強になります。

他にも、オリジナル旧車実走インプレ、ガレージ実例で見る旧車の保管方法、ディーラーがおこなう旧車再生法、フェアレディZの電装を現代風にアレンジ、プロのレストア&徹底メンテナンスなど。




2017-01-04_mook_07
夢、あふれていた 俺たちの時代 vol.1「昭和40年男」
2017年2月号

雑誌:増刊版・164ページ
出版社:クレタパブリッシング
発売日:2016/12/16


2017-01-04_mook_08

内容紹介…1
雑誌『昭和40年男』に連載してきた特集「夢、あふれていた俺たちの時代」を6冊にわたってまとめるクロニクルシリーズの第一弾だ。
昭和40年男たちが少年から青年を経て大人への道をまっしぐらに歩んでいた時期は、日本経済が沸点へと向かって急上昇していた時期とピッタリ重なる。
そうした勢いを肌で感じながら成長できた俺たちは、今では決して感じることのできない高揚感を数多く体験してきたはず。
そんな“夢、あふれていた時代"からある時期を切り取って、当時の希望に満ちていた日々を振り返る。
第一弾は昭和46(1971)年から昭和48(1973)年までをプレイバック!



2017-01-04_mook_09
カルビー仮面ライダーカードは、集めてましたねぇ。
現在も、我が家には当時のカードが残っています。

内容紹介…2
・『帰ってきたウルトラマン』で「怪獣使いと少年」放送
最大の問題作とも言える回がいかにできあがっていったのか、脚本の上原正三に聞く

・プロボウラー中山律子が爽やか旋風を巻き起こす
ボウリングブームの立役者のひとりである中山律子が語る、ブームの真相とは

・到着が待ち遠しかった『科学』と『学習』
学研のおばちゃんが登場した昭和47年、あの伝説の学習誌のことを語らないわけにはいかない

・『ミラーマン』放送開始
ウルトラマンシリーズとはひと味もふた味もちがったニューヒーローが登場!

・エンタメ総合ガイド誌『ぴあ』創刊
出版業界に革命を起こした情報誌のパイオニア



2017-01-04_mook_10
BCLブームも経験しましたね。
我が家のラジオはスカイセンサー5900

内容紹介…3
・人気マンガ『ワイルド7』がテレビドラマ化
望月三起也の代表作がまさかの実写化、飛葉役を演じた小野進也が語る真実

・山本リンダ『どうにもとまらない』が大ヒット
少年の妄想は、もうどうにもとまらない!

・伊勢正三が語る『神田川』
稀代の名曲がいかにして生まれたか、元かぐや姫メンバーの伊勢正三が語る

・テレビアニメ『新造人間キャシャーン』放送開始
現実を彷彿とさせる危うさを持ったハードアニメーション

・ツチノコが大ブーム!
未知なる生物を求め日本中がツチノコ一色になった






2017-01-04_mook_11
THE SUPER CAR ORIGIN(ザ・スーパーカーオリジン)

ムック:193ページ
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2016/12/16


2017-01-04_mook_12
スーパーカーの写真集です。
できれば、もっと写真点数が欲しかった。
読み物は少なめ目で、あっという間に読んじゃった。

2017-01-04_mook_13
第1章 ランボルギーニ、そしてスーパーカー誕生
LAMBORGHINI 350GT
LAMBORGHINI MIURA P400
LAMBORGHINI JOTA SVR
LAMBORGHINI ESPADA
LAMBORGHINI JARAMA 400 GTS
LAMBORGHINI COUNTACH LP400S


2017-01-04_mook_14
第2章 巨人エンツォのフェラーリ
FERRARI 275GTB/4
FERRARI 365GTB/4
FERRARI 365GT4/BB
FERRARI 512BB
FERRARI TESTAROSSA
DINO 246GTS
FERRARI 308GTB


2017-01-04_mook_15
第3章 伝統のマセラッティ、スーパーカーをつくる
MASERATI BORA
MASERATI MERAK SS
MASERATI CHIBLI


2017-01-04_mook_16
2017-01-04_mook_17
第4章 スーパーカーブームの陰の立役者たち
DE TOMASO MANGUSTA
DE TOMASO PANTERAL
LANCIA STRATOS
LOTUS EUROPA SPECIAL
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER
BMW M1
TOYOTA 2000GT





  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 新年1発目のクルマ動画は・・・ライバル対決!加速競争だわー!!

一番勝負!

種目:ドラッグレース対決

メルセデス AMG GT S vs アウディ R8 V10

それぞれの性能を比べてみましょう♪
アウディ R8 V10(二代目)…5.2リッターV10・NA・540PS・540Nm、1595Kg・4WD。

メルセデス AMG GT S…4リッターV8ツインターボ・510PS・650Nm、1645Kg・RWD。

最高出力はR8の方が30PSほど高く、トルクはターボパワーのおかげでGT Sの方が上。
アウディのポイントは出足の良い4WDであること。
車重もポイントになるか!?しかし、トラクションは重量のあるGT Sの方が有利!?
なんだか、それぞれの理屈があって、どっちが勝つのか。

それでは、映像で確認しましょうか。

これは乗り手の問題でしょうか?
もっといい勝負をするのかと思いましたが、、、
R8がぶっちぎりで勝利しましたねぇ。

絶対、接戦でR8勝利!っていうのが一番納得できると思うんですけど。
「勝負は、時の運」ってことで、次回のタイム計測(あるのか?)に期待しましょう。

ちなみに2台の価格対決!
R8 V10:2400万円、GT S:1900万円。
ということで、わかりやすく アウディ R8 V10 の勝ち〜!



二番勝負!

種目:4種競技

日産 GT-R MY2017 vs テスラ モデルS P90D

4種競技の内容は?
1:テーブルクロス引き対決、2:加速中にお札が取れるか対決、
3:ローリングスタートドラッグレース、4:スタンディングスタートドラッグレース
以上4種の加速競争です。

これは企画的にも楽しいですね。

2017年モデルの GT-R は改良を加えられ570馬力にパワーアップ。
テスラ モデルS P90Dといえば、スーパーカーキラーの異名をとるモンスターセダン 。
また、この対決は、ガソリンエンジン vs 電気自動車 という図式も出来上がる。

やっぱり、加速キングのテスラの勝利となるのか?

確認しましょう♪

GT-Rの勝利!?
これも腑に落ちない結果となりましたねぇ。
確かにGT-Rのゼロヨン10秒9は素晴らしいタイムです。
しかし、キングのテスラが12秒ってのは・・・???
「勝負は時の運」ということですか、ここでも!?

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.247>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、あけましておめでとうございます
館長:あけて10日になりますが・・・
館長:2017年の1台目のカーモデルを紹介しましょうね
館長:博物館Car Models File-No.247 になります
館長:2017年は酉年かぁ。。。
館長:このクルマは、、、酉年に関係ないか!?
T学芸員:なんですか、それ!
館長:ドイツのスーパーカー!
K学芸員:ドイツのスーパーカーといえば、シュツットガルトの狼!?
館長:おっ、するどい&古い!ポルシェでございまーす。めでたい!
T学芸員:911 じゃぁなさそうですねぇ
K学芸員:ミッドシップですか?
館長:そうです
館長:2003年〜2006年の生産、生産台数は1,270台と少ないです
館長:2013年、有名な俳優さんが事故死したことで、再び話題のスーパーカーに
K学芸員:カレラGT ですね
館長:めでたい・なっ!
館長:それでは、実車とプラモを比べてみよう♪


K学芸員:比べちゃいましょう♪
2003-porsche-carrera-gt_01
PCM00347_11
PCM00126_13

館長:そうしましょう♪
K学芸員:このプラモのメーカーは?
館長:タミヤ製です
K学芸員:あれっ、実車はシルバーで、模型はイエローとシルバー?
T学芸員:どちらもタミヤですね、実車そっくりな素晴らしい造形
館長:今回はイエローのカレラGTを紹介してます
館長:ちなみにシルバーのカレラGTは、File-No.26 です。博物館の初期の紹介作品です
館長:File-No.26 へは、こちらからどーぞ!
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.26>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.26>Part 2
2003-porsche-carrera-gt_02
PCM00347_10
PCM00126_08

館長:リアからの眺めからも出来の良さがうかがえます
K学芸員:カレラGT といえば、イチロー選手の愛車として紹介されましたね
T学芸員:大リーガーのイチロー選手の愛車ですか
館長:成功者の証ですね
2003-porsche-carrera-gt_03
PCM00347_08
PCM00126_06


K学芸員:サイドは実車か模型かわかりませんねぇ
館長:実車の価格はドイツで税別39万ユーロ、日本円で5070万円
T学芸員:ちなみに模型なら 3672円税込ですよ
館長:そろそろ、映像を探しましょう
学芸員:そーしましょう



館長:細かく開設してくれますねぇ
館長:ドアに隠しポケットがあるのー?みたいな・・・
K学芸員:こちらの映像は、「TOP GEAR」からです


T学芸員:走行テストが「TOP GEAR」的だぁ



T学芸員:こちらの映像は、イエローのカレラGT
K学芸員:走行中はモーターのようなエンジンサウンドですね



館長:カレラGTは素性の良いV10エンジンですからねぇ
館長:レーシングエンジンに近いでしょ!?


K学芸員:サウンド対決の映像がありますよ
K学芸員:LEXUS LFA vs PORSCHE CARRERA GT

T学芸員:ポルシェのサウンドが好きですゥ


T学芸員:あっ、イチロー選手の映像がありました

館長:愛車なんだぁ
K学芸員:さすが、イチローさんです
T学芸員:ポルシェなんかに負けてない
館長:では、そろそろ、、、

K学芸員:これは面白い!?
K学芸員:カレラGTの始動の瞬間を集めた映像


館長:それでは、そろそろ最後にしましょうか
T学芸員:ポルシェの新旧スーパーカー対決
館長:カレラGT vs 918 スパイダー ですか

館長:出だしで勝負あったか!?
T学芸員:新型がベスト・ポルシェ!?

館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪

※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラGT




 

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 8 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_29
PCM00347_30
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── 残り2回でカレラGT物語…その2

 唐突すぎるポルシェのLMPクラスへの参戦を断念するという結論。巨額の資金を投入しているにもかかわらず、テスト1日目での参戦断念の結論。そこに一体どんな理由があるのか。まことしやかにささやかれた噂は、アウディによるル・マン参戦の邪魔にならないようにフェルディナント・ピエヒが手を引かせたのではないか、というものだった。ポルシェはその見返りとして手にしたものは、後のポルシェのドル箱となるSUVであるカイエンだったともいわれている。ことの真相はともかく、お蔵入りとなってしまった自然吸気5.5リッターV10エンジンを積むLMP2000だったが、ひょんなことから表舞台に引っ張り出されることとなった。2000年のジュネーブ・ショー。ポルシェ・ブースにおける目玉のコンセプトカーとして突如、それは姿を現した。
その名も、ポルシェ・カレラGT。

PCM00347_31
PCM00347_32


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 7 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_25
PCM00347_26
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── 残り2回でカレラGT物語

 1990年代の後半、ポルシェのレース活動といえば、FIA-GTカテゴリーの911GT1であった。メルセデス、日産、トヨタといった競合メーカーと死闘を繰り広げていた。ところが、98年をもってレギュレーションが変更となり、GT1マシンの行き場がなくなると、ポルシェはチーム・ヨーストに払い下げ、専用設計のLMPマシンを開発して耐久レースに参戦することを決意する。そのマシンが幻といわれるポルシェLMP2000というレーシングカーなのだ。このマシンに搭載予定だったのが、自然吸気の5.5リッターV型10気筒レーシングエンジンであり、このエンジンこそが、後のカレラGT用の搭載ユニットのベースになったのである。
 話を戻して、幻のポルシェLMP2000というレーシングカーについて。マシンはローラと共同開発により完成し、走り始めたのだが、始めたとたん、ポルシェはLMPクラスへの参戦を断念してしまう。これはたった1日のテストで導き出された決断だという。このあまりに唐突な結論にさまざまな憶測が飛び交った。

次回につづく。

PCM00347_27
PCM00347_28


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 6 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_22
PCM00347_21
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── カレラGT にズーム!

 3ペダル・スーパーカーの最終最強型。CFRPキャビンとエンジンベイを持ち、V型マルチシリンダーの自然吸気エンジンをミッドに積んで、甲高いエキゾーストノートを奏でるポルシェ・カレラGT。開け放たれたタルガトップルーフから陽光を浴びる。

カッコいいなぁ。。。そんな絵になるカレラGTの細部をちまちまと見てみる。
<インテリア>
 インテリアはラグジュアリーな大人の雰囲気を醸しています。ステアリングはクラシックな本革巻き2トーン色の3本スポークでメーターもポルシェ伝統のデザインを採用する。
<シート>
 CFRP製のフレームからなる専用設計フルバケットタイプのシートを採用。ポジションの調整は手動で前後のスライドのみ。シートの重量は10.7kgと軽量です。
<V10 DOHC エンジン>
 新開発のアルミブロック製5.7リッターV型10気筒DOHCユニット。このエンジンはショートストロークでチタン製のクランクケースを使用する。
<足回り>
 サブフレームにマウントされたリヤサスはザックス社のダンパーとハード社のスプリングを装着する。プッシュロッドはステンレス製となる。
<ホイール>
 鍛造マグネシウム製センターロック式の5本スポークホイールは特殊な製造方法で成型する。ちなみに製造は日本BBS(ワシマイヤー)社が担当する。

PCM00347_24
PCM00347_23


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 5 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_17
PCM00347_18
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── 平成のスーパーカーブーム

 2000年秋のパリ・サロンに突如スタディモデルがデビューして世界中のクルマ好きの注目を集めた。それから3年後、とうとうポルシェ・カレラGTが路上を走り出した。限定のため生産台数はわずか1500台、価格はドイツで税別39万ユーロ、日本円で5000万円強。現在では億を越すスーパースポーツカーがたくさん存在していますが、当時ではもちろんポルシェのロードモデルとしては最高のプライス。ちなみに平成のスーパーカー三羽ガラスであるライバルのフェラーリ・エンツォは日本円で7500万円する。カレラGTを追うように2003年のフランクフルト・ショーで正式デビューしたメルセデスSLRマクラーレンは税別37.5万ユーロ、日本円で5000万円弱と、カレラGTより若干お安いプライスタグが付けられていました。
 カレラGTの登場以降も、ついに億を簡単に飛び越えた16気筒1001psというブガッティ・ヴェイロンが出現するなど、21世紀初頭を舞台にした目もくらむようなスーパースポーツの饗宴は、平成のスーパーカーブームの幕開けだったのだ。

PCM00347_19
PCM00347_20


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 4 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_13
PCM00347_14
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── V10エンジンを搭載したポルシェのフラッグシップ、1/24スケールで登場。

詳しいプラモデルの詳細はタミヤのホームページから・・・
タミヤ:1/24 ポルシェ・カレラGT

もう5年も経ちますが、、、
当博物館でこれまでに紹介した「カレラGT」はこちらから・・・
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.26>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.26>Part 2
こちらのカレラGTのボディカラーはシルバーです。
是非ともこちらもご覧ください。

PCM00347_15
PCM00347_16


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT


Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 3 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_09
PCM00347_10
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── キット箱の解説からカレラGTについて

●2000年秋の「パリ・サロン」にてスタディモデルが突如デビュー、「エンツォ・フェラーリ」「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」「メルセデス・ベンツ SLR マクラーレン」「ブガッティ・ベイロン」と並ぶスーパースポーツカーカテゴリーに属するマシンとしてポルシェが呈示したのが「ポルシェ カレラ GT」です
●スタディモデルの発表以来、多くのスポールカーファンの注目を集めていましたが、2003年に限定生産台数1500台でロードモデルが正式にデビューしました
●ポルシェは、1998年の「ル・マン」での優勝後、次のル・マンでの総合優勝を狙うべく新型の「5.5リッター V型10気筒エンジン」を開発、様々な事情からこのエンジンを搭載したマシンがル・マンに出場する事はなかったのですが、排気量を5.7リッターにアップしたV型10気筒エンジンを、この「ポルシェ カレラ GT」に搭載しています
●「レーシングモデル」という背景を持たない「カレラ GT」ですが、「GT1」をはじめとするレースで培った様々なノウハウが投入され、ポルシェのコンペティションモデルとしてふさわしい内容を備えています
●最高時速330km/h、612ps/8000rpmを搾り出す、この「5.7リッター V型10気筒エンジン」をカーボンファイバー製のモノコックで支えられたリアサブフレームのミッドシップに搭載、はじき出されたエンジンパワーは新開発の「PCCC(ポルシェ・セラミック・コンポジット・クラッチ)」を経て、車体後部に横置きされた伝統的な3ペダル6速トランスミッションに伝達されます
●伝達された強力なパワーは、プッシュロッドタイプの4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションと「PCCB(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)」で支えられ安定したドライブを約束してくれます
●スタイリングはオープンのスパイダーを基本とし(クローズ状態も可)、車体は「エンツォ・フェラーリ」よりもやや小さいながらも、「ポルシェ カレラ」の伝統を受け継ぐそのフォルムは強烈な個性を放っています
●この「ポルシェ カレラGT」を1/24スケールで再現

PCM00347_11
PCM00347_12


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT

Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.247>Part 2 ポルシェ カレラ GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_05
PCM00347_06
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── ポルシェ カレラGT ベースグレード(2003年4月)カタログ・スペック

■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル ■ドア数:2
■乗員定員:2名 ■型式:───
■全長×全幅×全高:4613×1921×1166mm
■ホイールベース:2730mm ■トレッド前/後:───/───mm
■室内長×室内幅×室内高:───×───×───mm
■車両重量:1380kg

<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:───
■最高出力:612ps(450kW)/8000rpm ■最大トルク:60.2kg・m(590N・m)/5750rpm
■種類:水冷V型10気筒40バルブ ■総排気量:5700cc
■内径×行程:───mm×───mm ■圧縮比:12.0 ■過給機:なし
■燃料供給装置:─── ■燃料タンク容量:92リットル
■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーン(インボードタイプサスペンションおよびダンパーユニット付)
■サスペンション形式(後):ダブルウィッシュボーン(インボードタイプサスペンションおよびダンパーユニット付)
■ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク ■ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):265/35 ZR 19 ■タイヤサイズ(後):335/30 ZR 20
■最小回転半径:───m

<駆動系>
■駆動方式:MID
■トランスミッション:6MT

PCM00347_07
PCM00347_08


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT
※出典:車のカタログ:ポルシェ・カレラGT

Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.247>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
Car Models File-No.247


おめでとうございます。
1/24博物館の2017年の1台目は・・・?
平成のスーパーカー、カモ〜ン!
21世紀の幕開けとともにシュトゥットガルトから放たれた高性能スポーツカー。
それはポルシェ・カレラGT。
近年はあることで、芳しくない意味で名が売れてしまった。
ちょーど3年前の2013年12月、映画「ワイルドスピード」の主人公の一人である
ポール・ウォーカーさんの壮絶な事故死の原因がポルシェ・カレラGTによるもの
であるということでした。
しかーし、ポルシェでありながらミッドに縦置きされたV10エンジンと、理想的な
強力ダウンフォースを得たスーパーマシーンはポルシェの歴史に燦然と光り輝く
名車なのだ!
それでは、本年もよろしくお願いします。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00347_01
PCM00347_02
Car Models File-No.247
タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.275
『 ポルシェ カレラ GT 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ポルシェ カレラ GT(2003年〜2006年/ドイツ)

──── キット内容

それでは、タミヤ製「ポルシェ カレラGT」のキットの特徴&内容
●V型10気筒エンジンをはじめ、横置きトランスミッション、プッシュロッドタイプのリヤサスペンションなどを精密に再現!
●流麗なフォルムはまさに実車そのままの再現度!
●立体感あふれる仕上がりが魅力です。

●エンジンフードは開閉でき、完成後もハイメカニズムがじっくり観察が可能。
●モノコックタブや前後サスペンションなどを精密にモデル化。
●ホイール、排気管などはメッキ部品を使用。
●可変リヤスポイラーはアップ状態かダウン状態を選択しての組み立て式。
●ミラー面やエンブレムなどはインレットマークを使用。  
●ルーフパネルは別パーツなので、オープン、クローズドどちらでもお好きなタイプで飾ることができます。
●メッシュ張りのエンジンカバーは、クリヤーパーツの上にデカールを貼って表現しました。
●ドア内張りは3つのパーツで構成。
●インパネもメイン部分を4つのパーツで構成するなど色ごとに部品を分割してマスキングの手間を省きました。
●またオルガンタイプと呼ばれるABCペダルや運転席左のサイドブレーキなど見えない部分も手を抜かず再現。

PCM00347_03
PCM00347_04


※参考:Wikipedia:ポルシェ・カレラ GT

Car Models File-No.247
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラ GT
TAMIYA 1/24 PORSCHE CARRERA GT

Car Models File-No.247 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



 

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR