【ビデオ】 気になる?新型NSXの対決映像を集めてみました

気になるクルマ映像をお届け!

新型NSXの対決映像…その1
新型ホンダ NSX vs ランボルギーニ アヴェンタドール

この2台の加速対決動画です。
2370万円という超高級車として登場した新型NSX。V6ツインターボエンジン+3基の電動モーターにより総出力581馬力を発生するスーパーカーと対峙するのは、4000万円級のアヴェンタドール。
ちなみにアヴェンタドールは700馬力もありますが、、、

モーターのトルクを活かしたスタートダッシュが効いたのか見事NSXが勝利!
NAのアヴェンタドールはもっと距離が長ければ逆転するんでしょうね!?


新型NSXの対決映像…その2
新型ホンダ NSX vs フォルクスワーゲン ゴルフ TDI

この2台のドラッグレース対決動画です。
ちょっと?を付けたくなる対決ですが、、、

581馬力のNSXと150馬力のゴルフですからねぇ。

案の定でした。。。


それでは。
スポンサーサイト

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】 クルマ対決映像ア・ラ・カルト

クルマ系気になる映像ア・ラ・カルト!

今夜のオススメ…その1
モナコ警察 vs スーパーカーズ
F1モナコGPで、というかF1グランプリで唯一のトンネルがこの映像の場所。
モナコ公国の警察が爆音を撒き散らすスーパーカーを取り締まる動画です。

タックス・ヘイヴンとして知られるモナコには世界中から富裕層が集まってきます。金持ちが集まるところには当然高級車も集う。
そうなれば、自然と始まるのが愛車自慢!

目立ちたがり屋さんたちは、とにかくやたらと無駄にブリッピングしまくるのですねぇ。
当然、観客も煽るわけで、、、
モナコ警察もうるさそうな車には1台1台注意を促し取締を強化しているようです。

モナコ警官も大変ですねぇ。。。


今夜のオススメ…その2
次は、
勝ち抜きスーパーカードラッグレース

9台のスーパーカーによる勝ち抜きドラッグレース対決!

エントリーのスーパーカーは?
アストンマーチン ヴァンテージ GT12★600馬力
メルセデスベンツ AMG GTS★510馬力
ポルシェ 991 GTSGT3 RS★500馬力
マクラーレン 570S★570馬力
ランボルギーニ ウラカン★610馬力
フェラーリ F12 ベルリネッタ★740馬力
マクラーレン 675LT★675馬力
ランボルギーニ アヴェンタドール SV★750馬力
ポルシェ 918 スパイダー★887馬力


さて、勝つのは誰だ!?

なんだかわかりやすかった。
数字がこの場合、全てでしたね。918の圧勝でした。


今夜のオススメ…その3
お次は、
ニュルブルクリンク・チャレンジアタック映像です。
テスラ モデルS P85D ニュルブルクリンク 8分50秒

スタートダッシュの圧倒的速さには定評のあるテスラ モデルSですが、ニュルのようなサーキットではどのぐらいのパフォーマンスを発揮できるのか?

※レーシングドライバーではありません

パワーはありますが、超重量級でタイヤがプア。
ハイパフォーマンススポーツカーのようにはいかないようです。

それでも8分台は速いですねぇ。
しかし、バッテリーの減り方が早いですねぇ。ニュルの北コースを5周くらいしか回れない!?

それでは、またぁ。。。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.1>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:今回は、 プレイバックPart2・・・
学芸員:???
館長:記念すべき当博物館のスタート、すなわち1台目
館長:Car Models File-No.1に・・・再度、スポットライトォ!
T学芸員:ファイルNo.1って、、、、
K学芸員:フェラーリ F430 スパイダーです!
館長:そう、ブルーの F430スパイダー
館長:これがまた、カッコいいのよ
T学芸員:スパイダーに青空のブルーは映えますねー
館長:じゃあ、今回はそのブルーにこだわるって、どうよ?
K学芸員:楽しそうです、そうしましょう♪


Ferrari-F430-Spider-blue_01
PCM00101_09

Ferrari-F430-Spider-blue_02
PCM00101_12

Ferrari-F430-Spider-blue_03
PCM00101_07
館長:ざーっと、実車と模型を比較してみましょう♪
K学芸員:このプラモは「フジミ製」です
T学芸員:出来が良いですねー
館長:それでは映像を探しましょう♪




K学芸員:『Ferrari F430 F1 Spider--Chicago Motor Cars Video Test Drive with Chris Moran』
館長:内装がタンですが、↑のフォトのクルマのようです、、、?
館長:フェラーリサウンドもお腹にきますねぇ
館長:気持ち良さが伝わってきますよ
K学芸員:このブルー、F430スパイダーにぴったり
T学芸員:フェラーリといえば、ロッソコルサ(フェラーリの赤)ですが、、、

K学芸員:『2006 Ferrari F430 TDF Blue by AutoKennel, Inc.』
K学芸員:すみません、これはスパイダーではありませんでした
館長:かめへん、かめへん!
館長:クーペも、このブルーは相性ピッタリよ!


K学芸員:タイトルは、『Pretty blue Ferrari F430 Spider with two girls』
館長:いや〜、目の保養
館長:お綺麗なお嬢様たちがお乗りになるF430スパイダー
T学芸員:これは絵になりますねぇ
T学芸員:うらやましいですねぇ、、、

T学芸員:タイトルが、『blue ferrari f430 spider accelerate and reving』
T学芸員:こちらは、先ほどの映像とは正反対、、、いや、失礼
館長:とてもダンディな紳士ですね
館長:撮影を許してあげて、寛大ですね



T学芸員:『Gorgeous Blue Ferrari F430 Spider - Combos with 599 GTO, FF, 612, California, 575』
館長:ブルーと言っても、多少違っているような、、、
K学芸員:BLU PAZZI(濃紺)、GRIGIO ALLOY(淡い青のメタリックかパール)
T学芸員:BLU MIRABEAU(ブルーメタリック)、BLU TOUR DE FRANCE(濃い青のメタリック)
K学芸員:BLU SCOZIA(濃紺)、BLU ABU DHABI(ブルーメタリック)とか
館長:「BLU」ってのが、フェラーリの青色系を表してるのかな

T学芸員:『Auto Dealership Photography and Video - 2006 Ferrari F430 Spider Blue』
館長:この映像は細部がよくわかりますねぇ

K学芸員:タイトルは、『Blue Ferrari F430 Spider lovely sound HD』
T学芸員:カッコいいのよねぇ
館長:シビれるねぇ

T学芸員:タイトルは、『Beautiful Dark Blue Ferrari F430 Spider!』

館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪




   

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 8 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 リターンズ!

PCM00101_29
PCM00101_30
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── F430 スパイダーは360の延長線上には、ないっ!
 
 マセラティのクーペなどにも搭載されていたフェラーリ製のV8ユニットをベースに、ストロークを1mm拡大させることで排気量を4308ccにスープアップ。可変バルブタイミング機構の採用やチェーン式のカムシャフト駆動、4バルブ化を図るなど、エンジン自体は先代の360モデナとは全くの別物になっていた。最高出力は490ps、最大トルクは47.4kgmまで高められ、先代よりプラス90ps&9.4kgmのエクストラパワーを得るに至っている。わずか4kgだが軽量化も達成されており、エンジンの搭載位置を15mm下げ、コーナリングでの安定感を向上させた。F430を購入する9割のユーザーが選ぶというパドルシフトで変速するF1マチックには、ATモードが搭載されているし、ボディの取り回しもしやすい。電子制御ディファレンシャルのEデフでは、左右輪のトルクバランスを最適化してくれるため、ドライバーはその介在に気付くことなく理想のラインをトレースできるのだ。F430 のスパイダーの運動性能は、「先代の360をより洗練させた」といった低いレベルのものではなく、自分のドライビングが上手くなったと感じてしまうほどの最新技術と卓越した運動性能、さらには斬新なスタイルによって、日常と非日常を自在に行き来することができる、まさにスーパーカーなのだ。

PCM00101_31
PCM00101_32


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 7 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 リターンズ!

PCM00101_25
PCM00101_26
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── 人気モデル F430 スパイダー
 
 オープンモデルであるF430スパイダーは7つの電子制御油圧システムによって、ルーフの開閉はボタン操作ひとつ。所要時間は約20秒だ。クーペの美しい流麗なスタイルを、オープンボディでもまったく崩していない。0→100km/h加速はクーペとほぼ変わらない4.1秒。車両重量はクーペより100kg重たくなっているのに立派な俊足ぶりだ。V8エンジンは最高出力490ps、最大トルク47.4kg-mを叩き出す。振り返れば、ミッドシップレイアウトのV8エンジンをガラスカバーを通して見ることができる。360モデナは専用ゴルフバッグのオプションが用意されていたが、F430では廃止された。スーパーカーは無理してゴルフバッグを搭載するのはアリでも、余裕で搭載するのはナシのようだ。ひとたび走り出せば、12気筒モデル以上に羨望を集める8気筒フェラーリ、 F430スパイダー なのだ!

PCM00101_27
PCM00101_28


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 6 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 リターンズ!

PCM00101_21
PCM00101_22
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── F430 デザイン & スタイリング

 もちろん、ピニンファリーナがデザインしているF430スパイダー。そのフォルムの源は最先端エンジニアリングとF1からのフィードバックでした。F430スパイダーのノーズを特徴づけているのはふたつの大きな楕円形エアインテーク。ここからエンジン冷却のための大量の外気をラジエターに導き入れます。この形は1961年、フィル・ヒルによってF1世界選手権のタイトルを手にした156 F1にインスパイアされたものです。ふたつのエアインテークは下端部でスポイラーと融合し、フラットなアンダーボディへと空気を流すのです。
エクステリアをじっくり観察すると、細部にいたるまで入念なデザインが施されていることがわかります。たとえばF430とエンボスされたドアミラーは専用のツインマウントアームで支えられていますが、このアームを通過したエアは、またさらに独特な形状をもつエンジンのインテークへと導かれる仕組みになっています。

PCM00101_23
PCM00101_24


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430
※出典:公式ホームページ:フェラーリ F430スパイダー

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 5 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 リターンズ!

PCM00101_17
PCM00101_18
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── F1譲りの電子制御ディファレンシャル・システム…その2

 F430の技術的に最も注目すべきポイントは、『E-DIFF』と呼ばれる電子制御ディ
ファレンシャル・システムです。舵角や各車輪の回転数などをモニターしつつ、ドラ
イブシャフトに接続される1組のフリクション・ディスクの圧着力を油圧、及び電気
的に制御することで、左右駆動輪に最適なトルクが配分されるというスグレもの。
F430にはこのE-DIFFに加え、CST、電子制御ダンパーなどが統合的に制御され、
走行時の安全性が保たれているのです。この走行モードはステアリング上のマネッ
ティーノと呼ばれるロータリースイッチで選択することができます。
その走行性能はフィオラノのテストコースのラップタイムで、360モデナを3秒上回
るという。

PCM00101_19
PCM00101_20


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 4 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 リターンズ!

PCM00101_13
PCM00101_14
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── F1譲りの電子制御ディファレンシャル・システム…その1

 F430は、2004年のパリ・サロンで登場。V8ベルリネッタ・ボディを持つニュー
モデルでした。シャークノーズをイメージしたスタイリングも注目ポイントですが、
最も目を見張るのはF1の技術の数々をフィードバックさせたハイテクな中身のことな
のです。F430は基本的には360モデナの延長線上にあるが、エンジンは新開発のV8
ユニットを採用し、4308ccの排気量から490HPと大幅にパワーアップしました。
シャシーはアルミ・スペースフレーム構造で、改良を加えた結果ねじり剛性で20%、
曲げ剛性は8%向上している。

つづく

PCM00101_15
PCM00101_16


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 3 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 ごゆっくりお楽しみください。

PCM00101_09
PCM00101_10
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── フェラーリ F430スパイダー 2005年5月(平成17年5月)発売モデル

 F430は、フェラーリ史上最大の売れ行きを記録した360モデナ(MODENA)の後
継モデル。F1マシンで培った最先端の技術の数々をダイレクトにフィードバックし、
市販車として世界で初めて、エレクトロニック・ディファレンシャルと、ステアリング
センターに配置される走行モード選択スイッチ、マネッティーノを採用した。
ピニンファリーナデザインボディ。ミッドシップに搭載エンジンは90度V型8気筒4.3
リッター、最高出力は490馬力、最高速度は310キロに達する一方、静止状態から時
速100キロまで到達するのに要する時間はわずか4.1秒足らずとなる。ミッションは
6速マニュアルか、ステアリングポストに0.15秒のシフトタイミングを可能にするパ
ドルスイッチF1を装備する6速ATが選べる。F430スパイダーのフルオートマチック・
ルーフシステムは、フードを格納しても大きなスペースをとらないコンパクトな構造で、
ミッドシップレイアウトのエンジンをガラスカバーを通して見ることができる。日本仕
様車には、パワーシート、スクーデリア・エンブレム・シールド、カラード・ブレーキ
キャリパーを標準装備する。

PCM00101_11
PCM00101_12


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430
※出典:グーネット:フェラーリ F430スパイダー

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館リターンズ<File No.1>Part 2 フェラーリ F430スパイダー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 ごゆっくりお楽しみください。

PCM00101_05
PCM00101_06
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── フェラーリ F430スパイダー ベースグレード(2005年5月)カタログ・スペック

■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル
■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名 ■型式:GH-F430S
■全長×全幅×全高:4512×1923×1234mm ■ホイールベース:2600mm
■トレッド前/後:1669/1616mm 車両重量:1520kg
■新車価格:22,281,000円
<エンジン・燃料系>
■最高出力:490ps(360.3kW)/8500rpm
■最大トルク:47.4kgm(465Nm)/5250rpm
■種類:V型8気筒DOHC ■総排気量:4308cc
■内径×行程:92mm×81mm ■圧縮比:11.3
■燃料供給装置:電子制御燃料噴射式 ■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前後共):ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)
■ブレーキ形式(前後共):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):225/35ZR19 ■タイヤサイズ(後):285/35ZR19
<駆動系>
■駆動方式:ミッドシップ
■トランスミッション:6MT

PCM00101_07
PCM00101_08


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430
※出典:グーネット:フェラーリ F430スパイダー

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館リターンズ<File No.1>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
Car Models File-No.1


『リターンズ』って、ちょっと安易なネーミングでしょうか!?
ゴロがよかったのと、映画『超高速!参覲交代 リターンズ』を観たばかりで、、、
可愛かったなぁ、深キョンはっ!
それは良しとして、、、
メインコンテンツの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」のことです。
記念すべき1台目はフェラーリでした。
スタート当初は、写真は下手くそ、点数も少なく、振り返ると恥ずかしっ!

ということで、撮り直ししよう♪
いや、撮り増ししようと、考えまして。
新作、ときどき旧作という感じで、、、これからもよろしくお願いします。m( _ _ )m

それでは、ファイルナンバー No.1 ごゆっくりお楽しみください。

PCM00101_01
PCM00101_02
Car Models File-No.1
フジミ 製の 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.旧031
『 フェラーリ F430 スパイダー 』 プラスチックモデル組み立てキット。
フェラーリ F430 スパイダー(2005年/イタリア)

──── ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館リターンズ

 ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館リターンズの第1作目のフェラーリ F430
スパイダーはこちら→ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館 始動!

初のエントリーは2011年5月8日です。
光陰矢の如し、月日を5年かさねたのですねぇ。
紹介してきましたクルマも 243台と、よく続いたものだと私自身が驚いています。
最近は、模型の整理が進まず、いろいろとままならなくて焦るばかりでして。
と言いましても、まだまだ博物館の収蔵モデルがたくさんあります。
この調子で進めますと、まだ 5年分ほどは困りません。

リターンズに当たって、あらためて写真撮影して思いました。
時間の流れは模型にとっては、塗装の痛みやデカールの黄ばみなどなど、
非常に厳しい試練。どう乗り越えて行くのか?乗り越えることができるのか?

クルマに夢を! プラモに愛を!

リアルなカーモデル博物館を作るのが夢ですが。。。

PCM00101_03
PCM00101_04


※参考:Wikipedia:フェラーリ・F430

Car Models File-No.1
フジミ 1/24 フェラーリ F430スパイダー
FUJIMI 1/24 FERRARI F430 SPIDER

Car Models File-No.1 //////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】80年代 スーパーカーのベスト9発表!& ランボルギーニ・デイ in TOKYO

動画を2本、ご紹介します。
YouTube ランボルギーニ・チャンネルから。

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは9月16日、東京都新宿区の聖徳記念絵画
館で「ランボルギーニ・デイ」を開催しました。このイベントは、ランボルギーニの
創業者フェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年と、名車ミウラの生誕50周年
を記念して行なわれたものです。
Lamborghini-Centenario_01
Lamborghini-Centenario_02
↑当日は、3月のジュネーブ・ショーで世界初公開された
ランボルギーニ・チェンテナリオ のアジア初披露や、
「ランボルギーニ・デイ コンクール・デレガンスTOKYO 2016」も行なわれた。


つづきまして、Car News Central から。
1980年代スーパーカーのなかのスーパーカーを選ぶ!
9台のベスト・スーパーカーをご紹介します。
さて、どんなスーパーカーが顔を出しているのか???


FERRARI 288 GTO
CALLAWAY SLEDGHAMMER ZR1 CORVETTE
FERRARI F40
LAMBORGHINI COUNTACH LP5000 QV
ASTON MARTIN V8 VANTAGE ZAGATO
DE TOMASO PANTERA GT5
FERRARI TESTAROSSA
LOTUS ESPRIT TURBO
PORSCHE 959


以上の9台でした。
スーパーカーの定義って、選ぶ人それぞれで違うんですなぁ。。。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】9月のカー雑誌 Report again … 86 & Roadster & New NSX etc.

9月はこ〜んな雑誌を買いました〜の、第2弾!
3冊のカー雑誌を紹介します。

最近は、よく購入してますねぇ。
特集の切り口が面白いですねぇ、、、読みたくなりますぅ。
2016-09-28_mook_01
GoodsPress(グッズプレス) 2016年 10月号
出版社:徳間書店
発売日:2016/9/6


特集:ライトウエイトスポーツカーの楽しさ再発見! 86×ロードスター

2016-09-28_mook_02
ロードスター ディテール比較
マツダ ロードスターの4世代の進化を、各部の主要パーツの変化で見比べる。
これは模型作りの資料にも最適です。
また、ホロの開き方のスタイルの4つも見比べられる!

2016-09-28_mook_03
プロが語る愛用品:モデラー&時計師
プラモ作りに欠かせない3大工具とは!?

ニッパー、デザインナイフ、ピンセットです。

2冊目を見ましょう♪
2016-09-28_mook_04
新型NSXのすべて
(モーターファン別冊ニューモデル速報 第542弾)
出版社:三栄書房
発売日:2016/9/24

間もなく?タミヤから1/24スケールの新型NSXの発売されます。
そのための資料ですよ!?

2016-09-28_mook_05
ライバルは日産 GT-R?
まぁ、日本でのライバルはそーでしょうけどね。
NSXのブルーカラーはイイな!?
GT-Rもブルーが似合うんだなぁ。。。

2016-09-28_mook_06
内装もその使い方もしっかり解説しまーす!?
NSXには似合わないお姉さんが説明を・・・


最後、3冊目!
2016-09-28_mook_07
カーセンサーEDGE 2016年 11 月号
出版社:リクルートホールディングス
発売日:2016/9/27


クルマにこそ大人の我儘を
良いキャッチフレーズですね。
我儘したいのはやまやまですけどねぇ、、、

特集は、「スーパーカーの事情」

2016-09-28_mook_08
スーパーカー好きの脳内を拝見「おれが考えるスーパーカー序列」とは?
あなたのスーパーカー度を測る物差しはは、どこを見てるぅ?

2016-09-28_mook_09
今、買えるスーパーカーのお値段は?
スーパーカーの値段はあっという間に変わってしまう。
また、数年後はどうなっているのか・・・

2016-09-28_mook_10
見るに、読むに楽しんだ雑誌でした。



  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】競争系?気になっちゃったクルマ映像だョー!

まずは、『毒蛇』から、、、
ダッジ・バイパーですよ。
ラグナ・セカでタイムトライアルだ!

モータートレンドの公式YouTubeチャンネル「Motor Trend Channel」から。
マツダ・レースウェイ ラグナ・セカで、ダッジ史上最速の公道走行可能なレースカー、
ダッジ ヴァイパー ACRのオンボードのタイムトライアル映像です。
2016 Dodge Viper ACR

モデルの特徴
エアロダイナミクスのパッケージ「ACRエクストリームエアロパッケージ」には、
カーボン製ツインエレメント・リアウイング、カーボン製リアディフューザー、
取り外し可能なフロント・スプリッター・エクステンション、4つのカナードを装備。
最高速度177mph(約285km/h)で走行時に1トン近くのダウンフォースを発生します。
コークスクリューでは、1.5G近くまで出ていますねぇ。
恐ろしいですね、首が持っていかれそうです。
ラグナ・セカは好きなサーキットです。
先日もグランツーリスモ6で、ホンダS2000のレースカーでタイムトライアルしていました。

──── ダッジ ヴァイパー ACRのスペック

■エンジン:8.4リッターV10
■最大出力:645ps
■最大トルク:600lb-ft
■トランスミッション:6速マニュアル
■タイヤ:フロント295/25/19、リア355/30/19 クムホ製「Ecsta V720」

PCM00111_01
博物館で紹介したモノグラム 1/25 DODGE VIPER GTS
こちらから→ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.11>


つぎの映像は、競争系だよー!
エントリーは、なんと12台。メンツはこんな奴ら!
新型ホンダ NSX(573ps)、日産 GT-R 2016(565ps)、
マクラーレン 570S(562ps)、アウディ R8 V10 Plus(602ps)、
BMW M4 GTS(493ps)、メルセデス AMG GT S(503ps)、
フォード マスタング シェルビー GT350R(645ps)、
シボレー カマロ SS 1LE(445ps)、
アストンマーチン V12ヴァンテージS(565ps)、ダッジ バイパー ACR(645ps)、
ジャガー F-Type SVR(575ps)、ポルシェ 911 カレラS(420ps)
の12台

さぁ、見てみましょう♪
新型NSX と 2016モデルの GT-R はどっちが勝ったのか!?

何も言えません!感慨を覚えてるぅ。


最後の映像は、出足の良いテスラを相手にスーパーカーたちが頑張っちゃう映像です。
テスラ モデルS P100D を中心にして、相手をするのは、、、
日産 GT-R
ランボルギーニ ウラカン
フォード マスタング シェルビーGT500
フォルクスワーゲン ゴルフR の4台。

勝負はドラッグレースで決めちゃう!

テスラ モデルS P100Dは、567kW(760馬力)ものパワーを発生させる。
ルーディクラスモードを使うとなんとゼロヨン10秒台という加速力を誇ります。


おまけ?
ラグナ・セカをアッタクする新型NSXです。

上のヴァイパーと比べてみてちょ!
まさに、ハンドリング・マシンか?新型NSX!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】笑っちゃったトランスフォーマー・・・

さて、気になっちゃったクルマの映像をご紹介したいと思います。
まずは、映画『トランスフォーマー』ばりのクルマが変形してしまう映像から。

それはBMWだった。
とりあえず、見ちゃいましょうか!?


この赤いBMWを制作したのは、トルコの Letron社。
リモコン?のスイッチを入れると、なんと映画「トランスフォーマー」さながらに
変形してヒト型ロボットに大変身!

しかし、動作が遅いぞ!
悔しかったら、走ってみろ!!
どうした?敵にやられちゃうぞ!?

クルマ製作途中映像も見ますぅ?


letrons-BMW_01
letrons-BMW_02

つぎは何を見せてくれる?
Letron社 のホームページはこちら→Letrons

お次の映像は、、、明日 m( _ _ )m

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ムック】9月のカー&プラモ雑誌 Report …'80年代レースカー〜チューニングカー

9月は、こ〜んな雑誌を買いました。
3冊のカー&プラモ雑誌を紹介します。

まずは、80年代のレーシングカーのすべて?をお勉強!
2016-09-25-_mook_01
80年代レーシングカーのすべて
「ピケマン」「セナプロ」時代のF1に熱狂グループC
出版社:三栄書房
発売日:2016/9/8


↑表紙はR30スカイライン後期型のスーパーシルエット

↓個人的には、3本グリルの前期型が大好物です。
2016-09-25-_mook_02
80年代〜90年代は輝いていましたね、クルマたち!
日本のモータースポーツも熱かったぁ。

2016-09-25-_mook_03
「ピケマン」「セナプロ」ってわかりますか?
「ピケマン」はネルソン・ピケとナイジェル・マンセルのこと
「セナプロ」はアイルトン・セナとアラン・プロスト。
この2組はチームメイトでありながら、確執のあった方々。
いろんな物語を生みましたね。
そんな一角もちょろっとのぞけるか、、、な!?


つぎー、いってみよう♪
つい、買ってしまうー、「モーターファン別冊ニューモデル速報」
なんと、このGT-Rで第540弾!!
素晴らしい!!!
2016-09-25-_mook_04
新型GT-Rのすべて
動的質感と快適性を磨いた完熟の2017年モデル登場(モーターファン別冊 ニューモデル速報)
出版社:三栄書房
発売日:2016/9/13


GT-R 2017年モデルの新車情報。
確実に進化しているようです。

2016-09-25-_mook_05
ブルーが似合うと思いませんか?
2017年モデルのGT-Rは!

発表がホンダの新型NSXとかぶるところがあって、若干、損をしてる感がありますが、
10年間の進化は、新型NSXとどこまで戦えるのか?
約1000万円 vs 2370万円(金額で比較しちゃあダメですね)

2016-09-25-_mook_06
模型製作の資料に使える、、、2017年モデルのキット化希望!?


もう1冊、いかせてもらいます。
3冊目は、プラモの雑誌です。
この雑誌はモデル・カーズの別冊ですが、第3弾です。
なんと、これ1冊で200台のモデルカーを見ることができます。
まさにカタログ的雑誌なのです。
2016-09-25-_mook_07
モデル・カーズ・チューニング その参(NEKO MOOK)
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2016/9/15


2016-09-25-_mook_08
特集は「スカイライン」なのだ!

数ある車種の中で、実車はもとよりプラモデルの世界でも図抜けた人気を誇るスカイラインを題材に、
歴代モデルのプラモデル作品を一挙掲載。
ノーマルからカスタム、架空の仕様まで、様々なモデリングスタイルで作られた作品が勢揃い!


2016-09-25-_mook_09
↑面白いですねぇ。
西部警察の警察車両スカイラインRSをシルエットフォーミュラにっ!?
他にも、、、

●サブ特集
TRIBUTE TO THE TUNING CAR
1981年に登場したアオシマの名物キット、『ザ・チューニングカー』。このシリーズ第一期・14車種を特集。
その歴史を改めて振り返り、今なお新鮮なそのキット内容の様々な楽しみ方を紹介します。
●全国版 街のプラモ屋さんガイド
Facebookの自動車模型専門コミュニティ「Creativity」の全国の参加メンバーに地元のホビーショップ情報を集めてもらいました。
インターネットでは出てこない知る人ぞ知る模型屋さんなどを紹介し、小売店舗を応援します。
●【特別付録】懐かしのアオシマ箱絵ポスター


などなど、お楽しみがたくさん。

2016-09-25-_mook_10
気になった雑誌はありましたか?
それでは、またー!



  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.243>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:博物館Car Models File-No.243は・・・
館長:日本のコンパクトカーです
館長:トヨタはヴィッツ、ホンダはフィット、ニッサンは??
T学芸員:そーなっちゃいますぅ(汗
K学芸員:ニッサンといえば、「マーチ」!
館長:おっ、正解でーす
館長:今回は、K12型と呼ばれる3代目のマーチです
T学芸員:可愛いクルマですね、デザインが優れているぅ


K学芸員:それでは模型と実車を比べてもらいましょう♪
館長:おっ、新たな展開ね、、、いいね!
館長:見てみましょ
2002-Nissan-March-K12_01
PCM00343_03
館長:フロントウィンドウ上部の丸味が少し足りないか、、、
館長:しかし、いい線いっていますね、出来はバッチリです
K学芸員:サイドの丸味は完璧じゃないですか!?
館長:基本的にクルマのデザインが素晴らしくないですか?
K学芸員:男性的なものではありませんが、繊細で可愛いですね
T学芸員:可愛いと思います、「カエル顔」ですね
館長:「カニ目」があったり、「カエル顔」があったり、、、
館長:面白いねぇ、こうでなくっちゃ、クルマのデザインは!
K学芸員:リヤスタイルを見ましょうか?
館長:そうしましょう♪
2005-Nissan-March-K12_02
PCM00343_04
館長:フロントよりさらに出来がいい後ろ姿
T学芸員:ほんと、実車そのまんまですねー
K学芸員:このプラモは、フジミ製のキットですよ!

館長:それでは、映像探しに移りましょう♪
学芸員:了解しましたぁ、、、!

K学芸員:テレビCMですよ
K学芸員:タイトルは、『NISSANマーチk12CM_1』
館長:思い出すなぁ、、、
館長:かわいいね
T学芸員:続けて行っちゃいますか!?
T学芸員:CM集を一気にplay!

T学芸員:タイトルが、『NISSANマーチk12CM_2』

T学芸員:タイトルが、『NISSANマーチk12CM_3』

K学芸員:タイトルは、『NISSANマーチk12CM_4』

K学芸員:タイトルは、『NISSANマーチk12CM_5』

K学芸員:タイトルは、『NISSANマーチk12CM_6』

T学芸員:タイトルは、『NISSANマーチk12CM_7』


K学芸員:クルマのカラーバリエーションや売りの機能がよくわかります
館長:見ていて楽しい、さすがにテレビCMです
T学芸員:ちょっとイジッた、悪〜い感じのマーチです

T学芸員:タイトルは、『k12 マーチ』
館長:好・き・で・す・ねぇ、(所ジョージ風
K学芸員:カラー、ホイール、とも色でパープル!
T学芸員:これは珍しい、マーチの解説映像ですが、、、
館長:何が珍しいの?
T学芸員:それは、この映像は『グランツーリスモ5』のクルマ解説映像なのです
館長:ゲーム中の解説映像なんだね

K学芸員:タイトルが、『【GT5】 日産 マーチ 12SR '07 【DEMO】』
T学芸員:しっかりと分かりやすい?解説ですね
館長:12SRね、最後に12SRを見ようよ♪

T学芸員:タイトルは、『信大ジムカーナ 日産マーチ12SR(本番2本目)』

館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪




   

  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 7 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_25
PCM00343_26
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── マーチ K12型のその頃の最先端機器を装備

 3代目K12型マーチの室内には日本初となる「カーウイングス」なるものが装備され
ていた。それは総合テレマティックサービスのこと。CD/MDデッキの上に鎮座する
1DINユニットがそれです。総合テレマティックサービスとは、いわゆる車載用パソ
コンのことで、欧米では当時すでに数機種が市販されていて純正装備するクルマも多
くなってきていた。携帯電話と接続することで、交通情報、天気予報、ドライブ情報
を24時間リアルタイムに入手できる。さらにクルマの現在地を友人や家族の携帯電話、
パソコンに知らせる機能、携帯電話のハンドフリー機能、GPSによる周辺地図をモニ
ター表示する道案内機能(簡易カーナビ)など、内容は盛り沢山でした。またトラブ
ル発生時に専用オペレーターが24時間体制で対応するロードサービス、情報検索など
を行う「コンパスリンク」など有人によるお助け機能も盛り込む。操作スイッチは本
体以外に、ステアリングにも設置されている。「カーウイングス」の価格は49000円
とリーズナブルだが、サービスを受けるためには年会費3600円の他、2000円の入会
金もかかった。さらにコンパスリンクの利用においては1回200円である。
 さらにもう1つの先進アイテムが「インテリジェントキー」。キーをポケットなど
に入れておけば、ドアハンドルのスイッチを押すだけでロック解除。両手に荷物とい
う状況でも、スマートに乗りこむことができる。さらにエンジンをかけるときはキー
を差しこまなくてもOK。これらのことができるのは日産車では初。「先進装備は高
級車から」という車格のヒエラルキーをマーチは超えた、最先端便利アイテムなのだ。

PCM00343_27
PCM00343_28


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 6 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_21
PCM00343_22
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── マーチ K12型の室内を見てみる

 3代目K12型マーチの室内は狭い。軽自動車と同程度の広さしかありません。大柄な
な男性が乗るにはキビしい大きさです。外観デザインを見れば、男性が似合うとは思え
ませんけど。フロントシートはともかく、リアシートについては他社の同程度の車種と
比較しても、マーチは少し狭いと感じられます。女性でも4人乗車で、出かける場合キ
ビしいです。また乗降性の良さでもマーチは劣るようです。原因を考えれば、全長が短
いことや、後ろ下がりのルーフ形状が、後席居住性やラゲッジスペースに影響を与える
ていると思われます。それでも広いと見せるためのデザイン造形や圧迫感を与えない低
めのダッシュボード、明るいカラーリングで開放感を演出している内装色など、工夫も
伺える。また、マーチ日本仕様車では個性的な内外装色が多彩に用意されていました。
これは特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアワード」
を3度受賞しているのだ。

PCM00343_23
PCM00343_24


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 5 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_17
PCM00343_18
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── ニッサン マーチ 3代目は K12型

 先代(2代目)K11型マーチは8年というロングライフのモデルでしたが、デザイン
的には中途半端な印象で、日産初の造形意匠用CADシステムである「STYLO(スタイ
ロ)」を、初めて造形の初期段階から運用して制作されたものでした。K11型の評価
は日本国内外ともに高く、日本カー・オブ・ザ・イヤー(1992)、RJCカー・オブ・
ザ・イヤー(1992)をダブル受賞、欧州でも欧州カー・オブ・ザ・イヤー(1993)
を日本車としては初めて獲得する快挙を成し遂げた。
3代目となるK12型は、キューブ(2代目)と並び最高のエクステリアデザインのコン
パクトカーであると評価の高いクルマとなりました。それに、ただ個性的なだけじゃ
なくて「美しいクルマ」であるとも言われていました。
シルエット、ライン、それにディテール、三拍子揃ったデザインは、K11型と同様の
日産社内で行われたものである。
デビュー当時、“これがニッサン車?”
それくらいインパクトがあったぁ、、、ヨーロッパでもすぐに評価されました。
可愛いカエル顔、まるでペットを飼っているかのような、そんな感じでつきあえる
コンパクトなマーチなのです。

PCM00343_19
PCM00343_20


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 4 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_13
PCM00343_14
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── ニッサン マーチ 2002年3月登場(発売)のグレード

グレード
3&5ドアモデル共通で1リッターモデルに10b、1.2リッターモデルに12c、5ドアのみ
で1.4リッターモデルに14eと4WDの14c-four、14e-fourの5種をラインアップ。
cグレードはCDプレーヤーやリモコンキー、eグレードには携帯するだけで開閉錠やエ
ンジン始動・停止ができるインテリジェントキーなどを装備する。総合テレマチック
サービス「CAR WINGS(カーウイングス)」をオプション設定。携帯電話への接続で、
各種情報の入手、電子メール、ハンドフリーフォンなどが可能となる。安全装備として
全車にデュアルエアバッグ、サイド&カーテンエアバッグ(一部グレードはオプション)、
ブレーキアシスト、ABS、EBD(電子制御制動力配分システム)、ロードリミッター付
きプリテンショナーシートベルトを標準で装着する。全モデルにて「超-低排出ガス車」
認定を取得し、税軽減措置の対象車となる。

PCM00343_15
PCM00343_16


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)
※出典:グーネット:日産 マーチ(MARCH)14e(2002年3月)カタログ・スペック情報

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 3 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_09
PCM00343_10
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── ニッサン マーチ 2002年3月登場(発売)モデル

 日本はもとより海外でも好評を得ている、日産のベーシックモデルがマーチ。
3代目となる開発コンセプトは「ユーザーフレンドリーを追求した、おしゃれな新世代
コンパクトカー」。一回り拡大した、共通ボディサイズを採用する3ドアと5ドアの
2BOXハッチバック、それに12色の多彩なカラーバリエーションを用意する。搭載さ
れる新開発CR型エンジンは可変バルブタイミング機構付の直4DOHCの3ユニットで、
排気量1.0リッターの68馬力、90馬力の1.2リッター、98/97馬力の1.4リッター。
サスペンションはフロントがストラット、リヤはトーションビーム、駆動はFFと4WD。
4WDはe-4WDと呼ばれる、必要な時だけスイッチ操作で後輪をモーターで駆動させる
方式。それによってプロペラシャフトやトランスファーが不必要となり、室内スペース
や燃費に好影響となる。トランスミッションはフロアシフト4AT、1.2リッター車は
5MTも選べる。

PCM00343_11
PCM00343_12


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)
※出典:グーネット:日産 マーチ(MARCH)14e(2002年3月)カタログ・スペック情報

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.243>Part 2 ニッサン マーチ 14e 5ドア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_05
PCM00343_06
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── ニッサン マーチ 14e(2002年3月)カタログ・スペック

■ボディタイプ:ハッチバック ■ドア数:5ドア ■乗員定員:5名
■型式:UA-BK12 ■全長×全幅×全高:3695×1660×1525mm
■ホイールベース:2430mm ■トレッド前/後:1470/1455mm
■室内長×室内幅×室内高:1875×1355×1275mm ■車両重量:950kg
■新車価格:1,320,000
<エンジン・燃料系>
■エンジン型式:CR14DE ■最高出力:98ps(72kW)/5600rpm
■最大トルク:14.0kgm(137Nm)/3200rpm
■種類:水冷直列4気筒DOHC ■総排気量:1386cc
■内径×行程:73.0mm×82.8mm ■圧縮比:9.8
■燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)
■燃料タンク容量:41リットル ■使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
<環境仕様>
■10モード/10・15モード燃費:18.4km/リットル
<足回り系>
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):独立懸架ストラット式
■サスペンション形式(後):トーションビーム式
■ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
■ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)
■タイヤサイズ(前/後):165/70R14 81S
■最小回転半径:4.4m
<駆動系>
■駆動方式:FF ■トランスミッション:4AT
■変速比:第1速/2.861、第2速/1.562、第3速/1.000、第4速/0.697
■後退/2.310 ■最終減速比/4.072

PCM00343_07
PCM00343_08


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)
※出典:グーネット:日産 マーチ(MARCH)14e(2002年3月)カタログ・スペック情報

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.243>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
Car Models File-No.243


前回のクルマは、可愛い「カニ目」のスポーツカーでした。
今回のクルマは、可愛い「カエル顔」といいましょうか!?
おしゃれーなコンパクトカーのマーチの登場です。
2002年登場のマーチは3代目。市場的にも評価の高いクルマでした。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00343_01
PCM00343_02
Car Models File-No.243
フジミ 製の 1/24 インチアップシリーズ No.062
『 ニッサン マーチ 14e 5ドア 』 プラスチックモデル組み立てキット。
ニッサン マーチ 14e 5ドア(2002年/日本)

──── キットの解説から

●2002年2月に発表された3代目マーチ最上級グレードの14e・5ドアタイプを1/24
 スケールで再現しました。「ユーザーフレンドリーを追求した、おしゃれな新世代
 コンパクトカー」をコンセプトに開発され、丸みとシャープさをバランスしたオリ
 ジナリティあるデザインのエクステリアや、質感の向上とスイッチなどの操作系を
 統一カラーとすることで、ハイレベルで機能的なデザインとしたインテリアが特徴
 です。プラットホームやエンジンも新開発とすることで、最新の安全環境性能をも
 備えたクルマに仕上がりました。
●グレード構成では、ボディタイプは3ドアと5ドアのハッチバック、駆動方式はFFと
 モーターで後輪を駆動するタイプの4WD構成。グレードはFFはベーシックグレード
 となる1.0リッターエンジン搭載の10b。中間で最量販グレードとなる1.2リッター
 エンジン搭載の12cと、1.4リッターエンジンを搭載し、最上級グレードとなる14e
 のグレード構成。ミッションは全車4速ATが用意され、12cのみに5速MTも設定さ
 れています。

PCM00343_03
PCM00343_04


※参考:Wikipedia:日産・マーチ(3代目)

Car Models File-No.243
フジミ 1/24 ニッサン マーチ 14e 5ドア
FUJIMI 1/24 NISSAN MARCH 14e 5door

Car Models File-No.243 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

私のこと、知ってますCAR? 第17弾!

私のこと、知ってますCAR?
第17弾をお届けします。

世の中は広い!
まだ、まだ、まだ、知らないクルマが次から次へと、、、悩ましい。
魅力的なだけにさらに悩ましい♪
今回のクルマは?

「恒例、1枚の写真~ん!」
「ぴったし カン・カンじゃねぇえし!」
いやー、この写真なんですけどね、、、、
2016-09-13_shinbun

これ、2016年9月7日の新聞記事の写真です。
その事件とは、、、
“名車2台・・・被害1億2000万円”
というものでした。
ここでは、事件の内容とは関係のないクルマの話なので、詳しく事件を知りたい方は
こちらへ→クラシックカー2台詐取容疑=1.2億円相当、男逮捕-岐阜県警

私としては、この写真のクルマがあまりにカッコよくて印象的でした。
そこで、“私のこと、知ってますCar?”のコーナーで取り上げようと、、、、という前置き(長~い--;/

写真に写っている2台のクルマはともにイタリアのスポーツカーメーカーである
「チシタリア」のものだとか。クルマの年式は1946年と47年製だそうです。
70歳のクルマ、もちろん私よりも年上の方々ですね。

チシタリア(Cisitalia)
──── チシタリアとは

 「防水布」で財を成しイタリア実業界で立志伝中の人となった「ピエロ・ドージオ
(Piero Dusio)」は、第二次世界大戦後、復興もままならない瓦礫の街で、誰よりも
早くスポーツカー・メーカー“チシタリア”を興した。1946年戦後初めてのレースで栄
冠を勝ち獲ると、ミッレミリア、タルガ・フローリオ等の数々のレースで活躍した。
作られたクルマたちはどれもが美しく、風洞による最先端の航空力学を駆使してものや、
動く彫刻とも比喩された芸術的クルマもある。1949年にはレース活動による資金難の
ため、幕を閉じてしまうが、流星の如く輝いた、チシタリアの存在は、神話として今日
まで語り継がれている。また、ピエロ・ドージは、オプロサッカーチーム・ユベントス
のセンターハーフから1941年にはチーム会長となるなどサッカーとの関わりも深い。

それでは、その芸術的な作品といえるクルマたちを紹介しましょう♪

1947-Cisitalia-202_01

──── 1号車(202CMM) プロトタイプ

 写真の奥の赤い?クルマです。このクルマはプロトタイプです。このクルマを開発す
る前のこと。既存のパーツを多用して小型で比較的安価な手に入り易いレーシングカー
を多数製造し、小排気量でワンメーク・レースを開催することを目指していたピエロ・
ドージオは、後年「D-46」と呼ばれるレーシングカーの設計を当時フィアットに在籍
中のダンテ・ジアコーサ(トポリーノの設計者)に依頼した。ジアコーサは1945年暮
れから休日と夜間を使って設計に取り掛かる。途中からフィアットの航空機部門で仕事
をしていたジョバンニ・サヴォヌッツイが加入し共同で開発にあたり、1946年中に12
台が完成した。
1947-Cisitalia-202_02
1946年夏でジアコーサは手を引き、サヴォヌッツィが後任として次期チシタリアの設
計にかかる。指示は小型軽量2座スポーツカーでジアコーサによって描かれていたラフ
スケッチが引き継がれた。エンジンは「D-46」と同様フィアット1100から改造し
61hpを発生させている。プロトタイプは「カロッツエリア・コッリ」でボディが架装
された。サイドビューも圧巻ですが、独特のリアビューがクルマとは思えません!


1947-Cisitalia-202-CMM_01

──── 2号車・3号車 サヴォヌッツイ(202CMM)

 写真手前のシルバー?のクルマです。大きな尾翼を持った特異なクーペが、設計者・
デザイナーの名前を付けた「サヴォヌッツィ」と呼ばれる2台で、航空エンジニアだっ
た経歴を彷彿させる作品だ。機械工学だけでなくデザインにも非凡な才能を持ち、開
発ドライバーとしても優れたセンスを持ち合わせるマルチ人間だった。ボディは2台
ともヴィニアーレで造られ、赤い方はボディサイドに丸い2つの排気孔があるので2号
車と思われる。
1947-Cisitalia-202-CMM_02
3号車はサイドに4つの熱気抜きを持つとあるのでシルバーの車が該当する。
サヴォヌッツィ自身がデザインしたクレイ・モデルを基に造られた木型はトリノ工科
大学の風洞でテスト、熟成され、後年の測定でもCXO1.9という見た目通りの優れた
空力特性を示した。特筆すべきは既にこの時期にリアウインドーの上縁に気流の剥離
を防ぐスポイラーを備えている事で、風洞実験で得たデータを活かしたものだろう。

事件のクルマは、サイドに4つのエアダクトがあるので3号車であるとわかります。
さらに詳しく知りたい方はこちらへ→M-BASE:第37回 C項-5 「チシタリア」「クーパー」「コード」「クロスレー」

最後に映像を1本ご紹介します。


悲しいですねー・・・
この事件で、2台の貴重なクルマたちはどうなってしまったのでしょうか?
あるべき場所に戻り、末永く可愛がられることを望みます。

では、次回まで!
ごきげんよー♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】時速300km/hオーバーのクルマが2台、それに新NSXの新情報とは?

速度無制限アウトバーン(速度制限区間もあり)で時速300km/hオーバーを計測した
スーパーカー2台を紹介しちゃいますー♪

スーパーカー1号車!?
ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンはミッドシップにエンジンを積む。駆動方式は4WD。
5.2リッター 90度V10エンジンからは610馬力を発生し、メーカー公表値では、0-200km/h 9.9秒、
最高速度 325km/hとされているウラカンなのですが、、、。



見ましたか!?メーター読み342km/h出てますゥ。
もう一つ、スピードメーターに注目!
それはー、燃料系。瞬く間に減ってゆきますねぇ。。。
高速走行は、燃費に影響するのね!?



スパーカー2号車!!

ポルシェ 991 ターボS

ポルシェ 911シリーズのフラッグシップモデルであるターボS
リアに積まれた水冷水平対向6気筒ツインターボエンジンは580馬力を発生し、
メーカー公表値では、最高速度 330km/h なポルシェ ターボSです、、、。

こっちはビデオ短め、ご注意を!


下ってましたね。勢いついて340越えでした。



お次の企画は、新NSX、お値段は2370万円とアナウンス。

新型ホンダ NSX

新型NSXは、ミッドシップに3.5リットルV6ツインターボエンジン(507馬力)を積み、それと前後に搭載された3機のモーターにより総合出力は581馬力を発生します。

新型NSXの新情報とは、、、スピードリミッターが付いていた。
日本車なので、180km/hで効いてしまうのね。


辛口の黒沢元治さんがかなり良いクルマであると褒めてました。
しかし、車重の重さとエンジンマウントの柔らかさがバツだったようです。
サーキットを攻める方は気になるかも???

わたしは旧型のNSXの方が好きです。もちろん、スタイリングです!
PCM00298_11
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.198>タミヤ 1/24 ホンダ NSX



 

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】オススメ!?これを見なきゃクルマ好きじゃなぁ〜い!

唐突ですが、先を急ぎましょう♪
クルマ・クルマ・クルマの映像をお届けー!

1本目は、スーパーカーブームの立役者の1台。
デ・トマソ・パンテーラ

パンテーラはイタリア製のボディにアメリカ製の大排気量エンジンを搭載した、
デ・トマソとフォードによる伊米合作のスーパーカーなのだ。


チョー太っといタイヤにオバフェン、迫力あるわぁ。。。
車幅の割に低いこと、低いこと。これぞ、スーパーカーだ!
デ・トマソ・マングスタも出てました。



2本目は、アルファの新型車。
イタリアで開催されるヒルクライムレース、Trofeo Vallecamonica。
このレースに登場したヒルクライムスペシャル仕様のアルファがすごいことになってるゥ
アルファロメオ・4C



どうですか?全長に対してのリヤエンドまわり。
リヤウイングの翼端板が下のディフューザーまで繋がっている一体型なのです。

このコンパクトさで、ハイパワーなのです。
エンジンは1750ccで600馬力/8200rpm、580Nm/7500rpmなのだ。



3本目もいっちゃいましょー♪
ラ フェラーリいっちゃいますぅ。
それにしても何台あるの?
ラ フェラーリ



意外とブラックカラーがいいんじゃないかぁ?

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.242>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:博物館Car Models File-No.242は・・・
館長:1950年代末のイギリスのスポーツカーです
館長:わかっちゃう!?
T学芸員:いやぁ〜(汗
K学芸員:「MG」とか「オースチン」とかぁ??
館長:おっ、いいねぇ、知ってるねぇ
館長:今回は、オースチンです!
T学芸員:「100」とか「スプライト」とかぁ?


館長:オースチン ヒーレー スプライト Mk-1 です
館長:“カニ目”と呼ばれています
T学芸員:可愛いスポーツカー!

館長:イカすスポーツカーだよねー、好きだなぁ
館長:このクルマを知ったきっかけの話を・・・
館長:それでは紹介します、1枚の写真〜ン!
The-Beatles&Austin-Healey-Sprite-Mk-1
K学芸員:あれぇ、、、この写真の人物は、、、?
館長:この人たちは、、、1960年代、世界的に一世を風靡したイギリスのロックバンド
館長:『ザ・ビートルズ(The Beatles)』
K学芸員:ジョージとポールですね
T学芸員:左がジョージ・ハリスン、右がポール・マッカートニーです
館長:ジョージ・ハリスンはビートルズいちのクルマ好きとして有名です
館長:で、この写真を見て、この写真のクルマは何???って、、、
館長:まんまるなお尻、、、可愛い
館長:一所懸命調べましたよ〜
PCM00342_06
K学芸員:これだよー・・・
館長:ジョージの最初の愛車が、カニ目のオースチン ヒーレー スプライト Mk-1だと、、、
学芸員:そうだったんですね
館長:本当かぞうかは、知らない!
学芸員:なんだそりゃ(汗


K学芸員:映像を探しましょうか
K学芸員:タイトルは、『Austin Healy Sprite』

館長:愛らしいですね
館長:どんどん出してー


K学芸員:オーストラリアのコンクールで優勝したクルマだそうです
K学芸員:タイトルは、『エンスーの杜 Austin Healey Sprite Mk1 オースチンヒーレースプライト Frog eye カニ目』
館長:ほれほれ
館長:まだまだ
T学芸員:次はこれっ!



T学芸員:タイトルが、『AUSTIN HEALEY SPRITE MK1 FROGEYE - Modest test drive - Engine sound | SCC TV』
K学芸員:同じような映像が、、、失礼


K学芸員:探します!
館長:お願いします
T学芸員:(^ー゜)、、、まかせとけ!

T学芸員:タイトルは、『R+V24 Oldtimer Classic: Austin-Healey Sprite MK1』
館長:カラフルな映像が集まってよかったぁ
K学芸員:これは、タイムスリップだぁ!
T学芸員:当事ものですかねー
館長:これが最後かなー

K学芸員:タイトルが、『First registered Austin Healey Sprite Silverstone Test』
T学芸員:シルバーストーン・サーキットでの初のテスト走行の映像
館長:ドライブするのは Roy Salvadori(ロイ・サルバドーリ)
館長:F1パイロットだよ

館長:今日はここまでにしましょう
館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪



  

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.242>Part 7 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
Car Models File-No.242


いっつも笑ってるゥ。
可愛いお目々のスポーツカーですよー。
このお目々を持ったクルマを世界中の人が愛称をもって可愛がる、日本では「カニ目」、
アメリカでは「バグアイ(虫の目)」、イギリスでは「フロッグアイ(カエルの目)」。
じきに60年に届こうとする現在でも愛好家の多いクルマですね。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00342_25
PCM00342_26
Car Models File-No.242
グンゼ 製の 1/24 名車シリーズ
『 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1 』 プラスチックモデル組み立てキット。
オースチン ヒーレー スプライト Mk-1(1958年/イギリス)

──── “カニ目”のスポーツカーを自慢する

 ヒーレー スプライト Mk-1に乗り込むためには、ドア内側のノブを引いてドアを
開けるのだ。これは軽量化にこだわり抜いた設計のひとつだそうだ。
ボディのスリーサイズは全長×全幅×全高3486×1346×1263mm、コンパクトなの
以外にもどっしり感も持っている。独特のボリューム感があるんですね。シンプルな
線での表面構成と、低いウインドシールド、ボンネットの長さなど、全体のバランス
は抜群だ。
室内は狭いが、同時に意外に広いイメージも受ける。足元スペースが深いのだ。
まるで床にそのまま配置したかのように低いシートと、足を伸ばしたドライビングポ
ジションは、ブリティッシュスポーツのよき伝統。この人車一体感が最高なのだ。
ブリティッシュスポーツの証としては、ステアリングがドライバーの体に近くて径が
大きめという点もそうなのだ。ロック・トゥ・ロックがわずか2.5回転のステアリン
グはシャープでクイック。リアサスペンションがリーフリジッドなので路面の段差な
どではそれなりに跳ねる。しかし、コーナリングマナーは優秀で、路面状況を逐一報
告してくれるのだ。「走ってるんだ」ということを実感させてくれる。
ヒーレー スプライト Mk-1は、過去・現在・未来と人がクルマに望むことを持って生
まれたことが、愛される理由である。

PCM00342_27


PCM00342_28
PCM00342_29


※参考:Wikipedia:オースチン・ヒーレー スプライト Mk-1

Car Models File-No.242
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1

Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.242>Part 6 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
Car Models File-No.242


いっつも笑ってるゥ。
可愛いお目々のスポーツカーですよー。
このお目々を持ったクルマを世界中の人が愛称をもって可愛がる、日本では「カニ目」、
アメリカでは「バグアイ(虫の目)」、イギリスでは「フロッグアイ(カエルの目)」。
じきに60年に届こうとする現在でも愛好家の多いクルマですね。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

PCM00342_21
PCM00342_22
Car Models File-No.242
グンゼ 製の 1/24 名車シリーズ
『 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1 』 プラスチックモデル組み立てキット。
オースチン ヒーレー スプライト Mk-1(1958年/イギリス)

──── “カニ目”のスポーツカーにくびったけ!

 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1のパワーユニットは、当時のベーシックカー、
オースチンA35と40用の、排気量945cc、直列4気筒OHVユニット。基本的にミニな
どのユニットと共通だ。圧縮率は8.3、SU式のキャブレターを2連装するなどのライト
チューンを施している。パフォーマンスこそ飛び抜けてはいないものの、このエンジン
の美点は、そのサウンドが心地良いこと。とても1リッターとは思えない重厚な低音の
エグゾーストノートを響かせる。ドライバーをその気にさせるサウンドなのだ。
動力性能は、最高出力43ps/5000rpm、最大トルク7.2kgm/3300rpmである。
ちなみにダブルウィッシュボーン式サスペンションもオースチンから流用したものなの
だ。量産スポーツカーとしては世界初の軽量モノコックボディを採用している。車重は
わずか650kg。ボディ剛性を上げるため、トランクリッドを廃止しているのだ。じゃあ、
荷物はどうやって出し入れするの?
答えは、シートバックを倒して車内の後ろ側から出し入れするのだ。

PCM00342_23
PCM00342_24


※参考:Wikipedia:オースチン・ヒーレー スプライト Mk-1

Car Models File-No.242
グンゼ 1/24 オースチン ヒーレー スプライト Mk-1
GUNZE 1/24 AUSTIN HEALY SPRITE Mk-1

Car Models File-No.242 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR