ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.234>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:博物館Car Models File-No.234は・・・
館長:前回File-No.231初代セリカでしたね
K学芸員:No.232がインプレッサのラリーカーで、
T学芸員:No.233がフォード・エスコート RS コスワースでしたねぇ
館長:No.234もラリーカーになります!
館長:スバルなんですね
館長:そうです、スバルの2代目4ドア・ワールドラリーカーですぅ
K学芸員:どのクルマでしょうか?
subaru-impreza-wrc-2001_01
A のクルマか?

subaru-impreza-wrc-2003_01
B のクルマか?

subaru-impreza-wrc-2007_01
C のクルマか?

館長:答えは・・・
館長:「B」
館長:この顔の整形手術は大掛かりなのね
T学芸員:2代目インプレッサ、「A」が前期型、「B」が中期型、「C」が後期型


館長:2000年8月、前期型がスタート!
館長:2002年11月、中期型にマイナーチェンジ!C型となる
館長:2005年6月、後期型にマイナーチェンジ!F型となる
館長:ちなみにー
館長:2006年6月、一部改良で最終のG型へ

T学芸員:小変更も合わせて「G」まで改良を加えていたんだ
K学芸員:スバルの意気込みが伝わりますね

K学芸員:単に売れなかっただけ、かもしれませんが(汗
T学芸員:タイトルは、『Peter Solberg WRC Subaru Touge Attack Part 1』
館長:理由はそっちかなぁ、、、
T学芸員:動画の方は、WRCドライバーズ・タイトルを獲得したペター・ソルベルグ選手の登場
K学芸員:2003年のチャンピオンなんだ
T学芸員:2003年のチームメイトはトミ・マキネン選手
K学芸員:マキネンの動画

館長:2004年、初開催のラリージャパンの勝者はペター・ソルベルグ選手だよ
T学芸員:タイトルは、『Tommi Makinen's WRC Subaru on the Touge - Get Schooled by Makinen! - Hot Version International』
館長:マキネン選手本気の走り!?

K学芸員:日本で初めてWRCが北海道で開催されたのが2004年なんですね
館長:そんな動画ないのかなぁ?もっと探しましょう

K学芸員:タイトルが、『Sti vs WRC』
館長:ラリージャパン見てみたいな
T学芸員:いま、探してますよー!



T学芸員:タイトルは、『Subaru Impreza WRC in 2004 World Rally Championship』
館長:スバル、2004年シーズンのWRCを語る!?
K学芸員:お勉強になりまーす
館長:ラリージャパン見てみたいなー
T学芸員:まだ、探してますよー!


T学芸員:ついに、ついにありました!!
T学芸員:これだぁ!!
K学芸員:動画タイトルは、『* PV 非売品 RALLY JAPAN 2004 ラリージャパンの感動が蘇る ファンと分かち合った感動の4日間 WRC インプレッサ スバル GDB』を最後に!

館長:ちょっと長いです<23分
館長:この動画を見ながら、お別れということで、、、

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪



   

スポンサーサイト

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.234>Part 6 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_21
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_22
──── 2003年の世界ラリー選手権のインプレッサ WRC

 2003年シーズンの世界ラリー選手権を戦うマシンは「インプレッサ WRC 2003」。
チーム名は「555スバル・ワールドラリーチーム」、使用タイヤは「ピレリ」。
ドライバーは車番「7」の ペター・ソルベルグ と車番「8」の トミ・マキネンを擁す。
●2月7日 - 9日/ウッデホルム・スウェーディッシュ・ラリー
・・・2位:トミ・マキネン
●4月11日 - 13日/プロペシア・ラリー・ニュージーランド
・・・3位:ペター・ソルベルグ
●6月6日 - 8日/アクロポリス・ラリー
・・・3位:ペター・ソルベルグ
●6月20日 - 22日/キプロス・ラリー
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●8月7日 - 10日/ネステ・ラリー・フィンランド
・・・2位:ペター・ソルベルグ
●9月4日 - 7日/テルストラ・ラリー・オーストラリア
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●10月17日 - 19日/ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●11月6日 - 9日/ウェールズ・ラリー・オブ・グレートブリテン
・・・優勝:ペター・ソルベルグ、3位:トミ・マキネン

■ドライバーズ・チャンピオンシップ/ 1位:ペター・ソルベルグ、8位:トミ・マキネン
■マニファクチャラー・チャンピオンシップ/ 3位:スバル

PCM00334_23
──── 2004年の世界ラリー選手権のインプレッサ WRC

 2004年シーズンの世界ラリー選手権を戦うマシンは「インプレッサ WRC 2004」。
チーム名は「スバル・ワールドラリーチーム」、使用タイヤは「ピレリ」。
ドライバーは車番「1」の ペター・ソルベルグ と車番「2」の ミッコ・ヒルボネンを擁す。
●2月6日 - 8日/ウッデホルム・スウェーディッシュ・ラリー
・・・3位:ペター・ソルベルグ
●4月15日 - 18日/プロペシア・ラリー・ニュージーランド
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●6月3日 - 6日/アクロポリス・ラリー
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●6月24日 - 27日/ラリー・オブ・ターキー
・・・3位:ペター・ソルベルグ
●9月3日 - 5日/第1回 ラリー・ジャパン
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●9月16日 - 19日/ウェールズ・ラリー・オブ・グレートブリテン
・・・優勝:ペター・ソルベルグ
●10月1日 - 3日/第1回 スーパーマグ・ラリー・イタリア・サルディニア
・・・優勝:ペター・ソルベルグ

■ドライバーズ・チャンピオンシップ/ 2位:ペター・ソルベルグ、7位:ミッコ・ヒルボネン
■マニファクチャラー・チャンピオンシップ/ 3位:スバル

PCM00334_24


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.234>Part 5 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_17
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_18
──── インプレッサ WRC 2004 ラリーカーについて

 2004年シーズンの世界ラリー選手権を戦うマシンとして第3戦のメキシコラリーか
ら投入されたのがインプレッサ WRC 2004です。エンジンのパワーアップ、ボディの
軽量化、空力のリファインなど各部を熟成。ペター・ソルベルグ選手は第4戦、第6戦
と圧倒的な強さを見せて優勝。さらに初開催となった世界ラリー選手権第11戦ラリー
・ジャパンでも3日間を通してトップを守り抜き見事な優勝を飾ったのです。

PCM00334_19
──── インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

 日本のラリーファンが待ち望んだ世界ラリー選手権(WRC)が、2004年9月、北の
大地、北海道での開催が実現しました。初開催となるラリー・ジャパンの開催前日9月
2日のセレモニアル・スタートには5万人を超える観客が集まり盛上り度は最高潮に達
していました。大歓声を受け始まった9月3日の1日目、9つのスペシャルステージ(SS)
中の4カ所でトップタイムを叩き出したのが、インプ WRC2004 を駆るペター・ソル
ベルグ選手。道幅が狭いがハイスピードな特異なコースにライバルたちは手こずるなか
その勢いは2日目、3日目と衰えることなく、3日間を通して完璧な走りを見せ、見事、
その記念すべき初代優勝者にスバル・インプレッサ WRC の名が刻まれたのです。

PCM00334_20


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.234>Part 4 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_13
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_14
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車…その3

 2代目インプレッサの初期型は “丸目”、マイナーチェンジ後は中期型 “涙目” となり、
インプレッサ・シリーズの販売は若干改善されたようだ。しかし、スバルの販売目標に
は遠く及ばないものだった。 そのため、それからもスバルは毎年細かな小改良を続け
ながらインプレッサの熟成を続けていった。 そして2005年6月、スバルは誰も予想し
なかった2度目の大規模フェイスリフトを敢行した。
後期型となった2代目インプレッサは、スバル全車のブランドイメージの統一を図るた
め、「スプレッド・ウイングス・グリル」 を採用した。“涙目” から “鷹目” となった。
 2代目の顔のポイントは目なのだ。「丸目」 → 「涙目」 についで 「鷹目」となり
ました 。

PCM00334_15
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車…その4

 不人気な車種がフロントマスクを大幅に変更すること自体は近年珍しいことではな
い。ホンダでも日産でも、フェイスリフトにより売り上げが大きく向上したクルマも
少なくない。 大手術を受けた2代目インプレッサ、ここまでの大幅な顔の変化は、
オーナーにとっては自分のクルマがあからさまに旧型になってしまったようで、気持
ちいいものではないだろう。何より、スバル自身がそのデザインを失敗作と認めてし
まったも同然ではないか。しかし、売り上げは?五里霧中のスバルはこれ以上のマイ
ナーチェンジを避け、3代目へのフルモデルチェンジを2007年に行った。新たなコ
ンセプト「新快適スタイル」を提案、4ドアセダンと先代までに存在したスポーツワ
ゴンに代わって5ドアハッチバックの2モデルとなった。
どちらのモデルも全幅が1,700mmを超えるので3ナンバーとなり、全長も拡大しコン
パクトからミドルクラスへとクラスアップしたのだ。

PCM00334_16


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.234>Part 3 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_09
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_10
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車

 2代目インプレッサは、2000年8月にデビューする。独特の楕円形ヘッドライトを採
用し外見は大きく一新され、ボディは4ドアハードトップとワゴンの二本立てとなる。
中身はキープ・コンセプトで正常進化、外観のデザインで新型をアピールしようという
戦略か。 セダンは全車3ナンバーの4WD、エンジンは2000ccのNAとターボの2種類。
「WRX」というネーミングでスポーツ性を強調していた。
初代インプと同様で、セダンのターボモデルをベースにWRCに参戦、好成績を納める。
また自動車評論家の評価も高かった。

PCM00334_11
──── 2代目インプレッサ WRC のベース車…その2

 しかし、2代目インプレッサの営業成績は芳しくはなかった。
よく売れた先代から時代は流れていた。 スポーツカーのようなこだわりのクルマの人
気は陰り、実用性を重視したコンパクトカーと、流行り出したミニバンしか数が売れ
ない、いつの間にやらそんな面白味のない時代になっていた。 スバル自慢の“水平対
向エンジン”や4WDによる走りに対するこだわりは理解されにくくなり、クルマの売
れ行きを左右するのは、燃費や居住空間の広さ、快適さというものだった。
 スバルは、こうした本質的な問題からは目をそらし、販売不振の理由をその丸い目
をしたデザインに押しつけるように2002年11月、マイナー・チェンジを実行する。
フェイスリフトというようにフロント周りの“顔”が大きく変更された。 そのヘッドラ
イトの形状から、2代目初期型は “丸目”、このマイナーチェンジ後は “涙目” と呼ばれ
る。

PCM00334_12


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.234>Part 2 インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_05
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_06
──── スバル インプレッサ WRC2004(2004年)カタログ・スペック

■全長×全幅×全高:4340×1770×1390mm
■ホイールベース:2520mm
■車重:1230kg
■エンジン型式:EJ20
■エンジンタイプ:水平対向4気筒DOHC
■過給器:インタークーラー・ターボ
■排気量:1994cc
■最高出力:300ps/5500rpm
■最大トルク:60kgm/4000rpm
■駆動システム:4WD
■トランスミッション:6MT
■サスペンション:ストラット
■タイヤ:ピレリ

PCM00334_07
──── ワールドラリーカー

 ワールドラリーカー(WRカー)は、市販車両をベースとして大幅な改造を行った、
FIA世界ラリー選手権(WRC)用の競技専用車両のこと。
グループAの特例として1997年シーズンから導入されたWRカーは、継続した12ヶ月
間に25,000台以上生産された車種の派生車種であれば、ワイドボディ化、4WDへの
改造、リアサスペンション形状の変更、同一メーカー車に搭載されているエンジンへ
の換装やターボの付加など、大幅な改造を認められたものである。

PCM00334_08


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.234>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
Car Models File-No.234

PCM00334_01
Car Models File-No.234タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.276
『 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン(2004年・日本)

ラリーカーが続いてますne。
セリカ から インプレッサ へ、そして エスコート から インプレッサ に返ってきた。
今回のインプレッサはー、
一昨年、WRC公式ページで行われたスバル・インプレッサ歴代ラリーカーの人気投票
で堂々の1位となったクルマです。
わたしがこのインプレッサの外観で大好きなところが、ビッグサイズのリヤウイング
です。サンダーバード2号のようで好きなんですぅ。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00334_02
──── キットについて

●初開催となった2004年ラリー・ジャパンの記念すべき優勝車、スバル インプレッサ
WRC 2004のプラスチックモデル組み立てキット。
●スケール1/24、全長183mm、全幅75mm、全高60mm。
●04年型ボディの特徴をとらえてリアルにモデル化。
●Aピラー内側の補強板まで再現したロールケージ、シートなど室内も立体感あふれる
仕上がり。
●スプリッターを装着したリヤウイングは一体パーツ。
●スライドマークはカーNo.1、No.2の2種類を用意。

PCM00334_03
──── キットについて…その2

●ボンネットにエアアウトレットが開けられた迫力の表情をリアルに再現。フロントグ
リルからのぞく、V字型にマウントされたインタークーラーとラジエターの配置もリア
ルにその構造がよくわかる。
●コーナリング時にもダウンフォースを発揮すると言われる、スプリッターを装備した
大型リヤウイングは、独特のフォルムを正確に再現した一体パーツ。
●ルーフに立てられた5本のアンテナもパーツ化。
●車内の複雑に張り巡らされたロールケージはWRカーならでは。バケットタイプの
シート、消火器、スイッチがずらりと並んだセンターコンソールなどラリー装備満載の
室内を再現。

PCM00334_04


※参考:タミヤ/スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

Car Models File-No.234
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC2004 RALLY JAPAN

Car Models File-No.234 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】フジミの1/24 チェイサー4ドア&フェラーリF12のレビュー・製作記

プラモデル系動画を2本紹介しまーす♪

■1本目は、プラモ屋店長さんより

フジミ 1/24 チェイサー 4ドアセダン(X40系)
フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.173
X40型、これは初代チェイサーですね。俗に言うマークII三兄弟の“走り担当車”です。
ひっぱりタイヤ、八の字べったりタイヤ付きの族車仕様。
プラモ屋店長さんのレビューを聞いてみましょう♪


ちょ〜っと残念の多いキットのようですが、そこがフジミさんらしさなのか!?


■2本目は、なべさんより

フジミ 1/24 フェラーリ F12 ベルリネッタ
フジミ 1/24 リアルスポーツカー シリーズ No.033
キットの特徴。
●エンジンを再現
●ドアの開閉を選択することができる
●エッチングパーツ付き

おっ、完成したのですね。ワックス塗って、ピッカピカにしましょう♪
それにディスプレイの仕方も参考になりますね。


ワックスはタミヤの『つや出しコーティング剤 仕上剤』ですね。

それではー!
みなさん、模型作りを楽しみましょう♪

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】どっちが速いクルマなのか?…『vs』動画を2本紹介!

好きですねぇ<『vs』動画
2本いきましょう♪

■1本目…イタリアンスーパーカー vs ブリティッシュスーパーカー
ランボルギーニ・ウラカン vs マクラーレン・650S

まずスペック比較
ランボルギーニ ウラカン LP610-4
5.2リッターのV型10気筒NAエンジン、610ps / 8250rpm、4WD、1420kg。

マクラーレン 650S スパイダー
3.8リッターのV型8気筒ツインターボ、650ps / 7250rpm、MR、1330kg。

スペックの数字だけ見れば650Sですが、4WDのウラカンのスタートダッシュがいかほどか?
それでは「よーい、ドン!」


予想通りスタートダッシュでウラカンが逃げ切れるかとも思ったが、数字はウソじゃあなかった!



■2本目…ジャパニーズスーパーカー vs ブリティッシュスーパーカー
日産・GT-R NISMO vs マクラーレン・675LT

こちらもスペック比較
日産 GT-R NISMO
3.8リッターのV型6気筒DOHCツインターボ、600ps、4WD、1720kg。

マクラーレン 675LT
3.8リッターのV型8気筒ツインターボ、675ps、MR、1230kg。
500台限定

こちらも数宇では圧倒的に675LTが有利です。
車重も戦車GT-Rと500キロほどとめちゃくちゃ軽いですぅ。
GT-R NISMOに勝ち目はないのか?
勝機があるとすれば、やはり4WDを活かしたスタートダッシュですねぇ。
それでは「よーい、ドン!」


やはりロケットスタート決めたGT-Rが一歩前に、直に675LTの巻き返しが始まりました。
F1級スピードを誇るマクラーレンがやっぱり強いー!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】日産&トヨタの共演ドリフト and BMW M4の暴走ドリフト

美しく、そしてデンジャラス!?

今回はドリフト動画を2本ご紹介いたします。

その1
トーヨータイヤのコンセプトビデオです。
日産 GT-R とトヨタ 86 がどこかの工場の廃墟で砂埃を巻き上げて2台揃って美しく
ドリフトをキメる映像です。

1000馬力のGT-Rをドライブするのが川畑選手。
トヨタ 86をドライブするのは藤野選手。
この2人の美しいツインドリフトは、人生の素晴らしさ楽しさを表現しているのだそう。




その2
これは危険でクレイジーなドリフト映像です。
BMW M4 がロシア、モスクワの公道をドリフトしっぱなしで駆け抜ける危険な映像です。

丹念に洗われたゴールドM4。深夜のモスクワに繰り出したかと思ったら一般車が普通に
走っている公道をところかまわずドリフトしまくってます。

最後はタイヤから火花が飛んでますよー。
これは、ドリフトでタイヤの内蔵物であるワイヤーが出るほどつるつるになって、
アスファルトでスパークしながらもドリフトしちゃうんだな、この人は!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.233>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:博物館Car Models File-No.233は〜〜〜
館長:前回File-No.231初代セリカ、No.232インプレッサのラリーカーでしたがー
K学芸員:やっぱり、今回もラリーカーですか?
館長:激しく同意!
館長:WRC参戦に熱心なメーカー、ヨーロッパにも生産拠点を持つ米国メーカー
T学芸員:フォード、ヨーロッパ・フォードですね!?
館長:そうです、では、写真をお見せしちゃいましょう♪
MICHELIN-Pilot-FORD-ESCORT-RS-COSWORTH
K学芸員:フォード、、、、なに?
館長:日本には正規で輸入がなかったから、馴染みがないんだね
館長:フォード・エスコート RS コスワースです
館長:5代目のエスコートがベース、初代エスコートは映画「ワイルドスピード6」に出てた
T学芸員:ブライアン・オコナーが乗ってたブルーでホワイト・ストライプのクルマだぁ


館長:巨大なリヤウイングが目を引きます
館長:WRC参戦に必要なホモロゲーション獲得を目的に1992年より生産
館長:F1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによってチューンされたエンジンを搭載
館長:ベースのエスコートはFFで横置きエンジンだがー、、、
館長:ラリーカーは4WDで縦置きエンジンなのだー!

T学芸員:動画を探していますが、決定版的なモノを見つけましたよ
K学芸員:というか、これしか出てこない!?

K学芸員:1993年のWRCのツール・ド・コルス
T学芸員:タイトルは、『Ford Escort RS Cosworth - with pure engine sounds (WRC Tour de Corse 1993)』
館長:ミシェランカラーは走っていなかったか、、、?
T学芸員:う〜ん、映像が無〜い!
K学芸員:視点を変えて、ホモロゲを取得するための市販車を探そう♪
T学芸員:そ〜しよう♪
K学芸員:では、さっそく

館長:これはこれは、フォード・エスコート RS コスワース物語ですね
T学芸員:タイトルは、『Story van de Ford Escort RS Cosworth』
館長:まさしく!

K学芸員:このエンジン・サウンド、シビれます
館長:聞いてみたい

K学芸員:タイトルが、『Ford Escort RS Cosworth Turbo Anti-Lag Backfiring!!』
館長:パンパンいってるぅ
T学芸員:もう1本、コスワースが大挙して空ぶかし!
全員:ワァォー!



T学芸員:タイトルは、『X4 FORD ESCORT COSWORTH + X2 FORD SIERRA COSWORTH REVS,ACCELERATIONS,DONUTS,BACKFIRE,BURNOUT』
館長:シエラもいますねぇ
K学芸員:それでは最後の1本を!
館長:タイトルは『Nicomedes Pérez Ford Escort RS Cosworth - Shakedown FIALP 2013』
T学芸員:素晴らしい走りとサウンドを堪能ください


館長:それではそろそろ、、、
K学芸員:『FORD ESCORT COSWORTH MEGA SOUND !!!』を最後に!

館長:「!」が3つもつくわ!?
館長:爆発してるなぁ

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪



   

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 7 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_25
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_26
──── エスコート RS コスワース物語…その9

 フォード開発陣の血と汗と涙の結晶、エスコート RS コスワースのウリのポイント
をまとめています。次は4WDシステム。これもシエラからのキャリーオーバーですね。
ビスカスLSD装備のプラネタリー式センターデフと、リヤにもビスカス式のLSDを備
えていて、前後のトルク配分は34:66、リヤ強めです。これはベース車が後輪駆動で
あることを物語っています。FRゆえの自然な回頭性と強力なトラクションを合わせも
っているのだ。

PCM00333_27
──── エスコート RS コスワース物語…その10

 引き続き足回りを話しましょう。基本的にシエラからの流用ですね。サスペンション
形式はフロントにマクファーソン・ストラット、リヤにはセミ・トレーリングアームが
組み合わされています。アーム類を強化して、限界特性が極めて高いセッティングとな
っています。エスコートが他ラリーカーに較べて優位に立つ部分がもう一つ、それはホ
イールとタイヤサイズです。エスコートは8J-16インチという大径ホイールで、
225/45VR16タイヤを履くことができましたが、ライバルは6J-15インチのホイール、
195~205幅のタイヤしか装着することができなかった。グループNではホイール・タ
イヤのサイズ変更は認められていなかったため、セミスリックタイヤと組み合わせる
ターマックラリーで、エスコートはライバルを圧倒する速さを見せつけたのです。
もちろんホイールのサイズがデカい分ブレーキのサイズもライバルより大きかったのは
言うまでもない!

PCM00333_28
──── エスコート RS コスワース物語…その11

 いよいよ最後の項目!見た目の話です。エスコート RS コスワースの大きな特徴です。
当時のラリーマシンの中では最高の空力性能を誇る、風洞実験で磨かれた大胆な空力フ
ォルム。フロントの可変式チンスポイラー、ステーで支える必要がある程巨大な2枚羽
のリヤスポイラー。160km/hで200kgを超えるダウンフォースを生み出すということ
です。またトレッドが大幅に広げられ、幅の広いタイヤを納めるための張り出したブリ
スターフェンダーも大きな特徴ですね。しかし、これらは全てモノコックにスポット溶
接するという手法が採られているため、高いボディ剛性を実現しているのです。

PCM00333_29
──── エスコート RS コスワース物語…まとめ

 エスコート RS コスワースの中身がわかるにつけ、このクルマはグループBカーに限
りなく近い手法で造られていると。これはWRC参戦に対する当時のフォードの本気度
が伝わってきます。このマシンが低迷の80年代から再びWRCのトップ争いをするまで
にフォードを回復させた事実がその証です。

※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 6 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_21
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_22
──── エスコート RS コスワース物語…その7

 フォード開発陣の血と汗と涙の結晶、エスコート RS コスワースの最大のポイントは
…そもそも5代目エスコートはフロントに横置きのFFであり、Cセグメントすなわち中
型ハッチバック、小型セダンに属するクルマですが、重量バランスやクーリング性能、
整備性などを考慮して、熟成されたシエラ・サファイアRSコスワース4×4のコンポー
ネンツをまま使用できる縦置きエンジンレイアウトを採用したことである。

PCM00333_23
──── エスコート RS コスワース物語…その8

 エンジンの話をしよう♪エンジンはシエラから継承された「コスワースYBT」と呼ば
れるユニットである。イギリスの名門チューナーであるコスワースがチューニングした
名作「BDA」の血統を持つ1993cc直列4気筒DOHC4バルブターボエンジンである。
ターボチャージャーはギャレット・エアリサーチのT3/T4Bと呼ばれる大径ターボを採
用。水冷・空冷併用のツイン・インタークーラーを装備し、227ps/6750rpmと30.98
kgm/3500rpmを発生する。

PCM00333_24

※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 5 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_17
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_18
──── エスコート RS コスワース物語…その5

 フォードが「次世代ラリーカー登場までの中継ぎ」と考えていたシエラ・サファイア
RSコスワース4×4ではあったが戦闘力は良いものを持っていた。しかし、WRCの総合
優勝を成し遂げることができなかった。そして1992年に満を持してWRC制覇に向けて
送り出したクルマがエスコート RS コスワースなのだ。エンジン及び4WDシステムは
シエラからそのまま使用し、全長とホイールベースを短縮した。グループAカテゴリー
はボディ形状の変更が許されないが、ラリーフィールドで必要な改良をできるだけ盛り
込むことがデザイン開発のテーマだった。

PCM00333_19
──── エスコート RS コスワース物語…その6

 なぜに次世代ラリーカーのベース車にエスコートが選ばれたのか?
それは最も重要な課題であるボディサイズのクリア。全長約4211mm、ホイールベース
2550mmというコンパクトなボディなのだ。そしてファンにはこれが一番かな〜。
「エスコート」というネームですね。フォードのラリーカーにおいて極めて重要な名称
を復活させることは大きな意味があります。フォード開発陣の意地の見せ所、自信の表
れがエスコートだったのです。

PCM00333_20

※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 4 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_13
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_14
──── エスコート RS コスワース物語…その3

 グループAというカテゴリーでトップを争うのに必要なものは、2リッターターボ
エンジン、4WD、それにコンパクトなボディである!
フォードは80年代後半、この理想的なパッケージのラリーカーの開発に取り掛かる。
実際のラリーシーンでは、90年にシエラRSコスワースの四駆バージョンであるシエラ
・サファイアRSコスワース4×4が、フィンランドでWRCでデビューする。

PCM00333_15
──── エスコート RS コスワース物語…その4

 このシエラ・サファイアRSコスワース4×4は最高出力220ps、最大トルク29.5kgm
を誇るコスワースYBエンジンに4WDで、瞬く間に注目を集める。FRベースの4WDな
らではの高い運動性能、それにおとなしいエクステリアを纏った「羊の皮を被った狼」
的なシエラ・サファイアRSコスワース4×4は特にイギリスで人気が高い。
フォードではシエラ・サファイアRSコスワース4×4を「次世代ラリーカー登場までの
中継ぎ」と考えていたが戦闘力はあなどれない、ターマック、グラベルを問わず、時に
は王者ランチアやトヨタも脅かす速さを見せた。しかし、全長4495mmで、ホイール
ベースが2610mmという大柄な4ドア・ノッチバックセダンボディと設計の古いRWD
のシエラRSコスワースから受け継がれたセミトレーリングアーム形式の足回りがネック
となりWRCの総合優勝を成し遂げることができなかったのである。

PCM00333_16

※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 3 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_09
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_10
──── エスコート RS コスワース物語

 フォード・エスコートと言えば、思いつくのは映画「ワイルド・スピード6」でブラ
イアン・オコナー(ポール・ウオーカー)が乗って(飛んで)たことですね。初代のエ
スコートですけどね。このエスコートは1960年代末から1970年代前半にラリーカーと
して大成功を収めているのですが、今回のエスコートは5代目になります。エスコート
は代々、日本に導入されておらず、日本人には馴染みの薄いクルマではないでしょうか。
しかしコスワースのエンジンを持つなど、5代目も良いもの持ってるヤツなのです。
それでは5代目のお話を始めましょうか!?どこから話しましょうかねぇ。
まずは1986年のWRC、すなわち世界ラリー選手権のことから。。。
レギュレーションのグループBカテゴリーでは相次ぐ事故が起こってしまい、翌87年か
らはグループAをトップカテゴリーとして競われることになった。このグループAカテ
ゴリーの初年度のメジャーチームはランチア、アウディ、マツダ、それにフォード。

PCM00333_11
──── エスコート RS コスワース物語…その2

 ランチア・デルタHF 4WDはコンパクトなボディに2リッター・ターボエンジン、
4WDシステムを搭載する。アウディ・200クワトロはパワフルな2.1リッターのターボ
エンジン、そして4WD。マツダ323(ファミリア)は1.6リッター。フォードは旧式の
OHV 2.8リッターV6を搭載する4WDのシエラXR4と、RWDでコスワースチューンの
2リッターターボエンジンを搭載するシエラRSコスワースを使い分け。
一番はランチア。アウディは大きくて重い。マツダは排気量が小さすぎる。
しかし、グループAというカテゴリーでトップを争うのに必要なもの。
それは2リッターターボエンジン、4WD、それにコンパクトなボディであることは、
誰の目から見ても明らかである。

PCM00333_12

※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.233>Part 2 フォード エスコート RS コスワース

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_05
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_06
──── Escort RS Cosworth spec

<Overview>
■Manufacturer:Ford Europe
■Production:1992–1996
<Body and chassis>
■Class:Rally special
■Body style:3-door hatchback
■Layout:front engine Four-wheel drive
■Related:Ford Sierra RS Cosworth
<Powertrain>
■Engine:1,993 cc Cosworth YBT (1992-1994) turbo I4
      1,993 cc Cosworth YBP (1994-1996) turbo I4
■Transmission:5-speed Ferguson MT-75

PCM00333_07
──── Escort RS Cosworth spec…part 2

<Dimensions>
■Wheelbase:2,552 mm (100.5 in)
■Length:4,211 mm (165.8 in)
■Width:1,738 mm (68.4 in)
■Height:1,405 mm (55.3 in)
■Kerb weight:1,275–1,320 kg (2,811–2,910 lb) (Lux edition)
<Chronology>
■Predecessor:Ford Escort RS Turbo
■Successor:Ford Focus RS

PCM00333_08

※参考:Wikipedia:Ford Escort RS Cosworth

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.233>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

Car Models File-No.233

PCM00333_01
Car Models File-No.233タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.153
『 ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース 』 プラスチックモデル
組み立てキット。
ミシュラン パイロット フォード エスコート RS コスワース
(1994年・イギリス)


ラリーカーが続いてます。
セリカ から インプレッサ へ、そしてエスコートです。
ヨーロッパ・フォードとF1直系のエンジンビルダーとして名高いコスワースによって
チューンされたエンジンを搭載する。
外観では、2段に構えられたリヤウイング、大きく張り出したフェンダー、派手に迫り
出したフロントリップスポイラーが迫力があって模型映えしますねぇ。
それに、ミシュランパイロットのカラーリングも同様にラリーフィールドに映えます。

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00333_02
──── キットについて

 現在は、絶版中ですね。
他には、レプソル フォード エスコート RS コスワース
フォード エスコート RS(’94モンテカルロラリー優勝車) がありますが、
どちらも絶版継続中!
この タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ というのは、手軽にカーモデル作りを楽し
むためのシリーズです。世界各地で行われるさまざまなレースで活躍するレーシング
カーやツーリングカー、ラリーカーに加え、世界一流のスポーツカーや国産のスポー
ティーカー、さらに人気のレジャービークルや歴史に残るヨーロッパの名車や傑作車
などバラエティーに富んだラインナップが自慢なのだ。
ちなみに最新作は、フェラーリ FXX K で、No.343 なのだ!

PCM00333_03
──── ラリーカーの変遷

 1987年の世界ラリー選手権はグループA規定に移行し、ベース車両は継続した12
ヶ月間に5,000台以上の生産が義務づけられた。それに様々な改造規制が加えられて
市販車に近いものとなった。しかしハンドリングの向上とタイヤの性能が進化した
ことで、車両性能は落ちるどころか年々向上し、3年後にはグループBのマシンを凌
駕する速さを身に付けた。・・・・・
 DOHCターボに4輪駆動の組み合わせでは勝てるクルマが決まってしまう、、、、
ヨーロッパの自動車メーカーたちが不満をもらしたことから、レギュレーションが
見直されることとなる。
2リッター自然吸気エンジンを積む前輪駆動車によるフォーミュラ2ラリーカー、
その救済策となったのはそのクルマに特殊なレーシングパーツを付けてそのクルマ用
のキットとして追加公認を受ければ、より高性能なラリーカーに仕上げることできる。
そのキットを付けたラリーカーを「KITCAR(キットカー)」と呼び、グループA公認
車両の亜流として1995年に誕生したカテゴリー。だが、盛り上がりは見せなかった。
そこで、1997年からは『ワールドラリーカー(WRカー)』と呼ばれる新しい
レギュレーションに沿ったマシンによってWRCは争われた。

PCM00333_04


※参考:Wikipedia:フォード・エスコートRSコスワース

Car Models File-No.233
タミヤ 1/24 ミシュラン パイロット フォード エスコート
   RS コスワース

TAMIYA 1/24 MICHELIN Pilot FORD ESCORT RS COSWORTH

Car Models File-No.233 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】動いてるエンジンの内部が見えてしまったら、、、

動いているエンジンの内部が見えるって、すごくない!?

中学生でエンジンの仕組み自体は勉強しましたね!?
しかし、実際に動いているエンジンの内部を見る事はできません。

なので、コンピューターを使って3D映像を作るわけですね。
こんな感じのを!

3D movie - how a car engine works
メカニカルでかっこいいですね。
さらにエンジンの動きがよくわかります。
こんな感じで、エンジンは動くんだなぁ。
金属で囲まれた中身は見えないんだから、こうなりますね。


しかし、その常識をくつがえすスケルトン4ストエンジンができたのです。
このエンジンは、バルブをピストンの上ではなく横につけるという特殊構造によって、
透明な覗き窓から中の様子が見ることが可能になったのですよ。

それでは、本物のエンジンの動く様をご覧ください。

inside a running engine

どうでしたか?
エンジンはこんな風に動いていたのか〜!
しかし、3Dの方が仰々しくて有り難みがあったんだけど。
バルブ&ピストンの動きの速さが「軽さ」も見せてくれるからかなぁ。。。

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

【写真集】日産グローバル本社ギャラリーを見学!

4月10日のエントリーで、日産グローバル本社ギャラリーの展示車たち31車種
の車内ストリートビューを見ることができますよーって紹介しました。

行ってきましたー!
日産グローバル本社ギャラリー
ストリートビューでは手の届かないところを、この目で見てきました。

4月2日~5月31日まで、NISSAN GT-R 2017年モデルの展示イベント開催中です。
2007年の発売以来最大規模となるエクステリアやインテリアの変更に加え、新技術の
採用で、ドライビングパフォーマンスが大幅に向上。
まさに「深化」を続ける35GT-Rなのだ。
160512_nissan-global-gallery_35GT-R
今夏より販売開始を予定している
NISSAN GT-R 2017 年モデル(参考展示)
ちょっとレクサス LFA に似てるぅ?

160512_nissan-global-gallery_KPGC10
スカイライン2ドアハードトップ2000GT-R
1972年:KPGC10


160512_nissan-global-gallery_R33GT-R-LM
NISMO GT-R LM ル・マン公認用ロードカー
1995年:BCNR33

初めてお会いしました(嬉
ゲームでは、よく乗ってました。ノーマルカーの範疇なんですね。
ゲームというのは『グランツーリスモ』です。速いクルマです。

160512_nissan-global-gallery_sunny1200_01
ダットサンサニー1200 クーペGX-5
1972年:KB110


160512_nissan-global-gallery_sunny1200_02
「GX-5」の最後に付く「5」は直結5速マニュアルトランスミッションを意味する。

160512_nissan-global-gallery_sunny1200_03
富士スピードウェイで行われたTSレースに参戦し、1971~1974、1977、1979、
1980、1982年にシリーズチャンピョンになっている。

160512_nissan-global-gallery_sunny1200_04
レースでは130馬力にチューニングされたA12エンジンを搭載した。

160512_nissan-global-gallery_sunny1200_05
展示車は1972年の東京モーターショーに展示されたクルマです。

160512_nissan-global-gallery_sunny1400GX_01
サニー エクセレントクーペ 1400GX
1973年:KPB110


160512_nissan-global-gallery_sunny1400GX_02
展示車は、LZ14型エンジンを搭載したサニー エクセレントクーペの初戦となった
1973年日本グランプリ・TS-aクラスで優勝した北野元(きたの もと)選手のマシン。

160512_nissan-global-gallery_01
ここが日産本社!
日産グローバル本社ギャラリー

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ショッピング】2015年〜2016年前半の我が家にきたプラモデルたち。…Part 2

2日目の買い物リスト発表でーす♪

前回もお見せしましたが、台所がー、、、
1605_00_01
こんな具合!!

クズレそうだわぁ。
おー片付け、お片付け、しなきゃ。
さっそく、プラモデルの写真を撮って2階に運ぼーっと!

前回は6個のプラモデルを紹介しました。
ヒー、フー、ミー、、、まだありますよ。

■ひとつ目!
1605_07_tamiya-mazda-savanna-rx-7_01
タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7
TAMIYA 1/24 MAZDA SAVANNA RX-7
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.16、中古ショップで購入。
絶版ですね。希少なプラモデルです。
欲しい人、たっくさんいるんじゃ〜。
「サンルーフ SE リミテッド」という当時のサバンナ RX-7の最上級グレード。

1605_07_tamiya-mazda-savanna-rx-7_02
TAMIYA 1/24 MAZDA SAVANNA RX-7
モーターライズになっております。
デカールは使い物になるか?
昔のプラモデルは箱を開けても、買って良かったと思わせる演出が施されています。
それに引き換え現在のプラモデルは、そこに力は入っていません。
1/24スケールで4千円もするというのに。。。
一番の問題は、購入前に箱の中を確認することができない、という残念さに尽きる!

■次にいきましょう♪
1605_08_tamiya-ferrari-f50_01
タミヤ 1/24 フェラーリ F50
TAMIYA 1/24 FERRARI F50
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.160、どうして買ったのか?
2個目のF50です。!
これは、お店でよく見ますよ。
新品も手に入りますね。
しかし、私は中古ショップで購入しました。
フェラーリのプラモデルでは人気がイマイチのF50か!?
安かったんだぁ。。。

1605_08_tamiya-ferrari-f50_02
TAMIYA 1/24 FERRARI F50
いまさら情報ですが、このキットはオープンのバルケッタとクローズのベルリネッタ
のどちらにも仕上げることができます。


■つぎ♪
1605_09_aoshima-lamborghini-sesto-elemento_01
アオシマ 1/24 ランボルギーニ セスト エレメント
AOSHIMA 1/24 LAMBORGHINI SESTO ELEMENTO
アオシマ 1/24 スーパーカーシリーズ No.021、もちろん新品で購入。
実車は、20台のみ限定生産された。
2010年のパリ・モーターショーで発表された、ランボルギーニの次世代スーパーマシ
ンです。
これは、ランボルギーニ社の全面協力によりモデル化され、V10エンジンまで忠実に
再現れているのだ。

1605_09_aoshima-lamborghini-sesto-elemento_02
AOSHIMA 1/24 LAMBORGHINI SESTO ELEMENTO
完成を選べます…プロトタイプと量産モデルのコンバーチブルキットとなりまーす。
テールランプは着色済みパーツとなってます。
塗装と組立てやすさに注力したキットなのだ!
箱がブ厚いですよー、、、しかも、箱の紙が薄いよー!
箱がつぶれたぁ。。。

■つぎ♪
1605_10_hasegawa-honda-n360_01
ハセガワ 1/24 ホンダ N360(N2)
HASEGAWA 1/24 HONDA N360 [1969]
ハセガワ 1/24 自動車 HCシリーズ No.HC021、まだ新製品の範疇です。
「Nコロ」でございます。ホンダの軽の代名詞。
1967年より販売が開始された。2輪のホンダが4輪の分野に進出。
ホンダが初めて大量生産した軽自動車なのです。
低価格な高性能大衆車としてユーザーの心をつかみ、ベストセラーを記録した。

1605_10_hasegawa-honda-n360_02
HASEGAWA 1/24 HONDA N360 [1969]
II型SとII型スーパーデラックスとの選択式となっている。
両車の細かい違い…フェンダーミラー・マフラーカッター・ハンドル・メーターパネル
・シフトレバーの形状の違いや、リアの泥除けの有無・フロントグリルのフォグランプ
の有無といったところなどを正確に作り分けられるパーツ構成となっています。

■つぎ♪
1605_11_aoshima-celica-2000gt-rally_01
アオシマ 1/24 セリカ 2000GTラリー(RA20) '77 RACラリー仕様
AOSHIMA 1/24 CELICA 2000GT [RA20] '77 RAC Rally Ver.
アオシマ 1/24 ザ・ベストカーヴィンテージ No.旧070、発売と同時に購入。
新たに換装された「18R-G型エンジン」は、様々なツーリングマシンのチューナーと
しても有名な「シュニッツァーレーシング」の手によって1968ccまでスープアップさ
れ、245馬力を出すマシンとして生まれ変わりました
このマシンは「オベ・アンダーソン」と「ハンヌ・ミッコラ」の2人のドライバーに
託され、1976年のポルトガルで初出場2位となり、その後、同年の「1000湖ラリー」
ではミッコラが3位入賞、続く「RACラリー」ではアンダーソンが5位入賞と好成績を
残したモデルなのだ。

1605_11_aoshima-celica-2000gt-rally_02
AOSHIMA 1/24 CELICA 2000GT [RA20] '77 RAC Rally Ver.
このモデルは、記憶に新しい。
当1/24博物館では、「カーNo.2」を紹介。キットは「カーNo.8」を再現!
前後輪のフェンダー部やフロントスポイラー、フォグランプなどを再現したパーツが
付属。マッドガード用シートが付属。室内のラリー用無線器などのパーツが付属。
もちろん、ホイール及びタイヤともラリー仕様となっている。

■つぎ♪
1605_12_revell-bre-datsun-240z_01
レベル 1/25 BRE ダットサン 240Z
REVELL 1/25 BRE DATSUN 240Z
Revell 1/24など カーモデル No.85-1422、久しぶりにアメプラを新品で購入。
箱絵がいいですねぇ。これだけでも価値あり!
造形もいい味が出てます。
1/25なの?、もっと小さい感じがするが、、、

1605_12_revell-bre-datsun-240z_02
REVELL 1/25 BRE DATSUN 240Z
昔、ユニオンから販売されていたのだ。
しかし、もともとはレベルが作ったものだ。


■最後のサイゴ〜♪
1605_13_revell-firebird-funny-car_01
レベル 1/24 マクドナルド ファイヤーバード ファニーカー
REVELL 1/24 McDonald's Firebird Funny Car
Revell/Monogram 1/25 NHRA Funny Car Kit、中古ショップにて購入。
ドラッグレースカーです。
探していたんですよー。

1605_13_revell-firebird-funny-car_02
REVELL 1/24 McDonald's Firebird Funny Car
まだまだ詳しくないので、このキットからお勉強スタートです!



  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ショッピング】2015年〜2016年前半の我が家にきたプラモデルたち。

なんだか久しぶりー♪

調べると昨年 2015年の記録がありませんでしたね。
何も買わなかったか。。。

な・こたぁぁーありません!
怠けていたようですね(汗

整理していないプラモデルたちが台所で、、、、
1605_00_01
こんな具合!!

そろそろ邪魔になってきたので、倉庫へ移そうかと。。。

※倉庫なんて、持っていませんよ。ただ、2階の物置へ置き場を変えるだけー!

さぁー、写真を撮って記事にしよーっと!
1年半の間に購入したクルマのプラモデルたちです。
もっと買ったようにも思いますが、、、(大汗;

1階の台所に置いてあったモノを、
2階へ上げて、写真を撮って、整理して片付けよー

1605_01_fujimi-honda-integra-type-R_01
フジミ 1/24 ホンダ インテグラ タイプR
FUJIMI 1/24 HONDA INTEGRA Type-R
フジミ・ヤングタウンシリーズ No.10、最近はショップでは見ませんね。
これは中古ショップで購入した、希少なプラモデルなのです。

※ヤングタウンSERIESとは…
足回りや排気系、内装、ターボ車にはブーストコントロールなどライトチューニング
をイメージしたパーツ満載。スポーツマインドあふれるクルマの新シリーズです。

1605_01_fujimi-honda-integra-type-R_02
FUJIMI 1/24 HONDA INTEGRA Type-R
ホンダ インテグラ タイプRの特徴は…
☆レカロSP-Aシート付き。☆MOMOモデナ、NARDIレザーシルバーステアリング付き。
☆マフラーはフジツボのレガリススーパーTi,ST.MAYショットガン、A'PEX N1デュアル
の3種類が付いています。☆BLITZのターボブーストメーター、ブーストコントローラー
付き。☆タイヤはピレリーP-ZEROまたはブリジストンRE71POTENZAが付いてます。

これだけのオプションパーツが付いているのならお買い得ですねぇ
買ってよかった、ヤングタウンSERIES。

■次にいきましょう♪
1605_02_fujimi-nissan-sileighty_01
フジミ 1/24 RPS13後期型 NEWシルエイティ
FUJIMI 1/24 RPS13Late-type SILEIGHTY
フジミ・ヤングタウンシリーズ No.4、↑のインテRと同時購入。
これは、No.4と若いですね。シルエイティにも後期型があるんです!
これも希少だぁ。。。

1605_02_fujimi-nissan-sileighty_02
FUJIMI 1/24 RPS13Late-type SILEIGHTY
NEWシルエイティの特徴は…
☆レカロSP-Aシート付き。☆MOMOモデナ、NARDIレザーシルバーステアリング付き。
☆マフラーはフジツボのレガリススーパーTi,ST.MAYショットガン、A'PEX N1デュアル
の3種類が付いています。☆BLITZのターボブーストメーター、ブーストコントローラー
付き。

シルエイティには、インテRのようなタイヤの説明がありません。
ちなみに付いていたのは「DUNLOP」でした。

■つぎ♪
1605_03_aoshima-lamborghini-aventador-50aniversario_01
アオシマ 1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール 50周年アニバサリオ
AOSHIMA 1/24 LAMBORGHINI AVENTADOR LP720-4 50゜ANNIVERSARIO
アオシマ 1/24 スーパーカーシリーズ No.017、もちろん新品で購入。
実車は、ランボルギーニ創立50周年を祝した、全世界100台の限定モデルだ。
この場合、実車が希少だぁ。。。
↑写真のように限定モデルらしく、フロント&リアに大型のエアロを装備し、豪華な
インテリアもモデル専用となっている。

1605_03_aoshima-lamborghini-aventador-50aniversario_02
AOSHIMA 1/24 LAMBORGHINI AVENTADOR LP720-4 50゜ANNIVERSARIO
これは、ボディ・外装・内装などを新金型で製作している。
また、同シリーズのムルシエラゴSVで採用したドア開閉機構など、細部にわたり最新の
ギミックを採用した期待のキット。
エッチングに置き換えたくなりますが、前後のダクトは別プラパーツで構成され、塗装
に配慮したパーツ分割がなされています。
箱がブ厚いですよー、、、部品点数が多いということです。

■つぎ♪
1605_04_fujimi-honda-cr-x-delsol_01
フジミ 1/24 ホンダ CR-X デルソル SiR
FUJIMI 1/24 HONDA CR-X delsol SiR
フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.旧111、残っていた新品を購入。
近所に残る昔ながらの模型屋さん。
もちろん、おじいちゃん&おばあちゃんがやってまーす。
タバコも、駄菓子も自販機もありまーす。
これは何かの理由があって買ったモノですが、忘れてしまいました。
実車は、スイッチ操作のみで屋根をトランクルームに収納する『トランストップ』と
名付けられた電動オープンルーフを装備していました。
ホンダの希少なオープンモデルだったのです。

1605_04_fujimi-honda-cr-x-delsol_02
FUJIMI 1/24 HONDA CR-X delsol SiR
デカールにマスキングテープが貼ってありました。
これは、デカールを他のモノで使ってしまったようです。
店頭で見た覚えがありますね。手に入りやすいでしょうか?
実車は、まず見たことがありませんねぇ。
最後のCR-Xです。1997年に生産が終了しました。

■つぎ♪
1605_05_tamiya-mazda-roadster_01
タミヤ 1/24 マツダ ロードスター
TAMIYA 1/24 MAZDA MX-5 ROADSTER
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.342、発売と同時に購入。
いまさら説明も要りませんか。
カー・オブ・ザ・イヤーを総ナメですね。ワールドですからねー。
世界に誇るメイド・イン・ジャパン!
プラモデルだけじゃなく、実車も欲しいなぁ。

1605_05_tamiya-mazda-roadster_02
TAMIYA 1/24 MAZDA MX-5 ROADSTER
サイドウインドウのない、幌をたたんだフルオープン状態を再現しています。
マツダのエンブレムやドアミラー鏡面はインレットマークなので、美しく仕上がります。
それに、女性ドライバーのフィギュア付き。昔のタミヤのレースカーやスポーツカーには、
男性ドライバー(レーサー)のフィギュアが付いてましたね。
女性だなんて、丸くなりましたねぇ、タミヤさん!

■つぎ♪
1605_06_aoshima-hotrod-chaser-ht-2000sgs_01
アオシマ 1/24 チェイサー HT 2000SGS
AOSHIMA 1/24 HOTROD CHASER HT 2000SGS
アオシマ 1/24 ホットロッドシリーズ No.005、中古ショップにて購入。
珍しいハードトップのチェイサーです。このモデル以外に2ドアはありません。
丸目は初代のチェイサーで、当時のCMには草刈正雄が出てました。
これは、兄弟車のマークIIよりも若さや走りを狙っていたんですね。

1605_06_aoshima-hotrod-chaser-ht-2000sgs_02
AOSHIMA 1/24 HOTROD CHASER HT 2000SGS
ホットロッドにチューン。タイヤも前後でサイズが大きく違います。
ボディの炎のパターンは、塗るには難しいので、デカールで再現しています。
古いキットですので、造形はそれなりです。
しかし、初代チェイサーの2ドアは希少です。


今日はここまで!
前半分終了ということで。
残りは次エントリーで、、、


  

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】こんな動画はどうだろう?… 痺れる走りの アルファロメオ!

動画のタイトルは『Alfaholics GTA-R 270 onboard | evo Track Car of the Year』
この「Alfaholics」というのは、クラシック・アルファロメオをレストア、カスタム、
それを『ビスポーク』というそうですが、そのビスポークしたアルファロメオの販売を
手がけるイギリスにある会社。

販売するアルファの中で、非常に興味深いモデルが、「GTA-R」と呼ばれるモノ。
このRシリーズはとても魅力的なのです。例えばジュリアスプリントGTA-Rはオリジナル
のジュリアスプリントをベースにカスタム(ビスポーク)するのですが、なんでもありの
カスタムではなく、あくまでもオリジナルを尊重した”再デザイン”というスタンスで製作
しているそうです。

これはある意味シンガーポルシェと同じですね。

ビスポークで使用する部品などはオリジナルではないのに、だからといって決して別物で
もありません。エンジンの仕様から吸排気、サスペンション、内外装まで顧客の要望に応
えてくれます。映像を見ていただければわかりますが、その仕上がりのレベルの高さには
脱帽です。本当に美しいしとにかく音がいいです。イタリア車好きにはたまりません。

さて、いま、このサウンドを奏でながらジュリアスプリントが乗れるなら、、、

欲しいなぁ〜。

PCM00183_01
タミヤ 1/24 アルファロメオ ジュリア スプリント GTA(伊)

PCM00183_02
当博物館でご紹介していまーす!
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.83>
博物館<File No.83>Part 2 アルファロメオ GTA 1300 junior(伊)
博物館<File No.83>Part 3 アルファロメオ GTA 1300 junior(伊)
博物館<File No.83>Part 4 アルファロメオ GTA 1300 junior(伊)
博物館<File No.83>Final アルファロメオ GTA 1300 junior(伊)

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.232>no映像資料wo探そう♪

館長&学芸員:みなさん、こんにちは
館長:博物館Car Models File-No.232は〜〜
館長:前回File-No.231が、1976年のトヨタ初代セリカのラリーカーでしたね
K学芸員:もしかして、今回もラリーカーですか?
館長:はい! ラリーカーです
館長:富士重工が社名とブランド名を統一し SUBARU に社名変更するようですね
T学芸員:スバルのラリーカーだと、、、
館長:そうです、では、写真をお見せしちゃいましょう♪
subaru-impreza-wrc-s5-1999-spec-rallycar
K学芸員:インプレッサですね
館長:1997年に投入された2ドアボディのインプレッサです
館長:とくに今回の紹介するFile-No.232は、ライトポッドが付いてるので、
館長:写真を選びました、このラリーカーは実は売り物なんですよ
T学芸員:いくらなんだろ?


館長:この中古ラリーカーは、インプレッサ WRC S5 1999 スペックで、881万円なりっ!
館長:ちなみにこちらが、そのページです→中古レーシングカー・スーパーカー速報
館長:Subaru Impreza WRC S5 1999 spec rallycar.

T学芸員:動画を探していますが、決定版的なモノを見つけましたよ

K学芸員:マクレーのとんでもない走り!
T学芸員:タイトルは、『Subaru Impreza McRae WRC 1998』
館長:迫力あるねぇ、正確なドリフト、もっと見たいわぁ
K学芸員:ありますよ、これ見ちゃったらお腹いっぱいですよ
K学芸員:7分超えですよー!

館長:テクニック半端ないね
T学芸員:タイトルは、『Best of Subaru Impreza WRC97-2000 tarmac action - with pure engine sounds』
館長:ターマックアクション集ということでしょうか、、、

K学芸員:『SUBARU WRC3連覇 CM』なタイトル
館長:日本のCMでしょうか

K学芸員:日本語でした
館長:今回はどんどん動画を見ちゃいましょう♪
T学芸員:次はサウンドにこだわったか?
T学芸員:ライトポッド装着インプが冒頭に出てきます

K学芸員:タイトルが、『Subaru Rallysport Pure Sound [HD]』
館長:プシューッ、プシューッ!
K学芸員:プシューッ、プシューッ!
T学芸員:プシューッ、プシューッ!
全員:プシューッ、プシューッ!


T学芸員:素晴らしい戦績なのですね
館長:1997年は8勝を挙げ、3年連続メイクスチャンピオンに輝いたんだ
K学芸員:それで、先ほどのCMに繋がるわけですね
館長:2ドアボディは、個人的にも一番好きなインプレッサです
T学芸員:スバルWRC活動全盛期を象徴するマシンなのですね

館長:それではそろそろ、、、
K学芸員:『Subaru Impreza Rally Car Compilation Vol.3』を最後に!

館長:堪能しました

館長&学芸員:ご静聴ありがとうございました m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
館長&学芸員:またお会いしましょう♪
館長&学芸員:みなさま、安全運転でよろしくねぇ♪



   

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.232>Part 6 インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_21
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_22
──── 歴代インプレッサ人気投票

 WRC.COMはウェブサイト上で、歴代スバル・インプレッサのラリーカーの中で最も
好きなモデルについてのアンケートを2014年に実施していたのですねぇ。
ちなみにエントリーのインプレッサのラリーカー歴代モデルは、、、
年の古いモデルから順にー、、、
グループA スバル インプレッサ 555
スバル インプレッサ WRC97
スバル インプレッサ WRC2001
スバル インプレッサ WRC2003
スバル インプレッサ WRC2008

個人的には、今回紹介している「WRC97」なんだけどなぁ。。。

PCM00332_23
──── 歴代インプレッサ人気投票結果!

第1位:スバル インプレッサ WRC2003………37%
第2位:スバル インプレッサ WRC97……………35%
第3位:グループA スバル インプレッサ 555…16%
第4位:スバル インプレッサ WRC2001………8%
第5位:スバル インプレッサ WRC2008………5%

そうだったかぁ、、、「WRC2003」でしたか。
当博物館で紹介したタミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.21>

PCM00332_24

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.232>Part 5 インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_17
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_18
──── あっちのインプレッサへGO!

 これまでに当博物館で取り上げたインプレッサの数々を紹介します。
あっちは、タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン です。
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.21>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.21>Part 2

PCM00332_19
──── こっちのインプレッサへもGO!

 さらにご紹介は続きます。
こっちは、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.170>
1/24 博物館<File No.170>Part 2 スバル インプレッサ 555 #4 RAC
1/24 博物館<File No.170>Part 3 スバル インプレッサ 555 #4 RAC
1/24 博物館<File No.170>Part 4 スバル インプレッサ 555 #4 RAC
1/24 博物館<File No.170>Part 5 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

PCM00332_20

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.232>Part 4 インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_13
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_14
──── 1998年の戦績…

 1998年の世界ラリー選手権(WRC)の戦績、第4戦のポルトガルと第6戦
のツール・ド・コルスでコリン・マクレーが優勝、第 8 戦 アクロポリスラリー
でもマクレーが優勝している。第11戦のサンレモ・ラリーでは、ピエロ・リアッティ
とコリン・マクレーが2位3位と上位入賞を果たす。
残念ながらメイクスチャンピオンは三菱に奪われた。

PCM00332_15
──── コリン・マクレー(1968年8月5日 - 2007年9月15日)

 ラリードライバーのコリン・スティール・マクレー(Colin Steele McRae)は、
イギリス(スコットランド)ラナーク出身。
父のジミー・マクレー、弟のアリスター・マクレーもラリードライバーである。
妻と2人の子供がいる。
リスクを恐れない攻めの走りと豪快なドリフト走行で世界的な人気を誇り、
「マクラッシュ(壊し屋マクレー)」の愛称で呼ばれた。
1995年の世界ラリー選手権(WRC)ドライバーズチャンピオン。
1996年は3勝、1997年は5勝を上げ、スバルのマニファクチャラーズタイトル3連覇
に貢献するも、ドライバー部門では三菱のトミ・マキネンに次ぐランキング2位にとど
まった。

PCM00332_16

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ
※参考:Wikipedia:コリン・マクレー

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.232>Part 3 インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_09
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_10
──── 555のインプレッサ

 インプレッサ WRC は、ボディサイドに「555」カラーのロゴタイプをまとう。
知ってるぅ?「555」って!
イギリスのロンドンに本社を置く、世界第2位のタバコ製造販売企業である
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(British American Tobacco Plc、LSE: BATS)
が持つタバコ・ブランドのひとつ、ステートエクスプレス555(State Express 555)
のこと。スバルのWRCワークスにスポンサードしていたのだ。
ただし、日本には輸入されていない銘柄なのです。

PCM00332_11
──── 1997年の戦績…

 WRC1997年シーズン、初戦のモンテカルロでピエロ・リアッティが、続く第2戦の
スウェーディッシュではケネス・エリクソンが優勝しました。第3戦のサファリでは
コリン・マクレーが優勝と、3戦連続勝利を果たした。この1997年は合計8勝を挙げ、
3年連続のWRCメイクスチャンピオンに輝いた。

PCM00332_12

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.232>Part 2 インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_05
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_06
──── ワールドラリーカー

 ワールドラリーカー(WRカー)は最低20台のキットパーツを製作すれば、2WD
からAWDへの駆動方式の変更、リアサスペンションの変更、2000台以上生産された
別系列のエンジンの移植などができる。
全長は5.0m、全幅は1770mm以内と決められた。
オーバーフェンダーの取り付けは自由だが、ドアの加工が許されない。
そこでスバルは2ドアモデルをベース車両に選んだのだ。
インプレッサのWRカーは1996年11月にワールドプレミアされた。

PCM00332_07
──── スバル インプレッサ WRC(1998年)カタログ・スペック

■全長×全幅×全高:4340×1770×1390mm
■ホイールベース:2520mm
■車重:1230kg
■エンジン型式:EJ20
■エンジンタイプ:水平対向4気筒DOHC
■過給器:インタークーラー・ターボ
■排気量:1994cc
■最高出力:300ps/5500rpm
■最大トルク:48kgm/4000rpm
■駆動システム:4WD
■トランスミッション:6MT
■サスペンション:ストラット
■タイヤ:ピレリ

PCM00332_08

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.232>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
Car Models File-No.232

PCM00332_01
Car Models File-No.232タミヤ 製の 1/24 スポーツカーシリーズ No.199
『 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様 』 プラスチックモデル組み立てキット。
スバル インプレッサ WRC モンテカルロ仕様(1998年・日本)

1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝いた
スバル インプレッサです。
インプは何度か、当博物館に登場してますがーーー、
モデルのボンネット先端にナイトステージに欠かせない4個のライトを配した
ライトポッドを装着。バンパーのフォグランプも合わせて迫力の6灯攻撃!?
それに2ドアボディはコンパクトに見え、さらにスタイリッシュときたもんだ!

ごゆっくりお楽しみください。

PCM00332_02
──── キットについて

●1997年の世界ラリー選手権のチャンピオンマシンに輝き、翌年も活躍を見せたスバル・インプレッサWRCのプラスチックモデル組み立てキットです。前後のフェンダーがワイドに張り出した迫力の2ドアセダンボディをはじめ、ロールバーを張り巡らし、ラリー装備を満載した室内も興味深く組み立てていただけるでしょう。
●ナイトステージに欠かせない4個のライトを配したボンネット先端のライトポッドは取り外し可能。バンパーのフォグランプもパーツ化して表情の変化も楽しみです。またタイヤは独特のパターンも正確に彫刻されたピレリの舗装路用をセットしました。
●全長:186mm
●パッケージサイズ:35 × 20 × 6.5cm
●重量:386g



PCM00332_03
──── ワールドラリーカー

ワールドラリーカー (World Rarry Car、通称: WRカー) とは、市販車両をベースとして大幅な改造を行った、FIA世界ラリー選手権(WRC)用の競技専用車両である。
…from Wikipedia


 DOHCターボに4輪駆動の組み合わせでは勝てるクルマが決まってしまう、、、、
ヨーロッパの自動車メーカーたちが不満をもらしたことから、レギュレーションが
見直されることとなる。
2リッター自然吸気エンジンを積む前輪駆動車によるフォーミュラ2ラリーカー、
その救済策となったのはそのクルマに特殊なレーシングパーツを付けてそのクルマ用
のキットとして追加公認を受ければ、より高性能なラリーカーに仕上げることできる。
そのキットを付けたラリーカーを「KITCAR(キットカー)」と呼び、グループA公認
車両の亜流として1995年に誕生したカテゴリー。だが、盛り上がりは見せなかった。
そこで、1997年からは『ワールドラリーカー(WRカー)』と呼ばれる新しい
レギュレーションに沿ったマシンによってWRCは争われた。

PCM00332_04

※参考:Wikipedia:スバル・インプレッサ

Car Models File-No.232
タミヤ 1/24 スバル インプレッサ WRC ’98 モンテカルロ仕様
TAMIYA 1/24 SUBARU IMPREZA WRC '98 Monte Carlo

Car Models File-No.232 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



   

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR