【ビデオ】ただぁ、、、カッコよかったのでーす!

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが桃の節句3月3日に〜、ジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアしたフェラーリ『488 GTB』。同車の公式映像が、ネット上で公開中でーす。
もう見た方も多いでしょうがぁ、もういっぺん見てちょーでぃや〜♪

ざっと『488 GTB』のこと、フェラーリの主力車種である「458イタリア」の大幅改良モデル。内外装などの大幅改良を機に、車名を458イタリアから、488 GTBに改名したのです。
この車名は、フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして、40年前に誕生した『308 GTB』へのオマージュなのです。

ミッドシップに搭載されるのは、新開発の3902ccでV型8気筒ガソリンターボエンジン。
ダーボの採用で排気量は従来の4.5リットルから600ccダウンサイジングしたのです。が〜しかし、最高出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgm/3000rpmを発揮しています。
排気量を縮小しながら、パワーは100ps、トルクは22.5kgmも上回っているのです。
7速トランスミッション採用で、乾燥重量は1370kg。488 GTBは0→100km/h加速を3秒、最高速は330km/h以上という優れたパフォーマンスを実現したのです。


Ferrari 488 GTB - Official video / Video ufficiale
スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】フォード!?がビーチでドリフトする『ビーチカーナ 1.0』を公開!

フォード・オーストラリアからのビデオ・メッセージをキャッチ!
ミニカーがビーチでドリフトするアニメーション映像を公開した。

『ビーチカーナ 1.0 〜オーストラリアの浜辺を大疾走』と題したこの作品の主演は、ドリフト・テクニシャンであるケン・ブロックならぬ"サン・ブロック(日焼け止め)"が操るのは実車のフォード「フィエスタ」ではなく1/43スケールのミニカーだが、走りのテクニックはケン・ブロックを上回る!?(笑
おなじみのドーナツターンを始め、ホッピングするカンガルーの下をくぐり抜けるシーンなど本家のファンなら思わずニヤリとしてしまう要素が満載です。


Beachkhana 1.0 - Wild on the Beaches of Australia

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】母は強しっ!ママがミニバンでドリフト送迎!

ママが華麗なドリフトを見せる映像、その名も『マムカーナ』を紹介します。

映像はママがミニバンで子供たちを学校に迎えに行った帰りに、郊外にある同社の店舗に立ち寄るという設定。
このミニバンはただのミニバンではないカスタムチューン仕様なのだ。550馬力のGM製LS3 V8エンジンを搭載し、後輪駆動に改造されたトヨタ「シエナ」(北米専用ミニバン)です。さらに大型のサイドブレーキが装着されたドリフト仕様となっている。

ちなみにこの映像のスポンサーは、米の大手靴チェーン店「フェイマス フットウェア」です。
フェイマス フットウェア

それでは、ママがガンバるドリフト映像をご覧ください。

Mom and Kids Drifting in a Minivan - Momkhana Famous Footwear

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.200>no映像資料wo探そう♪

館長:今回はCar Models File-No.200です!
学芸員A:200台目ですかぁ、、、
学芸員B:おめでとうございまーす
館長:めでたい、めでたい!
学芸員A:記念すべき200台目のクルマは?
館長:はい、「スズキ ジムニー 1300 カスタム」です!
学芸員B:45年の歴史あるクルマです
学芸員A:今回のジムニーは軽自動車ではなくて、普通車なのですね
SUZUKI-JIMNY-JA51_01

SUZUKI-JIMNY-JA51_02
スズキ ジムニー 1300 JA51型

館長:1984年11月に発売で
館長:カルタスに搭載されていた3気筒のG10A型エンジンに1気筒を足して
館長:排気量1300ccとなったG13A型エンジンを搭載したジムニー
館長:普通車、ジムニー初の5ナンバー車なのです
SUZUKI-JIMNY-JA51_03
スズキ ジムニー 1300 JA51型

館長:ジムニーは軽自動車としてスタートしています
館長:本格四輪駆動軽自動車、『日本の小型ジープ』と呼ばれ
学芸員A:小型ながらも妥協を感じさせない四駆本来の性能が人気の原因ですね
学芸員B:ラダーフレームにこだわり続けるブレない精神もね!
SUZUKI-JIMNY-JA51_04

SUZUKI-JIMNY-JA51_05
スズキ ジムニー 1300 JA51型

学芸員A:本来はオフロードでその実力は発揮できるんですよね
学芸員B:しかし、シティユースでも問題なくこなせて
館長:しかもオシャレに乗れちゃうんだよ
学芸員A:コンパクトな軽自動車だから、嫌味がないからでしょうか、、、?
SUZUKI-JIMNY-JA51_06
スズキ ジムニー 1300 JA51型

学芸員A:画像がなくて、、、(汗
館長:さらっと映像へ移りましょー
学芸員B:そうしましょう

Suzuki Samurai Off-Road

館長:海外名は「SAMURAI」なのね
館長:もう子供の泥んこ遊び
学芸員A:男子には、たまりませんわ!
学芸員B:遊びたーい!!

Farley quarry 20/5/07 suzuki sj water

学芸員A:ほぼ水中を走ってたんですけど、、、
館長:頑丈だね<ジムニー
学芸員B:日本でもやってまーす!

ジムニー JA51 V字ロック!

学芸員A:楽しいね
館長:道なき道を行く
館長:まさに、男のドラマ!
学芸員B:相棒にジムニーはぴったりですね〜!

ジムニー 地獄谷 V溝登り JA51 登りSさん下りTさん編 2014年12/14

館長:それではこの辺りで、、、
館長&学芸員:ありがとうございました
館長&学芸員:それではー、また会いましょう!

※館長:↓下の『はじめての中古ジムニー選び』 (メディアパルムック)を参考にしました



1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 7 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
PCM00300_25
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)
──── ジムニー 1300 JA51 カタログ・スペック

【フルメタルドア】
■エンジン形式:G13型水冷4サイクル直列4気筒
■総排気量:1,324cc ■最高出力:70ps/5,500rpm
■最大トルク:10.7kgm/3,500rpm ■ボア×ストローク:74.0mm×77.0mm
■サスペンション:リジットアクスル式半楕円リーフスプリング
■全長×全幅×全高:3,355mm×1,465mm×1,690mm
■ホイールベース:2,030mm ■トレッド(前/後):1,210mm/1,220mm
■車両重量:840kg

PCM00300_26
──── 最後にフジミのキットについて

●ステア機構すらない簡易キットです。●シャシーは足回り、ラダーフレーム、フロアの3パーツで構成され再現度は秀逸です。ジムニーファンならずともこの実車に忠実な立体感には驚かされることでしょう。ただしそのまま組むとボディに対してホイールベースが若干狂うので、足回りとラダーフレームの接着点をズラすことをオススメします。●幌パーツは透明パーツになっています。良心的なウィンドウマスキングシールが用意され、それを指示通りに貼り、外からつや消し黒を塗って剥がすと、角の透明曲面部分がしっかりと再現されるようになっているんです。●ボディはヒンジのボルトまで再現するという忠実ぶりです。ただ、海外向け「サムライ」ボディのため、ワイドフェンダー仕様となっています。
●しかしフジミは時折こういった素晴らしいキットを出しますねぇ。。。


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 6 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
ジムニー物語は最終章へ〜♪
PCM00300_21
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_22
──── ジムニー物語…その10

 1998年10月、さらに軽自動車の規格が改定されます。
原動機:660cc、車両寸法:全長=3400mm・全幅=1480mm・全高=2000mmというものです。
全長が10cm、全幅が8cm大きくなりました。これは衝突安全基準が厳しくなった事を受けての改定ですが、そのタイミングに合わせジムニーもフルモデルチェンジし、第3世代のジムニーの誕生となりました。
それが『ジムニーJB23型』です。
スズキ開発陣のこだわりでしょうか!?ジムニー伝統のラダーフレームと、前後リジッドアクスルサスペンションを継承しました。しかし頑丈なフレームなのに衝突時には脆いという難しい問題をクリアするために、衝撃吸収構造としたフレームやサスペンションなどを新設計して試行錯誤を繰り返し、オンロードでの操縦安定性と、オフロードでの走破性の向上を果たしたのです。

PCM00300_23
──── ジムニー物語…その11

 そして2013年に「ジムニーJB23型」は9型に、翌2014年8月には10型となりました。
ジムニーは日本の磐田工場とインドのマルチスズキの2工場で生産され、188の国と地域で愛される存在となっています。

ここまで愛されるジムニー。
そのジムニーの魅力とは何でしょうか?
デザインもあるでしょう、しかしここまで挙げきたように小型ながらも妥協を感じさせない一貫して四駆本来の性能を磨いていることでしょう。
付け加えますが、ここでいう性能とは快適性を求めるものではなくオフロードを中心とした走行性能を重視したもののことです。

PCM00300_24


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 5 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
ジムニー物語は第3章へ〜♪
PCM00300_17
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_18
──── ジムニー物語…その8

 軽自動車の規格改定に伴いサイズアップ!
1990年、長さ3.30m(幅1.40m、高さ2.00m)排気量660ccまで拡大、具体的な車体サイズとして全長が100mm延長されたのです。
この規格改定に合わせジムニーもフルモデルチェンジ!
最高出力を58psまでアップした『ジムニーJA11型』です。
当時はバブル時代ですから、悪路走破性能はそのままに、快適装備が次々に導入されました。
マイナーチェンジの機会ごとにパワステ追加、オートマチック追加などなど、4度繰り返し、最終型の5型で最高出力64psを達成させました。

PCM00300_19
──── ジムニー物語…その9

 『ジムニーJA12型、JA22型』の登場。
JA12型は“F6A”型エンジンを継承したジムニー。1995年にはジムニー史上初のツインカムターボの“K6A”型エンジンを搭載したJA22型が発売されました。
このK6A型エンジンは、2011年1月に“R06A”型エンジンが発表になるまで約16年に渡りスズキ軽自動車の中心的なエンジンとして君臨します。何より高回転型で高速域での快適性が格段によくなった事、オールアルミエンジンで非常に軽量で頑丈なところが受け入れられたのです。
さらにJA22型はジムニー初のコイルスプリングを採用して話題になりました。
乗り心地と路面追従性を大幅に向上させたのです。
こうしてジムニーは、時代の流れに乗りながら、多くの根強いファンと女性ユーザーをも取り込んで、スズキの代名詞としてその名を世界中に広めていったのです。

PCM00300_20


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 4 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
ジムニー物語は第2章へ〜♪
PCM00300_13
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_14
──── ジムニー物語…その5

 4サイクルエンジンの熱望、、、
1977年当時、ジムニーは国内のみならず、海外への輸出量も拡大していきました。
海外名は「SAMURAI」、勇ましい名前とともに出力アップも期待され始めます。
それまでのスズキには2サイクルエンジンしかありませんでした。出力アップを狙った4サイクルエンジンの要望が強くなったのです。そんな要望に応えてスズキは初の4サイクルエンジンである“F8型”を開発したのです。
F8型エンジンは、4気筒SOHCで排気量は0.8リッター、最高出力は41psでした。
ジムニーに搭載された型式は『ジムニーSJ20型』。またの名を『ジムニーエイト』と呼ばれたです。

新たなる大いなる力を手にいれたジムニーは、軽量ボディと相まってパワフルなクルマとして更なる人気を博すのです。

PCM00300_15
──── ジムニー物語…その6

 新しい流れ、それはデザイン。全く新しい衣装をまとった『ジムニーSJ30型』が1981年5月に登場しました。このSJ30型の特徴、すなわちデザインの方向性は、シティーユースでもアウトドアでもどのフィールドでも適合しうるクルマ。そのスタイリングは女性をも虜にする魅力的なもので、ジムニー発売以来の大ヒットを記録したのです。
この頃のジムニーのテレビCMは、それを象徴するようにブロンズヘアの女性が真赤なジムニーで砂漠を走って行く、、、というものでした。

もう一つ、違った意味でその名がジムニーの歴史に残ります。その理由はジムニー最後の2ストローク車なのです。SJ30型はファンの中でも非常に存在感の強いクルマだったのです。

PCM00300_16
──── ジムニー物語…その7

 ジムニー1300 JA51型が1984年11月に発売。
カルタスに搭載されていた3気筒のG10A型エンジンに1気筒を足して1300ccとなった“G13A型”エンジンを搭載。1気筒増えたにもかかわらず、シリンダーブロックにアルミを多用したことで約20kgの軽量化を実現。
これが普通車ジムニー初の5ナンバー登録(乗用)車となった。

 ジムニーにターボモデル登場!
海外を中心にエンジン排気量をアップさせながら進化を続けてきたジムニーです。国内では1986年、ターボエンジンを搭載した『ジムニーJA71型』が誕生します。JA71型は3気筒SOHCターボの“F5型”エンジンを搭載。
電子制御燃料噴射装置を搭載することで、非常に安定した走りを実現するとともにシャープな走りと低燃費を両立させたのです。足回り関係では、出力向上に合わせて、スタビライザーが導入されました。


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 3 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
400台目指して、ジムニーGO!GO!GO!〜♪
PCM00300_09
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_10
──── ジムニー物語…その3

 1年足らずの1971年には早くもマイナーチェンジを受ける初期型なのです。
最高出力が25psから27psに2馬力アップ!快適装備?の燃焼式ヒーターが追加されたのです。乗る人に優しい本格四輪駆動軽自動車を目指しています!ちなみにこの頃のテレビCMのキャッチコピーは『最前線志願』というジムニーの進化を標榜するものでした。

標榜するコピーのようにジムニーの進化はとどまることを知らない。
さらに翌年1972年にはまたも改良で、水冷エンジン搭載の『ジムニーLJ20型』が登場!
4人乗りやバンモデルなどモデル・バリエーションが増えました。

PCM00300_11
──── ジムニー物語…その4

 そして、そして名車が生まれます。
歴代ジムニー中の“名車”と言われたモデルが『ジムニーSJ10型』です。1976年のことです。
当時の軽自動車規格改定に伴い550ccに排気量アップされたエンジンは3気筒化され、最大トルクを5.3kgmに向上させました。
さらに、このモデルからメタルドアが採用されたのもファン作りに貢献しました。
ここに『第一世代』のジムニーが完成したのです。

PCM00300_12


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.200>Part 2 スズキ ジムニー

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目なのでーす!
ジムニーでよかったぁ〜♪
PCM00300_05
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_06
──── ジムニー物語

 いまから45年前の1970年の4月にジムニーは誕生した。
軽自動車でありながら本格四輪駆動として登場したのです。
ジムニーという名前には『ジープのミニ版』という意味が込められています。

『ラダーフレーム』に『高低2速の副変速機』を搭載したこのジムニーは、道を選ばない!
世の中は舗装された道ばかりではありません、山岳地帯や積雪地帯などあらゆる環境に負けることなく立ち向かう、その姿は世界中で目撃できます。世界では「ジムニー」じゃなく「SAMURAI」と呼ばれ愛されているのです。

ジムニーの歴史を見ていきましょう♪

PCM00300_07
──── ジムニー物語…その2

 ジムニーの発売当初の搭載エンジンは空冷2気筒2サイクルエンジンでした。排気量は360ccで最高出力25psでした。
初代ジムニーの型式はLJ10型と言います。なんと車重600kgですよ。現在じゃ考えられませんね。
ちなみにこの初代LJ10型は幌モデルのみというミリタリーさ、潔さがあるのです。
魅力的でしょー!?
この初代LJ10型は、浜松のスズキ歴史館で見る事がよ。是非一度足をお運びください!
スズキ歴史館のホームページはこちら→スズキ歴史館

PCM00300_08


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.200>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
Car Models File-No.200

記念すべき200台目の登場でーす!
パンパカパーン♪
PCM00300_01
Car Models File-No.200フジミ 1/24 インチアップシリーズ ID-70
『スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986』 プラモデル キットです。
スズキ ジムニー 1300 カスタム(1986年・日本)

PCM00300_02
──── キット箱の解説より

スズキ ジムニーはファッショナブルで経済的な4WDレジャーヴィークルとして登場しました。コンパクトなボディながらも高い動力性能を持ち、都会でもオフロードでも人気を博しました。キットはJA51型ジムニーにワイドフェンダーを取り付け、ソフトトップを装着したカスタム仕様となっています。
模型全長:138mm


PCM00300_03
──── キットの特徴は?

キットの特徴を箇条書きでまとめました…
●後部、幌部分(クリアーパーツ)の塗りわけに便利なマスキングシールが入っています。
●リアのスペアタイヤもしっかり再現されています。
●キットはJA51型ジムニーにワイドフェンダーを取り付け、ソフトトップを装着したカスタム仕様となっています。

PCM00300_04


Car Models File-No.200
フジミ 1/24 スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986
FUJIMI 1/24 SUZUKI JIMNY CUSTOM

Car Models File-No.200 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)1/24 インチアップシリーズ スズキ ジムニー 1300 カスタム 1986 (1/24 ID70)
(2010/04/08)
フジミ模型

商品詳細を見る


スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解スズキジムニーの40年の歴史―傑作マイクロ四駆のすべてジムニー国内・海外全モデル詳解
(2010/06/21)
二階堂 裕、ジムニースーパースージー編集部 他

商品詳細を見る


はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)はじめての中古ジムニー選び (メディアパルムック)
(2014/05/27)
(発行)SSC出版

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【映画】『ワイルド・スピード SKY MISSION』… FOR PAUL

観てきました〜♪
ハチャメチャ、ツッコミどころ満載で帰ってきましたカー・アクション・ムービーの金字塔
『ワイルド・スピード』シリーズ最新作
『ワイルド・スピード スカイミッション』

シリーズ7作目は4月17日に全国公開でした!
ferious7

ざぁ〜っとの映画紹介!
【解説&あらすじ】
オーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を倒し平穏な毎日を送っていたドミニクたちの前に、オーウェンの兄デッカード・ショウが弟の仇を討つべく現われる。元特殊部隊の暗殺者で一国の軍隊に匹敵するほどの力を誇るデッカードは、東京にいるドミニクたちの仲間ハルを襲撃。大切な仲間を奪われたドミニクたちは、圧倒的な強さを誇るデッカードに決死の戦いを挑む。ドミニク役のビン・ディーゼルや本作の撮影期間中に急逝したポール・ウォーカーらおなじみのキャストに加え、人気アクションスターのジェイソン・ステイサムがシリーズ最強の敵デッカード・ショウ役で登場。「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督を務め、空中からのダイブや超高級車を使用したジャンプなど、ド派手なカーアクションが連続する。

【スタッフ】
■監督:ジェームズ・ワン
■製作:ニール・H・モリッツ、ビン・ディーゼル、マイケル・フォトレル
■製作総指揮:アマンダ・ルイス
【キャスト】
ビン・ディーゼル:ドミニク・トレット
ポール・ウォーカー:ブライアン・オコナー
ジェイソン・ステイサム:デッカード・ショウ
ミシェル・ロドリゲス:レティ
ジョーダナ・ブリュースター:ミア


楽しい映画でした。
派手さ、カー・アクションの濃さはシリーズ最高傑作でしょー!?
上映時間138分ノンストップのアクション全開です。
シリーズを追うごとに登場車も派手に豪華に大勢になっています。
今作も話題のクルマ満載、覚えきれない嬉しさです。クルマ好きは必見なのは当然ですけど、非日常的なクルマたちは誰もが見るだけで楽しさがワイてくるでしょうね。
覚えているだけでも、、、
1968年型ダッジ・チャージャーR/T、2015年型ダッジ・チャレンジャーSRT 392、1968年型シボレー・カマロZ28、2014年型スバルWRX STi、ジープ・ルピコンX、2015年型ダッジ・チャージャー、マクラーレンP1、2014年型ダッジ・バイパー、フェラーリ458、ブガッティ・ヴェイロン、それにジャガーにアストン・マーティンとマセラティなどなど珠玉の魅力溢れるクルマたち。。。
これらのクルマたちが激走し、映画のタイトルさながら飛んだり? まぁ、よくもこれだけ現実離れなことを思いつくものだと、ある意味感心してしまうほど楽しい映画です。
ぜひ映画館で楽しんでいただけるとうれしいな♡♡
furious7-present
映画パンフレットの下の方に四角い「FF」のステッカーは来場者プレゼント

2013-Lykan-HyperSport_01
今作のとんでもないクルマ:ライカン・ハイパースポーツ
劇中ではライカン・ハイパースポーツが飛んでしまうのですよ♪
→アラブ首長国連邦の自動車メーカーであるWモーターズが製造販売しているスーパーカーであるライカン・ハイパースポーツ。エンジンはポルシェのチューニングカーメーカーとして知られるドイツのRUF社製の水平対向型6気筒ツインターボで、最高出力760馬力、最大トルク101.7kgmを発生し、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は395km/hという性能を誇ります。お値段なんと3億4千万円

映画の予告編を、、、

ワイルド・スピード スカイミッション最新映画予告編!wild speed sky mission new trailer

最後に『ワイルド・スピード スカイミッション』は主演のポール・ウォーカーの遺作となりました。映画スタッフたちは映画の最後で追悼の意味を込めてグッとくる映像を用意してくれました。観ている私たちもポールにお別れが言えるような演出を用意してくれてありがとう。
さようなら、ポール。
ありがとう、ポール。

ぜひ、映画館で!

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 23

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 23
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第23回目は、オーラスRally Replica特設会場のクルマたちです!

ここは、ラリーカーの特設会場です。
2015nat-05_007
インプレッサWRX-STi GDB-F

2015nat-05_008
インプレッサWRX-STi GDB-F
ペター・ソルベルグ仕様!

2015nat-05_009
インプレッサWRX-STi GDB-F

2015nat-05_010
インプレッサWRX-STi GDB-F

2015nat-05_011
インプレッサWRX-STi GDB-F
スバルは2007年、屈辱的な年間未勝利に終わった。

2015nat-05_012
インプレッサWRX RA STi GC8
1997年から導入されたWRカー規定に伴って2ドアクーペボディをベースに開発された新たなWRCマシン。グループAに比べて、車幅の拡大、サスペンションジオメトリーの変更、エンジン、エアロダイナミクスなど改造可能な範囲が広くなり、ブリスターフェンダーなどで武装したしてルックスもよりアグレッシブになった。

2015nat-05_013
インプレッサWRX RA STi GC8
ピエロ・リアッティのドライブによってデビュー戦のモンテカルロで勝利を飾るとその後立て続けに開幕3連勝を飾るなど圧倒的な強さを見せつけた。

2015nat-05_014
インプレッサWRX-STi GDB 痛車

2015nat-05_015
インプレッサWRX-STi GDB 痛車
最後のクルマが痛車ということで、来年も会いましょうねぇ♪





※独り言、、、
ほんとに調べるのが大変だった。。。
長い間お付き合いいただいて、ありがとうございました。

※予告、、、
うー、、、何にしよう?
燃え尽きたぁ。。。頭の中は「まっしろ」です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 22

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 22
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第22回目は、最終章1号館の7回目です!

これは、SATO AUTOのクルマです。
2015nat-04_050
SATO AUTO S15
ブログはこちら→SATO AUTO
ホイール出てる?ダメダメ!


2015nat-04_051
ROCKET BUNNY 180SX
シブーい!好きだなぁ。。。

2015nat-04_052
RED ☆ POWER
ホームページはこちら→326POWER
当たってない!?足回り注目!究極のネガキャン仕様。


ここで1号館は終了です。
へ出ましょー!
あれ〜、ここは、スバル?Rally Replica特設会場なのです。
2015nat-05_001
スバル インプレッサ WRC2001
インプレッサWRC2001は市販モデルのフルモデルチェンジに伴って再び4ドアセダンのボディとなります。

2015nat-05_002
スバル インプレッサ WRC2001
リチャード・バーンズがこのマシンを駆ってドライバーズタイトルを獲得するなど、2000年代前半の第二期黄金時代の幕開けとなったモデルです。

2015nat-05_003
<スバル インプレッサ WRC2001

2015nat-05_004
スバル インプレッサ WRC2001

2015nat-05_005
スバル インプレッサ WRC2001

2015nat-05_006
スバル インプレッサ WRC2001






※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。
やっと終わってくれるゥ?

※予告、、、
次回は、Rally Replicaスペシャル特設会場の2回目でー、そして最終回。
ここまでありがとう。あと1歩です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 21

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 21
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第21回目は、最終章1号館の6回目です!

スタートは、DSCC中部のブースからです。
2015nat-04_041
4代目 Z32フェアレディZ 後期型
ホームページはこちら→DSCC中部
D.S.C.C.とは「ダットサン・スポーツ・カー・クラブ」のこと。
日産フェアレディ系オーナーさんが集まるフェアレディ・ワンメイク・クラブです。
現在、約1350名の会員さんがおみえになるそうです。


DSCC中部さんは続く
2015nat-04_042
初代(4代目) Z32フェアレディZコンバーチブル
東京モーターショーにコンセプトカーとして展示されるが、その人気から市販要望が殺到。1992年にフェアレディZの派生車種として発売!

2015nat-04_043
6代目 Z34フェアレディZ
2008年登場モデル。スカイラインにも採用された3.7リッターVVELエンジンを搭載し最高出力は336PS。

2015nat-04_044
5代目 Z33フェアレディZ
2002年登場モデル。排気量は3.5リッターで最高出力は当初280psだったが最終的に313psまで行った!


ここは、AX(アックス)のブースです。
2015nat-04_045
ラングラー 2ドア ルビコン リフトアップ カスタム
ホームページはこちら→AX(アックス)
展示演出が良かったですね〜。写真にはありませんが、右には赤いルビコン、左に白いルビコンを配置していました。


ここからは、アズールモータースポーツのブースです。
2015nat-04_046
2015y CADILLAC ESCALADE
ホームページはこちら→AZZURRE MOTORING

2015nat-04_047
2015y CADILLAC ESCALADE
アメリカンSUVがダイナミックでスタイリッシュになりました。


ここからは、326POWERのブースです。
2015nat-04_048
RED ☆ POWER
ホームページはこちら→326POWER
足回り注目!究極のネガキャン仕様をとくとご覧あれ!

2015nat-04_049
326POWER × U ☆ G FUGA
クーペ風フェンダーを装着!
これでドリフト走行も可能だそうで。。。





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の7回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 20

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 20
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第20回目は、最終章1号館の5回目です!
20回目かぁ、、、、もう終わるかなぁ。

ここは、ブームクラフトのブースです。
2015nat-04_033
GAYASUPA MOROGRAM
ホームページはこちら→BOOMCRAFT 029 MOTORING
こちらの外観を見ると、2008年以降のガヤルド・スパイダーですねぇ。LP560-4でしょうか?
元車カッコイイんですけどねぇ。。。超ド派手なラッピング!

ブームクラフトさんは続く
2015nat-04_034
MORCIELAGO BOOM-ED
全身ピンクのスゴいヤツ!

2015nat-04_035
MORCIELAGO BOOM-ED
専用ページはこちら→モロシエラゴ・BOOMCRAFT
ムルシエラゴじゃなくて「モロシエラゴ」だよー!

2015nat-04_036
MORCIELAGO BOOM-ED(back)
全身ピンクだけじゃぁなかった!なんと電飾付き!!


2015nat-04_037
PELLAT-FINET AVENTADOR RS
アヴェンタドールまでもがスカルの紋章を受け、華麗に変身したのです!

2015nat-04_038
PELLAT-FINET AVENTADOR RS

2015nat-04_039
PELLAT-FINET AVENTADOR RS(back)
後ろ姿は、意外にあっさり、、、?
超高音魂!世界初!マフラーエンド調整機能!純国産レーシングマフラー静音バルブ付き。


ここは、DSCC中部のブースです。
2015nat-04_040
3代目 Z31フェアレディZ
ホームページはこちら→DSCC中部
D.S.C.C.とは「ダットサン・スポーツ・カー・クラブ」のこと。
日産フェアレディ系オーナーさんが集まるフェアレディ・ワンメイク・クラブです。
現在、約1350名の会員さんがおみえになるそうです。





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の6回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 19

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 19
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第19回目は、最終章1号館の4回目です!

ここは、Wacky mateのブースです。
2015nat-04_025
APEXデモカー トヨタ86
ホームページはこちら→APEXi
APEXオリジナルのN1エボリューションXマフラーをはじめN1ダンパーやインテークDプラスなどを装着。サーキット走行での評価は高い!


ここは、WEBER Sportsのブースです。
2015nat-04_026
Z34 ZENITH LINE MODEL(Left side)
このクルマもノーズが尖っています。インパクトある顔付きです。こってり濃いソース顏!


2015nat-04_027
Z34 ZENITH LINE MODEL(Right side)
ホームページはこちら→WEBER Sports
テッペンがカーボンルーフになっています。それに極限まで下げた車体。クオリティが高いのでしょう。


ここからは、ガレージ イルのブースです。
2015nat-04_028
GECKO U4th 零号機
ホームページはこちら→GARAGE ILL
ハンサムな最新アウディTTのエアロです。スポーティな雰囲気が出ています。

2015nat-04_029
GECKO U4th TTQ' 初号機
写真、失敗してボケてるわけじゃないよー。リアが急に上下運動するんだもの。車高調仕様なの!


ここは、エアリアルオートワークスのブースです。
2015nat-04_030
Scion FR-S
ホームページはこちら→エアリアルオートワークス
※ホームページがアメコミしてるゥ〜大丈夫かな?
写真の86は零戦をイメージしているそうですが。。。

2015nat-04_031
Scion FR-S(side)
ほ〜ら、ボディの下部に「ZERO FIGHTER」って書いてあるでしょ!?


ここは、ブームクラフトのブースです。
2015nat-04_032
GAYASUPA MOROGRAM MAYUYU
ホームページはこちら→BOOMCRAFT 029 MOTORING
これ、ガヤルド・スパイダーだよ。
クルマがわからないくらいの超ド派手なモノグラム・ラッピング!





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の5回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 18

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 18
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第18回目は、最終章1号館の3回目です!

ここは、フジムラオートのブースです。
2015nat-04_017
フジムラオート ZC6 ”みっちゃん号”
ホームページはこちら→Fujimura Auto
フロントバンパースポイラー・サイドフリッパー・リアディフューザー・ジェントルサウンドマフラー・オールチタンエキマニ・オールチタンタワーバー&補強バーなどフル装備!スタイリッシュなデザインとジェントルなサウンドを持つ

2015nat-04_018
フジムラオート ZN6 ”まもぉ号”
ノーズがスラッと伸びていて、86とは随分と印象が変わりますね。いいねぇ〜。


ここは、OkuboFactoryのブースです。
2015nat-04_019
OF Z33 フェアレディZ
ブログはこちら→OkuboFactoryのブログ
光が当たりすぎてわかりにくいかもしれませんが、すっごいワイドフェンダーしております。迫力ゥ〜。


ここからは、VOING Brakeのブースです。
2015nat-04_020
ROCKET BUNNY SILVIA S13
ホームページはこちら→VOING Brake
この迫力わぁ、有無を言わさずシャッターを押していますね。

2015nat-04_021
ROCKET BUNNY 180SX
艶消し紫ですよ〜ん<この180SXも強烈なインパクトがあった!


ここは、LX-MODE JAPANのブースです。
2015nat-04_022
86 クロスオーバー
ホームページはこちら→LX-MODE JAPAN
LX-MODEとエドウィンがコラボレートしたハイリフト仕様。


ここは、ガレージ 伊藤のブースです。
2015nat-04_023
開発車両1号車
ホームページはこちら→ガレージ 伊藤


ここは、Wacky mateのブースです。
2015nat-04_024
Wacky mate R35GT-R
ホームページはこちら→Wacky mate
R35GTRに、ダンパーKIT&アルミホイール TE37 ultraを装着。





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の4回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 17

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 17
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第17回目は、最終章1号館の2回目です!

ここは、FUJITA ENGINEERINGのブースです。
2015nat-04_009
フジタエンジニアリング FD3S アフラックス ver. 5
ホームページはこちら→藤田エンジニアリング
フロントカウル・ボンネット・フロントフェンダー・サイドステップ・リアフェンダー・リアカウル・ヘッドライト・テールランプ・インナーフェンダーなどフル装備!

2015nat-04_010
フジタエンジニアリング FD3S アフラックス ver. 2
シャープなデザインでダウンフォ-スを増やしオイルクーラー開口部を広げ冷却性能もUP!!


ここからは、ingsのブースです。
2015nat-04_011
ings N-Spec 86 & BRZ
ホームページはこちら→ings 86&BRZ

2015nat-04_012
ings N-SPEC Z34 FairladyZ
ホームページはこちら→ings Z34 FairladyZ
過酷なレースで磨き上げられ輝きを放つ洗練されたスタイリングはスタイリッシュな存在感を醸す。


ここからは、ガレージ 力のブースです。
2015nat-04_013
フェアレディZ Z33
ドアパネルを軽量なカーボン製に置き換えることで、片側10kgの軽量化を実現。
ホームページはこちら→ガレージ 力

2015nat-04_014
ノートニスモ
外観の特徴は3Dリアウイングとカーボンボンネット、ストリートからサーキットまでステージを問わないチューニングを目指す。


ここは、からくりはうすのブースです。
2015nat-04_015
K13 マーチ DEVISE
コンパクトカーならではの走行性を追及した、からくりはうすK13マーチ、こだわりあるパーツアイテムを多数装着。
ホームページはこちら→からくりはうす


ここは、フジムラオートのブースです。
2015nat-04_016
フェアレディZ34
ホームページはこちら→Fujimura Auto
スタイリッシュなフロントバンパースポイラーは冷却効率を向上させる設計。エアロボンネットはダクトを開けることで起こる剛性不足を防ぐため、独自の中空モノコック構造を採用、高速走行時のばたつきを抑えています。





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の3回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 16

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 16
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第16回目は、最終章1号館のスタートです!

こちらは、Rocky Auto のブースです。
2015nat-04_001
BNR32 ケンメリ GT-R

2015nat-04_003
R32スカイラインをベースに平成版ケンメリGT-Rを作ってしまった。
平成の車両をベースにすることにより旧車では考えられないオートエアコン、ラック&ピニオンのパワステ、マルチリンク、BNR32GT-Rをベースとすれば4WD化も可能だそうです。

2015nat-04_002
BNR32 ケンメリ GT-R
クルマの解説は→現代版ケンメリ GT-R の誕生

2015nat-04_004
ホームページはこちら→ロッキーオート


ここからはグロスファクトリーのブースです。
2015nat-04_005
Black G S15
艶消しブラックのボディにオレンジでアクセントがいいセンス。
ホームページはこちら→グロスファクトリー

2015nat-04_006
86
このオバフェンとヘラフラがカッコイイ!

2015nat-04_007
S14 シルビア
カスタムペイントのS14です。

ここはFUJITA ENGINEERINGのブースです。
2015nat-04_008
フジタエンジニアリング FD3S
ホームページはこちら→藤田エンジニアリング





※独り言、、、
うぅぅ、調べるの大変ダァ。。。

※予告、、、
次回は、1号館の2回目でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 15

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 15
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第15回目は、スーパーカー特設会場の6回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_036
ロータス エリーゼ


2015nat-03_037
LOTUS ELISE


このモデルはフェイズ3(S3)で2011年に登場しました。
2015nat-03_038
──── エリーゼをひと回り

エリーゼを大別すると、、、1999年〜2001年モデルを「フェイズ1」、2001年〜2011年モデルを「フェイズ2」、2011年以降を「フェイズ3」と呼んでいます。
フェイズ3の外観を見ると、、、フェイズ1から2のときほどのエクステリアの変化はありません。最大の特徴は、ウインカーが独立した4灯であったフロントフェイスが、すっきりとした2灯式になりました。細かく見れば、フロントラジエターのアウトレットやサイドのインテークも形状が変わっています。リアバンパー形状も変わってはいるのですが、全体のイメージは大きな変更ではないかなぁ。。。
個人的にはフェイズ3は好きですが、すっきりした代わりに没個性となりましたかね。

2015nat-03_039
【主要スペック】
ロータス エリーゼ 2011年モデル
■全長3800㎜ ■全幅1720㎜ ■全高1130㎜
■ホイールベース2300㎜ ■車重900kg
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:直列4気筒DOHC ■排気量:1598cc
■最高出力136ps(100kW)/6800rpm ■最大トルク16.3kgm(160Nm)/4400rpm
■変速機6速MT ■乗車定員2名


2015nat-03_040

スーパーカーコーナーは今回でおしまいです。




※独り言、、、
ちなみにロータス エリーゼ欲しいですか?
ロータス エリーゼ 2014年9月の新車価格は5,886,000円でした。
いかがです?

※予告、、、
次回は、最後の砦1号館へ突入でーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 14

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 14
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第14回目は、スーパーカー特設会場の5回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_030
フェラーリ 308GTB クワトロバルボーレ


2015nat-03_031
FERRARI 308GTB Quattrovalvole


2015nat-03_032
フェラーリ主力モデルV8ミド・ベルリネッタの始祖モデル


2015nat-03_033
──── クワトロバルボーレの理由

1981年にキャブレターから燃料噴射に移行し、これまでなかった排ガス規制の導入の結果、308GTBiはその前身である308GTBに対してパワーダウンを余儀なくされた。フェラーリはその解決策として、1気筒あたり4バルブ化することでエンジン性能の回復を図った。

2015nat-03_034
──── 308 と 308QV との違い

外観の違いを見てみよう。
ラジエターの熱気抜き用のスリムなルーバーパネルが備わるフロントリッド、エナメル製の小さなエンブレムをつけた電動ドアミラー、両端に角形ドライビングライトを備えたラジエターグリル、丸形から角形に変わったサイドマーカーライトなどが主な違いです。

2015nat-03_035
【主要スペック】
フェラーリ 308GTB クワトロバルボーレ
■発表年次:1982年〜1985年 ■生産台数:2,280台
■全長4230㎜ ■全幅1720㎜ ■全高1120㎜
■ホイールベース2550㎜ ■車重1275kg
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:90度V8 DOHC 4バルブ ■排気量:2926cc
■最高出力240PS/7000rpm ■最大トルク26.5kg/5000rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名
■最高速255km/h





※独り言、、、
1/24クルマ博物館のPRをしないとね♪
PCM00292_01
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB


PCM00292_02
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.192>
1/24 博物館<File No.192>Part 2 フェラーリ・308GTB
1/24 博物館<File No.192>Part 3 フェラーリ・308GTB
1/24 博物館<File No.192>Part 4 フェラーリ・308GTB
1/24 博物館<File No.192>Part 5 フェラーリ・308GTB
1/24 博物館<File No.192>Part 6 フェラーリ・308GTB


※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー6回目でーす。




Hot Wheels (ホットウィール) Ferrari (フェラーリ) 308 GTB Elite Edition 1/18 Red HWT6923 ミニカー ダイキャスト 自動車 (並行輸入)Hot Wheels (ホットウィール) Ferrari (フェラーリ) 308 GTB Elite Edition 1/18 Red HWT6923 ミニカー ダイキャスト 自動車 (並行輸入)
Hot Wheels

商品詳細を見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 13

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 13
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第13回目は、スーパーカー特設会場の4回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_024
フェラーリ 512TR


2015nat-03_025
FERRARI 512TR


大人気モデルテスタロッサの後継モデル
512TRの「TR」はテスタロッサの略号です。
2015nat-03_026
↑ナンバーまで「512」です、あっぱれだぁ。。。


2015nat-03_027
──── テスタロッサからの大きな変更

エンジン出力は428PSとなった。また分割式のフレームを一体式に改めたりエンジン搭載位置を30mm下げたりと、操縦安定性に関する改良が行われた。


2015nat-03_028
──── テスタロッサからの大きな変更…その2

リトラクタブルヘッドライトとルーバー越しの角型テールライトなど大半のデザインはテスタロッサを踏襲するもにでしたが、タイヤサイズはテスタロッサの16inから18inに大きく変更された。


2015nat-03_029
【主要スペック】
フェラーリ 512TR
■発表年次:1991年〜1994年 ■生産台数:2,280台
■全長4480㎜ ■全幅1976㎜ ■全高1135㎜
■ホイールベース2550㎜ ■車重1473kg
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:水平対向180度V型12気筒DOHC ■排気量:4943cc
■最高出力428PS/6750rpm ■最大トルク50.0kg/5500rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名
■最高速313.8km/h





※独り言、、、
1/24クルマ博物館のPRをしないとね♪
PCM00188_07
ロッソ 1/24 フェラーリ 512TR
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.88>

PCM00256_07
イタレリ 1/24 フェラーリ 512TR
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.156>

PCM00132_06
ロッソ 1/24 フェラーリ 512TR ドリドリ
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.32>


※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー5回目でーす。




EIDOLON 1/43 フェラーリ 512TR スペチアーレ 1994 ワインレッドメタリックEIDOLON 1/43 フェラーリ 512TR スペチアーレ 1994 ワインレッドメタリック
メイクアップ

商品詳細を見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 12

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 12
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第12回目は、スーパーカー特設会場の3回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_019
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ


2015nat-03_020
LAMBORGHINI COUNTACH 5000QV


比べてみよう前期型 or 後期型
違いは、アニバーサリーに似たブレーキダクト付きのサイドスカートが付いているか?付いていないか?
2015nat-03_021
↑これはどっち?

2015nat-03_014
↑こっちはどっち?


2015nat-03_022
クワトロバルボーレの理由
フェラーリから強力なライバルとなる「テスタロッサ」が現れた!
ランボルギーニは対抗するために採ったのは400ccの排気量アップと48バルブ化だった。


こちらは、87年以前の初期モデル と思われる。
2015nat-03_023
──── クワトロバルボーレの特徴

初期モデルのクワトロバルボーレでは、前/後フード、フロアにカーボン/ケプラーの複合素材が使用されている。これは後にアルミに変更されている。このほか、ホイールベースは50mm延長されていて2500mmとなっている。87年後期モデルとなると、後のアニバーサリーに似たブレーキダクト付きのサイドスカートが設定された。


【主要スペック】
ランボルギーニ カウンタック LP5000 quattorovalvole
■発表年次:1985年〜1988年 ■生産台数:632台
■全長4140㎜ ■全幅2000㎜ ■全高1070㎜
■ホイールベース2500㎜ ■車重1490kg
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:水冷60度V型12気筒DOHC48バルブ ■排気量:5167cc
■最高出力455PS/7000rpm ■最大トルク51.0kg/5200rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名
■最高速295km/h





※独り言、、、
1/24クルマ博物館のPRをしないとね♪
PCM00201_07
フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400

PCM00201_09
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.101>
博物館<File No.101>Part 2 ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)
博物館<File No.101>Final ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)

※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー4回目でーす。




ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)
(2015/09/30)
グッドスマイルレーシング

商品詳細を見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 11

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 11
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第11回目は、スーパーカー特設会場の2回目です!

スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_010
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ


2015nat-03_011
LAMBORGHINI COUNTACH 5000QV


2015nat-03_012
クワトロバルボーレ=quattrovalvole in Italian


2015nat-03_013
クワトロバルボーレの理由
フェラーリから強力なライバルとなる「テスタロッサ」が現れた!
ランボルギーニは対抗するために採ったのは400ccの排気量アップと48バルブ化だった。


こちらは、87年後期モデル と思われる。
2015nat-03_014
──── クワトロバルボーレの特徴

初期モデルのクワトロバルボーレでは、前/後フード、フロアにカーボン/ケプラーの複合素材が使用されている。これは後にアルミに変更されている。このほか、ホイールベースは50mm延長されていて2500mmとなっている。87年後期モデルとなると、後のアニバーサリーに似たブレーキダクト付きのサイドスカートが設定された。


【主要スペック】
2015nat-03_015
ランボルギーニ カウンタック LP5000 quattorovalvole
■発表年次:1985年〜1988年 ■生産台数:632台
■全長4140㎜ ■全幅2000㎜ ■全高1070㎜
■ホイールベース2500㎜ ■車重1490kg

2015nat-03_016
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:水冷60度V型12気筒DOHC48バルブ ■排気量:5167cc

2015nat-03_017
■最高出力455PS/7000rpm ■最大トルク51.0kg/5200rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名

2015nat-03_018
■最高速295km/h

クワトロバルボーレからエンジンのキャブレターがサイドドラフト(45DCOE)からダウンドラフト(44DCNF)に変更された。エンジンフード上のバルジで識別することができる。




※独り言、、、
1/24クルマ博物館のPRをしないとね♪
PCM00201_10
フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP400

PCM00201_08
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.101>
博物館<File No.101>Part 2 ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)
博物館<File No.101>Final ランボルギーニ カウンタック LP400(伊)

※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー3回目でーす。




ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)ランボルギーニ・カウンタック LP400 (レッド) (1/12スケール ダイキャスト製塗装済み完成品)
(2015/09/30)
グッドスマイルレーシング

商品詳細を見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 10

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 10
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第10回目は、スーパーカー特設会場

ここから、スーパーカー、スーパーカー がいっぱいだよー。
2015nat-03_001
スーパーカー特設会場全景


低〜っ!、ロータス ヨーロッパ でスタートです。
2015nat-03_002
LOTUS EUROPA SPECIAL


2015nat-03_003
サーキットの狼


2015nat-03_004
スペシャルの特徴
ピン・ストライプとシルバーにペイントされたサイド・シルがヨーロッパ・スペシャルの特徴なのです。


こちらは、風吹裕矢 のクルマです。
2015nat-03_005
──── 小型軽量のミッドシップ・スポーツであるロータス・ヨーロッパはスーパーカーか?

スーパーカーのカテゴリーに入るか否かについては議論が分かれると思うけど、デザイナーのジョン・フレイリングによる低く地を這うようなボディはスーパーカーだと思う。ロータスといえば、F1コンストラクターとしても伝統のあるレーシング・チーム。それが造った先進的なスポーツカーという意味でもスーパーカーの資格は十二分あると言えるだろう。


【主要スペック】
2015nat-03_006
ロータス ヨーロッパ スペシャル
■発表年次:1972年〜1975年
■全長3980㎜ ■全幅1635㎜ ■全高1079㎜
■ホイールベース2340㎜ ■車重664kg

2015nat-03_007
■エンジンレイアウト:ミッドシップ
■エンジン形式:直列4気筒DOHC ■排気量:1588cc

2015nat-03_008
■最高出力126PS/6500rpm ■最大トルク15.6kg/5500rpm
■変速機5速MT ■乗車定員2名

2015nat-03_009
■最高速210km/h

漫画「サーキットの狼」の少年ジャンプ連載はヨーロッパの生産終了間際に始まったのですねぇ。
スーパーカーブームにもちゃ〜んと名を連ねていました。




※独り言、、、
なんとかぁ!スーパーカーだからネ♪

※おまけ
ここの1/24クルマ博物館で紹介したヨーロッパはこちら↓
PCM00118_01
タミヤ 1/24 ロータス ヨーロッパ スペシャル

PCM00118_02
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.18>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.18>Part 2
こちらも見てくださいね。


※予告、、、
次回は、スーパーカーコーナー2回目でーす。




1/24 サーキットの狼シリーズNo.13 ロータスヨーロッパスペシャル 風吹裕矢1/24 サーキットの狼シリーズNo.13 ロータスヨーロッパスペシャル 風吹裕矢
(2015/03/31)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 9

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 9
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第9回目は、2号館の出口付近!

こちらは、FREEDOM LEGION のブースとなります。
2015nat-02_032
EXECUTIVE LINE W222S-Class
ホームページ→FREEDOM LEGION
ベンツSクラスをドレスアップするなら、、、金色のエンブレムが輝いてるゥ。


こちらは、ショウワガレージ のブースとなります。
2015nat-02_033
HI LIFT UP HUSTLER
迫力の4インチアップ!見た目に反してノーマルな乗り心地キープしているオンリーワン・ハスラー登場。
新作のDAYTONA KCXの15インチが装着されています。

2015nat-02_034
ジムニー
ホームページ→ショウワガレージ


こちらは、AVEST のブースとなります。
2015nat-02_035
SA 浜松 × AVEST 86
ホームページ→AVEST


こちらは、AMS のクルマです。
2015nat-02_036
ホームページ→AMS


2号館を後にして、1号館へ向かう途中、、、
スーパーカー見〜つけた!
2015nat-03_001
お楽しみは明日から、、、、ごめんなさい m(_ _)m





※独り言、、、
写真少なめで!助かったぁ♪

※予告、、、
次回は、待望のスーパーカーコーナーでーす。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 8

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 8
http://www.defend.co.jp
近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第8回目は、2号館を進んでまーす!

こちらは、ガレージデュアル のブースとなります。
2015nat-02_022
日産 シルビア S14

2015nat-02_021
日産 シルビア S14

2015nat-02_023
日産 シルビア S14
シザースドア!


この心臓の持ち主は???
あっ、「R」のエンブレムが見えてるかぁ。。。
2015nat-02_024
「R」「R」「R」「R」


こちらは、ガレージ ディフェンド のクルマです。
2015nat-02_025
日産 スカイライン BCNR33 GT-R DEFENDデモカー T04Zタービン
ホームページ→GT-R専門店 ガレージ ディフェンド


お次は、こちらのエンジンを載っけたクルマは「な〜んだ?」
2015nat-02_026
エンジンの中央に丸いエンブレムがぁ。。。わかっちゃた!?


こちらも、ガレージ ディフェンド のクルマです。
ということはGT-R!?
2015nat-02_027
日産 GT-R R35GT-R DEFENDデモカー HKS570KIT


こちらは、シェル エンジニアリング のブース。
さぁ〜このエンジンの持ち主はどなたでしょうか?
わぁ〜、、、これにも「BOXER」って書いてあるわぁ。
2015nat-02_028
ホームページ→シェル エンジニアリング

2015nat-02_029
シェルエンジニアリング 86 デモカー


こちらは、Street Special ガレージ八幡 のブース。
2015nat-02_030
日産 GT-R デモカー
ホームページ→Street Special ガレージ八幡

2015nat-02_031
ガレージ八幡600psチューンドGT-Rの実力は、富士スピードウエイで1分51秒でラップするそうです。





※独り言、、、
今日も追われてるゥ!誰か助けてェ♪

※予告、、、
次回は、2号館の4回目です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 7

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 7

近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第7回目は、2号館を進んでまーす!

こちらは、株式会社アーク のブースとなります。
2015nat-02_010
Lamborghini Murcielago
ホームページ→LEXANI JAPAN
LEXANI(レクサーニ)の新作ホイール「POLARIS」を履いたシルバーラッピング・ムルシエラゴ!

こちらは、ALESS のブース。
2015nat-02_011
トヨタ クラウンアスリート ALESSオリジナルエアロ
ホームページ→ALESS

2015nat-02_012
日産 GT-R プレミアムエディション
マットブラックでボディラッピング&BOSEのチタンマフラー装着!


こちらは、Forte のブース。
2015nat-02_013
トヨタ クラウンアスリート Forteスペシャル
ホームページ→Forte


こちらは、Jmode のブース。
2015nat-02_014
DAIHATSU COPEN
新型のコペンと言っても先代同様どこがボテっとしたところがありましたが、サイドから見て非常にスマートな印象を持ちました。単純にカッコいいと感じました。

2015nat-02_015
ブログ→Jmode
こう見ると、ちょっとC7コルベットしている後ろ周り。


こちらは、アヴァンツァーレ のブース。
2015nat-02_016
BLACKxGREEN Demo-Car
ホームページ→AVANZARE


こちらは、GARAGE-Z1 のブース。
2015nat-02_017
エブリィ アゲアゲ軽視庁仕様
ホームページ→GARAGE-Z1


ここからは、DSCC中部 のブース。
2015nat-02_018
ホームページ→D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・クラブ)
フェアレディZ Z31

2015nat-02_019
Z31はフェアレディZの3代目となります

2015nat-02_020
Z31は“マッチ”のイメージがあるなぁ。。。マッチって近藤真彦さんのことです。
乗ってましたよね?





※独り言、、、
調べるのが大変ダァ!誰か助けてェ♪

※予告、、、
次回は、2号館の3回目です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2015・Part 6

【写真集】名古屋オートトレンド2015 ・Part 6

近年では地区最大?のクルマ・イベントですかねぇ。
期待もふくらむオートトレンドへ今年も行ってまいりました♪
<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2015
■会期:2015年2月28日(土)・3月1日(日)
■時間:両日とも10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
<実績>
■来場者数:2月28日(土)……79,765人 天候:晴れ
      3月1日(日)……95,688人 天候:雨
■会期中合計:175,453人

調べてわかる範囲でコメント入れます!
ごゆっくりお楽しみくださーい。




第6回目は、2号館に入りまーす!

こちらは、REVORIX のブースとなります。
2015nat-02_001
REVORIX CORVETTE C7
ホームページ→REVORIX
C7、あったらしいコルベットです。
ベースのコルベット・スティングレイもトランスフォーマー的ですが、このエアロでさらにロボット顏になってる?

2015nat-02_002
C7コルベットのパフォーマンスを引き出すレーシングホイールが特徴的!


ここからは、eS4 のブース.
eS4=エスフォーは、ヨーロッパ車(euro)をベースに、スポーツ(SPORT)、スタイル(STYLE)、サウンド(SOUND)、スティミュラント/刺激(STIMULANT)の 4つのSを加えたユーロ・オートモーティブマガジンです。
ホームページ→eS4
2015nat-02_003
euro magic Golf7
ホームページ→euro magic

2015nat-02_004
BMW135i with ロケットバニー製180SX用オーバーフェンダー
ホームページ→ignition MOTOR GROUP

2015nat-02_005
BENZ G-class フルラッピング

2015nat-02_006
BMW F06/M6グランクーペ
ホームページ→macars

2015nat-02_007
SAccess “1st” Concept MC STRADALE
ホームページ→SAccess Total Car Shop

2015nat-02_008
PORSCHE 991 with KW AKRAPOVIC BBSmotorsport19インチ
フェイスブック→橋本コーポレーション


ここは、スペック! のブース。
2015nat-02_009
ホームページ→スペック!




※独り言、、、
調べるだけで手一杯ダァ!もうダメ〜♪

※予告、、、
次回は、2号館の2回目です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR