年末恒例♪ 今年の「映画」と「本」のこと…2014年

2014年の締めくくり、、、、

恒例・管理人は見た2014年の「映画」
2014年封切り映画で映画館で観賞したものを「★」、「☆」を使って評価しました。
■評価…★印の数で表しています。5点満点です。
★=1点、☆=0.5点

1月 トリック-劇場版-ラストステージ ★★★☆
1月 黒執事 ★★☆
1月 ジャッジ! ★★★☆
2月 ウルフ・オブ・ウォールストリート 字幕(R18+) ★★★★
2月 ラッシュ/プライドと友情 吹替(RG12) ★★★★
2月 エージェント:ライアン 字幕 ★★★☆
2月 キック・アス ジャスティス・フォーエバー 字幕 ★★★★
3月 ロボコップ 字幕 ★★★
3月 LIFE! 吹替 ★★★
4月 キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー 吹替 ★★★★
5月 キカイダー REBOOT ★★★
5月 X-MEN:フューチャー&パスト 字幕 ★★☆
6月 ニード・フォー・スピード 字幕 ★★★
6月 ラストミッション 字幕 ★★★☆
6月 オールユーニードイズキル 吹替 ★★☆
7月 GODZILLA 字幕 ★★☆
8月 るろうに剣心 京都大火編 ★★★
8月 トランスフォーマー/ロストエイジ 吹替 ★★☆
8月 LUCY/ルーシー 字幕 ★★☆
9月 頭文字D Legend1 覚醒 ★★
9月 フライト・ゲーム 字幕 ★★★
9月 るろうに剣心 伝説の最期編 ★★★
9月 ゲッタウェイ スーパースネーク 字幕 ★★★
9月 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 3D吹替 ★★★★
10月 猿の惑星:新世紀(ライジング) 3D吹替 ★★★☆
10月 まほろ駅前狂騒曲 ★★★
11月 エクスペンダブルズ3 字幕 ★★★
11月 紙の月(PG12) ★★★☆
11月 インターステラー 吹替 ★★★★
11月 フューリー 字幕 ★★★★☆
12月 ゴーン・ガール 字幕(R15+) ★★☆
12月 バンクーバーの朝日 ★★★
■総評
★印を見てみると4.5点が最多得点でした。
12月の『フューリー』です。
ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。監督はデビッド・エアー。目玉はシャーマンM4中戦車vsドイツ軍ティーガー戦車(現存する6台の中で唯一走行可能)の戦車戦。しかし、戦争というものは少年を1日で大人に変える恐ろしいタイムマシンであることがわかる。
続いて4点の映画が6本ありました。
2月の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』。
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。近年のディカプリオはいいな。すごく上手くなった。
2月もう1本『ラッシュ/プライドと友情』。
この映画はブログでも紹介させていただきました。F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化、F1のバトル・シーンは秀逸の出来。
2月さらにもう1本『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』。
これは、ヒット・ガールすなわちクロエ・グレース・モレッツちゃんの得票です!?前作では可愛かったのに、きれいに変身しちゃった!
4月の『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』。
『アベンジャーズ』でのニューヨークの戦いから2年後を舞台に、キャプテン・アメリカと暗殺者ウィンター・ソルジャーとの死闘を描くアクション大作。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスはさておいて、ブラック・ウィドー役のスカーレット・ヨハンソンが大好きです。お話も期待に反して面白かった。名優ロバート・レッドフォードが出演してます。
9月の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。
犯罪歴のあるメンバーによって構成された、マーベルコミックス発の異色のヒーロー集団を映画化したSFアクション。お話は意外に面白く、マーベルと侮ってはいけません。ただ、吹替版を観てしまいました。これが下手くそで大きな減点のポイントでした。字幕版をお勧めします。
11月の『インターステラー』。
『ダークナイト』、『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。新しい(現代)SF映画を観た感があります。深遠なテーマをはらんだ物語に加え、最先端VFXで壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写にも説得力があります。映画パンフレットが欲しくなる。
最悪だった映画は2点の9月の『頭文字D Legend1 覚醒』。
2013年に完結したベストセラーを誇るしげの秀一のコミックを原作にした、アニメ3部作の第1弾。
今までの『頭文字D』はどこいった?声優さんは変わってしまってるし、この作り変えって何の意味があるのかしら??とても3部作は持ちません。ごめんなさい、以降は観ません。
★3.5以上はオススメです!
※3D映画は2本観ました。3Dの必要を感じませんでしたけど、、、。
今年は32本。目標を40本にしてました。残念ながら達成できず(泣
面白い映画をくださ〜い♪
みなさんも映画館へ足をお運びください。


次は「読書」です!
今年の読書は23冊でした。昨年は34冊だったので、少なかったですねぇ。
この理由がわかる気がする、、、スマホに変えたせいだ!いかんなぁ。。。
個人的に、オススメ書籍をご紹介しますね。
■見方:書籍タイトル→著者→評価(映画と同じ)
(寸評)

平成経済事件の怪物たち 森 功 ★★★★
(日本経済の絶頂期からバブル崩壊によって奈落の底へ。平成時代を象徴する経済事件の怪物列伝です)
入門 統計学はこんなに役立つ 野口哲典 ★★★☆
(統計学をわかりやすく解説する、日経平均も伝染病の原因も、カップルの相性もじゃんけん必勝法も予測OK!)
020、ビッグデータでお客を呼び込め! ネットとリアル店舗連携の最前線 松浦由美子 ★★★★
(LINE、フェイスブック、スマホの位置情報機能など、ネットを駆使してリアル店舗に消費者を呼び込むのこと)
海洋堂創世記 樫原辰郎 ★★★☆
(「海洋堂」と聞いて、「食玩」を思い浮かべてるようじゃぁ、ダメ!「ガレキ」ですよー)
コップのフチ子のつくり方 古屋大貴 ★★★☆
(650万個突破!“コップのフチ子”の大ブレイクには、ちゃーんと理由があった!)
織田信長<天下人>の実像 金子 拓 ★★★☆
(大きく見えていた織田信長が小さく見える本)
“町内会”は義務ですか? 紙屋高雪 ★★★☆
(町内会は義務ではないよ)

来年も今年以上を目標に、観て!、読んで!、楽しませて!!


2014年も後数時間となりました。
みなさま、一年間おつきあいいただきまして誠にありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

1/24 博物館<File No.191 & 192> フェラーリ 250GTO & 308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192


1/24博物館はフェラーリが2台続いたので、「フェラーリ・ブラザーズ」撮影しとこー♪
PCM00292&291_01
▲ 右:Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

PCM00292&291_02
▲ 左:Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

PCM00292&291_03
右:フェラーリ 308GTB 左:フェラーリ 250GTO

PCM00292&291_04
右:フェラーリ 308GTB 左:フェラーリ 250GTO


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.192>Part 6 フェラーリ・308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_21
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_22
──── フェラーリ 308 GTB(1977年)カタログ・スペック

■ボディタイプ:クーペ
■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■全長×全幅×全高:4230×1720×1120mm
■ホイールベース:2340mm
■トレッド前/後:1460/1460mm
■車両重量:1090kg

PCM00292_23
──── フェラーリ 308 GTB(1977年)カタログ・スペック…その2

■エンジン形式:水冷V型8気筒2バルブ
■最高出力:255HP/7700rpm
■最大トルク:29.0kgm/5000rpm
■総排気量:2926cc
■ボアストローク:81.0mm×71.0mm
■圧縮比:8.8:1
■燃料供給:ウェーバー40DCNF×4
■最高時速:252km/h

PCM00292_24
──── フェラーリ 308 GTB(1977年)カタログ・スペック…その3

■ステアリング形式:ラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーンコイル+スタビライザー
■サスペンション形式(後):ダブルウィッシュボーンコイル+スタビライザー
■ブレーキ形式(前):ディスク
■ブレーキ形式(後):ディスク
■ホイール:ワイヤースポーク15インチ
■タイヤサイズ(前):205/70VR14
■タイヤサイズ(後):205/70VR14
■クラッチ:シングルドライプレート
■トランスミッション:5速 MT


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.192>Part 5 フェラーリ・308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_17
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_18
──── グラスファイバーだからこそ生まれたデザイン

1975年のパリ・サロン、待ち焦がれていたディーノ246GTの後継車が登場しました。ピニンファリーナのボディは明らかなウェッジシェイプを持ち、格子模様のラジエターグリルはアルミ製の角形、その上は半つや消しブラックのスリムなフロントバンパーです。このボディには、ディーノ246GTのデザインエレメントが見受けられます。たとえばドアにはエアインテークがあります。たとえばテールライトは丸形2連です。たとえば垂直のリアウィンドウは凹型に湾曲し、その左右をフィン状のサイドパネルが挟むという具合です。

PCM00292_19
──── グラスファイバーだからこそ生まれたデザイン…その2

308GTBはフロントリッドがアルミである以外、総グラスファイバー製ボディをまとっていたことは特筆すべきでしょう。ではデザインはグラスファイバーの採用でどう変わるのでしょう?曲がり率が複雑に変わったり、急角度で折れるラインは鋼板プレスでは実現が難しい。しかしグラスファイバーなら型さえあれば、どんな形状だろうと再現できる。デザインの自由度は相当に広がったはずです。ピニンファリーナはこの自由度を最大限に有効活用しました。鋼板ではできなかったことを最大限盛り込んだのです。308GTBの複雑な曲面変化と縦横に走る鋭いエッジは、それまでになかったモダンで美しいスポーツカーとして結実したのです。308GTBはグラスファイバーをボディの素材として用いた最初の生産型フェラーリであり、これまでのところ同社がこの素材を大量生産モデルに用いた唯一の例でもあるのです。

ちなみにファイバーと鋼板を見分けるには…グラスファイバー製ボディには、フロントウィンドウピラーとルーフパネルのつなぎ目があります。

PCM00292_20


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.192>Part 4 フェラーリ・308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_13
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_14
──── ライバルは「911」

フェラーリ308GTBは1975年のパリ・サロンとロンドン・ショーでデビューしました。当時、そのライバルと目されたいたのが「911」、ポルシェです。308GTBの先代にあたるディーノ246GTの時代からフェラーリは強敵911と戦ってきたのです。その強さを思い知っていたフェラーリが取った手段はスポーツカーの方程式に則って、スタイルと走りの両面で優位を取るということでした。

PCM00292_15
──── ライバルは「911」…その2

スタイルと走りの両面で優位に立つために、フェラーリはグラスファイバーのボディを採用したのです。308GTBのデザインはピニンファリーナで、スカリエッティが製作しています。エンジンは308GT4のV8を引き継ぎましたが、潤滑方式はドライサンプに変更しました。これによりエンジンを低く搭載することができるようになり、循環するオイル量も増えたことで冷却効率が上がりました。308GTBはデビューの2年後グラスファイバーボディを止めて、鋼板製のボディに切り替えました。その影響で重量増を招きます。その重量は175kg。反対な言い方をすれば、グラスファイバーボディの採用で175kgの軽量化に成功していたと。さらに希にみる美しいスタイルも同時に手に入れていたわけですね。

PCM00292_16


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.192>Part 3 フェラーリ・308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_09
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_10
──── 308GTB/GTSの進化

1981年には308GTB/GTSは、308GTBi/GTSiとなります。「 i 」って何?
当時の世界的な排気ガス規制に対応するため、ボッシュKジェトロニック・インジェクションを装備したのです。「 i 」とはインジェクションのことでした。しかし、排気ガス対策で214HPへと大幅なパワーダウンを余儀なくされたため、翌年には、4バルブ・ヘッドを備える新型エンジンが投入されました。2926ccと、これまでのと同じ排気量ながら、240HPを発生するもので、名前は308GTBクワトロバルボーレ/308GTSクワトロバルボーレとモデル名の最後に「クワトロバルボーレ」が追加されました。「クワトロバルボーレ(Quattrovalvole)」とはイタリア語で4バルブのことです。

PCM00292_11
──── 308GTBのV8エンジンのこと

308GTBは新設計のV8エンジンを積んでいました。このV8は市販車エンジン部門の責任者ジュリアーノ・デ・アンジェリス技師が設計したものです。その開発プロセスは理知に適ったものでした。彼は60年代末に自らが手がけた365GTB/4デイトナの60°V型12気筒エンジンの設計主要項をそのまま使い、まず365BB用の180°V型12気筒エンジンを仕上げて、返す刀でそれを90°V型8気筒エンジンに適用し効率的に仕上げたのです。

PCM00292_12


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.192>Part 2 フェラーリ・308GTB

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_05
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_06
──── V8フェラーリの始祖

フェラーリの主力モデルである8気筒ミッドシップ・ベルリネッタ。その最初のモデルとなるのが308GTBです。一足先にデビューしていた2+2モデルのディーノ308GT4のパワートレインを流用するものの、より高い動力性能を求められるベルリネッタモデルだけに、エンジンはドライサンプ化されその搭載位置も下げられた。その甲斐あって最高出力は308GT4の5馬力アップの255HPとなりました。

PCM00292_07
──── V8フェラーリの始祖…その2

1975年デビューの308GTBは生産ラインの関係から当初はFRP製ボディでした。1977年6月から一般的な鋼板をプレス加工したボディに変更されました。その年のフランクフルト・ショーで、米国で人気の高く登場を待たれていたオープンモデルのタルガトップのGTSがデビューしました。もちろん、人気を博したことは言うまでもありません。

PCM00292_08


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.192>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.192は、スーパーカー!
館長:『小さなフェラーリ』とは、登場時のキャッチコピーです
学芸員A:『V8フェラーリ』ですか?
館長:そう、その始祖です
学芸員B:わかりました、『フェラーリ308GTB
館長:正解!
館長:デビューは1975年
館長:2年遅れて77年には簡易オープンモデルの『308 GTS』がデビュー
学芸員B:アメリカでは人気が高かったんですね
学芸員A:ボディスタイルを見てみましょう♪
1984-Ferrari-308-GTB-qv_01
▲ 1984 FERRARI 308GTB QV…front

1984-Ferrari-308-GTB-qv_02
▲ 1984 FERRARI 308GTB QV…rear

学芸員A:年式が新しくてごめんなさい
学芸員A:見つけられなかったm(_ _)m
館長:308はロングセラーなんだね
館長:バトンタッチする328のデビューは1985年だから!
館長:もう一つ、『QV』ってわかる?
学芸員B:『クワトロバルボーレ』ですね
学芸員A:クワトロバルボーレの登場は1982年です
学芸員A:その前年に燃料供給装置をキャブレター式からインジェクション式に変更しています
館長:そう、年々厳しくなる排気ガス規制に対応するためだね
館長:エンジンヘッドを4バルブ化したモデルが『クワトロバルボーレ
館長:『Quattrovalvole 』はイタリア語で4バルブのこと
館長:それでは映像を探しましょう
学芸員:はいっ!
学芸員B:これはセンスが良いのでは?

Ferrari 308 GTB - Amazing Film
学芸員B:サウンド・映像共にハイグレード!
館長:いいねぇ
学芸員A:こちらにもサウンド・映像共にハイグレードなものがあります

SCC: Ferrari 308 GTB Vetroresina 1976 - Test drive in top gear -- GoPro
館長:甲乙つけがたいね
学芸員B:もう1本いきましょう♪
館長:どーれ

(HD) TIC: Ferrari 308 GTB 1977 - Test Drive in top gear -- GoPro footage!
館長:美しい映像だね
学芸員A:ハイデフィニション(HD)です
館長:そういうことですか
学芸員B:GTSの映像を見つけました
館長:それを最後としようか

1981 Ferrari 308 GTSI - ROBIN 1
学芸員A:館長、この映像を最後にしませんか?
館長:なになに?
学芸員A:サミー・デイヴィス・Jr.とディーン・マーティンとくれば、、、
館長:もしかして「あの映画」?
館長:フェラーリ308GTSと共に登場する?
学芸員B:なんですか?
館長:『キャノンボール』でしょ!
学芸員A:そうです
館長:それはいい、懐かしい
館長:お願いします

Cannonball run OP+おまけ
学芸員A:楽しいですね、『キャノンボール』借りて見よう♪
館長&学芸員:次回はどんなクルマかなぁ〜?
館長&学芸員:それではー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.192>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////

Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Car Models File-No.192

PCM00292_01
Car Models File-No.192モノグラム 1/24 スケール プラモデル キット、販売はハセガワから。
フェラーリ 308GTB(1975年・イタリア)

308のキットについて…ググって調べてみましょう♪「フェラーリ308GTB」のプラモデル、しかも1/24スケールではモノグラム、レベル、マルイ、グンゼ、タカラから発売されている(いた)ことが判りました。すべてのキットが古いものでした。マルイとグンゼはモーターライズです。さらに、なぜかオーバーフェンダー仕様になっています。レベルはアメリカで人気の高い簡易オープントップモデルであるGTSをキット化していました。
個人的にデフォルメに個性を感じるモノグラムのキットが好きです。
モノグラムの308GTBは、1991年製のキットで製造元はモノグラムですが発売元はハセガワです。


PCM00292_02
──── 小さなモンスター

タイトルは、スーパーカーブーム 1977年(昭和52年)当時の「308GTB」のキャッチコピーです。
以下、内容を見ていきましょう。

 誇り高きフェラーリは12気筒以外に正統の名称を与えることはなかった(6気筒はディーノと名づけられた)。この慣例を破り1975年5月に“小さなフェラーリ”308GTBが登場。フェラーリと名づけられているだけに、同クラスのディーノGT4シリーズよりさらにホットなスーパーカーとなっている。2シーター・ミッドシップであることにその性格があらわれている。

PCM00292_03
──── 小さなモンスター…その2

 スーパーカーはその高性能ゆえに、居住性などの犠牲はやむをえないものとされているが、308GTBに関して当てはまらない。コックピットのすぐうしろにエンジンを抱えるミッドシップにつきまとう宿命のエンジン・ノイズは、様々なアイデアによってかなり減少されており、1120mmの車高のわりには前方視界は広く、タウンユースとしても充分使えるスーパーカーだ。

出典世界からやってきた!!スーパーカー大集合、著者:春山徹久、発行:KKベストレラーズ

PCM00292_04


Car Models File-No.192
ハセガワ モノグラム 1/24 フェラーリ 308GTB
Hasegawa MONOGRAM 1/24 FERRARI 308GTB

Car Models File-No.192 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】なんでこんなことするの?

11月21日に公開されたEMCのYouTubeチャンネルで、公開と同時に200万再生を超えるなど大ヒットとなった映像がありました。

ご覧になった方も多いと思いますが、少し時間が経ったので復習?しましょう♪

その動画は「Epic World-Record Truck Jump by EMC and Lotus F1 Team」というタイトルで、内容はトラック、トレーラーのジャンプのギネス記録への挑戦映像なのです。

ここから「なんで?」というお話ですが、特設のジャンプ台からルノーの大型トレーラーがジャンプしますが、さらにそのトレーラーの真下をロータスのF1マシンが走り抜けるという大胆すぎる内容となっているのです。

さて、復習のためご覧ください。

Epic World-Record Truck Jump by EMC and Lotus F1 Team #RedefineRecords

1分25秒バージョンはこちらから→NEW WORLD RECORD Brought to you by EMC and Lotus F1 Team

この挑戦で83フィート7インチ(25.5メートル)のジャンプを記録。
世界新記録を更新したとのことです。

しかし、ギリギリじゃないですか?
どうしてここまで危険な挑戦に、さらに挑戦を上乗せしたのでしょうか。
映像としては非常にインパクトありますけど。。。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】マスタングより速いゴルフカート&フェラーリより速い自転車!?

今日はユニークな映像2本をご紹介しちゃいます!
ドラッグレース対決モノ映像です。

まずは、その速さがギネスに載ったゴルフカートの登場。
対するはフォード・マスタングです。
それでは映像を見てみましょう。

PQ Golf Cart vs Mustang @ Darlington Dragway
2台には真剣勝負だよね?って疑いたくなるくらいの差があります。

この世界最速ゴルフカートを作ったのは、米国のプラムクイック・モータース。ゴルフカート用の高性能な電気モーターを製造する会社です。会社のPRのためゴルフカートをハイスピード仕様に改造してしまった。そのゴルフカートの実力を証明するために選んだのが、ドラッグレースのコースだったのです。

2013年10月、サウスカロライナ州にあるダーリントン・ドラッグウェイに自社のゴルフカートを持ち込んだプラムクイックは、166.8km/hを記録し、ギネスから世界最速のゴルフカートと認定を受けました。だが、どんな記録もいつかは破られる。
同社は1年後の2014年10月31日、再びダーリントン・ドラッグウェイに戻り再チャレンジを行い、なんと191.1km/hという速度で記録更新に成功したのです。
その時の映像がこれです。

Fastest golf buggy in the world reaches 118mph
映像をよ〜く見ると、カート後部にはちゃんとゴルフバッグを積んでいます。ちゃ〜んと仕事していますね。



つづくもう1本は、自動車より速い自転車ですよ。
しかも、そのクルマはフェラーリ様ですよ〜ん。
それでは映像を見てください。

François Gissy Bicycle World Record 207 mph 333 km/h
しかし、驚くべき加速力!!
なんと、この自転車にはロケットエンジンが装備されていたのですね。
対戦相手はフェラーリ「430スクーデリア」ですが、完全に忘れ去られちゃってます。

この自転車の設計者はアルノルト・ネーラッハー氏、ドライバーはフランス人サイクリストのフランソワ・ギッシィ氏です。F1フランスGPで知られたポール・リカール・サーキットで計測した結果、ギッシィ氏は最高速度207mph(約333km/h)を記録したのです。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.191>Part 6 フェラーリ・250GTO

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_21
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_22
──── フェラーリ 250 GTO(1962年)カタログ・スペック

■ボディタイプ:クーペ
■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■全長×全幅×全高:4445×1600×1195mm
■ホイールベース:2590mm
■トレッド前/後:1354/1349mm
■車両重量:1270kg

PCM00291_23
──── フェラーリ 250 GTO(1962年)カタログ・スペック…その2

■エンジン形式:水冷60°V型12気筒DOHC
■最高出力:300ps/7500rpm
■最大トルク:28.0kgm/5500rpm
■総排気量:2953cc
■ボアストローク:73.0mm×58.8mm
■圧縮比:9.6
■最高時速:266km/h

PCM00291_24
──── フェラーリ 250 GTO(1962年)カタログ・スペック…その3

■ステアリング形式:ZFワーム&セクター
■サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーンコイル
■サスペンション形式(後):リジッドリーフ
■ブレーキ形式(前):ディスク
■ブレーキ形式(後):ディスク
■ホイール:ワイヤースポーク15インチ
■タイヤサイズ(前):ダンロップレーシング600×15RW3711
■タイヤサイズ(後):ダンロップレーシング700×15RW3808
■クラッチ:シングルドライプレート
■トランスミッション:5速シンクロ
■変速比:1速:3.11 2速:2.05 3速:1.50 4速:1.21 5速:1.03


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.191>Part 5 フェラーリ・250GTO

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_17
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_18
──── 250シリーズ

 のちにフェラーリの定番排気量となる250(3リッター)シリーズ。
その始祖は1952年の250S、その後250MMへ進化。ロードカー部門は複雑で、1953年に250エウローパ、翌年には250GTエウローパ。250GTクーペ/カブリオレ、250GTルッソ、2+2モデルの250GTE。コンペティションモデルでは1955年に250GTコンペティツィオーネ・ロングホイールベースが製作され、ツール・ド・フランス(TdF)で優勝したことから250GT TdFと呼ばれるようになる。その考えを捨て、ホイールベースの短縮化による運動性能向上を狙うモデルが1959年デビューのショート・ホイールベース・ベルリネッタ、SWBなのです。

PCM00291_19
──── 250シリーズ…その2

 1962年になるとより戦闘力を高めた250GTOが投入。車名のGTOはグランド・ツーリング・オモロガートを意味します。フェラーリ・コンペティションGTの中で、希少性とレーシング・ヒストリーから最も高い人気を誇る。1964年型は250LMに似たワイド&ローのより戦闘力を高めたスタイリングを持っています。

PCM00291_20


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.191>Part 4 フェラーリ・250GTO

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_13
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_14
──── 欲しくても買えないなら…

フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOが欲しい、、、といってもおいそれと購入できる、絶対無理ですねぇ。でもどうしても欲しい、手に入れたいと思った時、レプリカって選択肢はありますか?
肯定・否定、それぞれ意見はあると思いますが、今回ここを掘り進めるわけではありません。
“250GTOレプリカ”でググっていただくと、たっくさん写真が出てきます。
検索で一番たくさん釣れるのがS30フェアレディZをベースとする250GTOレプリカです。これがまた残念なのです。フロントウインドウの上部からルーフのラインとサイドウインドウは完全にフェアレディZです。ハセガワのS30フェアレディZを作ってるとフロントウインドウ上部はデフォルメし過ぎと思ってましたが、そんなことなかった。250GTOレプリカを見るとZの特徴はここに集約されてる思えるほど、はっきりとフェアレディZだと断言できます。ウインドウモールもゴムの黒色が目立ちます。

PCM00291_15
──── 欲しくても買えないなら……その2

つづいては、ベース車両がフェアレディZからポルシェに変わります。ポルシェといっても「911」ではありません。911はRRですからね、辻褄が合いません。FRであるポルシェ「944S」がベース車両です。これなら納得。しかも、フェアレディZベースより出来が良いです。といってもレプリカであることはわかります。全体的にフォルムが違っています。丸味を帯びたことはZベースより進化していますけどね。性能的に見てもポルシェの方が勝っているでしょうね。
最後に見つけたのが、同じフェラーリをベースとするレプリカです。
そのベースは、フェラーリ「250GTE」です。それってレプリカ?
たしかに「250GTE」は「250GTO」とは違います。方や2シーター、方や2+2。エンジンは両モデル共通のティーポ128Eですが、圧縮比を8.8に落とし240馬力にデチューンしたものでした。しかし、「250GTE」は当時は世界最速の2+2モデルでした。ここで先ほどの肯定・否定を持ち出したら反則ですけど、このレプリカなら肯定できますね。だからといって、絶対手に入れることはできませんがー(汗

PCM00291_16


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.191>Part 3 フェラーリ・250GTO

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_09
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_10
──── 値段だけじゃない、クルマ本来の評価

フェラーリ250GTOは、現存する希少なクルマだけに市場にでたクルマは、オークションの落札金額が話題になりがちです。しかし、今日の多くの自動車にとって啓発的なクルマだったといえます。チューブラースペースフレーム、オールアルミボディ、メインシャシーメンバー、サスペンションデザインなど、そしてまた、素晴らしいハンドリング性能およびトラクション、強力なブレーキを合わせ持ち、現在においてもこれほどのクルマは珍しい。300馬力を発生するコロンボエンジンも、近代のスポーツカーのスタンダードとして高く評価されるにふさわしいものです。一方で、このクルマのコクピットは少々騒々しい。このため耳栓をして長距離をドライブするドライバーもいるそうです。それを差し引いても、このクルマのエンジニアリングやスタイリングは間違いなく多くのスポーツカーに影響を与え、規範となっているのです。

PCM00291_11
──── 博物館には豊富な250GTO?♪

当博物館でこれまでに登場した「250GTO」を紹介!
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.154>
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.125>

PCM00291_12


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.191>Part 2 フェラーリ・250GTO

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_05
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_06
──── グンゼ産業を話題にしよう

グンゼ産業は、現在、GSIクレオスと名前が変更されています。塗料など模型を製作する上で必要なありとあらゆるツールや素材を販売している会社ですね。

そんなGSIクレオス。現在も「Mr.HOBBY」ブランドでプラモデルキットの販売はしていますが、それでも往時に比べれば規模が縮小されてしまいました。やはりグンゼの黄金時代と言えば、「ハイテックシリーズ」というマルチマテリアルを使用したキットを販売していた1970年代終わりから80年代ですね。ボディこそプラッチックであったものの、シャーシやエンジン足回りは金属、タイヤやシートなどはゴムと様々な素材がつまったキットでした。しかし、マルチマテリアルだからこそ製作の難易度は高く、ブラにはプラの、金属には金属の、ゴムにはゴムの加工方法、接着方法、塗装方法を駆使せねばならない、上級モデラーの御用達キットでした。高額のため安易に買えるではありませんが、ハイテックモデルを買ったことで、上級モデラーの仲間入りができたと錯覚していた私でした!
もちろん、フェラーリ・250GTOにもハイテック・キットが存在していました。
現在はオークションや中古ショップで高額な支払いをしてしか手に入れることはできません。

PCM00291_07
──── ハイテックシリーズの行方…その2

一時はその複合的マテリアルなキットがそこそこウケてましたが、日本の経済的理由(バブル崩壊)からか、1/12などのビッグスケールやハイテックのような高額なキットを置いておくスペースもなくなり、グンゼもパーツをプラに置き換え簡素化した廉価版のキットをリリースし、現在ではこちらが通常仕様となり、ハイテックモデルは絶版品となってしまいました。今回、紹介しているキットは、もちろん廉価版です。

あらためて考えれば、グンゼ産業ことGSIクレオスは、キット販売するメーカーという立ち位置ではなく、モデラーにとって救いの手を差し伸べてくれる、無くてはならない存在と言えるでしょう。

PCM00291_08


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.191>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.191は、再登場のクルマだ
館長:『250GTO』だよ
学芸員A:フェラーリですね
学芸員B:いろいろと映像を紹介しています
館長:『知ってますCAR』第8弾でね
私のこと、知ってますCAR? 第8弾!
館長:あれから新しい250GTOの映像が見つかったか?
館長:チャレンジしてみよう♪
学芸員B:前回の紹介時にモータージャーナリスト三本和彦氏の解説ビデオがありました
学芸員A:これは、そのロングバージョン??

フェラーリ 250GTO ① 伝説の250GTOの走りを撮った! 三本和彦 FERRARI 250GTO
学芸員A:パート2もありました

フェラーリ 250GTO ② 伝説の250GTOの走りを撮った! 三本和彦 FERRARI 250GTO
学芸員A:どんどん行きますよー
館長:どーんと来い!

$50 Million Ferrari 250 GTO racing!!!!
館長:素晴らしいサウンドだね!
学芸員B:たまりません
学芸員A:もっと聴きたーい!
学芸員B:さーて、次は30分ものです
館長:そう、お腹空いてるよー

フェラーリ250GTO FERRARI 250 GTO
館長:この映像は?
学芸員A:タイトルに(Authentic Replica)とありますね
学芸員A:本物のレプリカ?ということでしょうか
学芸員B:見てみましょう!

Ferrari 250 GTO (Authentic Replica) - Sound - Ferrari Club of America
学芸員A:ドロドロと五臓六腑に沁み渡るサウンドですが、、、
館長:これでレプリカなんだろか?
学芸員B:つぎ行きますよー
学芸員B:これでお腹を膨らませてください

15x Ferrari 250 GTO at the Goodwood Revival!
館長:グッドウッドに集まった250GTOたち
学芸員A:50周年アニバーサリー映像もありました

50th Anniversary Tour 250 GTO
学芸員A:250GTOが集団で〜
館長:圧倒的だぁ

Ferrari 250 GTO 50th Anniversary Pt6
館長:さーて、お腹も満たされてぇ、、、そろそろ〆に入りましょうか
館長:なにかありますか?
学芸員A:ちょっと悲しい映像を
館長:250GTOが悲しい?、クラッシュ映像??
館長:見てみよう

MY FERRARI 250 GTO
学芸員B:実車がレアだと映像もレアですね
館長:しかし、ありがた〜い映像が多かった!
学芸員A:視聴にも結構な時間を要しますな、、、
館長&学芸員:次回はどんなクルマかなぁ〜?
館長&学芸員:それではー!

学芸員:うーむ、フェラーリの予感!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.191>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////

GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
Car Models File-No.191

PCM00291_01
Car Models File-No.191グンゼ 1/24 スケール プラモデル キット
フェラーリ 250 GTO(1962年・イタリア)

キット箱の解説から…このキットは、フェラーリの数ある名車のなかでも、名車中の名車である、フェラーリ250GTOを精密に再現したキットです。実車のボディフォルムは、むずかしい曲線に加えて、後々、改造や修復されたものが多くあり、オリジナルボディは?と大いに迷わせる車です。しかし、1/24スケールならではの、迫真のボディを、ほぼオリジナルフォルムで再現していますので、フェラーリファンにとっては、充分に満足できるものとなっています。ボディまわりのこまかいディテール、インテリア、シャシまわりなども、このクラス最高の出来ばえで、作り応えがあります。
かずかずの伝説を生み、さらに新しい神話を提供する、名車フェラーリ250GTOを、あなたの手で作りあげて下さい。


PCM00291_02
──── オークションの花形車!?

拙ブログにも何度か登場しているフェラーリ・250GTO。
「250GTO」の近頃の話題ときたら、オークションでの落札価格ばかり。。。
もちろん、1962年から1964年にかけて39台が生産されたフェラーリの希少なレーシングカーですからね。
その希少性はわかってますよ。
わたしと同級生ですからね、その50年の歴史は、シャシー・ナンバーからもわかることでしょう。
それぞれの生い立ちを示すシャシー・ナンバーによって、さらに価値を増す「250GTO」もいるのでしょうね。
ちなみに今年(2014年8月)のニュースでは、アメリカ・カリフォルニア州でのオークションにかけられた1962年製のGTOは、史上最高額の約3800万ドル(約39億円)で落札されたとのこと。

PCM00291_03
──── 約39億円「250GTO」の物語

史上最高額で落札されたフェラーリ・250GTOが付帯するストーリーは、、、

落札された赤い「250GTO」の車体番号は「3851GT」で、1962年9月11に完成した19台目のモデルだ。

最初のオーナーであるフランス人レーサーのジョー・シュレッサー氏は、納車後すぐの1962年9月15日から開かれたツール・ド・フランス(自動車)に同車で出場し、2位に入賞した。

このツール・ド・フランスでシュレッサー氏と一緒にドライバーを務めた1948年冬季オリンピックのスキー金メダリスト、アンリ・オレイエ氏は、同年10月、モンレリー・サーキットで行われたレースに同車で出場。しかし、レース中に事故を起こし、後に死亡、車も大破した。

フェラーリによって組み直された3851Gは、別のドライバーによる所有を経て、1965年にイタリアの豪農が購入。今回売却されるまで49年間にわたり、1人の人物によって所有される期間が最も長い車となった。



PCM00291_04


Car Models File-No.191
グンゼ 1/24 フェラーリ 250 GTO
GUNZE 1/24 FERRARI 250 GTO

Car Models File-No.191 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


フェラーリ 250GTOの1/24スケール・プラモデル

1/24 RS-35 フェラーリ250GTO1/24 RS-35 フェラーリ250GTO
(2008/07/11)
フジミ模型

商品詳細を見る



フェラーリ 250GTOの1/43スケール・ミニカー

京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24京商オリジナル 1/43 フェラーリ 250GTO 1963 LM No.24
京商

商品詳細を見る



フェラーリの特別な存在である“GTO”を特集するムック

フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)フェラーリ288GTO/250GTO(Ferrari) (Libreria SCUDERIA 13)
(2009/08/04)
不明

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

私のこと、知ってますCAR? 第12弾!

私のこと、知ってますCAR?
第12弾です。
世の中は広い!
まだ、まだ、まだ、知らないクルマが次から次へと、、、悩ましい。
魅力的なだけにさらに悩ましい♪
今回のクルマは?

さーて、第12弾は、ランボルギーニのミドル級スーパーカーです。

1/24スケールのプラモデルではLS(エルエス)から1970年代のブームのときに発売されていましたが、残念ながらキットを持っていません。当時は600円のキットでした。
現在ではオークションでは5000円〜のプライスタグが。。。
こんなキットですー!
Lamborghini-Urraco_01
エルエス 1/24 ランボルギーニ ウラッコ

私のこと、知ってますCAR? 第12弾は、
ランボルギーニ ウラッコ(Lamborghini Urraco:1973年・イタリア)

ウラッコのスペックから見てみましょう♪
──── ランボルギーニ・ウラッコ P300(1975年)カタログ・スペック

■ボディタイプ:クーペ・スポーツ・スペシャリティ
■ドア数:2ドア ■乗員定員:2+2名
■全長×全幅×全高:4249×1759×──mm
■ホイールベース:2448mm
■トレッド前/後:1450/1419mm
■車両重量:1300kg

■エンジン型式:水冷V型8気筒DOHC
■最高出力:265ps/6500rpm
■最大トルク:42.0kgm/2800rpm
■総排気量:2996cc
■ボアストローク:86.0mm×64.5mm
■圧縮比:9.2 ■過給機:──
■最高時速:265km/h

■ステアリング形式:ラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):マクファーソンストラット
■サスペンション形式(後):マクファーソンストラット
■ブレーキ形式(前):ディスク
■ブレーキ形式(後):ディスク
■ホイール:アロイホイール
■タイヤ:ラジアル195/70×14

■駆動方式:MR
■クラッチ:シングルドライプレート
■トランスミッション:5速シンクロ
■変速比…1速:2.933 2速:2.105 3速:1.565 4速:1.185 5速:0.903

lamborghini-urraco-01
1973 Lamborghini Urraco
──── ベビー・ランボ誕生!

創始者フェルッチオ・ランボルギーニは、世界で最もエキサイティングなスーパーカーをつくろうと夢見ていた。彼は、ランボルギーニ設立間もない1960年代半ばに、ランボルギーニ・ミウラをもって、これを達成したのです。彼の次の野望は、ポルシェ・911の「2+2」スポーツカー市場へのニューモデルの投入でした。彼はランボルギーニのエンジニア、パオロ・スタンツァーニに車体設計を命じました。エクステリアデザインは、ベルトーネに在籍していたマルチェロ・ガンディーニが担当です。
エンジンはV型8気筒で、クランク軸上にギアボックスを配し、ディファレンシャルを間に挟み込んだジアコーサ・レイアウト。細長く収めて横置きとし、後部にプラス2座のスペースを確保しつつホイールベースを2450mmと短く収めました。
シャシーは圧延鋼板を溶接したファブリケート構造で、鋼板製ボディにも応力を持たせるセミモノコックです。
1970年に行われたトリノ・オートショーで発表され、多数の受注を獲得することができました。
ランボルギーニは受注に応えるため、最新のコンピュータテクノロジーを導入して生産をオートメーション化してウラッコを生産し、年間2,000台製造する計画を立てます。これには莫大な初期投資が必要でしたが、当時トラクターの販売が不振のため、頓挫してしまいました。そのため生産には莫大なコストが掛かることになり、販売価格も上昇させざるを得なくなったのです。
やっとのことで1972年秋に生産が始まり、1973年にようやく発売にこぎ着けるが販売は思わしくなかった。購入者からは、「この新車は240km/hという、6.2秒の間に0-100km/hというトップスピードを出すはずではないのか?」というクレームが殺到したのです。新型V8エンジンは信頼性が低く、特に深刻だったのはクランクシャフトとドライブベルトの破損で、最低でもシリンダーヘッドにダメージがあり、最悪エンジン自体が破壊されてしまうのでした。
どうにか1974年には年に500台を生産できるまでになり、またアメリカでの販売が始まったが、注文は期待ほどありませんでした。
結局791台を生産して1979年に製造中止となりました。しかしこの車体と3.5リッターV8エンジンをベースに、後に2シーターオープンカー(タルガトップ)のランボルギーニ・シルエットを販売、ランボルギーニ・ジャルパに受け継がれた。現代では、その流れでガヤルド、最も新しいクルマはランボルギーニ・ウラカンです。
lamborghini-urraco-02
1973 Lamborghini Urraco

lamborghini-urraco-03
1973 Lamborghini Urraco
「ウラッコ」という名前は、マノレテという闘牛士を殺した闘牛の名から付けられたものです。

lamborghini-urraco-04
1973 Lamborghini Urraco:interia
インテリアでは、室内幅のほぼ1/2にもなる横長のメーターパネルの中央にウォーニングランプ群、それを挟んで各種補機メータを左右それぞれ3個、さらに両端にタコメータ(左端)とスピードメータ(右端)とを一列に配置するという奇抜なレイアウトを採用。

lamborghini-urraco-05
1973 Lamborghini Urraco

最後は美しいウラッコの映像をお楽しみください♪

Traumatic Bond with a Lamborghini Urraco
ビンテージカー専門サイト『Petrolicious』が公開している映像です。
毎回の更新が楽しみなサイトの一つです。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

最近の気になったクルマNEWS…ハイビーム編

気になったニュースとは、、、
クルマのヘッドライトのことです。
夜の運転は怖いですよね。
クルマ、バイクや原付を運転するとき、ライトの向きは上向き、下向きどちらにしていますか?

私は、基本ロービーム、よっぽど街灯が無く見通しの悪い道路で、対向車もいない場合のみハイビームにしています。知らない道を走ることはほとんどありませんので、ハイビームを使用することはないですねぇ。
ハイビームで走った記憶は、、、、いつ?

しかし、これはどうやら間違った使用方法だそうです。

「道路交通法上は原則ハイビーム」

道路交通法、第五十二条では、原則的にハイビームを使用し、対向車がいる場合や、前を走る車がいる場合には、運転の妨げにならないように減光するよう定められています。ヘッドライトは、ハイビームこそが通常モードで、ロービームは減光モードということになります。また、逆に減光を怠った場合も違反となります。

街灯がある比較的明るい道路でも、対向車や先行車がいなければ、基本はハイビームが正しいということになります。

ハイビームであれば防げた事故を例にあげ、いくつかの県警察では「ハイビーム指導」を行っているところがあるそうです。しかし、この指導に「逆に危険なのでは?」という反対の考えもあるようです。

ハイビームとロービームでは夜間の視認性の差は明らか

ヘッドライトにより照らされる距離は、ハイビームが100m、ロービームが40mとされています。

時速60kmで走行中に障害物に遭遇した場合、発見から1秒でブレーキを踏めたとしても、ブレーキが効いて止まるまでに約37mの距離が必要です。発見のタイミングや路面の状況によっては、とても危険な状況になることが想像できます。
ここに1年ほど前にJAFがロービームの危険性を実証した映像があります。

▲ 見えない!止まれない!ロービームの限界を知る

しかし、夜間走行して気になるのは対向車のライトであることは間違い無いでしょう。対向車のハイビームに眩しさを感じたことは何度もあります。このように、原則はハイビームだとしても、ロービームへの切り替え忘れで、対向車のドライバーを眩惑してしまい逆に危険な可能性もあります。また、歩行者や自転車などが眩しいという問題も生じるでしょう。周囲に対応してこまめにロービームへ切り替えることが必要ですね。

この面倒な切り替えを将来しなくても済む、もはやハイだローだと意識しないで済むかもしれない技術開発が進められています。
ワイパーは雨滴感知とかありますし、オートライトもありますね。過去にも対向車が来たらローへ切り替えるという仕組み自体は一部の高級車に搭載されていましたが、近年では周囲のドライバーを眩惑をしないための防眩システムを搭載したヘッドライトの開発が進められています。

防眩システム搭載のヘッドライトは、小糸製作所が開発した配光可変ヘッドランプ「ADB」が2012年より市場投入されており、トヨタのレクサスやクラウンなど一部のクルマに搭載されています。対向車や先行車など周囲の状況をカメラで識別し、眩惑が起こらないように自動的に照らす方向や明るさなどを調整するのです。

2014年10月6日には、マツダが国内自動車メーカーとしては初めて、LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを採用した新世代ヘッドライトシステム「ALH」を開発したと発表しました。

LEDによるハイビーム光源を4つのブロックに分割し個別に点消灯することが可能となっています。フォアード・センシング・カメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分に照射しているLED光源のブロックのみを消灯します。これにより対向車や先行車のドライバーを幻惑させることなく、常時ハイビームポジションでの走行が可能となり、夜間走行における視認性を向上させています。



アウディ・ジャパンは、アウディのラインナップの頂点に立つ、プレミアムラグジュアリー­サルーン、新型Audi A8/A8 Lを、2014年3月13日、A8 L W12ならびにS8は5月8日より発売。

注目は革新的なマトリクスLEDヘッドライトで、­これはロービーム用のLEDと25個の小さなLEDによって構成されるハイビームユニ­ットから構成されており、ハイビーム時にカメラでセンシングを行い、必要に応じてLE­Dを個別に点灯・消灯することで対向車や先行車を眩惑することなく、正確に路面を照射­することが可能な画期的なライティングシステムになっています。


▲ 10億パターンの点滅 世界初ヘッドライト新型アウディA8 マトリクスLEDヘッドライト

これらの技術が下々に行き渡るには、もうしばらく時間が必要だと思われます。

とにかく、このニュースが気になっていました。
ハイビームにすることが悪いことのように教えられた記憶がありますから。
間違いだった!?
夜間走行の安全を確保するために基本ハイビームで走行しながらも、ロービーム時には特に速度に注意しなければならないことが映像からもよく理解できました。
周囲のクルマや歩行者への配慮を怠らないよう安全運転でいきましょう。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】スティーブ・マックイーンが愛した“フェラーリ”

カッコ良いですよねぇ。。。今でも多くのファンを魅了してやまない映画俳優、故スティーブ・マックイーン
今日のお題のクルマは、彼が所有していた1967年型のフェラーリ「275GTB/4」
この映像は、映画やテレビにまつわるクルマとそれを愛する人々を紹介するweb番組『‪theAFICIONAUTO‬』が特集したものです。

映画スターはスーパーカーがお好き?
と言っても、スティーブ・マックイーンは筋金入りのカーマニア。
時にはレーサーとしての顔も持っていたマックイーンは、主演映画『ブリット』でグリーンの「マスタング」、『栄光のルマン』ではポルシェのプロトタイプカーに乗り、"キング・オブ・クール(King of Cool)"の名を欲しいままにしていました。だが、プライベートで愛して止まなかったクルマはフェラーリでした。

1963-Ferrari-250GT-Lusso_01
▲ マックイーンが乗っていたフェラーリといえば、2007年にクリスティーズのオークションで230万ドル(約2億4,500万円)の高値が付いた1963年型フェラーリ「250GT ルッソ」が有名

1966-Ferrari-275nart-spyder_01
1967年には希少な「275 NARTスパイダー」も所有していた。しかし残念なことに、それは彼が手に入れてからわずか2日後に大破、10台という限定生産モデルのため再度の入手は不可能。

1967-Ferrari-275GTB_4_01
「275 NARTスパイダー」の代わりにこの「275GTB/4」を購入したそうです。

マックイーンが所有していた275GTB/4は、2012年にフェラーリのレストア部門である「フェラーリ・クラシケ」によってレストアされました。
今年のRMオークションでは、1,017万5,000ドル(約11億5,000万円)という価格で落札されています。


『‪theAFICIONAUTO‬』の映像の美しさは他の追随を許しませんねぇ。
間違いない!映像をどうぞ。

▲ 1967 Ferrari 275 GTB/4 - STEVE MCQUEEN's BULLITT CHARIOT

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.190>Part 5 三菱・ランエボ VI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
Car Models File-No.190

PCM00290_17
Car Models File-No.190タミヤ 1/24 1/24スポーツカーシリーズ No.213 プラモデル キット
三菱 ランサー エボリューション VI(1999年・日本)

キットの特長…●1999年の世界ラリー選手権を戦う三菱ランサーのベースモデルとして、この年の1月に発表されたエボリューションVIのプラスチックモデル組み立てキットです。●冷却効率を高めるために形状変更されたフロントバンパーの採用や、2段タイプのリヤスポイラーを装備した精悍なフォルムを実感たっぷりにモデル化。●グリル開口部からのぞくラジエターやインタークーラーも再現し、さらにナイロンメッシュを用意して表情を引き締めます。またフロントバンパーのフォグランプは装着、非装着を選んで組み立て可能。●シャーシ下面や足まわり、室内も立体感あふれる仕上がりです。


PCM00290_18
──── 三菱 ランサー GSRエボリューション VI(1999年1月)カタログ・スペック

■ボディタイプ:セダン
■ドア数:4ドア ■乗員定員:5名
■型式:GF-CP9A
■全長×全幅×全高:4350×1770×1415mm
■ホイールベース:2510mm
■トレッド前/後:1510/1505mm
■室内長×室内幅×室内高:1805×1430×1175mm
■車両重量:1360kg
■新車価格:3,248,000
■中古車価格帯:19.8~456.6万円

PCM00290_19
──── 三菱 ランサー GSRエボリューション VI(1999年1月)カタログ・スペック…その2

■エンジン型式:4G63ターボ
■最高出力:280ps(206kW)/6500rpm
■最大トルク:38.0kgm(373Nm)/3000rpm
■種類:直列4気筒DOHC16バルブICターボ
■総排気量:1997cc
■ボアストローク:85.0mm×88.0mm
■圧縮比:8.8 ■過給機:IC付きターボ
■燃料供給装置:ECI-MULTI(電子制御燃料噴射)
■燃料タンク容量:50リットル
■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
■10モード/10・15モード燃費:9.7km/リットル

PCM00290_20
──── 三菱 ランサー GSRエボリューション VI(1999年1月)カタログ・スペック…その3

■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):マクファーソンストラット
■サスペンション形式(後):マルチリンク
■ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
■ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):225/45ZR17
■タイヤサイズ(後):225/45ZR17
■最小回転半径:5.5m
■駆動方式:フルタイム4WD
■トランスミッション:5MT
■LSD:標準


Car Models File-No.190
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI

Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


買える!1/24 三菱ランサー・エボリューション VI プラモデル………
タミヤ版ランエボ VI

1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI 1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る



ハセガワ版ランエボ VI

1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI 1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI
ハセガワ

商品詳細を見る



フジミ版ランエボ VI

1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI
(2013/07/18)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.190>Part 4 三菱・ランエボ VI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
Car Models File-No.190

PCM00290_13
Car Models File-No.190タミヤ 1/24 1/24スポーツカーシリーズ No.213 プラモデル キット
三菱 ランサー エボリューション VI(1999年・日本)

キットの特長…●1999年の世界ラリー選手権を戦う三菱ランサーのベースモデルとして、この年の1月に発表されたエボリューションVIのプラスチックモデル組み立てキットです。●冷却効率を高めるために形状変更されたフロントバンパーの採用や、2段タイプのリヤスポイラーを装備した精悍なフォルムを実感たっぷりにモデル化。●グリル開口部からのぞくラジエターやインタークーラーも再現し、さらにナイロンメッシュを用意して表情を引き締めます。またフロントバンパーのフォグランプは装着、非装着を選んで組み立て可能。●シャーシ下面や足まわり、室内も立体感あふれる仕上がりです。


PCM00290_14
──── ランエボの進化論…その3

「エボ VI」までのランエボの進化を見てみましょう♪…カンタンに
エボⅤ1998年
エボⅤでランエボは完成の域に、、、。
その完成度の高さは"WRC"でも筑波サーキットでも実証され、"WRC"では改造範囲の狭いグループA規定のマシンでありながら、改造範囲の広い他メーカーの WRカーを圧倒してマニュファクチャラー ズ、ドライバーズ、Gr.N 優勝の完全制覇を飾り、筑波サーキットでは『GT-R』キラーとまで言われました。筑波サーキットのベストラップ・レコードホルダーもエボⅤなのです。
動力性能の高さに比べ操縦性の低さが「ランエボ」唯一の欠点でしたが、その欠点を払拭すべく1770mmのワイドボディを初めて採用し、ついに3ナンバーへ。それに伴い幅広タイヤの装着、ブレーキはフロント17インチ4ポット・リア16インチ2ポット対向ブレンボ製のキャリパーが装備されました。
ブレンボキャリパーの採用とフロントヘリカルLSD、17インチタイヤを標準採用したことにより、制動力が大幅に改善、AYCもさらに進化し、従来の「止まらない」「曲がらない」というイメージを完全払拭し、「トラクションの化け物」と言われるほどの進化を遂げたのです。
ターボエンジンはタービンもノズル面積アップ、ブースト圧のアップによりトルクも38.0kgmに高められました。但し、最高出力は自主規制値一杯の280馬力に収まっています。
PCM00290_15
──── ランエボの進化論…その4

エボⅥ1999年
エボⅥ はスペック的にはエボⅤとこれと違いがないのです。エボⅤが進化しすぎたということか!?
しかし、エボⅥ は信頼性のというポイントからはいま一歩でした。
冷却オイル路内蔵のクーリングチャンネル式ピストンの採用や、冷却水レイアウトの変更やオイルクーラーの大型化などによりエンジンの耐久性と信頼性も向上を図りました。
特に空力面での進化が大きいモデルです。ナンバープレート位置のオフセットおよびフォグランプの小径化等により前面の開口部形状の見直しをし、リアスポイラーの2段ウイング化など空力を改善したモデルです。しかし、この2段ウィングはWRCでは効果が高すぎるという理由で下のウィングは埋められています。
エボⅤ では足回りが硬すぎて街乗りには向かないという声が多かった為、足回りを多少ソフトな仕様になるよう変更されました。しかし、ロールセンターを下げたことによってグラベル(未舗装路)などでは安定するが、サーキットではエボⅤに勝てないといった逆転現象が起きてしまいました。
エボⅥ TME2000年
エボⅥ トミー・マキネンエディションはエボ6.5ともいわれています。
マキネンがWRCで4連続ドライバーズチャンピオンになった記念モデルです。
エボⅥ TME を一言で表現するならば、エボ V の足回りにさらに進化したエボ Ⅵ のボディーを持ったランエボ。
エボ第二世代最速マシン。
グランツーリスモ(ゲーム)でお世話になってる“お気に入り愛車”の一台です。
PCM00290_16


Car Models File-No.190
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI

Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


買える!1/24 三菱ランサー・エボリューション VI プラモデル………
タミヤ版ランエボ VI

1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI 1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る



ハセガワ版ランエボ VI

1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI 1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI
ハセガワ

商品詳細を見る



フジミ版ランエボ VI

1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI
(2013/07/18)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.190>Part 3 三菱・ランエボ VI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
Car Models File-No.190

PCM00290_09
Car Models File-No.190タミヤ 1/24 1/24スポーツカーシリーズ No.213 プラモデル キット
三菱 ランサー エボリューション VI(1999年・日本)

キットの特長…●1999年の世界ラリー選手権を戦う三菱ランサーのベースモデルとして、この年の1月に発表されたエボリューションVIのプラスチックモデル組み立てキットです。●冷却効率を高めるために形状変更されたフロントバンパーの採用や、2段タイプのリヤスポイラーを装備した精悍なフォルムを実感たっぷりにモデル化。●グリル開口部からのぞくラジエターやインタークーラーも再現し、さらにナイロンメッシュを用意して表情を引き締めます。またフロントバンパーのフォグランプは装着、非装着を選んで組み立て可能。●シャーシ下面や足まわり、室内も立体感あふれる仕上がりです。


PCM00290_10
──── ランエボの進化論

「エボ VI」までのランエボの進化を見てみましょう♪…カンタンに
エボⅠ1992年
エボⅠは大柄なギャランにかわりWRCを勝つために作られましたクルマです。これは前に話しましたか?
WRCに出場する資格を取得する為に小柄なボディーの「ランサーGSR1800」に無理矢理ギャランの 4G63型ターボエンジンを押し込んだマシンということでパワー&スペックは大したものでしたが、ホモロゲーション取得のための間に合わせ的な開発だったため、実際には曲がらない4WD特性が際立ったモデルで、粗さが目立ちました。
ベースのランサーはもともとFFベースの4WDですからね。
結局ストレートでは速いが、曲がらないクルマが「エボⅠ」でした。
ホモロゲーションをクリアさせる為に規定台数を市販するということで、販売台数は2500台限定でした。
大人気のためわずか2日ほどで完売。さらに2500台が追加販売される事になりました。
エボⅡ1994年
曲がらないと言われたエボⅠが曲がるように進化したのがエボⅡです。
●足回り見直し、●ボディ剛性強化、●トランスミッションのローギア化、●タイヤ幅広化、ホイールベース延長、●エンジン内部と吸排気系の改良、出力は260馬力にアップしました。
唯一の欠点は動力性能に比べての極端にプアなブレーキ性能、タイヤの容量不足でした。
外見的にエボⅠとエボⅡを見分けるのは難しい。。。
PCM00290_11
──── ランエボの進化論…その2

エボⅢ1995年
エボⅢはエボ第一世代の最終型です。
ここで大きく進化したのはやはりエクステリア。派手なエアロは空力性能向上を狙ったもので、大型のリアスポイラーや大きく開口したフロントマスク等、チューンドカー並みの過激な外観に生まれ変わりました。エンジンも圧縮率を上げることによって最高出力は260psから270psまで進化。
しかし、強大な馬力を出す為に圧縮比を変更した結果、無理にブーストアップを行うとエンジントラブルが発生しやすいそうです。
エボⅣ1996年
エボⅣはエボ第二世代の最初のクルマです。
ベースモデルである「ランサー」が前年にフルモデルチェンジしたので新しいボディに進化したのです。それに伴って、エンジン搭載方向を逆にして効率性を高めるなどあらゆる部分で全く違うマシンに進化。
特筆すべき点は左右の後輪への駆動力を動的に制御するAYC(アクティブヨーコントロール)が初採用され、新次元のコーナーリングスピードを得たのです。
しかし、AYCはトラブル発生が多かったことも事実でした。
エンジン出力は二次エア供給システム及びタービンのノズル面積アップ、ブースト圧のアップにより国内自主規制値の280馬力に到達しました。
5ナンバーの最終型エボとなりました。

→この項目は次回に続きます。
PCM00290_12


Car Models File-No.190
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI

Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


買える!1/24 三菱ランサー・エボリューション VI プラモデル………
タミヤ版ランエボ VI

1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI 1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る



ハセガワ版ランエボ VI

1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI 1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI
ハセガワ

商品詳細を見る



フジミ版ランエボ VI

1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI
(2013/07/18)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.190>Part 2 三菱・ランエボ VI

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
Car Models File-No.190

PCM00290_05
Car Models File-No.190タミヤ 1/24 1/24スポーツカーシリーズ No.213 プラモデル キット
三菱 ランサー エボリューション VI(1999年・日本)

キットの特長…●1999年の世界ラリー選手権を戦う三菱ランサーのベースモデルとして、この年の1月に発表されたエボリューションVIのプラスチックモデル組み立てキットです。●冷却効率を高めるために形状変更されたフロントバンパーの採用や、2段タイプのリヤスポイラーを装備した精悍なフォルムを実感たっぷりにモデル化。●グリル開口部からのぞくラジエターやインタークーラーも再現し、さらにナイロンメッシュを用意して表情を引き締めます。またフロントバンパーのフォグランプは装着、非装着を選んで組み立て可能。●シャーシ下面や足まわり、室内も立体感あふれる仕上がりです。


PCM00290_06
──── ランエボとは?

“WRC”で勝つために生まれてきたクルマ。
三菱自動車がランサーをベースに、2,000ccハイパワーターボエンジンを搭載したスポーツモデル。
ランサーエボリューション(LANCER Evolution)は、公道走行を前提に快適装備を備えた GSR と、競技用ベースモデルの RS の2グレードで展開。
通称「ランエボ」。「エボ」と呼ばれることも。モデルを識別するためにエボ○(○には数字が入ります)と呼ばれることもある。今回のモデルは6代目エボなので「エボ VI」です。
また、エボI〜III、エボIV〜VI、エボVII〜IX、エボXでそれぞれベースモデル(ランサー系)がモデルチェンジのため、第1世代、第2世代、第3世代、第4世代という分類の仕方をしています。
PCM00290_07
──── エボ VI について

エボ VI は、歴代通りランサーをベースとして作り上げられたスポーツモデル。競技車両のベースとして用意される「RS」と、公道ユースを前提にした「GSR」の2タイプが用意されています。トレッド拡大によって広げられたボディは1770mmの3ナンバーワイドボディ。搭載されるエンジンは2リッター・ターボ(4G63型)で280馬力を発生。駆動方式はセンターデフ+ビスカスカップリングのフルタイム4WD。サスペンションはフロントが倒立タイプのストラット、リヤがマルチリンク。ミッションは5MTのみで、RSは3~5速をクロスレシオとしファイナルレシオを2種類用意しています。GSRはブレンボ製ブレーキ、アクティブヨーコントロールシステム、レカロシートなどが標準装備ですが〜、RSは機能的基本装備以外はほとんど装備されません!外観では、ナンバープレート位置のオフセットおよびフォグランプの小径化等により前面の開口部形状が新デザインとなったバンパーを装備してゴツいです。リアスポイラーの2段ウイング化が空力を改善した証。なお、2000年1月よりターマック(舗装路)向けに性能を特化させた「トミー・マキネンエディション」が特別仕様車として追加されました。
PCM00290_08


Car Models File-No.190
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI

Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


買える!1/24 三菱ランサー・エボリューション VI プラモデル………
タミヤ版ランエボ VI

1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI 1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る



ハセガワ版ランエボ VI

1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI 1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI
ハセガワ

商品詳細を見る



フジミ版ランエボ VI

1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI
(2013/07/18)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.190>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.190は、WRCに勝つために生まれたクルマ!?
館長:『ランエボ』と呼ばれてる
学芸員A:三菱・ランサーエボリューション、略して『ランエボ』
学芸員B:そう、そう
館長:『エボ』ともいうね、
館長:今回は『エボ VI 』だ!
館長:6代目ということ!
学芸員B:ランエボとは?
学芸員A:調べてみました
学芸員A:1992年に三菱がWRCで勝つためにそれまでのラリーマシンであるギャランVR-4より戦闘力の高いマシンが必要だった
学芸員A:そこで実績のあるギャランVR-4の4G63型エンジンを小柄なボディのランサーに載っけちゃった
館長:正解!
館長:小柄なボディに強力なエンジン、勝てないわけがない!
館長:ただ、熟成には時間が必要だった
学芸員B:それがランエボの進化なんですね
1999-mitsubishi-lancer-evolution-VI_01
1999年 三菱 ランサーエボリューション VI…フロント
学芸員A:外見的に、まるっきりチューンドカーですね
学芸員A:ナンバープレートが左にズレている!
館長:そう、エボ VI は空力的に頑張っちゃったクルマなのね
館長:ナンバープレートを左にオフセット、フォグランプを小径化して前面の開口部の形状の見直し
館長:リアスポイラーを2段式ウイングにしたんだ
館長:しかし、見た目はエボ V とそれほど大きく違っていないんだけどなぁ、、、
学芸員B:写真で比べてみましょー♪
1996-mitsubishi-lancer-evolution-V_01
1996年 三菱 ランサーエボリューション V…フロント
館長:どう?
学芸員B:同じダァ
学芸員B:どちらかというとエボ V の方がインパクトが強烈!
館長:エボ V のバンパーの迫力がねぇ、、、エボ VI の方が控えめかなぁ
学芸員A:次は2段になったリヤウイングを見てみましょうか
1999-mitsubishi-lancer-evolution-VI_03
1999年 三菱 ランサーエボリューション VI…リヤ
館長:この2段式、WRCでは効果が高すぎるという理由で下のウィングは埋められてしまった
学芸員B:もう一枚フロント部を見てもらいましょう
館長:どーれ
1999-mitsubishi-lancer-evolution-VI_02
1999年 三菱 ランサーエボリューション VI…フロント
館長:空気を目一杯吸い込みます的顔立ちだね
学芸員A:この開口面積の広さによって、冷却性能のアップを見込めますね
学芸員A:エボ VI の特別仕様車を見てみましょう
学芸員B:トミー・マキネンさんね
1999-mitsubishi-lancer-evolution-VI_01
2000年 三菱 ランサーエボリューション VI トミー・マキネン エディション
学芸員A:真っ赤なカラーリングからも特別仕様である自己主張がありますね
館長:第2世代ランエボの完成形ともいえるエボ Ⅵ の特別仕様車だね
学芸員B:エボ 6.5 ですね
館長:ランエボでWRCを戦って、史上初の4年連続チャンピオンを達成した
学芸員B:トミー・マキネン選手
館長:そう、トミー・マキネンの偉業を讃えた限定バージョンです
学芸員A:エボ 6.5 、どんなモデルになるのですか?
館長:一言で言えば、エボ V とエボ Ⅵ の良い所を足してさらに熟成させた究極のモデル
学芸員B:生産台数が少ないんですね
館長:限定ですから
館長:市場ではプレミアがついて恐ろしい値段だろうね
学芸員B:いまでも?
学芸員A:映像編に移りましょうか
館長:そうしよう
学芸員A:ランエボ・バトル映像だす
館長:ランエボ対決!?

BEST MOTORING 。1999年4月号、筑波バトル。ランエボⅥデビュー号
館長:R34 GT-R vs エボ VI vs FD3S RX-7 vs エボ V 、さ〜て結果は?
学芸員B:映像を見てね!
学芸員A:もう1本、バトル映像を
館長:NSX vs R34 GT-R vs エボ VI TME vs インプ

BEST MOTORING 。ランサーエボリューションⅥ・TME
学芸員A:これはトミー・マキネン エディションですね
館長:勝ったのは誰だ!?
学芸員B:次は海外のイメージ映像を見てね!

Mitsubishi Lancer Evolution VI GSR Evo 6
館長:さーて、そろそろ〆に入りましょうか
館長:なにかありますか?
学芸員A:VSモノです、外車との対決!
館長:E36、これはこれはメルセデスの超弩級マシン!
館長:ど〜れ、勝てるのか?ランエボは

Mercedes Benz E63 AMG vs Mitsubishi Lancer Evo 6 TME
学芸員A:トミー・マキネン エディション、ス・ゴ・イ!
学芸員B:ランエボ、いいなぁ
学芸員B:見た目セダンで、ちょっとチューンド入ってはいるけど
館長:スポーツカーに間違いないね!
学芸員B:2リッターで、280馬力、GT-Rをカモれる
館長:4WDの良さもね
学芸員A:なんたって“WRC”のために生まれたクルマですから
館長&学芸員:次回はどんなクルマかなぁ〜?
館長&学芸員:それではー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.190>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
Car Models File-No.190

PCM00290_01
Car Models File-No.190タミヤ 1/24 1/24スポーツカーシリーズ No.213 プラモデル キット
三菱 ランサー エボリューション VI(1999年・日本)

キットの特長…●1999年の世界ラリー選手権を戦う三菱ランサーのベースモデルとして、この年の1月に発表されたエボリューションVIのプラスチックモデル組み立てキットです。●冷却効率を高めるために形状変更されたフロントバンパーの採用や、2段タイプのリヤスポイラーを装備した精悍なフォルムを実感たっぷりにモデル化。●グリル開口部からのぞくラジエターやインタークーラーも再現し、さらにナイロンメッシュを用意して表情を引き締めます。またフロントバンパーのフォグランプは装着、非装着を選んで組み立て可能。●シャーシ下面や足まわり、室内も立体感あふれる仕上がりです。


PCM00290_02
──── キット組立図の解説から

1998年の世界ラリー選手権において、三菱に初のマニュファクチャラーズチャンピオンを、そしてT.マキネンにドライバーズチャンピオンをもたらしたランサー・エボリューション V。その高性能をさらに磨き上げ、1999年シーズンを戦うラリーマシンのベース車輌として1999年1月に発表されたのがエボリューション VIです。まず、空力的なモディファイとしては、フロントバンパーとリヤスポイラーのデザインを変更。バンパー右にオイルクーラー用のエアインテークが開けられ、右サイドにはエアアウトレットを設けることでオイルクーラーの冷却効率が高められ、さらにラジエター、インタークーラーに効率よく走行風を当てるためにナンバープレートは左にオフセットして取り付けられています。リヤスポイラーはアッパーウイングの角度が調整可能なのに加え、デルタ型のウィッカーをトランクリッド面から分離することで2段式となり高いダウンフォースを発揮します。

PCM00290_03
──── キット組立図の解説から…その2

もちろん、メカニズムもいっそうの熟成が加えられました。高い信頼性とハイパワーを発揮する4G63型と呼ばれる2リッター4気筒ターボエンジンは、ピストンに冷却性能を高めるクーリングチャネルが追加され、ハイチューンのレーシングエンジンに迫る内容となっています。またパワーを4輪に効率よく伝達するために、フロントはヘリカルLSD、センターはビスカスLSD、そしてリヤはAYCと呼ぶアクティブデフが装備されています。足回りはフロントがマクファーソン・ストラット、リヤがマルチリンクの構成を引き継ぎながら、ショックアブソーバーの減衰力のチューニングをはじめ、軽量で強度の高いアルミ鍛造アームの使用や、リヤのストローク量の増大などにより、さらに優れたハンドリング特性を生み出しています。実戦で培ったノウハウを惜しげもなく投入して仕上げらたランサー・エボリューション VIはストリートで、そしてもちろんラリーでもその高性能な走りを見せつけたのです。

PCM00290_04


Car Models File-No.190
タミヤ 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
TAMIYA 1/24 MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VI

Car Models File-No.190 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


買える!1/24 三菱ランサー・エボリューション VI プラモデル………
タミヤ版ランエボ VI

1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI 1/24 スポーツカー No.213 1/24 三菱 ランサー エボリューション VI
(2006/10/04)
タミヤ

商品詳細を見る



ハセガワ版ランエボ VI

1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI 1/24 三菱ランサー GSR エボリューションVI
ハセガワ

商品詳細を見る



フジミ版ランエボ VI

1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI1/24 インチアップシリーズ No.107 三菱 ランサーエボリューションVI
(2013/07/18)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【写真集】2014オートモデラーの集い in 名古屋 …Part 6

第23回 2014オートモデラーの集い in 名古屋

■主催:TMCC(東海モデルカークラブ)
    TDMC(トヨタデザインモデラーズクラブ)
    クラブ MODENA(モデナ)
■日時:平成26年11月23日(日)11:00 ~ 16:00
■会場:トヨタ博物館 新館1F 大ホール会議室

6回目の紹介です。
automodeler2014_81

automodeler2014_82

automodeler2014_83

automodeler2014_84

automodeler2014_85

automodeler2014_86

automodeler2014_87

automodeler2014_88

automodeler2014_89

automodeler2014_90

automodeler2014_91

automodeler2014_92

automodeler2014_93

automodeler2014_94

automodeler2014_95

automodeler2014_96


今回が最終回です。
おつきあいありがとうございました。
来年も楽しみにしております。

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【写真集】2014オートモデラーの集い in 名古屋 …Part 5

第23回 2014オートモデラーの集い in 名古屋

■主催:TMCC(東海モデルカークラブ)
    TDMC(トヨタデザインモデラーズクラブ)
    クラブ MODENA(モデナ)
■日時:平成26年11月23日(日)11:00 ~ 16:00
■会場:トヨタ博物館 新館1F 大ホール会議室

5回目の紹介です。
automodeler2014_65
本日スタートから開いてます。

automodeler2014_66
ランチア・ストラトスのオープン・パレード!?

automodeler2014_67
ニッサン vs トヨタ、オープン・バトル!

automodeler2014_68
037ラリーも開いてる!

automodeler2014_69
やっぱり開いてる!

automodeler2014_70

automodeler2014_71
4枚ドアがオープン状態。

automodeler2014_72
フラッシャーが左右に光る!
これは、オリジナルカラーの「ナイトライダー」です。

automodeler2014_73

automodeler2014_74
これは珍しい。初めて見ました。
スバル・アルシオーネSVX!
たのみこむが限定生産したレジンやメタルパーツの複合素材ガレージキットです。

automodeler2014_75
こちらも珍しい、「ポルシェ 914/6」だ!

automodeler2014_76
これも珍しい、マセラーティ・カムシン!

automodeler2014_77

automodeler2014_78
「ソアラエアロキャビン」ですよ。

automodeler2014_79

automodeler2014_80

明日に続く、、、。

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【写真集】2014オートモデラーの集い in 名古屋 …Part 4

第23回 2014オートモデラーの集い in 名古屋

■主催:TMCC(東海モデルカークラブ)
    TDMC(トヨタデザインモデラーズクラブ)
    クラブ MODENA(モデナ)
■日時:平成26年11月23日(日)11:00 ~ 16:00
■会場:トヨタ博物館 新館1F 大ホール会議室

4回目の紹介です。
automodeler2014_49

automodeler2014_50

automodeler2014_51

automodeler2014_52
やっぱりピンク!

automodeler2014_53

automodeler2014_54
この台座に乗ったモデルが続きますが、素晴らしい作品たちです。

automodeler2014_55
渋〜い色ですが、てろってろの艶ですね。

automodeler2014_56
このセンターの「S30Z」は、どうやって塗ってるのでしょうか?
マーブリングみたいになってるんですが、、、
製作されたのはこちらの方でした。
箱入り模型
勉強になります。

automodeler2014_57

automodeler2014_58

automodeler2014_59

automodeler2014_60
すごい作品の多さです。
これ一人の方が作ったんです。

automodeler2014_61

automodeler2014_62

automodeler2014_63
新しいキットです。
ST165 セリカラリーカー アオシマ(BEEMAX)

automodeler2014_64
こちらも!

明日に続く、、、。

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR