1/24 博物館<File No.177>Part 4 BMW M3(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////

DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
Car Models File-No.177

PCM00277_13
Car Models File-No.177は、
ドラゴンモデルズ 1/24 EXOTIC CAR SERIES KIT No:8001
BMW M3です。
ドラゴンモデルズは海外メーカーです。
国内での輸入・発売元はハセガワでした。

PCM00277_14
──── 欲しかったM3

2代目M3(E36) は、欲しいモデルでした。クーペ好きな私は一目見て恋に落ちました。エレガンスを追求してクーペは成立すると思っていました。M3はアプローチが全く逆でした。エレガンスを捨て、実用を選んだ。しかし、その全体的なまとまりは見事にカッコ良さに昇華されて、新しいクーペのカタチを我々に示してくれたのです。
初代M3は、量産車ベースの改造で戦うグループA規定が発端で誕生したモデルだけに、そのグループA規定が消滅してしまうと、M3をモータースポーツのベースとして考える必要がなくなり、ただ3シリーズの車格や性格を考えて、そのハイパフォーマンスモデルを作るというシンプルな企画になった。どのモデルにも共通することだが、3シリーズはモデルチェンジを経ることで車格が上がった。BMW全体の中を見れば、依然として小型セダンのクラスだったが、ホイールベースを2700mmに設定し、同クラスの日本車と比べロングホイールベース/ショートオーバーハングのシャシーディメンションを持っていた。大きくなったE36。しかし、BMWの信条とする軽快なハンドリングは失われず、ステアリング操作に対する忠実な応答性を持つ大人のクルマとして仕上がっていた。↙︎

PCM00277_15
──── 欲しかったM3…その2

↗︎E36のこうしたシャシーをベースに企画されたM3は、搭載エンジンを4気筒から6気筒へスイッチ。排気量も3リッターへ引き上げられた。もちろん、質・量ともに3シリーズの頂点に立つモデルである。搭載エンジンは新開発のS50系6気筒。3シリーズも全エンジンが入れ替えられ6気筒も存在していた(2リッターと2.5リッター)。こちらのエンジンはM50系6気筒で、M3とは異なる系列のエンジンが使われていた。M3も含めこれらの新型エンジンは軽量・コンパクトに重点を置いて、効率性と出力/トルク特性を両立させたところに開発の狙いがあった。そのためのテクノロジーに新開発の可変バルブタイミング機構"VANOS"がある。エンジンの回転領域に応じて最適なバルブ開閉タイミングが得られることを狙いとしたシステムだった。最大出力286ps、最大トルク32.6kgmを発生させました。トランスミッションは5速マニュアルのみの設定。 先代E30のM3のようなレース仕込みの尖ったところを省いて、扱いやすさとアグレッシブさを併せ持っていました。スタイリングもエレガントなクーペではなく、大人のスポーツクーペを演出、見事に私の心を捕らえました。

PCM00277_16


Car Models File-No.177
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]

Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.177>Part 3 BMW M3(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////

DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
Car Models File-No.177

PCM00277_09
Car Models File-No.177は、
ドラゴンモデルズ 1/24 EXOTIC CAR SERIES KIT No:8001
BMW M3です。
ドラゴンモデルズは海外メーカーです。
国内での輸入・発売元はハセガワでした。

PCM00277_11
──── E36のM3の基本

1993年10月のパリ・サロンで発表された2代目M3 は、先代のM3(E30)とはコンセプトから異なった、全く新しいものであった。先代では派手なエアロパーツを身に纏い、一目で「M3」とわかるルックスを持っていたのと対照的に、E36型M3の外装は極めておとなしいものであり、一見するとノーマルの3シリーズクーペと見分けがつかないほどである(これを逆手に取り、BMWジャパンで販売された最終型の3シリーズクーペは全車にM3と共通のエアロパーツを装着し販売していた)。E30型M3はレースのレギュレーションに合わせて造られたが、このE36型M3はあくまでも公道での走りに重点を置いたグランド・ツアラーなのである。S50 と呼ばれるエンジンは、無段階可変方式の VANOS(可変バルブ・タイミング・システム)を採用している。2990cc から、最高出力 286ps/7000rpm、最大トルク 32.7kgm/3600rpm という量産 NA(自然吸気)エンジンではトップレベルの性能を発揮した。

PCM00277_10
──── E36のM3の基本…その2

1995年、クーペとセダンがマイナーチェンジ。新たにS50B32型直列6気筒エンジンを搭載、排気量が3201ccに拡大され、VANOS が排気側にも追加され、その結果最高出力は321ps/7400rpmへ、最大トルクは35.6kgm/3250rpmへとアップした。最高速度は250km/hに自主規制されているが、0-100km/h加速は5.5秒となっている。トランスミッションも6速となる。同時に前後のウインカーレンズがホワイト化された。なお、カブリオレは1996年に3.2L化される。
1997年、トランスミッションに6速SMG(セミAT)を追加。SMGはBMWがF1で培った技術をフィードバックしたトランスミッション。市販車種への搭載はM3Cが初めてであり、故障が頻発した。
1998年、生産終了。
なお、M3には限定でさらにスポーツ性を高めた「M3 GT」が、レース用に「M3 GTR」が存在した。

PCM00277_12


Car Models File-No.177
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]

Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.177>Part 2 BMW M3(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////

DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
Car Models File-No.177

PCM00277_05
Car Models File-No.177は、
ドラゴンモデルズ 1/24 EXOTIC CAR SERIES KIT No:8001
BMW M3です。
ドラゴンモデルズは海外メーカーです。
国内での輸入・発売元はハセガワでした。

PCM00277_06
──── M3の基本

M3(エムスリー)はドイツの自動車メーカーBMWが生産するスポーツセダンである。開発はBMWのレース部門、モータースポーツ関連研究開発子会社であるBMW M(旧BMWモータースポーツ)によって行われている。
同車はBMW 3シリーズをベースにBMW Mがチューンしたチューニングカーであり、初代(E30型M3)はツーリングカーレースに出場するためのベース車両として製造され、2代目(E36型M3)以降は3シリーズきってのスポーツモデル(兼ツーリングカーレース用ベース車両モデル)として生産されている。

初代の生産が終了した1990年以降、M3はラインナップから消えていたが、新たにE36をベースとするM3が1992年に発表される。初代とは異なり、3.0LのS50B30型直列6気筒エンジンを搭載した。 当初は2ドアクーペのみの設定であったが、1994年より4ドアセダン(Limousine)とカブリオレが追加される。

…from Wikipedia

PCM00277_07
──── E36の基本

E36とは、BMWの3代目3シリーズのコードネームのことです。“六本木のカローラ”と呼ばれるほどのベストセラーとなった2代目(E30)の後継で、引き続き世界的なベストセラーモデルとなった。日本でも消費税導入に伴う物品税の廃止、1990年代に入ってからもしばらく続いたバブル景気の余波、史上空前の円高を背景に販売台数を伸ばした。1990年9月、まず316i、318i、320i、325iの4ドアセダンが登場。1992年3月、従来の2ドアセダンの後継2ドアクーペを追加。この2ドアクーペは、セダンとそっくりの外観だが、 実はほとんどの外装部品が専用設計となっていた。さらに1993年4月には2ドアカブリオレを追加した。
特徴は、居住性と対衝突安全性改善のため、ボディサイズが拡大した。伝統的な丸型4灯ヘッドライトは異形4灯となり、4ドアモデルでのプレスドア採用等、空力特性が改善した。エンジンは6気筒系の全モデルでDOHC化が行われた。 サスペンションは、フロントは伝統の ストラット式サスペンションでリアは従来の後輪用セミトレーリングアーム式から変更され、Z1から受け継いだセントラルアーム(=マルチリンク式サスペンション)式サスペンションとなった。

PCM00277_08


Car Models File-No.177
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]

Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.177>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.177は、ドイツのBMW「M3」です
館長:高速ツアラーM3の登場ですよー
学芸員A:館長の好きなクーペですね
館長:そう、速さと実用性の両方を持つクーペです
館長:ちゃ〜んと、乗車定員は5人なんですよ♪
学芸員B:5人が乗れるクーペって、ないですよねー?
館長:そうだね
館長:1990年代までは、ちょこちょこあったけどねぇ。
館長:そんな中にあって、M3の実用性は飛び抜けているよ!
BMW-M3-E36-Coupe_01
BMW M3 [E36] (front)

BMW-M3-E36-Coupe_02
BMW M3 [E36] (rear)

学芸員A:そこそこスタイリッシュなのに居住性バッチリって、使いやすいクルマですね
館長:しかも、最高速度は250km/hを超えるのだよー
学芸員A:それが「M」の証!
館長:それでは映像を探しましょー♪
学芸員B:サーキット映像を発見しました!
学芸員B:富士スピードウェイをタイムアタックしています

BMW E36 M3B FSW

学芸員A:富士のお山がきれいですねぇ
館長:富士山世界遺産登録おめでとう、ってかぁ
館長:タイムも素晴しいではないですか!
学芸員A:エキゾーストも堪らないですねぇ
学芸員B:いつまでも聞いていたい!
学芸員B:それよりサーキット走行したくなりますねぇ
館長:グランツーリスモ6で走ってこーい!
学芸員A:こちらもサーキット映像ですが、、、
学芸員A:BMW カップ、レースバトル映像ですよ

BMW E36-M3C BMW CUP Final Round Tsukuba Circuit 11/23/2010

館長:サーキットは筑波だね
館長:こちらも車載カメラの映像だね
学芸員A:太目の音が堪りませんねぇ
学芸員B:もう1本いっちゃって、いい?
館長:なになに?
学芸員B:タイムアタックといえばぁ、、、?
学芸員A:ニュル?
学芸員B:そうだよ、ニュルブルクリンクのアタック映像です。

▲ Nurburgring Nordschleife BMW M3 E36 under 8 minutes

館長:8分を切ってしまうのね<M3
学芸員A:「M」は伊達じゃない
学芸員A:真面目なBMWが作る大人のスーパースポーツカー!
学芸員B:すべて車載カメラ映像でした。
学芸員A:まったく外観が見えていないですね(汗
学芸員B:黄色の「M3」を見つけたよー

Regular Car Reviews: 1995 BMW E36 M3

館長:わたしの「M3」のイメージカラーは黄色ですね
学芸員B:黄色って珍しいですね
館長:この手の価格帯のクルマに黄色は珍しねぇ
館長:その後、実車でブルーの「M3」を見て、ブルーもいいじゃないか。。。。
館長:最後にブルーの「M3」で締めようか!?
学芸員A:いいのがありました
学芸員A:同時にサウンド・チェッーク

BMW M3 E36 sound !!! Clip 2010

館長:う〜ん、こりゃご馳走な音だね、、、またお腹が空いてきちゃったなぁ
学芸員B:それでは、最後の最後はメーター映像にしましょー

BMW M3 E36 0-270 km/h

学芸員A:きっちり270km/h出ているところががスゴイ
学芸員A:あっという間に終わりだね
館長:やはり人気のあるクルマは映像も写真も豊富です。
館長:なんたって3シリーズはよく売れたからねぇ
館長:もちろん、「M3」の評価も高いってことを意味してるわね
館長&学芸員:では、次回また会いましょー

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.177>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////

DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
Car Models File-No.177

PCM00277_01
Car Models File-No.177は、
ドラゴンモデルズ 1/24 EXOTIC CAR SERIES KIT No:8001
BMW M3です。
ドラゴンモデルズは海外メーカーです。
国内での輸入・発売元はハセガワでした。

PCM00277_02
──── ドラゴンモデルズのこと

ドラゴンモデルズのキットは、この博物館では初登場です。
現在のドラゴンモデルズは1/35スケールの戦車を主力商品としています。
会社設立は1987年、香港の大手模型店ユニバーサル・モデルズ(Universal Models Ltd. )の関連企業として、プラモデルの開発と製造。この頃の主力製品は1/144の航空機のキットでした。
1990年の秋に戦車模型への参入を表明、1993年に一部のキットの設計に2名の日本人が参加した事によりプラモデル製品としてレベルが向上したが、ミリタリーマニアとプラモデルマニアの知識量の差から考証面でトラブルが発生、戦車模型専門誌の記事に対して日本人監修者が抗議、専門誌側が訂正・陳謝する事件があったそうです。
カーモデルの分野では、1996年登場のこのBMW M3が第1弾だと思います。この後、同車レースカーが販売されました。ことBMW E36型の商品展開は多く、他にも320i、同レースカー、M ロードスター、316iコンパクトがありました。造型の出来は良く、その後のキットに期待をしましたが、以降のクルマのキットは見れなくなりました。

PCM00277_03
──── BMW M3 [E36]のキットについて

BMWの3シリーズの3代目E36型はプラモデルに恵まれた車種です。実車の方でも、2代目3シリーズ(E30)に引き続き世界的なベストセラーモデルとなりました。日本でも消費税導入に伴う物品税の廃止(物品税18.5%→消費税3%)、1990年代に入ってからもしばらく続いたバブル景気の余波、史上空前の円高を背景に販売台数を伸ばしたのです。
さ〜て話を戻してプラモデルのことに。
まずは「M3」から。ドラゴンモデルズ(写真)、ドイツレベルより販売されました。
M3はクーペですが、セダンのキットを紹介しましょう。タミヤからは「325i」があります。このキットはドイツレベル製でした。「M3」も同様のOEM(オーイーエム: original equipment manufacturer=他社ブランドの製品を製造すること)でしょうか。複雑ですね。ハセガワにも「318i」がありました。318iを元に「JTCC SOK BMW 318i」・「JTCC Team Schnitzer BMW 318i」・「JTCC Auto Tech BMW 318i」・「Team Schnitzer BMW 318i」・「320i」もありました。これもOEMでしょうか。ドラゴンモデルズからは「BMW 318is Racing BTCC」・「BMW Team Schnitzer」・「BMW 320i STW '98 Winner J. Cecotto」とバリエーション展開。レベルからも「BMW 320i Schnitzer Team STW 95」が出ていました。
クーペモデルでは、ドイツレベルより「320i OTM」がありました。この派生モデルでしょー、「316i COMACT」があります。さらにバリエーションとして「BMW 318ti Compact Cup」があって、ドラゴンモデルズからも「BMW 318i Compact Cup Racing」が出ておりました。
と、漏れがあるかもしれませんが、モデルカーとしては恵まれた環境にあった「E36」BMW 3シリーズです。

PCM00277_04


Car Models File-No.177
ドラゴンモデルズ 1/24 BMW M3(独)
DRAGON 1/24 BMW M3 [E36]

Car Models File-No.177 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】3Dプリンターって話題ですねぇ…キットのないカーモデルを作ってしまう夢の箱

ことの始まりは、、、
5月17日・18日に行われた「第53回静岡ホビーショー」についての記事を調べていました。
そこで見つけたのがGAZOO.comの記事なのです。
→これです→静岡ホビーショーに行ってきた!モデラーブースレポート

そこで目にとまった1枚の写真、、、
toyota-sera
1/24 トヨタ セラ

そこにあったのは、

「キットがなければ自分で作る!」

トヨタが市販車として初めてガルウイングを採用したセラの1/24モデルカー。こちらは市販キットではなく、3Dデータを作成し、3Dプリンター(プロッター)で出力したものだそう。



これは気になるー!!
この完成度の「セラ」、しかもガルウイングドアが開いている!
内装もちゃーんと作ってある!
えーっ、どーやって?

3D関係に詳しい友人に聞いてみたら、すぐにわかってしまった。
制作過程の映像を教えていただきました。
ありがとー♪

part1からpart3までの映像3本、ちょーっと長いですが見る価値大ですよー♪

モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part1【内装編】


モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part2【外装編】


モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part3【完結編】

どうですたか。すごいでしょー。
この使用している機材はローランドの「モデラ」という機械です。
切削RPマシンというんですね。
素材の塊から削り出していくという仕組みなんですね。
これも3Dプリンターっていうんですねぇ。(ローランドでは3D出力装置になってます)
ローランドのホームページ→ローランド DG

技術があるって、素晴しい!うらやましー♪
このこだわりに脱帽です。
キットがなければ、自分で作ってしまえー!♪

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】こうやって作るんだぁ…オートバイ・イラストレーションの描き方

プラモデル作ったなぁ。
バイクのプラモデルも作りました。いま作るのはクルマばっかりですが、キットはたくさん在庫してます(汗
そ〜んな1960~1970年代を象徴するレーシングバイクのイラストを描いているアーティストをご紹介します。

ugly-moto-prints_01
Yamaha YZR500 1978

このバイク・アートの制作者は フランシス・オーイ さん。
彼のアートプロジェクト"Ugly Moto"は、不格好なバイクという意味だそうですが、全然、そのネーミングとは正反対のポップで楽しいイラストレーションです!

彼は、シンガポールに本拠を置く広告代理店のクリエイティブディレクターだそうですよ。
仕事を考えれば、彼がMacを使用して制作してるというのは容易に想像つくでしょう♪
作り方はレイヤーを1枚1枚重ねて、800点以上のパーツを組み合せているのだそうです。
根気が必要でしょう。1つの作品を制作するには1カ月以上掛かるそうです。
その制作過程の映像がこちらです。。。


これらの作品は、オーイさんの単なる趣味なんですって!?
みなさん、趣味はどうどうと公開しましょー!♪ 売れちゃうかもー!

下のオーイさんのWebサイトでは各作品をA2サイズにプリントしたものが、100枚限定、65米ドルで販売されています。のぞいてみてください。

オーイさんのホームページはこちら→アートプロジェクト"Ugly Moto"

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

「不正改造車を排除する運動」「ディーゼルクリーン・キャンペーン」やってます!

ご存知でしたか?
国土交通省 自動車局は、6月を「不正改造車を排除する運動」「ディーゼルクリーン・キャンペーン」の強化月間として、6月1日~30日にかけて全国で176回の街頭検査しています。
もうお終いですけどね。
tenken-seibi_01
↑ このチラシを見ていますと、気になる改造ポイント!

灯火類の色の変更
色つきのテールランプレンズをクリアレンズに交換したりすると、クルマの雰囲気が変わります。でも、それによって灯火光まで変わってしまうのは不正改造になります。

制動灯や方向指示器灯などは、投光の色が定められていて、その他の色を使うと他の交通に誤認を与えて事故を誘発する危険があり、とても危険だからです。

着色ウインドウガラス
最近は後席ウインドウからリヤウインドウは暗いガラスが標準装備されている車種が多いですね。でも、フロントウインドウや運転席/助手席のサイドウインドウに濃い色の着色フィルムを張ると不正改造になります。気をつけたいのは透明なフィルムを張っても違反になるケースがあるということです。

車種によっては純正のウインドウにも多少色がついているんですね。そして一見透明に見えるフィルムでも多少は光の透過率が下がるものです。そこで、色つきではないフィルムを張っても、基準となる光の透過率を満たさなくなり、不正改造となってしまうことがあるのです。フロントウインドウや前席のサイドウインドウの色が濃くなると、夜間などに外がよく見えなくなってしまって危ないので気をつけましょう。

基準外のウイングの取り付け(特に幅広のもの)
レーシングカーのような大きなウイングを装着すると、スポーティでカッコよく見えるようになるかもしれません。でも、基準に適合しない形状やサイズのウイングは不正改造になります。

特に幅広のものを装着して不正改造となるケースが多いようです。歩行者を傷つける事にもなりかねません。純正外のウイングを装着しようとするときは、形状やサイズなどが保安基準に適合するものを選び、適切な方法で取り付けましょう。

不正マフラー
モータースポーツを楽しむ際には、その排気音というのも大きな魅力です。また競技車両の排気音がなぜ大きいかというと、消音しないほうがパワーが出るからなんですね。でも、だからといって公道を走る自動車の消音器(マフラー)を切断したり取り外してしまうと不正改造です。だって、みんながいつもあなたのクルマの音を楽しみたいわけではないですからね。

うるさくて困る人もいるわけです。騒音も立派な公害のひとつです。マフラーを交換したければ、ちゃんと保安基準に適合したスポーツマフラーを装着しましょう。

タイヤのハミ出し
タイヤ・ホイールの面とフェンダーの面をそろえると、「ツライチ」といってカッコいいとされます。
でもそれを超えてタイヤやホイールが車体よりも外側にハミ出してしまうと不正改造になります。

タイヤ・ホイールがハミ出していると、歩行者などに対しても危ないし、車体などと干渉する危険もあるのでやめましょうね。

改造にはプラモデルが最適です。
さすがにマフラーから爆音は出ませんけどねー!♪
安全、安心、火の用心!!
PCM00272_01
アオシマ 1/24 ケンメリ2Dr
こちらです→ ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.172>
クルマに夢を! プラモに愛を!♥

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.176>Part.... ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.036 ランボルギーニ・ムルシエラゴ

PCM00276_21
──── ムルシエラゴの生産1号車は日本にある!?

ムルシエラゴは2001年に発表されました。日本では2002年4月からデリバリーが始まったんですが、1号車はオレンジ、2号車はレッドでした。しかしぃ、生産の1号車はホワイトのボディカラーで、先の2台よりも後になって日本のコレクターに納車されました。ちなみに生産車1号のシャシーナンバーは「031」で、オレンジの1号車は「106」、レッド2号車は「107」。001から030までの30台は、テストカーなどに使用されました。

PCM00276_22


Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.176>Part 5 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

PCM00276_17
Car Models File-No.176は、
フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.36
ランボルギーニ ムルシエラゴです。

PCM00276_18
──── ランボルギーニ ムルシエラゴ(2001年12月)のカタログスペック

■ボディタイプ:クーペ・スポーツ・スペシャリティ ■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■型式:─── ■全長×全幅×全高:4580×2045×1135mm ■ホイールベース:2665mm
■トレッド前/後:1635/1695mm ■室内長×室内幅×室内高:── × ── × ──mm
■車両重量:1650kg
■新車価格:25,500,000円 ■中古車価格帯:1890~3294万円

PCM00276_19
──── ランボルギーニ ムルシエラゴ(2001年12月)のカタログスペック…2

■エンジン型式:─── ■最高出力:580ps(426kW)/7500rpm ■最大トルク:66.3kgm(650Nm)/5400rpm
■種類:V型12気筒DOHC48バルブ ■総排気量:6193cc ■ボアストローク:87.0mm×86.8mm
■圧縮比:10.7 ■燃料供給装置:ランボルギーニL.I.E ■燃料タンク容量:100リットル
■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

PCM00276_20
──── ランボルギーニ ムルシエラゴ(2001年12月)のカタログスペック…その3

■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):独立懸架、ダブルウィッシュボーン
■サスペンション形式(後):独立懸架、ダブルウィッシュボーン
■ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク ■ブレーキ形式(後) :ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):245/35ZR18 ■タイヤサイズ(後):335/30ZR18
■最小回転半径:──m
■駆動方式:フルタイム4WD ■トランスミッション:6MT ■LSD:トルセンLSD標準


Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.176>Part 4 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

PCM00276_13
Car Models File-No.176は、
フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.36
ランボルギーニ ムルシエラゴです。

PCM00276_14
──── ざーっとランボルギーニ・ヒストリー

ランボルギーニ(Lamborghini)は、イタリアの自動車メーカー。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)
本部はボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼにあり、ライバルであるフェラーリの拠点モデナ県・マラネロとは、直線距離でわずか20km程度。設立は1962年4月、農業機械(トラクター)製造で成功を収めていたフェルッチオ・ランボルギーニが興しました。そのいきさつは有名な話がありますが、それはいずれまた。。。
今回は経営権がどんどん移っていくというお話で。
1971年8月にボリビアで起こったクーデターが原因で、親会社であるランボルギーニのトラクター会社が受注していた大口のトラクター販売の契約を破棄されてしまいます。資金難に陥ったランボルギーニ・グループはランボルギーニ・トラットリーチ SpAの全株をフィアットに移譲し、自動車部門の株式51%をスイス人投資家のジョージ・ヘンリ・ロゼッティに売却しました。
後の石油ショックの影響(1974年)でロゼッティの友人であるレイネ・レイマーに残りの49%の株式までも売却してしまいました。自動車部門は完全に人手に渡ったわけです。それでもランボルギーニは頑張りBMWからM1の生産を委託さるのですが、生産の遅れを理由に契約を破棄され1978年4月に倒産しました。そしてイタリア政府の管理下に置かれたのです。
そんなランボルギーニを1981年フランスの実業家パトリック・ミムランが購入。1987年にはクライスラーの傘下となりました。

PCM00276_15
──── ざーっとランボルギーニ・ヒストリー…2

まだ終わらないランボルギーニ・ストーリー。
次の動きは1993年10月にクライスラーからインドネシアのメガテックに譲渡される。メガテック社はインドネシア新興財閥でSedtcoグループということです。そして現在に続く体制が生まれたのが1999年。アウディの傘下となったのです。アウディといえばフォルクスワーゲン・グループということです。あらためてフォルクスワーゲン・グループというのは、ドイツの自動車開発・製造・販売を行う企業グループ。その中心企業はフォルクスワーゲンで、傘下の企業群と合わせフォルクスワーゲン・グループと呼ばれています。フォルクスワーゲン・グループの自動車部門は、利益の90%を占める部門です。乗用車はVW(フォルクスワーゲン)部門と、アウディ部門の2つに分かれます。この2つ体制はそれぞれのブランドのイメージ戦略によるものでしょう。しかし、どちらのブランドもクオリティ&イノベーションを強調しています。その傘下に置くブランドには、フォルクスワーゲン・ブランドにはフォルクスワーゲン乗用車部門、シュコダベントレーブガッティが含まれ、アウディ・ブランドにはアウディセアトランボルギーニが含まれます。それぞれのブランドは市場で独自のアイデンティティを持っているのは、ご承知の通りです。またそれぞれが独立した企業運営がなされています。
ランボルギーニの話に戻しましょう。現在のCEOはアウディ・グループの意向でそれまでドイツのフィアットAGに在籍していたステファン・ヴィンケルマン。デザイナーはガヤルド・ムルシエラゴはルーク・ドンカーヴォルケ(今は、スペインの自動車メーカーセアトに在籍している)が手掛けました。現在は、アウディ・グループ内のデザイン部門主任、ウォルター・ダ・シルヴァが務めています。

PCM00276_16

Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.176>Part 3 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

PCM00276_09
Car Models File-No.176は、
フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.36
ランボルギーニ ムルシエラゴです。

PCM00276_10
──── ムルシエラゴ vs ディアブロ

今回は同門対決!
ランボルギーニのフラッグシップといえば、ミウラ→カウンタック→ディアブロムルシエラゴと変遷してきました。
このディアブロムルシエラゴをそれぞれが持つ性能の数値で比較してみよーーーという試みです。
■基本性能比較
ディアブロ
●ボディタイプ:クーペ ●最高出力(馬力):530~575
●最小回転半径6.5 ●排気量(cc):5707~5992 ●乗車定員:2
●全長×全幅×全高(mm):4470×2040×1115
ムルシエラゴ
●ボディタイプ:クーペ ●最高出力(馬力):580~640
●最小回転半径6.5 ●排気量(cc):6192~6496 ●乗車定員:2
●全長×全幅×全高(mm):4610×2058×1135

PCM00276_11
──── ムルシエラゴ vs ディアブロ…2

ここからは各項目を5段階評価で表示します。
■スポーティ=ディアブロ(5):ムルシエラゴ(5)
■運転しやすさ=ディアブロ(1.5):ムルシエラゴ(2)
■操縦安定性=ディアブロ(3):ムルシエラゴ(4)
■居住性=ディアブロ(1):ムルシエラゴ(1.5)
■安全性=ディアブロ(0.5):ムルシエラゴ(1)
■経済的=ディアブロ(0.8):ムルシエラゴ(0.3)
■環境性能=ディアブロ(1.2):ムルシエラゴ(1)
■静粛性=ディアブロ(2.2):ムルシエラゴ(1)
■便利度=ディアブロ(0.2):ムルシエラゴ(1.5)

PCM00276_12
──── ムルシエラゴ vs ディアブロ…2

最後は中古車市場を見てみましょー♪
ディアブロ
■新車価格:2250万円~3750万円(税抜)
■中古車価格:1200万円~3888万円
中古車平均価格は2098.6万円で、新車時価格に比べると買いやすい値段になりつつあります。かなりレアな車種です。
ムルシエラゴ
■新車価格:3751.1万円~3856.1万円(税込)
■中古車価格:1580万円~4065万円
中古車平均価格は2570.7万円で、新車時価格に比べると少し値下がりしています。ほとんど流通していませんし、走行距離が蓄積された中古車が多くなってきているようです。


Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.176>Part 2 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

PCM00276_05
Car Models File-No.176は、
フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.36
ランボルギーニ ムルシエラゴです。

PCM00276_06
──── ムルシエラゴの概要

■ムルシエラゴ (Murciélago) は、イタリアの自動車メーカーランボルギーニが2001年から2010年にかけて製造したスーパーカー。「ムルシエラゴ」はスペイン語で「コウモリ」の意味。イタリア語での発音は「ムルチェラゴ」に近い。
■ムルシエラゴは、ランボルギーニがアウディ傘下に入った後に発売された最初の車種であり、ディアブロの後継車種となるフラッグシップスポーツカーである。2001年のフランクフルトモーターショーで発表され、同年秋から市販化された。車名の由来は、過去のランボルギーニ車の伝統にならい、19世紀に実在した伝説的な闘牛の名前から取られている。スタイリングは当時ランボルギーニのデザイン部長であったルク・ドンカーヴォルケが担当した。

… Wikipediaより



PCM00276_07
──── ムルシエラゴの基本

■後に発表された「ガヤルド」に比べ、親会社であるアウディ社の影響が少ないモデルとの評価がある。例えばガヤルドはアルミ製スペースフレームに、アウディの設備を利用して設計されたエンジンを搭載する仕様であるが、本車種はアウディに買収される以前に設計したディアブロの構造的特徴の多くを受け継いでいる。
■ボディは角断面を持つ鋼管スペースフレームによって組まれ、外部からの応力をほぼ全てシャシーによって負担する構造を持っている。シャシーの大部分はスチール製だが、フロアパネルと一部の補強用補助構造体などはカーボンファイバーが使用されている。また、ボディパネルにもカーボンファイバーを用いられているが、ルーフと左右のドアにはスチール素材を使っている。これらの最先端素材を多用したことで、ディアブロより全長が約100mm延長されているにも関わらず、乾燥重量はほぼ同水準の1,650kgとなっている。
車名をあらわすエンブレムは装着されていない代わりに、ドアのサイドシル部分に"MURCIELAGO"のロゴが刻まれている。ドアの開口部はガルウイングドアの上昇量が増やされ、開口部も広く取られた事により、ディアブロに比べ乗降性が向上している。
■搭載エンジンは新規設計されたものではなく、ディアブロから引継ぎとなるアルミダイキャスト、60°バンクを持つ水冷V型12気筒DOHCエンジンの発展型を搭載する。このエンジンはカウンタックからディアブロを経てムルシエラゴまで基本構造を受け継ぐ設計であり、ディアブロの最終生産型である6.0SEのものに基本ストロークを延長し、排気量は6.2Lとしている。またディアブロのエンジンと比較して、素材見直しによるムービングパーツの軽量化も行われている。出力は580hp(約588PS)、トルク66.3kgmとされている。このエンジンの感触について福野礼一郎は「古典的なエンジン」「いかにも内燃機らしい豪快な回り方」と評している。

… Wikipediaより



PCM00276_08
──── ムルシエラゴの基本…その2

■パワートレインの配置はカウンタックからディアブロを経て受け継いだもので、運転席と助手席の後ろに置かれたエンジンの出力は、運転席と助手席の間のセンタートンネルに置かれたトランスミッションを経由した上で後輪に伝えられている。しかし、ディアブロ以前にはオイルパンを貫通していたドライブシャフトをディファレンシャルギアごと車体右側にずらして設置し、潤滑方式をドライサンプにすることによって、エンジンの搭載位置を50mm下げている。また、トランスミッションも従来の5速から6速に変更され、後に「e-gear」と呼ばれるセミオートマチックトランスミッションが追加された。
■ディアブロが後輪駆動と四輪駆動の二つのグレードが用意されていたことに対して、ムルシエラゴは四輪駆動のみの設定となっている。
ムルシエラゴの四輪駆動は比較的簡易な構造を持つビスカス式センターデフを持つものであり、動作制御もディアブロが姿勢を崩した時に効果を発揮する的な仕様に対し、通常でも前輪にも積極的に駆動力を配分するものに変更されている。
■高速域での安定性を確保するため、電動可動式ウイング、サイドインテークが装着されている。
■アメリカ環境保護局とエネルギー省が毎年発表する燃費ワーストランキング2010年では、本車種のMT仕様が市街地燃費3.4、高速燃費5.53とワースト1位に選ばれている。またAT仕様も3位に選ばれている。なお、ランボルギーニは4年連続1位となった。

… Wikipediaより




Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.176>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.176は、ランボルギーニ「ムルシエラゴ」でございます
館長:ランボルギーニがアウディの傘下に入って最初のモデル
館長:「ディアブロ」の後継機です
学芸員A:Car Models File-No.174は「レヴェントン」でしたね
館長:そうだったね、時間を遡って若返ったわけだ
館長:さーて、実車写真から行ってみよー♪
学芸員B:博物館で所有する画像を掲載しましょう
NAT2012_04_23
Lamborghini MURCIELAGO (front)2012 NAGOYA AUTOTREND

NAT2012_04_24
Lamborghini MURCIELAGO (rear)2012 NAGOYA AUTOTREND

NAT2012_04_25
Lamborghini MURCIELAGO (rear)2012 NAGOYA AUTOTREND

学芸員A:これらは、2012年の名古屋オートトレンドのスーパーカー特設会場(屋外)です
学芸員A:博物館で掲載している「ムルシエラゴ」って数多いのですよ
学芸員A:あまりに数があるので、すべてをご紹介できませんがぁー
館長:なに、なに、何かあるの?
学芸員B:これっ、大好きだものねぇ♡
学芸員B:もう一度、載せようよ!
学芸員A:よっしゃー
NAT2013_02_069
LB★WORKS MURCIELAGO2013 NAGOYA AUTOTREND

NAT2013_02_070
LB★WORKS MURCIELAGO2013 NAGOYA AUTOTREND

NAT2013_02_071
LB★WORKS MURCIELAGO2013 NAGOYA AUTOTREND

館長:カッコいいねぇ
学芸員A:そうです、リバティーウォークのムルシエラゴです
学芸員B:ムルシエラゴといえばリバティーウォークってかぁ!?
学芸員B:しかし、カッコいいですねぇ
学芸員B:ムルシエラゴのデザイン制作者はやはり傘下に入ったアウディの方でしょうか?
館長:お答えしよう♪
学芸員A:アウディの傘下に入ったときには開発が進んだ後だったそうだ
学芸員A:影響を受けることが少なかったようだね
館長:スタイリングは当時ランボルギーニのデザイン部長であったルク・ドンカーヴォルケさんが担当!
館長:ところで「ムルシエラゴ」という名前だが、、、
学芸員A:ランボルギーニの名前の付け方は、代々闘牛の名前ですよね
館長:ランボルギーニ車の伝統とでも言おうか、「ムルシエラゴ」も19世紀に実在した伝説的な闘牛の名前だね
学芸員A:映像を探してみます♪
学芸員A:さすがにスーパーカーですね、たくさん出てきます
学芸員B:前回のレヴェントンは希少種過ぎて、映像は表に出てきませんでしたから
学芸員B:そう思えば、たくさんあるけど、見切れないよー

Lamborghini Murcielago vs. Nissan GT-R Street Race
館長:ムルシエラゴ vs GT-R だね
学芸員A:どっちが速いか、なんて、比べることはナンセンスですが、エンジン音はムルシエラゴの勝ちっ!
学芸員A:次の映像は、ムルシエラゴだらけの巻!
学芸員B:一体、何台のムルシエラゴ?日本中のムルシエラゴが集会!?

Lamborghini Murcielago Supercar parade
館長:出るわ、出るわ
学芸員B:レプリカの映像がたくさん出てきます。
館長:キットが販売されているようだね
館長:海外ばかりかと思ったら日本のレプリカ・ムルシエラゴの映像もあるじゃないか
館長:レプリカはやめておこう
学芸員A:お次も対決もので!
学芸員A:アウディのA8ですよ
館長:それはガヤルドとの対決に近いね

Audi R8 V10 vs. Lamborghini Murcielago
学芸員B:対決ものが目につきますねぇ
館長:次は何と対決?
学芸員B:同門対決!
学芸員B:アヴェンタドールとやっちゃってます

RACE: Lamborghini Murcielago VS Lamborghini Aventador
学芸員A:つぎは趣向を凝らした対決もので
館長:では、つぎを最後としようか。。。
学芸員B:さーて、どんなクルマと対決するのかな?
学芸員A:ムルシエラゴ vs ムルシエラゴ だよ!
学芸員A:ただ、エキゾーストノートで対決だ!
館長:爆音対決か!?それはいい
館長:ムルシエラゴの排気音、思う存分味わってくださーい
館長&学芸員:では、次回また会いましょー

Best of Lamborghini Murcielago Exhaust Sound

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.176>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
Car Models File-No.176

PCM00276_01
Car Models File-No.176は、
フジミ 1/24 リアルスポーツカーシリーズ No.36
ランボルギーニ ムルシエラゴです。

PCM00276_02
──── キット箱の解説から

2001年9月登場のディアブロ後継・新世代12気筒モデル『ムルシエラゴ』(LHD4WDMT6.2)を1/24スケールで再現致しました。ホイールベース、全長、全幅、全高は、ディアブロよりサイズアップし、ホイールも前後共18インチ化されました。

キットの特徴
★エンジンは彫刻で忠実に再現しました。
★フロントインテークはメッシュパーツで再現しました。
★前後18インチアルミは銀塗装で再現。

PCM00276_03
──── フジミとアオシマ

フジミのムルシエラゴのキットは2004年に発売。実車は2001年のフランクフルトモーターショーで発表され、同年秋から市販化されたので、3年後にキット化されたわけですね。ファンにとっては製品化を待っていたわけですから、その期待も高かったことだと思います。全体的なフォルムはいい感じじゃないかと思いますね。フジミだけにエンスージアストシリーズのような商品を待っていたところでしょうが、残念ながらパーツ点数の少ない入門者向けキットという趣でした。最大の残念なことは、シザースドアが開かないことではないでしょうか。、後に発売されたデラックスバージョンのキットにはワイパーやシフトゲート、エンブレム等のエッチングパーツが付属。ランボルギーニ創立40周年を記念してつくられたアニバーサリーモデルも発売されています。この実車も世界限定50台で生産されました。ここまでがフジミのお話。
アオシマはつい先日、ムルシエラゴのキットを発売しました。アナウンスは2013年でしたが、延びて延びて本年2014年の2月となりました。10年越しのなんとかは、、、上手ですね、フジミとは角度を変えて、 ムルシエラゴ LP670-4 SVを商品化してきました。ムルシエラゴの最終形態と申しましょうか、非常によい選択だと思います。こちらは10年の歳月の技術の進歩を感じます。もちろん、シザースドアは開きますよ!
できれば、フジミ・アオシマの両方のムルシエラゴを作り比べてみましょー♪

PCM00276_04


Car Models File-No.176
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)
FUJIMI 1/24 Lamborghini MURCIELAGO

Car Models File-No.176 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model




1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ1/24 RS-36 ランボルギーニ ムルシエラゴ
(2004/09/01)
フジミ模型

商品詳細を見る



1/24スーパーカーシリーズNo.09 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670-4 SV1/24スーパーカーシリーズNo.09 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670-4 SV
(2014/02/15)
青島文化教材社

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

どうしてコーヒーでクルマの絵を描くの?

私、コーヒーが大好きです。
ものごとコーヒーが無いと始まらないし、仕事もはかどらない。
一日何杯のコーヒーを飲むでしょうか?
朝昼晩と2杯ずつ6杯は飲みますね。

しかし世の中は広いですね。コーヒーを飲まずにコーヒーを使って絵を描くアーティストがいるって!?
ルーマニア人アーティストのAdrian Mituさん。
Adrian-Mitu's-F40

コーヒーだけに味がある!?
くだらないことはさておいて、彼のアートワークをその目で確かめてください。

Adrian Mitu - Morning Coffee (English subtitles)

Adrian-Mitu's-Tornado

もっと彼の作品を見てみたい方は、彼の ギャラリー「Aquarelief」という Facebook をのぞいてみてくださーい。

私はマネできませんね、コーヒーは味わうものですから。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺自動車ショールーム事情…その2

名駅周辺自動車ショールーム事情の2回目も前回同様、
ミッドランドにあるレクサス・ショールームより

撮影日は5月の中旬です。

↓ さー、わかりますか?
レクサスのショールームですからね。ホンダ「S660」とは違いますよー!
TE-Spider_01
このクルマは、
トヨタ技術会2013年度特別企画製作車両
TE-Spyder 800 です。

TE-Spider_02

TE-Spyder 800(テスハチ)。
それは先人の念いを継承し、未来を切り開くコンセプト。
かつて大衆車パブリカからトヨタスポーツ800(通称ヨタハチ)が生まれた時の感動を、
今を生きる僕たちが味わいたい。
現在の大衆車プリウスから、トヨタ技術会は新しいコンセプトのスポーツカーを作りました。
それは今までのハイブリッドカーへのイメージを変える発想であり、
新たなハイブリッド時代への提案です。

…トヨタ技術会


TE-Spider_03

TE-Spider_04

TE-Spider_05

TE-Spider_06

TE-Spider_07
──── TE-Spyder 800(テスハチ)のスペック

■ベース車両:MR-S ■車両型式:GH-ZZW30 ■エンジン型式:1NZ-FE改 ■総排気量:1,496cc
■最高出力:85kW(116PS)/6,400rpm ■最大トルク:150Nm/4,400rpm
■モーター型式:3JM ■最高出力:75kW(102PS) ■最大トルク:220Nm
■全長x全幅x全高:3,910mm×1,735mm×1,235mm ■ホイールベース:2,450mm
■駆動方式:MR[後輪駆動方式] ■トランスミッション:電気式無段変速機

TE-Spider_08

映像もありました。

TE-Spyder 800 : Light weight sports Plugin Hybrid concept

このまま市販されてもまったく違和感の無いスタイリング。
「DRIVING KIDS with TOYOTA」
日本中・世界中の愛すべき「走り大好き小僧たち」の心に火をつけてくださいよー♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺自動車ショールーム事情

さーて、今回と次回のエントリーはタイトル通り、名駅周辺の自動車ショールームの展示車両をご紹介。
そのショールームはミッドランドにあるレクサス・ショールームです!

撮影は2014年5月の中旬です。

↓ このクルマは何でしょう??
LF-LC_01
遠巻きに、「またLFAが置いてあるー」と思いショールームに近づいてみたわけですが、
「あれ?これLFA?」ってなりまして、、、
ナンバーを見たら LF-LC とありました。

LF-LC_02
2012年のオーストラリア国際モーターショー出展車両(ブルー)

「LF-LC」は、進化を続けるLEXUSの今後の方向性を見極める
デザインスタディモデルであり、レクサス・ハイブリッド・ドライブによる先進性と
優れた走行性能を兼ね備えた次世代スポーツクーペにふさわしい
躍動的なスタイリングとしています。
また、有機的な造型と先進性を融合させた内装デザインにより、
クルマとドライバーの一体感を演出しています。

…LEXUSモーターショーレポートより



LF-LC_03
2012年1月のデトロイトオートショーで初披露されたときはボディカラーが「レッド」でした。

LF-LC_04
▲ インテリアは、運転中の安全性を考慮し、ナビゲーションシステム、オーディオ、エアコンなどの操作を、手元にある操作ノブで指先を使って前後左右にマウス感覚で動かすだけという優れもの。また、中央のモニターは12.3インチの大型LCDスクリーンを採用、ドライバーの視線を大きく動かすことなく内容が確認できる設計。

LF-LC_05
オーストラリアで公開されたときにはパワートレインの情報も一部明かされました。
それによれば、次世代レクサスのハイブリッド・エンジンは、アトキンソンサイクルエンジンと従来の軽量かつ高出力を発揮するバッテリー(二次電池)を組み合わせたもので、最高出力は507psとなっていました。

LF-LC_06
このブルーというカラーは神秘的ですねぇ。
市販されるといいですね。
一部のニュースでは市販化決定という文字も見た気がするんですけど。。。
「ソアラ」の後継?
こんなラグジュアリーなクーペは大好きな御馳走です。

LF-LC_08
▲ 力強く演出するスピンドルグリル

LF-LC_07
▲ ドアミラーなど細部のデザイン造型が凝ってます

詳細の情報が無いので、文字スペースが埋まりませんが、勘弁してくださいね m(_ _)m

次回もショールーム事情の2回目よ。。。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.175>Part 5 ポルシェ ボクスター(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
PCM00275_17
──── ポルシェ ボクスター(986)(1998年10月)のカタログスペック

■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル ■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■型式:GF-986K ■全長×全幅×全高:4315×1780×1290mm ■ホイールベース:2415mm
■トレッド前/後:1465/1530mm ■車両重量:1300kg
■新車価格:6,700,000円
ちなみに前々回のホンダ S2000 ベースグレード(1999年4月)とカタログスペックを比べてみよう♪
●ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル ●ドア数:2ドア ●乗員定員:2名
●型式:GH-AP1 ●全長×全幅×全高:4135×1750×1285mm ●ホイールベース:2400mm
●トレッド前/後:1470/1510mm ■車両重量:1240kg
●新車価格:3,380,000円
価格以外ほとんどすべて同じでーす!

PCM00275_18
──── ポルシェ ボクスター(986)(1998年10月)のカタログスペック…その2

■エンジン型式:─── ■最高出力:204ps(150kW)/6000rpm ■最大トルク:25.0kgm(245.2Nm)/4500rpm
■種類:水冷水平対向6気筒DOHC24バルブ ■総排気量:2480cc ■ボアストローク:85.5mm×72.0mm
■圧縮比:11.0 ■燃料供給装置:BoschM5.2 ■燃料タンク容量:64リットル
■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
こちらもS2000と比べてみましょうか。
●エンジン型式:F20C ●最高出力:250ps(184kW)/8300rpm ●最大トルク:22.2kgm(217.7Nm)/7500rpm
●種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ ●総排気量:1997cc ●ボアストローク:87.0mm×84.0mm
●圧縮比:11.7 ●燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI) ●燃料タンク容量:50リットル
●使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
排気量の違い、ピストンの数の違いがありますが、出力はS2000が勝り、トルクはボクスターが勝る。
ドライビングという観点から見れば、トルクの太いボクスターの方が楽しいかな。

PCM00275_19
──── ポルシェ ボクスター(986)(1998年10月)のカタログスペック…その3

■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前):マクファーソンストラット
■サスペンション形式(後):マクファーソンストラット
■ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク ■ブレーキ形式(後) :ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):205/55ZR16 ■タイヤサイズ(後):225/50ZR16
■最小回転半径:5.5m
■駆動方式:ミッドシップ ■トランスミッション:5AT ■LSD:───
残りもS2000と比べてみましょう。
●ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
●サスペンション形式(前):ダブルウイッシュボーン式
●サスペンション形式(後):ダブルウイッシュボーン式
●ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク ●ブレーキ形式(後) :ディスク
●タイヤサイズ(前):205/55R16 89V ●タイヤサイズ(後):225/50R16 92V
●最小回転半径:5.4m
●駆動方式:FR ●トランスミッション:6MT ●LSD:トルセンLSD標準
駆動方式の違いがクルマの個性に直結していますね。
しかしこーやって見ると、S2000の力の入れようは並々ならないですね。
ボクスターを完全に超えてます!
って、今回はボクスターが主役ですから。。。
ではまた〜!

PCM00275_20


Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.175>Part 4 ポルシェ ボクスター(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
PCM00275_13
──── バリオカムのこと

バリオカム(VarioCam)とは、ポルシェのエンジンにおいて使用される可変バルブ機構の名称。
基本特許はロータスが所持しており、それをシェフラーが買ってポルシェと共同開発した。市販車においては1991年、968において最初に採用された。ボクスターもその技術を継承していますが、今回は指向を変えて、可変バルブ機構のことを調べてみました。

PCM00275_14
──── 可変バルブタイミング機構のこと

可変バルブタイミング機構(かへん・ばるぶ・たいみんぐ・きこう)とは、エンジンの回転数に応じてバルブの開閉時期を変化させる機構。一般的な4サイクルエンジンでは、ピストンが下がることでガソリンと空気の混合気を「吸入」し、ピストンを押し上げて「圧縮」。ここでスパークプラグで着火し「燃焼・膨張」を起こさせ、ピストンが勢いよく下降、そしてピストンが再度上昇し「排気」という4つの工程を繰り返す。この「吸入」「排気」のタイミングを決定するのがバルブ開閉。
カムシャフトのプロフィールによって制御されるが、高回転域用、低回転域用といった2種類のカムを切り替えることで高効率化を実現し、パワーとドライバビリティなど相反する特性も両立できるようになった。

PCM00275_15
──── メーカーによって異なる名前

ただしこの可変バルブタイミング機構という技術は、メーカーによって可変させる仕組みや名称は異なっているのです。
もちろんポルシェは「バリオカム」、トヨタ→「VVT-i」、日産→「VVEL」、ホンダ→「VTEC」、マツダ→「S-VT」、スバル→「AVCS」、三菱→「MIVEC」、スズキ→「VVT」、ダイハツ→「DVVT」、BMW→「VANOS」などなど。

PCM00275_16


Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.175>Part 3 ポルシェ ボクスター(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

PCM00275_09
Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
室内も立体感たっぷりに再現。
オープン仕様、ハードトップ装着、ソフトトップ装着を選んで組み立てられます。

PCM00275_10
──── 100万円からボクスターが買える!?

ボクスターの中古車が今、100万円で余裕に買えてしまうってご存じでしたか?
「えー、でもそれって超ぼろぼろで買った瞬間に修理代が100万円単位でかかるんじゃないの?」と思った方、ちょっと待ってください。実は、きちんとした個体選びをすれば、本当に「100万円台前半」からボクスターが、買えてしまうのです。
それも「エアコンも効いて、日常の足としてもきっちり使える」モデルが。つまり、これ1台ですべてのカーライフがまかなえるんですよ。どうですか? 軽自動車の新車価格でも100万円するご時世に、同じ予算でポルシェ・ボクスターが買えてしまう。さあ、どうします!?

PCM00275_11
──── 100万円からボクスターが買える!?…その2

しかし、気になるのはやはり購入後の故障やメンテナンスサイクルなのではないでしょうか。
ところがこの心配も、「ポルシェだから」という気構えは、まず水冷モデルに限って言えばほとんど必要ないです。水冷ポルシェこと986型ボクスター、国産と同様に定期交換部品をきちんと交換してメンテしていれば、「ポルシェならでは」と言えるようなトラブルの発生はほとんど出ないのでは。言われるのはボクスターの幌が劣化しやすい、ということがありますがこれもホンダ・S2000やマツダ・ロードスターなどの布製トップ車と同等と考えていいでしょう。さらにウォーターポンプの寿命が国産車より若干短めのようですが、これは逆に、「他に目立ったトラブルがないため、強いてあげれば」ということのようです。
というわけで初代ボクスターはとりわけ初心者におすすめですね。もちろん新車ではありませんから、消耗部品の交換サイクルはきちんと守る必要があります。そしてその交換時にはプロに見てもらった方がいいのは間違いないです。

PCM00275_12
──── 100万円からボクスターが買える!?…その3

……どの思いました?
「トラブルフリーじゃなきゃ困る」という方には、はっきり言っておススメしません。なぜならいずれも中古車で、10年以上が経過したクルマでしょうから。しかし、国産車にしてもトラブルフリーということはないでしょうからね。
「メンテナンスに気を使う部分はありそうだけど、もしかして100万円ボクスターって、自分にも維持できるクルマなのかな?」と思えた人には、いっちゃいませんか? ただし、私は責任が持てませんので(汗
「いつかはポルシェに乗りたいと思っているのなら、しっかりクルマのこと勉強して『自分が買えるのか』を検討する価値はあり」じゃないかと。。。
 目指せ『ポルシェ・オーナー』!!

Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


もっと上手に背中を押してくれる ↓ ここから・・・

新100万円台のポルシェ・ボクスターと200万円台の911は、買っても大丈夫です(モーターファン別冊)新100万円台のポルシェ・ボクスターと200万円台の911は、買っても大丈夫です(モーターファン別冊)
(2012/11/28)

商品詳細を見る

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【映画】ニード・フォー・スピード…700万ドルのスーパーカーたち!

2日続けて話題は映画です。
6月7日より公開されました【映画】ニード・フォー・スピード
原題:NEED FOR SPEED 2014年/アメリカ

この映画は、ある意味、、、クルマが主役です。
それも1台1億円オーバーのスーパーカーたちですよー。

今回は登場するスーパーカーにスポットライトを当ててみたいと思います。

ストーリーの時間の流れを追って紹介していきましょう。
主人公トビー・マーシャル(アーロン・ポール)は地元のニューヨーク州マウントキスコで、父親が遺した自動車修理工場「マーシャル・モータース」を継いだが経営は火の車状態。唯一の気晴らしは、週末の夜に行われるストリート・レース。
愛車は1969年型フォード・トリノ・コブラ
ストリート・レーサーが集まってくるドライブインシアターで上映されている映画は、サンフランシスコの坂道でのカーチェイスで知られるマックイーンの『ブリット』でしたよ。
1968-Ford-Torino_01
1968年型フォード・トリノ
1968-Ford-Torino_02
写真はズバリではありませんm(_ _)m
1969 Ford Trino Cobra 1969年型フォード・トリノ・コブラ
■エンジン:V型8気筒OHV ■排気量:4942cc(標準エンジン)
■最高速度:不明 ■0→100km/h:不明 ■駆動方式:FR ■ミッション:4速MT
■最高出力:223ps(標準エンジン) ■最大トルク:407Nm(標準エンジン)
■全長×全幅×全高:5105 × 1892 × 1361mm
もちろん、劇中ではチューンを施されたマシンですから、エンジンも7リッター級の“ビッグブロック”を搭載されていると思われます。
次に乗り継ぐクルマがマーシャル・モータースの仲間たちと作り上げたシェルビー・マスタング。大金持ちの伯父を持つ宿敵ディーノ・ブルースターが持ち込んだクルマなのです。
2014-Ford-Shelby-GT500_01
2014年型シェルビーGT500
need-for-speed_01
こちらが映画で登場のシェルビーGT500
Shelby GT500 Mustang シェルビー・マスタング
■エンジン:V型8気筒DOHC+スーパーチャージャー ■排気量:5800cc
■最高速度:376km/h ■0→100km/h:不明 ■駆動方式:FR ■ミッション:6速MT
■最高出力:900ps ■最大トルク:不明
■全長×全幅×全高:4780 × 1877 × 1392mm
このクルマが最も活躍します。派手なアクション担当車です。
パッセンジャーシートにジュリア(イモージェン・プーツ)を連れ、45時間以内に大富豪ザ・モナークが主催するストリート・レース“デレオン”に参加するため南へ向かうトビー。それを阻止しようと刺客を送るディーノ。あわやシェルビーは木っ端微塵。ジュリアも怪我を(かわいそうー)
さーて、レースに参戦する為のクルマをどうするのか?

“デレオン”に参戦するクルマを紹介しましょう♪
2004-Saleen-S7_01
Saleen S7
2004-Saleen-S7_02
Saleen S7 サリーン S7
■エンジン:V型8気筒OHV+ツインターボ ■排気量:7000cc
■最高速度:399km/h ■0→100km/h:2.8秒 ■駆動方式:MR ■ミッション:6速MT
■最高出力:750ps ■最大トルク:97.0kgm
■全長×全幅×全高:4776 × 1990 × 1041mm

2010-Bugatti-Veyron-16_01
Bugatti Veyron EB16.4
2010-Bugatti-Veyron-16_02
Bugatti Veyron EB16.4 ブガッティ・ヴェイロン EB16.4
■エンジン:W型16気筒+4ターボ ■排気量:7993cc
■最高速度:407km/h ■0→100km/h:2.5秒 ■駆動方式:ミッドシップ4輪駆動
■ミッション:7速シーケンシャルDSG ■最高出力:1001ps ■最大トルク:1250Nm
■全長×全幅×全高:4466 × 1998 × 1206mm

2013-McLaren-P1_01
McLaren P1
2013-McLaren-P1_02
McLaren P1 マクラーレン P1
■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ+モーター ■排気量:3799cc
■最高速度:350km/h(リミッター作動) ■0→100km/h:3秒未満 ■駆動方式:MR
■ミッション:7速シーケンシャルSSG ■最高出力:916ps ■最大トルク:900Nm
■全長×全幅×全高:4588 × 1946 × 1188mm(レース時1138mm)

2014-GTA-Spano_01
GTA Spano
2014-GTA-Spano_02
GTA Spano GTA スパーノ
■エンジン:V型10気筒OHV+ツインターボ ■排気量:7990cc
■最高速度:350km/h以上 ■0→100km/h:2.9秒 ■駆動方式:MR
■ミッション:7速シーケンシャル ■最高出力:925ps ■最大トルク:1220Nm
■全長×全幅×全高:4600 × 1980 × 1180mm

そうそうたる面々でしょ!?
しかし、写真でしかお目にかかったことないんですよねー。
イマイチ、ピンとこないというか、、、リアルじゃないというか?

宿敵ディーノが駆るマシンを紹介しよう♪
2010-Lamborghini-Sesto-Elemento_01
Lanborghini Sesto Element
2010-Lamborghini-Sesto-Elemento_02
Lanborghini Sesto Element ランボルギーニ・セスト・エレメント
■エンジン:V型10気筒DOHC ■排気量:5204cc
■最高速度:300km/h以上 ■0→100km/h:2.5秒 ■駆動方式:ミッドシップ4輪駆動
■ミッション:6速シーケンシャルeギア ■最高出力:570ps ■最大トルク:未公表
■全長×全幅×全高:未公表 × 未公表 × 未公表
セスト・エレメント(Sesto Element)とは6番目の元素のことである「炭素」。
基本はガヤルドだと思われますが、デザインはアヴェンタドールに繋がっていますね。

いよいよトビーは、どんなクルマで立ち向かうのか??
2013-Koenigsegg-Agera-R_01
Koenigsegg Agera R
2013-Koenigsegg-Agera-R_02
Koenigsegg Agera R ケーニグセグ・アゲーラR
■エンジン:V型8気筒DOHC+ツインターボ ■排気量:5000cc
■最高速度:400km/h以上 ■0→100km/h:2.9秒 ■駆動方式:MR
■ミッション:7速シーケンシャルDCT ■最高出力:1115ps ■最大トルク:1200Nm
■全長×全幅×全高:4293 × 1996 × 1120mm

さー、勝つのは誰だぁ、って
わかってるよねぇ。。。
しかし、ストーリーをほとんど、すっ飛ばしましたぁー

あっ、1台忘れた(汗
顔見せ的に出てくるクルマ。。。
2015-ford-mustang_01
2015 Ford Mustang GT
2015-ford-mustang_02
2015 Ford Mustang GT 2015年フォード・マスタングGT
■エンジン:V型8気筒DOHC ■排気量:4951cc
■最高速度:250km/h以上 ■0→100km/h:5.0秒以下 ■駆動方式:FR
■ミッション:6速AT ■最高出力:420ps以上 ■最大トルク:54.0kgm以上
■全長×全幅×全高:4784 × 1916 × 1318mm
50年にも及ぶマスタングの歴史の集大成か!?

と長々とご紹介してまいりましたが、、、肝心のー

トビーが、どうしてストリート・レース“デレオン”に参加するはめになったのかは、映画を観てね!
映画は斜陽、クルマ映画に勢いはありませんが、こうして公開されるだけで嬉しいですね。些細なところ?には目をつむって、広ーい目で見守っていきましょー♪

では、次回は1/24博物館に戻りまーす!

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

【映画】ニード・フォー・スピード…スーパーカーが飛ぶ!回る!炎上する!?

1/24博物館(ポルシェ・ボクスター)を割って入ってしまってごめんなさい m(_ _)m
昨日から封切りになりました【映画】ニード・フォー・スピード を観てきました。
need-for-speed_01

正直なところ、映画としての私の評価は★★★です。
「ワイルド・スピード」の第1作目は、いかにもB級映画でした。
しかし、そのB級の魅力が2作目、3作目へと導いたのです。
無い物ねだり、比較しちゃいけないですね。

「ニード・フォー・スピード」はどうでしょうか?

解説: 世界的な人気レーシングカーゲームを原案にしたカーアクション。天才レーサーが自分を裏切り陥れたかつての相棒に復讐(ふくしゅう)すべく、危険な公道レースに挑む。『ネイビーシールズ』などのスコット・ウォーが監督を務め、フォード・マスタングやランボルギーニなど世界のスーパーカーが多数登場し迫力のレースシーンが展開。テレビドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズなどのアーロン・ポールを筆頭に、『17歳の肖像』などのドミニク・クーパーらが共演する。
……シネマトゥデイ


■スタッフ
監督・製作総指揮・編集: スコット・ワウ
脚本・ストーリー: ジョージ・ゲイティンズ
ストーリー・製作: ジョン・ゲイティンズ
撮影監督: シェーン・ハールバット
プロダクションデザイン: ジョン・ハットマン
編集: ポール・ルベル
音楽: ネイサン・ファースト
スタントコーディネーター: ランス・ギルバート
■キャスト
アーロン・ポール=トビー・マーシャル
ドミニク・クーパー=ディーノ・ブルースター
イモージェン・プーツ=ジュリア・マッドン
マイケル・キートン=ザ・モナーク

ストーリー: 天才的なドライビングテクニックを持つレーサーのトビー(アーロン・ポール)は、パートナーのディーノ(ドミニク・クーパー)に裏切られぬれぎぬを着せられてしまう。そのリベンジを果たすため、彼はチューンアップされたスーパーカーが目にも留まらぬスピードで疾走する危険なストリートレースに挑む。ライバルたちの妨害や警察が執拗(しつよう)に追跡する中、ゴールに向かってひた走るトビーだったが……。
……シネマトゥデイ


まずはキャストから、、、
主役のアーロン・ポール(トビー・マーシャル)は、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のマイケル・J・フォックスをぽっちゃりとした感じ。声は渋いんですが、イマイチとしか言いようがなくて。
大富豪でレースの仕掛人ザ・モナークをマイケル・キートンが演じています。モナークはレースの実況をネットを通して行っています。キートンらしく上手ですねぇ。「キャプテン・アメリカ」にも出ていましたが、今回もいいです。目っけもんは、イモージェン・プーツ!可愛らしくてよかった。彼女のおかげで、なんとか最後まで観ることができました。
need-for-speed_02
かわいいでしょ、イモージェン・プーツ(ジュリア・マッドン)

ストーリーは、あらためて書くまでも、、、
ストーリーはあるにはあるが、乱暴過ぎて、その都度ツッコミ入れてたら疲れちゃう。
カースタントに集中しましょー♪
こんなシーンがあります。戦闘機が空中で給油する映画を観たことがあるでしょー!?
これを真似て、高速走行中に給油するんです。そんなぁ、、、そんな必要性がどこにー!?ってな具合。

カースタントはやってくれますよ。スコット・ワウ監督は彼の父から2代続くスタントマンで、アクションシーンには人一倍こだわりがあるようです。
ただ、ドライバーの運転姿勢が気になりましたねぇ。撮影の仕方の問題か?スーパーカーのコクピットが狭いのにも理由があるのかな?カッコ悪かったです。

出演するスーパーカー?の話が出来ませんでしたねぇ。。。。
もう一回ください。

次回は「ニード・フォー・スピード」に登場するスーパーカー特集ということで!

映画はぜひ劇場でご覧ください。
カースタントは興奮しますよ!

Need For Speed Movie - Full Length Trailer

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.175>Part 2 ポルシェ ボクスター(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

PCM00275_05
Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
室内も立体感たっぷりに再現。
オープン仕様、ハードトップ装着、ソフトトップ装着を選んで組み立てられます。

PCM00275_06
──── 986型ボクスターは3タイプ

986型■1996年〜
2,480cc206仏馬力エンジンを搭載。最高速は240km/h。可変バルブタイミング機構バリオカムを採用。996型911と共通部品が多くする。フロントのストラット式サスペンション構造は996と全く同じである。しかし、全幅は996比+10mm、全長と全高は996比-15mm、ホイールベースは996比+65mmと車体サイズは大きく異なる。ボディー剛性を十分に確保しつつも車両重量を996カレラよりも100kg軽い1250kgとなっている。
986型■2000年〜
エンジンはストロークを72mmから78mmにし、2,687ccに拡大し220仏馬力となる。電子制御スロットル、デュアルエアバッグ、POSIP(サイドエアバッグ)、衝撃吸収ドアパネルで構成される側面衝突プロテクションシステム、ABSを標準装着した。
986型■2003年〜
大幅なマイナーチェンジを受けた986型の最終モデル。カムシャフト回転角を最大40度まで無段階調整ができるようになった新型のバリオカムを採用し、最高出力は8仏馬力アップ。シリンダーライナー下端にバイパスチャネルも設置された。新デザインの17inアルミホイールは、4本合計で10kg以上もの軽量化を果たした。前後バンパーの形状変更、ウインカーのクリアレンズ化、マフラー形状の変更など、エクステリアの変更も多い。

PCM00275_07
──── ボクスターはプチスーパーカー

ポルシェといえば「RR」すなわちリヤエンジン・リヤドライブとなるわけですが、このボクスターは違った。ポルシェ・968の後継機ですが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発された水平対向エンジンをミッドシップにマウントしているのです。ポルシェ初のミッドシップ!と思いきや、ポルシェの市販されたミッドシップ初は「914」だったのです。ただし914はワーゲン・ポルシェと言ってました。フォルクスワーゲンとポルシェの共同で製造・販売したことによるダブルネーム。しかしポルシェにかわり無し。なんと20年ぶりの復活でした。ボクスターのポルシェ車の中でのポジションは価格帯や搭載されるエンジン、そしてポルシェ・911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルとしての性格が与えられました。その辺りがボクスターをもってスーパーカーに含まない、911はスーパーカーである、みたいな線が引かれてしまったような気がする。もちろんスポーツカーとしての素養は十分以上に満たしている。

PCM00275_08


Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.175>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.175は、ポルシェ「ボクスター(Boxster)」
館長:「ボクスター」とは、水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster)を掛け合わせた造語
館長:ポルシェのプチスーパーカーですよ。
学芸員A:2.5リッターの水平対向6気筒エンジンをミッドシップに搭載したオープン2シータースポーツ!
館長:世界第一線級のハンドリングを誇るコーナリングマシンとの異名を取る
学芸員A:世界の名だたるメーカーが開発目標にしたほど
館長:ホンダ・S2000、日産・フェアレディZ、トヨタ・MR-S、BMW・Z4などなどネ!
学芸員B:名古屋オートトレンド2014で撮影した写真です
NAT2014_05_051
名古屋オートトレンド2014 スーパーカー特設会場

NAT2014_05_050
ポルシェ ボクスター in 名古屋オートトレンド2014

学芸員A:後ろ姿の写真がありませんのでWikipediaから
Porsche-Boxster_02
ポルシェ ボクスター (rear)…Wikipediaより

学芸員A:ここからは映像の時間で、、、
学芸員A:いきなりですが、こんな映像いかがです?

Porsche Carrera GT Replica

館長:ボクスターになにするの?
学芸員A:カレラGTにしちゃうんですよ!
館長:レプリカキットによってウン千万円する限定車・カレラGTに変身しちゃうってワケね
学芸員B:しかし、お顔がどことな〜くフェラーリ・モデナって感じじゃない!?
学芸員B:ボクスターの涙目は消えたけど、車幅とライトの比率までは変えられなかったかぁ
館長:キットは外国製で、日本円で約186万円とありました
学芸員B:トップ・ギアのリチャード・ハモンドさんボクスターとボクスターSを比較!

Richard Hammond Compares The Porsche Boxster vs Boxster S (2001)

学芸員B:つづきは、ボクスターSのレビュー映像です。

Porsche Boxster S Review (2000)

館長:世界屈指のハンドリングマシンを味わってみたいものだぁ、、、なぁ?
学芸員B:ほんとですね、できればホンダS2000と乗り比べたいですねぇ
館長:楽しいクルマに間違いないわなぁ
学芸員A:最後はわかりやすく、ボクスターのプロモーション映像ですよ!
学芸員B:これを見れば、ボクスターのすべてがわかるってか!?
学芸員A:その通り!
学芸員B:どれどれ

Porsche 986 Boxster Promotional Video(Boxster 2.7&Boxster S 3.2)

館長:ポルシェの作ったプロモーションなんだね
館長:21分ありました
学芸員A:もうお腹いっぱいでーす

館長:今回はこのあたりで締めましょうか?
学芸員A:そうしましょう
学芸員B:なお一層ボクスターが欲しくなりました。
館長:986型の中古車は100万円を切るものも多くあるようです。
学芸員B:この映像を見て、選ぶ目を養ってね
館長:上手いこと言うねぇ

学芸員:では、また次回、、、
館長:次回お会いしましょー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.175>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////

TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
Car Models File-No.175

PCM00275_01
Car Models File-No.175は、タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.187ポルシェ ボクスターです。
室内も立体感たっぷりに再現。
オープン仕様、ハードトップ装着、ソフトトップ装着を選んで組み立てられます。

PCM00275_02
──── キット中の設計図の解説から

1993年のデトロイトショーで発表され、世界中のスポーツカーファンが待ち望んでいたポルシェのオープンスポーツ、ボクスターが3年の歳月を経て1996年に発売されました。その名はポルシェの代名詞ともいえる水平対向エンジンを表すボクサーと、オープンスポーツを表すロードスターを掛け合わせたことに由来しています。ショーモデルに対して若干サイズアップされたとはいえ、そのイメージを引き継いだ生産車のフォルムは1950年代のオープン2シーターポルシェを彷彿とさせるもので、前後のフェンダー部分を盛り上げるなど張りのある面で構成。ウインカーを組み込んだユニークな形状のヘッドランプユニットが独特の表情を作り出し、またフェンダーの盛り上がりと一体化したリヤコンビネーションランプ、センター出しのオーバルマフラーがのぞくリヤビューなど、個性あふれる仕上がりとなっています。

PCM00275_03
──── キット中の設計図の解説から…その2

ミッドシップに搭載されるエンジンはポルシェ伝統の空冷式から水冷式となった2.5リッター水平対向6気筒。DOHC24バルブヘッドが与えられ、「ヴァリオカム」と呼ばれる可変バルブタイミング・システムの採用により204馬力の最高出力を発揮します。また、トランスミッションは5速マニュアルのほか、ステアリングホイールのボタンでシフトチェンジする「ティプトロニックS」も用意されています。サスペンションは前後ともマクファーソン・ストラット、特にリヤはトランスバースアームを追加してサブフレームを介して車体に取り付けられています。高性能な走りに合わせて、ブレーキはレーシングカーなみの4ピストンキャリパーのベンチレーテッドタイプを4輪に装備し、もちろんABSが組み合わされています。また、室内はモダンな感覚で仕上げられ、電動で開閉が可能なソフトトップが組み込まれています。ポルシェの社運をかけて開発されたと言われるボクスター、次世代を担うオープンスポーツとして世界中から大きな注目が集まっています。

PCM00275_04


Car Models File-No.175
タミヤ 1/24 ポルシェ ボクスター(独)
TAMIYA 1/24 PORSCHE Boxster

Car Models File-No.175 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

クルマを素材にユニークなアート!

初出は少し前になりますが、話題になったユニークなアートを紹介します。

erwin-wurm-fat-car-02
Fat Car
風船のようにブクブク太っちゃったクルマ。

erwin-wurm-fat-car-2001-02
Fat Car, 2001
重そうですが愛嬌があってほのぼのします。

erwin-wurm-fat-car-2001
これはほんとに人みたいですね。色がリアル!

erwin-wurm-fat-car-2005_02
Fat Car, 2005
よくクルマは女性に喩えられますが、スポーツカーもここまで太るとまったく速そうに見えません!

erwin-wurm-fat-car-2005
しかし触り心地は良さそうで、、、

機能に美しさを加味し洗練したクルマが太ってしまう。
美しさがゆがめられたユニークなアートです。


アーティストは
erwin-wurm-Mug-shot
Erwin Wurm|エルヴィン・ヴルム
1954年、オーストリア生まれ。
ウィーンを拠点に活動されています。

その他の作品もご覧ください。
erwin-wurm-telekineticaly-bent-vw-van-2006
Telekineticaly bent VW van, 2006

erwin-wurm-truck-2007
Truck, 2007

Erwin-Wurm-truck

erwin-wurm-ufo-2006
UFO, 2006

エルヴィン・ヴルム作品はこちらから→Erwin Wurm|エルヴィン・ヴルム 作品画像

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

【 BMW Z4 Challenge 】 決勝イベントレポート! by「グランツーリスモ6」

3月25日にエントリーした 【 BMW Z4 Challenge 】 本戦開催中! by「グランツーリスモ6」 の続きレポート。

FUJI-SPEED-WAY-F_BMW-Z4_01

2014年2月から3月にかけて、PlayStation®3専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』でオンライン予選・本戦が開催されたBMW主催タイムトライアルイベント「BMW Z4 Challenge」。その決勝イベントが、5月3日、SUPER GT第2戦、FUJI GT 500km RACE開催中の富士スピードウェイにて行われました。

当日は、日本の決勝進出者10名の中からジャパン・チャンピオンを決定する「BMW Z4 Challenge Japan Cup」、そしてジャパン・チャンピオンとアジア7カ国・地域の各チャンピオンが集結してアジア・チャンピオンを競う「BMW Z4 Challenge Asia Cup」が開催されました。

BMW-Z4-Challenge-Championship_1
オンラインで開催されたこれまでのタイムトライアル形式と異なり、今回のChampionshipは直接バトルを繰り広げるレース形式。会場にはバケットシートとモニター・ディスプレイ、そして『グランツーリスモ6』プレイヤーにはお馴染みのハンドル・コントローラー「Driving Force GT」がセットされた5台の"コクピット"が並ぶ。10名の代表者は5名ずつ2組の予選を行い、その1位と2位が合計4名で決勝レースを戦った。ギャラリーは各ドライバーが見るモニターと、状況に合わせてコクピット視点だけでなくコースを外部から映す画面に切り替わる大型モニターを通してレースを観戦する仕組み。

それでは、ジャパン・カップ及びアジア・カップのバトル映像をご覧ください。
BMW Z4 Challenge Championship Japan CUP

予選 A 組

BMW Z4 Challenge JAPAN CUP Qualify A

予選 B 組

BMW Z4 Challenge JAPAN CUP Qualify B

決 勝

BMW Z4 Challenge JAPAN CUP FINAL

BMW Z4 Challenge Championship ASIA CUP

予選 A 組

BMW Z4 Challenge ASIA CUP Qualify A

予選 B 組

BMW Z4 Challenge ASIA CUP Qualify B

決 勝

BMW Z4 Challenge ASIA CUP FINAL

日本を代表するトップ・ドライバーたちの走りは素晴らしく、フェアでハイレベルなバトルが繰り広げられています。映像を見ていても実際のレースを観戦しているときと同様の興奮が感じられますね。
"リアル"と"ヴァーチャル"の境目はどこ?

FUJI-SPEED-WAY-F_BMW-Z4_05

リスクがなく、コストも低い、いつでもできる「グランツーリスモ6」
誰でも参加できる"モータースポーツ"!
毎晩、睡眠不足にはなる!!

グランツーリスモ.comの公式なイベントレポート・ページはこちら
BMW Z4 Challenge 決勝イベントレポート

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

私のこと、知ってますCAR? 第9弾!

私のこと、知ってますCAR?
第9弾です。
世の中は広い!
まだ、まだ、まだ、知らないクルマが次から次へと、、、悩ましい。
魅力的なだけにさらに悩ましい♪
今回のクルマはぁ、、、

さーて、第9弾は1970年のトリノモータショーに現れたコンセプトモデルです。
それでは、トリノショーの模様から。。。
1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Auto-Expo_01
▲ どのモデルでしょうか? 答えはセンターにおわします!

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Auto-Expo_02

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Auto-Expo_03

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_00

どうです?
カッコいいでしょう。
名前は、1970 Volkswagen Porsche Tapiro by Italdesign
モデル名の中に「イタルデザイン (Italdesign) 」とあるようにジウジアーロの作品であることは容易に想像できますね。
好きなんですねぇ、好きなんです!
もっと詳しく見てみましょう♪
1970 というのは、「1970年」ですね。
Volkswagen Porsche Tapiro は、「フォルクスワーゲン」・「ポルシェ」・「タピロ」。
「タピロ」というのが本来のモデル名でしょうか。
ショーに出展したのは「フォルクスワーゲン」です。
では、なぜ「ポルシェ」の名が、、、?

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_02

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_03

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_04

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_05

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_01

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign_06

なぜ「ポルシェ」の名が、、、
それは、このモデルのベースのクルマが当時「ワーゲン・ポルシェ」と呼ばれた ポルシェ914/6 だから。
ポルシェ914はフォルクス・ワーゲン量産車の部品を流用して造られたクルマ、と言われています。
ポルシェ914の詳しいことは Wikipedia で → ポルシェ・914

大胆なウインド・スクリーンとガルウィングのデザインは、DMCデロリアンが生まれる10年前にすでに現実に近い姿になっていたんですね。

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Sketches_01

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Sketches_02

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Sketches_03

1970-Volkswagen-Porsche-Tapiro-by-Italdesign-Sketches_04
ジウジアーロ デザイン スケッチ

デザイン的に見れば、イタルデザイン作品の中で
マセラティ・ブーメラン 1971年、マセラティ・ボーラ 1971年
ロータス・エスプリ 1972年
いすゞ・ピアッツァ 1981年
デロリアン 1981年
スバル・アルシオーネSVX 1991年
と脈々と受け継がれていると思います。
個人的に好きなクルマを集めました。
※イタルデザインはもちろんこれだけではありません
イタルデザインの詳しいことは Wikipedia で → イタルデザイン・ジウジアーロ

最後に、イタルデザインは2010年5月25日、フォルクスワーゲングループに買収されました。

テーマ : 自動車の歴史
ジャンル : 車・バイク

今夏公開!…映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』の予告編:アヴェンタドールがトランスフォーム!?

映画『トランスフォマー』シリーズ最新作は『トランスフォーマー/ロストエイジ』。
日本国内での公開は8月8日だそうです。
その最新予告映像がネット上で公開されています。
予告編の目玉は、、、スーパーカーのトランスフォーム・シーンだよー♪
Transformers-4-lostage
アヴェンタドールがトランスフォーム!
シリーズ4作目『トランスフォーマー/ロストエイジ』には、もちろん数多くのクルマが登場します。
目立つクルマは「トランスフォーム」って、ロボットにチェンジ!
このランボルギーニ『アヴェンタドールLP700-4』もご覧のように「トランスフォーム」。

TRANSFORMERS 4: AGE OF EXTINCTION - Official "Payoff" Trailer #2 (2014) [HD]

『トランスフォーマー/ロストエイジ』は映画館で楽しみましょー!♪

テーマ : ★予告編★
ジャンル : 映画

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR