1/24 博物館<File No.171>Part 2 日産 シルビア(S13)前期型

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.171 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 NISSAN SILVIA [S13] '88
アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88
Car Models File-No.171

PCM00271_05
Car Models File-No.171は、アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88です。
日産のスペシャリティーカーとして、とくに好調な売れ行きをみせたのが1988年5月に発売された5代目シルビアです。通称はS13型(エスイチサン)と呼ばれています。

PCM00271_06
──── シルビア・シルビア・シルビア

シルビアは、私が大好きな1979年にデビューした3代目のS110型が市場で大ヒットしましたが、1983年からの4代目(S12型)はいまひとつ人気が出ませんでした。これは同ジャンルの1982年にデビューしたホンダ・プレリュード(2代目)が大ヒットし、その人気に押されていたことも大きな理由でしょうね、そのプレリュードも1982年に3代目モデルへとバトンを渡していました。この2リッター以下クラスのスペシャリティーカーはこの2大ブランドが競合していました。
この状況下で日産が本気で巻き返しを図って開発したのがS13型シルビアだったのです。新車発表会の席で、当時の久米豊社長が「このクルマでプレリュードに勝つ」という発言をしたとかしていないとか、、、とにかく日産は本気だったのです。社長自らが、この日産の危機的状況を打開しようという意欲を会社内外へ示すものだったのですね。

PCM00271_07
──── シルビア・シルビア・シルビア…その2

デートカーを標榜しながらもシルビアには日産としてのこだわりがありました。それは「スポーツカー」としての意地。プレリュードやもうひとつのライバル車であるトヨタ・セリカは、すでに「FF」化されていた時代ながら、スポーティさを追求するために敢えてシルビア初代モデル以来の「FR」の駆動方式を守って作られたことです。また全車に16バルブのツインカムエンジンを搭載することもスポーティさを強調するものでした。

当初の1800ccエンジンは、自然吸気仕様のCA18DE型が135ps/6400rpm、16.2kg-m/5200rpmの動力性能を発生し、ターボ仕様のCA18DET型は175ps/6400rpm、23.0kg-m/4000rpmを発生した。トランスミッションは5速MTが基本で、電子制御4速ATの設定もありました。S13型シルビアには、ほかにもマルチリンク式のリヤサスペンション、4輪操舵機構のスーパーHICAS-ⅡやビスカスLSD、4輪ABS(オプション・当時は4WASといわれた)なども特徴です。デートカーならではの装備としては、フロントウインドーディスプレーがありました。

PCM00271_08
──── シルビア・シルビア・シルビア…その3

S13型シルビアは、ART FORCE SILVIA(アートフォース・シルビア)がデザインテーマとされていて、当時としては極めて流麗な外観デザインや近未来感覚にあふれたインテリアデザインも大きな特徴でした。
このデザインが多くの若者を惹きつけると同時に、女性にも好まれることでデートカーとして最適なの座をプレリュードから奪い取ることに成功したのですね。
デビューした翌月には月販目標台数3000台の2倍を超える6469台を販売し、翌1989年には年間で8万1200台も売れているのです。ちなみにプレリュードの1989年の販売台数は4万1659台。ざっと、2倍の売れ行きで、久米社長の宣言を実現する結果になりました。よかったねぇ。。。
ピークは1990年3月で、1万1444台もの販売を記録している。デートカーとしては信じられない販売数でしょー!?


Car Models File-No.171
アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88
AOSHIMA 1/24 NISSAN SILVIA [S13] '88

Car Models File-No.171 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.171>no映像資料wo探そう♪

館長:憧れだったデートカー!?Car Models File-No.171は、「日産 シルビア S13型」です。
館長:日産らしいスポーティーカーでありながらのー、スペシャリティカーです。
学芸員A:販売台数も驚異的なデートカーでしたね。
学芸員B:プレリュードと競ってましたか。
学芸員B:さっそく画像を。。。
Nissan_13_silvia_01
日産・シルビア(5代目)S13型・クーペ…Wikipedia
館長:「Art Force SILVIA」というテーマを持ったデザインは流麗で秀逸ですな。
学芸員A:やっぱりS13といえば、この色!
Nissan_13_silvia_02
日産・シルビア(5代目)S13型・クーペ
学芸員B:ライムグリーンツートン・カラーねっ!
学芸員A:女の子ウケするようにでしょうか、微妙なカラー=パステルカラーが基調ですね。
Nissan_13_silvia_03
日産・シルビア(5代目)S13型・クーペ
館長:そろそろ映像が出て来ませんか?
学芸員A:CM映像がありました。

▲ 1989 nissan art force silvia s13 cm japan 2.25sec
学芸員B:「ベストモータリング」でしょうか?面白い企画モノを見つけましたよ。
館長:シルビア新旧対決だね!筑波サーキットだね。古いねぇ。。。
学芸員A:S13 vs S14 の比較をしてくれていますね。やっぱり新型がベストなのね!

▲ Movie 00 シルビアS13と14の比較 01
学芸員A:最後、こんなドリフト映像はいかがでしょうか!?
館長:おおぉ、ドリフターズ!

▲ ドリフト 中学生 S13 シルビア 茂原TC ペガサス走行会 2013.8.13
館長:最後にS13シルビアの中古車の話をしようか。
学芸員A:S13型シルビアの中古車は人気あるでしょうね!?でも、新しいクルマでも20年以上が経ってますよね?
館長:そうだね。しかし、販売台数が多かっただけに流通する中古車のタマ数も多いんだよ。
学芸員B:価格を調べてみると、個体による違いがありますが、K'sでもQ'sでも30万円台〜60万円台の間ですね。
館長:スポーツカーだからね、事故車にだけは注意しないとね。
館長:特にターボ仕様のK'sだね。
館長:当時としてはパワフルなエンジンを搭載する上に、シビアなステアリング特性を持っていたこともあって、コントロールしきれずに事故ってしまうことが多かったそうだ。
学芸員B:ビデオにもありましたが、やっぱり楽しいのはK'sの方でしょうね。
学芸員A:しかし、Q'sの方が事故車の可能性が低いですね。
館長:Q'sでも十分に楽しめるよ。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.171>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.171 ////////////////////////////////////

AOSHIMA 1/24 NISSAN SILVIA [S13] '88
アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88
Car Models File-No.171

PCM00271_01
Car Models File-No.171は、アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88です。
大好きなジャンル、2ドアクーペです。たま〜に街中で走ってるS13シルビアを見ますね。
アオシマの造型は、スマートで気に入っています。出来がいいと思います。

PCM00271_02
──── キットの中の解説書から

'88年に登場デビューした5代目シルビア(S13型)は、そのスタイリッシュなエクステリアとコンパクトなFRクーペというスタイルは当時の若者に受け入れられ、大ヒットモデルとなった。走りの性能も、日産独自の四輪操舵システム「HICAS-II」がオプション設定されているなど抜かりのないものだった。エンジンは1800ccNAのCA18DEと、同じく1800ccでインタークーラー付きターボのCA18DETで、人気のあったのはもちろんターボモデルのK's。スタイル・運動性能ともに多くのユーザーに認められた傑作である。

PCM00271_03
──── アオシマのS13キットについて

S13シルビアのキットは、日本の模型メーカー3社から発売されています。まず、タミヤとフジミがキット化しました。
アオシマが最後発のメーカーとなります。ということもあって、期待は高かったと思います。しかし、思ったよりも意外に組立てが難しい。フロント周りの組立て難さは、3社中で一番面倒だと思われます。特にヘッドライトあたり。ポイント高いのは可変式サスペンションを採用しているところです。サスペンションのディテールは適当ですが、、、車高が上下できるのはよいですね。

PCM00271_04


Car Models File-No.171
アオシマ 1/24 日産 シルビア(S13・前期型)'88
AOSHIMA 1/24 NISSAN SILVIA [S13] '88

Car Models File-No.171 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 21(最終回)

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 20
またま帰って来ましたー。
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。
といっても今回が最後!?

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





21回目、最後の宴、始めましょー!
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_05_043
AZR. SKY FORGED Porsche cayenne S
ホームページはこちら→http://azzurre-motoring.com

NAT2014_05_044
AZR. Lamborghini MURCIELAGO
カッコいいですねぇ。

NAT2014_05_045
AZR. Lamborghini MURCIELAGO

NAT2014_05_046
AZR. Porsche panamera turbo custom

NAT2014_05_047
ナゴヤ サイクル トレンドのインフォメーション

NAT2014_05_048
ナゴヤ サイクル トレンド
会場内には試乗コースが設けてあって、結構な人たちが乗ってましたよ<自転車に!

NAT2014_05_049
Y's distraction のブース
with アスティジャパン♪&浅野レーシングサービス(ただし後ろ向きー

NAT2014_05_050
ポルシェ ボクスター
スーパーカースーパーカー特設会場に追加車が登場!
ボクスターもスーパーカーの仲間入りー!♪

NAT2014_05_051
ポルシェ ボクスター
スーパーカースーパーカー特設会場の全体を最後に撮っておこう。

NAT2014_05_052
さようなら!今年もありがとう!

終わりました。。。
今回はHDDのクラッシュという事故を乗り越えて、感慨も一入です。

今日はこのあたりで。。。。。




※予告、、、
次回は、、、、何しよう??

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 20

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 20
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





20回目、ラストスパート中ですよ。
1号館の中、もうすぐ出口が見えそうだ!
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_05_035
星光自動車 with オオシマAUTO SILVIA
こんなのを見つけました→http://122.220.200.188/d1/sl/sl2012/driver/driver_sw/d008.html

NAT2014_05_036
C-3500 デューリー
TM auto serviceの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.tmautoservice.com

NAT2014_05_037
アバランチ(シボレー)
TM auto serviceの出展車です。
これがペイントがものスゴいのでした。言うだけじゃ伝わらないですね。
写真でも伝わってないですけど(汗

NAT2014_05_038
M35 NISSAN STAGEA
日産 ステージア に R35 GT-R のフロント(顔)を移植してしまったクルマ!

NAT2014_05_039
M35 NISSAN STAGEA

NAT2014_05_040
何を売ってるの?
車名の入ったナンバープレート風壁掛けインテリアとでも名付けましょー♪
「デコ ナンバープレート」って書いてあった。
オリジナルで作ってくれるんだ。

NAT2014_05_041
何を売ってるの?…2
ワイン売ってるのぉ!

NAT2014_05_042
DOUBLE EIGHT LAND CRUISER 200
GMGの出展車です。
ランドクルーザー200系後期
ホームページはこちら→http://www.double-eight.jp


1号館は、出口が見えましたよ。
迷宮から助かったぁ。。。

今日はこのあたりで。。。。。




※予告、、、
次回は、最終回です。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 19

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 19
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





19回目、ラストスパート中ですよ。
1号館の中、迷いに迷ってますよ!
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_05_024
Oshima Auto Jeep
オオシマオートの出展車です。
ううううっ、よくわからない!

NAT2014_05_025
Oshima Auto Jeep
後ろに回ってみたが、やっぱり、わからなーい!
しかし、低ー!床に擦ってないかぁ?

NAT2014_05_026
NK AUTO BODY Creation SWING The HARD II
NK AUTO BODYの出展車です。

NAT2014_05_027
NK AUTO BODY Creation SWING The HARD II
単純な話です。好きなんですね、こーゆークルマ!

NAT2014_05_028
1999 Nissan Silvia S15
326POWERの出展車です。
SUPER STREET→http://www.superstreetonline.com/features/1405_nissan_silvia_s15_sr20det/

NAT2014_05_029
ESPRIT R35 GT-R
株式会社エスプリの出展車です。

NAT2014_05_030
TEAM BRIDE 86


ブリッド チャンネル【28】GR 86/BRZレース2014 第1戦 ツインリンクもてぎ参戦レポート

NAT2014_05_031
NBT 西野板金塗装

NAT2014_05_032
ラッシュモータースポーツ R35 GT-R
ホームページはこちら→http://minkara.carview.co.jp/en/userid/620612/blog/32493040/

NAT2014_05_033
アメ車カスタムの「AX」でーす

NAT2014_05_034
AX のブース
AXのショーレポートのページ→http://www.ax-net.jp/showreport/25/

1号館は、迷います。
写真を見ても出展者がわからなーい。困ったぁ。。

今日はこのあたりで。。。。。



※予告、、、
次回は、1号館の4回目です。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 18

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 18
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





18回目、ラストスパート中ですよ。
1号館の迷宮入りしました!
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_05_013
何を売ってるの?
のぼりに「CLICK CAR MOUSE」って。
もっと近づいてみましょー。。。↓

NAT2014_05_014
CLICK CAR MOUSE
そう、ミニカーの形をしたパソコン用のマウスです。
以前より商品としては存在していたと思いますが、リアルさが格段に上がってます!
しかも、最新スーパーカーのアヴェンタドールが登場!

NAT2014_05_015
何を売ってるの?…2
ここは3Dの「絵」を販売していました。
絵画から色っぽいものまで幅広いジャンルですが、クルマの絵もありましたことはお伝えします。。。

NAT2014_05_016
NOVEL LEXUS IS-F…3
NOVELはレクサスのチューナーですね。
ホームページはこちら→http://www.novel-japan.jp/index.html

NAT2014_05_017
magic RAYS製グラムライツ57エクストリーム限定カラー
カッコいいFD3Sですね。真っ赤なホイール&ストライプが印象的でした。
ホームページはこちら→http://www.tcp-magic.com

NAT2014_05_018
レーシングサービス タカギ
手前のクルマがRS-TAKAGI S14シルビアターボ、奥がRS-TAKAGI 180SX
ホームページはこちら→http://www.rs-takagi.com

NAT2014_05_019
LOOKING FD3S RX-7

NAT2014_05_020
LOOKING シルエイティ
ブログを見つけました→http://blog.livedoor.jp/deep_blue_go50/archives/65807863.html

NAT2014_05_021
Tifaria FC3S RX-7
株式会社 ナカムラレーシングファクトリーさんです。
オリジナルブランドTifaria(ティファーリア)のエアロパーツ、オリジナルパーツなど、お客様のお車をドレスアップ!
レーシング仕様にも対応しております、とのこと。
ホームページはこちら→http://www.tifaria.com

NAT2014_05_022
Tifaria FC3S RX-7

NAT2014_05_023
STANCE S13シルビア…5
STANCEのブロブ→http://ameblo.jp/stance-japan/


1号館は、迷います。
写真を見ても出展者がわからなーい。困ったぁ。。

今日はこのあたりで。。。。。



※予告、、、
次回は、1号館の3回目です。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 17

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 17
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





17回目、さぁ、ラストスパートですよー。
1号館に突入しまーす!
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_05_001
1号館はデカいです
入って左側を撮影!

次に右側を撮影。
NAT2014_05_002
タミヤのブース
ラジコンチャレンジコーナーです。

NAT2014_05_003
タミヤのブース…2
タミヤ商品の販売コーナー。
さ〜て、プラモデルが50%OFF!
毎年、出てくる商品同じだぁ。。。そーとー残ってるのかなぁ?

NAT2014_05_005
タミヤのブース…3
ラジコンレースのためのセットアップをする人たち。大人も子供も忙しいですねぇ。

NAT2014_05_004
ここは、なに?

NAT2014_05_006
ミニカーがいっぱい
こんな感じで売ってます!楽しそーでしょ。

NAT2014_05_007
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ
ホームページはこちら→http://www.dscc-of-japan.com
2号館にも展示がありましたが、1号館にも「Z」がいっぱい!
240ZG(初代)

NAT2014_05_008
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ…2
432(初代)

NAT2014_05_009
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ…3
Z31後期型(3代目)

NAT2014_05_010
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ…4
Z32後期型(4代目)

NAT2014_05_011
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ…5
Z33型(5代目)

NAT2014_05_012
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)からのZ…6
Z34型(6代目)


1号館は、カオスしていますねぇ。
まさに子供から老人まで楽しめるモーターサイクル・ワールドです。

今日はこのあたりで。。。。。



それでは、「Z」つづきで『1/24世界のクルマ博物館』で登場した「Z」たちを紹介しちゃおう♪
PCM00128_01
ハセガワ 1/24 フェアレディ 240ZG(初代)
1/24世界のクルマ博物館に登場した240ZGです。
こちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.28>

PCM00129_01
マイクロエース(アリイ) 1/24 フェアレディ 280Z(2代目)
1/24世界のクルマ博物館に登場したZ・S130型です。
こちらから→ぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.29>

PCM00203_01
フジミ 1/24 ニッサン フェアレディ Z 300ZR(Z31)
1/24世界のクルマ博物館に登場したZ33です。
こちらから→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.103>

PCM00127_01
タミヤ 1/24 ニッサン フェアレディ Z バージョンST(Z33)
1/24世界のクルマ博物館に登場したZ33です。
こちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.27>



※予告、、、
次回は、1号館の2回目です。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 16

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 16
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





16回目、スーパーカースーパーカー特設会場の最終です。
最後は、どんなスーパーカーが登場するのか?
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_04_039
フォード マスタング コンバーチブル…1
ツッコマないでねー♪

NAT2014_04_040
フォード マスタング コンバーチブル…2
2005年に登場のマスタング6代目ですね。前年の北米国際オートショーに出展されたクルマは、初代のデザインを現代的にアレンジしたデザインを採用し、大きな話題となりました。私もこのデザインに痺れましたよー♪
正直、市販車との隔たりはそーとー大きくて、がっかりした記憶が鮮明です。

NAT2014_04_041
フォード マスタング コンバーチブル…3
マスタングには歴史があります。
こ〜んなにたくさんの時間の流れがあるのですよー♪
初代は1964年 - 1968年、2代目は1969年 - 1973年、3代目は1974年 - 1978年、
4代目は1979年 - 1993年、5代目は1993年 - 2005年、6代目は2005年 -
つい先日、7代目となるマスタングが発表されましたよ。

NAT2014_04_042
フェラーリ テスタロッサ…1
テスタロッサ前期型です。

NAT2014_04_043
フェラーリ テスタロッサ…2
わぁー、このスタイル、たまりません! I Love Testarossa !

NAT2014_04_044
フェラーリ テスタロッサ…3
どっちかといえば、ウイングなどは必要ありません。デザインを損ねますならねぇ。

NAT2014_04_045
フェラーリ テスタロッサ…4

PCM00181_01
タミヤ 1/24 フェラーリ テスタロッサ(伊)
1/24世界のクルマ博物館に登場したテスタロッサです。
こちらから→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.81>

NAT2014_04_046
フェラーリ 348 ts…1
↑ のテスタロッサから遅れること5年、1989年に「348tb」「348ts」がデビュー!
デタッチャブルトップが「348ts」です。

NAT2014_04_047
フェラーリ 348 ts…2
348シリーズはエンジンの搭載方法が変更されており、先代の308/328が横置き式だったのに対し縦置き式に変更、重量バランスの最適化が図られています。また、トランスミッションは横置き式となっています。

NAT2014_04_048
フェラーリ 348 ts…3
「348」の車名は、排気量約3,400cc・8気筒のパワーユニットを搭載していることを意味します。そして、それに続く「t」は前述の横置き式トランスミッションであることを意味する「transverse」の頭文字であり、「s」はタルガトップモデルであることを意味しているのです。

NAT2014_04_049
フェラーリ 348 ts…4
フェラーリのミディアムレンジ、V8エンジン搭載が基本です。

PCM00141_01
ハセガワ 1/24 フェラーリ 348tb(伊)
1/24世界のクルマ博物館に登場した348 tbです。
こちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.41>

NAT2014_04_050
最後に振り返ってスーパーカー特設会場の全景を!
この場所から離れたくないなぁ。。。
いつまでも見ていたい!

NAT2014_04_051
何を売ってるの?
クルマのイラストを販売されていました。
ちなみにホームページはこちら→http://ken-1hayashibe.jp

NAT2014_04_052
何を売ってるの?
ミニカーやプラモデルを販売していました。
レアなキットもちょこちょこあるんですよ。ちょ〜っと価格が高くて(汗
諦めざるを得ませんでした。さすがに上手い具合に値段設定されていましたねぇ。

NAT2014_04_053
何を売ってるの?
プレートを売っています。自動車メーカーのロゴをあしらったものですねぇ。
いろいろな商売がありますねぇ。一抹の不安のある商売もあります。
いまどきは著作物に対する使用の認可などの難しい問題、解決しておきたい問題がたくさんありますからねぇ。。。

今日はこのあたりで。。。。。



今回も?、、なスーパーカーがありましたが、
最後なので大目に見てください。

※予告、、、
次回は、1号館へ入っていきまーす。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 15

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 15
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





15回目、スーパーカースーパーカー特設会場の3回目です。
今日は、どんなスーパーカーが登場するのか?

NAT2014_04_025
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ…1
カッコいいっすねぇ。

NAT2014_04_026
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ…2

NAT2014_04_027
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ…3
1985年にはフェラーリ・テスタロッサに対抗すべくV12エンジンを4バルブ化、キャブレターをサイドドラフトからダウンドラフトに変更すると同時に排気量を5,167ccまで拡大し、テスタロッサを75馬力上回る最高出力455馬力をマークした5000クアトロバルボーレ(5000QV)が登場し632台が生産された。
…from Wikipedia

NAT2014_04_028
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ…4

NAT2014_04_029
ランボルギーニ カウンタック 5000クワトロバルボーレ…5
──── 5000QVのスペック
■全長:4,140mm ■全幅:2,000mm ■全高:1,070mm ホイールベース:2,500mm ■重量:1,490kg
■排気量:5,167cc ■最高出力:455馬力/7,000rpm ■最大トルク:51.0kgm/5,200rpm ■生産台数:632台

NAT2014_04_030
シボレー コルベット C4…1
C4すなわち、4代目コルベットです。
エンジンのイエローヘッドに「L98」ってあるでしょ、これはエンジンの型名です。

NAT2014_04_031
シボレー コルベット C4…2
──── C4のエンジンについて
では、ここでコルベットのエンジンについて、、、
C4に搭載されたエンジンは全部で5種類。発売当初、84年モデルに搭載されたのがC3最後の年にデビューしたクロスファイヤインジェクションの「L83」。翌85年から標準エンジンとなったのが「L98」で、これはチューンドポートインジェクションを採用して一気に25馬力のパワーアップを果たし、最高出力230ps、最大トルクトルク40kgmを発揮しました。「L98」は91年モデルまで、改良されながらパワーは250ps、トルク48.4kgmまでアップし、C4の標準エンジンとして長い間使われていたのです。

NAT2014_04_032
シボレー コルベット C4…3

NAT2014_04_033
ランボルギーニ ディアブロ SV…1
ディアブロ「SV」は、数あるバリエーションモデルの中ではスポーツ性を重視したスパルタンなモデルとなります。
ベーシックグレードでもあります。

NAT2014_04_034
ランボルギーニ ディアブロ SV…2
ディアブロ「SV」の登場は1996年です。ディアブロとしてカウンタックからバトンタッチされたのは1990年です。

NAT2014_04_035
ランボルギーニ ディアブロ SV…3

NAT2014_04_036
ランボルギーニ ディアブロ SV…4

NAT2014_04_037
ランボルギーニ ディアブロ SV…5
──── ディアブロ SVのスペック
■全長:4,470mm ■全幅:2,040mm ■全高:1,115mm ホイールベース:2,650mm ■重量:1,530kg
■排気量:5,707cc ■最高出力:530ps/7,000rpm ■最大トルク:58.0kgm/5,200rpm ■生産台数:343台

NAT2014_04_038
ランボルギーニ ディアブロ SV…6

PCM00144_01
フジミ 1/24 ランボルギーニ ディアブロ MY99(伊)
ディアブロつながりで、1/24世界のクルマ博物館のディアブロをご紹介!
こちら→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.44>

今日はこのあたりで。。。。。



このクルマって、スーパーカー?
というツッコミがありそうですが、、、
気にしない、気にしない。。。

※予告、、、
次回は、スーパーカースーパーカー特設会場もお終いか。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 14

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 14
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





14回目、スーパーカースーパーカー特設会場の2回目です。
今日は、どんなスーパーカーが登場するのか?
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_04_014
フェラーリ360チャレンジ…1
1999年7月にニュルブルクリンクで公開された360モデナをベースに、ワンメイクレース専用マシンとして2000年にデビューした360チャレンジは、348、F355に続く3代目のモデルとなりますが、360チャレンジからはマラネロ工場からラインオフされた、メーカー純正のコンプリートレーシングカーなのです。

NAT2014_04_015
フェラーリ360チャレンジ…2
これってホンモノ?

NAT2014_04_016
フェラーリ360チャレンジ…3
排気効率が高められた左右1本出しの専用品マフラーになってますねぇ。
バンパーに牽引フックもあるしっ!
給油口が、これもレーシングカーエクイップメントのひとつですね。
左右のリヤクォーターにあります。

PCM00120_01
タミヤ 1/24 フェラーリ360
1/24世界のクルマ博物館に登場したホワイト360です。
こちらから→ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.19 & 20>

NAT2014_04_017
ポルシェ カレラGT…1
ポルシェのスーパーカーです。
つい先日、このクルマに関して悲しい事故が起こってしまいました。
映画「ワイルドスピード」に出演の俳優 ポールウォーカーさんが友人の運転するカレラGTの助手席に乗って死亡してしまうという悲しい事故でした。

NAT2014_04_018
ポルシェ カレラGT…2
ボディは1380kgという軽量ですが、載ってるエンジンは612馬力という、まさにスーパーカーですね。
2003年に発売され、限定生産台数1500台、価格はドイツで税別39万ユーロ、日本円で5070万円でした。

NAT2014_04_019
ポルシェ カレラGT…3
動力性能は、最高速度が330km/h以上で、0→100km加速は3.8秒ということです(速ェー

NAT2014_04_020
ポルシェ カレラGT…4
エンジンの排気量は5733ccで、V型10気筒 DOHC40バルブユニットを搭載しています。
しかし、ブラックってカッコいいですね。
内装が赤くて、ブレーキパッドが黄色で、カラーもスタイルも文句無しです。

PCM00126_01
タミヤ 1/24 ポルシェ カレラGT
1/24世界のクルマ博物館に登場したカレラGTです。
こちらから→ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.26>

NAT2014_04_021
フェラーリ 512TR…1
フェラーリのフラッグシップです。テスタロッサの後継モデルです。

NAT2014_04_022
フェラーリ 512TR…2
一般的な話ですが、「512」の「5」の字は排気量5.0リッターを指し「12」はV型12気筒エンジンを搭載することを意味しています。「TR」とはテスタロッサの略ですね。

NAT2014_04_023
フェラーリ 512TR…3
うー、いい感じだぁ。カッコいいな!

NAT2014_04_024
フェラーリ 512TR…4
何度見てもお尻はド迫力!

PCM00190_01
フジミ 1/24 フェラーリ 512TR
1/24世界のクルマ博物館に登場した512TRです。
こちらから→博物館<File No.90>Part 1 フェラーリ 512TR(伊)

今日はこのあたりで。。。。。



華がありますねぇ。。。スーパーカーはっ!
つい、写真も多めに撮りがち。

※予告、、、
次回は、スーパーカースーパーカー特設会場が続きます。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 13

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 13
またま帰って来ましたー。
英気を養いましてラストスパートです!?
3月1日の報告がHDDのクラッシュという予期せぬトラブルでのびーに伸びて、ゴールデンウィークが間近に迫った今日この頃にエントリーです。。。

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





13回目、残すところはスーパーカースーパーカー特設会場と1号館の2つです。
まずは、お待ちかね?スーパーカーからいってみましょー♪
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_04_001
スーパーカースーパーカー特設会場
こ〜んな感じで展示してあるんですよー
意外とクルマまで近くないですか?

NAT2014_04_002
フェラーリ360チャレンジ…1
1999年7月にニュルブルクリンクで公開された360モデナをベースに、ワンメイクレース専用マシンとして2000年にデビューした360チャレンジは、348、F355に続く3代目のモデルとなりますが、360チャレンジからはマラネロ工場からラインオフされた、メーカー純正のコンプリートレーシングカーなのです。

NAT2014_04_003
フェラーリ360チャレンジ…2


NAT2014_04_004
フェラーリ360チャレンジ…3
サスペンションは、ダンパーはもちろんブッシュ類も専用設計。
F1マチックとはいっても、その乾式シングルクラッチは、耐久性を高めたものに替わっています。

NAT2014_04_005
フェラーリ360チャレンジ…4
エンジンやミッションは基本的にロードモデルと同じものを使用しています。
お約束のチャレンジグリルなど、徹底した軽量化によりベースモデルに比べ、100kg以上の軽量化を実現しているのです。
しかし、マフラーが左右2本出しですねぇ。。。これは、これは?
チャレンジは、排気効率が高められた左右1本出しの専用品マフラーなんです。
これは「モドキ」ですか。

PCM00246_01
タミヤ 1/24 フェラーリ 360 モデナ
360モデナが出たので、このブログの名物コンテンツ「ほぼ1/24世界のクルマ博物館」の360モデナを紹介しちゃいます!
こちらです→ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.146>

NAT2014_04_006
大蛇(オロチ)…1
実車を見るのは初めてです。うー、感動ー!

NAT2014_04_007
光岡 オロチ…2
キットではフジミ模型から1/24スケールでレジンキットが2004年に発売されました。
対象年齢は15歳以上の上級者向けキットになってます。レジンですものねぇ。ちなみに私は縁がなく、所有していません。価格は20,790円となってました。

NAT2014_04_008
光岡 オロチ…3
まるで「メリーアン」!アルフィーの高見沢さんのギターのよう!?
と思っていたら、光岡自動車は、米国のギターメーカー「リッケンバッカー」(Rickenbacker International Corporation)とのコラボレーション企画として、特別仕様車の「大蛇 Rickenbacker」(オロチ リッケンバッカー)と、「卑弥呼 Rickenbacker」(ヒミコ リッケンバッカー)を、各5台の台数限定で発売する、な〜んていうニュースが出て来ましたねぇ。
※2009年12月のニュースでした

NAT2014_04_009
光岡 オロチ…4
このデコラティブの造型を見てくださいよー。エアロパーツは、本来の複雑なボディ形状を上手に誇張していますよねっ!

NAT2014_04_010
光岡 オロチ…5
最高出力…233ps(172kW)/5600rpm
最大トルク…33.4kgm(328Nm)/4400rpm
という動力スペックです。

NAT2014_04_011
光岡 オロチ…6
市販のオロチには、レクサスのRX330用である、3MZ-FE型3.3リッターV6エンジンを搭載しています。

NAT2014_04_012
光岡 オロチ…7
オロチの初登場は、光岡が初めてモーターショーに出展した2001年開催の第35回東京モーターショーである。第一次コンセプトモデルはホンダ・NSXのエンジンにオリジナルのパイプフレームとボディをかぶせた仕様だった。この時点でわずか数十名ながら購入希望が寄せられ、それを受けて商品化が決定したという。
…from Wikipedia

NAT2014_04_013
光岡 オロチ…8
オロチは、絶対にこのブログでも取り上げたいクルマの1台ですね。
何かの機会に特集したいと思います。
近いうちにぃ、、、?

悲しいニュースが飛び込んできましたぁ。。。
オロチ生産終了!
4月16日に光岡自動車『オロチ』の生産終了がアナウンスされました。
情報はResponseから→http://response.jp/article/2014/04/16/221395.html

今日はこのあたりで。。。。ふ〜。



華がありますねぇ。。。スーパーカーはっ!
つい、写真も多めに撮りがち。

※予告、、、
次回は、スーパーカースーパーカー特設会場が続きます。

ご期待くださーい!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.170>Part 5 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_17
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_18
──── Colin McRae Rally

これはゲームのタイトル名です。Wikipediaによれば、CMRが発売されたのは1998年とのことです。開発は英国のCodemasters。日本では1999年、PS版がコリン・マクレー ザ・ラリー(COLIN McRAE THE RALLY)としてスパイクが、PC版はコーリン・マクレー ラリー(COLIN McRAE RALLY)イマジニアから発売されています。当時のゲームの評価では、ラリーを真面目に再現しようと取り組んだラリーゲームの元祖というべき作品でした。次のコーナーの情報をドライバーに伝えるための「ペースノート」は雰囲気を盛り上げるとともに、手前でブレーキを掛けたり、先のラインを考えることができる、ありがた〜いアイテム。その他にもクラッシュすればクルマがダメージを受けるところ、ダメージはサービスの時間内で修復可能であるところ、ターマック、グラベル、スノー、ナイトステージもあれば、雨が降ることもあるなどなど。様々な状況の道を走るという、ラリーゲームならではのポイントが数々押さえてあるのです。その後もCMRシリーズとして数々の作品が世に出ています。

PCM00270_19
──── iOS版のColin McRae Rally

Codemastersは2013年6月27日、同社のラリーゲームシリーズ「Colin McRae Rally」のiOS版をリリースしました。
現在、入手可能ですので。

Colin McRae Rally - Out Now on iOS
情報などはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/colin-mcrae-rally/id566286915?mt=8

PCM00270_20

今エントリーが「スバル インプレッサ 555 #4 RAC」の最後になります。
1/24博物館でかつてご登場したインプレッサを紹介しまーす。そちら↓もご覧になってください。
ではー!
PCM00121_01
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.21>

PCM00121_07
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.21>Part 2

Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.170>Part 4 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_13
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_14
──── ラリードライバー、コリン・マクレー

コックピットが写ってるってことで、ドライバーの話をしましょう♪
偉大なるラリードライバー、イギリス出身で、1995年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオン。父のジミー・マクレー、弟のアリスター・マクレーもラリードライバーである。その走りは、激しく豪快でドリフトを得意とし、「マクラッシュ(壊し屋マクレー)」の愛称で呼ばれた。その人の名はコリン・マクレー。スバルに初優勝、さらに3度のマニュファクチャラータイトルをもたらした立役者、ラリーゲームのタイトルにまで名前が使用されるという素晴しいドライバーの話を。

PCM00270_15
──── 天才コリン・マクレー

天才と呼ばれる人間は、やはり、ネジが1本どこかに飛んでいってしまっていますね。
このコリン・マクレーも天才です!

“PEDAL TO THE METAL”

彼の座右の銘?!
“金属へのペダル”? いや、“ペダルをベタ踏み”という意味ですね。
すなわち、「全力を尽くす」ということでしょう。
彼のドライビング・スタイルは文字通りベタ踏み、ネジが飛んだドライビング、彼のための言葉です。
1993年のニュージーランド・ラリーでスバルに念願の初優勝をインプレッサで飾りました。以後の戦績はWRC通算で、歴代3位の25勝を記録しています。
しかし、年間ドライバーズチャンピオンを獲得したのは1995年の1度きりなのです。信じられないでしょ!?
1999年シーズンからスバルから離れフォードに移籍。2003年からはシトロエンをドライブしました。
しかし、ブルーのインプレッサのイメージを作ったのは間違いなくコリン・マクレーですね!!

PCM00270_16
──── 天才は、あっけなく、、、

2007年9月15日(土)、スコットランド・ラナーク近辺にてヘリコプター事故が発生し、同ヘリコプターの所有者で搭乗し操縦していたとみられる元WRCドライバーズチャンピオンのコリン・マクレー(39歳)の死亡が確認された。
この訃報を受け、スバルのモータースポーツ活動を統括するスバル・テクニカインターナショナル (STI) の代表取締役社長、工藤一郎氏は次のようにコメントしています。

「コリン・マクレー氏は、スバルのWRC活動を世界に広めてくたれ立役者であるとともに、スバルの勝利に惜しみない力を発揮してくれた、かけがえのない仲間のひとりです。特に、スバルにもたらした最初のWRC優勝、そしてその後の3年連続マニュファクチャラーチャンピオン獲得の偉業は私たちの宝であり、氏の名前とその名誉は将来にわたってスバルの社史に深く刻み込まれることでしょう。近年では氏の絶大なる知名度によりアメリカでのラリー人気が急速に拡大している、と聞いていました。天に召されたコリン・マクレー氏の死を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます」


Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.170>Part 3 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_09
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_10
──── スバルの躍進

インプレッサのラリーフィールドへのデビューは、コリン・マクレーがドライブするレガシィが初勝利した1993年のニュージーランドラリーの翌戦、1000湖ラリーがその時となりました。デビューしていきなりのトップ快走。しかし、ライトポッド後端が発生させる乱気流が冷却水や雨水を室内に押し込んでしまい、フロントガラスが曇ってしまうという、およそ信じられないトラブルが発生、最終的リザルトは2位になってしまいますが、インプレッサは強烈な印象を、その速さをデビュー戦でアピールしたのです。
 翌1994年、スバルは新たにドライバーとして迎え入れたカルロス・サインツの要求した120項目にも渡る改良をマシンに施しました。特にセンターデフのセッティングの向上はマシンのハンドリングをさらにアップさせ、インプレッサのシリーズ成績は2位に。さらに1995年にはレギュレーションによりリストリクター径が縮小されますが、「EJ20型」エンジンの圧縮比の見直しとカムシャフトの変更により、低速でのトルクとレスポンスをアップさせ、さらにドライバビリティの向上に成功。その年、スバルは遂にマニュファクチャラーズタイトルとドライバーズタイトル1-2位(C. マクレー、C. サインツ)を手中に収めることができたのです。

PCM00270_11
──── スバル 555

スバルは、それまで特定のスポンサーを持っていませんでしたが、1993年からBAT(British American Tobacco)のスポンサーを獲得した事により、マシンカラーはソニックブルーとイエローによる555タバコのロゴが施されるようになりました。このことは、それまでの一番の難敵である“資金不足”を克服、資金が潤沢になりました(日本円にして'90年時の2倍になったと言われています)。そしてそれ以降、スバルのマシンと言えば、このカラーリングが定番になました。

今回1/24博物館で紹介していますRAC仕様は、555ロゴが施されていません。これは、RACラリーの開催されるイギリスがタバコ広告を規制しているためです。やはり、インプレッサは555ロゴの施されたモデルがカッコよく、よく似合いますね。

PCM00270_12


Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.170>Part 2 スバル インプレッサ 555 #4 RAC

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX ’94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_05
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_06
──── スバルの意地

スバルのWRC活動は1990年からスタートしました。スバルは自車のパフォーマンスを世に知らしめるために起ち上げたモータースポーツ部門である『STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)』と、BMW M3によるラリー活動が終了し、新たなマシンによるラリー活動を模索していたデビット・リチャーズ率いる『プロドライブ』のタッグにより始まったのです。デビット・リチャーズといえば、F1チームのベネトン・フォーミュラおよびB・A・Rの元チーム代表だったことを思い出す方も多いでしょう。このタッグチームのラリー活動は、スバル・レガシィにより開始されました。鳴り物入りで参戦するも、ときおり素性の良さを見せるもののマシンの戦闘力はトップクラスとは言えませんでした。ライバルに対して絶対的にエンジンパワーが不足していたのです。しかし、非力だったマシンは年を追う毎に速さを手に入れ、3年目には本来持っていたハンドリングの良さと相まって、トップグループでバトルを繰り広げるまでになりました。

そのレガシィの活躍の裏で、プロドライブは次期WRC戦闘機である、『インプレッサ』を開発していたのです。

PCM00270_07
──── スバルの意地…その2

ラリー参戦時のマシンはレガシィでした。これは既に市販車として完成していたクルマをラリーカーに仕立て直したカタチになります。しかし、インプレッサの場合は違っていました。それは市販車の開発段階から「プロドライブ」からの要望が取り入れられたとされるグループA仕様のインプレッサは、冷却効率を上げるために、インタークーラーの容量アップや、ボンネットのエアインテークの拡大等を風洞実験によってエンジンルーム内の空気の流れを徹底的に追及して開発されたのです。レガシィと較べてボディ剛性が10%程高く、全長で160mm、ホイールベースで60mm短くコンパクトなインプレッサは、フロントアクスルに60%の荷重がかかっていたレガシィに対して56.5%と、前後重量配分も改善されました。また、レガシィで評価の高かった多くのメカニズムが継承され、より高いハンドリング性能を手に入れる事に成功したのです。

PCM00270_08


Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.170>no映像資料wo探そう♪

館長:Car Models File-No.170は、「スバル インプレッサ 555 #4 RAC」
館長:亡き名ラリースト、WRCにおいてスバルに初勝利をもたらした立役者コリン・マクレーが駆るインプレッサ 555ですよ。
学芸員A:写真をすでに用意しております。私、大ファンです!
Colin_McRae's_Subaru_Impreza_555
学芸員B:この写真はタバコスポンサーの555ではないですね!
館長:まさしくタイトル通りのRACラリーのときの写真だろか。
学芸員A:個人的には「555」の仕様の方が好きですが、これはこれでデザイン的に上手くまとまっていていいですね。
館長:では、映像を探すとしようか。。。
学芸員A:これはいかがでしょうか?
学芸員A:「Subaru Impreza 555 tarmac action」となってます。C.マクレーにこだわったものではありませんが、
スバルのエンジン音や鮮やかなドライビングは必見ですよ!

Subaru Impreza 555 tarmac action - with pure engine sounds
学芸員B:これは1995年、正しくこのクルマ!C.マクレー大喜びですよー。
館長:同じスバルのチームだったカルロス・サインツと壮絶な闘いを見せ、最終戦のRACラリーで見事に優勝してWRCチャンピオンになったときの映像だね。C.マクレー歓喜の舞だ!

colin mcrae doughnuts time WRC '95 RAC RALLY
学芸員A:これは見事なドリフト走行です!
学芸員A:マクレーといえば、なんたって「ドリフト」ですよね!
館長:目に焼き付けておこー♪、、、ため息(ふぅぅ

『インプレッサのドリフト走行』コリン・マクレー Colin McRae
館長:最後は、ご存知、名カーテレビ番組「カーグラフィック」のC.マクレー登場の巻です。
学芸員A:貴重な映像ですね。
学芸員B:みんなで見ましょー!!

カーグラ マクレー@インプレッサ
館長:ものスゴく貴重な体験していたんだね。ロックトゥロックが2回転なんて、しかもパワステ付きで。。。
学芸員:素晴しい映像をありがとうございました!m(_ _)m
館長:では、次回まで。。。ごきげんよう♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.170>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////

HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
Car Models File-No.170

PCM00270_01
Car Models File-No.170は、ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリーです。
さ〜て、久方ぶりのラリーカーです。しかも、1995年の世界ラリー選手権でドライバーズタイトルを獲得したコリン・マクレーのスバル インプレッサ WRX。もちろん、マニファクチャラーズ・タイトルはスバルが獲得していますよー。

PCM00270_02
──── キットの中の解説書から

1993年、世界ラリー選手権(WRC)初登場で総合2位という衝撃的なデビューを果たしたスバル インプレッサ WRX は、ラリーで数々の実績を持つ、レガシィ RS の素直な挙動を受け継いだマシンです。ボディー剛性が高く、コンパクトに仕上げられたインプレッサ WRX は、レガシィよりも重量バランスが向上し、シャープなハンドリングを実現しています。

PCM00270_03
──── キットの中の解説書から…その2

1994年には、レギュラードライバーにカルロス・サインツが加入し、コリン・マクレーとともにシーズンを戦っていきます。この年第5戦と第7戦で勝利を得たインプレッサ WRX は、第10戦、イギリスでのRACラリーで、コリン・マクレー、デレック・リンガー組が、前回優勝したニュージーランド ラリーと同じように初日からトップに立ちました。母国のフォレストステージを、全く破綻の無いマシンコントロールによってライバルたちとの差を広げ、シーズンの前後を優勝で飾りました。

PCM00270_04
──── キットの中の解説書から…その3

そして、翌1995年、開幕戦のモンテカルロラリーでは、カルロス・サインツ、ルイス・モヤ組が、首位争いを演じながらも優位にラリーを進めます。ライバルたちも何度かトップを窺いますが、熟成の進んだマシンを操るサインツはこれを振り切って、伝統の一戦を制しました。


Car Models File-No.170
ハセガワ 1/24 スバル インプレッサWRX '94 RAC/'95モンテカルロラリー
HASEGAWA 1/24 SUBARU IMPREZA WRX '94 RAC/'95 MONTE-CARLO RALLY WINNER

Car Models File-No.170 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 12

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 12
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





12回目、そろそろ2号館の終盤でしょうか?
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_03_040
Forte DEMO CAR TOYOTA VELLFIRE
フォルテの出展車です。
公式ブログはこちら→http://minkara.carview.co.jp/en/userid/678840/blog/

NAT2014_03_041
GR8 STYLE JUKE
GR8グッドスピードが立ち上げた新しいカスタムブランドです。
GR8ブログはこちら→http://ameblo.jp/gr8style/
ボンネットは、変わった風合いのグラインダータトゥーペイントが施してあります。

NAT2014_03_042
スタイル抜群!
肝心のクルマは GR8 STYLE Ⅳ型ハイエース です。
GR8のオリジナルフルエアロを纏った渾身の一台!

NAT2014_03_043
★P.G.D のブース
ブログはこちら→http://ameblo.jp/pgd-graphic/

NAT2014_03_044
V-VISION ODYSSEY
ホームページはこちら→http://www.v-vision.jp/index.html

NAT2014_03_045
A.M.S PRIUS
A.M.Sアクティブモータリングスタイルの出展車。
ホームページはこちら→http://www.a-m-s.gr.jp

NAT2014_03_049
A.M.S TERRA PRIUS
非常にスタイリッシュなプリウスでした。

NAT2014_03_046
FREEDOM LEGION
ホームページはこちら→http://www.freedom-legion.net

NAT2014_03_047
シャコタンブギ
OEPのブースです。

NAT2014_03_048
軽トラ野郎とプリウスポリスカー
OEPの出展車です。
ホームページはこちら→http://oep222.com

NAT2014_03_050
OEP ピンクのクラウン
TOMMYKAIRA×OEPコラボとありますが、、、。

NAT2014_03_051
薬師寺保栄氏のディアブロ
こちらもOEPのブースですよ!
ディアブロなんだもの。カウンタックRのストライプが入れてあるんだ。見間違えましたよー。
てっきりカウンタックRだと、、、


今日はこのあたりで。。。。ふ〜。



やっとこさ。。。
わーい、2号館は終了しました!
おつかれさまー。

※予告、、、
次回は、順路で言えば、スーパーカースーパーカー特設会場を紹介して、最後の砦の1号館って流れですが、まだ写真整理ができていませんm(_ _)m
間に1/24博物館を挟んじゃいます。

次回は博物館でお会いしましょー!♪
その間にがんばって整理するぞ!!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 11

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 11
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





11回目、2号館の中心部へ突入しました。
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_03_027
GARAGE DUAL のブース
ブログはこちら→http://ameblo.jp/dual3399/
かわいいブログですよ。

NAT2014_03_028
NANIYA ショップ
LEDやHIDバルブパーツなどのプロショップ!
ホームページはこちら→http://www.naniyasan.com

NAT2014_03_029
SPEED GRAPHIX NSX
スピードグラフィックスby看板マンドットコムの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.speed-gp.com

NAT2014_03_030
BRAY Lotus EXIGE CUP260
ピカソクリエイティブの出展車です。
BRAYはフロントウインド飛び石保護フィルムです。
ブログはこちら→http://picasso6595.blog97.fc2.com

NAT2014_03_031
ESPRIT のブース
ブログはこちら→http://ameblo.jp/esprit-ltd/
出展車両は手前が PREMIERE LEXUS RX(MC後)、奥が PREMIERE ランクル200 です。

NAT2014_03_032
(株)デザインラボ
ラッピングの実演です。ラッピングシートの半端な切れ端を売ってました。

NAT2014_03_033
GALAXY VELLFIRE ANH/GGH2#
BLACK-PEARL 〜complete〜の出展車です。
ホームページはこちら→http://blackpearl-1.com

NAT2014_03_034
GALAXY ALPHARD ANH/GGH2#

NAT2014_03_035
トヨタ bB 浪漫亭
a/g/s 浪漫亭 プリンシヴァル事業部の出展車です。
ホームページはこちら→http://www.romance-gallery.co.jp/index.htm

NAT2014_03_036
トヨタ bB 浪漫亭
きれいなオーディオ。エアロも迫力!

NAT2014_03_037
TACOMA STORM TROOPER MT-01
M's Collection by M's Autoの出展車です。
M's Autoのホームページはこちら→http://ms-auto.co.jp

NAT2014_03_038

NAT2014_03_039
M's Collection by M's Auto ブース全景
東京オートサロン2014の映像 ↓

黒ちゃんねる平成26年2月14日OA 東京オートサロン2014


今日はこのあたりで。。。。ふ〜。



今回も苦労したぁ。。。
コメントする、というより調べてる!
やっぱり調べてる。

※予告、、、
次回は、2号館の4回目!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 10

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 10
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





10回目、2号館を迷歩中。
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

前回の続き、eS4 のブースです。
NAT2014_03_014
US JETTA MK6
Volkswagen Amusement -GAKUYA-の出展車です。
ホームページはこちら→http://www.e-gakuya.com
イラストがかわいいホームページですよ。

NAT2014_03_015
ERST new V40
有限会社 エアストの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.erst.ne.jp
ボルボのチューナーです。センスいいです。

NAT2014_03_016
BMW M3 [E46]
IGNITION MOTOR GROUP(イグニッションモーターグループ)の出展車です。
ホームページはこちら→http://ignition-mg.com

NAT2014_03_017
AUDI TT8N
H-SPORTS(株式会社エイチスポーツ)の出展車です。

NAT2014_03_018
AUDI TT8N
ホームページはこちら→http://www.h-sport.jp

NAT2014_03_019
HASHIMOTO corporation A1
橋本コーポレーションの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.h-c.co.jp/index.html
特にA1をピックアップしたホームページ→http://1to8.net/blog/a1/2014/02/hashimoto-corporation.html

NAT2014_03_020
K's-FREAK AUDI A5
K's-FREAKの出展車です。
ホームページはこちら→http://ks-freak.jp

NAT2014_03_021
D.S.C.C.(ダットサン・スポーツ・カー・ クラブ)から2台のZ
ホームページはこちら→http://www.dscc-of-japan.com

NAT2014_03_022
WURDE PORSCHE PANAMERA
WURDEの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.wurde.jp/index.php

NAT2014_03_023
GORDONのブース
力の入ったブースです。
公式ブログはこちら→http://gordon.co.jp/blog/

NAT2014_03_024
GORDON ゴールドウィング F6B トライク
迫力ありますねぇ。バットマン・モービルって感じです。
サイドカーの範疇でしょうか?
名古屋ではありませんが、映像がありました ↓。

NHK ワールドBS オートサロン2014 GORDONブース紹介映像

NAT2014_03_025
AWESOME ピンク プリウス
出展がイマイチわかりませんが、ブロブを発見→http://ameblo.jp/carboutiqueif/
AWESOMEのホームページはこちら→http://awesome-japan.jp

NAT2014_03_026
GECKO U4th
GARAGE ILLの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.garage-ill.co.jp


今日はこのあたりで。。。。ふ〜。



今回も苦労したぁ。。。
しかし、作業は楽しいか!?調べて、答えがわかると「やったー!」ってかっ!

※予告、、、
次回は、2号館の3回目!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 9

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 9
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





9回目は、3号館から所変わって2号館へ移動しました。
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!
さ〜て2号館の1回目。。。

2号館入って右手は、UNIVERSAL AIR のブース。
NAT2014_03_001
UNIVERSALAIR Accord
ホームページはこちら→http://www.universalair-jp.com
エアーサスペンション、エアーシステム、エコエアー、油圧システムを自社で製造販売しています。

NAT2014_03_002
BenSopra 35GT-R コンプリートカー
この美しいラッピングはどうですかっ!
ウっ、鱗が見える?

NAT2014_03_003
BenSopra 35GT-R コンプリートカー
フロントから見てみれば、この異様さは、、、怖いくらい。

NAT2014_03_004
QX 5せんとCAR
なんとっ!30インチホイール あ〜んど エアサスで武装する。

NAT2014_03_005
マセラティ グラントゥーリズモ MC ストラダーレ
ここから eS4 のブースです。
ホームページはこちら→http://es4-mag.com
このマセラティは、エスアンドカンパニーの出展車です。

NAT2014_03_006
BMW M6 www.office-as.com
オフィスアズのM6です。マットなオレンジはいい色でした。

NAT2014_03_007
フェラーリ 458 イタリア with ADV.1
ラガーコーポレーションの出展車です。
ホイールはADV.1を装着しています。

NAT2014_03_008
CPM C63 AMG
CPMのデモカー。
ホームページはこちら→http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1593617/profile/

NAT2014_03_009
VOOMERAN Golf 7 GTI
ユーロマジックの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.euro-magic.com/event/
こちらはVOOMERAN Golf 7→http://www.voomeran.jp/product/golf7/index.html

NAT2014_03_010
HALT UP!
ハルトデザインの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.halt-design.com

NAT2014_03_011
CLS GOLF 5
ESBの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.esb-style.com

NAT2014_03_012
AirREX GOLF 6
オプティミストの出展車です。
ホームページはこちら→http://www.optimist.co.jp/index.html

NAT2014_03_013
PASSAT CC3.6
ピレリ四日市タイヤの出展車です。
ブログがありました→http://eurospeed.sblo.jp


今日はこのあたりで。。。。ふ〜。
調べるのが大変だぁ。



なんとか1回目終わりました。

※予告、、、
次回は、2号館の2回目!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 8

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 8
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





8回目は、3号館の7回目です。
といっても時間が経ってますので、Part 3までは ↓ こちらから!
【写真集】名古屋オートトレンド2014
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 2
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 3
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!
さ〜てガンバって行こー。。。

TOYOTA / GAZOO Racingの続きです。
NAT2014_02_078
GRMN MARK X Concept
ホームページはこちら→http://gazooracing.com
マークXに最高出力320psのV6 3.5リッターエンジンを搭載し、これを6MTと組み合せたモデルです。
サスペンションは専用にチューニング、ブレーキシステムも強化しています。

NAT2014_02_079
61号車 マナチュラ KOTA-R BRZ
近藤翼選手がドライブする「86/BRZレース」参戦車!

NAT2014_02_080
96号車 KUHL Racing 黒ちゃん 86
非常に幅に広いレース活動をしていますね。しかも底から耐久まで。
末永く続けていただきたいものです。がんばれ!GAZOO。。。

NAT2014_02_081
笑顔がカワいい♪
違った、SEV POTENZA ENDLESS 86 MARTがクルマの名前。
POTENZA RE-11Aがワンメイクレースで上位独占!
ここは、株式会社ブリヂストンのブースです。

NAT2014_02_082
ブリヂストン・ブースを見渡すと、、、
ブリヂストンのホームページからブースの解説を
http://www.bridgestone.co.jp/corporate/event/exhibition/autotrend/index.html

NAT2014_02_083
ZENT CERUMO SC 430
コックピットに乗せてもらうことができたのですよ。
太っ腹です、ブリヂストンさん!

NAT2014_02_084
ZENT CERUMO SC 430
クルマの解説を忘れました。
このマシンは、2013年のスーパーGTで見事チャンピオンを獲得しています。

NAT2014_02_085
POTENZA装備SUBARU インプレッサ
ブリヂストンのブースは、POTENZAシリーズとプロドライブがメインで展示していました。
2月に発売されたばかりのPOTENZA Adrenalin RE002とH/L850も展示されていましたよ。

NAT2014_02_086
左:MK motorsport F30 M-sport・右:MK motorsport F10 LCI
ここは、エムケイモータスポーツのブースです。
ホームページはこちら→http://www.mk-motorsport.jp/#/home/

NAT2014_02_087
MK motorsport F10 LCI

NAT2014_02_088
MK motorsport F30 M-sport

NAT2014_02_089
サービス・ショット!
迷子になってしまった!ここはどこ?私は、、、、だれ?

NAT2014_02_090
サービス・ショット2
おねーさん、私は、どこへ向かえばいいの?

NAT2014_02_091
34・33・32と並んだスカイラインGT-R
トヨタのコンプリートカー、G'sシリーズ初のSUVモデル。走りの楽しさと快適な乗り心地を高次元で両立。フロントマスクも個性的です。

NAT2014_02_092
ズラッと並んだスカイラインお尻
う〜ん、艶っぽい。。。どのお尻が好みですか?


今日はこのあたりで。。。。



今回で3号館のご案内はお終いでーす!

※予告、、、
次回は、順路を戻って2号館へ向かいます。ご期待ください!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 7

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 7
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





7回目は、3号館の6回目です。
といっても時間が経ってますので、Part 3までは ↓ こちらから!
【写真集】名古屋オートトレンド2014
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 2
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 3
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!
さ〜てガンバって行こー。。。

ここは、WALD
NAT2014_02_063
Porshe Cayenne Turbo SPORTS LINE BLACK BISON EDITION
「WALD」のホームページはこちら→http://www.wald.co.jp/top.html
エクスクルーシブなプレミアSUV登場!

NAT2014_02_064
Porshe Cayenne Turbo SPORTS LINE BLACK BISON EDITION
WALD international gave the world premier of “WALD 958 Cayenne Black Bison Edition” at SEMA Show 2013. This Real Sport SUV got the aggressive styling, and creates the strong impact having a stately appearance. The silhouette setting up the nose low represents its potential for the kinematical performance as the armored vehicle.

NAT2014_02_065
LEXUS RX F SPORTS & LEXUS LS F SPORTS
は〜い、レクサス・ブラザーズです。

NAT2014_02_066
ちょっと怒ってます?
大いに怒ってますか、、、(汗

ここは、株式会社ジースプロジェクト
ジースプロジェクトはマフラーシステムメーカーです。
ホームページはこちら→http://www.zees.co.jp

NAT2014_02_067
ZEESブース、さすがにマフラーシステムメーカー!
展示が巧みです。クルマの下回りが見れるように片輪を持ち上げて、下にミラーを敷いています。

NAT2014_02_068
Carlsson C Class Coupe
ここは、Carlson カールソンジャパン
ホームページはこちら→http://carlsson.co.jp

NAT2014_02_069
東洋ゴム工業ブース全景
東洋ゴム工業のホームページはこちら→http://www.toyo-rubber.co.jp
TOYOブルーにカラーリングしたトラックやパフォーマンス・マシンの展示、積み上げられたタイヤ、チェンジャー、そしてジャッキ。「Team TOYO TIRES DRIFTピット」をコンセプトに仕立てたブースは、まさに本番のD1ピットの臨場感!

NAT2014_02_070
2012 D1GP車輌 Shelby GT500
ここにいたっ!→http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1821660/car/1357749/profile.aspx

NAT2014_02_071
2012 D1GP車輌 Shelby GT500
カッコいいわぁ。。。シェルビーGT500!
しかし、結果はイマイチかぁ。。。

NAT2014_02_072
Team TOYO TIRES DRIFT 86 GAZOO仕様
Team TOYO TIRES DRIFTのページはこちら→http://toyotires-drift.net

NAT2014_02_073
Team TOYO TIRES DRIFT 180SX

▲【Team TOYO TIRES DRIFT】 D1 グランプリ 第6戦 お台場特設コース


ここからは、TOYOTA / GAZOO Racing
NAT2014_02_074
GRMN 86 Concept
フリクションを減らしたエンジンと車体の軽量化が自慢です。
ホームページはこちら→http://gazooracing.com

NAT2014_02_075
Nur24h2014 GR TOYOTA 86
ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの新たなる挑戦が幕を開ける!

NAT2014_02_076
HARRIER G SPORTS Concept
トヨタのコンプリートカー、G'sシリーズ初のSUVモデル。走りの楽しさと快適な乗り心地を高次元で両立。フロントマスクも個性的です。

NAT2014_02_077
86 × style Cb spider(右)
内装が美しい。。。一年をかけて熟成させた、スタイリッシュなスパイダー!


今日はこのあたりで。。。。



切れが悪いんです。まだGAZOOの途中だったんです。。。
ごめんなさーい!

※予告、、、
次回は、3号館の7回目です。 まだ3号館あったっけ?

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 6

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 6
復活しましたー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ と言ってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

<来場者数>
3月1日(土):曇り 78,754人
3月2日(日):曇り 89,625人

会期中合計:168,379人
※昨年は3月3日(土)晴れ・77,664人・3月4日(日)晴れ・88,890人 合計166,554人

急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。





6回目は、3号館の5回目です。
といっても時間が経ってますので、Part 3までは ↓ こちらから!
【写真集】名古屋オートトレンド2014
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 2
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 3
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!
1台ずつ撮るのが面倒くさくなったわけではないですよ。。。

ショップの集合したブースになります。
個々にわからないところがありますすが、そのヘンはご容赦を!
NAT2014_02_051

NAT2014_02_052

NAT2014_02_053

NAT2014_02_054
K-BREAK
手前の2台、LS460 前期と18 クラウンはK-BREAKのエアロパーツで武装!ハイパーユーロを意識した完成系エアロ。
ホームページはこちら→http://www.k-break.com

NAT2014_02_055
FEEL どうでしょうステッカー
どうでしょう?

NAT2014_02_056
AUTO VIVID 竹内軍団
「竹内軍団」、なんのこっちゃわかりませーん!
ホームページ→http://www.autovivid.jp/info/diary.cgi

NAT2014_02_057
SHINKO エブリィワゴンコンプリート
これは、株式会社進光自動車
ホームページはこちら→http://www.shinko-net.co.jp/index.html

NAT2014_02_058
HEARTILY エブリィエース
これも↑と同じ株式会社進光自動車の出展車

NAT2014_02_059
HEARTILY スティングレー
これも↑と同じ株式会社進光自動車の出展車

NAT2014_02_060
Sho-Produce Anniversaryモデル:TransFoemeR DA63Tキャリィトラック
こちらは、翔プロデュース
ホームページはこちら→http://www.sho-produce.com
スイングアップドアはインパクトありますね。それにトラックときちゃぁ、写真撮らなどうすんの!?

NAT2014_02_061
Sho-Produce Novel Innovation WAGON RワゴンR
レクサス風のフロントバンパーね!

NAT2014_02_062
▲ カプチーノ・アルトワークス・AZ-1 をはじめとするその他軽スポーツ専門店の有限会社ナビック
ホームページはこちら→http://www.navic-kyoto.jp


今日はこのあたりで。。。。



順調、順調。いい具合だぁ。。。
この調子で頑張ろー!

※予告、、、
次回は、3号館の6回目です。 まだ3号館あったっけ?

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 5

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 5
復活しますよー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ といってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

遅れは取り戻すことができません(笑
旬は過ぎておりますが、何日間にわたってご紹介していきます。
急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。(汗;





5回目は、3号館の4回目です。
といっても時間が経ってますので、Part 3までは ↓ こちらから!
【写真集】名古屋オートトレンド2014
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 2
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 3
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!
写真は、ちょい暗めです。この方が詳細がわかりやすいかなーって?

早速、「どーなってるの?」って声が出てしまう写真です。
NAT2014_02_040
ARTIST & KUHL RACING 86 ジャパンプロジェクト
ここから KUHL RACING のブースです。
どうですか?このウロコ!まるで鎧を纏ったような 86 じゃない!?
ホームページはこちら→http://www.ruf-gt.co.jp

NAT2014_02_041
ARTIST & KUHL RACING 86 ジャパンプロジェクト
アルティス・ワーク・ブリッツ・ラブラーク・クールレーシングが匠の技を集結させた86カスタムカープロジェクト。
アルティスによる美しい特殊立体カスタムペイントが強烈です!

NAT2014_02_043
KUHL HYBRID プリウス Ver2 GT ワイドボディキット
東京国際カスタムカーコンテスト2014優秀賞を獲得したKUHLHYBRIDプリウス30R-GTワイドボディです。昨年のECOカー部門最優秀賞に引き続き、プリウスで2年連続での受賞です。おめでとうございます!

NAT2014_02_044
KUHL HYBRID プリウス Ver2 GT ワイドボディキット
KUHL渾身のワンオフロールゲージ!20点式ロールゲージをステンパイプの輪切り溶接にて接合し、美しい魅せるロールゲージを完成。レーシングマシンを彷彿とさせる、60パイのステンレスパイプのレイアウトが美しいです。

NAT2014_02_045
KUHL HYBRID プリウス Ver2 GT ワイドボディキット
ドア部分にまでオーバーフェンダーのキットが延長されてますのが新提案!
ホイールはWORKの新作ホイールデュランダルDD10.1ブラックサイドマシニング20インチステップリムを装着しツライチセッティング。

NAT2014_02_046
KUHL HYBRID プリウスα MUSTARDRUNフルラッピング
KUHLHYBRID新作エアロ・プリウスα40R-SSを装着し、MUSTARDRUNによるマットゴールドブラウンフルラッピングを施したプリウスα!
KUHLワンオフ加工ヘッドライトを装着。インナーにはブラックゴールドペイントを施し、ボディとの一体感を出し、削りだしのアクリルプレートと、アクリルフィンにより、スタイリッシュなヘッドライトとなっている。

NAT2014_02_047
ZVW40 KUHL HYBRID プリウスα AERO 40R-SS
こちらのプリウスも近くで見ると美しー!

NAT2014_02_048
ZVW40 KUHL HYBRID プリウスα AERO 40R-SS
ツライチツライチ!

NAT2014_02_049
MUSTADRUN & KUHLRACING 86 Ver2
HKS製S/Cを搭載したドリフト仕様レーシング86!
KUHLRACING新作エアロ02R-SSを装着し、MUSTADRUNによるマットゴールドブラウンフルラッピングを施してます。

NAT2014_02_050
Art of wheels WORK
こちらはホイールメーカーの株式会社ワーク
ホームページはこちら→http://www.work-wheels.co.jp
2014年の新作提案!


今日はこのあたりで。。。。



順調、順調。いい具合だぁ。。。
この調子で頑張ろー!

※予告、、、
次回は、3号館の5回目です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 4

【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 4
復活しますよー。
旬もなにもあったもんじゃない。
とうの昔の話ですが、3月1日にイベントがあってさ、、、
今年もお見せしますよー♪ といってたわけですが、HDDのクラッシュという予期せぬトラブルで
延期しておりました。
桜も満開を迎え(この地区)たこの季節に、寒かった3月初旬を思い出して再開でーす♪

<概要>
■名称:NAGOYA オートトレンド2014
■会期:2014年3月1日(土)・2日(日)
■時間:3月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)

遅れは取り戻すことができません(笑
旬は過ぎておりますが、何日間にわたってご紹介していきます。
急がず、焦らず、ごゆっくりお楽しみください。。。(汗;





4回目は、3号館の3回目です。
といっても時間が経ってますので、Part 3までは ↓ こちらから!
【写真集】名古屋オートトレンド2014
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 2
【写真集】名古屋オートトレンド2014・Part 3
コメントはいつも通りわかる範囲で、、、、頑張ります!

NAT2014_02_027
SUBARU・BRZ tS
ここから SUBARU × STI のブースです。
BRZがさらなる高みへ。STIが目指したものーサスペンションとボディの理想的なバランスを追求しました。
限定500台とされたコンプリートカー!

NAT2014_02_028
SUBARU・LEVORG レヴォーグ PREMIUM SPORTS CONCEPT
登場間もないレヴォーグです。純正アクセサリーを纏った姿、とくに足下の18インチホイールがイカします。

NAT2014_02_029
SUBARU・LEVORG レヴォーグ・STI Performance CONCEPT
STIのスポーツパーツを装着するレヴォーグ。
こちらのスポークタイプのブラックホイールも渋い!

NAT2014_02_030
SUBARU WRX STI NBR2013
STIがコンプリートカーおよびスポーツパーツへのフィードバックを目的として、強力に推進するニュルブルクリンク24時間レースへの参戦計画、その名も“NBRチャレンジ”。↑その参戦マシン!昨年はクラス準優勝という成績。

NAT2014_02_031
SUBARU BRZ・86/BRZ Race
昨年からスタートした、86とBRZのワンメイクレースである86/BRZ Raceへの参戦マシン!

NAT2014_02_032
FLEXLANDCRUISER14’ VerタイプS
ここからはフレックス株式会社
ホームページはこちら→http://www.flexnet.co.jp
ランクルのカスタマイズ!

NAT2014_02_033
FLEX プリウス コンプリート
オリジナルエアロKIT(SFライン)を装着!

NAT2014_02_034
コルベット エバーブルー
なぜにC3コルベット!?
調べてみれば、、、SOPHIA(現MICHAEL)の松岡 充 × FLEX のコラボレーションによるC3!

NAT2014_02_035
コルベット エバーブルー
知る人ぞ知る、松岡充氏の伝説の一台だそうです。
それにしても美しい。ため息が出ますねぇ。。。

NAT2014_02_036
▲ 左側:TUNDRA2014 FLEX STYLE・右側:ニコニコ生放送中継車
左側は、本場アメリカのトラック市場で奮闘する“サムライ”トヨタ・タンドラ。日本が誇るこのピックアップをベースに新たな価値観をタレントのヒロミさんが提案した。
右側は、タイトル通りニコニコ動画とのコラボで生まれた中継車!

NAT2014_02_037
MitsuruMatsuoka × FLEX ハイエース
これも松岡 充さんとのコラボで、制作は2012年から続いていて、毎年バージョンアップしています。

NAT2014_02_038
FLEXブースのコンパニオン フレックスガール
それはそれは大盛況でしたねー

NAT2014_02_039
FLEXブースのコンパニオン フレックスガール
目の前の方のファインダーが気になりますね。。。


大阪オートメッセ 2014 | Osaka Auto Messe 2014
大阪でのFLEXブースの模様♪


今日はこのあたりで。。。。



いや〜、記憶が曖昧ですねぇ。
こんな順番だったかなぁぁ、、、、(汗

※予告、、、
次回は、3号館の4回目です。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.169>Part 5 トヨタ MR-S

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
Car Models File-No.169

PCM00269_17
Car Models File-No.169は、フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”です。
フジミのMR-Sのキットには、意外や意外(失礼)バリエーションが多いんですねぇ。
例えば、「ヴェイルサイド・MR-S」とか、「MR-Sターボ・パワーエンタープライズ」とか、「ブリッツ・MR-S」とか、「ネッツトヨタ群馬・ジースパイス・MR-S」などチューンドMR-Sのキットがたくさんあったのです。最近では“痛車”のキットも販売されていました。

PCM00269_18
──── トヨタ MR-S “S Edition”(1999年10月)カタログ・スペック

まずは基本から。
■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル ■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名
■型式:GH-ZZW30 ■全長×全幅×全高:3885×1695×1235mm ■ホイールベース:2450mm
■トレッド(前/後):1475/1460mm ■車両重量:970kg
エンジン系
■エンジン型式:1ZZ-FE ■最高出力:140ps(103kW)/6400rpm ■最大トルク:17.4kgm(170.6Nm)/4400rpm
■種類:直列4気筒DOHC ■総排気量:1794cc ■ボア×ストローク:79.0mm×91.5mm
■圧縮比:10.0 ■燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置) ■燃料タンク容量:48リットル

PCM00269_19
──── トヨタ MR-S “S Edition”(1999年10月)カタログ・スペック…その2

足回り系
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式(前/後):ストラット式コイルスプリング ■ブレーキ形式(前/後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ(前):185/55R15 81V・(後):205/50R15 85V ■最小回転半径:5.0m
駆動系
■駆動方式:ミッドシップ ■トランスミッション:5MT ■LSD:オプション

新車価格(5MT)1,980,000円

PCM00269_20


Car Models File-No.169
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S

Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.169>Part 4 トヨタ MR-S

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
Car Models File-No.169

PCM00269_13
Car Models File-No.169は、フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”です。
独立式メータークラスターはホンダ・ビートにも似てますね。さすがに室内が見えるオープン2シーターなので、キットも手抜き無く、ドアの内張りやそのグリップもキッチリと再現されていますよ。

PCM00269_14
──── トヨタの3代目ミッドシップ…その3

1999年、「MR-S」の登場は、原点回帰しコンパクトにまとまって良さそーだったんですが、ボディのあちこちはどこかで見たことあるなー的デザインで、やっぱり全体的には面白みが無い…相変わらずのトヨタ的でした。
トヨタ・ミッドシップ3代は、80年代前半に生を受け、好景気の波に乗り80年代の終わりにはサイズアップ、その後もデザイン変更で世を渡ろうとするが、結局は消滅。「MR2」から「MR-S」へのトヨタ・ミッドシップのリレーは、バブル景気に振り回された日本の姿そのものだったと言えますね。

PCM00269_15
──── セミオートマがあったMR-S

MR-Sのトランスミッションは、MTとセミATのシーケンシャルマニュアルトランスミッション(SMT)の2種類がありました。MTの方は初期型が5速、マイナーチェンジ以降は6速となっています。ATの設定はないが、SMTは日本の法律上ではATの扱いであるため、AT限定免許で運転は可能でした。国産量産車では初めてのSMT搭載車である。

「シーケンシャルMT」とは
シーケンシャルMTとは、トヨタ・MR-Sに搭載された電子制御セミAT。
クラッチペダルが無く、レーシングカーのシーケンシャルミッションのようにシフトレバーを前後に動かすか、ステアリングのボタンを押すだけでギヤチェンジが行われる。
一見、マニュアルモード付ATのようだが自動変速機能はなく、構造的にはMTをベースにクラッチ操作とエンジンの回転合わせを自動化したもの。従来のMTと同等の動力伝達と、攻めのシフトチェンジを可能にする走りのアイテムで、普通のATより燃費がよいメリットもある。シフトアップは多少のもたつきがあるようだが、シフトダウンでは芸術的な回転合わせを披露する。当初5段変速だったが、マイナーチェンジで6段化され、ますます戦闘力を高められた。

PCM00269_16


Car Models File-No.169
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S

Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.169>Part 3 トヨタ MR-S

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////

FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
Car Models File-No.169

PCM00269_09
Car Models File-No.169は、フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”です。
このMR-Sをキット化したのはフジミだけでした。キットの困った点は、ヘッドライトカバー内のウィンカーが再現されていないのです。伸ばしランナーなどで再現するとよいと思います。

PCM00269_10
──── トヨタの3代目ミッドシップ

「未体験ゾーンへ」。これはトヨタの高級パーソナルクーペ・ソアラの広告コピー。トヨタが世界の高級車に挑んだ、その2年後の1983年の東京モーターショーに「試作車SV-3」というコンセプトカーが発表されました。このコンセプトカーも世界に挑むためにトヨタが用意したクルマでした。「日本には本物のスポーツカー文化は根付いていない」、そんな世界の見方に目に物言わせるための市販化を前提としたミッドシップ2シーター・スポーツカーが「試作車SV-3」。翌年、このミッドシップは「MR2」の名で発表されました。トヨタ初代ミッドシップの登場です。しかし、日本ではお役所方面からの締め付けが厳しく、大手を振って「スポーツカー」と謳えなかった「MR2」は『ミッドシップ・ランナバウト2シーター』と控えめに銘をもらった。そして、1989年にモデルチェンジ。2代目へと進化しました。

PCM00269_11
──── トヨタの3代目ミッドシップ…その2

2代目「MR2」は、初代のイメージ、つまりそれは「トヨタらしく面白みが無い」というイメージの払拭のため流麗なボディデザインを与えられ生まれました。しかし、2リッター225psのエンジンパワーとシャシーのアンバランスに非難の声が上がった。それにスポーツカー自体の人気にも影が差してきて、販売台数は落ち込んでしまいました。そんな1999年にこの「MR-S」がバトンを受けることになったのです。ソフトトップのオープン2シーター(FRP製デタッチャブル・トップはオプション設定)に生まれ変わりました。

…次回へつづく

PCM00269_12


Car Models File-No.169
フジミ 1/24 トヨタ MR-S “S Edition”
FUJIMI 1/24 TOYOTA MR-S

Car Models File-No.169 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR