1/24 博物館<File No.135>Part 2 トヨタ アリスト JZS161

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.135 ////////////////////////////////////

PCM00235_03
↑ この4灯ヘッドライトって、当時のベンツのEクラスの影響でしょうか?

↓ テールの丸みもベンツっぽいですね。
PCM00235_04
アオシマ 1/24 トヨタ アリスト JZS161
「4枚のドアを纏ったスープラ」、アリストのことを表現するために使われるフレーズであ〜る!

PCM00235_05
─── トヨタ アリスト JZS161 です!

 2代目アリスト、1997年8月〜2000年7月までが前期型、2000年7月からが後期型、2004年11月に生産終了しています。トヨタの高級セダンで、国外では「レクサス」ブランドの「GS」として販売されました。
「4枚のドアを纏ったスープラ」といわれる所以は、その動力性能にあります。水冷直列6気筒DOHC24バルブツインターボエンジンは、余裕の280馬力。それにFRでありながらガソリンタンクをリヤシート下に配置し、エンジン位置を前輪ホイールセンターに対し極力後方に配置しています。
全ての車輪のマスをセンターよりに配置し、回転モーメントを小さく設計している、考え方はスポーツカーなのです。
この文章だけ聞いているとマツダのRX-7だと思いますよねぇ。
PCM00235_06

Car Models File-No.135 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.135>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.135 ////////////////////////////////////

PCM00235_01
アオシマ 1/24 トヨタ アリスト JZS161
トヨタの誇る高速サルーン、アオシマのVIPカー・シリーズですね。今回はさわりで、、、m(__)m

PCM00235_02
■ギャルソンのエアロブランドD.A.Dを装着した1997年式のJZS161アリストです。
■超偏平タイヤ、ホイールはクレンツェ・バズレイヤ20インチです。
■フロントスポイラー、サイドステップ、リアウイング、リアスポイラー、ボンネットマスコット、ボンネットスポイラー、マフラーを装備しています。

Car Models File-No.135 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

どちらも究極のカーライフ!?

「リアル」と「バーチャル」。
それぞれの究極のカーライフを紹介しましょー♪

まずは「リアル」な究極カーライフを見てみましょう。

タイトルは「 Ferrari 512 BBi Is A Piece of Art 」
フェラーリ512BBとガレージと仕事場。これが究極、あるいは理想のカーライフではないでしょうか。
dreamgarages01
512を外に出す時は、モーターで床を傾斜させ、クルマの後方の壁がスライド、バックさせながら後方の橋を渡って道路に出る仕組みになっています。子供の頃、特撮テレビ番組「サンダーバード」でスーパーメカの1号や2号が国際救助隊の秘密基地から発進を見て胸を躍らせてましたぁ〜。いつかは自分にも基地のような家を、、、究極だ!
dreamgarages02

つぎは「バーチャル」。

タイトルは「 GT5 COCKPIT COMPLETED PERFECTION 」
ゲーム「グランツーリスモ5」にハンドルコントローラにバケットシートに大型モニタ。
クラクションにライト点灯にワイパーを操作、まさに実車のようにコントロールできるコクピットです。
このゲーム・ライフにも憧れて、「グランツーリスモ4」でハンコンとバケットシートは買いましたが、日本の居住空間にはこんな贅沢な設置スペースはありませんでした(泣
それにしても「トライアル・マウンテン」を気分よく走ってるなぁ、、、究極だ!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.134>Final トヨタ セルシオ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////

PCM00234_09
タミヤ 1/24 トヨタ セルシオ
模型では、260馬力を発揮するV8エンジンや4輪ダブルウィッシュボーンの足まわりなど精密に再現されています。
■エンジン型式:1UZ-FE ■種類:V型8気筒DOHC ■総排気量(cc):3968
■最高出力/回転数(ps/rpm):260/5400 ■最大トルク/回転数(kgm/rpm):36/4600
■燃料タンク容量(リットル):85 ■10-15モード燃費(km/L):7.2 ■使用燃料:ハイオク
PCM00234_10
─── 初代セルシオのこだわり“源流対策”

 セルシオには高精度な技術が惜しみなく注ぎ込まれています。技術の流用によるコストダウンではなく、そこには新ジャンルへの挑戦「源流対策」というコンセプトがあったのです。多くの部品や生産設備、専用テストコースまでも新設されているのです。これはトヨタ自身にとっても画期的なことです。これによってトヨタの基礎技術を、一段引き上げるほどのノウハウを蓄積することができたでしょう。
PCM00234_11
─── トヨタの“源流対策”とは

 源流対策とは例えば症状が出たから薬を塗るのではなく、症状が出ないように原因を絶つということです。
車内の騒音が大きい場合、遮音材を増やして対策をするのではなく、そもそも音が発生しないような設計に改めるという考え方です。これによってセルシオは驚くほど静粛性に優れているのです。
耳が遠くなったような錯覚を覚えると評される静粛性はこうして生まれたのです。
世界の高級車メーカーを驚かせたのは、静粛性だったのです。
PCM00234_12

Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.134>Part 2 トヨタ セルシオ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////

PCM00234_05
タミヤ 1/24 トヨタ セルシオ
「最高という名のクルマ」それがセルシオ。
セルシオとは、ラテン語で「至上、最高」という意味のセルサスをもとに作られた言葉。

PCM00234_06
─── 初代セルシオのこだわりの理由

 トヨタ自動車の会長である豊田英二氏の「想像を超えた高級車を作りたい」という想いがカタチになったクルマがセルシオ。セルシオはトヨタの技術力の集大成なのです。
1台のクルマの開発費とは思えないセルシオの開発に当たってのこだわりとは?
PCM00234_07
─── セルシオのこだわり…その1

 トヨタはセルシオの開発のために北海道の士別に全周が10kmにもおよぶテストコースを新設しました。
ここでは250km/h以上での走行テストも可能で、セルシオの高速安定性はここ士別で磨き上げられたのです。北米およびヨーロッパの道路を模したテストコース等、合わせて5つの周回路が設置されていて、トヨタ自動車の未来を切り開く最前線設備なのだ!ちなみに-37度という超低温のテストもできるのですよ。
PCM00234_08

Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.134>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////

PCM00234_01
タミヤ 1/24 トヨタ セルシオ
トヨタ カローラ、日産 バイオレットとノスタルジックなモデルが続きましたが、今回はトヨタ VIP カーの登場です♪

PCM00234_02
─── セルシオ初代のこと

 スタートは、セルシオ・ショートストーリーです。。。
1989年10月に発表されたトヨタのフラッグシップカーがセルシオです。当時のトヨタ流行のフラッシュサーフェス化を徹底的に行ったボディは、空気抵抗係数Cd値0.29を実現した滑らかでツルッと磨かれたような仕上がりになっています。エンジンは排気量3968ccのV型8気筒DOHC32バルブ。260馬力のハイパワーを発揮して最高速は250km/hを誇ります。
PCM00234_03
─── セルシオ初代のこと…つづき

 エンジンは高性能でありながら、高い静粛性も併せ持っています。サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンサスを採用。最上級グレードのCタイプには電子制御エアサスペンションを装備、さらにスムーズな乗り心地を実現しています。質の高い乗り心地と同様に、インテリアも豪華な装備が満載でオプションで本革仕様が選べました。ベンツやBMWなど、世界の高級セダンと肩を並べる高品質な仕上がりを目指して開発されたセルシオは、その後の欧州の高級車作りにも大きな影響を与えることになるのです。
PCM00234_04

Car Models File-No.134 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Forza Motorsport 5 vs グランツーリスモ 6

先日、プレイステーションのレーシング・ゲームである「グランツーリスモ 6」始動のニュースをお伝えしましたが、レーシング・ゲームの人気を二分する Xbox の人気ゲーム「Forza Motorsport 5」の新作発表がありました。

「グランツーリスモ 6」はハードは前作同様でプレイステーション3で登場しますが、
「Forza Motorsport 5」の方は次世代ゲーム機「Xbox One」での発売になりますねぇ。。。

このライバル関係は、今後どうなる?

【ビデオ】も紹介!


こちらに詳しく↓
【ビデオ】マクラーレン「P1」と「F1」がプラハの街でレース! 人気ゲームの新作「Forza Motorsport 5」

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

1/24 博物館<File No.133>Final トヨタ カローラ クーペ SL

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////

カローラは仕事の関係で、よ〜く調べさせてもらったので、ネタはありますが(・・・会社には)、
残念ながら今回がファイナルでーす。
PCM00233_09
メーカー不明 1/24 トヨタ カローラ クーペ SL
1970年デビュー!2代目カローラのライバルは日産サニー。

PCM00233_10
─── 2代目カローラ のバリエーション

 2代目カローラは、1971年4月にツインキャブT-B型エンジンとセリカ・カリーナの5速MTを搭載したスポーツ指向の1400SL/1400SRが追加されました。 1400SRはSLよりスパルタンで、文字の示すそれは「スポーツ&ラリー」。華飾装備を簡略化し、強化した専用サスペンション、ラジアルタイヤの装備はラリー競技を想定して設定されていました。
PCM00233_11
─── 2代目カローラ のバリエーション

 1972年のクーペには、ホットモデルとして、セリカ&カリーナ用の ツインカム2T-G型エンジンを搭載した「レビン」と「トレノ」が仲間入りしました。 目立ったところで樹脂性オーバーフェンダー装着、ブレーキ強化のためタンデム・マスターシリンダー、 アクセルペダルはヒール&トウのしやすい吊り下げタイプにして、フットレストも装備するという走りに徹したアイテムが多数装備されていました。 車重855kgでパワーウェイトレシオ7.43kg/ps、ゼロヨン加速は16.3秒で最高速度190km/hという上級スポーツカーに匹敵する性能を持ちながら、価格は若者でも無理すればなんとか買えるであろう81万3000円という低価格でした。
PCM00233_12
─── 2代目カローラ のバリエーション

 1973年にはOHVエンジンにツインキャブの2T-B型エンジンを搭載したマイナーチェンジの「レビンJ」&「トレノJ」が追加されました。 「J」は「ジュニア」の頭文字で、アルファロメオ・ジュリアなどと同じで、これはそこそこの装備とメカニズムを持ち、エンジンはOHVながらちょっぴり高性能で、SRよりハードだが、レビンより価格が安いというポジションでながらなかなかのパフォーマンスだったと言われています。 実際に、2T-B型と2T-G型を比較してもスペック的には大差なく、OHV仕様の2T-B型の方が速い 場面もあったそうです。楽しみ方を人それぞれ選べるなんて、とてもよい時代ですねぇ。。。

Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.133>Part 2 トヨタ カローラ クーペ SL

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////

PCM00233_05
メーカー不明 1/24 トヨタ カローラ クーペ SL
2代目カローラ、E20カローラの生産期間は1970年〜1974年です。

PCM00233_06
─── 2代目カローラ クーペ SL のスペック

【エンジン】
■種類:ガソリン・直列水冷4気筒4サイクルOHV
■排気量(cc):1407
■最高出力(PS/rpm):90/6000 ■最大トルク(kgm/rpm)):12.0/3800
■燃料供給装置:キャブレター
【ボディ】
■構造:モノコック ■ドア数:2 ■ボディ形状:クーペ
■全長×全幅×全高(mm):3945×1505×1345 ■ホイールベース(mm):2335
■トレッド前後(mm):1260/1245 ■車両重量(kg):830
■乗車定員(名):5
PCM00233_07
─── 2代目カローラ クーペ SL のスペック…その2

【駆動系】
■エンジン搭載位置:フロント縦置き ■駆動方式:FR ■変速機:フロア4速MT
【シャーシ】
■サスペンション(前):マクファーソンストラットコイル
■サスペンション(後):半楕円リーフリジット
■ブレーキ(前):ディスク サーボ ■ブレーキ(後):ドラム サーボ
■タイヤ:6.15-13
PCM00233_08
【性能】最高速度(km/h):160 ほんとかなぁ??

Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.133>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////

メーカー不明?第2弾…なんじゃそりゃー♪
PCM00233_01
メーカー不明 1/24 トヨタ カローラ クーペ SL
このモデルは、2代目のカローラですね。
メーカーことをググってみると、「KOGA(古河)模型」「TOHO(東宝)模型」と2社見つけました。もう1社、前出(日産バイオレット)の「ヤマダ模型」にもモーターライズのキットが存在しています。「童友社」にもありましたが、バイオレットの時のように金型の流用でしょうか、、、?。

PCM00233_02
↑ またまたチープなモデルですが、、、、味がありますね〜♪
 中身もスカスカで、内装は上げ底式となっています。
※ちなみに前回のFile-No.132のバイオレットもインテリアは上げ底です

PCM00233_03
↑ いたってパーツ数は少なく、ヘッドライトもメッキパーツのみの表現です。(エラい右が上がってるなぁ。。。
 パーツが少ないお陰で、カタチはまとまっていて「カローラ」に見えますね。

PCM00233_04
─── カローラについて

 初代カローラは「マイカー元年」と言われた昭和41年11月、日本国内の大衆車市場に向けて鮮烈にデビューしました。現在まで40年以上の歴史あるカローラは、140以上の国や地域で販売され、その生産累計台数3000万台にも及ぶそうです。もはや「世界のカローラ」と言っても過言ではないでしょう。

Car Models File-No.133 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.132>Final 日産 バイオレット HT 1600 SSS-E

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////

PCM00232_09
メーカー不明 1/24 日産 バイオレット HT 1600 SSS-E
ウインドウの下のウエストラインは“ストリームライン”と名付けられました。
バイオレットのデザインのポイントとなっています。これがカッコよかった!

PCM00232_10
─── バイオレット ハードトップ 1600SSS-E のスペック

■発売日:1973年1月 ■型式:KP711
■全長×全幅×全高(mm):4,120 × 1,580 × 1,375 ■ホイールベース(mm):2,450
■トレッド(前/後)(mm):1,310/1,320 ■車両重量(kg):985
■エンジン:L16E(直列4気筒OHC) ■排気量(cc):1,595
■最高出力:85kW(115ps)/6,200rpm ■最大トルク:143Nm(14.6kgm)/4,400rpm
■サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
■ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム ■タイヤ:6.45S-13-4PR
■最高速度:165km/h よっ、立派!!
PCM00232_11
↑ キュッと上がるアイライン・ウインドウのラインとゆるやかに下っていく“ストリームライン”というウエストラインのバランスががいいなぁ。

PCM00232_12
 ※日産より引用

1973年(昭和48)1月、大衆車サニーとファミリーカーであるブルーバードUの中間的な車種への要望に応えて、新型バイオレットが誕生しました。乗用車系は、セダンとハードトップを設定しています。いずれもロングノーズ・ファストバックと呼ばれるスポーティなフォルムが与えられ、とくにハードトップモデルはリヤーウインドに逆Rガラスを採用して、ルーフからトランクリッドへのラインに連続性を持たせ、美しく個性的なシルエットを実現した流麗さは話題となりました。こ1600SSS-E は、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を備えたL16E型エンジン(直列4気筒OHC・1,595cc、最高出力115馬力)を搭載しています。さらに、4輪独立式のサスペンションを採用し、優れた乗り心地と操縦安定性の高さも好評を得ました。TVCMでは、俳優の藤岡 弘さんをイメージキャラクターとして起用しました。



Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

グランツーリスモ 6 始動!

プレイステーションのゲーム、期待のシリーズ最新作「グランツーリスモ 6」の発表がありました。
【NEWS】シルバーストーンで「グランツーリスモシリーズ15周年記念イベント」開催!
新ハードのプレイステーション4で登場するのかと思いましたが、「GT5」と同じくPS3で出るんですねぇ。

映像もあります。

ディーノ246GT にカウンタックLP400 にアルピーヌA110 に、、、200台追加で1200車種!
やっと、シルバーストーンサーキットが収録されるんですね。

まだ、「GT5」のベッテルの反則クルマでニュルのグランプリコースと鈴鹿サーキットで金タイム獲れていないんだった(泣

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

1/24 博物館<File No.132>Part 2 日産 バイオレット HT 1600 SSS-E

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////

PCM00232_05
メーカー不明 1/24 日産 バイオレット HT 1600 SSS-E
古いキットです。メーカーはヤマダ模型でしょー?

PCM00232_06
─── バイオレット 初代 710型

 日産が1973年1月に発売した710型バイオレット、これが初代となりました。
ボディタイプは4ドアセダン、2ドアセダン、写真のモデルの2ドアハードトップの3種類。
SSSモデルはスポーツグレードで、このモデルのみリアサスペンションがセミトレーリングアーム式独立懸架を採用していました。これは当時ラリーで大活躍で人気だった510型ブルーバードと同じでした。
PCM00232_07
─── バイオレットが世に出た1973年

 1973年は、自動車産業界を震撼させた出来事が!?
質問:その出来事とは?
2月に為替取引が変動相場制となり、1ドル308円だったレートから円が急騰して、1ドル277円となったのです。この円高の影響で海外旅行がブームとなりました。10月になると6日に第4次中東戦争が勃発してしまう。アラブ諸国は石油戦略を推し進めたのです。原油の値上げ、アラブ石油輸出国機構(OAPEC)は原油減産を決定。石油供給各社は10%の供給削減を発表。その結果、質問の答である「石油ショック」が起きたのです。

ガソリン、洗剤、トイレットペーパーが品不足になり、スーパーでは買いだめをする客が溢れました。都市ではネオンサインが消えて、ガソリンスタンドは日曜日はお休みになったのです。
PCM00232_08

Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.132>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////

PCM00232_01
メーカー不明 1/24 日産バイオレット HT 1600 SSS-E
古いキットなので、メーカーがわかりません m(__)m
金型は童友社に流れて、ノスタルジックヒーロー・シリーズとして再生産されています。

PCM00232_02
もともとは、ヤマダ模型の製品ですね。
古いキットをそのままの味で製作、その時代のテイストをお楽しみー♪

↓ どうです、このトレッド! チョー狭っ!
PCM00232_03
─── 日産バイオレットについて

 1973年に発売された日産バイオレット。710型は初代となります。
当時、日産の下級車種だったサニーと、その上級のブルーバードU(610型)の中間クラスを補うための新規車種として発売されましたが、実際は、ブルーバードシリーズの一車種として、510型ブルーバードの実質的な後継車種としてのポジションでした。
PCM00232_04

Car Models File-No.132 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.131>Final 日産スカイラインクーペ 350GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 日産スカイラインクーペ 350GTプレミアム
日産の誇るプレステージクーペ!ホテルのエントランスに乗りつけても様になるエレガントさです。
PCM00231_09
─── 4ドアセダンとは別物のプレミアムクーペ

 北米で大ヒットしたファン待望のスタイリッシュクーペが登場したのは、セダンに遅れること1年半。基本的なプラットフォームはセダンと共有ですが、ボディは全長と全高が短く低くなり、その一方で全幅は広くなっているため、外板パーツはほぼ別物です。リア回りのコンポーネンツはフェアレディZ譲りのものが使われるなど、完全にセダンとは一線を画したスペシャルモデルです。日産は“プレミアムスポーツクーペ”と名付けました。
PCM00231_10
─── スカイラインクーペ 350GT プレミアムのスペック

■グレード名:3.5 350GT プレミアム ■新車時価格:342万円(税抜)
■全長×全幅×全高(mm):4640×1815×1395 ■燃費(km/L) :8.6
■排気量(cc):3498  ■駆動方式:FR ■乗車定員(名):4
PCM00231_11
─── スカイラインクーペ 350GT プレミアムのスペック2

■ホイールベース (mm):2850 ■前トレッド/後トレッド(mm):1535/1540
■車両重量(kg):1530 ■最低地上高(mm):125
【エンジン】
■エンジン型式:VQ35DE ■種類:V型6気筒DOHC
■最高出力/回転数 kw(ps)/rpm:206(280)/6200
■最大トルク/回転数 nm(kgm)/rpm:363(37)/4800
■使用燃料:ハイオク ■燃料タンク容量(リットル):80 ■10-15モード燃費(km/L):9.3
PCM00231_12
─── スカイラインクーペ 350GT プレミアムのスペック3

■ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
■サスペンション形式(前後):マルチリンク式 ■ブレーキ形式(前後):Vディスク式
■タイヤサイズ(前):225/45R18 ■タイヤサイズ(後):245/45R18

Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.131>Part 2 日産スカイラインクーペ 350GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////

PCM00231_05
↑ メタリックブルーって「鬼門」です(汗
ブルーの上に吹くクリア塗装によってもムラが出るんですよねぇ(困

PCM00231_06
フジミ 1/24 日産スカイラインクーペ 350GTプレミアム
ムラなく塗るのが難しいー。「青」はソリッドも難しいですけどね。
未だに1台も気に入った完成作がありません。。。

PCM00231_07
─── 日産の“プレミアムスポーツクーペ”、スカイラインクーペ 350GT!

 11代目V35型スカイラインクーペは、グーッと大人向けのクーペに生まれ変わっていますね。R34までの硬派でヤンチャなスタイルから一転、クーペらしく動物的で筋肉質な力強いデザイン、それでいて目を奪われるようなグラマラスなデザインを両立したエクステリアに生まれ変わりました。グラマラスといっても、BMWのそれとは、ちと違いますけどね。
PCM00231_08
↑ フロント、リアともに、筋肉質で躍動感あふれる力強いデザインが特徴。北米でもG35クーペとして大ヒットしました。

Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.131>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////

スカイラインが続きます。
PCM00231_01
フジミ 1/24 日産スカイラインクーペ 350GTプレミアム
11代目スカイラインのクーペタイプ。2003年1月16日登場!セダンは先行発売で2001年6月に発売。
PCM00231_02
─── 日産スカイラインクーペ 350GTプレミアムについて

 上級ブランド「インフィニティ G35スポーツクーペ」として、北米で先行販売されました。
V6をフロントミドシップに配置する後輪駆動モデル。エンジンは280psを発生する3.5リッターV6。クーペ専用チューンである。トランスミッションには、6段MTまたはシーケンシャルモード付き5段ATが用意されました。
スカイラインクーペは、基本的に「350GT」のモノグレード。ただし、豪華装備を施した「プレミアム」仕様があります。装備の違いは、「本革張り内装」「オーディオコントローラー付きステアリングホイール」「エアコン左右独立温度調整機能」「BOSEサウンドシステム」などです。
※スカイラインクーペは、オートマよりマニュアルモデルの方が値段が高い(14万円)。MT車のホイールは18インチで、対向ピストン仕様ブレンボ社製ブレーキが奢られる。また、リアにはビスカスLSDを標準装備。
PCM00231_03
↑ 縦長の目は、これから始まった。現代スカイラインの証。

↓ テールランプは丸形!スカイラインのアイデンティティを継承。
PCM00231_04

Car Models File-No.131 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.130>Final スカイラインGT-R(R33)Vスペック

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////

PCM00230_15
フジミ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様
R33 GT-Rは、第2世代GT-Rモデル(R32〜R34)の中でも一番故障が少ないと言われています。

PCM00230_16
─── スカイライン R33 GT-R 中期型

 R33 GT-Rは、発売から約1年後、初めてのマイナーチェンジを受けます。変更はインテリア、デザインが不評のステアリングホイールがスリムでスポーティなタイプになり、これは大いに歓迎されました。その一方でインパネの材質が変わり、質感が悪くなったとこちらは不評でした。安全面に対する変更としてデュアルSRSエアバッグが標準装備となりました。ただし、Vスペック N1 モデルには運転席のみのエアバッグとなっています。エクステリアでの変更はリヤフィニッシャーのデザインだけが変更されました。

PCM00230_17
─── スカイライン R33 GT-R 後期型

 R33 GT-Rの中で、本格的な見直しが行われたマイナーチェンジが1997年2月です。
まずエクステリアの変更は、N1仕様と同様2個のエアインテークダクトを設けたフロントバンパーを採用したこと。このフロントバンパーは、左ターンシグナルの奥に、オイルクーラー冷却用のダクトを設け、さらにバンパー自体を下に20mm大きくすることにより、ラジエーターやインタクーラーの冷却性能を大幅に上げることができるようになりました。また、ブレーキ冷却用ダクトの開口面積も増大されました。ただ、地上高が下がったことで日常生活における縁石などへの接触を心配するユーザーを考慮して、従来型のフロントバンパーもオプションで用意していました。人気が高かったアイテムが、プロジェクタータイプのキセノンヘッドライトです。低電力で多光量、視認性が高いのが特徴です。さらにライト類の変更として、右側のバックランプをリヤフォグランプに変更されました。
駆動系の変更は、剛性アップと軽量化、さらに制御系統もチューニングされ、旋回制動時の安定感が増しました。
これだけの大きな変更にでしたが、車両価格は中期型の「6万円高」というコストパフォーマンスもポイント高かったです。

従来型のオーナーが聞いたら泣いて悔しがるほどの内容でした。

PCM00230_18

Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.130>Part 4 スカイラインGT-R(R33)Vスペック

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////

PCM00230_11
フジミ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様
前期型 Vスペック N1 は、Vスペックをベースにメタルタービン・専用ピストン・空冷オイルクーラー・専用ウォーターポンプを採用し、N1レース仕様として発売されたモデルです。

PCM00230_12
─── スカイライン R33 GT-R 前期型

 R33 GT-Rは、そのコンセプトから先代R32に比べるとボディが大きくなったが、その恩恵でリヤの居住性は抜群に良くなりました。その代償として、リヤシートバックの後方に移動したバッテリーなどパーツのおかげで、トランクスペースは狭くなり、使い勝手は悪化するという釈然としない結果がありました。さらに、ガソリンタンク容量も72リッターから65リッターに減って、もともと燃費がいいといえないGT-Rの航続走行距離をさらに短くするはめに、、、。

PCM00230_13
─── スカイライン R33 GT-R 前期型

ロングホイールベースによる直進安定性や、そのセッティングは懐の深い限界性能を持ち、よく曲がる。サーキット走行愛好家に支持された。

■ Vスペック N1(前期型)は、冷却性能と空力特性向上のため、専用のバンパーとスポイラーを装備しています。

PCM00230_14

Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.130>Part 3 スカイラインGT-R(R33)Vスペック

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////

PCM00230_07
フジミ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様
総計1万6520台の R33GT-R 、R32GT-R は4万3千台強、ちなみに R34GT-R は1万1千台強です。生息率が少なめなんですねぇ。R33GT-R は身近には生息していません。

PCM00230_08
─── スカイライン R33 GT-R の種類と価格

 スカイライン R33 GT-R の歴史を見てみましょう。
■前期型…1995年1月
 ● ノーマルGT-R の価格は、478.5万円
 ● Vスペック(前期)の価格は、529.0万円
 ● Vスペック N1(前期)の価格は、599.0万円
■中期型…1996年1月
 ● ノーマルGT-R の価格は、482.5万円
 ● Vスペック(中期)の価格は、533.0万円
 ● Vスペック N1(中期)の価格は、599.0万円
 ● LMリミテッドの価格は、499.8万円(発売は1996年5月)
 ● Vスペック LMリミテッドの価格は、550.3万円(発売は1996年5月)

PCM00230_09
─── スカイライン R33 GT-R の種類と価格…その2

■後期型…1997年2月
 ● ノーマルGT-R の価格は、488.5万円
 ● Vスペック(後期)の価格は、533.0万円
 ● Vスペック N1(後期)の価格は、599.8万円

非常にバリエーションの多い R33GT-R なのです。
PCM00230_10
↑ 少しタレ目は、歴代GT-R の中で一番愛嬌があると思うんですけど。。。

Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.130>Part 2 スカイラインGT-R(R33)Vスペック

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////

PCM00230_03
フジミ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様
まずは、R33 GT-R のことをお勉強。

PCM00230_04
─── スカイライン R33 GT-R の概略

 スカイラインとしては9代目、GT-Rとしては4代目。通称 R33GT-R、型式名は BCNR33 です。
R32GT-R から進化したATTESA E-TS、サスペンションで足下を固め、ボディ剛性や空力といったR32の弱点を改良しました。ニュルブルクリンク・コースにて7分59秒を記録しています。R32のニュルのタイムと比較して『マイナス21秒ロマン』をキャチフレーズにしました。

PCM00230_05
─── スカイライン R33 GT-R の概略…その2

 発売当初は「ボディがデカい」という理由で「スポーティさが無くなってしまった」という声もあったのですが、「第2世代GT-Rの中で一番落ち着いたスタイルだ」と時間の経過とともにR33GT-Rは、『大人のスポーツカー』としてクルマ好きの間で一番人気があるというのは、イギリスでのお話。人気の逆輸入で、日本での評価も上がりました。

PCM00230_06
追記:1995年(平成7年)1月の発売から1998年(平成10年)11月の生産終了まで、総計1万6520台が生産されています。

Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.130>

今日、久しぶりに博物館用のモデルの撮影をしました。
まだ、バックヤードの模型を撮ってますよー♪

130番目のモデルをちょっとだけよ〜
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////

PCM00230_01
フジミ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R(R33)Vスペック N-1仕様
R33 GT-R は前期・中期・後期型と3タイプあるんですよね。
フロントバンパー中央のインテークがN-1仕様の証!

PCM00230_02
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.4>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.4> Part 2
↑ 博物館でご紹介しました R33 GT-R トミーカイラ R です。

Car Models File-No.130 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ランボルギーニ 50周年 アニバーサリー【 VIDEO 】

祝!ランボルギーニ 50周年

センスよくてカッコいいランボルギーニ・カーズ♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.129>Final トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////

PCM00229_15
アオシマ 1/24 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08
サスペンションが可動です。車高が微妙に前後でバランスが悪いのは、そのせいか?

PCM00229_16
─── GSR204 クラウン 3.5 アスリート '08 総括

 クラウンといえば「伝統」、そして「安心」と「信頼」というワードが頭に浮かびますね。それに路地裏から高級ホテルの玄関まで、これほど日本の道が似合うクルマも無いと思います。サイズも大きすぎず小さすぎず、日本でちょうどいい感じです。
 衝突する前の安全装備であるVDIM、衝突後の安全装備である10個のエアバッグやアクティブヘッドレストを装備するなど「安全」と真正面で向き合い。急制動時にストップランプを点滅させる「緊急ブレーキシグナル」の装備など配慮にも抜かりが無い。
 数々の最新ハイテクが実用化されているのも日本的です。目の瞬きまで監視するドライバーモニター、ナビの位置情報とモニターカメラを使った一時停止情報提供、近赤外線を使ったナイトビューなど新しい装備がドドーンと投入されているのだ。
PCM00229_17
リアタイヤが沈みがちなんだなぁぁ。。

PCM00229_18

Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

1/24 博物館<File No.129>Part 4 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////

PCM00229_11
アオシマ 1/24 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08
ルーフアンテナがアクセントになってますね。Cピラーには伝統のクラウン(王冠)マークがあります。

PCM00229_12
前回のエントリーでスペックを紹介しましたが、足回りを忘れてしまいました(汗

…足回り編
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション形式/前:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング、/後:マルチリンク式コイルスプリング
■ブレーキ形式(前後):ベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(前後):225/45R18 91W
■最小回転半径(m):5.2
PCM00229_13
─── 鉄壁の安全性

 上級グレードには電動リクライニング付リアシートを標準装備するクラウン 3.5 アスリートですが、それが無くても居住性はすこぶる快適ですが。もっとスゴイのが、、、「エアバッグ」
エアバッグは前席フロントに2つ、前席サイドに2つ、前席ひざ部2つに加えて、前後席カーテンが2つ、後席サイドも2つ、合わせて、なんとー「10エアバッグ」を全車に標準装備。鉄壁というか「エア壁」の守りとなっております。
PCM00229_14

Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR