1/24 博物館<File No.129>Part 3 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////

PCM00229_07
↑ このアングルがカッコいいですね♪フロントのホイールアーチが芸術的で、グーー。

PCM00229_08
アオシマ 1/24 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08
テールランプは丸形4灯でスカイラインのような印象でした。

PCM00229_09
─── GSR204 クラウン 3.5 アスリート '08 のカタログ・スペック

…ボディ・サイズ編
■ボディタイプ:セダン ■乗員定員:5名 ■型式:DBA-GRS204
■全長×全幅×全高(mm):4870×1795×1470 ■ホイールベース(mm):2850
■トレッド前/後(mm):1535/1535 ■室内長×室内幅×室内高(mm):2060×1520×1205
■車両重量 1650kg
PCM00229_10
…エンジン・燃料・燃費編
■エンジン型式:2GR-FSE ■最高出力:315ps(232kW)/6400rpm
■最大トルク:38.4kgm(377Nm)/4800rpm ■種類:V型6気筒DOHC
■総排気量(cc):3456 ■内径×行程(mm):94.0×83.0 ■圧縮比:11.8
■燃料タンク容量(リットル):71 ■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
■10モード/10・15モード燃費:10.0km/リットル

Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

映画『ラストスタンド』観てきました

※注意!ネタバレバレです

ゴールデンウィークの前半戦も今日で終了ですね。
やーっと昨日、映画を観ることができました。
アーノルド・シュワルツェネッガー復活!
10年振りに銀幕に帰ってきたシュワちゃんの昔と変わらないアクション映画。

お話は、、、
FBIは麻薬王コルテスを極秘で護送するが、コルテスの手下たちに襲撃され、逃亡を許してしまう。時速400キロという圧倒的スピードとパワーを誇るクルマを駆り、コルテスらはメキシコ国境へ向けて爆走する。FBIはパトカーやヘリコプターを駆使し総力を挙げてコルテスを足止めしようとするが、最新鋭の銃火器を備えた彼らに太刀打ちできず、追跡隊は壊滅状態。コルテスたちの進路となっている小さな田舎町で保安官を務めるオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、町にある武器をかき集め、住人らと共に迎撃の準備を整える。
■タイトルの「ラストスタンド」とは“最後の砦”でいう意味です

●監督:キム・ジウン(ハリウッド進出を果たした韓国人監督)
●脚本:アンドリュー・クノアー
●製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
●出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(レイ・オーウェンズ)、フォレスト・ウィテカー(ジョン・バニスター捜査官)、ジョニー・ノックスヴィル(ルイス・ディンカム)ほか

「ターミネーター3」で、さすがにキツいわ、シュワちゃんと思っていた方へ朗報です。本来のシュワちゃんが帰ってきました。しかも、屈強な肉体だけではなく貫禄もつけて復活しました!
クルマ好き、ドンパチ好きにはたまりませんよー♪

まずは、麻薬王コルテスが逃亡用に駆るのが……
corvette_ZR1_laststand
『シボレー コルベット ZR1特別仕様車』
カルテルの手下がモーターショーの会場から盗んできたデモカー。1,000馬力で最高速400キロを誇り、暗視カメラも搭載。これで暗闇でもライトを点けずに走ることができます。しかも、コルテスは元レーサー、自分でサーキットも所有しているという設定。この事態にFBIのバニスター捜査官は「凶悪犯にバットモービルを…」と落胆。

それに対する、保安官オーウェンズ(シュワちゃん)は……
camaro_ZL1_laststand
『シボレー カマロ ZL1』
このカマロもスーパーカマロでして、スーパーチャージャーを搭載した怪物マシンだったのです。これはオーウェンズ保安官の愛車ではなくて、ソマートン市長ご自慢の愛車なのです。市民に見せびらかすために違法駐車しながら、キーを保安官に渡して管理を頼んでるんです。

もう一つ、ドンパチの方でも……スーパーウェポンが!
s&w_m500
『スミス&ウェッソン M500』
もちろん、保安官が普段から装備しているガンではありません。ディンカム火器武器博物館の館長のディンカムが“ジョルジェッタ”と呼んで肌身離さず持っているガンです。世界最大のリボルバーで、50口径という特大なマグナム弾を装填する。通常のリボルバーは弾丸を6発装填しますが、ビッグサイズの50マグナムのため装弾数はわずか5発ということです。バレルの長さは 8-3/8インチです。副保安官のジェリーは試射で、ものすごいリコイル(反動)のため、鼻の骨を折ってました。

映画評価:★★★☆(満点5で3.5ポイント)
ゴールデンウィーク中には、もう何本か観たいですねぇ。。。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

1/24 博物館<File No.129>Part 2 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////

PCM00229_03
アオシマ 1/24 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08
クラウンなのにスタイリッシュ!アスリートは特にスポーティーでイイですね。
PCM00229_04
─── GSR204 クラウン 3.5 アスリート '08 について

 2008年2月、日本を代表する高級車として君臨するクラウンが13代目“200系”となって登場しました。モデルバリエーションは、「アスリート」、「ロイヤルサルーン」、「ハイブリッド」の3種類から構成されています。
今回の“アスリート”は、スポーティさに更に磨きがかかり進化を遂げています。外観は、フロントバンパーが大きく開口し、メッシュ調グリルをはじめ、LEDのテールランプ、リアトランクにはリアスポイラーが装備され、ホイールは18インチサイズとなっています。
※アオシマのパッケージ解説より
PCM00229_05
アオシマの出来はイイですね。シャシーは流用ですけどね。
PCM00229_06

Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.129>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////

PCM00229_01
今回も「さわり」で、、、、
しかし、写真が暗くてダメダメだなぁ m(__)m
PCM00229_02
アオシマ 1/24 トヨタ クラウン 3.5 アスリート '08
13代目のクラウン GRS204型です。クラウンは昨年の暮れにモデルチェンジし14代になりました。ピンクのクラウンが話題になりました。

Car Models File-No.129 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.128>Final バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II デロリアン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////

PCM00228_15
今回がファイナルで、ネタもつきまして(ぽりぽり
PCM00228_17
アオシマ 1/24 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II デロリアン
真ん中の白い突起物が給油口?
これに生ゴミ(バナナの皮)を投入すると、それを原子レベルにまで分解、核(融合)反応を発生させるのです。
PCM00228_16
─── タイムマシンの秘密

 映画の中でタイムトラベルするための装置の名を「次元転移装置」といってます。動かすためには1.21ジゴワットの電力が必要であるということです。エメット・ブラウン博士は1955年11月5日にトイレで転んで頭をぶつけたときに次元転移装置の着想を得たと話していました。
その直後に1985年からやってきたマーティ(マイケル・J・フォックス)と出会うことにより、着想の正しさを知ることになるのです。
PCM00228_18

こんな【VIDEO】を見つけました。
アルゼンチンで家電量販店(GARBRINO)のCMとして制作・放送されたものだそうです。


Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.128>Part 4 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II デロリアン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////

PCM00228_11
タイムマシンらしく室内もメカニカルですね。
PCM00228_12
アオシマ 1/24 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II デロリアン
タイトル及びモデル名の書き方が間違っていたので修正しました。デロリアン・パート2じゃなくて、バック・トゥ・ザ・フューチャーのパート2ですね。
PCM00228_13
─── さぁ、レッツ、タイムトラベル!

 タイムマシン・デロリアンでタイムトラベルを行う時は、時速88マイル(時速140km/h)まで加速する必要があるのです。長い直線道路が必要になりますが、未来(2015年)へタイムトラベルした際にで飛行できる装置を取り付け、さらに燃料もバナナの皮で済ませることができるようになりました。タイムトラベルの瞬間、デロリアンは閃光を放ち消えますが、あとに炎のタイヤ跡を残します。
PCM00228_14

Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.128>Part 3 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートII

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////

PCM00228_07
アオシマ 1/24 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートII
このタイムマシンの“デロリアン”は空も飛べるのだ!
PCM00228_08
この“ステンレス・ボディ”がタイムマシンのイメージにぴったりね!
PCM00228_09
─── 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシン“デロリアン”

 クリストファー・ロイドが演じるエメット・ブラウン博士が、自分の愛車であるDMC-12 デロリアンを改造してタイムマシンを製作したのです。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の第1作で初めてタイムトラベルするのが1985年10月26日、パート3である最後のタイムトラベルで帰ってくるのが1985年10月27日。しかし、現代に帰ったとたん、貨物列車と衝突し大破してしまうのです。ということは、このタイムマシン“デロリアン”は、完成からわずか2日間しか存在しなかった、ということになるのです(残念
PCM00228_10

Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.128>Part 2 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートII

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////

PCM00228_03
アオシマ 1/24 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートII
タイムマシンのことなんて、、、、わからないよー!
PCM00228_04
何を話そうか、、、、
PCM00228_05
─── タイムマシンのカタチ!

 タイムマシンといえば、SF小説や映画、漫画ですよね。
日本人なら誰もが知っているマンガ「ドラえもん」。ドラえもんの持つタイムマシンは「板」ですね。
「空飛ぶじゅうたん」のイメージでしょうか。
タイムマシンの概念を確立させたのは作家H.Gウェルズが書き記した「タイムマシン」では「箱」でしたね。
映画の世界では「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」では、タイトル通り「ドラム式の洗濯機」なんて変り種タイムマシンもありました。
そして、、、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では「クルマ」ですねぇ。クルマは“デロリアン”。
微妙なところで思い出したのですが、ジャン・クロード・ヴァンダム主演の映画「タイムコップ」は、過去にだけ行けるタイムマシンが登場しました、これはレールの上を行くクルマ?でしたね。
PCM00228_06

Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.128>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////

PCM00228_01
アオシマ 1/24 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートII
「世界のクルマ」といっても今回は「特殊車両」ということで(汗
こういうことは、よくあることで、、、、、
PCM00228_02
今回は“さわり”ということで♪

以前、博物館で紹介しました“デロリアン”について
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.104>
※今回紹介のモデルを改造したモノになります。

Car Models File-No.128 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.127>Final スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////

PCM00227_09
アオシマ 1/24 スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)'83
ホイールは、定番「RSワタナベ」。8本スポークがトレードマーク!
PCM00227_10
─── スカイライン HT 2000 TURBO RS-X のスペック

■全長×全幅×全高(mm):4620×1675×1360 ■ホイールベース(mm):2615
■トレッド(前/後)(mm):1420/1410 ■エンジン型式:FJ20ET ■エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
■ボア×ストローク:89×80 ■総排気量(cc):1990 ■圧縮比:8.0
■最高出力(ps/rpm):190/6400 ■最大トルク(kgm/rpm):23.0/4800
■車両重量(kg):1235 ■サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
■ブレーキ(前/後):Vディスク/ディスク ■タイヤ:205/60R15
PCM00227_11
─── 1983年8月18日の出来事

 6代目DR30スカイライン初のマイナーチェンジ。RSシリーズはフェイスリフトされ、GT系と完全に差別される。フロントはグリルレス化され、前後バンパーは大型化となり、通称“鉄仮面”と呼ばれる顔となる。また、リアコンビネーションランプ&内装もリフレッシュされた。さらにRSターボにパワステ/パワーウインドウ/クルーズコントロール/世界初の8ウェイマルチアジャスタブル電動マルチバケット/カセットデッキ等を装備した豪華仕様グレードRS-Xを追加。RS系もサイドサポート調整機構付きシートを採用。インパネにはブレーキ摩耗警報装置を装備。MTの操作性を重視し、形状を変更している。ターボのタイヤサイズが205/60R1589Hに拡大され、アルミホイールの意匠変更が施された。また、世界初の雨滴感知間欠ワイパーをオプション設定した。マイナーチェンジ前のRSターボに比べ、車両重量は20kg増となった。
PCM00227_12
─── R30シリーズで最も希少なモデルは?

 それは、1983年11月に登場した『RS-X50周年アニバーサリー』というモデル。
このクルマは日産自動車の創立50周年を記念して作られたもので、ベースは2ドアのRS-Xターボが選ばれました。
大きな特徴は、純正色にはない「ガンメタと赤茶」のツートンカラーが選べること。その他は、メッキ処理されたドアミラー/メインキー/前後に付くエンブレム/ハイタッチモケットシート/高級システムコンポなど多岐にわたりました。ただ、エンジンやミッション、サスペンション等には手が入らず、ドレスアップカーとしての印象が強いモデルでした。
PCM00227_13

Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

1/24 博物館<File No.127>Part 2 スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////

PCM00227_05
アオシマ 1/24 スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)'83
マイナーチェンジでRSシリーズに加わった豪華版の“X”グレードについて話そー♪
PCM00227_06
─── “鉄仮面”の“X”グレード

 それまでのRSシリーズはワングレードで、走りに関係無い装備は極力省くという、“GT-R”的考え方のスパルタン仕様でした。しかし当時の自動車の考え方ではより快適を求める風潮でした。その流れに乗って追加された“X”グレードは、パワーウインドウはもちろん、パワーシート(8種の調整が電動で行える)まで備える“旦那向け”の走りの“RS-X”として生まれたのです。
PCM00227_07
─── R35GT-Rの始まりは“RS-X”

 さらにオプションでASCD(オートクルーズ)や雨滴感知ワイパー等も用意されていたのです。
FJエンジンの荒々しさと矛盾する快適な室内空間を備えた、ある意味ミスマッチなモデルだったのです。
現在のGT-Rは、このコンセプトですけどね。30年前に始まっていたのですねぇ♪
PCM00227_08

Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.127>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////

<File No.97>から始まった “1/24 博物館”の第2部:バックヤード編も30台目です(万歳!
PCM00227_01
アオシマ 1/24 スカイライン HT 2000 TURBO RS-X(KDR30)'83
忘れた頃の“スカイライン”。頻繁に登場しますがご容赦を、、、なにしろ、大好きなもんで。。。
PCM00227_02
─── 斬新なグリルレスで登場!人呼んで“鉄仮面”

 1983年8月、6台目R30スカイラインは丸二年を迎えてGT&TIシリーズ、RSシリーズ共にマイナーチェンジが施されました。変更箇所は101にも及びます。最強のスポーツモデルとなるRSシリーズは、斬新なフロントマスクとともに快適性もゲットするのです。そのフロントマスクのイメージからくる愛称が“鉄仮面”なのです。
PCM00227_03
この“鉄仮面”フロントマスクはGTシリーズとの差別化を図るのが狙いですね。
走りのイメージを強調した結果でしょー♪
PCM00227_04
リアのコンビランプは意匠及び構造が一新されていて、バルブ容量変更によって省電力化が図られました。

Car Models File-No.127 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名駅周辺、自動車ショールーム事情…その6

さらに続いた名古屋日産ギャラリーの4月の様子。
最後のクルマは、、、
130408_NG-14
今回のベストショット!カッコいいなぁ〜
『1971年 HS30型 フェアレディ 240ZG』
130408_NG-15
ロングノーズ! これが「Z」のイメージですね。
130408_NG-16
コンソールのセンターにある三連メーターが子供心に刺さったから、自分の部屋もどこにでも手が届くレイアウトで「おもちゃ」を配置してました(笑
130408_NG-17
オーバーフェンダー、意外と明るい感じのガンメタ塗装になっています。
130408_NG-18

130408_NG-19

130408_NG-20

130408_NG-21

130408_NG-22

1969年10月に美しいファストバック・ボディに身を包んだ「初代フェアレディZ」S30型がデビュー。その後1971年に対米輸出用であったフェアレディ240Zが3グレード追加された。なかでも「Gノーズ」の愛称で親しまれたグランドノーズにオーバーフェンダーを身に着けた最上級グレードの240ZGは人気を博した。パワフルな240ZGは、東アフリカサファリラリーで優勝。国内レースでは日本グランプリGTS II クラスで優勝するなど国内外の数々のレースで活躍した。



★おまけ!携帯の壁紙用タテ位置画像!
130408_NG-23

130408_NG-24

130408_NG-25

さぁー、これからジャッキー・チェンの映画『ライジング・ドラゴン』観てくるぞー♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺、自動車ショールーム事情…その5

名古屋日産ギャラリーの4月の様子。
ダットサンスポーツのつぎは、、、
130408_NG-07
『1965年 S54B-2型 スカイラインGT』
1/24スケールのプラモデルがフジミから出ています。現在も入手可能です。
130408_NG-08
模型製作のための資料として撮影してますが、撮影したデータの整理ができてないんですよね。
で、このブログをアルバム代わりに、、、
しかし、ファイル名に車名を使わなかった(マヌケ
何の意味もなーい♪
130408_NG-09

130408_NG-10

130408_NG-11

130408_NG-12

130408_NG-13

1965年(昭和40年)2月に登場したスカイラインGT(S54B-2型)は、前年の3月に発売された初代スカイラインGT(S54B-1型)をパワーアップしたグランドツーリングカーでした。ウェーバー製のキャブレターを3連装し、125馬力という当時としては非常に高い最高出力を誇りました。また、最高速度は180km/hに達し、高性能なグランドツーリングカーとして憧れを集めました。強心臓に対応すべく、トランスミッションは全ギアをシンクロ化。足腰も強化され、フロントブレーキにはディスクを採用。走行安定性を高めるためにスタビライザーを前後に装着しています。さらに、シャシーのメンテナンスフリー化(グリースなどの無給油)や封印エンジンを謳うなど、整備にしやすさも追求したモデルでもあります。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺、自動車ショールーム事情…その4

その4、いっちゃいましょー!
4月の日産ギャラリーです。

1969年のオープン以来、たくさんのお客さまにご来場いただいた「日産名古屋ギャラリー」が、
2013年5月6日をもって閉館いたします。
44年の長きにわたるご愛顧、誠にありがとうございました。
これまでの感謝の気持ちを込めて、ご来場者の皆さまによる「一番見たいクルマ」の人気投票を実施させて頂き、各部門の人気No.1が決定いたしました。
これらのクルマは、2013年4月1日(月)~5月6日(月・祝)の間、日産名古屋ギャラリーに展示いたします。

<第1回展示:2013年4月1日(月)~4月18日(木)>
■クラシックカー部門
ダットサンスポーツ(1952年:DC-3型)
■セダン部門
スカイライン2000GT(1965年:S54B-II型)
■スポーツ&スペシャリティー(1960年~/1970年~)部門
フェアレディ240ZG(1972年:HS30型)

<第2回展示:2013年4月19日(金)~5月6日(月・祝)>
■スポーツ&スペシャリティー(1980年~/1990年~)部門
スカイラインR34GT-R M-SpecNur(1999年:BNR34型)
■パイクカー部門
Be-1(1987年:BK10)
■レーシングカー部門
NISSAN R382(1969年、日本グランプリ優勝車)


という名古屋日産ギャラリーからのアナウンスです。
はーい、第1回展示をご紹介♪
130408_NG-01
『1952年 DC-3型 ダットサンスポーツ』
130408_NG-02

130408_NG-03

130408_NG-04

130408_NG-05

130408_NG-06

フェアレディZのルーツともいうべきダットサンスポーツ(DC-3型)は、1952年1月に日本初のスポーツカーとして誕生した。初代ブルーバード誕生の7年前、日本の自動車生産が4000台にも満たない頃誕生したこの意欲的なモデルは、開発段階で参加したレースで優勝するなど、スポーツカーとしての非凡な資質を備えていた。スマートなボディは、ほとんどが手作りで50台の限定生産だった。


つづいてしまうー(汗

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺、自動車ショールーム事情…その3

3回目は、名駅ミッドランドのレクサス・ショールームの4月です。
130404_LS-01
『LEXUS IS 300h』
さすがっ、レクサス!威圧感ハンパないですね。
130404_LS-02
2013ジュネーブモーターショーにレクサスブースで参考出品されたクルマですね。
しかし、非常に市販車に近い作りですが。近々、国内でもデビューでしたか?!
130404_LS-03
スペックはで確認ください。
130404_LS-04
情報が少ないので、レルサスが発表したプレスリリースをご紹介します。
『LEXUS、新型ISを発表』
130404_LS-05

130404_LS-06
↓↑どうです?このヘッドライト周りのデザインのエグさ!嫌いじゃないです、むしろ好き!?
130404_LS-07

130404_LS-08
↓↑サイドもリアも同様にキテますねー♪
日本人らしく、ちゃんとまとめないと気が済まないんでしょうね。
というか、デザインに理由が必要なんですね。辻褄合わせが却って悲しい印象です。でも、好きですよ!
130404_LS-09

130404_LS-10
輝く「LEXUS」エンブレム!
登場を待つ方々も多いことでしょう!?
当然、スポーツタイプの“F SPORT”も出るでしょうから。期待しちゃうなぁ。
130404_LS-11
半分だけ見てると、LS300h が作るラインの美しさがわかります。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺、自動車ショールーム事情…その2

今回は3月の「栄」の日産ギャラリーを紹介します。

「日産ギャラリー」といえば、ご存知の方も多いと思いますが、閉館してしまいます。

名古屋ギャラリー閉館のお知らせ

このたび、名古屋ギャラリーは、閉館することとなりました。
長年のご愛顧ありがとうございました。
尚、営業最終日は5月6日(月・祝)になります。


ご紹介するクルマは、わたしも初見で。ミニカーでしか見たことなくて、感動でした。
130322_NG-02
『日産 240RS』
130322_NG-04
─── 日産 240RS って

 車名は、排気量が2400ccであることと、最高出力が240馬力ということから『240RS』と。
“240”という数字は、「フェアレディ240Z」など日産には縁のある数字ですね。
ボディは、シルビアのクーペタイプ(ノッチバック)です。3代目S110型のシルビア後期型です。
当時、日産は WRC(世界ラリー選手権)サファリラリー4年連続優勝という絶頂期にありました。そこで、WRCに勝つために240RSを作り上げたのです。
130322_NG-01
─── 日産 240RS って…その2

 ウィキペディアによれば、生産台数はグループBの認定に必要な200台をわずかに上回る200数台といわれています。主に左ハンドルのモデルが販売されたが、極少数右ハンドル車が存在したそうです。一説では、総生産台数の内、左ハンドル車が150台、右ハンドル車が50台生産され、この中の30台ほどがWRCや各国の国内ラリー選手権に使用されたとされています。発売は1983年で国内販売はなかったそうです。
130322_NG-03

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名駅周辺、自動車ショールーム事情

名駅周辺のショールームの展示車両をご紹介します。
まずは、ミッドランドのレクサスのショールーム。
撮影は、ちょーっと時間が経ってますが、2月です。東京オートサロン2013が終わった後って感じですね。
130212_LS-01
『 86Q 』by トヨタ技術会
トヨタ 86 を“チョロQ”風に!なんちゃっての王道。
130212_LS-02
ベースの車両は、「ダイハツ ミゼット II」 です。
130212_LS-03
ヘッドライトなどはダミーですが、ちゃーんと走ります。
130212_LS-04
ハチロクとハチロクQを並べてほしかったなぁ。
130212_LS-05
こんなクルマが現実に走り出す未来、子供たちがわくわくできるクルマづくりに期待しちゃうな〜。
130212_LS-06
86Qは意外とでっかいんです。幅は約2mで高さが1.8mをこえてます。
130212_LS-07
『TES-ERA EV』by トヨタ技術会
こちらは、同じくトヨタ技術会製作のガルウイングスポーツEVです。
130212_LS-08
20年前に発売したガルウイングドアが特徴の「トヨタ セラ」をベースにしています。銀河をイメージしたカラーリングは、公募で選ばれた豊田市内の小学生の作品だそうです。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.126>Final マツダ サバンナRX-7(FC)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////

PCM00226_09
タミヤ 1/24 マツダ サバンナRX-7
タミヤ製の FC は、サンルーフ付きをモデル化。しかも、サンルーフは可動です。
PCM00226_10
─── サバンナ RX-7 FC3S のロータリーエンジン

 2代目RX-7 は、13Bロータリーエンジンのインタークーラー付きターボを搭載。ターボはツインスクロールターボ
を採用し、185ps→205ps→215psと進化していきます。前期型が185ps、205psと215psが後期型に分けることができます。トルクは馬力の順に25kg/m→27.5kg/m→28kg/mと進化します。
PCM00226_11
─── 知ったかぶり サバンナ RX-7 FC3S

 アルミ製のボンネットを採用していました。軽量化にこだわった結果、なんと、ジャッキさえもアルミ製という贅沢なものでした。贅沢と言えば、走りのアイテムであるLSDも付いてましたが、ABSだけは、上級グレードのみの標準装備でした。
PCM00226_12
この角度、カッコいいなぁ〜♪
PCM00226_13
サンルーフを閉めておきましょう!
では、次回。

Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.126>Part 2 マツダ サバンナRX-7(FC)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////

PCM00226_05
タミヤ 1/24 マツダ サバンナRX-7
タミヤ製の FC は、博物館<File No.114>博物館<File No.60>博物館<File No.25>はアオシマ製の FC です。4回目の登場もタミヤ製です。フジミ製がまだないな(汗
PCM00226_06
─── サバンナ RX-7 FC3S のキットのこと

 1985年9月にフルモデルチェンジで登場した2代目サバンナRX-7(FC3S)ですが、模型キットの方はといえば、翌年1986年にタミヤが一番乗りで発売。若干遅れてフジミからも発売されましたね。もちろん、両社とも前期型のモデル化です。その後タミヤからは、1987年8月に登場したカブリオレが発売されましたが、前期型でのモデル化でした。フジミはその後に後期型に改修しています。頭文字D版なども発売されましたね。
PCM00226_07
─── サバンナ RX-7 FC3S のキットのこと…その2

 最後発のアオシマからは、2005年10月に発売されました。アオシマは、よく考えたキット化で、部品を複数用意して、後期型にも対応できるようになっていました。
現在、アオシマやフジミは入手可能ですが、タミヤは絶版かな?しばらく見ていません。
※フジミは古いキットですので、悪評高い“板シャーシ”です。
※アオシマでは、シャーシは“FD”のものを流用しています。
PCM00226_08

Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.126>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////

PCM00226_01
タミヤ 1/24 マツダ サバンナRX-7
またまた登場! FC3Sです。博物館<File No.114>博物館<File No.60>博物館<File No.25>と、いままでに3度のご紹介です。
PCM00226_02
─── サバンナ RX-7 前期型

 1985年9月にフルモデルチェンジを受けた2代目サバンナRX-7(FC3S)、この前期型をモデル化したのが、このタミヤ製の RX-7 です。前期型は、最高出力185馬力の13Bロータリー・インタークーラーターボ付エンジンをフロント・ミドシップにマウント。最高速は200km/hを軽くオーバーする実力を持ってます。また、フロントにマクファーソンストラット、リヤにはマルチリンクのサスペンションは、自分の意志のまま動く4輪操舵感覚に近い走りを実現。ブレーキもレーシングカーに使われる対向4ピストンキャリパーを装備した強力なものです。
PCM00226_03
─── サバンナ RX-7 前期型のスペック

■エンジン:13B型<インタークーラー付ターボ>(654cc×2ローター)
■最高出力:185ps / 6500rpm ■最大トルク:25.0kgm / 3500rpm
■全長×全幅×全高(mm): 4310 × 1690 × 1270 ■ホイールベース(mm):2430
■トレッド<前・後>(mm):1450・1440 ■最小回転半径(m):4.9  ■変速機:マニュアル5速 / AT4速
■サスペンション(前):ストラット式 ■サスペンション(後):マルチリンク式(セミトレーリング)
■ブレーキ(前・後):ベンチレーティッドディスク
PCM00226_04

Car Models File-No.126 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.125>Final フェラーリ 250GTO(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////

PCM00225_10
フジミ 1/24 フェラーリ 250GTO(伊)
エンジンフードを開けてっ! 見てみましょー♪ 「2,953cc水冷60度V型12気筒SOHCエンジン」
PCM00225_09
─── 250GTOの“250”って?

 フェラーリ 250GTOの“250”ってのは、12気筒エンジンのシリンダーひとつの排気量が250ccだからです。
250cc × 12気筒 = 3,000cc ということになります。しかし、本当は 2,953cc です(汗
実際のところ、いくつかのエンジンバリエーション違いが存在しているそうです。36台の一台一台が違ってるかもしれませんね。
PCM00225_11
─── フェラーリ 250GTOのスペック

 フェラーリ 250GTOは初出なのでスペックを書きましょう。※エンジン以外
■全長×全幅×全高(mm):4445 × 1600 × 1195 ■ホイールベース(mm):2590
■トレッド前・後(mm):1354・1349 ■車重(kg):1270
■サスペンション前・後:ダブルウィッシュボーンコイル・リジッドリーフ
■ステアリング型式:ZFワーム&セクター ■ブレーキ前・後:ディスク・ディスク
■ホイール:ワイヤースポーク15インチ ■タイヤ:ダンロップレーシング
PCM00225_12

Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

1/24 博物館<File No.125>Part 2 フェラーリ 250GTO(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////

PCM00225_05
フジミ 1/24 フェラーリ 250GTO(伊)
1962年生まれなんだよなぁ、250GTO。50歳ですよー♪ 頑張れ250GTO!
PCM00225_06
─── グリーンの250GTOの話をもう少し

 前回、グリーンの250GTOを書きましたが、この最高額で取引された250GTOは、以前に日本にも一時期上陸していたのです。フェラーリのコレクターとして名高い松田芳穂氏が所有されてました。この250GTOは、UDTレイストール・レーシング・チーム(イギリスのレーシングチーム)が62年シーズン用のマシンとして、スターリング・モスに用意したマシンだったのですが、モスが非選手権F1戦で瀕死の重傷を負ってしまったために、急遽代役としてイネス・アイルランド、マステン・グレゴリーが250GTOを駆ってル・マン24時間に参戦するのです。
PCM00225_07
─── モスの250GTOの話

 モスがドライブできなかった250GTOは、代役によりル・マン24時間に参戦しますが、健闘虚しくリタイヤで終わります。しかし、その年のGoodwood RAC TTではイネス・アイルランドのドライブで見事優勝するのです。重傷を負ったモスは、この後引退を決意しますが、引退後モス氏は「最大の後悔は一度もフェラーリで走らなかったことさ」と振り返っていますね。
PCM00225_08

Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.125>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////

PCM00225_01
フジミ 1/24 フェラーリ 250GTO(伊)
どうですか? モスグリーンのフェラーリって。これには理由が、、、
PCM00225_02
─── クラシック・フェラーリの最高峰!

 世界で最も高価なクルマは? そう、それはクラシック・フェラーリ。その名を『250GTO』。1962〜63年のわずか1年足らずで36台のみが生産されたフェラーリの名車中の名車といわれるモデルです。エンジンは3.0リッターのV型12気筒、最大出力300psを発生し、最高速266km/hを誇りました。
PCM00225_03
─── モスグリーンのフェラーリの理由!

 世界で最も高価なクルマは、モスグリーンの『250GTO』。そのクルマは、36台の中で、往年のレーシングドライバーである、スターリング・モス氏のために製作された1台なのです。そのボディカラーが淡いグリーンで塗装されていたのです。
 昨年、この250GTOを、米国のコレクター、Craig McCaw氏が3500万ドル(約27億8000万円)で購入。同氏は1993年、米国の大手通信会社のAT&Tを売却し、巨額の富を手にした人物。
PCM00225_04

Car Models File-No.125 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR