1/24 博物館<File No.124>Final トヨタ MR2 SW20 '93

桜吹雪が舞う今日でした。

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////

PCM00224_09
フジミ 1/24 トヨタ MR2 SW20 '93
Tバールーフをオープン! しかし、ノーマルボディと比べても大いに剛性不足が気がかりです。
PCM00224_11
─── MR2 マイナーチェンジ!

 前回書きました、デビュー時(1989年)のMR2は、非常にピーキーな性格で、「あっ、やばい」と思った時にはスピンしている、そんなクルマだったのです。そのため1991年にマイナーチェンジを実施。足回りを手始めに大幅に見直しされました。このモデルは通称II型と呼ばれています。
PCM00224_10
─── MR2 マイナーチェンジ! でっ、通称II型はどんな風に変わったか

 まずは、危険度満点のサスペンションのジオメトリーの全面的に見直ししたのです。内容はショックアブソーバーからサス本体まで通称I型とは全くの別物になっています。次にタイヤサイズを変更、14インチから15インチにインチアップしました。これでタイヤ幅も広くなって接地面が増え、ハンドリングが飛躍的に向上しました。

MR2格言…1「SW20初期型の足回りをいじるんなら、まずはII型以降のものを移植するのが第一歩」
MR2格言…2「中古車を購入するなら、II型以降を選びましょう!」
PCM00224_12
お後がよろしいようで。。。。

Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ちょっとタイミングがズレてますがジュネーブショー2013

名古屋オートトレンド2013のレポートをお伝えしているとき、
海外では、ジュネーブモーターショー13の話題で持ち切りでした。
遅ればせながら、【ビデオ】でご覧ください。
ショーにエントリーされたクルマ(スーパーカー)をカウントダウン形式で紹介します♪

やはりというべきが、「ラ・フェラーリ」強し!
個人的には5位の「ピニンファリーナ」のオープン2シーター・コンセプトがお気に入りです。
その名も「セルジオ」、故セルジオ・ピニンファリーナ名誉会長の60~70年代の代表作ともいえるモデルに刺激を受けてデザインされたということです。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

1/24 博物館<File No.124>Part 2 トヨタ MR2 SW20 '93

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////

PCM00224_05
フジミ 1/24 トヨタ MR2 SW20 '93
気付かなかった!ボディサイドのエアスクープから向こう側(反対側)が見えますね。
PCM00224_06
─── MR2デビュー当時は“じゃじゃ馬”

 自動車評論家からは「危険なクルマ」ともレッテルを貼られたクルマ。
2代目のSW20型MR2のコンセプトは、より大きく・よりスポーティに♪
ベースとなるセリカのドライブトレインを先代MR2のAW11型と同様の手法で搭載し、それに載るエンジンは2リッターでDOHCの高性能な3S-GEとDOHCターボの3S-GTEが搭載されました。
しかし、デビュー当時のSW20型はシャーシとエンジンとのバランスが取れておらず、挙動が非常にピーキーだったそうです。
PCM00224_07
─── “じゃじゃ馬”MR2

 じゃじゃ馬の原因は、“デザイン”!…デザイン重視で進められたためシャーシとエンジンのジオメトリーの悪さによって、フロントの剛性不足が問題となったのです。それは、コーナリング時、唐突に滑り出す、フロントの接地性不足から起こるハンドリング・レスポンスの悪さといったことです。
なんと、あのドリキンこと土屋圭一氏ですら「手に負えない」というほどのマシンだったそうです。
PCM00224_08

Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.124>

帰ってきましたねぇ♪
1/24博物館は、124台目となりました。
さぁ、始めましょー。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////

PCM00224_01
フジミ 1/24 トヨタ MR2 SW20 '93
フジミのMR2は腰高なんですねぇ。フォルムはいいんですけどね、クロカンみたい。
PCM00224_02
─── MR2とは?

 MR2(エムアールツー)は、トヨタ自動車が、1984年(昭和59年)から 1999年(平成11年)まで製造販売していた4気筒エンジンを車体中心=ミッドシップに搭載した「ミッドシップスポーツカー」である。
 車名である「MR2」は…「Midship Runabout 2seater」ミッドシップ・ランナバウト・ツーシーターの頭文字からできた名前です。
PCM00224_03
─── MR2とは?

 今回ご紹介します「MR2」は2代目となるモデルです。初代の型式名は「AW11」、2代目は「SW20」と呼ばれています。
MR2は1989年10月、初のモデルチェンジを行いSW20型となりました。このモデルは通称 I 型と呼ばれています。
初代からボディは大型化されました。初代は当時のカローラをベースとして作られましたが、2代目は当時のセリカがベースとなったのです。エンジンも同様に、初代は4気筒1500ccと1600ccですが、2代目は4気筒2000ccに排気量アップされ、車格も1ランク上がったのです。
PCM00224_04

Car Models File-No.124 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 21

つ、つ、ついに最終回! や〜っと、終わった(Hu
最後にあらためてイベントについて、、、


■名称:NAGOYA オートトレンド2013
■会期:2013年3月2日(土)・3日(日)
■時間:3月2日(土)・3日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
※取材したのは2日土曜日です


パン、パカ、パーン♪ さぁ、始めましょー♪
NAT2013_03_038
出展:はろーすぺしゃる
『やんちゃチック キャリイ DA63T』
NAT2013_03_039
出展:はろーすぺしゃる
『ハイゼットトラック』
NAT2013_03_040
出展:はろーすぺしゃる
『竹ヤリ号』
NAT2013_03_041
出展:はろーすぺしゃる
“単車”もヤンキー炸裂!
NAT2013_03_042
出展:はろーすぺしゃる
ベース車は、C210スカイラインっす!
NAT2013_03_043
出展:ハセプロ&SHOWUP
『SHOWUP サムライ カローラ』
カスタムペイント。戦国武将だぁ〜
NAT2013_03_044
ボンネットには家紋が!
NAT2013_03_045
出展:ハセプロ&SHOWUP
『SHOWUP プログレス エスティマ』
NAT2013_03_046
出展:ハセプロ&SHOWUP
こちらは花札。それにしても美しかった。
“にっぽんの匠の技”全開でーす。
NAT2013_03_047
出展:ハセプロ&SHOWUP
『MAGICAL CARBON MAZDA CX-5』
NAT2013_03_048
マジカルアートシートが貼ってあって、いかしたCX-5がさらにスポーティに!
NAT2013_03_049
3号館の“ふりだし”に戻ってしまいました。
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『QX56 PREMIUM』
ベース車両は、インフィニティ QX56
NAT2013_03_050
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
ブランド名=「 ROWEN 」 このエアロは世界的知名度!
『AUDI A5 facelift ROWEN』 produced by TOMMYKAIRA


イベントレポートも3週間、長いおつきあいをいただきまして、ありがとうございました。

次回からは、通常営業??に戻りまして、、、、
1/24博物館といきましょう♪
つぎファイルナンバーって、いくつだっけ?

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 20

いよいよ、ラスト・ツー!
イベントレポート第20弾目、3号館のレポート第3弾です。

前回に続きトヨタ自動車のブースから。
NAT2013_03_028
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『AQUA G SPORTS Concept』
コンパクトHVであるトヨタ アクアがG's流スポーツに変身!
専用エアロと足回りもG's専用です。
NAT2013_03_029
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『MARK X 350S "G's CARBON ROOF Ver."』
こちらはトヨタ マークX G SPORTSをG's専用エアロとカーボンルーフを装着。
なんと6kgの軽量化を実現!
NAT2013_03_030
出展:BOLD WORLD
『ガルウィング 86』
ガルウィングも含めて、このエアロもカッコいいですね。
NAT2013_03_031
テールは、さらにアグレッシブですね。
NAT2013_03_032
出展:カーセンス
『SECOND INNOVATION SERIES 18 CROWN』
99%の遊び心と1%本気の芸術品。
カーセンス(CAR SENSE)の素晴らしいスローガンです。
NAT2013_03_033
出展:Bee Dragon
『元祖ぎふ仕様ネオドラゴン』
こ、これは、まさしく“Oh! My 街道レーサー”
ベース車両は、インフィニティY33。
NAT2013_03_034
出展:Bee Dragon
『元祖ぎふ仕様センチュリー』
よ〜く見てくださいよー。。。。フェイスはトヨタ センチュリーですね。
しかーし、ボディはセルシオでーす。
NAT2013_03_035
出展:有限会社K-BREAK
『K-BREAK PRIUS』
NAT2013_03_036
出展:有限会社K-BREAK
『K-BREAK ZERO CUSTOM』
LS460の前期型です。
NAT2013_03_037
出展:CRS
『ハイエース TSDスタイリング 乗用コンプリート』
カラフルで楽しいハイエースです。


いよいよ次回、、、最終回
仰げば〜尊し〜♪♪♪ おめでとう♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 19

イベントレポート第19弾目、3号館のレポート第2弾です。

今回は大御所であるトヨタ自動車のブースです。
“ TOYOTA 86 特集 ”といきましょー!
NAT2013_03_014
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『GRMN SPORTS FR Concept PLATINUM』
↑ ↓ 前後とも大幅なデザイン変更されていますね。キレナガの目が印象的。何かに似てなくもないが、、、
ワイドボディ化で、■全長:4,350mm ■全幅:1,855mm
NAT2013_03_015
動力系の大きなカスタマイズとしてツインチャージャーで武装しています。
■最高出力:242Kw(330PS) ■最大トルク:431Nm(44.0kgm)
テールランプのデザインは80スープラに似ています。
NAT2013_03_016
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『86 MODELLISTA Concept 』
NAT2013_03_017
MODELLSTA(モデリスタ)はエアロブランド。
「洗練された未来感」をコンセプトにデザインされた「 86 MODELLISTA 」は、非常にスタイリッシュでいい仕上がりです。
NAT2013_03_018
■全長:4,320mm ■全幅:1,775mm ■全高:1,300mm
NAT2013_03_019
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『86 TRD Griffon Concept 』
NAT2013_03_020
TRD はトヨタのワークスファクトリーです。
「 86 TRD Griffon 」は、エンジンには手を入れず、カーボンパーツの多用で軽量化及び剛性アップを目指しました。
NAT2013_03_021
■車両重量:1,034kg ■全長:4,334mm ■全幅:1,800mm ■全高:1,235mm
NAT2013_03_022
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『TOM'S N086V Concept 』
NAT2013_03_023
TOM'S はトヨタ車のアフターパーツの開発・販売、そしてレース活動も行ってます。
「 TOM'S N086V 」は、FA20エンジンを V6で3.5リッターの2GR-FSEに換装。
最高出力はノーマルの2倍となりました。
■最高出力:294Kw(400PS) ■最大トルク:450Nm(45.9kgm)
NAT2013_03_024
出展:TOYOTA / GAZOO Racing
『86 × style Cb 』
NAT2013_03_025
いや〜ん、ウーパールーパー顔!!
「 86 × style Cb 」は、女性目線で 86 をカスタマイズするとどうなるか?
その具現化がこのクルマなのです。実際に女性のスタッフがデザインに携わっていたそうです。
NAT2013_03_026
女性のためのスポーツカー♪
■全長:4,330mm ■全幅:1,775mm ■全高:1,300mm
NAT2013_03_027
ツートンカラーなんですよね。インテリアは落ち着いたブラウンのレザーが使用されています。
モニターはスマホ対応だそうです。

86 以外のトヨタ車は次回、、、、

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 18

イベントレポート最終章である3号館のレポートの開始です。
イベントレポート通算18弾目ですねぇ。

入ってすぐは富士重工業のブースです。
NAT2013_03_001
出展:SUBARU / STI
『SUBARU FORESTER SPORT CONCEPT』
「フォレスター」をベースにスポーツ性を追求、マットブラックが“ちょいワル”感を出してます。
NAT2013_03_002
出展:SUBARU / STI
『SUBARU XV SPORT CONCEPT』
艶消しオレンジも派手な「 XV 」、オフロードも魅力的だなぁ。。。
気になる一台!
NAT2013_03_003
出展:SUBARU / STI
『SUBARU WRX STI RA CONCEPT』
このコンセプトカーがいいですよー♪
オレンジのボディと巨大リアウィングがレーシーな雰囲気を醸し出している4ドア WRX STI です。
NAT2013_03_004
出展:SUBARU / STI
『SUBARU BRZ Premium Sport Package CONCEPT』
この「 BRZ 」がカッコいいんだ。オトナの魅力というか、クオリティが高いといか、いいんですよ。
インテリアにはタンカラーのレザーを使用、目指すは“大人のスポーツカー”ですね。
NAT2013_03_005
出展:SUBARU / STI
『SUBARU BRZ GT300』
2013年GT参戦、そしてシーズン制覇を目指す!
NAT2013_03_006
出展:株式会社ジースプロジェクト
ジースプロジェクト「ZEES PROJECT」はエクゾースト、マフラーシステムメーカーです。
NAT2013_03_007
出展:株式会社ジースプロジェクト
展示方法もエクゾーストシステムが一見できるように車体を持ち上げて、下にはミラーを敷いて美しいマフラーの取り回しが見えますよ。
NAT2013_03_008
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
ブランド名=「 ROWEN 」
『AUDI A5 facelift ROWEN』 produced by TOMMYKAIRA
NAT2013_03_009
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『LS F-SPORT 600h/600hL/460/460L ROWEN』 produced by TOMMYKAIRA
NAT2013_03_010
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『TOYOTA ZN6 86 RR STREET-ZERO』
どうですか?
ちょっと海洋生物っぽくないですか?<この86…タコとか、イカだぁー、イカリング!
NAT2013_03_011
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『TOYOTA ZN6 86 RR STREET-ZERO』
いいですね「トミーカイラ」歴史あるブランドになりました。ひとえに永い努力の賜物。ガンバって!
NAT2013_03_012
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『TOYOTA VELLFIRE CROSS BLAZE』
高級感があって、迫力のある「ラグジュアリー&スポーツ」ミニバン登場!
NAT2013_03_013
出展:TOMMY KAIRA JAPAN
『TOYOTA ZVW30 プリウス G's RR』
プリウスは出展台数が多いクルマの一台ですが、トミーカイラのプリウスは光ってました。
センス良くまとまっています。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 17

イベントレポート第17弾。2号館レポート5弾目です。
いよいよ2号館もラストー♪
NAT2013_02_073
出展:リバティーウォーク
『LB リムジン』
クルマは「クライスラー 300」
全長 7.52m の超ーロングリムジンです。
NAT2013_02_074
出展:オートファッション・フォルテ
『30ハリアー レヴェントン』
NAT2013_02_075
出展:オートファッション・フォルテ
『16アリスト FORTE demo car』
NAT2013_02_076
出展:オートファッション・フォルテ
『TOYOTA SOARER produced by フォルテ&ウインコーポレーション★』
NAT2013_02_077
出展:Ruf 名古屋
『KUHL RACING RUF FULL COMPLETE for 86』
NAT2013_02_078
出展:Ruf 名古屋
『KUHL RACING RUF FULL COMPLETE for 86』
NAT2013_02_079
出展:Ruf 名古屋
『KUHL RACING RUF FULL COMPLETE for PRIUS』
NAT2013_02_080
出展:Ruf 名古屋
『KUHL RACING RUF FULL COMPLETE for PRIUS』
NAT2013_02_081
出展:株式会社ワーク
「WORK」というホイールメーカーです。
クルマは「フィアット アバルト」
NAT2013_02_082
出展:WALD
『WALD SPORTS LINE for 86』
マットブラックの86です。WALDオリジナルのエアロによってワイドボディ化、ルックスにさらに迫力が増してます。
NAT2013_02_083
出展:WALD
『WALD SPORTS LINE for PRIUS』
NAT2013_02_084
出展:CAR STYLE
『AGE-TRA CARRY』


2号館は、これで制覇だぁー!
次回からは、いよいよクライマックス、3号館へ突入でーす。
もうしばらくお付き合いください。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 16

イベントレポート第16弾。2号館レポート4弾目です。
そろそろ2号館もスパートかな!?
NAT2013_02_061
出展:株式会社エムズオート
『FJ CRUISER Cherypoka』
Cherypoka(スネグーラチカ)“雪姫”という意味を持つホワイトカスタムのFJクルーザー。
ヨーロッパのファッションモデルVICKAをイメージして作られたそうです。
NAT2013_02_062
出展:株式会社エムズオート
『4RUNNER BUSHMASTER ACR』
BUSHMASTER ACRは285系現行型ハイラックスサーフ(US TOYOTA 4RUNNER)のミリタリーエディションのカスタムです。近未来的なミリタリーマシンとなってます。
NAT2013_02_063
出展:株式会社エムズオート
『TUNDRA Cross Border』
プロレスラーの蝶野正洋をイメージしたというスポーツラインCross Border。
無骨で迫力ありますねぇ。
NAT2013_02_064
出展:BLACK PEARL COMPLETE
NAT2013_02_065
出展:BLACK PEARL COMPLETE
NAT2013_02_066
出展:グッドスピード
TOYOTA HIACE
SUV・RV・ハイエース・バンなどの人気の中古車が多数揃う愛知県名古屋市のグッドスピードです。
NAT2013_02_067
出展:グッドスピード
TOYOTA ハイラックスサーフ & ランドクルーザープラド
NAT2013_02_068
出展:グッドスピード
TOYOTA ハイラックスサーフ
NAT2013_02_069
出展:リバティーウォーク
『LB-WORKS serial No.00 MATT WHITE』
マットホワイトのムルシエラゴ。オーバーフェンダーが一段と渋味を増してますね。
NAT2013_02_070
出展:リバティーウォーク
『LB☆PERFORMANCE MURCIELAGO』
ヘアラインのムルシエラゴ。。
NAT2013_02_071
どうですか?このキラキラ感。
NAT2013_02_072
出展:リバティーウォーク
『LB☆PERFORMANCE PRIUS』

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 15

イベントレポート第15弾。2号館レポート3弾目です。
今日も頑張るぞー!
NAT2013_02_043
出展:WING TAKEO
『WING TAKEO R35GTR 翼SPL』
三重県三重郡川越町にあるチューニングショップ。
NAT2013_02_044
出展:WING TAKEO
『WING TAKEO R33GTR 翼SPL』
NAT2013_02_045
出展:イーエムシーエンジニアリング
『EMC FT86』
愛知県刈谷市にお店のあるチューニングショップ。
NAT2013_02_046
出展:ディフェンドレーシングサービス
愛知県清須市にあるチューニングショップ。
『DEFEND RACING SERVICE R32GTR』
NAT2013_02_047
出展:エンケイ株式会社
ホイールのメーカーですね。
『AUDI A5 ENKEI92』
NAT2013_02_048
出展:株式会社ゼルパフォーマンス
86のコンプリートカー
『ZELE 86 Complete Edition』
NAT2013_02_049
出展:VLENE
『HYBRID SPORTS AQUA』
アクア専用エアロです。
NAT2013_02_050
出展:VLENE
『Premium Sports 206 MAJESTA』
マジェスタ専用エアロです。
NAT2013_02_051
出展:VLENE
『HYBRID SPORTS 30 PRIUS』
プリウス専用エアロです。
NAT2013_02_052

NAT2013_02_053

NAT2013_02_054
出展: Street Special ガレージ八幡
『Street Special MR FT86 WIDE BODY』
86 & BRZ のワイドボディKIT、
フロントバンパー、フロント&リアフェンダー、サイドステップをセットで。
NAT2013_02_055
出展: Street Special ガレージ八幡
『Street Special R35GTR』
NAT2013_02_056
出展: Street Special ガレージ八幡
『Street Special 2JZ SUPRA』
そのにしてもエンジンのターボ周り ↓ ↑
NAT2013_02_057
ボンネットの膨らみの企みが。。。
NAT2013_02_058
出展:オーテック
『S15 シルビア VE ヘッド ツインターボ』
NAT2013_02_059
出展:オーテック
『S15 AUTECH』
愛知県清須市にあるチューニングショップ。
NAT2013_02_060
出展:Garage Dual
『S13 シルビア Garage Dual』

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 14

2号館レポートの3弾目。通しで14弾となりました。2週間まるっとイベント(汗
NAT2013_02_028
出展:“A”sound
“A”sound は三重のカーオーディオ専門店です。
NAT2013_02_029
『シーマ “A”sound』
NAT2013_02_030
「シーマ」なんだけど、、、、ごめんなさい、資料が無いです。
NAT2013_02_032
出展:EXE STYLE 310
『ホンダ エリシオン EXE STYLE 310』
NAT2013_02_031
『ホンダ エリシオン EXE STYLE 310』
NAT2013_02_033
出展:V-VISION
『LEXUS SC430 / LEVEL V』
色:クロームピンク
NAT2013_02_034
出展:V-VISION
『mercedes-benz SL63 AMG / LEVEL V』
NAT2013_02_035
出展:V-VISION
『TOYOTA VELLFIRE V-VISION』
NAT2013_02_036
出展:HOT WIRED
名古屋市のカーオーディオカスタムプロショップです。
NAT2013_02_039
出展:HOT WIRED
NAT2013_02_040

NAT2013_02_037
出展:株式会社リベラルコーポレーション
『LIBERAL CONCEPT BRZ』
個性的なスバル BRZ です。
NAT2013_02_038
つきたぁ。。。。
NAT2013_02_041
釣り好きのための移動式マイホーム!
NAT2013_02_042
こちらは、モトクロス好きの移動ホーム。
うらやますぃい。。。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 13

─── 今日の出来事

今日のお昼に名駅にある魚市場の通りで、『マクラーレンMP4-12C』を目撃!

青空と派手な市場にぴったり?の鮮やかなオレンジカラー!!(熱帯魚かっ
肉眼でお目にかかるのは“初”です。
イメージ的には、控えめなスーパーカーの印象でしたが、
なんのなんの!ちゃんとアイデンティティーありましたよ。
カッコいいなぁあ。。。

名駅辺りにも生息するのか?
下世話な話ですが、新車価格は2790万円です(一攫千金!宝くじー


本題のイベントレポート13弾。2号館の第2弾レポートを始めましょー♪
ここからは、S4ユーロモーティブマガジンのブースです。

─── S4ユーロモーティブマガジンとは

eS4(エスフォー)は、ヨーロッパ車(euro)をベースに、スポーツ(SPORT)、スタイル(STYLE)、サウンド(SOUND)、スティミュラント/刺激(STIMULANT)の 4つのSを加えたユーロ・オートモーティブマガジンです。固定観念に縛られたヨーロッパ車カスタマイズの世界を解放し、新しいユーロモーティブライフを提案してくれる雑誌なのです。
NAT2013_02_012
『AWE TUNING 996 ポルシェ』 by AWE TUNING
NAT2013_02_013
VW Golf V Pirelli
NAT2013_02_014
VW Golf V Pirelli
NAT2013_02_015
Audi A4 Avant
NAT2013_02_016
『voomeran AUDI A4・B8』 by voomeran
NAT2013_02_019

NAT2013_02_017
『voice VW UP!』 by voice
NAT2013_02_018
『HALT THE BEETLE』 by HALT
NAT2013_02_020
ヘッドライト・チューン
『Smart HID VW UP!』 by SMART
NAT2013_02_021

NAT2013_02_022
BMW 3 KW(カーヴェー)
NAT2013_02_023
『F.O.B.SCHRANK VW Beetle』 by F.O.B.SCHRANK
NAT2013_02_024
『BMW 6シリーズ グランクーペ 640i Mスポーツ GRORA』 by GRORA
NAT2013_02_025
『BMW 6 SERIES CABRIOLET S&COMPANY』 by S&COMPANY
NAT2013_02_026
ポルシェ 991型911
NAT2013_02_027
ポルシェ 991型911のインテリア。
メーター類が“真っ赤”で挑戦的ですねぇ。それに黒皮に赤いステッチは高級感を醸します。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 12

イベントレポート12弾目で、いよいよ2号館の紹介スタート!
しかし、記憶もモ〜ロ〜と(汗
間違えないようにコメント書かなきゃ、、、。
NAT2013_02_001
出展:AMS
『トヨタ エスティマ アエラス / LUXEST』
NAT2013_02_002
LUXEST(ラグゼス)は、上質のヨーロピアンラグジュアリーを具現化したA.M.Sのアッパーブランド。
ヨーロピアンスタイリッシュ&ラグジュアリーが基本コンセプトです。
NAT2013_02_003
出展:AMS
『トヨタ カローラフィールダー / Valentia』
Valentia(ヴァレンティア)のスタイルコンセプトはヨーロピアンスポーティー。
NAT2013_02_004
出展:AMS
『トヨタ プリウス / TERRA』
TERRA(テラ)は、ハイブリッドやEVカーのために生まれたブランド。
燃費や走行安定性を目的とした空力性能まで熟考し生まれた機能デザインフォルムです。
NAT2013_02_005
出展:TRUE & CK Company
『セルシオ/ TRUE』
NAT2013_02_006
出展:TRUE & CK Company
『シーマ/ CK Company』
NAT2013_02_007
出展:TRUE & CK Company
『A-Line ALPHARD & VELLFIRE エアロ』
NAT2013_02_008
出展:ユニバーサルエアー
『JOBDESIGN JDRED LEXUS』
東京国際カスタムカーコンテストのセダン部門で優秀賞を獲得!
NAT2013_02_009
出展:ユニバーサルエアー
『AUDI TTQ' COMPLETE』
リアタイヤ周りの処理が斬新です。
NAT2013_02_010
出展:データシステム
『R-SPEC BRZ』
NAT2013_02_011
前方後方、サイドにカメラを搭載。
『マルチカメラシステム』で安全確認!安全で安心なドライブを!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 11

イベント・レポート11弾目、そして1号館レポートは8弾目(ラスト)!
NAT2013_01_111
ミニバンも派手でカッコいいですねぇ。
出展:AVANZARE
『ADESSO for ヴェルファイア』
NAT2013_01_112
ヴェルファイアの色と光がグーな内装!
NAT2013_01_113
出展:SHINKE
『N-BOX × MCA』
NAT2013_01_116
『エブリィワゴン MCA style Ⅰバージョン』
販売価格(税込): 1,698,000 円
NAT2013_01_114
フルフラットなベッドになってます。
NAT2013_01_115
ヘッドレストにモニターをIN!
NAT2013_01_117
出展:AZZURRE MOTORING
『AZR Camaro WIDEBODY CUSTOM』
NAT2013_01_118
『AZR Chevrolet TAHOE LTZ』
NAT2013_01_119
『AZR Challenger WIDEBODY CUSTOM』
NAT2013_01_120
チャレンジャーの左にあるホイールは何インチかわかります?
NAT2013_01_121
シボレー タホが履いているホイールは、なんと32インチ
NAT2013_01_122
ここからの出展:★P.G.D × 車道楽
カーラッピングです。ものすごくクオリティーが高いです。
ボンネットなんかは「皮」っぽいんですよ
NAT2013_01_123
『イヴォーク』
NAT2013_01_124
『smart』
NAT2013_01_125
こうやって貼るんですねぇ。
空気を入れずに貼れるんだ(驚キ


1号館レポートは今回で終了です。
次回からは、2号館へ入ります♪

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 10

イベント・レポート10弾目、そして1号館レポートは7弾目!
今回は、大好きな旧車の登場でーす♪

出展:クラシックハウス ヴィンテージ 宮田自動車株式会社
ノスタルジックカーを取り扱ってます。展示場や整備工場も持っています。
国道23号線沿い、三重県三重郡川越町にありますね。
鈴鹿へ遊びに行ったときに寄ってみようかなぁ。
NAT2013_01_095
昭和43(1968)年・後期マスク
『マツダ コスモ』
NAT2013_01_096
エンジン:10Aロータリー
カラー:ホワイト
NAT2013_01_097
車両本体価格 消費税込 2,600,000円
NAT2013_01_099
『マツダ サバンナ RX-7』
NAT2013_01_098
初代 SA22C型(1978〜1985年)
エンジン:12A型 水冷2ローター
NAT2013_01_100
昭和45(1970)年
『日産 スカイライン GT-R』・4ドア
車両本体価格 消費税込 8,400,000円
NAT2013_01_101
昭和45(1970)年
『日産 スカイライン GT-R』・2ドア
車両本体価格 消費税込 8,400,000円
NAT2013_01_102
昭和39(1964)年
『日産 セドリック』
NAT2013_01_103
ミッション:コラムマニュアル
車両本体価格 価格応談
NAT2013_01_104
『スカイライン GT-R』
NAT2013_01_105
1965〜1969年
『トヨタ S800』
エンジン:2U型 790cc 空冷水平対向2気筒OHV
NAT2013_01_106
昭和50(1975)年
『トヨタ セリカ GT』
車両本体価格 消費税込 1,750,000円
NAT2013_01_107
昭和50(1975)年
『日産 スカイライン』(ケンメリ)
車両本体価格 SOLD OUT
NAT2013_01_108
『フェアレディ 240ZG』
NAT2013_01_109
昭和35(1960)年
『ダイハツ ミゼット』
車両本体価格 消費税込 2,200,000円
NAT2013_01_110
昭和34(1959)年
『ダットサン』
車両本体価格 消費税込 3,000,000円
排気量:860cc
定員:4人
ミッション:コラムマニュアル

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 9

広ーい1号館もそろそろ、、、第6弾!
NAT2013_01_079
『DODGE RAM 1500』
出展:TM AUTO SERVICE
もはやアート!素晴らしいカスタムペイント
NAT2013_01_080
↑ 女性を使ってのカスタムペイント実演!?
NAT2013_01_081
出展:JXF DESiGN
『JXF DESiGN LS600h』
NAT2013_01_082
↑ ボケてます。エアサス作動中のため!(汗
NAT2013_01_083
これでよく見えた。
『JXF DESiGN GS350』
出展:JXF DESiGN
NAT2013_01_084
出展:GMG
『LOS LOCOS エスカレード』
このホイール、さて、何インチでしょうか? 答えは ↓
NAT2013_01_085
キャディラック エスカレードがこんな姿に!
トロフィーがいっぱいです。
出展:GMG
NAT2013_01_086
この美しさです。カスタムペイント部門では賞を欲しいままでしょう。
↑ の答えは、30インチ。すげ〜っ!
出展:GMG
NAT2013_01_087
『LANDCRUISER200 / EIGHT STAR』
出展:GMG
NAT2013_01_088
『LANDCRUISER200 / DUBLE EIGHT』
出展:GMG
NAT2013_01_089
『LANDCRUISER PRADO 150 / DUBLE EIGHT』
出展:GMG
NAT2013_01_090
『RESPECT LS』
出展:RESPECT(CSD)
NAT2013_01_091
世界初!16pot、強烈なブレーキシステムを搭載したモデルです。
ボンネットに貼ってある素材の質感も高級感があってよかった。
NAT2013_01_092
出展:CSD
『キャディラック エスカレード』
NAT2013_01_093
出展:Aireal AUTO WORKS
LB performance Custom
『PRIUS』
NAT2013_01_094
出展:Aireal AUTO WORKS
Japanese Name 86
『SCION FRS』

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 8

第5弾!まだ1号館の中ですよー。。。
NAT2013_01_065
「軽」だって主役ですよ♪
軽チューンの専門誌「HOT-K」のブースです。
『Timely アルト』です。
NAT2013_01_066
コペン専門店「も。ファク」
『コペン みかん号』??
NAT2013_01_067
エアロパーツ・アルミホイール メーカーの「Pandora -パンドラ」
『LUGTEC POISON』クルマはダイハツ ムーブ
NAT2013_01_068
ここからは「DSCC中部」のブースです。
DSCCというのは、「ダットサン・スポーツ・カー・クラブ」(D.S.C.C.)の略で、NISSAN(DATSUN)フェアレディ系(SP&SR・S30・S130・Z31・Z32・Z33・Z34)オーナーが集う『Fairlady One Make Club』です。
NAT2013_01_069
『Z31』
NAT2013_01_077

NAT2013_01_070
『Z32』
NAT2013_01_078

NAT2013_01_071
『Z33 オーテック バージョン』
NAT2013_01_076

NAT2013_01_075
『Z33 バージョン NISMO』
NAT2013_01_072

NAT2013_01_073
『Z34 バージョン NISMO』
NAT2013_01_074

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 7

1号館の第4弾です。まーだ続きますよー!
NAT2013_01_050
krc modified のブースです。
FD3Sに派手なエアロパーツですね。特撮番組の悪の組織にスカウトされますね<これはっ!
NAT2013_01_051
『KRC RX-7 絶影(ZETSUEI)/KRC MODIFIED』
NAT2013_01_052
『KRC RX-7 閃(HIRAMKI)/KRC MODIFIED』
NAT2013_01_053

NAT2013_01_054
出展:マジック
この車両で2013年、今年のD1グランプリに参戦するそうです。
『AERO STYLING Gフェイス RX-7 FD3S』
NAT2013_01_055
マジックからもう1台の『RX-7 FD3S』
NAT2013_01_056
こちらもマジック。
『magic RX-7XX』
昨年も出ていましたね、フェラーリ599をモチーフとしたエアロチューンです。
NAT2013_01_057

NAT2013_01_058
出展:(株)R31 HOUSE の R31スカイラインたち
NAT2013_01_059

NAT2013_01_060

NAT2013_01_061

NAT2013_01_062
出展:DIRect
『GARAGE-ITO Version 86 』
NAT2013_01_063
『Daie-motors Version 86 』by DIRect
NAT2013_01_064
『Black Edition Version 86 』by DIRect

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 6

1号館の第3弾レポート。
86特集!?
NAT2013_01_034
いや〜絶景♪ 86 ON PARADE !
NAT2013_01_035
『VARY 86』 by GARAGE VARY
NAT2013_01_036
『ESPRIT 86』 by (株)エスプリ
NAT2013_01_037
ルートKSより『AUTO FACTORY 86』
NAT2013_01_038
『LX-MODE 86』 by LX-MODE JAPAN
NAT2013_01_039
『ings N-Spec 86』 by イングス
NAT2013_01_040
『Pleasure Racing Service BRZ』 by Pleasure Racing Service
NAT2013_01_041
『Pleasure Racing Service IMPREZA』 by Pleasure Racing Service
NAT2013_01_042
レーシングサービスタカギの『RS TAKAGI 180SX』
NAT2013_01_043
同じくレーシングサービスタカギの『RS TAKAGI FD3S』
NAT2013_01_044
『ゼロスポーツ BRZ CZS』 by (株)ゼロスポーツ
NAT2013_01_045
『ゼロスポーツ IMPREZA CZS』 by (株)ゼロスポーツ
NAT2013_01_046
『CELiB S2000』 by CELiB
NAT2013_01_047
『CELiB BRZ』 by CELiB
NAT2013_01_048
『LFT 86』 by DAMD inc
LFTというのは、LFAをイメージしたということでしょうか!?
NAT2013_01_049
リアから『LFT 86』 by DAMD inc
リアを見れば一目瞭然(嬉
LFAのデザインを上手に取り込んでいます。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 5

1号館のレポート第2弾!
ちょ〜っと長いですが、キリのよいところまで一気に載せますー♪
NAT2013_01_016
フジムラオート京都の『34GT-R」
NAT2013_01_017
ボクスターがベース?
NAT2013_01_018
CENTRAL/BOSSのデモカー『FC RX-7』
NAT2013_01_019
このブースはAbflug×PentRoof
Abflugは「世界でただ一台」のクルマをお客様とともに創り上げるを存在意義に生まれたブランドです。
センスがよくて目立ちましたよ<私的に
『R230 Platinum』すなわちベンツ SL です。
NAT2013_01_020
どうです?迫力も十二分!
Abflugの誕生は1989年だそうです。このクルマは2013年のイメージリーダーカー♪
NAT2013_01_021
リアスタイルも凝っています。
車両価格+500万円強、、、。値段もプラチナム!
NAT2013_01_022
35GT-RもAbflugの手にかかれば、、、、
『Aloof 01-R ver.02』
NAT2013_01_023
こう見ると、なんとかGT-Rに見えるけど。
こちらは車両価格+200万円。
NAT2013_01_024
リアオーバーフェンダーは片側で50mmのワイド化。
NAT2013_01_025
『Spiral 86』
86&BRZも進化させる予定だそうです。
NAT2013_01_026
車両価格に100万円は用意が必要。「Abflug=気になるブランド」登場です。
NAT2013_01_027
藤田エンジニアリングの『FD3S』
これもセンス抜群です!
NAT2013_01_028
ロータリースペシャリスト=藤田エンジニアリング
『RX-8』
NAT2013_01_029
Wacky mate の『32GT-R』
NAT2013_01_030
『Z33フェアレディZ』もWacky mate
NAT2013_01_031
ここからは LOOKING のブース。
『FD3S』
NAT2013_01_032
『180SX』
NAT2013_01_033
最後、もう一台『FD3S』


1号館は、まだまだ続くよー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 4

レポーターは1号館に突入しまーす!
NAT2013_01_001
FREEDOM LEGION の手掛ける 『センチュリー』
NAT2013_01_002
XANADUのブース
NAT2013_01_003
『R33 GT-R』
NAT2013_01_004
アムクレイドの『CR-Z』
NAT2013_01_005
お隣のアムクレイドの『インテグラ』
NAT2013_01_006
そのまたお隣のアムクレイドの『シビック typeR』
NAT2013_01_007
『ベンツE』
NAT2013_01_008
ロッキーオートの『ケンメリGT-R』
NAT2013_01_009
同じくロッキーオートの『パンサー』
NAT2013_01_010
同じくロッキーオートの『240ZG』
NAT2013_01_011
なんとカーボンボディのロッキーオートの『ハコスカGT-R』
NAT2013_01_012
『BMW M3』
NAT2013_01_013
BMW Z4 カッコいいなぁ
NAT2013_01_014
2番目に登場回数の多いだろう『プリウス』
NAT2013_01_015
フジムラオート京都の『Z34』

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 3

場外編第2弾…スーパーカー編パート2!残り全部ぅ〜!de-su.
一気にスーパーカー全員集合!
3日の日曜日は、きっと顔ぶれが変わっていると思われます。
NAT2013_super_15
フェラーリ F355
NAT2013_super_16

NAT2013_super_17

NAT2013_super_18

NAT2013_super_19
ポルシェ 930 ターボ タルガ
NAT2013_super_20

NAT2013_super_21

NAT2013_super_22
ランボルギーニ ディアブロ SV
NAT2013_super_23

NAT2013_super_24

NAT2013_super_25

NAT2013_super_26

NAT2013_super_27
ランボルギーニ ディアブロ GT
NAT2013_super_28
GTは珍しいですね。
1999年登場のレースカーを公道仕様にデチューンした限定車ですね。
世界限定80台!♪
NAT2013_super_29

NAT2013_super_30

NAT2013_super_31
今回は、ちょっと台数的に寂しかったですね。
これでスーパーカースーパーカー特設会場のレポートは終了でーす。


次回は、1号館に突入ーでっっす!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート・Part 2

今回は場外編の第2弾!
「スーパーカースーパーカー特設会場」でーす。
NAT2013_super_01
ランボルギーニ カウンタック LP500S
えっ??? こんなところで?(失礼)
NAT2013_super_03
ランボルギーニの「イオタ」と並ぶ幻のスペシャル・カー「LP500S」
「イオタ」は既にありませんが、世界に1台の「LP500S」はどこかに生存中。
しばらく前は、住職でタレントであった織田無道氏が所有していたこともありましたね。
※本当は世界に3台!この赤いLP500Sは第1号車。2号車は青ですね
NAT2013_super_04
「LP500S」の別名は、「ウルフカウンタック」
これは、カナダの石油王、ウォルター・ウルフ氏がランボルギーニ社に特注で造らせたワンオフモデルで、ベースは「LP400」ですが、カウンタックのプロトタイプに搭載されていた5リッターエンジンを載せて、極太のピレリP7タイヤを履かせるために、フロントとリヤにオーバーフェンダーを装着、さらに、フロントにリップスポイラー、リヤに大型ウィングといったエアロパーツで武装した姿は、当時の子供たち(私も含め)憧れの1台でした。
当時の雑誌には最高速は315km/hだと、、、
NAT2013_super_05
ウルフカウンタックが、ウォルター・ウルフ氏に納車されたのが1974年のことですが、1978年にはオートロマンという販売会社を介して日本に入ってくるのです。当時、日本はスーパーカーブームの真っ只中でしたので、このウルフカウンタックも各地のイベントに引っ張りだこでしたね。
NAT2013_super_06
あれっ???? 後ろ姿に違和感がぁぁ?
このエンジン・フードは、、、、
このクルマは、「クワトロバルボーレ」ウルフ仕様ですね。
NAT2013_super_07

NAT2013_super_09

NAT2013_super_10

NAT2013_super_11

NAT2013_super_12

NAT2013_super_13

NAT2013_super_14
もう一つ記憶に残っているのが、角川映画 「蘇る金狼」 ですね。主演は松田優作
主人公の朝倉哲也が成り上がって行く過程でクルマを換えて行くのですが、「マセラーティ・メラク」から行き着く先にこの「ウルフカウンタック」があるのです。夜明けの銀座や新宿、神宮外苑などを疾走する姿が強烈に残っていますね。
(あと、コルト・パイソンという拳銃も印象的でした)
NAT2013_super_02

NAT2013_super_08
残念ながら本物の「LP500S」ではありませんでしたが、嬉しかったですねぇ、子ども心に返りました。


次回は、場外編第2弾…スーパーカー編パート2!残り全部ぅ〜!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

名古屋オートトレンド2013・レポート

■概要、、、
■名称:NAGOYA オートトレンド2013
■会期:2013年3月2日(土)・3日(日)
■時間:3月2日(土)・3日(日)10:00~17:00
■会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)



■所見、、、

3月2日は、晴天。春一番が吹いて、気持ちよく…と書きたいところですが、
強くて、冷たい風で寒かったですね。

10時開場でしたが、現地に到着したのが11時くらいでした。
人出は、昨年と同様程度、3割り程度といったところでした。
※お昼過ぎには5割り超えてました

会場全体の印象は、「トヨタ 86」の出品台数が半端無い多さでした。「トヨタ プリウス」も多かった!
自動車メーカーでは、「トヨタ」と「スバル」が元気がよかった!
この辺りは、売上げに比例してるようです。
今回も様々なジャンルで楽しませていただきました。

会場周辺→第1会場→第2会場→第3会場というルートで回りました。
順を追うに従って、入場者も増えてきますので、写真の枚数は反比例(汗
撮影総数307枚!アルバムとして全部ご紹介していきまーす。


第1回目は、場外の「NSX・スペシャル特設会場」から
NAT2013_nsx_01

NAT2013_nsx_02

NAT2013_nsx_03

NAT2013_nsx_04

NAT2013_nsx_05

NAT2013_nsx_06

NAT2013_nsx_07

NAT2013_nsx_08

NAT2013_nsx_09

NAT2013_nsx_10

NAT2013_nsx_11

NAT2013_nsx_12

NAT2013_nsx_13

NAT2013_nsx_14

NAT2013_nsx_15
あなたは、どの「NSX」に1票を投じますか?


※独り言、、、
写真…300枚あると1日に10枚紹介しても1ヶ月かかるなぁ(ダメダメ
次回は、場外編第2弾…スーパーカー編!期待しちゃうなぁ〜!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.123>Final ポルシェ 911 GT3 RS(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////

PCM00223_09
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3 RS(独)
PCM00223_10
─── 996 のお値段は?

 水冷式となった996型911の中古車相場は?
フロントマスクのヘッドライトがボクスターと同じということで、イマイチ人気の乗らない996型ではありますがー。
何にも無い素のカレラだと、200万円のプライスで購入可能となってます。ヘタしたらそれ以下の値段のもありますよ。しかし、ここが注意!安さに目がくらんでしまってハンコを押してしまうと、多額の整備費用が必要ということにもなりかねないので、ハンコを押す前にしっかりと車両の状態をチェックしたいものです。
PCM00223_11
─── 996 のお値段は?…その2

 流通量の一番多いモデルは、もちろんカレラです。その次に多いのがカレラ4。
カレラ4Sにタルガは300〜550万円くらい。憧れのターボは350〜800万円。
GT3 は安いもので450万円〜ですね。GT3 RS に至っては、ほとんどが応談でした(汗。
1000万円オーバーは当たり前でしょうか!?
PCM00223_12

Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



次回からイベントレポートです♪
ドレスアップ&チューニングモーターショー!
NAGOYAオートトレンド2013

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.123>Part 2 ポルシェ 911 GT3 RS(独)

3月2日(土)・3日(日)は、
ドレスアップ&チューニングモーターショー!
NAGOYAオートトレンド2013 でした。
昨年と同様に土曜日に出掛けましたよー。
300枚ほど写真を撮ってきましたぁ♪
博物館<File No.123>の後しばらくはイベント報告でーす。



Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////

PCM00223_05
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3 RS(独)
PCM00223_06
─── GT3 RS への道

 996型911は、2001年のマイナーチェンジで幅広いバリエーション展開が行われました。まずは GT3。それ以前の98年に登場したカレラ4、これはカレラの4WD版。このシャーシは4WD化に伴って、RRのカレラより剛性が高められていたのです。このシャーシを使って GT3 は生まれました。「GT3」というFIAのレースカテゴリーを車名にしただけあって、サーキット走行を前提に製作されたスペシャルモデル。後輪駆動にされながらもさらに補強を受けたシャーシと街乗りにはハード過ぎるサスペンションと、3.6リッターのフラット6を搭載していました。
PCM00223_07
─── GT3 RS への道…その2

 その後、GT3は2003年に後期型にチェンジ。381ps/39.3kgmにパワーアップ、空力パーツの見直しでCD値はそのままでリフトの軽減させるなどの改良が加えられました。そして、実際のレースの参加規定を満たすための施術を受けた GT3 RS が200台という限定数量で販売されたのでした。
ちなみに GT3 が施されたもの、とは、軽量化のためのカーボンパーツの使用やサスペンションのチューニングなどです。
PCM00223_08

Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.123>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////

偶然です。バックヤードの中で、ポルシェが続きましたねぇ。
PCM00223_01
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3 RS(独)
PCM00223_02
─── GT3 RS って?

 自然吸気モデルの最高峰が、GT3 RS です。専用ユニットを搭載する GT3(後期型)をベースに、軽量素材を多用して、20kg(360kg)の軽量化に成功した。
PCM00223_03
─── GT3 RS 軽量作戦

 フロントボンネットやドアミラーをCFRP製化、リアウィンドウを強化プラスチック製にして軽量を目指す。
500gだろうと軽量化!ポルシェの意地、ホモロゲーションモデルに結実。
PCM00223_04

Car Models File-No.123 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR