博物館<File No.122>Final ポルシェ 911 GT3(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////

PCM00222_09
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3(独)
PCM00222_10
─── GT3の前期型と後期型

 996型911のデビューは1997年。高性能版GT3の登場は1999年で、ノーマルアスピレーションエンジンは、水冷水平対向6気筒DOHCで360馬力を7200回転で発生します。登場直後から言われた「あること」から2003年のマイナーチェンで後期型へと変化を遂げるわけです。外観も含め強化型となった後期型の心臓部からは381馬力(7400rpm)のハイパワーをもって過激さを増したスーパーモデルとなりました。
PCM00222_11
─── この顔を見たら要注意!

 996型911と986型ボクスターは、エンジンやシャーシのコンポーネンツの多くを共有しています。そこに波紋が起きる原因が、、、、
それは、これ!「顔」ーデビュー当時は、同じヘッドライトを使っていました。
ビジネスとしては、この共有作戦は大成功だったのですが、911オーナー&ファンからは非難轟々の嵐。
ポルシェの決断は、2002年のマイナーチェンジで、911全車にターボ用のデザインの異なるヘッドライトを与えて、外観の差別化を図ったのです。
→ちなみに、マイナー後のヘッドライトのことを「涙目」と言って、賛否両論でした。
PCM00222_12

Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.122>Part 2 ポルシェ 911 GT3(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////

PCM00222_05
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3(独)
PCM00222_06
─── ポルシェ 911 GT3 の諸元

 歴代ポルシェNA最速モデルではないか。水冷エンジンとなったが、空冷時代の丈夫なアルミクランクケース、アルミシリンダー、チタン製コンロッド、バリオラム、ドライサンプ方式などの採用で、360馬力を発揮する。
■全長×全幅×全高(mm):4430×1765×1270 ■車重(kg):1350
■トレッド(mm):F/1475 R/1495 ■ホイールベース(mm):2230
■エンジン:M96/76 水冷水平対向6気筒DOHC ■排気量(cc):3595
■圧縮比:11.7:1 最高出力:360ps/7200rpm ■最大トルク:37.7kg-m/5000rpm
■ツインプレートクラッチ(クラブスポーツはシングル) ■マネージメント:BOSCHモトロニックME7.8
■最高速:302km/h ■0-100km/h:4.8秒
PCM00222_07
─── GT3 は二人乗り

 後部座席……と言うか、無いんですけど。911の乗車定員は4名なんですけどね。
スペシャルオーダーすれば、GT3の4人乗りができるかも知れませんが、一般的にGT3は、リヤシートがありません。
シートにはなっていませんが、小物置場です。日本車でいえば、マツダ RX-7ですね。
PCM00222_08

Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.122>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////

PCM00222_01
タミヤ 1/24 ポルシェ 911 GT3(独)
PCM00222_02
─── ポルシェ 911 GT3 について

 ポルシェ911は1997年にフルモデルチェンジを受けて、コードネーム996型として世に出されました。その高性能バージョンとして1999年に加わったのがGT3です。30mm低くされた車高や特徴的なブーメラン型リヤウイングの装備で、いっそう精悍なフォルムを纏い、360馬力を発揮する3.6リッターの水平対向6気筒エンジンは、水冷&60馬力の上乗せという、レーシングテクノロジー&フィールが満載のクルマなのです。
PCM00222_03
博物館で紹介済みのポルシェ 911(996)です。
 ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.35>
 博物館<File No.35>Part 2 ポルシェ 911カレラ
 ↑ これは「イタレリ」のポルシェ 911です♪
PCM00222_04

Car Models File-No.122 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.121>Final フェラーリ ミトス(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////

PCM00221_09
タミヤ 1/24 フェラーリ ミトス ピニンファリーナ(伊)
PCM00221_10
─── カロッツェリア考

そもそもカロッツェリアとは、、、

イタリアで戦前に興った自動車のボディを組み立てる工房がカロッツェリア。現在でも規模はさまざまですが、たくさんのカロッツェリアが存在し、それぞれが開発やデザイン、生産など、得意分野を持って存在しています。日本では自動車メーカーが開発・設計・デザイン・生産を一貫して行います(一部例外を除き)が、イタリアではそれぞれの工程をメーカー自身で行うだけでなく、カロッツェリアがその時々に応じて請け負っています。この辺りが自動車の歴史として、日本車とイタリア車との大きな違いであり、かのクルマを語るとき、メーカーだけでなくカロッツェリアの存在も忘れてはならない理由なのです。古いクルマとなれば、なおさらなのです。それに、日本では考えられないことですが、伝統的なカロッツェリアでは現在でもワンオフ、1品物の特別注文に応じてくれます。
PCM00221_11
─── カロッツェリア考

代表的なカロッツェリアは、、、

■PININ FARINA『ピニンファリーナ』
1930年にトリノに設立。イタリアの伝統的カロッツェリアであり、また常に最先端をいくカロッツェリアで、イタリア自動車界になくてはならない存在。  
■BERTONE『ベルトーネ』
1912年にトリノに設立。伝統あるカロッツェリアの中ではピニンファリーナと同様に、現在成功した会社のひとつ。ジウジアーロやガンディーニという個人のデザイナーが有名。 
■ZAGATO『ザガート』
1919年にミラノに設立。飛行機用部品の製造からスタート。モーターレースとの結びつきが深く、ボディ製作に長け、軽量なボディといえばザガート。 
■ITALDESIGN 『イタルデザイン』
1968年、ベルトーネ、ギアに所属していたジョルジエット・ジウジアーロがトリノに設立。カロッツェリアとしては新参ですが、高級スポーツカーから市販車まで手がける幅も広く、現在ではピニンファリーナに負けず劣らずの規模となっています。 
■I.DE.A INSTITUTE『イ.デ.ア』
1978年にトリノに設立。近年できた組織であるため、カロッツェリアというよりは自動車デザイン研究所とした趣がある。日本では、ダイハツの初代ムーブがI.DE.A.デザイン。 
PCM00221_12

Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.121>Part 2 フェラーリ ミトス(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////

PCM00221_05
タミヤ 1/24 フェラーリ ミトス ピニンファリーナ(伊)
PCM00221_06
─── デザインの未来を見せる

 フェラーリ・ミトスの発表は、なんとっ!1989年の東京モーターショー。日本から世界に向けて発表の機会を得たのです。もちろん、その姿形は会場の注目を一身に集めました。そのロードスターボディのデザインは、ピニンファリーナの手になるもの。シャーシはフェラーリ・テスタロッサのモノを流用しています。エンジンも同様にテスタロッサから、5リッターの水平対向12気筒エンジンをミッドシップにマウントして実走可能なショーカーだったのです。
PCM00221_07
─── デザインの未来を見せる…その2

 ミトスのボディはカーボンファイバー製、ワイドなリヤスポイラーからつながるラインが絞り込まれてフロントノーズへ続き、逆にフロントフェンダーのラインはリヤに向かって絞り込まれ、サイドラジエターのエアインテークに吸い込まれていくようなデザイン処理がモダン!走り出せば、時速100キロ以上でフロントのリップスポイラーがせり出し、リヤスポイラーがポップアップするのです。ここにも高速実走を考えた装備で、見せるだけではないリアルな未来を感じることができたのです。
PCM00221_08

Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.121>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////

PCM00221_01
さ〜て、ファイル・ナンバー121は「エンジン」からスタートでーす♪
パッと見、マニホールドの数で12気筒だとわかりますねぇ。しかも「赤」です。

PCM00221_02
この部分的な写真からも特徴的なスタイル、面と面の組み合わせで、できたラインの美しさがただ者ではない、と理解できます。
ボディも「赤」で、オープンボディを纏っています。

PCM00221_03
正面写真。カタマリ感があって、上手に丸くまとまっています。

PCM00221_04
後ろ姿の迫力は、正面のコンパクトさをさらに強調するかのようです。
のぞくエキゾーストも美しい。中央にネームが付いていました。
このクルマは、、、
タミヤ 1/24 フェラーリ ミトス ピニンファリーナ(伊)

Car Models File-No.121 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

スーパーカーのクラッシュ【ビデオ】を発見!

まずはご覧ください。

どうでしたか?
被害総額いくらなのでしょう??
このビデオから学べること、、、、
『ラフなアクセル操作と虚栄心は禁物!!』


もう一つスーパーカー・ビデオをご覧ください。

美しいじゃないですか!
大好きなフェラーリ・テスタロッサです。
目の保養だぁー!

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プラモデル製作状況…その2

昨日のつづきです。

seisaku_1302_07
 奥は、BMWのナンバー。てろってろにクリアーを吹きました。結構な厚みになりました。フチのデカールが欠けていますが、タッチアップして修正してあります。
 真ん中は、とあるクルマのリアワイパー。パーツが無かったので、自作しました。寄せ集めたパーツを切った貼ったの結果。ちょっと太いかなぁ。。。
 手前は、BMWのエンブレム。トラブルがあって(汗
デカールが古くて、バラバラに分裂。寄せ集めて貼りましたが、集めきれなくて、欠けています。再度、フジミさんに部品発注しましたー♪

seisaku_1302_08
ワイパーのアップ!

seisaku_1302_09
もういっちょ、ワイパーのアップ。

seisaku_1302_10
つや消し黒で塗ってみました。右ハンドル用のワイパーを流用したので?、なんか逆になってる??
まっ、いいか!

seisaku_1302_11
こんな見方すると気にならない(ウン

seisaku_1302_12
昨日、お見せしたフロントウインドウのフチを裏側から塗装しました。ちゃ〜んとマスキングしてますよー。

seisaku_1302_13
塗装完了!
マスキングテープを剥がせば、バッチリです!!
これで9割がた完成でーす。博物館へのデビューは、相当先になると思います(大汗

近況報告は以上でーす!♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プラモデル製作状況…その1

なかなか製作途中の写真が撮れないんですが、、、
先週の三連休のときに撮ったものを、だらだら〜っとご紹介しますー♪

seisaku_1302_01
とあるクルマのシートのヘッドレストと内装にマスキング。
上部には、BMWのデカールとナンバーがあります。

seisaku_1302_02
ティッシュとか、チラシを使ってマスキング。マスキングテープの無駄使いに注意です!

seisaku_1302_04
ということで、完成していますねぇ。
左右にコンパウンドがありますね。いまの愛用のコンパウンド。使いやすさが気に入っています。

seisaku_1302_05
手に持っているのは、フロントウインドウです。サイドウインドウも付いていましたが、厚みが気になって切り取ってしまいました
コンパウンドは、この透明パーツを磨くために用意したのです。お陰で透明度が増してきれいに見えるでしょ?

seisaku_1302_03
BMWのナンバーとエンブレムの製作です。
ナンバーのデカールのサイズに薄いプラ板を切って、貼り込みました。
エンブレムの方は、100円ショップでポンチを購入。ポンチでプラ板を丸くくり抜いて、それにポンチでデカールもくり抜いて貼りました。

seisaku_1302_06
食器乾燥機で乾燥させて、、、、クリアーで塗装。
盛るくらいの塗料をデカールの上に塗ることで厚みを表現します。

製作記はつづく、、、、。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.120>Part 2 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.120 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00220_03
─── F120A型エンジン

 F40のエンジンは、ボア82mmxストローク69.5mm、3リッター、ツインターボ、2936cc、478bhp(約484ps)/7000rpm、エンジン単体重量154kg、補機類込184kg。当時は、まさに公道を走るレーシングカーだった。
PCM00220_04
─── F120A型エンジン

 F120A型エンジンは、元を辿ればランチアのグループCカー「LC2」というマシンのエンジンをデチューンしたものに日本製(IHI社製)のツインターボで再武装したドッカン仕様エンジン。
乗りこなすにはプロ並みのドラテクが必要だといわれていた。
PCM00220_05
─── F120A型エンジン

 水冷V型8気筒DOHC32バルブにツインターボをドッキングしてミッドに縦置き搭載。
ターボチャージャーはIHI(石川島播磨重工)製を2基で、左右それぞれのバンクを過給する。
排気量は288GTOの2855ccから2936ccへと拡大され、ターボの最大過給圧は0.8barから1.1barへと高められている。
最高出力478PS、最大トルク58.8kgm、最高速度324km/hというスペックで衝撃的なデビューだった。
PCM00220_06
─── F120A型エンジン

 288GTOのコンペティションモデル 288GTO Evoluzioneから引継ぎ、改良を加えた強力なインタークーラー式ツインターボのF120A型エンジン。当時フェラーリのF1チームに在籍していたゲルハルト・ベルガーがF40の車両開発を担当した。
PCM00220_07
─── F120A型エンジン

 当時の現役のF1ドライバーに、「雨の日には絶対に乗りたくない」、「雨の日にはガレージから出すな」 と、言わせたという逸話が残っている。出力特性はまさにターボカーそのものであり、パワーバンドに入ると同時に急激に立ち上がる強大なパワーには多くの腕に自信があるドライバー達をも悩ませたというクルマです。
PCM00220_08
以上、ネット上で拾えるF40のエンジン「 F120A」評あれこれ。。。

Car Models File-No.120 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.120>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.120 ////////////////////////////////////

PCM00220_01
タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00220_02
─── F40

 辞典に載るほどのクルマ「F40」。内容は、『イタリアのフェラーリが1987年から1992年まで製造、販売していた高級スポーツカー。2ドアクーペ。DOHCのV8エンジンを搭載。ミッドシップ形式の後輪駆動を採用。同社の創業40周年を記念して開発された。』というものです。

Car Models File-No.120 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.119>Final フェラーリ 360 モデナ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////

PCM00219_09
タミヤ 1/24 フェラーリ 360 モデナ(伊)
PCM00219_10
─── 新世代のV8フェラーリ

 まったく新しいアルミボディを持ったV8フェラーリのモデナ。先代のF355と共通するところはほとんどない。車内空間が広くなり居住性が向上した。それはホイールベースを延長したことによりますが、ミッドシップ・スポーツカー特有の狭苦しさがほとんど無くなりました。
 次は静粛性の向上。 360モデナは、高速道路を時速100キロで巡航していて、パッセンジャーと普通に会話ができる最初のフェラーリとなったのです。
PCM00219_11
─── 360 モデナのエンジン

 V8エンジンをミッドシップにマウントするモデナ。古くは、ディーノ206GTから始まったピッコロ・フェラーリでF355の後継モデル。F355のネーミングは3.5リッターの5バルブを表していますが、この360モデナはそのまま素直に3.6リッターに排気量アップを表している。エンジンのディメンションは90度のV型8気筒DOHC5バルブ。400ps/38.0kgmのパワー&トルクを発生するのです。
PCM00219_12

Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.119>Part 2 フェラーリ 360 モデナ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////

PCM00219_05
タミヤ 1/24 フェラーリ 360 モデナ(伊)
PCM00219_06
─── フェラーリ購入計画…その1

 次に買うべきフェラーリを何にしよう?
やはり『360モデナ』あたりだろうか。
ミドルレンジ・V8エンジンのフェラーリは308から328、348からF355、360モデナからF430、最新鋭は458イタリアと4世代に大別することができる。

このうち328とF355とはガレージにあったが別れを告げた。新車でしか買えない458イタリアは除外するとして、残るは360モデナかF430ということになる。どちらも魅力的だが、グラマラスという1点で次は360モデナかな?

いかにも順当な選択だ。フェラーリも3台目ともなると気負わずに的を絞ることが出来る。

とは言っても、348やF355のスパイダー、遡ればディノやモンディアルなんて選択肢も。
それともいっそ12気筒への鞍替えもいいものか、、、。
PCM00219_07
─── フェラーリ購入計画…その2

 フェラーリの12気筒ならスーパーカー少年のころ憧れたフェラーリBB、デビュー当時そのデザインに衝撃を受けたテスタロッサ、512TRから512Mの系譜もいい。さらに新生フェラーリのマラネロや456もあるな。

いかんっ!現実的に考えよう。
まず古いモデルはよっぽど手を入れた個体でないとメンテナンスの費用が青天井だろう。そうなれば、10年選手のクルマは外しておこう。
やはり、V8なら360モデナ、12気筒ならマラネロか。

購入するのは『360モデナ』にしよう♪
PCM00219_08

いや~っ、妄想は楽しい。
 by 妄想フェラーリ

Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.119>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////

PCM00219_01
タミヤ 1/24 フェラーリ 360 モデナ(伊)
PCM00219_02
─── フェラーリ 360 モデナ

 デビューは1999年のジュネーブショーでした。グラマラスなフォルムは風洞実験によって生まれ、車体はフラットボトムで後端はディフューザー形状となっています。ミドシップに縦置きされたV8エンジンは3.6リッターの排気量から400馬力のハイパワーを発揮。またアルミスペースフレームをはじめボディ外板からエンジン、サスペンションにいたるまでもアルミ合金がふんだんに使われ、ボディは軽量に仕立てられているのです。
PCM00219_03

PCM00219_04
─── ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館

 博物館は現在、バックヤードに収納してあるモデルをひっぱり出してご紹介をしています。
実は、これが楽しくて、楽しくて。箱を開けるまで何が入ってるかなぁ…って、ドキドキしながら開けると。。。。
毎度こんな感じでして。もう何年もお目にかかっていないモデルばかりだから。あれやこれやと浮かんでは消え、いとおかし。
バックヤード・シリーズは、まだまだつづくよー!

Car Models File-No.119 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.118>Final トヨタ アルテッツァ RS200

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////

PCM00218_09
フジミ 1/24 トヨタ アルテッツァ RS200 GT・Wウイング
PCM00218_10
─── アルテッツァのツートップ!

 アルテッツァは、ツートップ体制、すなわち「AS200」と「RS200」の2エース。
エンジンとミッションで比べてみれば、、、、
AS200…エンジン:直列6気筒DOHC(1G-FE) ミッション:4速AT or 6速MT
総排気量:1988cc 最高出力:118kW(160ps)/6200rpm 最大トルク:200Nm(20.4kgm)/4400rpm
RS200…エンジン:直列4気筒DOHC(3S-GE) ミッション:5速AT or 6速MT
総排気量:1988cc 最高出力:155kW(210ps)/7600rpm 最大トルク:216Nm(22.0kgm)/6400rpm
PCM00218_11
─── アルテッツァのAS200とRS200

AS200系…6気筒エンジン搭載の「AS200」はフォーマルな大人のセダンの雰囲気とこれまでの国産車にない運動性能を兼ね備えたモデルといえます。直接的なライバルはBMW318iあたりでしょうか。6気筒エンジンの特性として静粛性に優れています。 最高出力は160ps、2リッターのノーマルアスピレーション、いわゆるNAでは立派な数値。スペックで比較するとどうしてもRS200系に行ってしまうが、AS200系でも十分にアルテッツァです!
RS200系…搭載する4気筒エンジンはトヨタのスポーツエンジンの伝統「3S-GE」です。
エンジン以外にもブレーキなども強化されてよりスポーツ性が強調されています。MT車は世界初のチタン合金バルブを採用し、デュアルVVT-iによるパワフルな走りが堪能できるし、AT車もステアシフト機構が搭載され、ハンドルから手を離さずにシフトチェンジできます。これはRS200専用設計の5速ATとなってます。日本人の選択はこのRS200の方が多かったのです。
PCM00218_12

Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

クルマ NEWS とお宝本紹介

最近の気になったクルマ・ニュースを紹介します。

3億円のクルマのお話、、、、
【レポート】お値段は3億円以上! でも注文殺到のアラブ初のスーパーカー!!
アラブ初のスポーツカー・メーカーの手によるスーパーカー!
7台の生産予定が、なんと100台を超えるオーダーって!?まさしくお金持ち大国。
しかし、スタイルはランボルギーニ・ルック? アヴェンタドール・ブラザーってか???
新NSXにも似てるかな。。。

【シカゴショー2013】新作アニメ映画に登場する「"ターボ"・カマロ」
イカすコンセプトカー…2013年型「"ターボ"・カマロ・クーペ。
こんなプラモが欲しい、、、。
映画のPR用だけなのか?

センスいいなー、このクルマ!
【試乗記】「外見は69年型だが、中身は最新で快適!」レトロビルト69年型マスタング
どうです? 上手いでしょ!?
正直、ブタ鼻2013年型ムスタングよりこっちを選ぶよなぁ。

ということで、古いもの好きな私に「お宝本」が1冊増えました。
CLASSIC_AMERICAN_CARS_60s&70s
アメリカ車の'60年代~'70年代のクラシック・モデルに絞った写真満載本。マスタングにカマロやコルベット、トランザム、チャレンジャーといった人気モデルをはじめ、キャデラック&リンカーンのスペシャリティ・クーペ、エルカミーノ、ブロンコ、シェビー&ダッジバンといった定番人気のトラック、さらにはマニアックなレア・マッスルカーなど登場車種は全42車種!見てるだけでワクワク!!
[A-cars特別編集版]
クラシック・アメリカン・カーズ '60s & '70s

A4ワイド版 オールカラー128ページ
特別定価/1、800円
発行/株式会社マガジンボックス

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.118>Part 2 トヨタ アルテッツァ RS200

三連休、しっかり休ませていただきました(嬉
飲み会やって、映画は2本観て、プラモ作りは3台をいいとこまで製作!
最後の仕上げは、ブログということでアルテッツァ行きまーす!♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////

PCM00218_05
フジミ 1/24 トヨタ アルテッツァ RS200 GT・Wウイング
PCM00218_06
─── アルテッツァのこと

 トヨタ アルテッツァは1998年に登場、型式はE10型。アルテッツァという言葉はイタリア語で「高貴」の意味。
もともとは現行のトヨタ 86のようにコンパクトなボディーでFRレイアウトのコンパクト・スポーツ・セダンで“走り”を主張するクルマとして開発が始まりましたが、同時期に、ほかチームで開発中であったスポーツセダンと統合されました。さらにレクサスの販売戦略におけるミドルクラスの欧州車の対抗馬としての役割も担うことになったため、“走り”と“クオリティー”、すなわちスポー ツセダンとプレミアムセダンの両方の役割が求められることとなりました。
これがアルテッツァのコンセプトです。
※レクサスでは初代の「IS」として販売されました。
PCM00218_07
─── アルテッツァのこと

 アルテッツァの外観スタイルはロングホイールベースでショートオーバーハング、それに17インチアルミホイールと低偏平(215/45)タイヤを履く、スポーツカーを意識したプロポーションとなっています。このデザインは、後のトヨタやレクサスのFRセダンの流れを作りました。デザイン上の特徴は、大小2つの丸いリアコンビネーションランプと、コクピットではクロノグラフをデザインモチーフとしたのメーターが採用されています。
PCM00218_08

Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.118>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////

PCM00218_01
フジミ 1/24 トヨタ アルテッツァ RS200 GT・Wウイング
PCM00218_02
─── フジミ 1/24 GT・Wウイングシリーズ

 このアルテッツァは、フジミ模型のGT・Wウイングシリーズの1台。他には、「BMW M3」「ソアラ 3.0 GT (MZ-21)」「トヨタ マーク 2 2.5 ツアラーV (JZX90)」「BMW M5」「ホンダ インテグラ タイプR (DC2)」「トヨタ MR2 (AW11)」「トヨタ マーク 2 ハードトップ 2.5GT ツインターボ (JZX81)」「スバル インプレッサ WRX STI 2005」「三菱 ランサーエボリューション IX」「トヨタ カローラ レビン GT APEX (AE86)」「スバル インプレッサ WRX Sti 2003」「マツダ RX-8」「スバル レガシィ B4」「ニッサン S15 シルビア」「ニッサン スカイライン R32 GT-R」「ホンダ インテグラ タイプR」「ランサーエボリューションVIII GSR」「スバル インプレッサ WRX Sti Version 6」「マツダ FD3-S RX-7 マツダスピード Aスペック」「トヨタ MR-S」などで、アルテッツァは記念すべきシリーズ No.001でした。
PCM00218_03
─── GTウイングって?

 全日本GT選手権(JGTC)などのGTマシンが装着するリヤウイングを一般の市販車に装着したものなので“GTウイング”と呼ばれている。このエアロパーツは確実にダウンフォースを発生する実用を持っていて、それだけでGTマシンの迫力も持っている。なので、本物の競技車輌から見た目重視のチューニングカーまで幅広く人気があるのです。
もちろん、見た目重視の模型界でも大人気アイテムなのです。
PCM00218_04
アルテッツァのことは次回、、、
Car Models File-No.118 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.117>Final トヨタ ソアラ 3.0GT Limited

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////

PCM00217_10
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00217_09
─── 電動式ムーンルーフ

 ウインドウのカラーに合わせ、開口部にブロンズガラスを採用した電動式ガラス・サンルーフの事です。「ムーンルーフ」はソアラ全車にオプション設定でした。室内のサンシェードを開けて採光することも。さらにガラスをスライドさせて、快適なオープンエア・ドライブを楽しめます。
“ムーンルーフ”、、、ロマンチックなネーミングです。とても技術者が付けた名とは思えません。
ネーミングから察しても、まさにデートカー♪ 彼女が隣にいれば、一晩中でも走っていたい!?
PCM00217_11
─── イージーアクセスドア

 ソアラ、100の秘密の内の一つ!これも世界初の新技術。乗降性を追求の結果、4リンク式ドアヒンジを採用。
そもそも扉のデカい2ドアクーペですからね、翼を開けば(ドアを開ければ)その車幅は大きくなります。日本の駐車スペースでは隣のクルマにブツけてしまいます。ドアを一旦前にスライドさせてから開くような仕掛けですね。ドアの開閉角度は平均駐車スペースで最も使いやすいように設定されています。この優れた乗降性は4ドアセダンをも凌ぐのです。また、ヒンジは上下一体構造となっていて高い剛性を確保している優れものです。
乗降性を格段に向上させたのが「イージーアクセスドア」だっ!
PCM00217_12

Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

映画ワイルド・スピード最新作の予告編がオンエアー!

映画ワイルド・スピード最新作、スーパーボウルで予告…インプレッサも登場[動画]
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちらで予告編が見られます。
また、どこへ行っちゃうんだろう??
ときどき、ワイルド・スピードは方向を変えてしまいますが、、、。
とりあえず、6作目があることに乾杯!♪

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

博物館<File No.117>Part 2 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////

PCM00217_05
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00217_06
─── 電子制御式エアサスペンションのこと

 1986年1月、2代目ソアラに採用されたトヨタ電子制御エアサスペンションは、従来のコイルスプリングに替えて、ニューマチック・シリンダー(空気ばね)のエア・チャンバー内に封入した空気にスプリング機能を持たせるとともに、コンピュータ制御によって、ばね定数・減衰力と車高を走行条件に応じて、3段階に自動的に切替えるものでした。
また、それはドライバーの好みによって、2モードの選択ができました。任意にばね定数・減衰力と車高を切替えることで、卓越した乗り心地と操縦安定性が得られるという、世界初の画期的なシステムでした。
PCM00217_07
─── スペースビジョンメーターのこと

 キーをオフ時は何の表示もないブラックのメーターですが、実はこの面はハーフミラーになっています。本当のメーターはメーターの庇(ひさし)の裏側に逆文字で存在しているのです。この逆さまの文字メーターがハーフミラーに反射して、あたかも遥か奥に、正文字のメーターが、さも浮いているように表示されるのです。今時の単語なら『3D』、手を伸ばしたら文字が掴めそうで掴めない、、、みたいな。
PCM00217_08

Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.117>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////

PCM00217_01
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00217_02
─── おさらい、ソアラ

 2代目のソアラは、1986年〜91年まで生産されたトヨタのスペシャルティクーペ。型式Z20型。
そのボディ・スタイルは、初代ソアラの直線基調のデザインの角を丸く、上手に曲線を組み込んだもの。
このソアラは、世間がバブル景気で好景気だったなかで販売されたこともあって、高価格にもかかわらずよく売れましたね。かく言う私も所有してました。この2代目ソアラに搭載された新技術は100以上と言われています。
例えば、サスペンションは金属バネではなく、代わりに空気のバネを採用した電子制御式エアサスペンションを世界で初めて搭載しているのです(3.0GT リミテッド・エアサスペンション仕様車)。
PCM00217_03
─── おさらい、ソアラ…エンジン・グレード編

 2代目ソアラのエンジンは2000ccは1G-EU、1G-GEU、1G-GTEUツインターボ(185ps→200ps→210ps)、7M-GTEU型は直6DOHC3000ccターボ(前期型230ps、後期型240ps)がラインアップ。ソアラのグレードは下からVX、2.0GT、2.0GTツインターボ、2.0GTツインターボL(1988年のマイナーチェンジで追加)、3.0GT、3.0GT Limited。
ちなみに7M-GTEU型エンジンは、1988年の初代日産シーマが発売するまで国産車最強エンジンでした。
PCM00217_04

Car Models File-No.117 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.115 & 116>Final R30 & R31 スカイライン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////

長らく続いたスカイラインもファイナルのときが、、、。
PCM00215&16_09
フジミ 1/24 7代目 R31 スカイライン GTS-X ↑手前
PCM00215&16_10
─── 最後は、R31 スカイライン GTS-X と R30 スカイライン 2000RS スペック比較

■全長×全幅×全高(mm):(R31)4660×1690×1365 (R30)4595×1665×1360
■ホイールベース(mm):(R31/R30)2615
■トレッド(F/Rmm):(R31)1425/1420 (R30)1410/1400 
■車両重量(kg):(R31)1340 (R30)1130
■エンジン形式:(R31)RB20DET (R30)FJ20E
■エンジン種類:(R31)水冷直列6気筒DOHCターボ (R30)水冷直列4気筒DOHC
■総排気量(cc):(R31)1998 (R30)1990
■最高出力(ps/rpm):(R31)180/6400 (R30)150/6000
■最大トルク(kgm/rpm):(R31)23.0/4800 (R30)18.5/4800
■サスペンション形式(F/R):(R31/R30)ストラット/セミトレーリングアーム
■ブレーキ形式(F/R):(R31/R30)Vディスク/ディスク
■タイヤサイズ(F/R):(R31)205/60R15 (R30)195/60R15
PCM00215&16_11
タミヤ 1/24 6代目 R30 スカイライン 2000RS ↑左側
PCM00215&16_12

Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

トム・クルーズ主演、映画『アウトロー』

トム・クルーズが一匹狼の元軍人ジャック・リーチャーに扮し、難事件解決に挑む姿を描いた
アクションサスペンス映画『アウトロー』を観てきました。

英作家リー・チャイルドによるハードボイルド小説を、「ユージュアル・サスペクツ」のクリストファー・マッカリー監督・脚本で映画化したものです。

トム自身がカースタントをこなすということが話題になっていましたね。
CMでもシボレー・シェベルSSを駆ったトムの迫力の映像が流されていました。

『ナイト&デイ』『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』でスパイ・諜報部員を演じ、
続く『ロック・オブ・エイジス』ではロックスターを演じた。
新たにトム・クルーズが選んだ新ヒーローが“ジャック・リーチャー”一匹狼の元軍人。
しかし、、、

トム、やっちまったな!
ストーリーは読めてしまうし、非常に小ぢんまりした映画になってしまって、、、悲しい。
カーアクションも素人がするには大した事だけど、映画なんだからもうちょっと派手に。
それに老けてしまったねー!
あまりに期待して観に行った、わたしが悪い!

それにアメリカン・マッスル、シェベルSSは愛車ではなかった。
下っ端の悪人から奪ったクルマだった。ちなみに対戦相手はアウディのA6。

なんと!ヒーローは、バスに乗って移動する!

個人的映画批評:★★☆(2.5/5)

NAT2012_03_22
シボレー・シェベルSS…映画のクルマではありません。。。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

博物館<File No.115 & 116>Part 2 R30 & R31 スカイライン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////

PCM00215&16_05
タミヤ 1/24 6代目 R30 スカイライン 2000RS ↑手前
PCM00215&16_06
─── 比べてみようーCMのキャッチコピーで、キャラクターで!

■キャラクター
R30… ポール・ニューマン R31… 岩城滉一
■キャッチコピー
R30… クルマは愛だ。 R31… そのとき、精悍。
■CMソング
R30… The best way to your heart(マキシン・ディクソン) R31… エリーゼのために(ハードロック・アレンジ)

◎R30のCMは、サーキットを走行する赤黒のシルエット・フォーミュラが印象的。レースへのイメージ付け、スポーツイメージを全面に押し出しています。「愛のスカイライン」というコピーも3代目から復活しています。

◎R31のCMでは、バンパー下から70km/hのスピードになると自動でせり出して操縦安定性を高める「GTオートスポイラー」の映像が速さを表現しています。岩城滉一は当初、ヒゲをたくわえていますが、後のCMでは、さっぱりしています(笑
スポーツ性とテクノロジーを説明するハード面を強調しています。
PCM00215&16_07
フジミ 1/24 7代目 R31 スカイライン GTS-X ↑右側
PCM00215&16_08

Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.115 & 116>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////

記念撮影♪
スカイラインが2世代続きましたからねぇー
PCM00215&16_01
タミヤ 1/24 6代目 R30 スカイライン 2000RS ↑左側
PCM00215&16_02
フジミ 1/24 7代目 R31 スカイライン GTS-X ↑手前
PCM00215&16_03
─── GT-R を名乗らずとも、史上最強のスカイラインたち!

 1980年代前半のパワーウォーズを制した4気筒DOHC“FJ20E”エンジン。
R30の魅力はウエッジの効いた硬派なスタイルとこの孤高のユニット!これまでのスカイラインにはない、全身に漲る熱いスピリッツがファンの心も熱くする!
 偉大過ぎる先代までの歴史が重く伸し掛る。高過ぎるハードルに苦しむR31スカイライン。R32の土台を築いたスカイラインは最近人気も上昇中!
PCM00215&16_04

Car Models File-No.115 & 116 /////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR