博物館<File No.116>Final ニッサン R31 スカイライン GTS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 ニッサン R31 スカイライン GTS
PCM00216_09
─── RB20 系?

 R31 スカイラインのデビュー当時のエンジン(RB)ラインナップはRB20E、20ET、20DE、20DETの4種類。セダンとのマッチングは RB20DET が一番だった。2ドアクーペの登場で RB20DET にはセラミックタービンが組み込まれた。それによって若干レスポンスの悪さが解消された。
PCM00216_10
─── RB20 系?…その2

 RB20DET は直列6気筒ツインカム・セラミックターボエンジン。まさしく、GT-R 復活を期待しましたね。しかし、そうはならなかった。“スカイラインの父”といわれた櫻井眞一郎氏が 7th スカイラインの開発主管だったが、体調を崩して入院されたため、代わって開発主管に抜擢されたのが伊藤修令氏。後に櫻井氏自らがお話しになっているように方向性を間違えたと。。。やはり、レースを前提に設計されたエンジンではないと。これが GT-R を名乗ることを許されなかった所以だろう。
PCM00216_11
─── エンジンばかりかインテリアも

 角張っているのはボディ・スタイルだけではなく、インテリアも同様でした。ハイソカーブームの余波はここにも襲来。コクピットはスポーティというよりもラグジュアリーなムードが漂っていました。
もう一つ、センターパネルが直立していました。これを「絶壁」と酷評されていましたね。
PCM00216_12

Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.116>Part 2 ニッサン R31 スカイライン GTS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 ニッサン R31 スカイライン GTS
PCM00216_05
─── 7代目 R31 スカイラインがとやかく言われる理由

 1980年代の前半は、世の中全体がハイソカー一色に染まっていました。
ハイソカーとは、1980年代に流行した国産の高級車や上級小型乗用車を指した名称。トヨタの高級車が代表的。「ハイソ」とは「High Society」の略で、「上流階級」という意味。そういった世の中、1985年に登場したR31スカイラインは奇しくもその風潮に乗ってしまったのですね。旧来のスカイライン・ファンからは叱咤され、目論んだハイソブームにも乗ることができず失速してしまった。これがとやかく言われる理由なのです。
PCM00216_06
─── わたしも試乗した スカイライン GTS-X

 4ドアが先行してデビュー、遅れること9ヶ月、2ドアクーペが登場したのは1986年5月でした。直6エンジン搭載車らしいロングノーズのスタイリッシュなボディは、6代目 RS からの買い替えを考えていたわたしも気になってました。
メイングレードは GTS-X ツインカム 24V ターボ。試乗しました。比較していたのはソアラのツインターボ。この辺りは、わたしもブームに乗せられた一人として、、、ソアラを選んでしまいました。もちろん、後悔してませんよー♪
ソアラはいいクルマでしたからねー。
PCM00216_07
─── スカイライン GTS-X のスペック

■全長×全幅×全高(mm):4660×1690×1365 ■ホイールベース(mm):2615
■トレッド(F/Rmm):1425/1420 ■車両重量(kg):1340 ■エンジン形式:RB20DET
■エンジン種類:水冷直列6気筒DOHCターボ ■総排気量(cc):1998
■最高出力(ps/rpm):180/6400 ■最大トルク(kgm/rpm):23.0/4800
■サスペンション形式(F/R):ストラット/セミトレーリングアーム
■ブレーキ形式(F/R):Vディスク/ディスク ■タイヤサイズ(F/R):205/60R15/205/60R15
PCM00216_08

Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.116>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////

博物館では、スカイラインを続けますよー♪
フジミ 1/24 ニッサン R31 スカイライン GTS
PCM00216_01
─── 自己紹介

 わたしは、7代目スカイラインを襲名しました「R31」と申します。
生まれは、1987年の8月です。ただ、わたしはマイナーチェンジで生まれました。長兄の4ドアハードトップ・セダンは、1985年8月に誕生しています。
わたしは、グループAのツーリングカーレースのためのベース車両として生まれ、販売台数も800台という限定で世に出ました。
PCM00216_02
─── 自己紹介…その2

 わたしの心臓部はRB20DET型エンジンをベースにギャレット製のT-04型大径ターボ、大型空冷式インタークーラー、等長排気マニフォールドを搭載し、210psを発揮しました。
巷では、日産からレース用車両が誕生する、というニュースに、ファンは「GT-R」の復活を期待していたようでしたが、そうはいきませんでした。このことは、わたしが、レース用のマシンとして十分ではなかったことを何より物語っていました。この程度では「GT-R」を名乗れないよ!
わたしは、ずーっと先代の「GT-R」の偉大さを改めて知り、「GT-R」がまだまだ遠いところにあることを理解したのです。
PCM00216_03
─── 自己紹介…その3

 あ〜、やってしまいました。わたしはNISMOの大型スポイラーを装着していたので「GTS-R」だとばかり、、、
わたしは、セラミックターボを装着したRB20DET型エンジンを心臓に持ち180psを発揮、足は4輪独立操舵システムであるHICASを搭載した「GTS」です。わたしが生まれたのは1986年の5月です。「エリーゼのために」をハードロックにアレンジして、俳優 岩城滉一さんをフューチャーして世に生れ落ちたんです。。。(反省
PCM00216_04

Car Models File-No.116 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.115>Final スカイライン ブラックスペシャル 2000RS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 日産 スカイライン ブラックスペシャル 2000RS
PCM00215_09
─── 「RS」の歴史はパワー・ウォーズの歴史

 「RS」以前のスカイラインは、時代の流れの中で大きく、そして豪華になって行く。エンジンの方といえば、なんとかターボで凌いでいたが、実際に欲しかった DOHC は「GT-R」以降9年間もお預け状態のままになっていました。ライバルのトヨタには 18R-G が主力、2.8リッター、直6DOHC の 5M-G を世に出すタイミングでしたね。日産のファンは本当にやきもきしていました。そんな中で、まさに満を持してデビューしたのが「RS」だった訳です。
PCM00215_10
─── 「RS」の歴史はパワー・ウォーズの歴史…その2

 「RS」の搭載の直列4気筒DOHCエンジン(FJ20E型エンジン)は、6気筒ではなかったために「GT-R」を名乗れなかったことは既に書きましたが、大人しいクルマだったわけではありません。レーシング・テクノロジーを存分に駆使して、150ps/6000rpm、18.5kgm/4800rpmを実現していました。ライバルのトヨタ 18R-G は2バルブで135psだったから、日産ファンは大手を振って喜びました。ところが、これが三日天下(ガクッ)。セリカは1982年9月に 2.0リッターの 18R-G に変わって1.8リッターながらツインカムターボの 3T-GT を追加。出力は、160ps/6000rpm、21kgm/4800rpmで2バルブながら巻き返されてしまいました。
PCM00215_11
─── 「RS」の歴史はパワー・ウォーズの歴史…その3

 パワー・ウォーズ真っ盛り、この頃はスペック至上主義という意識が蔓延していて、ユーザーも数値には敏感になっていました。「RS」は、1983年2月にターボ搭載モデルを追加。自然吸気の FJ20E の圧縮比を9.1から8.0に落として、ギャレット製のT3タービンを装着。FJ20ET となったエンジンの出力は、190ps/6400rpm、23kgm/4800rpmという数値なった。これはトヨタ 3T-GT を軽〜く蹴散らしたばかりか、国産最強のツインカムだった2.8リッターの 5M-G をも20psも上回るハイパワースペックだった!(ヤッター
PCM00215_12

Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.115>Part 2 スカイライン ブラックスペシャル 2000RS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 日産 スカイライン ブラックスペシャル 2000RS
PCM00215_05
“ブラックスペシャル”といっても、黒いスカイラインRSって、、、見たことないなぁ
PCM00215_06
─── 赤黒だけが「RS」に非ず

 熱狂的ファン(わたしもその一人ですが)が非常に多いDR30 スカイラインRS。
6代目スカイラインは1981年8月発売。アメリカの俳優ポール・ニューマンを広告キャラクターに起用したことで「ニューマン・スカイライン」の通称や、R30型の型式番号で「R30」と呼ばれていました。2ヶ月遅れの1981年10月に直列4気筒4バルブDOHCのFJ20E型エンジン(150ps/6000rpm、18.5kgm/4800rpm)を搭載する「2000RS」を追加。直列6気筒エンジンではないという理由で新たに「RS」という名を与えられました。このRSの型式名がDR30型で「DR30」と呼ばれました。
PCM00215_07
─── 赤黒だけが「RS」に非ず…その2

 1983年2月に人気の「RS」にさらにターボを追加、FJ20ET型(190ps/6400rpm)を搭載しました「2000ターボRS」を追加。歴代スカイラインの中で一番高出力であったことから『史上最強のスカイライン』というキャッチコピーで登場しました。当時他を圧倒する性能を誇り、ターボ化でクラスを超えたトップパワーを誇ったのです。それだけにスパルタンな印象が強く、それ故、歴代のGT-Rとは別に熱狂的なファンが多いのです。DR30のモディファイの定番は、“赤黒”のツートン・ボディに“金”のメッシュ・ホイール、前後のスポイラーですね。
この“赤黒”人気に多大な影響を与えたのが、「西部警察」「シルエット・フォーミュラ」であることに間違いはありません。
PCM00215_08

Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.115>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////

File-No.115は、何度も、何台も博物館に登場していますが、、、
PCM00215_01
タミヤ 1/24 日産 スカイライン ブラックスペシャル 2000RS
PCM00215_02
─── スカイライン2000RSをスポーティーにドレスアップ

 6代目スカイライン(R30型)のスポーツモデルとして1981年10月に加わったDOHCエンジン搭載車が2000RSです。レースでの使用を前提に新設計された、排気量1990cc直列4気筒4バルブDOHCエンジンを搭載。ECCS(電子式集中制御)により各気筒別に最適なタイミングで燃料を噴射するシーケンシャル電子制御インジェクションを採用して、150馬力のハイパワーユニットに仕上げられています。さらに、操縦席から走行中でもダンパーの効きを変えられるアジャスタブルダンパーを採用した4輪独立サスペンションやリミテッドスリップデフ、全輪ディスクブレーキなど走りにこだわった装備を満載しています。このモデルには、メーカーをはじめパーツメーカーからも多くのチューンナップ用パーツやドレスアップパーツがリリースされていました。それらのパーツを選んで個性的に仕上げるのもオーナーの楽しみでした。とくにフロントスポイラー及びリアスポイラーは必須アイテムでしたね。
PCM00215_03
─── キットに入っていたドレスアップ・パーツ

■フロントリップスポイラーをはじめ、フォグランプ、リヤスポイラーを装着 ■ドアミラーを装着(登場時はフェンダーミラー、ドアミラーの認可は1983年3月) ■3本スポークのステアリングホイールは社外品 ■ゴールド塗装済みの5本ポークホイールは社外品(純正ホイールは付属していません)■サスペンションは車高を落とした専用パーツ ■ドライバー人形付き ■ウィンドウ及びヘッドライトはブラウンスモークのクリアパーツ
PCM00215_04

Car Models File-No.115 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.114>Final マツダ サバンナ RX-7(FC)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7(FC)
PCM00214_09
デビュー当時のCMのキャッチコピーは
『 NEW ADULT SPORTS 』(ニュー・アダルト・スポーツ)
PCM00214_10
─── マツダ サバンナ RX-7 GT-Limited のスペック

■全長×全幅×全高:4310×1690×1270mm ■ホイールベース:2430mm ■トレッド(前/後):1450/1440mm
■重量:1280kg ■エンジン:2ローター式ロータリー ■排気量:654×2cc ■最高出力:185ps/6500rpm
■最大トルク:25.0kgm/3500rpm ■燃料タンク容量:63L ■トランスミッション:5MT ■駆動:後輪
■サスペンション(前/後):ストラット/マルチリンク ■ブレーキ(前後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤ:前後205/60R15 ■発表:1985年9月20日 ■価格:303.8万円
PCM00214_11
─── マツダお家芸!

 搭載されたロータリー13B型エンジンは、ツインスクロール・ターボチャージャーを備え、空冷式のインタークーラーを直上にレイアウト。ボンネットフードのエアスクープはこのためです。'89年に実施されたマイナーチェンジで圧縮比をアップ、インデペンデント・ツインスクロールターボの採用で185psから205psに出力向上しました。
PCM00214_12

Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

【 GT5 】サスペンションのセッティング解説


PS3のゲーム「グランツーリスモ5」のサスペンション・セッティングについて
分かりやすく解説した【 ビデオ 】を見つけました。
参考に!?

こちらは実車の【 ビデオ 】
「壊し屋マクレー」、、、スバルにラリーで初優勝をもたらしたコリーマクレー。残念ながら2007年に操縦していた自家用ヘリが墜落し亡くなってしまいましたね。

そんなマクレーの奇跡、、、ご覧ください。

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

博物館<File No.114>Part 2 マツダ サバンナ RX-7(FC)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////

今回は、FC RX-7はじめスポーツカーのいわば定番アイテム「リトラクタブル・ヘッドライト」について話しましょう♪
タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7(FC)

─── リトラクタブル・ヘッドライト

 リトラクタブル・ヘッドライトを分かりやすく日本語にすれば、「格納式前照灯」ということになります。他にも、単に「リトラクタブル」とか、略して「リトラ」とも言われますね。格納じゃなくて、飛び出すということから「ポップアップ式ヘッドライト」というのもありますね(ポルシェ928やランボルギーニ・ミウラなど)。
PCM00214_05
─── 目的は空気抵抗の減少

 クルマのの車体前部に置かれるヘッドライト、この車体前部の高さを下げることで空気抵抗を減少させようと。しかし、ヘッドライトには最低地上高の法規上の決まりがあって、それは安全上の理由からですが規制があります。そこで、デザイナーが考え出した答えが、「必要な時だけ、規制を満たす高さに露出するヘッドライト」でした。言い換えれば「未使用時には格納」してしまうということだったのです。
PCM00214_06
─── ユニークなリトラクタブル・ヘッドライト

 リトラクタブルの変わり種…「シボレー・コルベット」や「オペル・GT」はヘッドライト・ユニット自体をくるっと反転させるタイプになってます。「リンカーン」に代表されるアメリカ車の高級セダンには、空気抵抗に関係なく垂直に切り立ったカバーからライトが回転して出てくるギミックを備えたクルマがありました。 また、「いすゞ・ピアッツァ」や「ホンダ・バ ラードスポーツCR-X」などは半分くらい既にライトが露出していて、覆うカバーだけを開閉するタイプでした。これは、セミ・リトラクタブル・ヘッドライトといって、格納時にも点灯することが可能なタイプでした。
PCM00214_07
 通常のリトラクタブルは、ボディに出るカバー部とライトが一体式で、後部を起点に弧を描いて上下するのに対して、ライトがカバー部と別体になっていて、ライトが垂直に移動する方式もあり、これを『FC RX-7』、他に「Z31型 フェアレディZ」や「三菱GTO」も採用していました。
PCM00214_08
─── リトラクタブル1号車はどれ?

 日本車なら誰もが知ってる、そうです!「トヨタ・2000GT」で最初に採用されました。1967年のことですね。2号車は、FCの先代のサバンナRX-7(1978年)です。以下ピアッツァ(1981年6月)、セリカXX(1981年7月)、マツダ・コスモ(1981年9月)と続きます。
世界を見てみると、、、wikiによると、1937年のアメリカ車の「コード810」だそうです。
一般的になったのが1960年代で、1963年登場の「ロータス・エラン」がその代表であるとありました。

Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.114>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////

このクルマも好きなんですねぇー♪
博物館の登場回数も多いです。。。
PCM00214_01
タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7(FC)
PCM00214_02
マツダのホームページにあるRX-7物語でーす♪♪
これを読めば、RX-7のすべてが解る!(汗
→ 『RX-7 開発ストーリー』
PCM00214_03
─── RX-7 の「FC」

 RX-7は、マツダのロータリーエンジン搭載車であるサバンナの後継車として、サバンナ RX-7(SAVANNA RX-7) の名で1978年3月に発表されました。これが初代のRX-7で、型式名SA22C型「SA」と呼ばれています。1985年10月に2代目へとモデルチェンジ。この型式名がFC3S型で、これが「FC」と呼ばれるモデルです。
PCM00214_04

Car Models File-No.114 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

カムフラージュを脱いだ新型コルベットに乗ったー!

1月14日にデトロイトモーターショー2013が開幕。
そこで、『コルベット C7』が公開されました。
PS3ゲーム『グランツーリスモ5』では、昨年11月からカムフラージュされた「コルベットC7テストプロトタイプ」のダウンロード配信を開始されました。
実際にダウンロードして、GT5 で新型コルベット C7に乗ってみた!

今回、より市販モデルに近い今回の最終プロトタイプの配信開始されましたのでダウンロード!
発表直後だというのにシボレーさん、太っ腹!
『グランツーリスモ5』では、このモデルは『コルベット スティングレイ ファイナルプロトタイプ』というとこになってます♪

・・・記念撮影から、、、
GT5_CORVETTE-C7_01
カラーは、「サイバー・グレイ・メタリック」
GT5_CORVETTE-C7_02
パッと見、フェラーリのフラッグシップ・ルック。それが損か得か?
GT5_CORVETTE-C7_03
後ろ見は、カマロですね。トランスフォーム♪

・・・いよいよ試乗!サーキットへ♪
GT5_CORVETTE-C7_04
選んだサーキットは、カムフラージュされたプロトタイプを試乗した、モンツァ・サーキットにしました。
比較のためにコルベットのプロトとファイナルの他に2車をピックアップ!♪
シボレー・コルベットC7テストプロトタイプ
シボレー・コルベット スティングレイ ファイナルプロトタイプ
モンツァが本拠地!
フェラーリ・F40
身近なところの日本車!
トヨタ・86
以上4台を乗り比べー♪、、、どんな結果になりますか?
GT5_CORVETTE-C7_05
一応、各車ゲーム上のスペックをご紹介しておきましょう。(車名・最高出力・最大トルク・車重の順)
●コルベットC7テストプロトタイプ…450ps/6000rpm 62kgm/4500rpm 1500kg
●コルベット スティングレイ ファイナルプロトタイプ…448ps/6000rpm 62kgm/4500rpm 1500kg
●フェラーリ F40…464ps/7000rpm 57kgm/4000rpm 1352kg
●トヨタ 86…195ps/7000rpm 20kgm/6500rpm 1230kg
GT5_CORVETTE-C7_06
各車のモンツァ・サーキットのベストラップ♪
※測定について…コース・インして毎周タイム測定、タイム更新できなかった時点で測定終了
●コルベットC7テストプロトタイプ…1'53.907
●コルベット スティングレイ ファイナルプロトタイプ…1'53.411
●フェラーリ F40…1'52.454
●トヨタ 86…2'08.935
※セッティングは全車トラクションコントロールをオフったことですね
GT5_CORVETTE-C7_07
やはり、パワーウェイトレシオがトップののF40(2.9kg/ps)は速いですね。
ただし、緊張感はとびきりです。
86は、楽しいですよ。ただし、加速が鈍いところにイラッときます。
スティングレイは、この中では中間になっちゃうかな。
バランスがよくて、速く、弱アンダーな設定で優等生ですね。しかし、コーナーでちょっとアクセルを大きく開ければ、、、F40のようにブレイクしますよ〜!気をつけて。。。
GT5_CORVETTE-C7_08
カッコよくて、速くて、フェラーリみたいって、、、言われないように。

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

日産ギャラリーにて、、、EVに思うこと

NG_1301_GTR_01
日産ギャラリー、昨年末からの展示車は、ザナヴィニスモGT-R(R35)と日産 リーフ ニスモRC レースカー。
目新しいのは、世界初の量産車の電気自動車「リーフ」のレーシングカーの方ですね♪レーシングカーらしくワイドでぺっちゃんこなお顔ですが、なんとなくかわいらしい、“水の中の生き物”って感じがします。感電しそう(汗
NG_1301_LEAF_01
そう、リーフといえば、最近2つのニュースを読みました。
東洋経済の記事に「日産と三菱自、EV陣営“生みの苦しみ” がありました。
もう一つは、【日産 リーフ 値下げ】片桐副社長、150万台は普及への志 という記事。
NG_1301_LEAF_02

NG_1301_GTR_02
近年、自動車メーカーは、「燃費の向上と環境への配慮」に主眼を置いたクルマ開発に力を入れています。
しかし、各メーカによって方向性が若干違う、、、、、
●ガソリン車で燃費効率を上げる…マツダ、ダイハツ、スズキ
●ハイブリッド車の開発と市場投入…トヨタ、ホンダ
●EV車の開発と市場投入…日産と三菱
日本のメーカーで言えば、の3つの方向性になると思います。
その中で、『EV車』というのはガソリンスタンドの代わりとなる、EV充電ステーションが充実しないと、なかなか普及するのは難しいでしょう。インフラ環境整備がまず先だと、EV車が登場する前から指摘されてきたと思います。
NG_1301_LEAF_03

NG_1301_GTR_03
しかし、クルマ作りの側から環境整備を刺激できないものでしょうか。
購入ターゲットを見直したらどうでしょう?
大衆のためのEVではなくて、まずは高額所得者、社会的地位のある方々のためのEV。
そうです、“お金持ち”のためのクルマを作りましょう♪
彼らに魅力的な『EV車』があれば、そのためにEV充電ステーションを作ってくれるでしょう!?
ベンツ、アウディ、レクサスと並ぶ、もしくは超える高級車を!
フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェを凌駕するスーパーカー!EV GT-R誕生なんていかがでしょう!?
…言うのは簡単かぁ。。。(他力本願
NG_1301_GTR_04
迫力のザナヴィニスモGT-R
NG_1301_GTR_05
リアはスカイラインの面影が強く残る
NG_1301_GTR_06
意外と彫りが深い顔をしてる

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.113>Final レクサス LS600hL

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 レクサス LS600hL
PCM00213_10
─── 高級だけじゃない LS!

 LSは、贅沢な装備満載の高級車ですが、言い方が古いですが、ハイテク装備も満載なんです。
それは、ミリ波レーダーとステレオカメラ、ドライバーモニターなどによる「プリクラッシュセーフティシステム」や、近赤外線カメラを使って歩行者などを確認することができる「ナイトビュー」、それにスタビリティコントロールやトラクションコントロールを統合制御する「VDIM」など。まだまだあります、ヘッドランプの照射軸をステアリングを切った方向に自動的に向けてくれる「インテリジェントAFS」なんてのも。
PCM00213_09
─── LS ハイブリッド

 LS600hLのパワートレーンは、エンジンとモーター。エンジンは5.0リッターのV型8気筒DOHC(2UR-FSE)で、最高出力は290kW(394ps)/6400rpm、最大トルクが520Nm(53kgm)/4000rpmとなっています。ハイブリッドシステムに使用されているモーターは、最高出力が165kW(224ps)、最大トルクが300Nm(30.6kgm)です。
この5リッターのV8エンジンと高出力モーターとの組み合わせによって、なんと、システム出力(エンジンとモーターの両方を合わせて発揮できる出力)は327kW(445ps)にもなります。巨大なボディは2.4tと重量級にもかかわらず、圧倒的に静かでよどみない強大なパワーを発揮します。
PCM00213_11
─── LS ハイブリッド…その2

 LS600hLのハイブリッド・システムは、トヨタ「プリウス」と基本的に同じものです。
2段変速式リダクション機構を採用しているトランスミッション、ジェネレーターの回転を自在に変化させてギヤ比を無段階にコントロールし滑らかな走りを実現する電気式の「無段変速機(CVT)」は、低速域から高速域までの幅広い速度域でモーターの効率の良い“おいしいところ”を使用しています。発進時や低速域での加速時では、2段変速式のローギヤを使用することで力強い加速性能を発揮、中・高速域では2段変速式のハイギヤを使用して高速クルージングに対応することで、効率のよいエネルギー回生を可能にしています。
PCM00213_12

Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ドリフト最高!!

カッコよすぎ!素晴らしい(感激

まずはー見て!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

ナイトライダーか?ボンドカー?それともチョロQ?なんちゃって!

【ビデオ】を2つご紹介♪

【 VIDEO-No.1 】アウディの最新自律走行技術がスゴイ!
無人なのに勝手に走り出して駐車してくれる。スマホの画面タッチで、エンジン始動、動き出して私を迎えにきてくれる。

ナイトライダーか、007のボンドカーか?すぐにこんな時代がやってくる。
あと、K.I.T.T.のように会話ができれば家もいらなくなるね、マイケル!?

【 VIDEO-No.2 】なんちゃってトヨタ 86 登場!
トヨタ自動車社内クラブの方々が、数分で軽トラックをコンパクトなトヨタ 86 に変身させます。
これも素晴らしい技術ですねぇ♪

その名は "トヨタ86Q"!
実はダイハツ­・ミゼットⅡなんです。だから、センターにハンドルが、、、。
ホイールは86よりも大きな22インチなんだよ〜♪

どちらのビデオも、クルマの将来を期待させてくれることを、、、、願います!

テーマ : 【動画】自動車動画
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.113>Part 2 レクサス LS600hL

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 レクサス LS600hL
PCM00213_05
─── レクサス LS600hL について

 トヨタ高級車ブランドである「レクサス」のフラッグシップが「LS」ですって昨日書きました(汗
先代は1994年4月にトヨタの「セルシオ」。当初、海外では「レクサス」、日本では「セルシオ」の名前で販売されていました。国内で、新たにレクサスブランドの立ち上げに伴って、この4世代目モデルが「レクサス LS」として、2006年9月より日本でも発売されました。。少し遅れて、2007年5月に写真のモデルであるハイブリッドモデルが追加発売されました。
PCM00213_06
─── レクサス LS600hL について

 LSには2系統あります。それは、4.6リッターエンジンの「LS460」系と、5.0リッター+ハイブリッドの「LS600h」系です。また、それぞれに通常ボディとロングボディの2タイプあります。ロングボディには「L」の名が付きます。
さらに、LS460系には後輪駆動と4輪駆動(AWD)の2種、LS600h系は4輪駆動のみとなっています。
PCM00213_07
─── レクサス LS600hL について

 LSは、世界的な高級サルーンにふさわしい堂々としたサイズです。
通常ボディのサイズが全長5060mm×全幅1875mm×全高1475mm(AWD)(2WDは1465mm)。
ロングボディタイプは全長(5180mm)、ホイールベース(3090mm)ともに120mm伸ばされています。
もちろん、延長分は後席スペースに割り当てられています。
PCM00213_08

Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コルベット スティングレイ復活と新聞ネタ

昨年末にブログにエントリーした新型コルベット C7、PS3ゲーム「グランツーリスモ5」で、カムフラージュされたプロトタイプに乗ることができました。
7代目がぁぁぁ〜、、、ついにデビュー!♪
Monza_Corvette_C7_01

1月14日に北米国際自動車ショー、すなわちデトロイトモーターショー2013が開幕!
そこで、↑ の『コルベット C7』が公開されました。おまけ?として『スティングレイ』の名前の復活も付いてきた♪
詳しい写真はコチラから ↓
【デトロイトモーターショー12】シボレー コルベット スティングレイ…伝説の名が復活[詳細画像]
さらにこちらならキレイな写真が豊富です ↓
シボレー・コルベット スティングレー (13.01.15)
フロントマスクは優しい顔立ちですね。これで毒蛇バイパーに勝てるか?
リアは、同族カマロ・ルックですね。こちらはチョイ悪でいい感じ。
スティングレイというには、いささか6代目からの変化に乏しいかな?
…十分にカッコいいんですけどねぇ♪

もう一つのニュースは、、、
『世界の半分 アジア車』という記事。
現在、世界の自動車生産台数は8000万台ほど。そのうちアジアの生産台数は約3657万台で日系の自動車メーカーがそのうちの4割を超えています。アジアとは日本、中国、韓国、台湾、インド、それとASEAN5カ国。
但し、中国は巨大市場で米欧勢や韓国勢との激戦で日系シェアは2割弱となります。
アジア各国の生産台数の分布は、中国が1700万台強、日本は800万台弱、韓国500万台弱、インド360万台、台湾30万台ということです。
タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシアのASEAN主要国と日本は自由貿易協定を結び自動車部品などの輸出で関税が軽減される場合もある。この5カ国の生産台数はインドに次いで300万台弱で、日系メーカーのシェアは8割強です。日本メーカーにとって重要な拠点になりそうです。

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.113>

成人の日ですね。
我が家の娘も無事に成人の仲間入り。昨日が式でした。
クルマに乗って出掛け、家に帰ったのは、日付が変わってましたけど(汗
『96時間』のブライアン・ミルズ同様に親バカで。。。

おめでとう。
すでに立派な大人だと思ってる。苦労してるからね。
ゆっくりと進むべき道を探してほしい。


Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////

つい先日(昨年末)に、大きなマイナーチェンジをしたばかりの日本の誇る高級車の登場です。
PCM00213_01
フジミ 1/24 レクサス LS600hL
PCM00213_02
─── レクサス・LS とは

 LS は、トヨタ自動車の持つ高級車ブランド「レクサス( LEXUS )」のフラッグシップとして販売されている大型セダンのことです。
2012年末にマイナーチェンジを受けたのが、この4代目モデルです。なお、レクサス自身はこの変更の事をマイナーチェンジとフルモデルチェンジの間にあたる「メジャーチェンジ」と名前付けています。
LSは初代から3代目モデルまで、日本国内にのみトヨタのブランドとして「トヨタ・セルシオ」としてトヨタ店とトヨペット店で販売されていまた。
※このモデルは4代目LSの前期型ということになります。
PCM00213_03
─── レクサス・LS600hL とは

 この4代目LSについては、ハイブリッドカーが存在します。
その証が「LS600h」の「h」のこと、ハイブリッド仕様を意味しています。
「LS600hL」の「L」は、さらにロングボディのロングホイールベース車のこと。
このサイズはトヨタのフラグシップセダン「センチュリー」をも超えています。
PCM00213_04

Car Models File-No.113 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

映画『96時間/リベンジ』のカーチェイス!

『TAXi』や『トランスポーター』などのカーアクション映画を手掛ける、
リュック・ベッソン製作・脚本の最新作が『96時間/リベンジ』です。

今年の映画スタートは、さい先よくカーアクション満載映画です(嬉
●監督:オリビエ・メガトン
●製作:リュック・ベッソン
●脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
●キャスト
 リーアム・ニーソン:ブライアン・ミルズ
 マギー・グレイス:キム
 ファムケ・ヤンセン:レノーア

主人公ブライアン・ミルズを演じるのは、リーアム・ニーソン。彼は今年61歳になるんです。
思い出すのは『『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』ですね。ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンのポニーテールが印象的ですが、2005年の映画『バットマン ビギンズ』にも同じような役柄で出ています。しかし、本来はアカデミー主演男優賞にノミネートされたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』で日本人の記憶に残りましたね。

映画は、2009年公開の『96時間』の続編。元秘密工作員の主人公ブライアン・ミルズは、失われた家族の絆を修復するため、元妻レノーアと娘キムの3人でイスタンブールを訪れた。しかし、訪れた先では前作でブライアンに息子を殺されたアルバニア系犯罪組織のボス、ムラドが復讐のため一家を待ち構えていた。レノーアを人質にとられたブライアンは、自らも一味に捕えられてしまう。そして、ひとり取り残された娘のキムにも魔の手が……。
この後はネタバレになるので映画館で!

肝心の主役であるクルマの話を。ここはネタバレで♪
ブライアンの自家用車はトヨタ・カムリ。キムの運転免許取得のための教習車としても活躍。
イスタンブールは迷宮の街。運転手付きのBMWで迷路に迷い込み、黒塗りのベンツ・Mクラスに追われる。
次にベンツ・300Eのタクシーを奪い、フィアット・131のパトカーに追われ迷路の路地でベンツたちと激しいカーチェイスを繰り広げる。ブライアンは超一級のドライビング・テクニックを駆使し、追っ手を振り払い、元妻を娘を救うことができるのか?

■評価:★★★
この映画が今年の基準です!

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

博物館<File No.111 & 112>日産 レパード アルティマ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.111 & 112 /////////////////////////////

折角なので、F31レパードの前期型と後期型を揃えて撮影♪
アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 前期型 & 後期型
PCM00211&12_01
↑↓ 左が前期型、右が後期型
PCM00211&12_02
─── F31レパードの前後期型のスペック比較(グレード:Ultima)

■全長×全幅×全高
 ○前期:4680×1690×1370mm
 ○後期:4805×1690×1370mm
■ホイールベース ○前期・後期:2615mm
■車重 ○前期:1460kg ○後期:1520kg
■最高出力 ○前期:185ps/6000rpm ○後期:255ps/6000rpm
■最大トルク ○前期:25.0kgm/4400rpm 後期:35.0kgm/3200rpm
■発売&価格 ○前期:1986年2月〜、383.7万円 後期:1988年8月〜、492.0万円
PCM00211&12_03
↑ 左が後期型、右が前期型
PCM00211&12_04
↑ 手前が前期型
PCM00211&12_05
↑ 手前が後期型
PCM00211&12_06

Car Models File-No.111 & 112 /////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


今晩は、今年初の映画に行ってきます♪
『96時間リベンジ』
リュック・ベッソンなので派手なカーチェイスを期待していますが。。。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

【 NEWS 】登録車販売…2012年車名別ランキング

今日はカタいニュースを一つ、、、

2012年、一番売れたクルマは何なのか?
日本自動車販売協会連合会の発表によりますと、、、

第1位:プリウス 31万7675台(25.8%増)
第2位:アクア 26万6567台
第3位:フィット 20万9276台(0.7%増)
第4位:フリード 10万6316台(57.0%増)
第5位:ヴィッツ 10万5611台(18.0%減)
第6位:セレナ 9万6020台(13.8%増)
第7位:ノート 8万5330台(83.6%増)
第8位:カローラ 8万0459台(13.7%増)
第9位:ステップワゴン 6万3707台(30.6%増)
第10位:ヴェルファイア 5万8513台(115.1%増)

トヨタ『プリウス』は4年連続で第1位となっています。
第2位は同じくトヨタの『アクア』。プリウスとの差は約5万台でした。
第3位はホンダ『フィット』、4位には前年6位だったホンダ『フリード』が入りました。
5位のトヨタ『ヴィッツ』と、1から3位までは前年と同じ順位でした。

変化が無くて面白くないのは、当たり前ですがね。
大衆車と呼ばれるクルマは、毎年の変化はありません。
カローラから時代の要請でプリウスになったと、、、ただ、それだけのこと。

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.112>Final レパード アルティマ 後期型

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////

博物館のファイナルも行っちゃいましょー、、、
アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 後期型
PCM00212_09
─── F31レパード 後期型の実力は?

 1988年9月に谷田部テストコースで走らせた記事がモーターマガジン誌にありました。
それによると、、、、● 0→400m加速が15.66秒。
これは4ATをマニュアルで6700回転でシフトアップした時の記録です。
ちなみにDレンジのままの加速だと0.2秒遅く15.85秒でした。
PCM00212_10
─── F31レパード 後期型の実力は?…その2

0→400m加速が15.66秒をライバルのソアラと比較すると
スペックの数字上はソアラを抜いたはずですが、、、
ソアラ 3.0GTリミテッドのATのタイムは14.11秒で。。。
これはクルマのアタリの問題で、たまたまテスト車のデキが悪かったのか。
PCM00212_11
─── F31レパード 後期型の実力は?…その2

 ● 最高速は182.35km/h。
これは速度リミッターをカットすることができなかったからでした。
 ●美点は変速ショックが少なくドライバビリティの良さ。
 ●「詰め」の甘さを感じるのはシャシ。旧世代のセミ・トレ式リアサスを使っているから仕方ないとしても乗り心地の荒さが目立ちました。
 ●付け加えておきますが、セラミックターボの恩恵か、ターボラグはほとんど感じませんでした。
PCM00212_12

Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

明日から『東京オートサロン2013』

明日1月11日からカスタムカーの祭典『東京オートサロン2013』が開幕!
そこで、気になるビデオをご紹介!♪

それは昨年の12月に日本上陸を果たしたスイスのコンプリートカーメーカーで、「Fascinating Automobiles at their Best」をテーマに、メルセデス・ベンツやポルシェ、マクラーレンなどの高級スポーツカーのカスタマイズを行なっているFAB DESIGNです。

もう一つ!

メルセデス・ベンツ SLS AMGです。
どうです!?この迫力! 走行する姿は、エキサイティングでスタイリッシュ!
SLS AMGが恐ろしいモンスターに変身!
この1本ステーのウィングに実用効果があるのか?

ホームページができていました。
SLS Racing オーダー受付開始

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.112>Part 2 レパード アルティマ 後期型

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////

今日は、アオシマのプラモデルのお話を、、、
アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 後期型
PCM00212_05
─── 港303覆面パトカー

アオシマの1/24のプラモデル「あぶない刑事」シリーズ No.1 が港303覆面パトカーです。
F31レパードの前期型の覆面パトカー仕様です。装備品は、パトランプ、TLアンテナ、無線機、自動車電話、パイロンも付いて雰囲気作りを演出しますね。
PCM00212_06
─── 港302覆面パトカー

アオシマの1/24のプラモデル「あぶない刑事」シリーズ No.2 が港302覆面パトカーです。
302号はF31レパードの後期型になります。装備品は、パトランプ、TLアンテナ、無線機、自動車電話です。
※現在、アオシマが販売しているモデルは、リニューアル版になっています。なんと、これまで無かったサンルーフを再現しているんです。
PCM00212_07
─── 港303覆面パトカー(映画版)

アオシマの1/24のプラモデルです。
1988年夏に公開された映画「またまたあぶない刑事」で登場の港303覆面パトカーです。
映画版303号はF31レパードの前期型です。装備品は、パトランプ、TLアンテナ、無線機、自動車電話に加え、新たにルーフアンテナまで装備されました。
PCM00212_08
─── 「TLアンテナ」って?

「VIPアンテナ」と言われていました。自動車電話のアンテナ部分のことです。
トランクに50cm位の太くて黒いアンテナが付いているのが「TLアンテナ」です。
現在も販売されてます♪

Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.112>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////

なんと!
博物館<File No.111>にひきつづき「ヒョウ」が登場ー♪
PCM00212_01
アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 後期型
PCM00212_02
─── F31レパード ちぇんじぃー♪

 F31レパード、待望のマイナーチェンジは1988年8月。ついにターボが、VG30DET型が加わった!
このパワーアップが最大のポイントでした。シーマに採用され好評だったハイフロー・セラミックターボを、VG30DET型の最高出力は255ps。もちろん国産最強スペックでした。
これでライバルであるソアラ、7M-GTEエンジン(前期型230ps、後期型240ps)と互角に渡り合える!陰に隠れていたレパードに光明が、、、。
PCM00212_03
─── F31レパード ちぇんじぃー♪

 後期型のボディ・デザインは、キラキラしたサイドモールなどの光ものが無くなって、丸みのあるデザインになりました。サイドはともかく、前後の雰囲気はより一層ソアラに近づきましたか。前後のバンパーが大型化して全長が125mm伸びました。それ以外の外形寸法他は変わりありません。アルミホイールのデザインも一見、前期と同一に見えますが、リム部をはじめとして全体的にやや彫りの深いデザインに変更されています。ただ残念なことは、前期型で人気の装備だった、全面ブルー液晶の「グラフィカルデジタルメーター」は廃止されてしまいました。マイナー後は普通のアナログ・ホワイトメーターになってしまいました。
PCM00212_04

Car Models File-No.112 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.111>Final レパード アルティマ 前期型

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.111 ////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 前期型
PCM00211_09
─── F31レパード 人気のきっかけ

 2代目(F31型)レパードは、トヨタ2代目ソアラに対抗するため市場投入されました。しかしながら、ソアラの後塵を拝する形になりました。けれど、あるきっかけを境に後まで続く人気と名声を得ることになります。
そのきっかけとは、、、、テレビドラマ、そう『あぶ刑事(デカ)』こと『あぶない刑事』です♪
PCM00211_10
─── F31レパード と『あぶ刑事』…その1

 『あぶない刑事』は、F31レパード登場と同い年(1986年)10月に毎週日曜夜9時の番組枠で放送をスタート!
ユージとタカの刑事コンビが織りなすアクション刑事ドラマにコミカルな要素も加えた、既存の刑事ドラマとは一線を画す斬新なものでした。タカ=舘ひろし、相棒のユージ=柴田恭平のコンビは、ダンディでユーモアのセンスもある「ハマの伊達男」。非常にカッコ良くてセクシー!♪ 今までの刑事像を打ち破ったドラマは若い世代を中心に、多くの刑事ドラマ・ファンを魅了しましたね。
PCM00211_11
─── F31レパード と『あぶ刑事』…その2

 このあぶない刑事たちをサポートする、もう一人?、もう一台の相棒が港署の覆面パトカー、F31レパードです♪ まぁ、相棒と言っても『ナイトライダー』のようにおしゃべりしたり、『西武警察』のスカイラインRSのようにマシンガンなどの武装などはしていませんが(笑
ユージ(柴田恭兵)のドライビングテクニックで横浜を駆け巡り犯人を追いつめるレパードは、まさに「ヒョウ」の如くと言ったところでしょうか。
使われた覆面パトカーは、ゴールド・シルバーツートンの前期型レパードでした。他にも今回紹介しているブルー・シルバーツートンも登場していましたね。個人的にはブルー・シルバーツートンが好きですね。
アオシマからプラモデル 1/24 あぶない刑事シリーズが販売されています。
PCM00211_12
プラモデルのお話は次回、、、

Car Models File-No.111 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.111>Part 2 レパード アルティマ 前期型

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.111 ////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 前期型
PCM00211_05
─── レパード vs ソアラ

 レパードは、1986年に日産から発売されました。このモデルは2代目(F31型)となります。初代レパードは4ドアハードトップと2ドアハードトップの2タイプのボディが存在しました。2代目は2ドアハードトップのみとしました。スタイルはソアラ同様の高級スペシャルティカーでした。しかし、発売時にはターボエンジンの設定がありませんでした。これが災いして第1ラウンドは完全にソアラに判定負けでした。
PCM00211_06
─── レパード vs ソアラ

 2代目ソアラと2代目レパード、この2台のスタイルは似ていますよね。
ノーズからショルダーライン、そしてテールへと直線基調のカチッとした感じがよく似ています。しかし、レパードの方が直線基調は強いですね。レパードは2代目より初代のソアラに似ているようです。 サイドウインドウのラインは、クーペボディのBMW 635CSi に激似です。両車ともツートンカラーがイメージカラーです。ソアラは「白」系、レパードの方は「黒」系とでも言いましょうか。この点からはレパードが落ち着いた大人の雰囲気があります。
PCM00211_08
─── レパード vs ソアラ

スペックで比較してみましょう♪
■日産 レパード アルティマ(1986年2月発売)
全長4680mm×全幅1690mm×全高1370mm ホイールベース2615mm 車両重量1460kg
排気量2960cc 最高出力185ps/25.0kgm 車両価格383.7万円
■トヨタ ソアラ 3.0 GTリミテッド(1986年1月発売)
全長4675mm×全幅1725mm×全高1345mm ホイールベース2670mm 車両重量1520kg
排気量2954cc 最高出力230ps/33.0kgm 車両価格447.9万円
PCM00211_07

Car Models File-No.111 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フォルツァ4 終了!、、、なぜか達成感が無い!

終わったぁぁぁ〜!
Xboxのゲーム『フォルツァ4』が終わりました。

やっとこさ、達成率100% だぁ♪ 1年かかった(Hu〜
しかし、達成感が無い! だって、何も起こらなかったモん!

実は、、、、
イベントレースを全部クリアして100%になったんだけど、なんの「実績」も解除されなかった。。。。
どうして、どうして? こんなあっさり終わってしまうの??

あらためて、自分のゲーム実績を確認していたら
もう既に解除されていた。。。。

そう言えば、残り14レースくらいのときに“チャリン”って何かのエンブレムをいただいた。

それが実績解除だったのか?
これって“バグ”??

■100%達成時点の実績
レベル:229
現在のクレジット:26,418,765 CR
オンライン獲得賞金:1,462,165 CR
パーフェクト ターン スコア回数:5,779
パーフェクト オーバーテイク スコア回数:1,144
パーフェクト ドリフト スコア回数:1
合計 XP:14,484,425

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

あけましておめでとうございますー2013-博物館<File No.111>

あけましておめでとうございます。
2013年がスタートしましたね。
このブログのスタートは、もちろん看板コンテンツの『ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館』から。
ファイルナンバーも切りのいい『111』台目!
登場のモデルは、昨年末から継続中の様々な理由からバックヤードに収納していた模型です。
なので写真は、ちょい小さめです(汗
PCM00211_01
アオシマ 1/24 日産 レパード アルティマ 前期型
PCM00211_02
パッケージには長々と『 F31レパード アルティマ 前期型 '86 カスタム Ver. V6 3000 TWIN CAM 24VALVE 』と書いてあります。
PCM00211_03
今年は「巳年」なので「ヘビ」なんですがね、、、レパードは「ヒョウ」ですね。
「バイパー」とか「コブラ」とか「大蛇(オロチ)」とか「パイソン」とか、、、、
いろいろありましたが、分かりやす過ぎるかなぁーって。。。

「ヘビ」と「ヒョウ」=柄つながりということで(大汗
PCM00211_04

本年もよろしくお願いいたします。

2013年 元旦


元旦の朝、近所の交差点で、バイクとクルマの事故があって、ドクターヘリが飛んできました。
残念ながらバイクの方は亡くなられたそうです。

みなさん、事故には気をつけて!
もちろん、運転は更に慎重に!
クルマに夢を!プラモに愛を!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR