2012年の締めくくり

2012年の気になったクルマたち

今年一年もいろいろとクルマを軸にゲームや映画その他たくさんの情報が通り過ぎて行きました。
瞬間でも自分に刺さったクルマたちをご紹介して、2012年の締めくくりにします。
■ボルボ・S60 T6 AWD R-デザイン
…Xboxのゲーム『フォルツァ4』で運転が楽しかったんです。加速はいいし、ハンドリングも素直でベストカーの1台でした(もちろんゲーム中で)
■ルノー・メガーヌ ルノー・スポール
…街中で見た存在感が只者でない!ホイールのデザインやカラーのコーディネートが洒落ています。
■プジョー・RCZ
…白い『RCZ』が駐車場にいっつも泊まっていた!これもオシャレ、フランスのクルマは速さや強さよりもカジュアルさが先に来るな。。。
■フェラーリ・599GTO
…Xboxのゲーム『フォルツァ4』でバカっ速!最高速330kn/hオーバー!
■ポルシェ・ボクスター
…今年、新型になったボクスター。スタイルもいいけど、どのクルマ情報誌でもべた褒め!真相を確かめたい!
■ランボルギーニ・アヴェンタドール J
…衝撃的な2次元的デザイン!世界に1台のスーパーカー
■トヨタ・86&スバル・BRZ
…来年の自動車業界へ波及効果を期待できるモデル
■レンジローバー・イヴォーク
…輸入車ショーで実車を見てのスタイルとセンスの良さで!
■アウディ・A5
…スタイリッシュ・クーペ、2リッターなのに500万円オーバーの価格にびっくり!
■フォード・ムスタング
…フェイスリフトで『ブタ鼻』になった!が、意外と好きかも♪

それでは、楽しいビデオで最後を!

ランボルギーニ・アヴェンタドール J

もう一つ!
こっちは、クルマのドライビングの楽しさが伝わってきます。

いかがでしたか?
トヨタ86の運転が楽しそうでしょ!お尻滑らせて、カウンター当てて、、、、

一年おつき合いいただきまして、ありがとうございました

みなさん、よいお年を!!
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

2012年のクルマ・プラモデルのショッピング・レポート part 2

part 2 は7月以降のプラモデル購入記録から、、、
buy1212_16
フジミ 1/24 マクラーレン MP4-12C GT3(英)
buy1212_17
昨年発表されたGTレース向けの車両。今年2012年はオープンモデルの「MP4-12Cスパイダー」が話題になった。
Xboxのゲーム「フォルツァ4」でもお世話になりました。
どちらかというとGTカーではなくロードバージョンで作りたい。
buy1212_18
タミヤ 1/24 スバル BRZ
buy1212_19
「トヨタ 86」の兄弟車!今年の3月に発売。いまだにバックオーダー。
来年早々にはレースバージョンも登場。個人的には、こちらBRZの方が好き!新品で購入。

暑かった8月になりますと
buy1212_20
リンドバーグ 1/25 '63 マスタング II(米)
buy1212_21
これを買った後、別のお店に行ったら再販版が売られていた。
安く買えたので許そー!
クルマはマスタングのデビュー前のコンセプトモデル。最初の「マスタング I」はミッドシップ2シーターでしたが、この「マスタング II」は、かなりプロダクションモデルに近い完成状態です。

まだ暑い9月、、、
buy1212_22
AMT 1/25 1959 シェビー エルカミーノ(米)
buy1212_23
成形色は箱絵と打って変わってきれいなグリーンになってます。
buy1212_24
エルカミーノ( El Camino )はスペイン語で「道」を意味し、ライバルのフォード・ランチェロの成功に対抗して開発されました。その販売は、主に標準仕様とスーパー・スポート、コンクイスタの3グレードで行われました。
buy1212_25
モノグラム 1/24 シャパラル クーペ(米)
buy1212_26
なかなか完成しないシャパラル!また買ってしまった(呆
buy1212_27
シャパラルって戦績よりもスタイルですよねぇ。。かっっこいいわぁ。。。
クーペ・ボディは尚のこと好きですね。
buy1212_28
アオシマ 1/24 ランボルギーニ アヴェンタドール(伊)
buy1212_29
フジミ版より先にアオシマ版を購入。フジミ高かったなぁぁぁあ5000円!
アオシマはちょっとお安く4000円♪※どちらも税抜価格

ちょっと買いすぎた夏を過ぎ10月、、、
buy1212_30
オオタキ 1/24 ポンティアック ファイアバード トランザム(米)
buy1212_31
まさか、またお会いできるなんて!即プロポーズですよ♪
この箱絵は持っていませんでした。作りたいけど作れないー!

師走に入って最後のお買い物、、、
buy1212_32
フジミ 1/24 フェラーリ F12 ベルリネッタ(伊)
buy1212_33
このモデルは599の後継者で今年の2月に登場しました。もう日本にも入ってきているのかな?
見たことはありませんが、このコッテコテの造形が好きですねぇ。
フェラーリのフラッグシップがFRになって久しいですが、きっととんでもなく速いでしょー!
599GTOはチョー速かった!
模型の方もエッチングパーツ付きで造形もGOODだと思います。
最近のエッチングパーツ同梱のキットには、エッチングパーツ専用の色付きの組立図がで入っています。
親切でお値打ちで、このキットは買いだと思います。4000円(税抜)

よく買ったなぁ。。。。しみじみっと。
お小遣いは計画的に使いましょう!♪

自分自身に言い聞かせております。。。。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

2012年のクルマ・プラモデルのショッピング・レポート part 1

2012年のショッピング記録を残しておきましょう。
今年の初めに何個かのキットを紹介してますので、第2弾になるかな!

それでは、2月の購入から〜
buy1212_01
アオシマ 1/24 スカイライン 4ドア GTS-t TypeM
buy1212_02
リサイクルショップで見つけました。R32型は4ドアもスタイリッシュで好きです。
ホイール欲しさもあって購入しました(汗

3月になりますと、、、
buy1212_03
フジミ 1/24 トヨタ MR2 ツインカム 16バルブ
buy1212_04
偶然、今日出掛けてるときに見かけましたぁ。只者じゃない!色は白。
この言い方も懐かしい「ツインカム」。
ツインカムは白のイメージがありますね。「スーパーチャージャー」は濃紺のイメージですね。
このキットは探してました。
buy1212_05
雰囲気でてるでしょ。しかし、まともに作ることが大変なことなんだぁ。。。
buy1212_06
フジミ 1/24 インフィニティ Q45
buy1212_07
上のMR2と同時購入。人気が無い?せいか安かったぁ(嬉
とってもバブリーな、日産が北米に出した高級車ブランド「インフィニティ」のフラッグシップ。
buy1212_08
レベル 1/24 '71 プリマス GTX(米)
buy1212_09
自力で「箱」を形にしましたが、購入時はボロボロ・グタグタの状態でした。
だから破格の安さで、飛びついて買いました(笑

4月は購入無しで5月に、、、
buy1212_10
アオシマ 1/24 アドミレイション クレアトゥール 18 マジェスタ前期型
buy1212_11
2個目の購入。ボディも欲しかったしホイールも欲しかった。
新型14代目クラウンもじきにキット化してくれるでしょうね、アオシマさん!

6月になりました、半年経つのは早いなぁ〜。
buy1212_14
タミヤ 1/24 トヨタ 86
buy1212_15
実車は4月に発売して、模型の方は6月。さすが仕事の早いタミヤさん、ありがとう。
これは、模型店に予約して新品で購入しました。出来も素晴らしいですよ!
buy1212_12
レベル 1/25 1969 Z-28 カマロ RS
buy1212_13
3個目?くらいの購入です。もっと買ったかな(汗
これは、6月の「名古屋ノスタルジックカーショー2012」のイベントで購入しました。
安いのとその場の雰囲気でヤラレましたねぇ。

7月からの下半期は次回、といっても今年中にやらなきゃ〜。
2012年の気になったクルマもー!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

年末恒例♪ 今年の「映画」と「本」のこと…2012年

2012年の締めくくり、、、、

まずは、恒例・管理人は見た2012年の「映画」
1月 ロボジー ★★★☆
1月 ALWAYS 三丁目の夕日 '64 ★★★☆
1月 麒麟の翼 ★★★☆
2月 ペントハウス ★★
3月 ヒューゴの不思議な発明 (3D) ★★★★☆
3月 シャーロック・ホームズ シャドウゲーム ★★★★
3月 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス (3D)
4月 SPEC -天- ★★★☆
4月 バトルシップ ★★★
5月 ファミリー・ツリー ★★★★
6月 メン・イン・ブラック3 ★★★★
6月 ダーク・シャドウ ★★★★
7月 ヘルタースケルター ★★★☆
7月 ダークナイト ライジング ★★★★
8月 プロメテウス(3D)吹替 ★★★★
8月 トータル・リコール 字幕 ★★★★☆
8月 アベンジャーズ(3D)吹替 ★★★☆
9月 あなたへ ★★★☆
9月 デンジャラス・ラン 字幕(PG12) ★★★★
9月 ロック・オブ・エイジズ 字幕 ★★★★
9月 ボーン・レガシー 字幕 ★★★☆
10月 エクスペンダブルズ2 字幕 ★★★★
11月 黄金を抱いて翔べ ★★★★★
11月 悪の教典(R15+) ★★★★
11月 のぼうの城 ★★★★
11月 ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q ★★★☆
11月 カラスの親指 ★★★☆
12月 007 スカイフォール 吹替 ★★★☆
■評価…★印の数で表しています。5点満点です。
★=1点、☆=0.5点
あらためて★印を見てみると
日本映画は『黄金を抱いて翔べ』が満点!
海外の映画では『ヒューゴの不思議な発明』の3Dと『トータル・リコール』が4.5点ですね。
と言っても、ヒューゴを観たのは3月で、もう半分は忘れてしまっていますね(汗
最近の映画は残らないわぁ。。。
★4つはオススメです!
※スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナスに評価が無いのは、3Dを評価して「0点」
まったく意味の無い3Dでした(怒、映画は好きですよ!
今年は28本。昨年並みでしたね。
今年も後3日、まだ観に行けますねぇ。
みなさんも映画館へ足をお運びください。


次は「本」です!
今年の読書は25冊でした。
今年も小説より新書をよく読んでいました。ピンとくる小説がないんですね。
そんな中で、オススメの小説をご紹介しますね。
●『翁』 夢枕獏 ★★★★★
●『風林火山』 井上靖 ★★★★★
●『陰陽師 天鼓ノ巻』 夢枕獏 ★★★★☆
●『ジパング島発見記』 山本兼一 ★★★★
2作ランクインの夢枕獏さんは個人的にも好きな作家さんですので、無条件で購入してしまいますね。
井上靖さんの『風林火山』は何度目でしょうか?何度読んでも面白いわぁ〜♪

新書でのオススメは、少し前にブログにも載せましたね。。。
●『なぜ女性は牛丼屋へ行かないのか』 阿部孝彦 ★★★★☆
女性心理を理解するためにも独身の方は、、、いかがです?

来年も今年以上を目標に、観て!映画、読んで!本、期待させてね!映画業界、出版業界!!

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

博物館<File No.110>Final トヨタ セリカXX 2800GT

今日28日はほとんどの会社が仕事納めだったのではないでしょうか。
かく言う私の会社も今日まで、、、(嬉

当ブログの博物館も110台目のファイナルで本年は終了します!…切りがいいわ〜♪
新年は111台目から。
それまでは、今年を締めくくる話題を、、、。
映画のこと、ショッピングも書かなきゃ、この一年の気になったクルマ、なんかも書きたいなぁ。。。

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////

ダブルエックスのファイナル…博物館を始めましょー!
タミヤ 1/24 トヨタ セリカXX 2800GT
PCM00210_09

PCM00210_10
─── キャノンボール・セリカXXって知ってる?

 マンガのお話です。『よろしくメカドック』ってマンガはご存知ですか?
「よろしくメカドック」は1982年から1985年まで週間少年ジャンプにて連載が行われました。
原作は次原隆二。テレビアニメにもなりました。
 この作品は、それまでの自動車マンガと言われるジャンルの中では異端でした。何故ならば、それまでの自動車マンガは「サーキットの狼」を筆頭にレース自体に重きを置いたモノが主流だったのです。しかし、「よろしくメカドック」は、クルマの改造をメインにしたクルマのチューン・ショップを舞台にしたマンガだったのです。ストーリーの核となるのはクルマや登場人物ではなく、クルマの改造手法がポイントでした。
その他、作者の次原隆二さんの作品には最近終了したばかりの『レストアガレージ251車屋夢次郎』があります。こちらは、いにしえのクルマを核にレストア工場を舞台にした人間ドラマを描いた作品でした。
PCM00210_11
─── キャノンボール・セリカXXって知ってる?…その2

 「よろしくメカドック」の主人公は風見潤。彼が勤務するカーショップが「メカドック」。ここで愛車をチューニングしながら様々なライバルを倒していくというストーリーになっていました。
そんなストーリー展開の中で私の記憶に強烈に残っていたのが「セリカXX」でした。
そのお話は、「キャノンボールトライアル編」!スタート・九十九里浜からゴール・江ノ島のレース仕立てになっていました。このレースにセリカXXで参加します。そのチューンド・ダブルエックスは、2800ccのエンジンをボアアップ。さらに、それを2基のターボで加給し、おまけにニトロまで装備していました。それで最高出力は250馬力だそうでして、、、。250???って感じですよねぇ。。。いまなら500馬力オーバーってところでしょうねぇ。
とってもほのぼのとした時代でしたねぇ。それに映画「ワイルド・スピード」の先駆けでもあったのですねぇ。。。
PCM00210_12

Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.110>Part 2 トヨタ セリカXX 2800GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 トヨタ セリカXX 2800GT
PCM00210_05

PCM00210_06
─── アメリカン・ドリームの具現、セリカXX

 1981年2月にデビューしたトヨタ・ソアラ。日本車の逆襲の先陣を斬りました。その5ヶ月後にセリカXXが発売されました。70年代のオイルショック以降元気の無かった日本車にあってサイズとパワーが帰ってきた!トヨタの積み上げた基礎技術によってクリーン&低燃費かつハイパワーな5M-GEエンジンが復活!その復活にはもう一つ「電子制御」という技術が大きく貢献しています。効率の良い燃焼のための燃料噴射も電子制御です。この頃からクルマを走らせるモノは「コンピュータ」になるんですね。セリカXXにはデジタルメーターを採用しています。燃料消費量をコンピュータが計算し表示するクルーズコンピュータ、走行速度を一定に保つオートドライブなどデジタル時代の幕開けを感じさせる装備がテンコ盛りでした。その豪華な装備はアメリカンドリーム感じさせるスペシャルティカーであると同時にアナログからデジタルに移行するエポックメイキングなクルマでもあったのです。
PCM00210_07

PCM00210_08

Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.110>

今日は続けて博物館も行っちゃいます!♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////

12月25日にトヨタのフラッグシップであるクラウンが14代目と進化しました。
今回、博物館でご紹介するモデルもトヨタのスポーツカーのフラッグシップでした。
1981年7月に登場。高級スペシャルティカーである「ソアラ」の兄弟車のため、こちらはスポーティー指向に。
PCM00210_01
タミヤ 1/24 トヨタ セリカXX 2800GT
PCM00210_02
─── セリカXX のスペック

■1981年7月発売〜1986年販売終了 ■型式:A60型 ■ボディタイプ:3ドアファストバック
■エンジン:2.8リッター・2.0リッター直列6気筒 ■トランスミッション:5速MT・4速AT
■駆動方式:FR ■乗車定員:5名
PCM00210_03
─── セリカXX 2800GTのスペック

■全長×全幅×全高:4,600mm×1,690mm×1,315mm ■ホイールベース:2,615mm
■車両重量:1,270kg
外観は直線を基調としたシャープな造形。空力を意識したリトラクタブルヘッドライトがカッコ良かった♪
甲斐あって、空気抵抗もCD値0.35とソアラよりも優れていました。
XX2800GTは最高速が200Km/hを超える日本車としては久しぶりに世に出たクルマだったそうです。
PCM00210_04

Car Models File-No.110 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

12月25日、14代目の新型クラウンがデビュー!

みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか?
クリスマスと時を同じくしてクラウンがデビューしました。
今朝の新聞でもテレビCMでもピンクのクラウンが話題ですね。
クラウンのフェイスリフトは、悪く言えば「アウディ」的!
賛否両論、今後が楽しみではありますが、、、。

こんなニュースも同時に発信されていました。
【 NEWS 】 焦点:トヨタがデザイン改革に本腰、個性打ち出しブランド強化へ
新型クラウンもご多分に漏れず、若年層(30〜40代)を獲得するためのグリルデザインのようですが、12代目の「ゼロ・クラウン」が登場以降、こちらの世界(プラモデル)ではバブル当時のマークIIのような扱い、すなわちシャコタンのヤンキー仕様、メーカーチューンの正統派ドレスアップカーが多数存在しています。
だから、新型クラウンも非常に楽しみな素材となりますね♪
模型各社、早急なモデル化お願いしまーす。

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.109>Final フォード GT40 Mk.I(米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フォード GT40 Mk.I(米)
PCM00209_09

PCM00209_10
─── フォード GT40 Mk.I のスペック

■全長×全幅×全高:4065×1778×1028mm ■ホイールベース:2413mm ■車重:1005kg
■エンジン:水冷V型8気筒OHV ■排気量:4736 cc ■燃料供給:ウェーバー 48 IDAキャブレター×4基
■最高出力:380PS/6500rpm ■最大トルク:45.6kgm/5500rpm
■駆動方式:MR ■トランスミッション:5速
■サスペンション:前ダブルウィッシュボーン・後ダブルトレーリングアーム
■ブレーキ(前後):ディスクブレーキ ■タイヤサイズ:前5.50-15・後7.00-15
■乗車定員:2名 ■最高速度: 320km/h
PCM00209_11
─── ビッグブロックとスモールブロック

 フォードのV型8気筒エンジンはベースとなるシリンダーブロックの大きさによって2種類に分けられていて、それぞれスモールブロック、ビッグブロックと呼ばれました。4260ccと4727ccはスモールブロック、6997ccはビッグブロックです。
PCM00209_12

Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

巷は、クリスマス一色ですねぇ♪
明日の日没後からクリスマスは始まりますよー。

ここで ↑ の博物館のモデルである「フォード」から粋なクリスマス・メッセージが届いてますのでご紹介しま〜す♪
「粋」じゃなくて、「ほのぼのした」って言わなきゃダメねm(__)m

ちなみに制作は、欧州フォードで〜す♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ベントレー コンチネンタル GTスピード 発表

BentleyContinentalGtV8
今日の新聞広告に出ていました。
ベントレー コンチネンタル GT V8
ワルそ〜、ボディカラーがスポーツカー定番カラーのレッドと言っても悪そうです。
とてもこのクルマから降りた人を善人だとは思えません!?(ベントレー所有のみなさま失礼しました)
しかし、好きなんですねぇ、このデザイン!
お値段は車両本体価格1990万円です。お値打ちな値付けだそうで、、、!?
ベントレー曰く、このクルマのメインターゲットは若年層だそうです。
若年層と言ってもねぇ、20〜30代では間違いなく似合わない、40代以上ですよね。
60〜70代から見えば若年層か、、、。

ニュース、ニュース、タイトルのニュースを忘れてた。
【 NEWS 】『ベントレー コンチネンタルGTスピード 発表』ベントレー史上最速のモデル
【 NEWS 】『ベントレー コンチネンタルGTスピード 発表』ベントレービジネスの屋台骨
購入をご検討の方はこちらで…(笑
ベントレー・モーターズ・ジャパン
カタログ欲しい、、、。

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.109>Part 2 フォード GT40 Mk.I(米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フォード GT40 Mk.I(米)
PCM00209_05
GT40はワイヤーホイールが最初でした。カッコいいですね。
PCM00209_06
─── マーク 1 〜 4 の違いは? GT40 !

マーク 1
1965年に登場しました。エンジンは4.7リッターで390psのスモールブロック。他にも数種類エンジンバリエーションがあったそうです。生産台数は50台程度と言われています。

マーク 2
エンジンは427cuiの7リッターで475psのビッグブロックV8エンジン。キャブレターはウェーバーからホーリーに変更されています。マニュアルトランスミッションは4速で、シャーシが強化されました。
その結果、1966年に見事初優勝を飾ります。
この年、ル・マンの規定変更でスペアタイヤ積み込みが必須となったためノーズのデザインが変わりました。

マーク 3
マーク3は、マーク 1をロードカーとしてディチューンしたものになります。
スペック的には最初のプロトタイプに近いものになりました。
ヘッドライトが角型ではなく丸型のものとなっています。さらにラゲッジスペースを確保するためにボディは20cm以上ロング化されました。内装もロードカーとして作り直し、冷却面も見直されて市販化されました。
ワイヤーホイールからマグネシウムホイールへと進化しますが、マーク3ではワイヤーホイールへ逆戻りしました。

マーク 4
エンジンは7リッターでキャブレターはホーリーのものを2基とし最高出力530psを発生、マックススピードは350km/hとなりました。
それまではイギリスで造られていたGT40でしたが、このモデルでアメリカ製となりました。
PCM00209_07

PCM00209_08

Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.109>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////

またまた登場のGT40で〜す♪
PCM00209_01
フジミ 1/24 フォード GT40 Mk.I(米)
PCM00209_02
─── 映画「栄光のル・マン」

 クルマ大好き、レース大好き俳優スティーブ・マックイーン主演のカーレース映画の名作が「栄光のル・マン」!
映画はドキュメンタリーのタッチで構成され、本物の1970年ル・マン24時間レースの映像と、映画用に撮影された映像とを巧みに編集したレースシーンを中心に、レーサー達の緊張と孤独、トップチーム同士の駆け引きにいたるまで臨場感たっぷりに描写しています。
この映画は「フォードGT40」の活躍があったから出来た映画と言っても過言ではないでしょう。
PCM00209_03

PCM00209_04
前回ご紹介のフジミ 1/24 フォード GT40 Mark II ルマン24時間2位(米)です。
【 →→→ 】ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.98>
【 →→→ 】博物館<File No.98>Part 2 フォード GT40 Mark II (米)
【 →→→ 】博物館<File No.98>Final フォード GT40 Mark II (米)

Car Models File-No.109 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

最近のミニカー事情について…

ちょっと濃〜いニュースを見つけましたよ♪
【 NEWS 】最近のミニカー事情について専門ショップ「PIT」で聞いた!
写真が豊富で見応えあります。世界のミニカーメーカーの実情やモデル化のコンセプトなどの読み応えも!

最近、モデル化のスピードが尋常じゃないオートアート社は、実車の寸法をそのまま縮小する作り方なのね。
それがスピードに影響するんでしょうねぇ?

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

2012年末、可夢偉おつかれさま!、そして海外ではR32が大人気!

【 NEWS 】小林可夢偉、2013年F1に残された選択肢は3つ
↑ 日本GP入賞よりもニュースになっていますねぇ
本人のブログでも語っています ↓
小林可夢偉・オフィシャルサイト
レースとは関係ないところでの駆け引きが、ときにドライビング・テクニックやマシン開発より重要となる 魑魅魍魎が跋扈するF1(ホラー)ワールド!一度その深みにはまると、、、、。
今年は地上波でのテレビ放映も無く、鈴鹿サーキットの局地的な盛り上がりのテイでしたが、この火を消さないためにも早いお帰りをお待ちしています。負けるな!可夢偉!!

もういっちょー!♪
こんな記事を ↓ を見つけました。
米では「スカイラインGT-R」の輸入業者が大儲け!? 右ハンドルにまつわるその理由とは
人気だ、人気だとは聞いていましたが、20年落ちのR32GT-Rが海外で大人気!!
日本では欧米のスポーツカーが大人気ですけど、反対にアメリカでは日本のスポーツカーが人気で。それには訳があって輸入に対しては厳しい規制で右ハンドルは難しいそうです。それをかいくぐった荒技をご覧ください(笑
銭儲けは大変だぁ〜。。。

テーマ : F1GP 2012
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.108>Final フォード シエラ XR4i(米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.108 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フォード シエラ XR4i(米)
PCM00208_09
↑ このアングルがカッコいいねェ♪ リアの2段スポイラーが迫力です!
PCM00208_10
─── シエラのモデル・バリエーションとモータースポーツ

 タミヤの模型化は、シエラまさかの地味な「XR4i」だった訳ですが、モータースポーツ参戦を目論んだスポーツモデルもちゃんと存在するのです。
「RSコスワース」…当時のグループAのレースに参戦すべく開発されたモデル(年間5,000台生産)で、エンジンにはコスワースのターボエンジンが使用されました。フロント部には冷却効率を高めるためにエアスクープが開けられ、さらに熱を逃がすためのボンネットにダクトも設けられました。それに巨大なリヤウィングが大迫力でスタイルのポイントでした。
それにフロントにリップスポイラーとリヤウィングの下にもスポイラーの付く2段スポイラーの「RS500」が登場します。
この「RS500」はツーリングカーレース車両として全世界で活躍します。日本のツーリングカーレースで常勝でしたものね。「R32GT-Rスカイライン」が登場時の敵車はまさしくこの「RS500」だったのです。
※タミヤから「RS500」ツーリングカーであるブラックボディのエッゲンバーガーとピューミニ トランピオ シエラが販売されていました。
PCM00208_11
─── シエラのモデル・バリエーションとモータースポーツ…その2

 シエラはWRCにも参戦しているのです。この時期のラリーシーンはグループBからグループAへと移行期でした。フォードは当初、「RSコスワース」と「XR4×4」の2車種で参戦。ターマックとグラベルで分けて走らせていたのですね。ちなみにターマックは「RSコスワース」、グラベルは「XR4×4」でした。
もうひとつちなみに、「RSコスワース」は後輪駆動で2WD、「XR4×4」4WDでした。さらにちなみに、パワーは「RSコスワース」(最高出力225ps)が勝っておりました。
PCM00208_12

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.108>Part 2 フォード シエラ XR4i(米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.108 ////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フォード シエラ XR4i(米)
PCM00208_05
─── フォード・シエラ XR4i スペック表…エンジン編

■種類:水冷直列4気筒OHV
■排気量:2792cc
■最高出力:150ps/5700rpm(DIN)
■最大トルク:22.0kgm/3800rpm
■燃料供給装置:電子制御燃料噴射
PCM00208_06
─── フォード・シエラ XR4i スペック表…ボディ編

■構造:モノコック
■ボディ形状:3ドアハッチバック
■全長×全幅×全高:4390mm×1700mm×1400mm
■ホイールベース:2610mm
■トレッド前後:1450mm/1470mm
■車両重量:1195kg
■乗車定員:4名
PCM00208_07
─── フォード・シエラ XR4i スペック表…駆動系編

■エンジン搭載位置:フロント縦置
■駆動方式:FR
■変速機:フロア5速MT
PCM00208_08
─── フォード・シエラ XR4i スペック表…シャーシ編

■サスペンション(前):マクファーソンストラット コイル
■サスペンション(後):セミトレーリングアーム コイル
■ブレーキ(前):ディスク サーボ
■ブレーキ(後):ドラム サーボ
■ステアリング:ラック&ピニオン パワー
■タイヤ:195/60VP14

─── フォード・シエラ XR4i スペック表…性能編

■最高速度:210km/h

Car Models File-No.108 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.108>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.108 ////////////////////////////////////

ご存知でしょうか?
このクルマっ!
PCM00208_01
世に出たのは1983年です。生まれは米国なのに欧州。
↓ 極めて特徴的なリアの2枚羽根スポイラーがポイント!
PCM00208_02
タミヤ 1/24 フォード シエラ XR4i(米)
PCM00208_03
─── フォード・シエラ XR4iって・・・

 XR4iは、1983年に発表されたフォードの意欲作であるシエラに初めて用意された高性能モデルです。
3ドアハッチバックのボディもこのモデルで登場!専用ホイールも用意され2トーンカラーでスポーティさを強調。
エンジンはV6OHV2.8リットルで、150PSを発生。200km/hを超えるマキシマムスピードを達成するのです。
PCM00208_04
独特なデザインですよねぇ。。。

Car Models File-No.108 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.107>Final VERTEX RIDGE S15シルビア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 VERTEX RIDGE S15シルビア
PCM00207_09
─── シルビアの後ろ姿

 S13シルビアは爆発的な大ヒットになったことは書きましたが、それからS15シルビアが登場する10年という時間の流れは2ドア・クーペ、いわゆるスペシャルティカーにとっては激変の時となったのです。カテゴリーを同じくするホンダ・プレリュードなどのデートカー全盛のときにS13が生まれましたが、時代はミニバンなどの実用車にスポットを当て始めました。この世の春を謳歌していたシルビアたちスペシャルティカーの人気は急降下。S14シルビアの販売台数は、S13の1/5以下まで落ち込んだのでした。
PCM00207_10

PCM00207_11
─── シルビアの後ろ姿…その2

 S14→S15へのモデルチェンジは、↑のような販売状況の中、予算もなく進められた。プラットフォームはS13時代から、エンジンはS14時代から受け継いで、そして改良を加えるという新しさは何もないものでした。ただ、スタイリングは新しかった!最高にカッコいいクーペ。走りも良かった。ただ、時代が許してはいなかった。
「運転が楽しい」「曲がることが気持ちいい」はS15シルビアとともに忘れられてしまったか?!

トヨタから86というカタチで帰ってきた。頑張れ!日産!!
PCM00207_12

Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

【 NEWS 】スイスのカスタマー日本上陸ほか気になるクルマニュース

気になるコンプリートカーメーカー日本上陸のニュースを紹介!

来年のオートサロンに出展するそうです。
【 NEWS 】スイスのコンプリートカーメーカー「FAB DESIGN」が日本上陸
カッコいいなぁ。。
もともとデザイン完成度の高いスーパーカーをさらにモディファイするって、そうとうデザイナーの力量が問われるよなぁ。。。

もうひとつは、気になるクルマの販売のニュースを紹介!
【 NEWS 】VW ポロR WRC 、公道走行仕様の「ストリート」設定…220psターボ搭載
来シーズンのWRCに参戦する『ポロR WRC』。これのストリート版とも言うべきクルマが発表されました。
ターボで220ps、ドイツ価格で360万円って気になりません?

さらにもうひとつ、、、
博物館<File No.107>VERTEX RIDGE S15シルビアにちなんでー
ドリフト【 VIDEO 】を紹介しまーす♪

残念ながら使用車は240SXですが、、、微妙に笑えます(WaHa!

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

【 NEWS 】ランボルギーニ・ガヤルド販売終了

ランボルギーニ・ガヤルドの販売が終了するそうです。

【 NEWS 】ランボルギーニ・ガヤルド、販売終了へ…10年の歴史に幕
もう10年になるんですね<ガヤルドは2003年登場!
10年前もいま現在も第一線のスーパーカーなんですがネ。
スタイルは好きですねぇ。。。
しかし、後継車の『カブレラ』も見てみたいしなぁ。

ガヤルドはプラモデルを作って楽しもうかな。

ランボルギーニといえば、、、【 VIDEO 】も紹介しちゃいましょー♪
空き缶を使ってランボルギーニのV10エンジンの音を再現しているビデオを紹介!

実際のランボルギーニV10サウンドを分析して、空き缶の潰し方まで考えて見事に再現しています(驚

テーマ : スーパーカー
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.107>Part 2 VERTEX RIDGE S15シルビア

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 VERTEX RIDGE S15シルビア
PCM00207_05

PCM00207_06
─── VERTEX RIDGE

 VERTEX RIDGE=ヴェルテックス リッジ はカーメイク ティー・アンド・イーのエアロブランドです。
株式会社ティー・アンド・イーはD1グランプリをサポートしています。そう、ドリフトで〜す!
レースシーンでは必須アイテムのエアロパーツ。
このモデルは、ヴェルテックス リッジのエアロパーツを装着したシルビアです!♪
PCM00207_07

PCM00207_08
─── S13→S14→S15 シルビアへ

 S13シルビアはグッドデザイン大賞を受賞!それが示す通り、スタイリッシュで若者に大人気!爆発的に売れました。
次のS14シルビアでコケます。直線基調だったS13から少し丸みを帯びて巨大化(笑
このサイズアップが裏目に出ました。デザインも間延びしてしまったんですね。
 その反省を踏まえて登場したのがS15シルビア。
巨大化して不評だったボディサイズを再び5ナンバー枠に戻しました。 S15はスタイル、ボディサイズ、走行性能などトータルに好評を得、人気を回復したのです。


Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.107>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////

久しぶりに帰ってきましたねぇ〜博物館
ひきつづきバックヤードに収納してあるモデルをひっぱり出して紹介します。

PCM00207_01

PCM00207_02
アオシマ 1/24 VERTEX RIDGE S15シルビア
PCM00207_03

PCM00207_04
─── S15 シルビア

 「シルビア」って女性名ですね。ギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前だそうです。
日産シルビア、このモデルは7代目のシルビアとなります。登場は1999年1月、型式名 S15型、2002年8月まで販売。
その終焉は、不景気によるスポーツカーの販売不振や排ガス規制(2000年)の影響が大きく、スカイラインGT-R(R34)とともに生産終了。
以後、いまだに復活を果たしていません。


Car Models File-No.107 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

【 Report 】2012 オートモデラーの集い IN 名古屋 Part 5(Final)

12月に入って、なんか気忙しい!
お休みに済ませなきゃならないことが山ほどぉぉぉ!
頑張らなくっちゃ!!
まずはイベントの最終レポート♪
autom2012_37
↑ ↓ コブラの2連作。
↑ こちらはamt製のコブラ289です。
autom2012_38
レベルモノグラムの1/24 コブラ427。↑ どちらもイイですねぇ。。
autom2012_39
フジミ製の1/24 ランボルギーニ・ムルシエラゴ。
ホビーデザイン製のムルシエラゴをLP640に改造できるキットを使われたのでしょうか。
autom2012_40
旧車コーナー!盛りだくさんです♪フジミ製スープラ後期型(ターボA)20インチホイール。
autom2012_41
アオシマ製ソアラにチェイサー!
autom2012_42
これはフジミ製のR31スカイラインGTS-R。素晴らしい出来でした。
autom2012_43
最後に「おまけ」♪
間違えた!
「おまけ」じゃなくて「おみやげ」
トヨタ博物館の売店で売られていたトヨタ75周年を記念して販売された商品です。
「トマトカレー」写真は初代カローラ!お味は〜???

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「青い鳥」が飛び去った!

今日、日産ギャラリーで撮影しました♪
日産ブルーバード
6代目 910 ブルーバード(1979年〜1993年)です。
bluebird_01
ノーマル・ホイールがカッコいいなぁ♪
bluebird_02

bluebird_03

bluebird_04
昨日、こんなニュースが、、、。
【 NEWS 】さようなら伝統の「ブルーバード」 日産、新型セダン「シルフィ」に改め

また一つ、記憶に刻まなければならない「名」ができました。

といっても正直に言えば、まだ、この名前生きていたんだぁ♪といった方が正確ですかね。

個人的な頭の中では、6~8代目1980年代で時計は止まっちゃってます。
↑ のSSSはタミヤから出てましたからねぇ、、、好きでしたね。

ただ、廃止と聞くと、、、センチになりますねぇ(寂しい(((

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

【 Report 】2012 オートモデラーの集い IN 名古屋 Part 4

autom2012_29
メーカーが何だ、スケールが何だ、なんて言ってられない!誰もが見惚れる作品です。
まさに作品、芸術です。名刺が置いてあったのでいただきました!オレンジパパさんの作品です。
autom2012_30
日産シーマ、レベルが高いです。リアル感ハンパないです。
autom2012_31
「くうねるあそぶ」糸井重里さんの名コピーもリアルに感じてしまう、日産セフィーロ!
ここまでカッコ良く見せるって、あらためて「見せる」ということが勉強になります。
autom2012_32
スカイライン GT-R R34 グランツーリスモ Ver.
autom2012_33
このカラーは、マンハッタン・ツートン。S130Zの定番カラー!
やはり、フェアレディZ!生まれた年に関わらず似合います。
autom2012_34
これも一切手抜きがない!すごいレビン。なんで、ここまでレビンになるんだろう?
なんか変なこと書いてる?
だれでも、どこから見てもレビンに見える。模型は自己完結品ですから。。。
autom2012_35
アルファロメオ155DTMの前期型と後期型。製作者の方に教えていただきました。
デカール貼るのが苦手な、、、私。
autom2012_36
スマートでカッコいいマッハ号!
この風防ガラスが個人的マッハ号のイメージにドンピシャでした!♪

いよいよ次回が最後です(Fu〜

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

【 Report 】2012 オートモデラーの集い IN 名古屋 Part 3

autom2012_20
ルノー8ゴルディーニ、好きですね〜、上手ですね〜。ユニオン製1/24が昔ありましたけど。これは?
autom2012_21
1957年 ジャガー XK-SSですか。作り込みが凄いですねぇ。リペット打つの大変だぁ。ドイツレベル製1/24。
autom2012_22
similR製1/24 FORD GT GT1 2010 ルマン仕様、初めて完成したモノを見ました。
ちゃんと完成するんだ。相当お上手です。(similRはフランスのメーカー)
autom2012_23
オリジナリティのあるランボルギーニ・イオタ。
大きめのカッコいいフロント・スポイラーにカラーも素敵。ハセガワ製1/24!
autom2012_24
フェラーリのTRと250GTO、ハセガワ製とグンゼでしょうか?
autom2012_25
ここからも先生の作品。ただただ感嘆!
メビウスモデル製1/25 ティム・フロック 1952 ハドソン・ホーネット ストックカー
autom2012_26
また、ウカイさんのところに戻りまして、、、
1964 フォード・ギャラクシー、amt製1/25。
autom2012_27
こちらは、サイズの大きなフォード・トリノ。レベル製1/24
autom2012_28

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

GT5 で新型コルベット C7に乗ってみた!

ニュースでお伝えした来年発表する新型コルベット C7をさっそくダウンロード。
モンツァ・サーキットに持ち込んで、、、さぁ〜試乗スタート!♪
Monza_Corvette_C7_01
凝った偽装は、ヘッドライトもテールライトも隠しちゃっていますね!
クルマのアウトライン程度しか分かりません(残念
Monza_Corvette_C7_02
乗り味は近年コルベットに倣って、非常に乗りやすいですね。
パワーがあっても、すごくコントローラブル♪
Monza_Corvette_C7_03
モンツァのストレートで240km/h。
当然、実車には乗れないでしょうから思う存分GT5で!
Monza_Corvette_C7_04
こういった企画は面白いなぁ。
GT5を活用したユニークなプロモーション。
次は、何で楽しませてくれるのかGT5!

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

【 Report 】2012 オートモデラーの集い IN 名古屋 Part 2

autom2012_10
1970 ダッジ スーパー ビー!ボディがキレイ、デコラ・エンジンもキレイ!
autom2012_11
シボレー・シェベルSS 1970年代
autom2012_12
シボレー・シェベル 60年代(奥)とマーキュリー。キラキラ真っ赤なマーキュリーはカッコいい♪
autom2012_13
グッドスマイル・レーシングのポルシェ996GT3RSRとBMW Z4 GT3。説得力ある“痛車”
autom2012_14
ここから ↑ ↓ 写真5点は、よく拝見させていただいている“デスクトップ・ガレージ”というブログのウカイさんの作品たち。彼の作品を自分の目で見たくて、このイベント見学の動機です。
autom2012_15
作品は1/24スケールに見えるでしょうが、、、これ1/43なんです。
クルマは、フォード・トリノ。キットの出来も良いのでしょうが、ここまでスケール感が分からなくなる塗装の技術など簡単にマネできるもんじゃありませんねぇ。。。
autom2012_16
ここまで美しいジンガーズ(zingers!)を初めて見ました。キャラモデルに見えない、スケールモデル以上の仕上げだし!
autom2012_17
車体裏側の処理。自分では、もちろん考えたことも無いです。当たり前に組立図の指定通り“つや消し黒”がマインドコントロールで刷り込まれておりまして(汗
国産車だろうと輸入車だろうとお構いなし。参考にさせていただきました。
autom2012_18
1970年代のフォード・サンダーバード。感嘆!言葉が出ないです、美しい。
autom2012_19
映画の日12月1日公開の映画「007 スカイフォール」には登場しませんでした。
しかし、どの作品も仕上げが美しい〜♪ 博物館に欲しいですねぇ。。。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

映画「007 スカイフォール」

今日、封切り映画「007 スカイフォール」を観てきました。
今回は、字幕版ではなく吹替版です。

■監督:サム・メンデス
ジェームズ・ボンドは超人ヒーローから肉体派人間に戻っての3作目ダニエル・クレイグ(今回はちょい超人)
敵役(シルヴァ)にはハビエル・バルデム。この人、アカデミー賞助演男優賞を獲ってる!
ボンドガールには、ナオミ・ハリス(イブ)、ベレニス・マーロウ(セヴリン)。

封切り直後なのでネタバレなし!
今作は007シリーズ50周年記念作品で通算23作目。
タイトルの『スカイフォール』は、ジェームズ・ボンドの生まれ育った故郷だったのね。
しまった!ネタバレm(__)m
50周年を機に007の原点回帰するということでしょうか。160分と意外と長い映画でした。多少くどいシーンがあって、、、この辺りが監督サム・メンデスの真骨頂か?個人的には余分なところ!スカッとしたアクションが観たかった。

この映画ではクルマの話ができますね。
まずはイブの運転でランドローバーでボンド登場!
敵車はアウディ!そういえば、近年、悪〜い人たちの乗るクルマに変化がありますねぇ。。。
10年以上前の悪といえば、メルセデス・ベンツと相場が決まった感がありましたが。
最近は変化に富んでますね。といっても高級車には違いないですが。

続いてはジャガー!最新のジャガーXJ。これはイギリス諜報機関MI-6の責任者『M』(ジュディ・デンチ)の公用車です。ボンドはジャガーに『M』を乗せ隠れ家へ。ここでクルマを換えます。
このジャガーは普段、白いクルマをよく見るので(クライアントの社長所有)、、感激薄。

乗り換えたクルマがアストンマーチン。なんと50年前のショーン・コネリー=ジェームズ・ボンドの愛車であるアストンマーチンDB5。もちろん、カーチェイスはありませんよ(ネタバレ)
ただ、フロント・マシンガンは火を噴きます!!
スコットランドの美しい広大な自然の中を走り抜けるDB5には感激感涙!エキゾーストノートに痺れます!

■映画評価
中だるみがあって惜しい、、、★★★☆(3.5/5.0)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

【 Report 】2012 オートモデラーの集い IN 名古屋 Part 1

一週間ほど遅くなりまして(汗
先週の日曜日に行われましたモデルカーのイベントのレポートです。
私は参加ではなくて、見学です(汗

■イベント名:「2012オートモデラーの集いIN名古屋」開催のお知らせ
■主催の方々:TMCC(東海モデルカークラブ)、TDMC(トヨタデザインモデラーズクラブ)、クラブMODENA(モデナ)
■開催日:11月25日(日)
■時 間:10:00~16:00
■場 所:トヨタ博物館新館1階大ホール

初めての体験でした。
クラブメンバーの方々が作られたクルマ模型やバイク模型の作品展です。
一般の方の持ち込みもOKで、たくさんの作品が展示されていました。
簡単にクルマやバイクの模型と一言で言っても、ものすごく幅の広いジャンルの作品群で、
それに会場は出品者の方同士のコミュニケーションの場でもあるようです。

作品すべてを写真に収めることができませんでした。
個人的にササった作品のいくつかを掲載させていただきます。
※ピントが甘いのはお許しください、、、いつものことで(大汗
autom2012_01
前回の「名古屋モノづくりフェスタ」のイベント・レポートで、素晴らしい緻密なブルーバードを作られた方の作品ですね。アウディ80ですね。
autom2012_02
↑ ハチマル・ヒーロー軍団!
autom2012_03
↑ ↓ これはタミヤのR30スカイライン・ターボES。この白いストライプがぁぁ。
この真っ赤のボディに白いストライプ!ポール・ニューマン、自分が乗っていたRSを思い出します(泣
autom2012_04

autom2012_05
↑ こちらはツートンのRS、ヘッドライト・ウォッシャーが付いているので「ニットー」製でしょうか?「ニチモ」製でしょうか?
autom2012_06
↑ トヨタ86ですが、模型化されていないグレード“RC”。いやぁ〜マニアック、ちゃぁ〜んとテッチン・ホイールに換装!
autom2012_07
右がスバルBRZ、左がトヨタ86となってます。アイデアがユニークだけじゃなくて、とてもキレイな仕上げです。
autom2012_08
一挙に86エリア(笑
autom2012_09
“ミノルタ・トヨタ・86”、泣けてくるw

アイデア+センス+技術、ただただ脱帽。
レポートは続きます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR