ディズニー × ルーカス + トランザム = カウボーイハット!

今日は、博物館<File No.101>以降の仕込みをしていま〜す♪
ちょ〜っとお時間ください。。。。

で、で、本日のお題は、気になる映画NEWS!ということで(汗
まずはディズニーとルーカスがぁぁ
【 米ディズニーが「スター・ウォーズ」製作会社買収、15年までに新作 】

今年公開されたディズニーの「ジョン・カーター」が大ゴケして、早々こんなニュースを聞くと、、、
【『ジョン・カーター』は歴史に残る失敗作 】

ディズニーとタッグを組んでルーカスは、次世代の若い監督たちの才能に期待して「スター・ウォーズ」のエピソード7から製作するんですね。
そもそものスタートである「スター・ウォーズ」はB級映画だったのですが、、、いまでもスター・ウォーズのベストはエピソード4と5であると、、、好きだぁ!♪

もちろん、期待しないわけにはいかないエピソード7
2015年が待ち遠しい♪

+ トランザムって??
こんな映像を見つけました。

現行のカマロベースのトランザムですね。
コンセプトとあります。発売されるのかなぁ?
このフロントフェイスを見ているとバート・レイノルズが主演する「トランザム7000」を彷彿とさせますね。カウボーイハットを被ったバンディッドが窓から顔を出し手を挙げるのが頭に浮かびます。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

博物館<File No.100>Final R33 スカイライン 2ドアクーペ GTS 25t

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////

記念すべき100台目も、あっという間にファイル!(汗
明日は101台目の仕込みだぁ〜(楽

タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン 2ドアクーペ GTS 25t
PCM00200_09

PCM00200_10
─── R33 スカイラインの魅力

 全グレードが3ナンバーボディになった9代目スカイライン。
余裕の居住性に快適性が加わって、さらにスポーツ性をもトッピングしてしまったR33 スカイライン。
「あした、スポーティに生きる」、「日本のグランドツーリングカー」がキャッチコピー。※前期型

 ターボラグのないリニアチャージコンセプトで、RB25DETエンジンは最高出力250ps、最大トルク30.0kgmを達成。電動スーパーHICAS、ABS、アクティブLSDも装備しました。
さらにGT-R含むクーペ全てとセダンの前期モデルは、バッテリーをトランク奥に設置するユニークな「ハイトラクションレイアウト」を採用してました。
次世代・高性能グランドツーリングカーの新たな基準を作ったクルマだったのです。
PCM00200_11
GTS25t TypeMの当時の価格は289.8万円、総販売台数は217,133台(GT-Rの16,435台を含む)
PCM00200_12

Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.100>Part 2 R33 スカイライン 2ドアクーペ GTS 25t

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////

PCM00200_05
─── R33 スカイライン GT-R 以外のプラモデル

■ECR33 スカイライン GTS25t Type M
 メーカー:アオシマ
 発売:2011年4月
 スケール:1/24
 定価:\2,310
 シリーズ:ザ・ベストカーGT No.48
PCM00200_06
ちなみに、このモデルは、
■ニッサン スカイライン GTS25t(絶版中)
 メーカー:タミヤ
 スケール:1/24
 定価:\1,470
 シリーズ:スポーツカー No.132
PCM00200_07
グリルレスって訳じゃないけど(汗
どこへ行ってしまったのでしょ〜グリル!?(笑
PCM00200_08
ホイールはR32 スカイライン GT-R を拝借してきました(大汗
アンダーパネルが浮いておりました。お恥ずかしい、、、。

Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.100>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////

ついに100台目のエントリーヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪
で、一体全体100台目のクルマは何なのだぁ!
しかし、あっさりと、、、
PCM00200_01
やっぱり、スカイラインなんだぁ〜♪
タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン 2ドアクーペ GTS 25t
PCM00200_02
スカイライン歴代9代目のR33型、通称は「アールサンサン」1993年〜1998年製造。
PCM00200_03
─── R33 スカイライン概略

 9代目R33スカイラインは人気の先代R32スカイラインよりボディは大型化、全車3ナンバーとなってしまいました。意図は居住性の向上のため、ボディタイプは2ドアスポーツクーペと4ドアスポーツセダンの2タイプを設定していました。エンジンは、直列6気筒2リッターのSOHCと2.5リッターのDOHC、同DOHCターボ。サスペンションは熟成した4輪マルチリンク、2ドアクーペのみ電子制御アクティブLSD装着車を設定していました。
PCM00200_04
現在、タミヤ 1/24 スカイライン 2ドアクーペ GTS 25tは絶版です!

Car Models File-No.100 ////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.99>Final フェアレディ 240ZG

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////

ハセガワ 1/24 フェアレディ 240ZG
PCM00199_09
タイヤサイズは175HR14、サスペンションは前後ともストラット、ステアリングはラック&ピニオン。
PCM00199_10
─── 3ナンバーなヤツ…その3

 フェアレディZの中にあって最上級グレードであるフロントマスクに「Gノーズ」を装備した240ZGは、空力的にも優れていて空力性能を示すCd値は、0.39と当時のスポーツカーではトップクラスでした。トップスピードも210km/hとクルマ好きの憧れの的、神様的存在でした。
■総排気量:2393cc ■圧縮比:8.8 ■最高出力:150ps/5600rpm ■最大トルク:21.0kgm/800rpm
PCM00199_11
ブレーキは前がディスク、後ろはリーディングトレーリング式ドラムブレーキ。
PCM00199_12
トランスミッションは5速、駆動方式はフロントエンジン・リアドライブ(FR)。

Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


いよいよ100台目、、、、さて何が出てくるのでしょうか?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.99>Part 2 フェアレディ 240ZG

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////

ハセガワ 1/24 フェアレディ 240ZG
PCM00199_05
つや消しの砲丸タイプ・フェンダーミラーがスマートでスピード感も演出!
PCM00199_06
─── 3ナンバーなヤツ…その2

 フェアレディ 240ZG は、海外向けの“ダットサン 240Z”に積まれていた2.4リッターのL型SOHCエンジンを搭載しています。L型エンジンはトルク重視、オーバー2リッターの3ナンバーとなるのです。
■エンジン:L24型 直列6気筒SOHC ■ボア×ストローク:83.0×73.7mm ■車両重量:1010kg
PCM00199_07
漫画「サーキットの狼」では240Zは“沖田”が駆るパトカーでした。
PCM00199_08
スタイルの最大の特徴である“オーバーフェンダー”ですが、間もなく暴走行為を助長するということで禁止となる。

Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.99>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////

感慨深っ!99台目だぁ〜♪
まさか、バックヤードの収納モデルで100台目を迎えるとは、、、、
それでは、99台目始めましょう♪
これも以前お目にかけていますが、、、(汗
PCM00199_01
ハセガワ 1/24 フェアレディ 240ZG
PCM00199_02
─── 3ナンバーなヤツ!

 フェアレディZは1969年の登場でしたが、70年代の忘れられないクルマとして挙げることができるのが240Z。
フェアレディZの追加グレードとして登場したのが1971年。チョーカッコいい、完璧なZスタイルに、フロントの先っぽをさらに長くしたGノーズを引っさげて世に現れたのは、なんと3ナンバーモデル!
これは衝撃の登場でした。
■外形寸法:全長×全幅×全高/4305×1690×1285mm
PCM00199_03
当時の価格は150万円。いまも元気に走っている姿を見かけます。しかし、年齢は40歳(驚!
PCM00199_04
前回登場:博物館<File No.28>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.28>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.28>Part 2

Car Models File-No.99 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.98>Final フォード GT40 Mark II (米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////

あっという間にファイナルですが、、、(汗
フジミ 1/24 フォード GT40 Mark II ルマン24時間2位(米)
GT40 のレースカーは頻繁に登場しそうなので、、、今回はここまで!
PCM00198_09

PCM00198_10
─── 1966年ルマンの悲劇の1号車

 どうしてキット名に2位とあるのか? これも有名なお話でしょうか。。。
ドライバーは K・マイルズ、D・ハルム組が駆るカーNo.1、シャシーNo.1015のフォード GT40 Mark IIは、1966年ルマン24時間レースを1位で終えようとしていました。サーキットにいたフォードの幹部が1-2-3 フィニッシュを演出しようと3台でのパレードランの指示を出したのですが、誤って2号車が抜いてしまい先頭でゴールしてしまったのです。こういった曰く付きのマシンなのです。
結局、マイルズは一度もルマンでの栄光を得ることなく引退することになります。
PCM00198_11

PCM00198_12
─── GT40 Mark IIのその後

 GT40 Mark II で1966年シーズンを終えると、翌67年にはより競争力のある Mark IV へとがらっと姿形を変えて登場します。ルマンで完全勝利を遂げ、完全というのはこのGT40はイギリス製ではなくアメリカ製なのです。
さらにレギュレーションの変更で、かつての4.7リッター版GT40が復活し、ガルフカラーのGT40が68年、69年と2度のルマン勝利をあげるのは、誰もが知るGT40栄光の歴史ですね。
なお、1970年のポルシェ・917の優勝まで、GT40は通算4連覇を達成しています。

Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.98>Part 2 フォード GT40 Mark II (米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フォード GT40 Mark II ルマン24時間2位(米)
PCM00198_05

PCM00198_06
─── フォードの野心(その1)

 1960年代のフォード……それ以前のエドセルの失敗は「マーケティング史上に残る最大の失敗」といわれ、巻き返しを図るためコンパクトカーであるファルコンを発売、つづいて64年にはファルコンをベースにマスタングを発売、これらが当たって大成功をおさめたのです。
 その勢いはヨーロッパ・フォードを生みました。そして、企業イメージアップには、モータースポーツ分野で活躍することである謳い上げました。そのために何をしたか??
PCM00198_07
─── フォードの野心(その2)

 手っ取り早く考えたのが、経験豊富で実績のあるレーシングチームの買収。なんと安易な!?
そのターゲットになったのが、また、なんと!スクーデリア・フェラーリ、フェラーリですよ〜。
無理ですよねぇ。当然のことですが、交渉は決裂に終わっています。
 それでフォードは、エンジン供給していたレーシングチームのローラに白羽の矢を立てました。ローラとはタッグを組む形でレーシングマシン製作を進めていったのです。これがGT40開発のスタートです。
PCM00198_08

Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.98>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////

このクルマ、いや、レースカーは車高が名前になったのです。
といってもメーカーの正式な車名ではありませんでした。
全高わずか1m。この40インチが車名にくっ付いて、、、、GT40 となりました。
PCM00198_01
フジミ 1/24 フォード GT40 Mark II ルマン24時間2位(米)
PCM00198_02
─── 1966年は GT40 旋風!

 GT40のレース参戦は1964年。チャレンジから2年目の66年のデイトナ24時間でGT40は 1-2-3 フィニッシュ!
つづくルマン24時間レースでもフェラーリを圧倒し 1-2-3 フィニッシュで表彰台を独占。
ルマン初制覇を成し遂げました。
PCM00198_03

PCM00198_04

Car Models File-No.98 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.97>Final フェラーリ エンツォ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////

Part 3 ですが Final です。
さすがにバックヤードに収納してあったモデルなので、アップの撮影には耐えられな〜い(汗♪
ということで写真は少なめです。
、、、コメントも少なめ(大汗

タミヤ 1/24 フェラーリ エンツォ
PCM00197_09

PCM00197_10
─── エンツォのスペック表

 ■ボディタイプ:2ドア クーペ
 ■エンジン:F140B型 水冷V型12気筒DOHC
 ■排気量:5998cc
 ■最高出力:660ps
 ■最大トルク:67kgm
 ■変速機:6速セミAT(F1マチック)
 ■駆動方式:MR
 ■サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン
 ■全長:4702mm
 ■全幅:2023mm
 ■全高:1147mm
 ■ホイールベース:2650mm
 ■車両重量:1365kg
 ■ブレーキ:カーボンセラミック製ベンチレーテッドディスク
 ■販売期間:2002年〜2004年
 ■生産台数:399台
PCM00197_11

PCM00197_12

Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


悲しいニュース

今日入った悲しいニュース(涙
倒産のニュースです。
Nゲージ、「箱庭シリーズ」で有名な河合商会が倒産!

独特な情景ジオラマのプラモデルがありますねぇ。
「水車小屋」のプラモデル、、、思い出すなぁ〜♪
夏休みの課題である自由工作のネタで「水車小屋を作ろう」と。
しかし、プラモデルを作って持ってっちゃぁマズいので、プラスチックを木材に置き換えて
作りました。もちろん、内部のギミックもその通りに真似ました。

評価は、とうぜん、、、、「金賞」!
当時から「金」が好きだったみたいです。。。。(汗

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.97>Part 2 フェラーリ エンツォ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ エンツォ
PCM00197_05
横から眺めると、ものすごく戦闘的なスタイルですね。
サイドウィンドのデザイン処理で、ホイールベースが長く感じます。
PCM00197_06
リヤウィンドからテールにかけて独特なライン。
座りがイイといいますか、安定してるというべきか。
PCM00197_07
─── エンツォのデザイン

 ご存知だとは思いますが、フェラーリのカーデザインといえばピニンファリーナ
偉大なるイタリア人カーデザイナー、セルジオ・ピニンファリーナ氏が他界されたニュースも記憶に新しいですが、このフェラーリ エンツォのデザインは当時ピニンファリーナに在籍していた日本人カーデザイナーである奥山清行氏によるものです。
奥山氏は、2006年(平成18年)9月に独立。現在、「KEN OKUYAMA DESIGN」のCEOとなっている。
PCM00197_08
ちょっと古いですが、デザイナー奥山清行によるの講演の模様をご紹介します。
「ムーンショット」デザイン幸福論/奥山清行

Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館 始動!<File No.97>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////

お待たせしました!
博物館の第2部のスタートです♪
前回、お話ししましたとおりバックヤードに収納してあったモデルを紹介していきます。
くれぐれも理由ありということで、、、(笑
なが〜い目でみてくださいネ。
PCM00197_01
タミヤ 1/24 フェラーリ エンツォ
PCM00197_02
フェラーリが創業55周年を記念して製造したスーパーカー。
2002年に販売、生産台数わずか399台。
PCM00197_03
フロントから見るとデザインがF1マシンのウィングを上手く取り入れたものになってます。
PCM00197_04
テールランプは、後に登場のF430へとつながる半分上の部分が露出しているタイプです。

Car Models File-No.97 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


プラモデルに関する NEWS を!
【NEWS】「第52回全日本模型ホビーショー」
カーモデルは少ないようですねぇ。
久しぶりにタミヤから1/20 F1 シリーズの新作が登場です。
2010年のチャンピオン・マシン! セバスチャン・ベッテルが駆る「レッドブル・ルノーRB6」

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.96>Final ダイハツ ミゼットII

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 ダイハツ ミゼットII
ミゼットII の最終回は模型について、、、
PCM00196_13

PCM00196_14
─── フジミ独占!ミゼットII モデル!!

 1/24スケールのミゼットII はフジミだけが模型化しています。
さすが!フジミさんで〜す♪商品バリエーションが豊富です!
ミゼットII を電気自動車にコンバートした「KPレーシング」の「EV-KP100号」を模型化した
■ダイハツ ミゼットII KP-100号
 発売:2008年11月
 定価:\2,100
 シリーズ :インチアップID-SP-71
郵便屋さんのミゼットII で〜す!
■ダイハツ ミゼットII 郵便車
 発売:2007年2月
 定価:\1,680
 シリーズ :SV-No.9
ベーシックなミゼットII Rタイプ
■ミゼットII Rタイプ 1996
 発売:2011年1月
 定価:\1,890
 シリーズ :インチアップID-26
0114撮_17
↑ 以前ご紹介しました博物館ストックです!?
PCM00196_15_1

PCM00196_16

Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model



博物館館長より

いつも拙ブログご覧いただきありがとうございます。
ご覧いただいている方々には下手くそな写真や文章で申し訳なく思っております(汗
今回のミゼットII で96台のモデルを1年半という期間をかけてご紹介してきました(喜
この96台で「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館」の第1展示場のすべてのカーモデルを見ていただきました。
順当に進むなら第2展示場ということになりますが、1/24 カーモデルのアーカイブ化を目論む館長としましては、一台でも多くを掲載したいと考えまして、バックヤードに収納してあるモデルを紹介しようと考えます。
バックヤード、つまり、倉庫です。
いろいろな理由があって、人目に触れず収納されているカーモデルたちって書くと、多少の期待感も生まれるかもしれませんが、要は「下手くそ」だからっていうのが正直なところでして(大汗
まぁ、これも「イチ模型好きのおっさん」がやってるってとこで許していただいて、、、、。
あたたかい目で見てやって〜 m(__)m
今後ともよろしくお願いします m(__)m

と、さっさと逃げます!

追伸:ネタを仕込みますの「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館 第2章」のスタートまで少しお時間ください。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.96>Part 3 ダイハツ ミゼットII

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 ダイハツ ミゼットII
PCM00196_09

PCM00196_10
─── 個性的なかわいいヤツ!

 ミゼットII のスタイルは、軽自動車よりもさらに小さく、上手くコンパクトにまとめた見た目が、とてもかわいいと大評判だったのです。当然、道路を走っていれば注目を浴びるほど目立ちました。目立ちたがり屋には最高のアイテム(クルマ)だった訳です。
 また、運転すれば軽自動車より小さいために、狭い道や狭い駐車スペースしかない時など、小回りが効いて荷物が運べて、非常に重宝するヤツだったのです。
 唯一困ったことと言えば、コンパクトさゆえに車内は狭いということ! 2人乗りといえど密着度が高く(恋人同士ならそれもいいが)現実的に2名乗車はキツかった!ミゼットⅡ の広告では「1.5人乗り」って謳ってましたよ♪
 肝心の目的である積載能力では、軽トラと比較すればミゼットII の荷台は狭いので負けてます。個人使用コンパクトトラックと考えると一人分の荷物をたくさん載せることができて、車内も広く感じることができます(呆
お後がよろしいようで、、、、。
PCM00196_11

PCM00196_12

Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.96>Part 2 ダイハツ ミゼットII

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 ダイハツ ミゼットII
相変わらず写真イマイチ(下手
PCM00196_07

PCM00196_08
─── チョ〜コンパクトサイズのミゼットII

 ミゼットII の車体寸法は全長2895mm×全幅1335mm×全高1650mm。
現在の軽自動車の車体寸法は1998年10月(平成10年)規格改定されました。
排気量は660cc、全長3400mm×全幅1480mm×全高2000mmでした。
ミゼットII 発売当時の規格は1990年1月1日(平成2年)施行のもので排気量は660cc、
全長3300mm×全幅1400mm×全高2000mmでした。
この数字を比較してみると一般の軽自動車よりも大幅に下回っています。
ちなみに「三丁目の夕日」時代の1951年8月(昭和26年)施行の規格を見ると
排気量が360cc、全長3000mm×全幅1300mm×全高2000mmとなっており
サイズ的にはこの360cc時代の軽自動車のサイズに限りなく近いですね。
シティーコミューター的な、小さくてユニークなデザインを持つ軽トラック&カーゴを目指して開発されたかがわかりますね。
PCM00196_05

PCM00196_06

Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.96>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////

「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館始」初の軽自動車の登場でーす!♪
PCM00196_01
フジミ 1/24 ダイハツ ミゼットII
PCM00196_02
ダイハツ工業が製造、販売していた軽貨物自動車がミゼットII です。販売期間は1996年から2001年まで。
PCM00196_03_1

PCM00196_04
─── ミゼットII のスペック表

※K100P型(ピック)を紹介
●ボディタイプ:2ドアセミキャブオーバー型トラック(ピック)
●エンジン:前期型(EF-CK型)・直3 SOHC キャブレター 660cc
      後期型(EF-SE型)・直3 SOHC EFI 660cc
●最高出力:EF-CK型・23kW(31ps)/4900rpm
      EF-SE型・24kW(33ps)/4900rpm
●最大トルク:EF-CK型・50Nm(5.1kgm)/3200rpm
       EF-SE型・51.0Nm(5.2kgm)/4000rpm
●ミッション:3速AT・4速MT
●駆動方式:FR
●サスペンション:前・マクファーソンストラット
         後・リジッドアクスル+リーフスプリング
●ブレーキ:前輪・ツーリーディング式ドラム
      後輪・リーディングトレーリング式ドラム
●全長:2895mm
●全幅:1335mm
●全高:1650mm
●ホイールベース:1840mm
●車両重量:580kg
●最大積載量:150kg
●乗車定員:1名(MT車)・2名(AT車)
●販売期間:1996年〜2001年

Car Models File-No.96 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.95>Final スカイライン GT-R(R34)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R34)
PCM00195_13

PCM00195_14
─── 三者三様

 R34型GT-Rの1/24キットは国内の模型メーカー3社の競作となりました。タミヤ、アオシマ、今回紹介しましたフジミとなります。
 タミヤは、キット化がいち早かった!実車の登場と同時だったと記憶しています。自分は予約して購入しました。納得の出来でした。フォルムの正確さはピカイチだと思います。
 アオシマは、販売戦略からそのバリエーションの豊富さが売りです!バンパーやボンネットは別パーツ化されています。巧みにオプションパーツをセットしてドレスアップシリーズを展開しています。R34型GT-Rの直線的イメージを見事に具現化している「角」っぽいフォルムが特徴です。
 フジミは、接着剤不要のスナップオンキットが売りでした。子供達のプラモデル離れは著しいものがありましたから。それに技術的にも向上してパチッ!ピタッと組み立てることができるのです♪ フジミのキットはフロントノーズ部分がシャープに一段突出した、NISMO仕様のグリル部を再現しているのが大きな特徴ですね!
PCM00195_15

PCM00195_16

Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.95>Part 3 スカイライン GT-R(R34)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////

PCM00195_09
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R34)
PCM00195_10
─── R34型GT-Rのドアを開ければ

 R34型GT-Rの内装色は黒のみで、デザインも日産的スポーツカースタイルになっています。日産的と?な表現ですが、スパルタン志向ではあっても、反面で助手席のバニティミラーや全席にカップホルダーが標準で装備されているというナンパな所も見て取れます。シートは全車スパルタンなバケットタイプ。しかしMスペックのシートは「GT-R」の刺繍が入った本革タイプで、シートヒーターも内蔵しているという豪華(ナンパ)仕様になってます。
PCM00195_11
─── R34型GT-Rの外を一回り

 R34型GT-Rを一回り。外観のデザインは、初代「箱スカ」から「R32」へと続く直線基調のデザインを踏襲。
肥満化してしまったR33型GT-Rの反省から、R34型は全長を75mm縮小してます。ホイールベースも55mm短縮されていて、安定性よりも操舵応答性の向上を第一に優先されているんですね。空力的なフロントアンダースポイラーとリアウイングは標準装備で、飛行機の翼のようなフラップが付いているリアウイングは、角度の調整することができます。
さらに空力性能を向上させるために、VスペックとMスペックにはボディ下面がディフューザー構造になっています。
PCM00195_12

Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.95>Part 2 スカイライン GT-R(R34)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////

一週間以上間が空いてしまいましたm(__)m
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.95>
2回目で〜す。
PCM00195_05
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R34)
PCM00195_06
─── R34のモデル変遷

 日産 スカイラインGT-R(R34型)の変遷を見ます。
★1999年(平成11年)1月に登場!仕様の異なる3グレードでスタート。
…基本的な装備を網羅したベースグレードと、スポーティな仕様のVスペック、レースベース車のN1の全3グレードです。
★2000年(平成12年)8月にマイナーチェンジ。
…デビューから1年半、インテリアとエクステリアを中心にリファインされました。同時に、従来のVスペックのグレード名がVスペックIIに変更されたのです。
★2001年(平成13年)5月 Mスペックが登場!
…Mスペックは内外装の質感を向上させ、足回りも専用のスペックとなっています。
★2002年(平成14年)1月にエンジンを改良した特別限定車登場!
…Mスペック・VスペックIIをベースに、特別仕様車「Nur(ニュル)」が発売されました。
PCM00195_07

PCM00195_08

Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 8(Final)

最後のレポート!
今回も超絶モデル!♪
nmf_46
↑ スケールは1/24でしょう。
ダットサン ブルーバード
ブルーバード3代目(1967年〜1972年) 510型。
nmf_47
↑ プラモデルでは、童友社より 1/24 ダットサン ブルーバード 1600 SSSクーペ (昭和44年型)。ただし、クーペ!
4ドア・セダンでは、ハセガワより 1/24 ブルーバード 510 1600SSS(1969年)。
ベースにするとすればハセガワですね。しかし、トランクまで開くフルオープン状態!
nmf_48
↑↓ エンジンルーム、直列4気筒エンジン、エアクリーナー、パイピング、バッテリーなどなど
ここまで作り込むには、製作技術もさることながらエンジンに関する知識もちゃ〜んと持たないとなりませんね。
nmf_49
ため息が出るばかり、、、、

次回は博物館に戻って、、、、、、忘れちゃったぁ?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR