名古屋モノづくりフェスタ Report 7

これ、プラモデル?
超絶モデルを紹介!!
まずはご覧ください。。。
nmf_41
↑ 大小、全く同じクルマ。
クルマは、日産フェアレディZ
これは2代目(1978年〜1983年)の S130型です。
nmf_42
↑ まずはビッグスケールから。
これは1/12でしょうか? しかし、エンジン周りの補機類の設置やパイピングなど超絶!!
調べてみましたが、 S130型のフェアレディZのビッグスケールモデルって無いんです。
出てきたのが1/10スケールのラジコン。まさかぁ???
タミヤ 1/12 のフェアレディ 240ZGの改造でしょうか?
nmf_43
↑ 目がくらむ程の作業量ですね。いまにもエンジンが掛かりそうで、、、♪
なんと、このエンジンルームは↑↑の1/12ではないですよ♪
小さいサイズのモデルの方です。
比べてみてください!びっくりしたぁ!?
nmf_44
↑ 小さいサイズは1/24でしょう。
これはタミヤ 1/24 フェアレディ 280Z・Tバールーフ、、、で間違いないでしょう!?
nmf_45
いや〜、目の保養で〜す。
いよいよ次回、ファイナル!!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 6

nmf_33
↑ きれいな艶のカウンタックです。
スケールは1/24、アオシマでしょうか?
nmf_34
↑ エンジンフードにつくミニウイングがアクセント!
エンジンのパイピングなどの手が加わっています。
nmf_35

nmf_36

nmf_37

nmf_38

nmf_39
↑ ロータス 79 1978年モデル、これはタミヤ製1/20スケールです。
ジョン・プレイヤー・スペシャル、懐かしいゴールド・ストライプです。
ゼッケン6は、ロニー・ピーターソン。ちなみにマリオ・アンドレッティがナンバー5!
nmf_40
↑ こちらはサイズが小さくなって、1/43でしょうか?
どこのチーム?こっちもロータス?クーパー?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 5

nmf_27
↑ いきなり誰?このおじさん?
 ……って感じで始まりました、レポート第5弾♪
「名古屋モノづくりフェスタ 講演会」と題しまして同時開催だったのが
株式会社ボークス 代表取締役の重田 英行さんの講演会
タイトル「新しいビジネスモデルの構築について」
京都の町の模型屋さんから世界に出店するほどの企業になったボークスのビジネスモデルを笑い話を交えて、さらにこれからの夢を語られました。現在、ボークスは念願のプラモデル・メーカーになりましたね。マニアが求めるこだわりのプラモデル、スーパーウィングシリーズ(SWS)が発売されています。この9月29日には第7弾のスカイレイダーが出ますよ♪♪
nmf_28
↑ こちらも最近話題のイスラエル国防軍のメルカバ、メルカバ MK.3ですね。
カッコいい!スタイルは近未来的、性能はイマイチ。
nmf_29

nmf_30
↑ タミヤ 1/24 メルセデスベンツ SLR マクラーレン
nmf_31

nmf_32
↑ 上手なんですが、写真がダメですね。ボケてるし!(謝

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 4

イベントレポートの4回目!

nmf_21
↑ これはビッグサイズのドイツ海軍のUボートです。1/72スケールですね♪
nmf_22
↑ Uボートのアップ!う〜ん、フィギュアまで手を抜いてない(驚
nmf_23
↑ すみません、素晴らしいことはわかっていても、説明できません m(__)m
↓ 以下同じ(トホホ、、、
nmf_24

nmf_25
↑ 沈んだ潜水艦をサルベージのための調査船ということでしょうか。
nmf_26
↑ これはわかりますよ。最近といっても近年かな?バンダイから発売されました1/48スケールの有人潜水調査船「しんかい6500」ですね。
沈んだ戦闘機の調査?沈んで藻がみっしり生えている情景や海底の表現が素晴らしいです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 3

レポート3弾目は大好きな映画のシーンが♪

はい!さっそくですが、映画というのは「スターウォーズ」です♪
nmf_16
↑ エピソード5帝国の逆襲…ホスの惑星
これはプラモデル?スケールが小さい!
nmf_17
↑ ホスの惑星での反乱軍の基地ですね。
すごく奥行き感が出てて、立体的に見えます。素晴らしい演出です。
映画のシーンさながら♪
奥にミレニアム・ファルコン、右はXウィング・ファイター、左はスノー・スピーダー。
nmf_18
↑ エピソード6ジェダイの復讐…惑星タトゥイーンのジャバ・ザ・ハット宮殿に忍び込むルーク
スターウォーズ雑学…エピソード6のタイトル「ジェダイの復讐」は後に「ジェダイの帰還」に変更されました
nmf_19
↑ こちらもエピソード6
中心に建設中のデス・スターII 、デス・スターの左はインペリアル・シャトル、
手前のでっかいのはスーパー・スター・デストロイヤーです。
nmf_20
↑ エピソード6のクライマックスのシーン。う〜む、手に汗握る緊張感!!
この作品も立体感が半端でない!改めでビデオで確認したくなる。。。
nmf_15
↑ おまけっぽくなってしまいましたが、ミニスケールでよくできたジオラマです。
左はガンダムの1シーンです。右、サンク・ターボ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 2

名古屋モノづくりフェスタ のレポート2です。
それでは、写真をご覧ください。

nmf_08
↑ 一回り小さなスケールモデルです。1/32くらいでしょうか?
nmf_09
↑ いいですねぇ。ウィンドウの表現に味があって。
nmf_10
↑ ルパン三世ですね。焚き火が光っています。グンゼのプラモでしょうか?
すごいぁ〜♪ 格が違う。。。
nmf_11
↑ タミヤの1/24 ポルシェ カレラGT
ボディの艶が半端じゃないですね。てろってろです(驚
nmf_12
↑ ノーコメント! っていうか、わからない(汗
nmf_13
↑ 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の一場面。
アオシマのバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ。
nmf_14
↑ 本日最後はテレビアニメ「マッハGoGoGo」のマッハ号。アオシマ製ですね。こちらも艶が違います!
個人的にはボディ下半分の色が水色ではなく薄紫色のイメージなんですが(汗

では、次回。。。楽してるかなぁ〜

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

名古屋モノづくりフェスタ Report 1

昨日からR34 GT-Rが始まったばかりですが(汗

22日の土曜日に名古屋市中小企業振興会館の吹上ホールでプラモデルのイベント?が行われました。
タイトルは「名古屋モノづくりフェスタ」
主催は名古屋商工会議所 若鯱会
内容は●プラモデル展示会・コンテスト
   ●プラモデルフリーマーケット
   ●プラモデル講演会
   ●モノづくり教室 となっておりました。

プラモデルのイベントには出掛けたことがないので、期待して行きましたが手作り感満載で(汗
コメントし難いですが、面白くなかったです(大汗
興味のある展示作品の写真を撮りましたので、今日から一週間(長過ぎ?)かけて
レポートします。レポートと言ってもキットも何も分かりませんので第一印象のみ(汗
ということで。。。
nmf_01
↑ プロペラが回ってる!ボークス 造形村スケールモデルのスカイレイダーです。
nmf_02
↑ コアファイターに乗っているのはセイラさん?!水の中、光ってます!
nmf_03
↑ こちらも明かりを使って、ホワイトベースのモビルスーツデッキを再現!手が込んでます。
nmf_04
↑ すごくいい雰囲気のジオラマです。家に飾りたい!
nmf_05
↑ 大人のホビーって感じがするなぁ〜。それに見せ方が上手い!プロの技です。
nmf_06
↑ こう、自分が作れないものを作れる人が大好きです。センスがいい。
nmf_07
↑ カネゴンにゴドラ星人にツインテール。言えたっ!古い順に言ってみました(笑
ツインテールは光ってますよ!
ちなみにウルトラQにウルトラセブンに帰ってきたウルトラマン、これ出演してる番組です(大笑(古い順

こんなんで続いていいのか????
※フラッシュ焚かずに撮ってたので、ボケてるのが多い(恥

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.95>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////

性懲りも無くGT-Rで〜す。
PCM00195_01
フジミ 1/24 スカイライン GT-R(R34)
う〜ん、ちょっと自信無い(汗
PCM00195_02
以前、タミヤのR34 GT-Rをご紹介しました。
お時間がありましたら ↓
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.63>&<File No.64>
PCM00195_03
─── R34は?

 5代目GT-R、型式名は「BNR34」通称R34 GT-R。
1999年1月8日発売で生産終了は2002年となっています。
先代R33 GT-Rの大きくなったボディの不評を反省して、R34はダウンサイジング!
全長で75mm、ホイールベースは55mmの短縮。
 エンジンは進化したRB26DETT型を搭載。カタログスペック上の最大出力は280psのままでしたが、セラミックタービンをギャレット社製に変更した結果、最大トルクを40.0kg/mにアップ、低回転域トルクの増加で通常使用時における快適性が向上しました。
PCM00195_04

Car Models File-No.95 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.94>Final BMW ミニ クーパー(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 BMW ミニ クーパー(独)
ニューミニも今回がファイナル!
さぁ〜、ご覧ください♪
PCM00194_13
─── BMW MINI の キットは?

 さて、BMW ミニ クーパー の キットはどうなっている?
今回ご紹介のモデルはフジミ製ですが、もう一社、ドイツレベルからも発売されています。
こちらのキットも大変出来のよいものです。
PCM00194_14
■ミニ クーパー
 メーカー :ドイツレベル
 発売:2001年
 スケール :1/24
 定価:\3,150
※さすがに手に入れることは難しいでしょう

■NEW ミニ クーパー
 メーカー :フジミ
 発売:2004年
 スケール :1/24
 定価:\2,415
 シリーズ :リアルスポーツカー RS-19
※先日、ホビーオフで見〜つけた!
PCM00194_16
─── BMW MINI クーパーの実力は?

 最後に─── BMW MINI クーパーの実車の実力を調査!
AUTOCAR のロードテストを見つけました。
それによると、、、、、
 最高速度:201km/h(125 マイル)
 加速性能 0→60マイル(0→ 約96.5km/h):9.3 秒
 ブレーキ性能 60→0マイル:3.0 秒
 燃費:14.53km/リットル
PCM00194_15

Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.94>Part 3 BMW ミニ クーパー(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 BMW ミニ クーパー(独)
PCM00194_09

PCM00194_10
─── BMW MINI の R50!

 R50(2001年10月発売モデル) はハッチバック。「ワン」と「クーパー」があります。
違いはエンジン出力。エンジンは、BMWとクライスラーとの共同開発によって生まれた1.6リッターの直4SOHC16バルブが搭載されています。ワンは90馬力、クーパーは115馬力を発生します。
ミッションは両車にステップトロニック付きCVTと5MTが設定されていました。
 ワン………型式:GH-RA16 排気量:1598cc  最高出力:90ps(66kW)/5500rpm
 クーパー…型式:GH-RA16 排気量:1598cc  最高出力:116ps(85kW)/6000rpm
PCM00194_11

PCM00194_12
─── BMW MINI の R50 の屋根

 「ワン」と「クーパー」の外観上の違いは、クルマのルーフ(屋根)にあります!
 ワン………ルーフはボディと同色となっています♪
その他ハロゲンバルブなどの快適装備はオプション扱いとなっています。
 クーパー…ルーフはホワイト or ブラック or 同色から選択できます♪
クーパーはミニの中では一番人気のモデルです。

Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.94>Part 2 BMW ミニ クーパー(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 BMW ミニ クーパー(独)
PCM00194_07

PCM00194_08
─── BMW MINI のすべて?

 さすがにすべては語れません(汗
BMW ミニの誕生は2001年ですが、現在は第2世代になっています。2006年に移行しています。
BMW ミニは3タイプ、モデルコードで区別されています。
 R50…ハッチバックの「ワン」と「クーパー
 R52…「コンバーチブル
 R53…ハッチバックの「クーパーS
クーパーSは最もスポーティーなモデルのことです。
※このモデルコードは、第1世代のものです。
PCM00194_05

PCM00194_06
─── 3月2日は MINI の日!

 ご存知ですか?
3月2日は「ミニの日」です。
日本では、BMW JAPAN(ビーエムダブリュー・ジャパン)が3月2日を「ミニの日」と名付けました。
それで、2002年3月2日に発売されたんです。
もう一丁! 9月8日は「クーパーの日」で〜す♪

Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.94>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 BMW ミニ クーパー(独)
PCM00194_01

PCM00194_02
─── BMW の MINI

 BMWのミニは、2001年に誕生した自動車ブランド。大元を辿ればイギリス製の大衆車である「ミニ」がルーツ。
「ミニ」は、イギリスで1959年にモーリス社とオースチン社から誕生した小型乗用車です。それ以降2000年までの長い間、世界的に親しまれ生産販売されてきました。
BMWは1994年にローバーを傘下に収めました。これにより生産を始めとする「ミニ」に関する全ての権利を有したBMWは、100%新設計となるニューミニの開発に着手しました。これがBMW初のFF車となるのです。
PCM00194_03

PCM00194_04
─── 英国のミニについて
以前、当博物館で紹介したミニクーパー
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.17>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.17>Part 2

Car Models File-No.94 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.93>Final フェラーリ F355(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F355(伊)
PCM00193_13
↑ 実車より幾分ぽっちゃりフェイスです。幅も広めなんですね(困
PCM00193_14
─── F355発表セレモニー!

 F355の発表は、1994年5月24日。会場はかつてF40の発表会にも使われたイタリアはモデナのマラネロにあるシティ・ホールです。発表会には、ルカ・モンテゼモロ社長を筆頭にフェラーリのスタッフはもちろんのこと、デザインを担当したピニンファリーナの代表ことセルジオ・ピニンファリーナ、F355の走行テストに携わった元F1パイロットのニキ・ラウダ、そして当時の現役F1パイロットのジャン・アレジも顔を見せました。
当日、会場でお披露目されたモデルは、真っ赤なベルリネッタと黄色のGTSの2台でした。
PCM00193_15
↑↓ ルーフの後部の厚さが、アツ過ぎますね。後部ガラス面はもうちょい広めだといいんですけど。
PCM00193_16



3連休が始まりました。
不安定な天気で、、、(汗
色を塗るとゲリラ豪雨?!困ったもんだぁ。
どうなっちゃたんでしょう?
腹いせに、明日はプラモの物色に出掛けましょう♪

Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.93>Part 3 フェラーリ F355(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F355
PCM00193_11

PCM00193_10
─── まとめて!F355の運動性能

 スポーティな走り自慢のF355、1シリンダーあたり5バルブの吸排気、コンピュータ制御のインジェクションからは、低速域からでも強烈なパワーを感じることができます。最高速度294km/h、静止時からの加速は時速100km/hまでは僅か5秒、時速200km/hまでは17.3秒で駆け抜けます。低速でも回転は安定し、流す程度の走行も問題なし。3500回転を超えるとその出力は一気に解放されて、クルマの性格が一変、ドライバー自身のテクニックでコントロールしなければならない。
PCM00193_12
─── F355の安全対応

 F355の安全対策にはABSやトラクションコントロールのASRが装備されています。この装備のお陰で緊急事態のトラブルに対処し回避することができる。また、ブレーキについては耐久性があるので長距離の使用でもダレることは無い。時速130km/hからの制動距離は63.6m、時速200km/hからでは150.4mと大変効きが良い。パワステは、車速感応式で、高速になればなるほどそれに合わせて重くなるようにセッティングされています。
PCM00193_09

Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.93>Part 2 フェラーリ F355(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F355
PCM00193_07

PCM00193_08
─── F355参上!

 F355は旧世代と新世代両方のフェラーリ・ファンに愛される希有なクルマ。一見すると先代の348を単純に進化させただけのようでありながら、実はその装備とボディは一新されていたのです。
惜しみないF1テクノロジーの導入。また、風洞を使った空力実験に長い時間を費やすことで、強力なダウンフォースを生み出すことに成功。高速での安定走行が可能となったのです。
F355は、後継モデルの360モデナが登場する1999年までの約6年の間生産されました。その台数は、1万2千台という、この数字の多さからも幅広い世代に人気があり成功を収めたモデルだったのです。
PCM00193_05

PCM00193_06

Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.93>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////

93台目は、F430の先々代の……
フジミ 1/24 フェラーリ F355
PCM00193_01

PCM00193_02
─── F1テクノロジーをフィードバック!

 1994年に登場すたF355は、モータスポーツの長であるF1テクノロジーを、具体的な形で持ち込んだ初めてのフェラーリと言ってもよいと思います。5バルブのエンジンしかり、コンピュータ制御の足回りしかり、アンダーパネルの装着でダウンフォースの獲得といったことは、現行のモデルに通じるところです。
PCM00193_03

PCM00193_04
この博物館では以前、F355 GTS をご紹介しました。
↓ こちらからご覧ください♪
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.42>
博物館<File No.42>Part 2 フェラーリ F355 GTS

Car Models File-No.93 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

「新たなクルマの楽しみ方」by TOYOTA

webCGにこんなエッセイが載っていました。
第157回:実車の走りをバーチャルに再現!? これがトヨタ流「新たなクルマの楽しみ方」

↑ 読んでたら「グランツーリスモ」やりたくなった♪
久しぶりにPS3を起動!
ついつい、富士スピードウェイでトヨタ 86 を駆って、、、、撮影しました。
fuji-F_86_01
リアルからバーチャルへのアプローチって、もちろん「グランツーリスモ」の功績が大きいと思いますが、
バーチャルが余りにリアルに近づいたので、リアルからバーチャルへも近くにあるんですねぇ。
この楽しみ方って、このくらいが丁度いい?
近くにあっても、ちゃんと距離がある!?
イカン!映画「トータル・リコール」になってきた。
頭に中は「プロメテウス」だぁぁあ。頭から「エイリアン」が出てきた〜!
fuji-F_86_02
リアルで速いドライバーは、バーチャルで速いのか?
バーチャルで速いドライバーは、リアルで速いのか?
これ考えると、寝らんなくなっちゃう♪(笑
fuji-F_86_03
↑ これぞ!富士スピードウェイ
しかし逆光。。。
fuji-F_86_04
↑ 86 のトップスピードは、富士スピードウェイのストレートで200km/hを超える!
fuji-F_86_05
クルマの楽しみ方って、いろんなアプローチがあるなって、あらためて思いますね♪
さらに広がっていくことを期待したいですね。。。

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

博物館<File No.92>Final フェラーリ F430(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F430(伊)
PCM00192_15

PCM00192_16
─── キットについて

このキット、正確には「フジミ 1/24 フェラーリF430 オプションパーツ付き」です。
これはフジミの1/24リアルスポーツカー・シリーズで、オプション版はNo.68です。ちなみにノーマル版はNo.67。
ノーマル版とオプション版の違いは、ホイールとシートの形状が違います!
 F430のキットはフジミの一人勝ちかと思ったら、ちゃ〜んとありますよ♪
ドイツレベルから出来が良いのが出ています。部品点数が多く、メッシュのシートも付属。これを実車のように開口部に貼るのです。ただし、キットは開口していませんのでご注意を!
もう一つ、ホイール&タイヤの出来は悪いのでフジミよりの流用をおススメします♪(汗
PCM00192_17

PCM00192_18

Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model


 アオシマからランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4が発売されましたね。定価4,200円♪
エッチングやシートベルト、カーペットがセットになったお得なエッチング&ディテールアップパーツセットも同時に発売されましたのでお見逃し無く!(定価1,890円)
これで、アヴェンタドールはフジミ&アオシマの競作となりました(嬉
 フジミからは、なんと!レヴェントンが発売!レヴェントンはアヴェンタドールのデザインスタディ的存在のクルマです。フジミはアヴェンタドール、レヴェントンともに5,250円と高めの設定(強気
さぁ、どちらに軍配が上がるのでしょうか??

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.92>Part 3 フェラーリ F430(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F430(伊)
PCM00192_11

PCM00192_12
─── F40 を超える!最強 V8 ベルリネッタ♪

 前回お話ししましたが、F430 は一目で分かるように先代360モデナをリファインしたものでしたが、内部は完全に別物と言い切ってしまってもよいほどに変更されています。
エンジンは、それまでのユニットのように「ポン」と排気量アップも既に限界となったために、エンジン・ブロックから完全に新設計されたものになっています。それが5バルブから4バルブへの実用重視の結果です。
ボディ自体も更なる軽量化と剛性アップが両立されていて、F1テクノロジーのフィードバックも多岐な分野に渡っています。電子制御ディファレンシャル(※)などというシステムの採用がそれを物語っています。
PCM00192_13

PCM00192_14
(※)電子制御ディファレンシャルについて

 それはE-Diffと呼ばれる、電子的に制御されるデフギアです。
F1テクノロジーのフィードバックで、このシステムのお陰でサーキットで発生する巨大なコーナリングGの下でも、強大なトルクを効率的に路面に伝達できるようになりました。
市販車であるF430 では、高度なロードホールディングを実現するために採用されたシステムです。


Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.92>Part 2 フェラーリ F430(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////

フジミ 1/24 フェラーリ F430(伊)
PCM00192_07

PCM00192_08
─── F430 のデザイン

 F430のボディ・デザインはピニンファリーナ!チーフデザイナーはフランク・ステファンソンです。
先代の360を踏襲したデザインになっています。しかし、地を這うような360と比べると少しソフィスティケートされてると思います。これは空力特性を煮詰めた結果のデザイン!空気抵抗値(cd値)は360と変わらないものの、360のウィークポイントだったダウンフォースが大幅に高めらることになりました。
 シャークノーズと呼ばれる特徴的なフロントノーズ回りのデザイン。プロジェクターヘッドライトは1つのランプでハイとロービームを切り替える仕様になっています。
 テール部分はエンツォと同じくテールランプ上面が露出した造形で新鮮さを演出していますね。
そして、テール下部には大型のディフューザーが装着されていて、走行時のダウンフォース発生に大きく貢献しています。装着タイヤはフロント225/35ZR19インチ、リア285/30ZR19インチ。これは360モデナよりもサイズアップされています。
PCM00192_09

PCM00192_10


Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.92>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館はココから始まった!↓↓↓↓↓↓↓
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館 始動!
92台目<File No.92>は記念すべき1台目と同じ、、、、、
PCM00192_01

PCM00192_02
フジミ 1/24 フェラーリ F430(伊)
PCM00192_03

PCM00192_04
─── F430 の基本

 フェラーリ F430 は2004年に発表されました。先代は「360」。
シャシーは360用をベースに改良されています。エンジンはV8はそのままで排気量が4.3リッターになりました。
これが430という車名の所以です。F355と360に採用されていた1気筒あたり5バルブは廃されポピュラーな4バルブとなっています。
最高出力は360と比べて90PSアップして490PSに。最大トルクは9.4kg·m高められて47.4kg·mとなりました。
トランスミッションは6速MTとF1マチック(こちらも6速)から選ぶことができました。F1マチックはハンドル後部にパドルシフトを備えたセミATです。
 生産は2009年まで行われました。
PCM00192_05

PCM00192_06

Car Models File-No.92 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.91>Final スカイライン GT-R(R32)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.91 /////////////////////////////////////

2回目ですが、今回がファイナルです(汗
タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R(R32)
PCM00191_07

PCM00191_08
─── スカイラインGT-R の定番チューン

 ゲームの話でなんですが、クルマのチューンの第1歩は軽量化!
 当時スカイラインGT-Rは、国内最強のスポーツカーとして君臨していましたね。GT-Rというネーミングが持つイメージからか、ゲームの世界だろうとリアルな世界だろうと、どちらでも最強のはず?!しかし、パワー勝負ならいざ知らず、コーナリング性能となると差は明らかで、他のクルマに負けていたと思います。
 その一番の原因は、「車両重量」でしょう。R32GT-Rの重量は1480kgもあるんです。ほかの280馬力でいえばNSXなら1390kg、FDRX-7が1260kg、ラリーベースのランエボVが1360kg。
 100kgの体重差があると余計な人間が1人〜2人乗ってるのと同じ。しかも、その重量がほぼフロントに乗ってるんだから、遠心力に負けてアンダーステアになるのも理解できますよね。
なのでコーナーリングで負けないように、まずは軽量化しましょう♪♪
PCM00191_09

PCM00191_10
─── スカイラインGT-R の定番チューン

 ゲームの話でなんですが、GT-Rのエンジンチューンは700馬力!
 R32GT-Rのために専用開発されたエンジンは、2.6リッター直列6気筒ツインターボの「RB26DETT」。
このエンジンは市販車状態では280psに抑えられていましたが、レースでは600psまで出力の向上を許容範囲とした構造になっていました。
 そのためエンジン本体に手をつけずに、周りの補記類のチューンだけでも400psに容易に届くことができたのです。このことはチューニングカーの世界にも大きな衝撃を与えました。
PCM00191_11

PCM00191_12

PCM00191_13

PCM00191_14

Car Models File-No.91 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.91>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.91 /////////////////////////////////////

91台目は、またまた、また?登場の、、、、、
PCM00191_01
タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R(R32)
レースカーを市販車バージョンに変更!なので、タイヤはスリック!
PCM00191_02
─── スカイラインGT-R 復活

 R32GT-R のおさらいを!
GT-RとしてはC10(ハコスカ)、C110(ケンメリ)につづく3代目で、1989年に発表。
ケンメリGT-Rの発表が1973年で生産台数はたったの200台弱、後に発表されたC210(ジャパン)、R30(ニューマン)、R31(7th)にはGT-Rの設定が無かったため、実に16年ぶりの復活でした。
 2568cc直列6気筒DOHC24バルブツインターボユニットは当時の国産スポーツカー最強の280psを誇った。
PCM00191_03
●タミヤのキットで私の好きな↑この正面!♪
ヘッドライト周りのデフォルメがキツ目ですが、そこがいい!精悍さが強調されています。
PCM00191_04
当博物館でも過去何台ものR32GT-R を紹介しました。
さすがにすべてをここで列挙するのも大変なのでで検索してみてくださいm(__)m
PCM00191_05

PCM00191_06
●いまだに多くのクルマファンに支持されているR32スカイラインですが、1/24の模型の世界ではタミヤ、フジミ、アオシマの3社から発売されています。ちなみにタミヤはエンジンまで再現されています。


Car Models File-No.91 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.90>Part 2 フェラーリ 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////

512TR→テスタロッサ→512TR とつづいたシリーズも今回が最後!
さっそく、ご覧ください。。。
PCM00190_07
フジミ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
PCM00190_08
最後にテスタロッサ→512TR のスペックの変化を記しておきましょう♪
テスタロッサ(前期)→テスタロッサ(後期)→512TRへとつづきます。
比べてみましょう♪♪♪
PCM00190_09
─── 前期テスタロッサのスペック

■全長×全幅×全高:4485×1975×1130mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1506kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュKジェトロニック ■圧縮比:9.2
最大出力:390HP/6300rpm ■最大トルク:50.0kg-m/4500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_10
─── 後期テスタロッサのスペック

■全長×全幅×全高:4485×1975×1130mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1506kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュKEジェトロニック ■圧縮比:9.2
最大出力:390HP/6300rpm ■最大トルク:50.0kg-m/4500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_11
─── 512TRのスペック

■全長×全幅×全高:4480×1975×1135mm ■ホイールベース:2550mm
■トレッド(F/R):1518/1660mm ■車両重量:1650kg
■エンジン形式:水冷180度V型12気筒DOHC4バルブ
■ボア×ストローク:∅82.0×78.0 ■総排気量:4942cc
■燃料供給:ボッシュ・モトロニック2.7 ■圧縮比:10
最大出力:425HP/6750rpm ■最大トルク:50.0kg-m/5500rpm
■サスペンション:4輪ダブル・ウィッシュボーン ■ブレーキ:4輪ベンチレーテッド・ディスク
PCM00190_12
スペックを見ると、燃料供給に違いがあるのがわかります。
この燃料供給とエンジン・マネージメント・システムの変更は、圧縮比のアップや馬力及びトルクのアップをもたらした。
注目したいのは、その出力とトルクの発生回転数です。大幅に回転数が上昇しています。
つまり、より高回転まで軽快に回るエンジンに変身したのです。
もちろん、その増大したパワーを受け止めるべく、トランスミッションのギア・レシオも変更されています。


Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR