博物館<File No.90>Part 1 フェラーリ 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////

テスタロッサ・シリーズ?3台目は再び512TR。
PCM00190_01
フジミ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
↓ ず〜っと下の方にあるロッソの512TR(博物館 File-No.88)と比べてみてくださいね♪
PCM00190_02

PCM00190_03
─── 512TRの512とTR

 「512」の「5」とは排気量の5リッター(4,942cc)のことですね。
「12」は12気筒エンジン(180°V型)のことを指し示しています。
「TR」とは、もちろん!テスタロッサ(Testarossa)を略したものですね。
PCM00190_04

PCM00190_05
─── タイヤサイズが変わった

 テスタロッサ→512TRへのモデルチェンジの中で、外観のデザインでは微々たる意匠変更ですが、一見してハッキリ分かるのがタイヤサイズではないでしょうか?
テスタロッサの16インチから512TRの18インチへ2インチアップのハイグリップタイヤに変更されています。
テスタロッサの欠点であった剛性不足を改良した512TR、この剛性アップがハイグリップタイヤの使用を許容して、コーナーリングに安心感をドライバーに享受することができたのです。
PCM00190_06


Car Models File-No.90 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.89>Part 2 フェラーリ テスタロッサ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.89 /////////////////////////////////////

映像NEWSを紹介♪
【ビデオ】「世界最高のドラッグレース」を今年も開催!9台の頂点に立つのはどの車?
前回のレースでは458イタリアを抑え、僅差でGT-Rが逃げ切りました。
今回はフェラーリは欠席、代わりにランボのフラッグシップであるアヴェンタドールとマクラーレンのMP4-12Cが参戦。
どうなるGT-R!勝てるのか?
PCM00189_07

PCM00189_08
もう一つ!
博報堂の「エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所」が発表した調査レポートを紹介♪
【レポート】退職後にお金をかけたいこと、男性2位は「クルマ・バイク」…博報堂調べ
私も含まれる40〜60代が、今後、お金や時間をかけたいことは、食べ歩き、ガーデニング・映画・エンタメや文化的娯楽なのですが、こと、男女を分けてみれば、男性は特にクルマ・バイクへの関心が強いことが分かりました。
86やBRZが大人世代に売れているということも納得ですね。
PCM00189_09

PCM00189_10

PCM00189_11
─── テスタロッサの由来

 よくいうお話ですが、テスタロッサはイタリア語で「赤い頭」ということ。これはエンジンのカムカバーが赤く塗られているところから名付けらました。
 エンジンは、排気量は4942ccのバンク角180°のV型12気筒4バルブDOHCエンジンです。
最高出力は390馬力、トップスピードは290km/hに到達しました。
PCM00189_12


Car Models File-No.89 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

10月号の模型雑誌を2冊、、、

まずは、その2冊ご覧ください。

model_cars_197
モデルカーズ 197号(2012年10月)
 発行:ネコ・パブリッシング
 定価:1,890円
model_graphix_201210
モデルグラフィックス 335号(2012年10月)
 発行:大日本絵画
 定価:780円

モデルカーズは86で、モデルグラフィックスは80年代バイクの代表。
表紙を見るだけで、ぴ〜んとくる方は間違いなく40代でしょうか?!
モデルカーズの右上、AE86は藤原とうふ店仕様、すなわち「頭文字D」
モデルグラフィックス、CB750 vs GSX KATANAは、すなわち「バリバリ伝説」
どちらも、しげの秀一先生の代表作 漫画です。クルマやバイクの描写は上手く、
どちらもブームを作りました。そして、今なお、様々な形で世に出ます。
バイクも作ろうかなぁ〜!

※モデルカーズには、「こだわりの工作虎の巻」という付録がついてお得!
どちらも見応え、読み応えありました<◎(二十丸)です



少し前になりますが、↓ 特集につられて買いました。
pen_20120815
pen 319号(2012年8月)
 発行:阪急コミュニケーションズ
 定価:600円

実は、こちらにも藤原とうふ店仕様のハチロクが出てきます。
一般の自動車雑誌とは違った特集の組み方なので新鮮というか、発見がありました。
「脇道の参考書」って感じでしょうか?
わからんか(汗

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.89>Part 1 フェラーリ テスタロッサ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.89 /////////////////////////////////////

2台目はテスタロッサ!♪
PCM00189_01
タミヤ 1/24 フェラーリ テスタロッサ(伊)
PCM00189_02
1984年10月のパリ・サロンで発表。先代512BBiからフラッグシップの座を引き継いで登場。
PCM00189_03

PCM00189_04
─── ダイナミックなデザイン

 テスタロッサのデザインは、ピニンファリーナ。そのデザインは先代BBより大きく変わった。
一言でいうなら「繊細からダイナミックへ」。ボデイサイドのフィンからリアへ曲面と曲線を上手く使って優雅さを演出しながらもリアエンドはスパッと切って直線としています。なんて美しいんでしょう!?
多分、現在のようにスポーツカー・デザインに対する厳しさや細かさではなくて、おおらかなさが感じられます。
 そして、そのボディ・デザインにベストと言える★型ホイールのデザイン。こちらも美しさはピカイチ!
斜め後方からと真横からのテスタロッサは、本当に美しいスポーツカーだと思います。
私的にも5本の指に入るクルマとです♪♪♪
PCM00189_05

PCM00189_06

Car Models File-No.89 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.88>Part 2 フェラーリ 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.88 /////////////////////////////////////

ロッソ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
PCM00188_07

PCM00188_08
─── テスタロッサを普通に曲がれるクルマに!

 512TRへのマイナーチェンジは、テスタロッサの問題点の解決が主題です。
テスタロッサの問題点は、コーナーリング。そう、スポーツカーにとっては、「走り」が美しくないと。。。とくにコーナーでスムースにラインを描けないと。テスタロッサは、捩じれてグニャグニャと曲がっていく。それはある意味、危険な事。原因は、ハッキリしている。ヤワいボディに重くて搭載位置の高いエンジン。
なんと!エンジンは440kgもあったのです。

※440kgとは12気筒エンジンとデフとギヤボックスの合計重量です(車両重量:1,650kg)
PCM00188_09

PCM00188_10
─── 努力の3cm!

 テスタロッサの諸悪の根源は、エンジンとギヤボックス。しかし、基本設計からの変更はできないから形式はそのままでした。だけど、エンジンを載せるマウントブラケットの変更でガンバって搭載位置を3cm下げることに成功しました。この3cmが、512TRの功績なんです。たった3cmではありません。440kgの巨体エンジンが暴れ回る位置が1mmでも低い方が安定方向にいいに決まっていますからね。
 もう一つヤワなボディもテコ入れ。テスタロッサでは、エンジンを受ける部分のフレームの床部分は、本体にネジ留めで固定でした。512TRでは、リヤ床部のフレームをネジ留めでなく、溶接の一体構造に変更しました。
 ネジ留めと一体溶接では天と地ほども剛性が変わるのです。
PCM00188_11

PCM00188_12

Car Models File-No.88 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.88>Part 1 フェラーリ 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.88 /////////////////////////////////////

今日から1台ずつご紹介です。
PCM00188_01
ロッソ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
PCM00188_02
─── フェラーリのフラッグシップ

 フェラーリのフラッグシップは12気筒エンジンを積んだモデルです。
365GT4BB →512BB→512BBi→テスタロッサ→512TRとなるわけです。
テスタロッサは誰がなんと言おうとスーパーカーです。しかし、スピードを競うスーパーカーではないです。テスタロッサ→512TRの頃には「F40」というV8ツインターボ・エンジンで速さを担うモデルが存在しました。スタイル的にもラグジュアリーなテスタとスパルタンなF40。個性ができあがっていました。この後、512TRはF512Mとなりますが、その後はMRを捨ててFRへと駆動方式を変更、グランツーリスモに磨きをかけていったのです。
ちなみにF40は、F50→エンツォへと速さを追求していくわけです.
PCM00188_03
↑ ロッソ製の特徴として、リトラクタブル・ヘッドライトは別パーツになっています。
といっても、開閉しない!
PCM00188_04
↑ エンジン・ベイの開閉はしません。よって、エンジンがありません(汗
PCM00188_05
↑ サイドのスリットは、ボディと一体になっています。スリットの奥側は別パーツです。
PCM00188_06
↑ ホイールの出来はよいです。ちゃんと凸凹が彫ってあります。形状も◎

Car Models File-No.88 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.88,89,90>Part 2 フェラーリ テスタロッサ & 512TR(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.88,89,90 //////////////////////////////

PCM00188&89&90_06
左:タミヤ 1/24 フェラーリ テスタロッサ(伊)
中:ロッソ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
右:フジミ 1/24 フェラーリ 512TR(伊)
PCM00188&89&90_07

PCM00188&89&90_08
─── テスタロッサと512TR

 テスタロッサのデビューは1984年10月2日。そして、512TRのデビューは1991年の秋です。
この7年の間にはフェラーリにとって大変な事情があったのです。創設者エンツォ・フェラーリの死は1988年8月14日。この年にTRの開発はスタートしています。エンツォ死後、フェラーリの新体制への勢力争い勃発。その混乱が納まったときフェラーリの社内はフィアットからの出向者が主流となっていました。彼らのようなフェラーリ新世代によって512TRの開発は継続、進められたのです.
PCM00188&89&90_09
─── フラット12はV型12気筒エンジン

 テスタロッサ、先代ベルリネッタボクサー(BB)のフラット12は、さすがに180゜V型12気筒エンジン、全長が120cm、幅は80cm以上です。ちなみにクランクの中心は地上から50cmのところにありました。その高さをTRでは約3cm下げることができたのです。TRの最高出力は428馬力。テスタロッサの390馬力からは38馬力、365BBの360馬力からは68馬力も向上しています。
PCM00188&89&90_10


Car Models File-No.88,89,90 //////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.88,89,90>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.88,89,90 //////////////////////////////

タイトル通り、今度は3台。。。
フェラーリ F40 の後は、フェラーリ!?
PCM00188&89&90_01
フェラーリ テスタロッサ & 512TR
PCM00188&89&90_02
タミヤ、フジミ、そしてロッソという3社それぞれのフェラーリ テスタが登場!
PCM00188&89&90_03
↑ 写真左から博物館<File No.89>タミヤ製フェラーリ テスタロッサ
真ん中、博物館<File No.88>ロッソ製フェラーリ 512TR
右側が、博物館<File No.90>フジミ製フェラーリ 512TR
PCM00188&89&90_04
↑ 後ろ姿は、写真左からタミヤ製、ロッソ製、フジミ製と続きます。
PCM00188&89&90_05
テスタロッサは大好きなスーパーカー!♪何度となく、この博物館に登場してます(汗
いままでに登場のテスタを紹介!!
博物館<File No.32>フェラーリ 512TR ドリドリ
博物館<File No.36>ケーニッヒ テスタロッサ コンペティション
博物館<File No.36>Part 2 ケーニッヒ テスタロッサ コンペティション
博物館<File No.50>テスタロッサ コンバーティブル
博物館<File No.50>Part 2 テスタロッサ コンバーティブル
博物館<File No.81>フェラーリ テスタロッサ(伊)
博物館<File No.81>Part 2 フェラーリ テスタロッサ(伊)
博物館<File No.81>Part 3 フェラーリ テスタロッサ(伊)
博物館<File No.81>Final フェラーリ テスタロッサ(伊)

Car Models File-No.88,89,90 //////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.87>Final フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.87 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
Part 12ですか。。。今回がF40特集の最後です♪
PCM00187_05

PCM00187_06
↑↓ ご注意)ワイパーが右に倒れておりますが、実車は左に倒れています。
お間違いないように。。。(汗
PCM00187_08
─── フェラーリ F40 の最高速は?

 フェラーリ F40 のエンジンは“ティーポF120A”と呼ばれています。
それは90度V8で排気量2964cc、各バンクに1基ずつ日本のIHI製のターボチャージャーを組み合わせたツインターボでした。
最高出力478ps/7000rpmで、メーカー公称のパフォーマンスデータでは、最高速度324km/hと発表されました。
PCM00187_09
─── フェラーリ F40 のまとめてトリビア!

其の1.標準のタイヤはピレリのP-ZERO、後にブリヂストンのRE71の選択可能となった
其の2.スパルタンなイメージわりにはエアコンが標準装備だった
其の3.ミッションはフルシンクロです、サーキット走行を主にされるオーナーのためコンスタントメッシュ(ドグミッション)を用意していた
PCM00187_10
─── フェラーリ F40 のスペック

■エンジン:V型8気筒 ツインターボ
■排気量:2936cc
■最高出力:478ps/7000rpm
■最大トルク:58.80kgfm/4000rpm
■ミッション:5速MT
■全長:4430mm
■全幅:1980mm
■全高:1130mm
■車両重量:1110kg
■タイヤ:F_245/40ZR17
■タイヤ:R_335/35VR17
■乗車定員:2名
■生産期間:1987年〜1992年
■デザイン:ピニンファリーナ

Car Models File-No.87 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

博物館<File No.87>Part 11 フェラーリ F40(伊)

今朝は、お墓参り。
夜は、輪くぐり、神事ですね。お盆の風情。後世に残さないと、、、。

次は、最近のNEWSを!
なんと![NEWS] 1/1スケールのモデルキットのオークション!?
[NEWS] 伝説のレースカー、アストンマーティン「DBR1」の"実物大プラモ"がオークションに!
とても現実離れしたキットですが、キットをこんな使い方で芸術にしたものも、、、↓
タミヤ パーツパネルコレクション シリーズ
高額ですね<どちらも
作るがいいのか、作らなくても、作れなくても今は、、、、

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.87 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
博物館<File No.87> F40特集の最後を飾ります♪
PCM00187_01

PCM00187_03

PCM00187_04
─── F40 を作った男たち!

 ニコラ・マテラッツィがその一で人である。ファラーリにあって308を知り尽くした彼が、288GTO、そしてF40を設計したわけです。
 フェラーリ技術部門にあって、マテラッツィは一人で288GTOエボルツィオーネとF40の開発をしていました。マテラッツィが308での問題点からエンジン・レイアウトを横置きから縦置きの変更するも、猫の手も借りたいほどの彼は、シャシー製作については「ミケロット社」に委託していました。ここはレース・ファクトリー、かつて308GTBのグループ4仕様やV8の縦置き化を図った308GT/Mを作った経験がありました。実はF40にはそのディテールに308GTBレース仕様と共通するところがあちこちあったそうです。
PCM00187_07
↑ フロントワイパーがとれて、反対を向いています(笑
これを参考に取り付けないでね〜♪
PCM00187_02


Car Models File-No.87 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.86>Part 10 フェラーリ F40(伊)

今夜も夜遊び?
さぁ、ブログ、Blog♪

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.86 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00186_04
↑ プラモデルの場合、このエキゾーストパイプの穴の位置も合わせが難しい。
エンジンの取り回しやらリアカウルの付け方から、いろいろ原因がありますが、要は仮組をしっかりと!♪
PCM00186_06

PCM00186_07
─── F40 のスペシャルシート!

 フェラーリ F40 のシートはレース用のように本格的なフルバケットタイプです。
リクライニングなんかしませんよ(笑)、前後のスライドのみ。
素材は軽量で強固なケプラーを使用、表皮はファブリック素材が貼られています。
 F40の発表当時、正規にディーラーから購入したユーザーは、イタリアのフェラーリ本社へ出張って、シート合わせをしなければなりませんでした。正規オーナーとしての優越感を味わうことができたのです。
PCM00186_08
─── F40 のスペシャルシート!つづき、、、

 フェラーリ本社へ出張って、さぁ〜シート合わせと意気込めば、、、、
なんと、シートのサイズは「Large」「Normal」「Small」と3種類しかなかったのです。
 さらに、フェラーリ?イタリアらしく、自分の注文したのと違うサイズのシートが付いて納車されてこともあったそうです。ディーラーの営業マンの心中を思うと、、、、ご苦労様。
PCM00186_09

Car Models File-No.86 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.86>Part 9 フェラーリ F40(伊)

お盆休みになりましたぁ♪
ここぞとばかりに映画も封切りを会わせていますので、夜は映画館!っということで、
ブログのエントリーは涼しいうちに、、、って、暑いです。
家ではエアコンを控えめに。。。

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.86 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
博物館<File No.86>タミヤ製フェラーリ F40…3台目の使者の登場です。
PCM00186_01

PCM00186_02
─── フェラーリ F40 のプラモデル!

 F40 は「キング・オブ・スーパーカー」といっても過言ではない名車です。
当然、模型メーカー各社が販売しています。
国産ならタミヤとフジミ、海外ではイタレリ、プロターなど、すべて1/24スケールのキットのお話です。
国産メーカーのものならば現在も容易に手に入れることができます。
それにレース仕様などのバリエーションも豊富です。
PCM00186_03

PCM00186_05
─── 模型メーカー毎のフェラーリ F40 の違い!

 違いといっても「間違い」のことではなくて、キット化に当たっての採寸した実車の違いのことです。
F40でキットやミニカーなどを比べると「あれ〜?」と思うところがあるのです。
分かりやすいのは、この ↑ アクリル製のリアウィンドのスリットの数です。
それは、市販車は左右5本のスリットとその下に1本のスリットがあります。
プロトタイプでは、左右10本のスリットになります。
もう一つ、ボディサイド後方の縦に開いているスリットの数も違います。
市販車は4本、プロトタイプはスリットが5本になります。
 キットの方では、ご覧の通りタミヤは市販車を元にしています。フジミはプロトタイプを元にしています。
海外メーカーは、イタレリは市販車ベースで、プロターは所有していませんので、、、(汗
調べてみたらプロトタイプのようです(大汗
PCM00186_10
↑ タミヤのF40はリアのエンジンカウルが開閉します。大変素晴らしいギミックなんですが、閉めたときにぴったり合わないんですね、これがっ!
最悪の場合は、開閉を諦めて接着する、、、と、きれいに治まります(何のこっちゃ?

Car Models File-No.86 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.85>Part 8 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.85 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00185_06

PCM00185_05
─── F40 のレース仕様!

 F40のスペシャルモデル、すなわちレース用の車両のことですが、IMSAに参戦していた「F40LM」やスーパーカー選手権に参戦していた「F40GT」が有名ですね。これらのレースカーは、イタリアのミケロット社が開発の委託を受けて製作したものでした。
PCM00185_08

PCM00185_09
─── フェラーリ社が手掛けたF40 のスペシャルモデル!

 フェラーリ社自身もスペシャルモデルを製作していました。その名は、「F40 コンペティツィオーネ」。限定10台の予定でしたが、さすがフェラーリ!?15台を生産しました。
しかし、このクルマはレースに出るところか、コレクターのガレージに収まり出ることはないでしょう(笑
PCM00185_10

PCM00185_11

Car Models File-No.85 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.85>Part 7 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.85 /////////////////////////////////////

博物館<File No.85>フェラーリ F40 の2弾目となりました♪
タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00185_01

PCM00185_02
─── F40には前期・後期型がある!

 F40に前期・後期型があるのをご存知?
当然、1987年〜が前期型、後期型は1991年〜の個体です。前期→後期の変化の大きなモノはサスペンションに車高調整が選べるようになったこと。基本的には改良っていうことでしょうか。その他には、後期型にはヘッドライトのアクリルカバーにシールドが追加されていたり、雨水が浸入しないようにリアカウルの接合点にラバー製のシールドが付加されていたり、リアカウルを開けた時にステーが当たる部分に強固な補強が施されていたり、フロントカウルとボディのすき間にはメッシュの泥よけが付けられたりと。
つづく→
PCM00185_03

PCM00185_04
→つづき
コストをケチった?!ところでいえば、フロントカウル内のラジエター周辺が前期型では、カーボン・ケプラー製だったのに、後期型は単にブラック塗装になってしまっていた、同じく、リアタイヤ後方のホイールアーチ内に収納されているオイルクーラー周辺もブラック塗装に変化。エンジンルーム内のオイルフィラーキャップの形状が前期後期で違っています。コックピットでは、燃料計のデザイン変更があげられます。
PCM00185_07

Car Models File-No.85 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.84>Part 6 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.84 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00184_05

PCM00184_06
25年を経て、F40は現役最速ランナー599に勝てるのか?
答えは、↓ のビデオで!
【ビデオ】2台のフェラーリ「F40」と「599」が、"公道の王座" を賭けて対決!
PCM00184_07

PCM00184_08
─── 意外にたくさん作られたF40

 F40の生産台数は、最初のアナウンスで400〜450台という限定品扱いで、購入希望者を募りました。が、希望者が多く、予定の生産台数を終えても生産は続けられました。フェラーリは、その後、生産予定台数を950台に変更するも、その数量を超えてもまだ生産は続けられました。結局の所、1987年からデリバリーされたF40は、1992年まで生産されました。
 その5年間での台数は、、、、予定台数の3倍強の1311台といわれています♪
PCM00184_09

PCM00184_10

Car Models File-No.84 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.84>Part 5 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.84 /////////////////////////////////////

今日はフェラーリに関するNEWSから。
[NEWS]:世界最長のフェラーリパレード、ギネス新記録へ…1000台以上が参加予定
一度は日本でのパレードに台数を超され、さらに記録を塗り替えようとイギリスはシルバーストーンサーキットで開催されるパレードに、すでに1000台を超えるフェラーリがエントリー。
どこから来るんだ??フェラーリ!
しかし、フェラーリが1000台って、どれくらいの数字なんだろう???

─── フェラーリが1000台は多いの?

 フェラーリの台数と言えば、日本には1万台程度が生息しているそうです。
もちろん、その大多数(2割強)は経済の中心地である東京に生息しています。
ちなみにこの愛知県には800台強、全国保有台数第3位。
PCM00184_01

PCM00184_02
タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
単体写真のスタートです。個体に大差ありませんが(汗
※ここはコレクション整理とアルバム、アーカイブを兼ねて全車に背番号を付けて管理しようと始めたブログです。
PCM00184_03

PCM00184_04

Car Models File-No.84 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.84,85,86,87>Part 4 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////

今日、久しぶりに「博物館」用の写真撮影しました。
暑いので、午前中の涼しいうちに、、、、なんて、あっつ!
午前中が涼しいなんて、40年前の話。もう、8時すぎたら寝てもいられない(暑

楽屋話ですが、100台目を撮影しました。
汗が飛び散る中で4台を撮りました。
エアコンが壊れててぇ。扇風機でといっても、ホコリが舞って、撮影の邪魔で。
たっぷり汗かいて、頑張りましたよ〜♪
まだまだ、博物館はつづきます!

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00184&85&86&87_14

PCM00184&85&86&87_15

PCM00184&85&86&87_16

PCM00184&85&86&87_17

今回がF40の集合写真のファイナルになります。
次回からは1台ずつ紹介していきます。

Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.84,85,86,87>Part 3 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
PCM00184&85&86&87_09

PCM00184&85&86&87_10

PCM00184&85&86&87_11
─── F40 は、おいくら?

 1987年7月21日に発表されたF40、日本に初めてお目見えしたのは、その年の年末です。
当時の日本のディーラーでの新車価格は4650万円
それから25年を経た2012年の日本市場での中古車価格は、、、、、、、
1991年あたりの年式で:3980~4980万円など、ほとんど新車価格と変わらず!
バブル景気で投資対象としてF40は引っ張り凧。並行輸入された新車が2億円を超えるモノまで出てきました。
良いんだか、悪いんだか? F40にとっては悲劇の観賞魚時代。
PCM00184&85&86&87_12
─── どうしてF40 は、4650万円が2億円越え?

 F40にどうして2億円を超えるほどの価値が付いてしまったのか?
F40の発売とタイミングがぴったりと合うバブル景気、その投資の対象として、高級車というクルマに白羽の矢が立ったが、どんな高級車でもOKかといえば、「NO」でした。同じフェラーリでもテスタロッサであれば、2000万円が5000万円でした。これでも異常だとは思いますが、F40は一線を超えていましたね。その理由は、日本人が好きな「希少性」「限定」というキーワードで煽ったセールスの結果でしょう。
 F40の場合のキーワードは、「フェラーリ創設40周年限定モデル」「フェラーリの創始者である、エンツォ・フェラーリがその開発にタッチした最後のクルマ」「エンツォ・フェラーリが夭逝した今、フェラーリでこういう限定車はもう出ない」「持っていれば後々、高く売れるクルマ」こんな言葉で顧客の購買意欲を煽ったのです。そして瞬く間に噂が広がり、あぶく銭を儲けた人たちによって2億円という値が付いたのです。顧客の中にはクルマに全く興味のないオーナーも多かったと聞きます。
PCM00184&85&86&87_13
↑ こんな並べ方はないかな?

Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.84,85,86,87>Part 2 フェラーリ F40(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////

タミヤ 1/24 フェラーリ F40(伊)
集合写真第2弾♪
PCM00184&85&86&87_05
─── 写真の間違い探しの答え

 一番右のF40<File No.87>のワイパーが他の3台と違いますよね。どうも、外れていたようです。
この撮影の後、紛失していました。運良く階段で発見しましたので、いまは元通りで〜す!
 もう一つ、ドアミラーの形状が違うのがわかりますか?
タミヤのF40を作ったことのある方ならご存知でしょう、ドアミラーパーツは2種類入っているです。
市販車が、どちらのタイプのドアミラーを装着するのかがわからない時点でのキット化だったのでしょう?!
PCM00184&85&86&87_06

PCM00184&85&86&87_07
─── あためて、F40

 フェラーリ F40 は、1987年7月21日にフェラーリが創設40周年を記念して発表したクルマです。
これは、1984年のジュネーブショーにおいて、フェラーリが新しくスタートしたグループBのホモロゲーションを取得するためのモデル、288GTOを発表しました。だがしかし、スポーツカーレースのタイトルはグループBではなく、さらに戦闘力の高いグループCによって競われることになり、288GTOはデビュー前にその活躍の場を奪われてしまいました。
PCM00184&85&86&87_08
─── 288GTOの生きる道

 当時のグループBの規定では、200台の最低生産台数の中に20台のエボルツィオーネ(エボリューションモデル)を含むことが認められていたのです。それにフェラーリは創業40周年を目前に、記念するのに相応しいスーパースポーツの発売を計画していました。それに白羽の矢が立ったのが、288GTOエボルツィオーネだったのです。
そしてそれがカタチを変えF40として生まれ変わることとなったのです。


Car Models File-No.84,85,86,87 ///////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR