博物館<File No.79>Part 2 '68 コルベット L-88(米)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.79 /////////////////////////////////////

レベル 1/25 '68 シボレー コルベット L-88(米)
PCM00179_03
─── コークボトルデザイン

 C3コルベットは一般に”スティングレイ”と言われます。そのデザインはコークボトルラインと呼ばれ、原型はビル・ミッチェルとラリー・シノダによって創られ、1965年に公開されたスタイリング・スタディモデル“Mako Shark II”がそれです。“Mako Shark II”は発表されるや否や、人々はそのグラマラスなデザインに魅了され市販化を望んだのです。“Mako Shark II”のグラマラスラインの面影を残したまま、市販車初のTバールーフを採用し1968年に10月にヴェールを脱いだのです。
PCM00179_04
─── Sting Ray か Stingray

 1968年型として発売された新型モデルのC3コルベットは先代(C2コルベット)”スティングレイ”のフレームと足回り、パワートレインまでもそのまま流用して全く新しいデザインのボディを被せたクルマでした。そのグラマラスでセクシーなボディのおかげで、誰もが先代スティングレイと同じシャーシを使ったクルマとは分かりませんでした。
 ”スティングレイ”という呼び名は新型にモデルチェンジした1968年型で消えてしまいました。しかし、翌年69年にまた復活、不思議なことに、なぜか綴りが旧型のSting Rayの二つの単語からStingrayとひとつになりました。スティングレイとは魚のエイの一種ですが、辞書によればどちらの綴りでも正しいことになっています。
PCM00179_05
↑↓ このサイドのスタイルはマッハ号!
PCM00179_06
─── 再び消えた Stingray

 ”スティングレイ”という呼び名の続きですが。1977年にデザイナーのビル・ミッチェルが引退しました。と同時に”スティングレイ”のエンブレムが外されたと言われます。つまり、1977年型からは再び”スティングレイ”(Stingray)が消えたのです。

Car Models File-No.79 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.79>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.79 /////////////////////////////////////

また、間が空いてしまった m(__)m
今回は古いですよ~。

レベル 1/25 '68 シボレー コルベット L-88(米)
第三世代のコルベットは、C3と呼ばれ1968年から1988年型まで15年間製造されたロングセラーモデルです。
PCM00179_01
─── 時代の波に激しく揺れる

 登場当時のアメリカの自動車産業界はパワフルなV8ユニット搭載モデルがもてはやされ、いわゆるパワーウォーズがエスカレートして頂点に達した時代でした。しかし、その後180度方向が傾き、排出ガス規制で一気にパワーダウンを余儀なくされ、安全基準の強化によってバンパーやフェイスパーツの形状変化を強要された。さらにコンバーチブルの生産を自粛させられ、燃費にも厳しい規制が強いられた。まさに時代の波に飲まれ、生きるために逆らうことなく合わせた結果の15年間には、暴力的なハイパワーモデルからラグジュアリーなスポーツモデルまで巾広いにも関わらず、各々に熱狂的なファンがたくさんいる第三世代コルベットなのです。
PCM00179_02

Car Models File-No.79 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.78>Final ジャガー XJ220(英)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ジャガー XJ220(英)
ジャガーXJ220は2台目です。以前のモデルは ↓ こちらから。
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.30>
博物館<File No.30>Part 2 ジャガー XJ220
ジャガーの歴史も今回が最終回です。

─── ベントレーより美しく+ベントレーより安い=ジャガー

 1979年、ジャガーは新たな経営トップとして社外からジョン・イーガンを抜擢。彼は、生産体制や抜本的な経営の見直しに着手し、作業員の意欲向上、日本企業並みの品質管理による改善を行いました。その厳しい目は、さらに販売面へも、顧客からのフィードバックを反映してさらに商品開発に繋げていく、さらには経営陣のリストラまで推し進めて改革を成功に導いたのです。その後、保守党のマーガレット・サッチャー首相の民営化政策によって、1984年にジャガーは再び民営化ることになったのです。
PCM00178_13
 抜本的な体質改善を行なったジャガーは、1985年に死去したライオンズが最期にデザインをチェックしたといわれるXJ(XJ40)を1986年にデビューさせました。このクルマは完全な新設計でしたが、スタイル的にはレトロ、要は初代XJの呪縛にかかったクルマだったのです。しかし、クオリティ面では「低品質」という悪評を打破することに成功しのです。1975年にEタイプの後継として投入されていたXJSも、マイナーチェンジを重ねて信頼性の向上に努め、1980年代後半にコンバーチブルモデルを追加し、アメリカ市場を中心に人気車となりました。
 また、1985年からは世界耐久選手権に参戦、1986年にはXJR-8でシリーズチャンピオンを獲得、さらに1988年には、XJR-9LMでル・マン24時間レースに優勝、これは31年ぶりに快挙で、ジャガーはかつての名声を取り戻したのです。同年1988年10月のバーミンガムショーでXJ220はデビューしました。
PCM00178_14
 1989年に転機、ブランドイメージを高く評価したフォードグループが、25億アメリカドルでジャガーを買収してしまいます。てなわけでフォードの傘下に入ることとなってしまったジャガーは、同時期に買収されたランドローバーやボルボなどとともに、フォードグループの高級車部門の一翼を担うこととになったのです。
 フォード傘下に入った後には、リンカーンやフォード車とのコンポーネントやパーツの共用化を進め、かつての人気車だったミドルクラス・サルーンのSタイプや、初の小型車であるXタイプを市場に投入、矢継ぎ早なモデルレンジ拡大を計ったのです。また、2000年はジャガーのメモリアル・イヤーとなりました。それはジャガーの名を冠したジャガー・レーシングの名でモータースポーツ最高峰のF1に参戦したのです。
 2000年代後半にまた転機、リーマンショック以降の不況でフォードグループの経営不振から高級車部門を切り売り。なんと!ジャガーとランドローバーはタタ・モーターズに2008年3月26日に約23億ドルで買収されたのです。
ただ、タタ(しゃれ?)の目的は、自社のブランド力の向上です。そのツールとして最適だったのが、ジャガーとランドローバーという高級車メーカーの買収であると考えられます。この2つのブランドの補充により、タタ・モーターズをグローバル・ブランドとして認知させて行く、そんな狙いがあったと思われます。
PCM00178_15
─── ジャガーのマスコット

 1930年代、当時はラジエターキャップの上にマスコットを付けることが流行していました。
このマスコットは「フードクレストマーク」、フードマスコットとも言います。
ジャガーには、その名も「ザ・リーピング・ジャガー」
 ちなみに、ロールス・ロイスは格納式のフードクレストマークです。「スピリット・オブ・エクスタシー」という名前がついています.

Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.78>Part 3 ジャガー XJ220(英)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ジャガー XJ220(英)

─── ジャガー「冬の時代」へ

 1939年9月に第二次世界大戦が勃発。ジャガーというメーカーでさえも乗用車の生産から軍用車両の委託生産へシフト。終戦後の1945年に社名を「ジャガーカーズ・リミテッド」に変更しました。「SSカーズ」「SS」は敵国だったナチスドイツの総帥アドルフ・ヒットラーを護衛する親衛隊を連想させるという理由でした。
PCM00178_12
 1948年には、高級車ブランドとしてのイメージを決定付ける重要なモデルが発表されました。そのモデルは、XK120というスポーツカー。その流麗なスタイリングと高性能なエンジンは、なんと「DOHC」、にもかかわらずライバルであるアストンマーチンやベントレーと比べて圧倒的に安価だったことから大人気車種となったのです。
PCM00178_09
 さらに1950年代には、自動車史上初めての4輪ディスクブレーキを備えたCタイプとDタイプを投入し高性能なフェラーリやメルセデスベンツ、ポルシェなどのライバルを圧倒。ル・マン24時間レースで5回の優勝を飾るなどモータースポーツでも大活躍。もう一つ、1950年代にはEタイプや、スモールサルーンであるMk2も市場に投入、世界最大の自動車マーケットであるアメリカでも成功を収めました。世界的にジャガーは高性能なブランドイメージを確立することに成功しました。なぜなら、1960年には高級車メーカーのデイムラーを買収するほど経営基盤も磐石なものになっていました。
PCM00178_10
 1966年7月ライオンズは、経営体制をさらに強固にするためにイギリス最大の「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」と合併、「ブリティッシュ・モーター・ホールディングス」を結成。しかし、主要モデルの販売不振のため経営不振に陥ってしまいます。事態を重く見たイギリス政府は、イギリス自動車産業の生き残りをかけて「レイランド・モーター・カンパニー」と統合させます。「ブリティッシュ・レイランド・モーター・コーポレーション」が誕生しました。
PCM00178_11
 そんな中、ジャガーは1968年にスモールサルーンの後継モデルとなる「XJ」を市場投入。しかし、合併・統合の影響で作業員のレベルは低下、品質の低下をまねき販売台数も大幅に減少してしまいました。また、よき時代を知る古参の従業員たちが引退、ライオンズ自身も1972年に経営の座から退きました。加えてオイルショックの影響も受け、世界的に自動車の販売自体が激減する。倒産寸前になった会社は、遂に1975年8月に国営化され、ブリティッシュ・レイランドとなります。

ジャガーにとっては、まさに永い「冬の時代」を進むことになるのです。(つづく)

Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.78>Part 2 ジャガー XJ220(英)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ジャガー XJ220(英)
PCM00178_05

PCM00178_06
─── 二人のウィリアム

 オートバイ・マニアだった21歳のウイリアム・ライオンズと友人のウィリアム・ウォームズレー、二人のウィリアムは1922年に「スワロー・サイドカー・カンパニー」というサイドカーを製造する会社をライオンズの故郷であるイギリス北部の海辺の町「ブラックプール」に設立します。早くも1926年には事業拡大のため工場を移転して自動車のボディ修理も手がけるようになります。ここから自動車のボディ製造をきっかけに、自動車メーカーへの転身することになるのです。

 ライオンズは、その価値観の中で「美しい物は売れる」という信念を持っていました。ライオンズは、1927年に当時のイギリスでベストセラーとなっていた大衆車の「オースチン・セブン」のシャシーに、彼自身がデザインしたアルミ製ボディを換装したモデル「オースチン・セブン・スワロー」を発表しました。高級感のあるオースチン・セブン・スワローには、2人乗りのロードスターとサルーンがあり、1932年までに約2500台を生産するヒット車になりました。デザインが美しければそれを求める顧客は必ず存在する、たとえ換装前のクルマより値段が高くなっても、とライオンズは確信していたんです。
翌1928年に社名を「スワロー・コーチビルディング・カンパニー」に変更し、社屋をコヴェントリーへ移しました。そこでは、さらにベースとなる車種を広げてメーカーから調達して新たなボディを架装、また内装も本革やファブリックを使いて豪華に仕立て直すようになったのです。
PCM00178_07
 さらに1933年には、専用設計のシャシーを持つ「SS1」と「SS2」を発売。そのヒットをうけて社名を「SSカーズ・リミテッド」に変更。1935年には、ついにボディだけでなくエンジンとシャシーを含む全てを自社で設計としたモデルを開発することに成功したのです。この新型車には今まの生産車と区別するために「ジャガー」をいう車名を新たに付けました、「SSジャガー 2・1/2」の誕生です。
 このモデルは、同じイギリスのハイクラスの高級車であるベントレーを思わせる豪華なデザインと、それに劣らない高性能をはるかに安い価格でユーザーに提供したのです。高い人気を得るのは当たり前のこと、この頃から高級車の製造が事業の中核となりました。上位メーカーに劣らない内外装デザインや性能を、安価で顧客に提供するというこのポリシーは、ジャガー社が今も掲げる重要な基本理念の1つです。
PCM00178_08
 21歳という若さでサイドカー製造メーカーを創業したライオンズは、わずか13年で会社を著名な高級車メーカーへと発展させることに成功しました。ただ、創業者の友人ウォームズレーは、事業の拡大に反対し会社経営から退いてしまいました。

Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.78>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////

今回で2台目となります……
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.129
ジャガー XJ220
PCM00178_01

PCM00178_02
前回の ほほ 1/24 世界のクルマ博物館は ↓ こちらから……
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.30>
博物館<File No.30>Part 2 ジャガー XJ220
PCM00178_03

PCM00178_04
─── イギリスはブラックプール

 ジャガーXJ220は、社内の技術者たちが自主的に製作し、1988年のバーミンガムモーターショーでプロトタイプが公開されました。当時のジャガーは、紆余曲折を経て、かつての名声を取り戻し復活を果たした頃でした。今回は、そんな波乱万丈のジャガーの歴史を講釈しようかなぁ。(XJ220ネタ使い切り;)

つづきは、次回(えっ!


Car Models File-No.78 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.77>Final レクサス LFA

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////

今日はタイムリーな news から。
なんと!つや消しの LFA 現る!
豊田新会長、レクサス LFA で登場…自工会会見
続いても LFA ネタ。
タミヤ、本社公開イベント「オープンハウス」で「LFA」のベアシャシー展示
↑これは、次に紹介するイベントに合わせてタミヤさんが催すイベントです。
BRZやアヴェンタドールの実車展示も行われた「第51回静岡ホビーショー」開幕
アヴェンタドールですよぉ♪楽しそうで、否、楽しいに決まってますね!

ここから博物館、今日はファイナル・ラウンド!
ファイナルは、つい最近ショールームで撮影した実車の LFA と共に紹介しましょう♪♪
タミヤ 1/24 レクサス LFA
PCM00177_13
コンパクトなV10エンジンを程よく再現。スタビライザーやエアクリーナーやサージタンクも必要最小限で。
LFA_02

PCM00177_14
リヤウイングをアップ用に交換。ダウン用とで2種あって、マグネットにより付け変え可能です。
LFA_04

PCM00177_15

LFA_01

PCM00177_16

LFA_03
実車と比較することで、あらためてタミヤの出来の良さがわかるカットです。

Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.77>Part 3 レクサス LFA

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 レクサス LFA
F1譲りのV10エンジンでトップスピードは325km/h!
PCM00177_09

PCM00177_10

PCM00177_11

PCM00177_12
─── レクサス LFA スペック
■新車価格:37,500,000円(消費税込)
■販売開始年月:2010年12月
■全長×全幅×全高:4505×1895×1220mm
■最低地上高:115mm
■ホイールベース:2605mm
■トレッド前/後:1580mm/1570mm
■車両重量:1480kg
■エンジン型式:1LR-GUE
■エンジン:V型10気筒DOHC
■内径×行程:88.0mm×79.0mm
■総排気量:4805cc
■圧縮比:12.0
■燃料供給装置:EFI
■最高出力:412kW(560ps)/8700rpm
■最大トルク:480Nm(48.9kgm)/7000rpm
■燃料タンク容量 :73リットル
■使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション前/後:ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
■ブレーキ前/後:ディスク/ディスク
■タイヤ:前265/35ZR20(95Y) 後305/30ZR20(99Y)
■乗員定員:2名
■トランスミッション:6速 ASG(Automated Sequential Gearbox)
■駆動方式:FR

─── レクサス LFA プラモデル
■メーカー:タミヤ
■発売:2011年2月
■スケール:1/24
■定価:\5,250
■シリーズ:スポーツカー No.319
※現時点でオンリーone!

Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.77>Part 2 レクサス LFA

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////

今晩は、リアルタイムで「ワイルド・スピード X2」を放送してますね。
ダッジにシボレー、ランエボにエクリプス。ニトロで爆走っ!ちらちら横目でブログゥ♪

タミヤ 1/24 レクサス LFA
トヨタ 2000GT の再来。40年を経てトヨタの本気が甦る。
PCM00177_05

PCM00177_06
─── スーパースポーツ開発とニュルブルクリンク

 ホンダ NSX、日産 GT-R、国産車といっても現在その開発にはドイツのニュルブルクリンク北コースが必要不可欠になってます。世界をみればポルシェだって、コルベットだって。ニュルのタイム更新報道が繰り返されています。
もちろん、LFAだって走っています。そのラップタイムは、脅威の7分14秒64!量産市販車では文句なくトップレベルです。この記録を達成したLFAは、空力や足回りをさらに磨き上げることでサーキット走行に最適化したという「LFA ニュルブルクリンク・パッケージ」というモデルです。エンジンの最高出力は560psから571psにパワーアップされ、6速セミATのシフトチェンジに要する時間も短縮されている。専用チューニングが施されたサスペンションによって車高は標準モデルのLFAよりも10mm落とされ、専用メッシュホイールにタイヤはブリヂストンのポテンザ RE070を採用。ドライバーは、LFAでニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する飯田章選手です。
PCM00177_07

PCM00177_08
↑ そのタイムアタック映像はこちら!↓
これが証拠!ニュルブルクリンク最速記録を達成した「レクサス LFA」の動画が正式公開!

Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.77>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////

NSX、GTRに続くニッポン第3のスーパースポーツ!
「究極の国産スーパーカーを作る」
PCM00177_01

PCM00177_02
タミヤ 1/24 レクサス LFA
トヨタ自動車の社内でスーパーカー計画が持ち上がり「LFA」の開発がスタート。2002年からF1に参戦することも重なって、F1マシンのイメージを付加するためにV型10気筒エンジンを搭載することになった。
PCM00177_03

PCM00177_04
─── 全世界56ヶ国で限定500台

 レクサスのプレミアムスポーツ「F」シリーズの頂点である2シータースポーツ「LFA」。560馬力を発生する4.8リッターV型10気筒エンジンを搭載し、トランスミッションには、「ASG(Automated Sequential Gearbox)」と呼ばれる、2ペダルの6速シーケンシャルトランスミッションを採用。エンジンやトランスミッションなどの重量物をホイールベース内側への配置するフロントミッドシップレイアウトを採用しています。LFAは全世界限定500台、国内向けでは165台の販売台数です。販売価格は37,500,000円(税込)となっています。
もちろん、LFAの購入希望申込は2010年1月13日で終了していますので悪しからず。

Car Models File-No.77 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.76>Final メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)
PCM00176_13
─── バリオルーフについて

 SLの重要なポイントであるバリオルーフは、スイッチ操作でわずか16秒で開閉することができるんです。
PCM00176_14
↑ 今日はFinalなので、バリオルーフを閉めてみよう♪
チリが合っていませんネ(大汗
PCM00176_15
─── パワーユニットについて

 AMGにおいて製造されるエンジンは、「One man - one engine(ワンマン ワンエンジン)」の哲学と厳格な品質基準に従って、ひとりのマイスターが一基のエンジンを最初から最後まで責任をもって組み上げています。 エンジン上には組み上げたマイスターのサインが記されたプレートが輝いているんです。
 SL63 AMGには最高出力525ps/6,800rpmを発生するAMGが自社開発した高回転型の6.2リッターDOHC V型8気筒エンジンが搭載されている。レーシングテクノロジーから生み出されたこのエンジンは、シリンダーブロックにおいてシリンダーとブロック外壁がほぼ一体に成型されたクローズドデッキ式を採用しており高いブロック剛性を確保しています。
PCM00176_16
─── メルセデス・ベンツ SL63 AMG (R230) スペック
■新車価格:19,390,000 円(左ハンドル)
■型式:CBA-230470
■全長×全幅×全高:4600×1820×1300mm
■ホイールベース:2560mm
■ボディタイプ:オープン・カブリオレ・コンバーチブル
■トレッド前/後:1570/1555mm
■ドア数:2ドア ■乗員定員:2名 ■車両重量:1990kg
■エンジン型式:156
■最高出力:525ps(386kW)/6800rpm
■最大トルク:64.0kgm(630Nm)/5200rpm
■種類:V型8気筒DOHC ■総排気量:6208cc
■内径X行程:102.2mm×94.6mm ■圧縮比:11.3
■燃料タンク容量:80リットル
■10モード/10・15モード燃費:4.7km/リットル
■ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
■サスペンション(前):4リンク式
■サスペンション(後):マルチリンク式
■ブレーキ(前後):ベンチレーテッドディスク
■タイヤ(前):255/35R19 (後):285/30R19
■最小回転半径:5.1m ■駆動方式:FR ■トランスミッション:7AT

─── メルセデス・ベンツ SL63 AMG (R230) プラモデル
■メーカー:アオシマ
■発売:2009年12月
■スケール:1/24
■定価:\3,990
■シリーズ:ザ・ベストカーGT No.06

Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.76>Part 3 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////

花の金曜日(古っ…の movie & news!
先日、EV版のデロリアンの販売をご紹介しましたが、さらにこんなニュースが、、、。
なんと、今回は、ナイトライダー(ファイヤーバード・トランザム)のEV版の販売です。
完全受注生産! 世界初のナイトライダー「ナイト2000EV」が本日より販売開始!
KNIGHT2000EV(電気自動車)販売
販売価格は1280万円也。

ここからは博物館の話題です。
アオシマ 1/24 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)
PCM00176_09

PCM00176_10
─── AMGについて

 AMGと書いて何と読みますか?
「エーエムジー」?ドイツ語読みなら「アーエムゲー」なんですが、私は「アーマーゲー」!
私というより我々の世代はっ!ですね。「アーマーゲー」って悪そうでいいですよね♪
調べるとAMGを最初に輸入した業者が当時(70年代)BMWがベーエムベーって呼ばれてたのに対抗して付けた呼び名みたいです。現在はAMGジャパンが無くなって正式にはよくわかりませんが「エーエムジー」が主流ですね。

ちなみに
A:ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(創業者)と
M:エバハルト・メルヒャー(エンジニア)が
G:グロース・アスパッハ(地名)で
作ったクルマという意味です。
PCM00176_11

PCM00176_12
 AMGは1967年にレース用自動車エンジンの設計・製造会社としてスタートしましたが、後に「ブラバス」や「ロリンザー」のようなメルセデス・ベンツ車を専門にチューンニングを行うようになりました。現在(1999年に買収)は、メルセデス・ベンツの傘下でチューニング部門の役割を担っています。

Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.76>Part 2 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)
 つい先日6代目にバトンを渡した5代目メルセデス・ベンツSL(W230型)は、2001年から2011年までというロングセールスでした。バリオルーフ(電動格納式ハードトップ)を採用したのもこのモデルからでした。
 2008年に登場の後期型は、大きなフェイスリフトを受けたせいで、前期型とは印象が全く違います。最大の違いはフロントヘッドライト回り。丸目4灯ライトからつり目のヘッドライトに変更されて、とても精悍になりました。
PCM00176_05

PCM00176_06
─── メルセデス・ベンツのグレードって

 メルセデス車のグレードの見分け方は、まずイニシャルで表示されるクラスで分けられます。
Aクラス…最小のFFクラス Bクラス…小型のFFハッチバック車 Cクラス…主力の小型FRの4ドアセダン CLクラス…Sクラスベースの4シータークーペ CLSクラス…Eクラスベースの4ドアクーペ Eクラス…主力中型上級FRの4ドアセダン Gクラス…高級本格クロスカントリー4WD  GLクラス…最上級クロスオーバーSUV GLKクラス…コンパクトなクロスオーバーSUV Mクラス…高級SUV Rクラス…セダンベースの高級ミニバン Sクラス…最上級大型FRの4ドアセダン SLクラス…高級2シーターカブリオレ SLKクラス…2シーターライトウェイトカブリオレ Vクラス…1BOXタイプのミニバン SLRマクラーレン…最も高額なスーパースポーツカー SLS AMG…スーパーカー(笑
このイニシャルのあとに排気量を表す3桁の数字がつきます。
例えば、Cクラスの1800ccであればC180。しかし、W203型Cクラス(2000年販売)から、その法則が途絶えています(汗

※A、B、V、GLK、SLR以外にはハイパフォーマンスモデルのAMGが設定されています。
※EクラスとCクラスにはステーションワゴンとクーペの設定があります。
ふ~、間違いないかな?疲れたぁ~♪
PCM00176_07

PCM00176_08
AMGについては、後日!


Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.76>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////

以前、ちょろっとお見せしましたカーモデルの順番が巡ってきましたよ♪
実車の方は、先日、新型が発売されています。
アオシマ 1/24 メルセデスベンツ SL 63 AMG(独)
PCM00176_01
ベンツ SLの5代目の後期型です。実車(AMG)は2008年5月に販売開始!価格は1939万円~
PCM00176_02
キットは、アオシマ 1/24 ザ・ベストカーGTシルーズ No.006
定価:3,990円(税込)で現在も入手可能です。
PCM00176_03
エンジン付きキットです。↑ 写真でわかりますが、若干チリが合わず、ボンネットの左側が浮き気味ですね。
完成後に頑張って温めながら修正しようと試みましたが、この辺りが限界でした、、、(汗
PCM00176_04
新型(6代目)メルセデスベンツ SL 63 AMGについて
The new SL/日本メルセデス・ベンツ日本公式サイト

Car Models File-No.76 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.75>Final トヨタ スープラ 3.0GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
PCM00175_11

PCM00175_12
─── A70型スープラ前期型のまとめ

 「リアルスポーツカー」を謳い登場したスープラ。その足回りには、トヨタ 2000GT以来となる4輪ダブルウィッシュボーンがおごられ、3リッターの直6DOHC・7M型ユニットは2000GTに搭載されていた2リッターの3M型にそのルーツをたどることができるのです。スープラの主力マーケットである北米市場には、ブリスターフェンダーを装着したワイドボディが存在しますが、国内では全幅1690mmの標準ボディのみのラインナップでのスタートでした。しかしその後、ワイドボディやエアロトップがバリエーションに加わっています。
 ワイドボディは、3.0GTターボリミテッドにまず採用されました。3.0GTターボをベースにフロントフェンダー、リアクォーターパネルを大型化して215/60Rサイズタイヤをそのうちに収めています。トレッドも拡大されて、コーナーリング性能も向上されたのです。
PCM00175_13

PCM00175_14
 エアロトップはスープラの人気を決定付けたアイテムです。セミオープンのデタッチャブルルーフを備えたもので、そのルーフは、付属の専用6角レンチを使って4本の太いボルトで固定されています。レバー式のロック機構を採用しなかったのは、重いスチールルーフを確実に固定するためだそうで、またボルト結合によってルーフ装着時はボディ剛性をアップさせる狙いもあったそうです。
 スープラは、開発段階からエアロトップの設定を視野に入れてボディ設計がされていたので、重量はノーマルルーフと比べても約30kgアップに留められています。


Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.75>Part 3 トヨタ スープラ 3.0GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////

間が空いてしまいましたm(__)m
何年ぶりかに体調崩して寝込んでしまいました。
週末は同窓会で、もうひと頑張りしなきゃぁ♪っと忙しいです。

博物館の前にnewsを一つ。
新巨大市場 86、ゲーセン…若者向けのはずがシニアばかり
8,000台を販売したトヨタの86、なんと2,000台が50歳以上のシニア層だったと。
だろうとは想像がつきましたね。ドライビング、いや、クルマの楽しさを知ってるのはこの世代ですよね!
ちなみに私はこの下の世代(汗

では、博物館。
タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
PCM00175_07

PCM00175_08
─── スープラのライバルはソアラ

 A70型スープラはソアラの兄弟車。すなわち多くの部品を共有する、というより同じプラットフォーム。これには訳があります。ソアラはデビュー当時から大ヒット車種となっていました。明確にスペシャリティカーというクラスを作ったのもソアラ。このクラスに参戦しようとスバルもアルシオーネという未来型スタイリングのクルマをぶつけてきましたが砕け散りました。が、身内であったセリカXXも販売面では苦戦を強いられてしまうのです。
 ソアラとセリカXXは、共にトヨタの最新の技術を投入されたフラッグシップ的な役割を持つクルマであり、その性格も「高級グランドツーリングカー」という似たような位置付けとなっていました。そこで、あえてプラットフォームを共有することで、コンセプトを分けよう♪ とスープラとしての開発が進められたのです。
 そのコンセプトは、「ソアラは最高級プレステージスペシャリティ」として、トヨタ先進技術の粋を結集したクルマづくりを目指す。「スープラはより運動性能を高めたスポーツカー」が狙うというものだったのです。

「グランツーリスモ」から「リアルスポーツカー」へ。…スープラは生まれたのです。
PCM00175_09

PCM00175_10


Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.75>Part 2 トヨタ スープラ 3.0GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
PCM00175_03

PCM00175_04
─── あらためてスープラのこと

 初代スープラは1986年2月、セリカXXの後継車として登場。開発コンセプトは、ハイパフォーマンス・スペシャルティ。2代目ソアラとメカニズムの多くを共用していますが、スープラの方がスポーツカー的な雰囲気がありますね。最も高性能なモデルが、この230psの3.0GTターボです。86年6月に天井が外せるエアロトップが発売されました。
PCM00175_05

PCM00175_06
─── TOYOTA 3000GT

デビュー当時のキャッチフレーズに「TOYOTA 3000GT」というコピーがありました。いにしえの「トヨタ 2000GT」の復活?どちらのネーミングが好きですか、スープラ?それとも3000GT?

Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR