ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.75>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////

今日は模型関係の news をひとつ。
第51回静岡ホビーショー開催、一般公開は5月19日、20日
タミヤからは、86 & BRZ が。アヴェンタドールはアオシマが参戦で、フジミと競作に。
静岡はプラモデルの聖地、仕事ではよく行きましたが、このイベントには縁がないです。

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT
70スープラの前期型です。
キットは、1/24 タミヤ トヨタスープラ Gr.A MINOLTA を使用しています。
PCM00175_01
今日はさわりということで(汗
PCM00175_02
関連 File:フジミ 70スープラ ターボ A コンバーチブル
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.55>
博物館<File No.55>Part 2 スープラ コンバーチブル(A70)

Car Models File-No.75 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.74>Final トヨタ セリカ LB 2000GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 トヨタ セリカ LB 2000GT
PCM00174_11
─── キットについて

現行で手に入りそうなキットは、いずれもアオシマ製です。
■セリカLB 2000GT
 メーカー : アオシマ
 スケール : 1/24
 定価 : \1,890
 シリーズ : ザ・ベストカー ヴィンテージ No.53
※最近スポット生産していましたね。

■セリカLB 2000GT
 メーカー : アオシマ
 スケール : 1/24 定価 : \2,520
 シリーズ : ザ・チューニングカー シリーズ No.008
PCM00174_12

PCM00174_13
─── 街道レーサー

 街道レーサーとは、1980年代ころの走り屋の呼称です。しかし、本来のレーサーの意味ではなく、改造されたクルマやその乗り手のことを指します。改造されたクルマというのは、当時のクルマをシャコタンにしてチンスポ、オーバーフェンダー、そびえ立つマフラー、派手なカラーリング等を施したカスタムカーをいいます。まさに、このセリカLBは街道レーサー!
 名前の由来は、1980年代に登場したモーターマガジン社の自動車雑誌「ホリデーオート」の読者投稿コーナー「Oh!My街道レーサー」で、前述のスタイルの改造車が数多く登場したことによる。
PCM00174_14
─── ホリデーオート前編

 30年前よく読んでいた自動車雑誌といえば、ベストカー、ホリデーオート、CARトップ。当博物館にも蔵書がたくさんあります。当時の発行部数を調べてみると、多い順にベストカー、CARトップに次ぎ、ホリデーオート。今回は3番目に発行部数が多かったホリデーオートにスポットライト!
↓ 写真左からヤングオート(最近購入したものです)、ドライバー、ホリデーオート、ベストカー、CARトップ(すべて89年くらい)
20120423_01
─── ホリデーオート後編

 ホリデーオートはモーターマガジン社が発行する自動車雑誌です。創刊は、1971年。現在の価格は340円で毎月10日に発売される。雑誌の内容は新車情報や試乗レポートが中心です。
 しかし、80年代は独特な自動車雑誌でしたよ。当時は月2回の発行(10日と26日)でした。雑誌の表紙を飾るのはクルマではなく、当時旬なアイドル歌手や若手女優をカバーガールとして使用していました。中森明菜なども出ていました。さらに独特の最たるものといえば、「Oh!My街道レーサー」というコーナーを措いて他にありません。そこには一般読者の製作したチューニングカーや一歩間違うと(間違ってる)族車などの改造車の投稿を掲載していたのです。このコーナーのお陰で、プラモ業界はチューニングカー、族車というカテゴリーを新たに得たのです。クルマ雑誌界では、80年代後半には、チャンプロード(バイク)、ヤングオート(クルマ)という暴走族やヤンキーを読者とする雑誌が生まれてくるきっかけになったかも知れません。
↓ ゆっくりご覧ください。
20120423_02
↑ 読者投稿コーナー系は、雑誌の巻末のカラーページにあります。
まずは、「Oh!My街道レーサー」コーナー。
20120423_03
↑ 左上には、セリカ1600GTですね~!「Oh!My街道レーサー」コーナーは5ページ、結構なボリュームです。
20120423_04
↑ 何だぁあぁ~このコーナーはっ!「ホリデー GAL コンテスト」これは、彼女自慢だね。しかも水着(眩しっ!
20120423_05
↑ 最終ページには、新コーナー「全国艶姿 SS 娘天国」!SSって、あなた、サービス・ステーションですよ!
無人ステーション、セルフサービスが多い世の中なのに。いい時代でしたね。

→こっ、こ、これは!今なら集客手段として使えません!?きれいな娘がいたら行きますよ!

Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

GTアカデミー、期間限定イベント開催!

ソニー・コンピュータエンタテインメントからアナウンスがありました。

グランツーリスモ、GTアカデミー 2012 無料配信…日産の冠イベントも用意

「グランツーリスモ」の入門編ということですね。ライセンスに近いことをするんでしょうか?
思い起こせば、グランツーリスモで最初にハマったのが、ライセンスのタイムですね。「金」は当然ですが、ネットでタイム登録できるサイトがありました。参加者の方のタイムを見て、燃えましたねぇ♪
今回もランキングが表示されるようですので、単純なら燃えるでしょうねぇ(笑

※Car Models File-No.74 セリカLBファイナルの予定でしたが、追加で資料の写真撮影をしていました。
 次回は必ず、セリカLBファイナルをエントリいたします。ご容赦ください。
PCM00174_10

テーマ : PS3
ジャンル : ゲーム

博物館<File No.74>Part 2 トヨタ セリカ LB 2000GT

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 トヨタ セリカ LB 2000GT
PCM00174_05

PCM00174_06
─── トヨタの野心

セリカから派生したセリカLBには、トヨタの戦略が見て取れます。それは、セリカLBをトヨタの高性能スポーティカーのフラッグシップに仕立てるということです。付け加えるならば、セリカにも2.0Lエンジン搭載車がありましたが、それには「GT」という称号が付かなかったことからも伺えます。
 シャシーはセリカと同一ですが、ボディは全長、全幅は大きく、ここがミソ!→全高のみ少し低くされた。これによって、見た目にはひとクラス上の印象を与えることに成功している。
 セリカはコンパクトに絞り込んだ印象を受けるスタイリングであったのに対して、セリカLBは寸法一杯を利用して、のびのびした印象を作っています。セリカLBの「リフトバック」たる所以となるリフトバック・ドアを持つファストバック・スタイリングを採用したことも、それに貢献しています。その後セリカLBは、セリカXXそしてスープラへとトヨタのスポーティーカーのフラッグシップへと成長してゆく訳です。
PCM00174_07

PCM00174_08
─── セリカLBの評価

 当時のセリカLBは、米国の人気モデル、フォード・マスタングにそっくりといわれました。その甲斐もあってか人気は高く、セリカ全体の人気喚起にも一役買いました。矛盾しているようですが、そっくりなことがマイナスではなくて、セリカLBという商品価値を高めた、要するに、お客のニーズに合った。メーカーが性能や経済性を押しつけではなく、ユーザーの人気や望む商品性を大事にしなくてはならない、というような風潮がこのセリカLBから始まったのではないでしょうか。クルマづくりにマーケティングが導入されるきっかけになったんでしょうね。
PCM00174_09
次回は、セリカLBファイナルです!


Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.74>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////

アオシマ 1/24 トヨタ セリカ LB 2000GT
ザ・チューニングカー シリーズです。OH! MY 街道レーサー!
PCM00174_01

PCM00174_02
─── LB それは“リフトバック”

 初代セリカの登場は1970年。
1969年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカーである「EX-1」をベースとしたセリカは、翌年1970年の12月に登場。発売時のボディタイプは、2ドアハードトップクーペのみでした。
 1973年4月にボディタイプの追加がありました。これが、前年の1972年のモーターショーに出品されたコンセプトカー「SV-1」をベースにした、セリカリフトバックだったのです。ボディスタイルの特徴はテールゲートを備えた3ドア・ハッチバックとなっていました。このリフトバック ( LB ) には1,600ccでOHVとDOHC、2,000ccでSOHCとDOHC の計4機種のエンジンが用意されました。これがLFAに続く物語の始まりです。
PCM00174_03

PCM00174_04
関連 File:ハセガワ セリカ 初代
ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館 <File No.52>
博物館<File No.52>Part 2 トヨタ セリカ 1600GT

Car Models File-No.74 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

博物館<File No.73>Final '39 シェビー クーペ ストリートロッド

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////

モノグラム 1/24 '39 シェビー クーペ ストリートロッド(米)
今日がファイナル!
PCM00173_13

PCM00173_14
───アメリカン・グラフィティ

映画好きとしては、どうしても書きたかった!
アメリカン・グラフィティは、
1973年製作、米作品
監督は、「スターウォーズ」「インディ・ジョーンズ」のジョージ・ルーカス
出演は、リチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワードほか
ストーリーは、、、、
 1962年の夏。北カルフォルニアの小さな町。高校を卒業し、それぞれの道を歩みだそうとしている若者たちの一晩の出来事を追った青春群像劇。仲のよい4人は、カート(リチャード・ドレイファス)、スティーブ(ロン・ハワード)、テリー、ビッグ・ジョンの4人で、将来のことを悩むこの若者たちに一歩踏み出す勇気を与えてくれたのは、ラジオから聞こえてくるウルフマン・ジャックのトークにロックン・ロール♪ ケネディー暗殺の前で、まだアメリカが希望に満ちていた幸福な時代とその後の暗い未来が見事に表現されています。
PCM00173_15

PCM00173_16
───ホットロッドに目覚める

映画には数多くのカスタムカーが登場します。中でもビッグ・ジョンの黄色い1932年型フォード・モデルB 通称 “Deuce”(デュース)はホット・ロッド。このエンジンむき出しに当時やられた!ドラッグレースの対戦相手のボブが乗っているのは、1955年型のシボレー150のホットロッド。テリーのバイクはベスパで、テリーがスティーブから借りるのは1958年型のベルエア・インパラ・スポーツクーペ。カートが乗っているのはシトロエン2CV。妹のローリーが乗っているのは1958年型のエドセル。カートが追っかける美女が乗っていたのは1956年型のフォード・サンダーバード。カートがからまれるファントム団の輩は、1951年型のマーキュリー・クーペや1958年型のオースチン・ヒーレーやコルベットなどを駆っていた。


Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

博物館<File No.73>Part 3 '39 シェビー クーペ ストリートロッド

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////

モノグラム 1/24 '39 シェビー クーペ ストリートロッド(米)
PCM00173_09

PCM00173_10
───ストリートロッドは富の象徴

ストリートロッドとは、Part 1 で書いたように 1948年以前のアメリカ車に対し、現代的なパフォーマンスを与えたカスタムカーの事をいいます。
 こうしたストリートロッドの製作には莫大なお金と時間がかかります。アメリカではセレブな趣味なんです。人生の成功者や仕事をリタイアした人の趣味のクルマとして、ストリートロッドは富の象徴として輝いています。このように非常に敷居の高いストリートロッドではありますが、この日本でも美しいストリートロッドを所有している人がいるんでしょうねぇ?!(羨
PCM00173_11

PCM00173_12
───購入できるキット!?

「輸入プラモは一期一会」、これ格言!
見たその時に買わないと、次回に、、、なんては、あり得ない!
で、しばらく時間が経ってしまいましたが、ご紹介します。
■ '39 シェビー クーペ ストリートロッド(輸入プラモ)
 メーカー : Revell(レベル)
 発売 : 2010年7月
 スケール : 1/24
 定価 : \3,990


Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.73>Part 2 '39 シェビー クーペ ストリートロッド

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////

モノグラム 1/24 '39 シェビー クーペ ストリートロッド(米)
PCM00173_05

PCM00173_06
───知ってますか?

Yokohama Hot Rod Custom Show
今年で21回なんですね。日本でありながら、本場アメリカはもちろん世界中のメディアから注目を集めるワールドワイドなカスタムショーに発展を遂げた“Yokohama Hot Rod Custom Show 2012”
今年は、“Deuce” 80周年で、イベントもありそうですね。楽しみ!
PCM00173_07

PCM00173_08
───Deuceって?

今回は、シェビーすなわちシボレーなんですが(汗
Deuce(デュース)とは、“アメリカン・グラフティ”ネタになってしまいますが、劇中登場したクルマの中で最も有名なのがジョン・ミルナーのデュースクーペです。1932年製のFORD B TYPEがベースといわれてます。”Deuce”とはこの時代のフォード車のニックネームなのです。50年代になって、これらをベースにしたホッド・ロッドが流行したのです。


Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.73>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////

スカイライン特集から旧車へ、、、、今回は久方ぶりの外国車。
う~ん、アメリカン・グラフィティ
モノグラム 1/24 '39 シェビー クーペ ストリートロッド(米)
PCM00173_01

PCM00173_02
───シェビーって?

シボレーの社名は、元々レーシングドライバーであり車の設計士でもあった創設者「ルイス・ジョセフ・シボレー」の名に由来しています。
1911年、GM社の創設者でもあったウィリアム・C・デュラントがGM社の社長を退任した後に、ルイス・シボレーとシボレー社を共同で設立しました。
ルイスの愛称がシェビーだったためシボレー社の車もシェビーの愛称で呼ばれるようになりました。(シボレーchevroletは正確にはシェブロレイと発音します。)
PCM00173_03

PCM00173_04
───ストリートロッドって?

ストリートロッドは1948年までに生産されたアメリカ車をベースにしたカスタムカーの呼称で、フォード・モデルBや、1937年式フォードがベースカーとしては人気を誇っています。カスタムとしては足回りの変更によるロワード化(ローダウン)、エンジンチューニングや改装を行います。また、ホットロッドの様にエンジンフードやフェンダーを取り外したり、屋根を切断し低く見せるチョップドトップを行ったりすることはありません。しかしカスタムペイントやオーディオカスタムなどは同様に行われます。ベースとなる車両が同じなこともありホットロッドと一緒にする場合もありますが、近年では区別する場合が多いようです。


Car Models File-No.73 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.72>Part 3 いすゞ117クーペ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////

博物館 part3
フジミ 1/24 いすゞ 117クーペ
ハンドメイド最初期型

PCM00172_07

PCM00172_08
───117クーペのキット

117クーペは1968年から1981年と非常に長いスパン生産され、いすゞのフラッグシップと位置づけられていた。その間に3度のマイナーチェンジをするが、モデルチェンジは行われず一代限りのモデルとなった。プラモデルでは、素晴らしいのはフジミ。117クーペの3態、すなわちハンドメイトタイプ、前期型、後期型のすべてをキット化してくれています。従来は童友社からのキットがベストでしたが、現在の評価ではフジミがベストキットです。しかし現在は、後期型以外は手に入れ難い状況ですね。お店で残ったのを見つけたら…即・買いっ!

↓ すべてフジミの商品、スケールはもちろん 1/24 です。
□ いすゞ 117クーペ 後期型
 発売 : 2005年2月
 定価 : \2,625
 シリーズ : ノスタルジックレーサー NR-13

□ いすゞ 117クーペ 前期型
 発売 : 2005年3月
 定価 : \2,625
 シリーズ : ノスタルジックレーサー NR-11

□ いすゞ 117クーペ ハンドメイド最初期型
 発売 : 2005年1月
 定価 : \2,625
 シリーズ : インチアップ ID-2(現在は別の商品番号)
ハンドメイドタイプは、残念ながら絶版(泣
PCM00172_12

PCM00172_13

PCM00172_14

Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.72>Part 2 いすゞ117クーペ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////

最近、高速道路関連の仕事?をしているので気になった ↓ このnews!
[新東名]SA・PAで買える開通記念プラモデル
いよいよ14日開通ですね<新東名

博物館 part2
フジミ 1/24 いすゞ 117クーペ
ハンドメイド最初期型
PCM00172_03

PCM00172_04
───117クーペハンドメイド最初期型のスペック

エンジン:直列4気筒DOHC/G161W型
総排気量:1584cc
最高出力:120ps/6,400rpm
最大トルク:14.5kgm/5,000rpm
トランスミッション:4MT
サスペンション:前・ダブルウィッシュポーン/コイル
        後・リジッド/リーフ
ブレーキ:前・ディスク
     後・LTドラム
タイヤ:645H-14-4PR
全長x全幅x全高:4,280x1,600x1,320mm
ホイールベース:2,500mm
トレッド:前・1,325mm
     後・1,310mm
車両重量:1,050kg
乗車定員:4名
車両価格(当時):172.0万円
PCM00172_05

PCM00172_06
───流麗なボディデザインはカロッツェリア・ギアによる

カロッツェリア・ギアとジョルジェット・ジウジアーロ
ギア社は、1963年カーデザイナーのトップだったルイジ・セグレの死後、経営が不安定で1967年にはライバルデザイン会社のオーナーであったアレッサンドロ・デ・トマソの手に渡っていた。しかしこの間、1965年にセグレの後任のチーフデザイナーとしてジョルジェット・ジウジアーロが入社していた。
このジウジアーロ時代の代表作としてはマセラティ・ギブリ(1966年)、デ・トマソ・マングスタ、イソ・リヴォルタ・フィディア(ともに1967年)がある。ギア社は当時日本ではいすゞ自動車と契約(1964年・5年契約)を結んでいた。いすゞ117クーペもこの時期のギアの秀作の一つである。これらのクルマには共通するデザインモチーフが見て取れる。また、ジウジアーロのデザインではないが、いすゞフローリアン(1966年プロトタイプ発表・1967年発売)もこの時期のギア社のデザインとなる。
この後1968年、ジウジアーロはギアを辞めて自らの会社・イタルデザインを興した。後任のチーフデザイナーはトム・チャーダで、フォード社製5,750 ccのOHV・V8エンジン搭載のデ・トマソ・パンテー ラの開発に関わっている。
PCM00172_11

Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.72>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////

今回も旧車です。好きな方がたくさんみえます。
現在でもよく見かけます。非常にスタイリッシュなクーペ。
フジミ 1/24 いすゞ 117クーペ
PCM00172_01

PCM00172_02
───ハンドメイド117

いすゞ117クーペは、1968年12月に発売。しかし、少量限定生産車だったことから「ハンドメイド117」と呼ばれる。117クーペは1981年に後継車の「ピアッツァ」が登場するまで3度のモディファイを受ける。
 第1期:1968年~1972年…ハンドメイド初期型、販売価格172万円、月産台数30~50台程度
 第2期:1973年~1976年…前期型、自動車排出ガス規制のためエンジン出力ダウン
 第3期:1977年~1981年…後期型、ヘッドランプが丸形から角形4灯に変更
PCM00172_09
───117って何の数字?

117という車名の由来は開発コードで、1967年発売のいすゞ大衆車「フローリアン」のコードネームが「117サルーン」で、そのクーペ版という位置づけ。そのためシャーシやドライブトレーンをフローリアンと共有している。
美しいボディデザインは、カロッツェリア・ギアに在籍していたジョルジェット・ジウジアーロが担当する。プロトタイプである「ギア・いすゞ117スポルト」は1966年3月のジュネーブ・モーターショーで発表され、そのショーの中でコンクール・デレガンスを受賞した。
PCM00172_10
明日は「ギア」について。

Car Models File-No.72 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.71>Part 2 ハコスカ GT-R

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.71 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R ハードトップ
PCM00171_07

PCM00171_08
───S20型エンジン

GT-Rといえば、やはりエンジンありき。スカイラインの父である桜井眞一郎氏を中心として開発された、純レーシングカーであるプリンスR380。そのR380で使用されていたGR8型エンジンは1,996ccで200馬力を超える。このエンジンをベースにストロークを0.2mm短縮し、一般道での使用を考慮したチューニング変更を行ったのが、S20型エンジンである。このエンジンは、ハコスカGT-R以外にフェアレディZ(Z432)にも搭載された。
PCM00171_15

PCM00171_16
3気筒づつをそれぞれ1本に纏められたステンレス製等長エキゾーストマニホールドを採用。
ギアボックスは日産自動車内製で、ディファレンシャルギアには多板クラッチ式LSDを装備。
サスペンションは、前ストラット、後セミトレーリングアーム。
ブレーキは、前/ディスク、後/リーディング・トレーリング式ドラム。
PCM00171_13

PCM00171_14
───購入できるキット…ハードトップ編

■ニッサン スカイライン 2000GT-R ハードトップ
 メーカー : タミヤ
 スケール : 1/24
 定価 : \2,625
 シリーズ : スポーツカー No.194

■スカイライン HT 2000GT-R(KPGC10)'70
 メーカー : アオシマ
 スケール : 1/24
 定価 : \1,890
 シリーズ : ザ・スカイライン No.15

■ニッサンスカイライン GT-R(KPGC10)ハコスカ DX(エッチング付)
 メーカー : フジミ
 スケール : 1/24
 定価 : \2,730
 シリーズ : インチアップ ID-115
PCM00171_11
───購入できるキット…セダン編

■ハコスカ 4Dr 2000GT-R(PGC10)'69
 メーカー : アオシマ
 スケール : 1/24
 定価 : \1,890
 シリーズ : ザ・スカイライン No.03

■ハコスカGT-R 4ドア 1969(PGC10)
 メーカー : フジミ
 スケール : 1/24
 定価 : \1,680
 シリーズ : インチアップ ID-3
PCM00171_12

関連 File:マルイ版 KPGC10 スカイライン GT-R
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.6>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.6>Part 2

Car Models File-No.71 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.71>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.71 /////////////////////////////////////

───「ダットサン」復活

3月21日の新聞に記事が載っていました。 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、インドネシアの首都ジャカルタでの記者会見で、創業期の代表的なブランド「ダットサン」を新興国向けに復活させ、低価格車を発売するとのことでした。
日産自動車には、それを代表する二大ブランドがありました。ひとつは、この「ダットサン」。そしてもう一つ、今回の主役「プリンス」です。
もともとは、プリンス自動車として1947年に創業(創業時は「たま電気自動車」)、数々のクルマを世に送り出し、モータースポーツの世界にも華々しく活躍したメーカーでした。しかし、経営難に陥り1966年に日産自動車と合併したのです。
PCM00171_01
タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R ハードトップ
通称:ハコスカ GT-R

PCM00171_02
───スカイラインとしては3代目

1957年4月にプリンス・スカイライン(ALSI型)が誕生します。これが初代。当時はプリンス自動車ではなく、富士精密工業という社名だったようです。2代目は1963年11月にプリンス・スカイライン(S5型)で登場。3代目は日産・スカイライン(C10型)として1968年8月に発表されました。
PCM00171_03

PCM00171_04
───ハコスカ GT-R の概要

開発は、プリンス自動車の頃よりS74型として進められていたそうです。発売は日産自動車との合併後の1969年2月です。発売当初は、スカイライン2000GT(GC10型)はセダン(4ドア)のみでした。GT-Rも当然ながらセダンボディで発売されたので、「おとなしいセダン・ボディに獰猛なエンジンを秘めた」という意味で「羊の皮を被った狼」と呼ばれました。この初代の前期型をPGC10型(1969年~1970年)と呼びます。
PCM00171_05

PCM00171_06
───ハードトップの登場

1970年10月にC10型ボディのホイールベースが70mm短縮された2ドアボディが追加されたことに伴い、GT-Rはセダンボディに替わりクーペとなり、ハードトップと名付けられたKPGC10型となったのです。PGC10型(前期型)との相違点は、リアホイールアーチにFRP製の黒いオーバーフェンダーの装着、フェンダーミラーを砲弾型からタルボ型※へ、一体型テールランプから2分割型へ変更、フロントグリルのデザインも変わりました。より低くなったクーペボディは空気抵抗を低減し、短縮されたホイールベースによって、さらに運動性能が高くなったGT-Rは神話となったのです。(カッコいい)

※タルボ型ミラーって?
ミラーガラス部分のみが角度調整できるタイプ。現行ミラーのほとんどはこのタイプ。
以前のものは、ミラー角度調整がミラーのボディー全体で行うタイプ。
PCM00171_09
───走り優先、装備は…

スパルタンなGT-Rの装備は非常に簡素化されたものでした。ガラスは青色の熱線吸収タイプではなく、無色透明タイプになり、リアの曇り止め用プリント式熱線やモール類、ホイールキャップが装備されないというものでした。当然、カーラジオもオプション設定でした。
現在、目にするKPGC10前期型GT-Rにはリアウイングが装着されていることが多いですが、もちろん、オプション装備品です。
PCM00171_10
総生産台数はPGC10型が832台、KPGC10型が1,197台。

マルイ版 KPGC10 スカイライン GT-R
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.6>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.6>Part 2
↑ 昨年、当博物館でエントリしたものです。比べて見てください。

Car Models File-No.71 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.67 & 68 & 69 & 70> トヨタ ソアラ

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.67 & 68 & 69 & 70 ////////////////////

ソアラ、全車集ゴー!

と、その前に本日のnewsを2つ紹介。
2011年度二輪車市場動向…自工会調べ
バイク市場も冷えていますね。応援のために、「ほぼ 1/12 世界のバイク博物館」をオープン?ーバックヤードに4台ほど置いてあります(笑
我々の世代は、バイク好き多いですよね。しかも、みんなビッグ・バイク!頑張って、教習所通って大型免許取得してます。近所の同級生もハーレーに乗ってます。

もう一つ、以前のエントリーでデロリアンEVという話がありましたが、、、こんなnewsが
人気は底知れなかった! デロリアン・モーター・カンパニー日本法人設立へ!!
アメリカ生まれでイギリス育ち、心はフランス、これっな~んだ?
これがデロリアン。

あらためて、ソアラ集合!
初代 Z10型
タミヤ 1/24 トヨタ ソアラ 2800GT
2代目 Z20型
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00167&68&69&70_01
右下に見苦しいものが写ってますがスルーしてね(苦笑
PCM00167&68&69&70_02

PCM00167&68&69&70_03

PCM00167&68&69&70_05

PCM00167&68&69&70_06

PCM00167&68&69&70_06

PCM00167&68&69&70_07

PCM00167&68&69&70_08

PCM00167&68&69&70_09
バック紙も含め4台撮影は無理だなぁ。。。

Car Models File-No.67 & 68 & 69 & 70 ////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.70>Part 2 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.70 /////////////////////////////////////

今日のmovie!
中国、「スーパーカー天国」の実態[動画]
稀少なスーパーカー群ですね。オーナーも若い方が多いんでしょうね。中国人は、クラシック・スーパーカーよりもネオ・スーパーカーを好むそうです。この映像をご覧いただいた後に ↓ のニュースを!

今日のnews!
【北京モーターショー12】栄威 950…上海汽車、高級車ブランドの最上級車を発表
どういったモータリゼーションを歩むのでしょうか、中国は?
ソアラのような高級パーソナルクーペも生まれるのだろうか?

博物館の後半です。
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00170_11

PCM00170_08
───2代目ソアラに見る高級

2代目ソアラのスタイリングは、基本的には初代と共通しています。しかし、新旧モデルを比較してみると、両車には歴然とした差がありました。それは「精度」。2代目は初代よりもはるかに洗練されていて、クオリティも高かったのです。たとえば、ボディ面とガラス面の段差は、なんと!わずか1mmしかなかったのです。
PCM00170_09

PCM00170_10
───ソアラ 3.0GTリミテッドの足

エアサスペンション─それは空気バネを使い、さらにそれを電子制御する。この電子制御エアサスは、走行条件の変化を8個のセンサーで感知し、電子制御でバネとダンパーの固さや車高を調整するというもの。エアサスの長所は乗り心地。凸凹が連続する路面では、ゴムボールを押しつぶした様な突き上げ感が抑えられた感触が伝わってきます。しかし、一般的な路面では当りの感触がとてもソフトで、乗り心地は快適です。
PCM00170_11

PCM00170_12

PCM00170_13
明日はいよいよ、このソアラ特集の締めくくり。全車集合っ!

Car Models File-No.70 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.70>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.70 /////////////////////////////////////

社会的なニュースを紹介します。
40歳代、自動車関連の支出は月3万円…生協連調べ
世のお父さん世代は、大変な時なのです。家のローンに教育費、余裕無いっすね。
暫し、模型に専念しよっと!

今回の博物館は、ソアラ・リターンズ♪
フジミ 1/24 トヨタ ソアラ 3.0GT Limited
PCM00170_01

PCM00170_02
今回のモデルは、オプション・カラーであるダンディブラックトーニングII
PCM00170_03

PCM00170_04
───2代目ソアラ後期型のスペック表

後期型:1988年~1991年
乗車定員:5人
ボディタイプ:2ドアクーペ
エンジン:直列6気筒DOHCターボ
排気量:2,954cc
最高出力:240PS/5,600rpm
最大トルク:35.0kgm/4,000rpm
※プレミアムガソリン仕様
変速機:4速AT/5速MT
駆動方式:FR
サスペンション:4輪ダブルウイッシュボーン
全長:4,675mm
全幅:1,725mm
全高:1,335mm
ホイールベース:2,670mm
車両重量:1,510kg
ブレーキ:4輪ベンチレーテッドディスク
PCM00170_05

PCM00170_06
───ダブルウィッシュボーン

ソアラのサスペンションは、と言うよりトヨタとしては、2000GT以来の4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用しました。このダブルウィッシュボーンというのは、タイヤを上下2本のアームとショックアブソーバーで支えるサスペンション型式のことを言います。2本のアームで支えるため頑丈で、設計の自由度が高くなるのです。理想的なアライメントが設計できるので、市販車からレーシングカーまで幅広く採用されています。しかし、部品点数が多く複雑でコストもかかるため、居住空間を犠牲にできない市販車には不向きなので、ソアラのような高級車やスポーツカーなどに採用されることが多いです。
PCM00170_14

Car Models File-No.70 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR