博物館<File No.64>Part 2 ニスモ R34GT-R Zチューン

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.64 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ニスモ R34GT-R Zチューン
NISMO R34 GT-R Z-tune
NISMO創立20周年の2004年に発売されたロードゴーイングマシン、究極のR34スカイライン。
PCM00164_07

PCM00164_08
キットについて

■ニスモ R34 GT-R Zチューン
 メーカー :タミヤ
 発売 :2005年6月
 スケール :1/24
 定価 :\2,940
 シリーズ :スポーツカー No.282

■NISIMO R34 スカイライン GT-R Z-tune
 メーカー :アオシマ
 発売 :2005年6月
 スケール :1/24
 定価 :\2,310
 シリーズ :Sパッケージ Ver.R No.59
ピンポイントのタミヤとバリエーションのアオシマ、意味不明ですが(汗
アオシマ版も作らなきゃ。
PCM00164_11

PCM00164_12
これ以降コメントありません(大汗;
画像をお楽しみください?!
PCM00164_13

PCM00164_14

PCM00164_15

PCM00164_16
で、スカイラインは続くよ。。。。。。。


Car Models File-No.64 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.64>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.64 /////////////////////////////////////

スカイライン特集!いきますよ~♪
究極のR34スカイライン
PCM00164_01

PCM00164_02
タミヤ 1/24 ニスモ R34GT-R Zチューン
NISMO R34 GT-R Z-tune
日本語より↑こっちの方が格好いいなぁ♪
PCM00164_03

PCM00164_04
究極!

こんな言葉がぴったりのGT-R。
それは、2005年の東京オートサロンの日産ブース、その中でひときわ注目を集めていたのが、1770万円というスーパープライスが付けられた究極のコンプリートカー、が「NISMO R34GT-R Z-tune」なのだ。
NISMOが創立20周年を迎えるにあたって、4年の歳月をかけて開発されたロードゴーイングスーパーマシン、2004年に発売された。このコンプリートカーは熟練メカニックにより1台ずつ、ハンドメイドで徹底的に作られる。
ボディパネルにカーボンパーツを使用。サスペンションは車高ダウンによるジオメトリーの変化に対応するため、アーム類を新設計している。ブレーキはブレンボとの共同開発品で、フロントは対向6ポッドキャリパーに365mm径の2ピースローター、リアは対向4ポッドキャリパーに355mm径1ピースローターが装着される。エンジンはノーマルとはまるで別物。シリンダーブロックなどパーツの大半がGT選手権用マシンのモノに変更され、最高出力500ps以上、最大トルク55.0kgmという脅威のスペックを誇る。
PCM00164_05

PCM00164_06
あらゆるシーンにおいて高性能!

NISMO R34GT-R Z-tuneの凄いのは、最高速度300km/hを軽く超えるこのマシンでありながら、普通の乗用車と同様のメンテナンスで乗ることができるということ!
炎天下の渋滞時からレーシングスピードでのサーキット走行まで、全領域が常用可能!
PCM00164_09

PCM00164_10
限定20台のまさに究極のGT-R


Car Models File-No.64 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

最後の砦は、お宝の山?

ちょっと一服、COFFEE BREAK。

今日は、私が大変お世話になっている模型店を紹介しましょう♪
しかし、お店の了解をいただいておりませんので、それに拙ブログを見て「大人買い」されても困ってしまいますので匿名で、、テヘッ(笑

お店の名前は○○○屋、40年前には既に存在していました。
が、自宅からは離れていました。小学生である自分のテリトリーには入りません。駅に近くって、ちょっとした冒険だったのです。よく通うようになったのは中学生になってからです。基本は“ジジババ”の「たばこ&駄菓子屋さん」です♪お店の中は、↓こんな感じでした。
heimen-1980
子供心にもプラモデルがたくさんあって、何時間でも、いや一日中その中に居たかった。当時の自分のブームはビッグスケールのプラモでした。タミヤのヤークトパンサー戦車や戦艦大和、極めつけは、オオタキの1/12のムスタング・マッハ1でした。ビッグスケールモデルは、店の奥にあって、ジジかババに頼んで取ってもらわないと見れないんです。当然、買えるお金は無く、指をくわえて見てましたねぇ~(涎
とにかく、自分のモノにはできないが、宝の山でした。

それから三十数年後の現在は、↓こんな感じになりました。
heimen-2010
お店自体の建物には変化はありません、年月を経たヤレだけ。世代は代わりましたが、“ジジババ”の「たばこ&駄菓子屋さん」です(笑
絵を見てもらえば、わかると思いますが、店の奥に入れないんです。店中がプラモで埋め尽くされているんです。もちろん、天井までですよ!「見たいよ~何があるのぉ?」って。中に入れないので外の軒の下に段ボール箱を置いて、その上にプラモを積んで見せています。先日ご紹介した、ピアッツァやミゼットllはこの店の外に置いてあったプラモです。40年経っても一日中その中に居たいという気持ちは変わりませんねぇ(笑
私の大切な最後の砦、宝の山です。
長生きしてね~!♪

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.63>Part 2 スカイライン GT-R VスペックII (R34)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.63 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R VスペックII (R34)
国産車最強!5代目スカイラインGT-Rで、スカイラインGT-Rとしては最後のモデル。
PCM00163_07

PCM00163_08
スカイラインGT-Rは海を渡る!?

現行のR35 GT-Rは海外市場を前提にリリースされたモデルですが、それ以前のスカイラインGT-Rは、ほぼ国内販売の専用モデルだった。しかし、R32、R33、R34のGT-Rは輸出業者の手により海外に渡っている。また、正規輸出としてもR33GT-Rはモデル末期に100台限定で、さらに、R34GT-Rも同じくV-specが100台限定ながらイギリスで販売された。これは日産自動車側に「海外でも販売して欲しい」と言う強い要望があったため。その理由は、爆発的に売れたゲームソフトの「グランツーリスモ」の影響や、ル・マン24時間耐久レースに「NISMO GT-R LM」として出場した事によりヨーロッパでの知名度が一気に上がったからである。そして、肝心の評判は非常に高いものだった。
PCM00163_11

PCM00163_12
ちなみに、、、、、

海を渡ったGT-Rの価格は、イギリスでは関税の影響で、日本円に換算すると1000万円近くしたそうだ。国内仕様のV-specIIの新車価格の倍近く。だから、高所得層しか購入出来なかった。しかし、希少性はフェラーリ以上で、価値やステータスがあるというユーザーの声もあった。さらに、「高性能なのに、家族も乗せられる」と実用面の満足度も非常に高かった。
PCM00163_13

PCM00163_14
R34 スカイライン GT-R のキットについて

キットは豊作です。とくにアオシマは多いです。今回は珍しい色付きモデルを紹介します。
○アオシマの色付きモデル(塗装済みモデル)は4種(色)
■R34 スカイラインGT-R V-spec II Nur
 カラー:ミレニアムジェイド
 発売:2009年9月
 定価:\3,675
 シリーズ :プリペイントモデル No.18
■R34 スカイラインGT-R V-spec
 カラー:ミッドナイトパープルIII
 発売:2009年9月
 定価:\3,675
 シリーズ :プリペイントモデル No.17
■R34スカイライン GT-R
 カラー:ベイサイドブルー
 発売:2010年3月
 定価:\3,045
 シリーズ :プリペイントモデル No.6
■R34スカイライン GT-R
 カラー:ホワイト
 発売:2007年8月
 定価:\3,045
 シリーズ :プリペイントモデル No.5
さすがに色付きモデルです。ちょい高め(汗
PCM00163_15

PCM00163_16
次回も、もちろんスカイラインです。
さぁ~、写真を準備しよぉぉっと♪


Car Models File-No.63 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.63>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.63 /////////////////////////////////////

スカイラインが続きましたね~(汗;
かつての愛車でしたから、個人的エコヒイキですが(大汗;
で、、、今回もスカイラインです。というより、まだまだ続きますので、
スカイライン特集! わぁ~柱が建ったぁ♪
PCM00163_01

PCM00163_02
タミヤ 1/24 ニッサン スカイライン GT-R VスペックII (R34)
ニッサンのスカイラインGT-R R34型です。このVスペックIIは、2000年10月にマイナーチェンジを受けた際に加えられたモデルです。NACAダクトを装備したボンネットや大径化されたリヤ・ブレーキディスクなどがVスペックII の特長です。
PCM00163_03

PCM00163_04
R34 スカイラインGT-R の概略

5代目となるスカイラインGT-R。発売は1999年1月8日。キャッチコピーは「人に翼を」。新車発表は第17回東京オートサロンだった。
このR34型では、先代R33型の大柄なボディが不評だったため、幅55mm、全長で75mmとダウンサイジングされたのだ。
第2世代スカイラインGT-Rの定番的な限定車も豊富。R34型では従来GT-Rと同様の走行性能を重視したVスペック系のほかに、2001年には乗り心地とクオリティを重視したMスペックが設定されている。しかし、平成14年度排ガス規制により2002年に生産終了。生産終了直前の2月には最終記念車「VスペックII Nur(ニュル)」および「Mスペック Nur(ニュル)」が各500台、合計1000台販売され、 予約日に即日完売となった。2007年発売となる後継車のR35日産 GT-Rがスカイラインの名を冠に付けなかったために、“スカイラインGT-R”としては2012年現在、このR34型が最後となっている。
PCM00163_05

PCM00163_06
日産が誇るスカイラインGT-Rは先進的な技術の賜物

Vスペックには、日産の宇宙航空技術を活用した量産車初のカーボンディフューザーや、可変2段リアウイングスポイラーのアドバンスドエアロシステムを採用。このディフューザーは車体下部前後を覆っており、走行風を取り込んで圧縮・整流させボディ下面を通り、リヤで拡散させることでダウンフォースを発生させる仕組みとなっている。
タイヤ、ホイールは18インチ化され(サイズは245/40ZR18)、ブレーキは先代と同様引き続きブレンボ製を標準装備、但しキャリパーの色を黒から金に変更した。トランスミッションはドイツ・ゲトラグ社と共同開発した6速ミッションが採用された。また、このミッションはバックギアにもシンクロ機構が搭載されている。サスペンションもテンションロッドが一体型のアルミ鍛造のものに変更され、耐久性向上と軽量化を行っている。LSDは、R33型同様Vスペック系統にアクティブLSDを採用し、アクティブLSD準拠のアテーサE-TS PROを搭載している。
エンジンは第2世代最後となるRB26DETT型を搭載。カタログスペックの最大出力280psはそのままだが、ギャレット社製C100-GT25型ツインボールベアリングのセラミックタービンを採用したことで、最大トルク40.0kg/mを達成、低回転域トルクの増加で通常使用時における快適性が向上している。
インテリアでは、コンソールのセンターにあった従来までの3連メーターに代わり、マルチファクションディスプレイと呼ばれる車両の状態を確認するモニターが搭載され、水温、ブースト圧などを表示することが出来るようになった。
PCM00163_09

PCM00163_10
日産 スカイラインGT-R(5代目)R34型のスペック

■販売期間:1999年~2002年
■乗車定員:4名
■ボディタイプ:2ドアクーペ
■エンジン:直列6気筒DOHCツインターボ(RB26DETT)
■総排気量:2568cc
■最高出力:280ps/6800rpm
■最大トルク:40.0kgm/4400rpm
■変速機:6速MT
■駆動方式:4輪・電子制御トルクスプリット式
■サスペンション:前後マルチリンク
■ブレーキ:ベンチレーテッド・ディスク
■全長:4,600mm
■全幅:1,785mm
■全高:1,360mm
■ホイールベース:2,665mm
■タイヤ:245/40ZR18
■車両重量:1760kg
■価格:499.8万円(599.8万円-Vスペ)
■総販売台数:1万1,344台


Car Models File-No.63 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.62>Part 2 日産 スカイライン RS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.62 /////////////////////////////////////

エルエス 1/24 日産 スカイライン RS
PCM00162_07

PCM00162_08

PCM00162_09

PCM00162_10

PCM00162_11

PCM00162_12

PCM00162_13
最強のスカイラインは後世に何を残したか

仰々しいタイトルを付けてしまったが、ようは装備の話をしようかな?!
それは世界で初めて採用された革新的なメカニズム。その名は、“アジャスタブル・ショックアブソーバー”。それはピストンの頂点に取付けたソレノイドバルブでピストンロッドの中に通したコントロールロッドを回転させ、ピストン部の固定オリフィスを開閉させる画期的なアイデアだった。運転席にいながら、走行状況に応じて減衰力を変化(ハードとソフト)させることが可能だ。「フットセレクター」の名前でRSに標準装備された。いまに繋がる電子制御サスペンションの先駆けと言えるだろう。
リアガラス内蔵タイプのダイバーシティFM受信アンテナも、R30型が世界で最初に実用化した。


Car Models File-No.62 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.62>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.62 /////////////////////////////////////

エルエス 1/24 日産 スカイライン RS
R30 スカイラインの初期型です。
キットは、いまは亡き LS(エルエス)なのですが、現在はマイクロエース(アリイ)より販売されていて、現在でも手に入れることができますよ~♪
PCM00162_03

PCM00162_04

PCM00162_01

PCM00162_02

PCM00162_06

PCM00162_05
日産&プリンスの意地の結晶“FJ20E”

1960年代後半から1970年代の初め、伝説のユニットS20は日産とプリンスが送り出したツインカム・エンジンで、DOHCの中のDOHCというべき存在だった。しかし、1981年に登場した“FJ20E”は、6気筒ではなく4気筒だった。
最初の日産とプリンスの決断は、2リッターという排気量だった!ーそれは前回お話しした通り。当時の常識では、2リッターならば4気筒しかない。2リッターで6気筒では、1トンを超えるボディに必要なトルクを得るには気筒容積が小さい。しかし、高回転化には気筒数が多い方が有利。前述のS20ユニットはレースでは10,000回転を超えて常用していたそうです。それには、高価なレース用パーツを多用していたから。直6となれば、クランクシャフトは長くなる。高回転化のためにはシリンダーはショートストローク用に。その他にも捩じり振動対策なども大変な課題。レース参戦を見据えるなら、直6ではなく、V6が選択されるべき。しかし、日産にはV6ユニットは無かった。L型ベースの直6が実情にあった選択ですが、それにDOHCを載せて高回転を狙うのであれば、実用域のトルクの細さがネックになる。1気筒に500ccあればトルクもなんとかなるし、4バルブ化で、量産型でも8000回転以上は容易に回せる技術が、当時すでにあった。
キーワードは、ショートストローク、4気筒、2リッター、1万回転オーバー!レーシング・スポーツを名乗るために直6を捨て直4とした。本物を追求したからこそ4気筒ツインカム・エンジンだったのだ。


Car Models File-No.62 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.61>Part 2 日産 スカイライン RS

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.61 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 日産 スカイライン RS
PCM00161_07

PCM00161_08

PCM00161_09

PCM00161_10

PCM00161_11

PCM00161_12
GT-RではなくRS

1981年10月にスカイラインの追加モデルとして発進する“RS”。RSの意味するものは“レーシング・スポーツ”。猛々しいネーミングに相応しい搭載ユニットは“FJ20E”。満を持して現れたスカイラインRSとFJ20Eに、日産ファンは大いに溜飲を下げたが、一つだけ残念に思うことがあった。それはS20の再来といわれながらも、直列6気筒ではなく直列4気筒エンジンだったこと。なにせ当時、トヨタから直列6気筒ツインカム・エンジンを積んだ“ソアラ”が出た後だったのだ。だから、そう感じても仕方のないことだった。それが故にGT-Rを名乗らなかったともいわれていた。でも、4気筒は必然だったのです。当時はまだ、いまと違い2リッター以下とそれを超える排気量の間に、社会的ルールの中ではっきりと境界線が引かれていた。その境界線が2.5リッターまで引き上がるのには、まだ5年の時間を待たなければならなかった。

あらためて、4気筒が選択された経緯はどうだったのか?(つづく)

Car Models File-No.61 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.61>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.61 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 日産 スカイライン RS
PCM00161_03

PCM00161_04

PCM00161_01

PCM00161_02

PCM00161_05

PCM00161_06
スカイライン不遇の時代

それは、GT-R不在の時代、1980年代を駆け抜けるスカイラインには、重い足枷があった。
日産が誇るツインカム・エンジン、それはS20ユニット。初代スカイライン GT-RやフェアレディZに搭載された水冷DOHC4バルブ直列6気筒エンジンには、ソレックスタイプのキャブレターを3連装し、点火系にはフルトランジスタも採用されていた。しかし、伝説化するほどの名機S20ユニットも、1970年代、石油危機や容赦なく押し寄せてくる排出ガス規制という大波に飲み込まれていく。それから8年もの間、日産にはツインカム・エンジンが1基もないという状況が続いていた。それでもスカイラインは代を重ね進化していく。6代目となるR30スカイラインが登場したのが1981年8月。発売からさらに2ヵ月後、スカイラインの歴史に新しい伝説を刻むマシンが追加発売された。
それが「RS」
6代目スカイラインは、長年にわたってスカイラインの開発責任者を担っていた「スカイラインの父」こと櫻井眞一郎氏が、世に送り出した最後のスカイラインなのだ。(つづく)

Car Models File-No.61 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.61>&<File No.62>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.61 & File-No.62 //////////////////////

ちょっと企画モノを考えまして、、、
それは、2台、3台と複数台のモデルカー写真を撮りたくて!
例えば、同じ素材(クルマ)でキットのメーカーが違う、、、とか
同じメーカーの同じキットでボディーカラーが違う、、、とか
クルマや模型雑誌の特集ページの扉ページのように登場するクルマを一同に集めた写真を目指して。
PCM00161&62_01
↑左 File-No.61
タミヤ 1/24 日産 スカイライン RS
↑右 File-No.62
エルエス 1/24 日産 スカイライン RS
今回は、キットメーカーの違いによる同一車種、日産のスカイライン RS。4気筒が故に GT-R の名が与えられなかった生い立ちを持つが、今もなお絶大なる人気を誇る名車です。
PCM00161&62_02
一長一短はありますが、どちらも出来が良いキットに分類されると思います。
↑フロントでいえば、左のタミヤにはウレタン製のアンダースポイラーがキット化されています。一方、右のエルエス製にはタミヤがオミットしたバンパー上部にあるヘッドライトウォッシャーを再現してくれています。あと、フェンダーミラーがいいですね。
しかし、当時、当館長は真っ赤なRSを愛車にしていました。もちろんフェンダーミラーでした。ドアミラーが解禁になった時期でしたので、交換したいな~って考えてたんです(汗
PCM00161&62_03
↑左のタミヤ製にはフロント同様ウレタン製のリアスポイラーを再現。この前後のスポイラーはRSにとって、ある種の必需品でしたね~。多分に「西部警察」(テレビドラマ)の影響もありましたからね。リアランプもスカイラインの伝統である丸目4灯。普段は黒い四角なんですが、ブレーキを踏むと丸く光ります。
PCM00161&62_04
ツートーンでしたね。赤と黒、これが一番メジャーでした。他にもシルバーと黒がありました。このあと登場するRSターボは、イメージカラーが赤と黒のツートーンでした。
PCM00161&62_05

PCM00161&62_06
次回は改めて番号順にご紹介しますね。
PCM00161&62_07

関連ページ : 日産スカイライン GT-ES
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.14>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.14>Part 2

Car Models File-No.61 & File-No.62 //////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.60>Part 2 マツダ サバンナ RX-7

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.60 /////////////////////////////////////

タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7 GTリミテッド
速いだけではスポーツカーじゃない!運転して楽しい。そんな狙いから開発された2代目RX-7。
PCM00160_07
今回はキットを紹介♪FD(3代目)同様にFCも大漁です。さわりだけで、、、
PCM00160_08
タミヤからは初期型とカブリオレ。最近も再販されました。
■マツダ サバンナ RX-7 GTリミテッド
 定価 :\2,100
 シリーズ :スポーツカー No.60

■マツダ サバンナ RX-7 カブリオレ
 定価 :\2,100
 シリーズ :スポーツカー No.74
PCM00160_10
アオシマは前期型と後期型を用意!しかもチューンド・カーも豊富。
■FC3S サバンナ RX-7 前期型
 発売 :2005年10月
 定価 :\1,890
 シリーズ :ザ・ベストカーGT No.70

■FC3S サバンナ RX-7 後期型 '89
 発売 :2005年10月
 定価 :\2,310
 シリーズ :ザ・ベストカーGT No.71
頭文字Dシリーズ 高橋涼介の白のFCはアオシマから!
PCM00160_11
フジミも初期型でスタート!
■FC3S サバンナ RX-7 '85
 定価 :\1,050
 シリーズ :インチアップ ID-29
峠シリーズなどフジミの定番シリーズにラインナップ!ポリス・カーもあります。
PCM00160_12
痛車もありますが変わり種で、こんなモデルをご紹介♪
■レーシングビートRX-7 ボンネビル
 メーカー :アオシマ
 発売 :2006年9月
 定価 :\2,100
 シリーズ :Sパッケージ Ver.R SP
FC3S_racing-beat
このボンネビルってご存知?
ボンネビルって、アメリカ合衆国ユタ州北西部のグレートソルト湖にある159平方mile(約412平方km)のお塩の大平原。ボンネビル・ソルトフラッツのことです。1912年から毎年8月に地上最速を競うモータースポーツ「スピードウィーク」が開催されます。スピードウィークは、5マイルもしくは7マイルの直線の平均速度を競う競技。参加車両は50ccのバイクからロケットカーまで多種多様。非常にユニークなモータースポーツなんです。
PCM00160_13
ボンネビル作りたくなるなぁ、FCも大好きな国産車。今後もキットが増えるでしょう(笑
PCM00160_14
そういえば、、、
1991年のル・マン24時間耐久レース、開催は6月、ちょうどFCからFDにモデルチェンジする直前、マツダはロータリーエンジン搭載のレース・カー 787Bが総合で優勝したんだ。ロータリーエンジンを介して身近なスポーツカーが優勝したような、そんな大きな喜びを感じたものだ。

関連ページ ↓ FC3S RX-7 by AOSHIMA
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>Part 2

Car Models File-No.60 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.60>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.60 /////////////////////////////////////

1985年に登場した2代目RX-7。7年という長い開発期間を必要とした。
Car Models File-No.25 アオシマ製FC3S RX-7に続く第2弾!
PCM00160_01
但し、今回は前期型。
PCM00160_02
タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7

サバンナ RX-7 いわゆる FC3S の他のスポーツカーに無い特徴は、もちろん!ロータリーエンジンを搭載しているってこと。ロータリーエンジンは、世界で唯一、マツダだけが量産している。それはピストンではなく、三角おむすび型のローターを用いて動力を発生する原理のエンジン。ピストンの往復運動が無く、始めから回転運動のため、普通のレシプロエンジンより高出力で振動も少ない。また、2サイクルエンジンのようにローター自身がバルブの役割をするため、構造がシンプルで軽量&コンパクトと、まさに理想的なエンジンなのです。
PCM00160_03

PCM00160_04
実際に、振動は2ローターで直列6気筒エンジン並みで、たった1,300cc程度の排気量で200馬力以上を発揮する。そのエンジンフィールは天井知らずで、ひとたびロータリーエンジンに体感すれば、すべからく魅了される。
PCM00160_05

PCM00160_06
サンルーフ
当時は流行していました。太陽は友達!彼女を隣に載せ、風を感じながらドライブしたい人のために、上級グレード GT-LIMITED にはサンルーフが標準装備。アウタースライド方式を採用しているため、短いルーフのわりには、開口部分は広い。ちょっとした換気のためのチルトアップもします。
PCM00160_09
マツダ サバンナ RX-7 GT-LIMITED スペック表
●発表:1985年9月20日
●全長×全幅×全高:4310×1690×1270mm
●ホイールベース:2430mm
●車両重量:1280kg
●エンジン:13B型水冷直列2ローター・ターボ
●総排気量:654cc×2
●最高出力:185ps/6500rpm
●最大トルク:25.0kgm/3500rpm
●サスペンション前/後:ストラット/マルチリンク
●ブレーキ前後とも:ベンチレーテッドディスク
●タイヤ・サイズ:205/60R15 89H
●発売当時価格:303.8万円

関連ページ ↓ FC3S RX-7 by AOSHIMA
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>Part 2

Car Models File-No.60 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

86(ハチロク)のコックピット

レクサスのショールームに86登場!
昨年のモーターショーのレポートでお伝えしましたが、今回はインテリアの紹介♪
86_interior_01
ドアを開けて乗り込むと、硬いシート、低い着座位置、それに程よい窮屈感。戦闘機のコクピット!久しぶりに感じる車内空間。私の少ないクルマ経験からすると「ユーノス ロードスター」を想い出しました。ロードスターをさらに骨太にしたような、、、がっちりしてる。また、ハンドルのセンターパッドの86のマークの彫りがいいなぁ。
86_interior_02
これはGグレード。4つのグレードのうち下から2つめです。価格で言えば、6MT:241万円/6AT:248万円、16インチホイール(上級グレードは17インチ)、エアコンはマニュアルを装備。上級グレードにはスタータースイッチがセンタークラスターの(↑の写真で言うとエアコンの右のツマミ)の下にあるんですけどね。。。あっさりしていますね。オーディオ関係も一切ありません。そこがいい?!わぁ~、いけない病気が出たかっ?
86_interior_03
ATのシフトレバーの下のスイッチについて
一番右は「VSC」横滑り防止装置。これは全グレードに標準装備で、スポーツモードが備わってます。一番左は「トラクションコントロール」のOFFスイッチ。ふたつのスイッチの組み合わせで「VSC」状況を5パターン変更できるそうです。サーキット走行などでVSCとトラクションコントロール機能を完全オフにすることが可能になる!真ん中のスイッチは上が「SPORT」下が「SNOW」、アクセルに対する反応を調節して滑りやすい路面でクルマの発進などを安定させるスノーモード。逆にスポーツモードはアクセルのレスポンスをよくするのです。これはAT車用です。
86_interior_04
6ATの出来はすごくよいそうです。頭脳がいい?ダウンシフト時のブリッピング制御もしてくれるそうです。水平対向のボクサーエンジンの音も骨太か?エンジンをかけてみたい。最後に、さすがにリヤシートは使えません。もう一つの荷台と考えた方が、、、、、。

関連ページ:名古屋モーターショー
名古屋モーターショー2011 レポート Part 2

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

博物館<File No.59>Part 2 トヨタ カローラ レビン GTV

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.59 /////////////////////////////////////

“走り屋”、“峠”、“ドリフト”、“ゼロヨン”…そして“ハチロク”…1995年以降多くの人たちから車名ではなく型式名を愛称として呼ばれた。83年生まれなのに中古車になって大ブレイクした。日本の大人たちを繋ぎとめたクルマ。
アオシマ 1/24 トヨタ カローラ レビン GTV
PCM00159_07
模型の世界でも大変な人気車種。各社から様々なキットが発売されている。今回は代表的なキットを紹介しましょう♪
PCM00159_08
ボディタイプ別…3ドアハッチバック
※スケールはすべて1/24
アオシマからは前期型、後期型、それにエンジン付きもラインナップ
■AE86 カローラレビン前期型
 定価 : \1,890
 シリーズ : ザ・ベストカーGT No.80

■AE86 カローラレビン前期型 エンジン付
 定価 : \2,100
 シリーズ : ザ・ベストカーGT No.81

■AE86 カローラレビン後期型 エンジン付
 定価 : \2,100
 シリーズ : ザ・ベストカーGT No.85

フジミからは前期型の83年式レビン
■AE86 カローラレビン '83
 定価 : \1,680
 シリーズ : インチアップ ID-09
PCM00159_10
ボディタイプ別…2ドアクーペ
2ドアはフジミがラインナップしています
前期型、後期型を用意、純正ホイールっていうのもありがたい!
■AE86 カローラレビン 前期型 2ドア
 定価 : \2,520
 シリーズ : インチアップ IDSP-68

■AE86 カローラレビン 2ドア 1600GT APEX 後期型 '85
 定価 : \1,890
 シリーズ : インチアップ ID-61

■カローラレビン 1600GT 2ドアAPEX 後期型 純正ホイール付き
 定価 : \1,890
 シリーズ : スポット No.52
PCM00159_11
「頭文字D」シリーズ
メーカーはどちらもフジミ
■ハチゴーレビン(武内 樹 仕様)
 定価 : \2,100
※AE85も商品化、マンガの影響は凄い!

■AE86 カローラレビン(秋山 渉 仕様)
 定価 : \1,890
※これはボルトオンターボ!

レースカー
ドリキン土屋圭市のマシン
■土屋TRD号 with ORC レビン
 メーカー : アオシマ
 定価 : \3,570
 シリーズ : レーシングスピリッツ No.01
※このほか、エンケイカローラレビン やトラストカローラレビンがあります

■AE86 アドバンカローラレビン 3door
 メーカー : フジミ
 定価 : \2,625
 シリーズ : グループA No.4
※トランピオ レビン '85などもあります
PCM00159_12
やはりハチロクにも痛車!
■Carnival Phantasm AE86 カローラレビン後期型
 メーカー : アオシマ
 定価 : \3,780
 シリーズ : 痛車 No.25

■つよきす トヨタ AE86 レビン
 メーカー : フジミ
 定価 : \3,990
 シリーズ : きゃらdeCAR~るシリーズ No.14
※まさに痛車対決!
PCM00159_13
AE86スペック表
前期:83年5月~85年5月
後期:85年5月~87年5月
※最新のハチロクとスペック比較してみましょう!♪
左の数値は旧ハチロク⇔右側の数値が最新ハチロク
以下の左側の数値は前期型レビン3ドアGT-APEX、右側の数値は86 GT(6MT)
全長:4180mm⇔4240mm
全幅:1625mm⇔1775mm
全高:1335mm⇔1285mm
ホイールベース:2400mm⇔2570mm
トレッド(前/後):1335mm/1345mm⇔1520mm/1540mm
車両重量:940kg⇔1230kg
乗車定員:5名⇔4名
エンジン搭載位置:フロント縦置⇔〃
駆動方式:FR⇔〃
変速機:5速MT⇔6速MT、6速AT
エンジン形式:4A-GEU⇔FA20
エンジンタイプ:水冷直列4気筒DOHC4バルブ⇔水平対向4気筒DOHC
総排気量:1587cc⇔1998cc
ボア×ストローク:81.0mm×77.0mm⇔86.0mm×86.0mm
圧縮比:9.4⇔12.5
燃料供給装置:電子制御燃料噴射(EFI)⇔筒内噴射+ポート燃料噴射装置(D-4S)
最高出力:130ps/6600rpm⇔200ps/7000rpm
最大トルク:15.2kgm/5200rpm⇔20.9kgm/6400~6600
サスペンション(前):独立 マクファーソンストラット コイル⇔ストラット
サスペンション(後):固定 5リンク コイル⇔ダブルウイッシュボーン
ブレーキ(前):ディスク サーボ⇔ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後):ディスク サーボ⇔ベンチレーテッドディスク
ステアリング:ラック&ピニオン⇔ラック&ピニオン
タイヤ:185/70HR14⇔215/45R17
価格(83年5月):1,548,000円⇔2,790,000円
PCM00159_14
スペック見てると欲しくなります<新ハチロク 月販1000台!さぁ~予約ってか?

関連ページ↓トヨタ スプリンター トレノ '83
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.2>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.2>つづき

Car Models File-No.59 /////////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.59>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.59 ////////////////////////////////

先週、2月2日トヨタ自動車から86(ハチロク)発売についてのアナウンスがありました。発売は4月6日だそうです。そして、昨日、2月6日の日経新聞朝刊に広告が掲載されていました。全30段の広告です。
86koukoku
↑30段広告の左側半分のコピー部分です。内容は「スポーツカーは文化」の啓蒙です。
その最後のコピーの一文が、、、、
ハチロク。トヨタが、そして日本の大人たちが、長いあいだ忘れていたこと。

個人的には忘れたことありませんよ~と言いたいところですが、トヨタ自身も忘れていたと素直に認めています。この意思に期待して、今後のクルマ創りを楽しみにしたいと思います。

という訳で、今回のモデルは、、、、
PCM00159_01
ハチロクつながりで
アオシマ 1/24 トヨタ カローラ レビン GTV
PCM00159_02
AE86とは
1983年にトヨタ自動車が発売した4代目カローラとスプリンターのスポーツタイプモデルであるカローラ・レビンとスプリンター・トレノ共通の車両型式番号のことです。この型式番号のカローラ・レビンとスプリンター・トレノに対し、俗に"ハチロク"という呼称が付けられています。他聞に講談社のマンガ「頭文字D」(原作:しげの秀一)の影響によるところ大です。クルマの主役は“秋名のハチロク“と呼ばれるスプリンター トレノです。
PCM00159_03
ちょっと雑学…
当時トヨタと提携していた英国のロータスの「ロータス エスプリ」に、AE86レビンの前期型のリアコンビランプが流用されていました。
PCM00159_04
FFとFRの2タイプあり
カローラとスプリンターは1983年3月に累計生産台数1000万台の偉業を達成した。カローラは、この年の5月にフルモデルチェンジする。当時の自動車開発の風潮は、環境問題への対応についての回答として、軽量化や居住性重視のためにFF駆動方式化は自然な成り行きだった。日産のサニーはいち早くFF化し、ホンダのシビックは生まれながらのFFだった。石橋を叩いてから渡るトヨタは、FF化には慎重で、カローラのFF化はこの5代目モデルからだった。FRからFFへのスウィッチは単にクルマのメカニズムを変更するだけでなく、生産設備などにも大きな変更を伴うからだ。セダン系をFF化しながらも、走りを重視するスポーツタイプであるレビンはFRのままで残すという2本立てのラインナップとすることでカローラのFF化に対応したのだ。
PCM00159_05
ボディバリエーションは2ドアクーペと3ドアハッチバッククーペがありました。
PCM00159_06
名機4A-G型エンジン
AE86レビンの搭載エンジンは、従来の2T-G型から4バルブの4A-G型に変更された。排気ガス規制で走りが鈍くなったと揶揄されたためだ。しかし、そのかいあって走りを謳えるスポーツモデルとなった。ただ、当時のハチロク人気はパッとしなかった。当時、若者にはカローラFXの方が人気が高かった。
PCM00159_09
軽量コンパクトで気筒あたり4バルブとなった4A-G型エンジンは最大出力130ps/6600rpm、最大トルク15.2kgm/5200rpmと性能向上。この時点では1.6リッターエンジン群の中で最高の性能を発揮していた。この4A-G型エンジン搭載車のことをAE86という型式番号で呼び、それ以外のモデルはAE85と呼ばれ区別された。
ちなみに、AE85はSOHCの3A-U型エンジン(1452cc、83ps/5600rpm、12.0kgm/3600rpm)を搭載している。

関連ページ↓トヨタ スプリンター トレノ '83
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.2>
ほぼ1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.2>つづき

Car Models File-No.59 ////////////////////////////////
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.58>Part 2 ランボルギーニ ムルシエラゴ(伊)

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.58

フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ
アウディの傘下になったランボルギーニの野心作!ディアブロの後継車にしてランボルギーニのフラッグシップ。このモデルでランボルギーニは名実共に進化した。
PCM00158_06
このカタマリ感・近未来的デザインは、ドイツ・インゴルシュタットに建てられたアウディ・スタイリングセンターのルーク・ドンカーヴォルケが担当した。
PCM00158_07
ムルシエラゴのキットについて
ムルシエラゴのプラモデルは、フジミの独壇場です。
■ランボルギーニ ムルシエラゴ
 メーカー : フジミ
 スケール : 1/24
 定価 : \2,730  シリーズ : リアルスポーツカー RS-36
※ムルシエラゴの基本となるキット

同時期にランボルギーニ40周年を謳った限定モデル
実車では限定50台!
■ランボルギーニ ムルシエラゴ 40周年アニバーサリーモデル
 メーカー : フジミ
 スケール : 1/24
 定価 : \2,730
 シリーズ : リアルスポーツカー RS-55
※現在入手は難しい

■ランボルギーニ ムルシエラゴ エッチングパーツ付
 メーカー : フジミ
 スケール : 1/24
 定価 : \3,990
 シリーズ : インチアップ IDSP-73
※エッチング付きのデラックス版!
※現在入手は難しい

ロードスターも製品化!
■ランボルギーニ ムルシエラゴ ロードスター
 メーカー : フジミ
 発売 : 2005年12月
 スケール : 1/24
 定価 : \2,730
 シリーズ : リアルスポーツカー RS-24
キットについては以上!
PCM00158_10
↑ここからのアングルはカウンタックに共通するところ大です。宇宙船のイメージ、とても自動車には見えない!そのままワープに移行しそうです(笑
PCM00158_11
ムルシエラゴのエンジン
エンジンはムルシエラゴのために新設計されたものではなく、ディアブロから引き継がれた、60°のバンク角を持つ水冷V型12気筒DOHCエンジン。ディアブロの最終生産型である6.0SEのものを基本にストロークを延長し200ccの排気量アップを果たした。その最高出力は580ps、最大トルクは66.3kg/mにまで高められた。
PCM00158_12
ムルシエラゴのトランスミッション
カウンタックの時代からパワートレインの配置は、エンジンとトランスミッションの位置を逆転させるという方式を採ってる。カウンタックからの時間の流れは、さらに巧妙さに磨きをかけて、エンジン搭載位置を50mm下げることに成功している。また、トランスミッションは5段から6段に変更され、後に「e-gear」と呼ばれるセミオートマチックトランスミッションが追加された。
PCM00158_13
ムルシエラゴの4WDシステム
ディアブロには、後輪駆動と四輪駆動の二つが用意されていたが、ムルシエラゴからは四輪駆動のみに統一された。
その四駆システムは簡易的な構造のビスカス式センターデフを持つ4WDシステムだが、より積極的に、どのような路面にもフレキシブルに対応できるだけのトラクションを確保するものに変わった。また、制御システムの進化は、前輪にも積極的に駆動力配分するようになった。
PCM00158_14
ちょっとウンチクゥ!ムルシエラゴ
フロントマスクはステルス戦闘機をモチーフにしている。「VACS」(バリアブル・エアフロー・クーリング・システム)と呼ばれるリアクオーター部のエアインテーク処理は、最高の空力特性を確保するために外気温とクーリング・エアーの必要性に応じて、エアインテークが電子的に開閉されるのです。
PCM00158_15
ランボルギーニ ムルシエラゴのスペック表
全長×全幅×全高:4580mm×2045mm×1135mm
ホイールベース:2655mm 
車重:1650kg
トレッド:(F)1635mm (R)1695mm
エンジン:V12気筒DOHC48バルブ 6192cc
圧縮比:10.7 
最大出力:580PS/7500rpm
ホイール&タイヤ:(F)245/35ZR18+8.5J×18
        :(R)335/30ZR18+13J×18
ブレーキ:(F)(R)ベンチレーテッドディスク(ABS)



関連ページ↓ランボルギーニ ディアブロ
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.44>
博物館<File No.44>Part 2 ランボルギーニ ディアブロ

Car Models File-No.58
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

映画「ペントハウス」の主役はフェラーリ!?

映画館のポイントカードがいっぱいになったので、昨晩、レイトショーで「ペントハウス」を観てきました。
映画は、「ナイト・ミュージアム」のベン・スティラーと「ビバリーヒルズ・コップ」のエディ・マーフィが初共演。新旧のエンターティナーがタッグを組んで、超高層マンションを舞台にゴージャスでクレイジーなエンターテインメントを創り上げた。
ニューヨーク、マンハッタンの一等地に建てられた超高級マンション「ザ・タワー」。その最上階のペントハウスに暮らす大富豪が、詐欺容疑で逮捕され、使用人たちの財産も騙し取られていたことが発覚。ザ・タワーの管理人として働くジョシュは使用人たちとチームを組み、厳重なセキュリティに守られたペントハウスに忍び込んでショウの隠し財産を盗み出すという計画を練るが……。
ちなみに監督は「ラッシュアワー」のブレット・ラトナーです。

もう一人、否、もう一台の主役。
それは、「ザ・タワー」の最上階のペントハウスに暮らす大富豪が所有するお宝、、、、
1963年のフェラーリ 250GT ルッソ。なんとこのフェラーリ、かつて名優スティーブ・マックイーンが所有していたというクルマ。
そう言えば、実際にニュースで見た覚えがあります。どこかのオークションに出品されたと。それにミニカーもマテルやBBRで、マックイーンのフェラーリ 250GT ルッソとして発売されていたと思います。
mcqueen's_ferrari250gtlusso
↑こんなクルマです。
今回の「ペントハウス」では赤色のボディーカラーですが、実際は「マローネ・メタリッツァート」というメタリック・ブラウンなんだそうです。映画の中では、このフェラーリが非常に痛い目に遭うのです(可哀想
どれくらい可哀想なのか?<これ以上は映画館で確認してください。とても書けません。
mcqueen
マックイーンも泣いている?!

超・個人的映画評価★★

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.58>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.58

今回のクルマのメーカーはイタリアにあります。
代々クルマの名前にそのメーカーの伝統に倣い、闘牛士に剣で刺されても死ななかった伝説の闘牛の名前を冠しています。その名前の語源はスペイン語で「コウモリ」

さて、そのクルマとは?
PCM00158_01
後ろ姿もお見せしましょう♪
PCM00158_02
フジミ 1/24 ランボルギーニ ムルシエラゴ

1998年の晴天の霹靂!
それは、ドイツの自動車メーカーであるアウディがイタリアのランボルギーニを傘下に収めてしまったのだ。
これによって進行中であった「ある」計画は白紙撤回となってしまう、、、そして、アウディの元で全く異なるプランニングで再考されることとなってしまう。
その「ある」計画というのが、ディアブロの後継となる新車を市場導入するというもの。ランボルギーニは1999年に発表する計画を立てていました。すでにコードネームでカント L147と名付けられたプロトタイプを製作していて、走行実験まで進んでいたのです。
PCM00158_03
↑前面 ↓後面
PCM00158_04
↓サイド面
PCM00158_05
スタイルはマルチェロ・ガンディーニのテイスト!?
アウディ傘下に入る前、そもそも計画当初からマルチェロ・ガンディーニがスタイリングを描いてきた。描いてきたというのはプロトタイプも含め、様々な紆余曲折を経ているということ。しかし、最終的にはアウディの手に委ねられることとなってしまいました。
アウディはランポルギーニの全てに批判的というワケでは無かったようです。証拠に、計画の大半であった「V12エンジン」「搭載方法」「スチール製スペースフレーム」については一切の変更はありませんでした。といってもこのあたりは先代の踏襲に近いですが。最もアウディが問題としたのは、ボディスタイリングだったのです。
アウディのデザイナーはルーク・ドンカーヴォルケ。彼は基本デザインはディアブロの精神を受け継ぎながら、そのウエッジシェイプはよりカタマリ感を強調するものになりました。これまでの歴代ランボルギーニのモチーフを巧みにデザインに取り入れています。多分にドイツ的テイストも感じられますが。。。
しかし、ディアブロの頃にはなかったものとして、電気仕掛けのギミックがあります。高速域でのスタビリティを確保するため、電動でせり上がるウイング、そしてせり上がる可動式サイドインテークがあります。
PCM00158_08
ムルシエラゴの歴史
ランボルギーニがアウディ傘下に入った後に発売された最初のクルマ。
ディアブロの後継車種。ランボルギーニのフラッグシップスポーツカーである。
2001年のフランクフルトモーターショーで発表され、同年秋から市販化された。
2004年3月、ジュネーブモーターショーでムルシエラゴ・ロードスターを発表。
2006年3月、ジュネーブモーターショーでムルシエラゴ LP640を発表。
同年生産台数2,000台を達成。さらに同年11月のロサンゼルスショーではLP640のロードスターバージョンも発表。
2010年2月に生産4,000台を達成。同年11月に生産終了。総生産台数は4,099台。
PCM00158_09

関連ページ↓ランボルギーニ ディアブロ
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.44>
博物館<File No.44>Part 2 ランボルギーニ ディアブロ

Car Models File-No.58
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

博物館<File No.57>Part 2 アンフィニ RX-7 タイプR

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.57

タミヤ 1/24 アンフィニ RX-7 タイプR
世界唯一のロータリーエンジンを搭載したピュア・スポーツ
PCM00157_08
今回はキットの紹介を、、、、
■アンフィニ RX-7 タイプR
 メーカー :タミヤ
 スケール :1/24
 定価 :\1,995
 シリーズ :スポーツカー No.110

■マツダ RX-7 R1
 メーカー :タミヤ
 スケール :1/24
 定価 :\2,310
 シリーズ :スポーツカー No.116
FD3Sのタミヤ製品は以上です。
フジミ及びアオシマはバリエーションが多過ぎて紙面が
足りません。割愛させていただきますm(__)m
PCM00157_07
RX-7の戦闘力は零戦がお手本
RX-7のボディの外から見えない部分には小さな穴が無数
の穴が開いているそうです。
RX-7の開発初期に開発チームは気分転換と運動性能向上
のヒントを得るために零戦を見学したそうです。その際に
零戦の機体に無数の小さな穴が開けてあることに気付いた
そうです。それは、軽量化のために強度に影響を及ぼさな
い部分の肉抜きだったのです。穴も一つだけでは軽くでき
る重量はたかが知れてます。しかし、そんな穴も数が増え
れば、運動性能に大きく影響を与えることになるのです。
PCM00157_09
FD3S RX-7の登場時の車重は、最も軽量なモデルで1250
kg。この軽さの恩恵は、コーナーリングパフォーマンスに
優れるだけではなく、5kg/psを切るパワーウェイトレシオ
を達成して力強い加速までをも実現したのです。

この小さな穴こそがRX-7の「走り」へのこだわりの証だ!
PCM00157_10
ひとまず45年の歴史に幕?!
1967年にコスモスポーツとともに発表されたロータリー
エンジンは、世界に衝撃を与えた。マツダは1961年の7月
に欧州のNSU社/バンケル社と技術提携したわずか4ヵ月
後に試作機を完成させました。以来45年、RX-8は今年
生産を終了します。但し,開発は継続するとの公式コメン
トがありました。いつの日かの復活を期待しましょう。
PCM00157_11
エンジンについて
排気量654cc×2の13B-REW型ロータリーエンジン。
水冷直列2ローター+空冷式インタークーラー付きシーケン
シャルツインターボのエンジンは、255ps、265ps、280ps
へとマイナーチェンジの度に出力向上が図られた。
馬力が280psに向上するのと同時に、トルクも30kgf-mか
ら32kgf-mへ向上している。タコメーターのレッドゾーン
は8000rpmから。また、シーケンシャルツインターボは日
立製で、複雑な構造と制御のため、故障が頻発したそうです。
開発チームは低回転域のトルクの向上には有効だったが、エ
ンジンをもう一機分と同じくらいコストが掛かったと話して
います。
PCM00157_12

関連ページ↓ FC3S RX-7(2代目)
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>Part 2

Car Models File-No.57
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館<File No.57>

Car museum in the world with almost 1/24 scale-model
Car Models File-No.57

今日の博物館は、3代目のRX-7として開発された、
ロータリーエンジンを搭載したピュアスポーツカー。
PCM00157_01
タミヤ 1/24 アンフィニ RX-7 タイプR

当初はマツダの新しい販売チャネルであるアンフィニ RX-7
として発表されて、後にマツダ RX-7と変更されました。
型式名FD3S。某有名マンガによってこの呼び名は一般的に
なりました。“黄色のFD”もマンガの影響ですね。
先代はロータリー・ロケットのFC3S ザバンナRX-7
3代目になって、1971年から20年続いた「サバンナ」という
呼び名がはずされました。
PCM00157_02
フロントミッドシップと呼ばれる
エンジンを前輪車軸であるフロントアクスルよりも後方の、
さらに低い位置にマウントしている。
またエンジン位置を下げたので、ボンネットは非常に低く
なっている。 リトラクタブルヘッドライトの採用も低くす
ることに貢献してますね。かなりワイドでグラマラス、国
産車の中でも屈指の流麗なボディラインとなっています。
PCM00157_03
マイナーチェンジは6回
FD3Sは大きく分けて1型~6型までの6タイプが存在します。
初期型(1型)は1991年12月から生産が開始。
 特長はグレードが非常に多く、装備が豪華だったこと。
 エンジン出力255psだった。
(2型)は1993年8月~
 ボディ剛性強化。
 ダンパー大型化。
 サスペンションセッティング見直し。
 インテリアの質感と使い勝手向上。
 2シーターのタイプRZとタイプRII バサーストを追加。
(3型)は1995年3月~
 グレード体系見直し。
 タイプRSなどを追加。
この1~3型までを前期型と呼びます。
中期型(4型) は1996年1月~
 ここで、車名が「アンフィニ RX-7」から「マツダ RX-7」となる。
 エンジン出力がミッションが265psに、オートマが255psに向上。
 リアコンビネーションランプが丸型3連式に変更。
 リアウィングが形状が大型化された。
PCM00157_04
(5型) は1999年1月~
 エンジン出力がミッションが280ps(タイプRBは265PS)、
 オートマが255psとなる。
 ボディ剛性の大幅強化。
 サスペンションセッティング見直し。
 内装の変更。
 16インチアルミホイールの形状変更。
 新デザインのバンパーとフロントコンビネーションランプが採用。
 リアウィングも再度変更された。
 デュアルエアバッグ&ABSが全車標準装備に。
最終型(6型) は2000年9月~
 ABSの制御ユニットの変更。
 EBD(電子制御制動力分配システム)の追加。
 サイドインパクトバーの追加。
 クラッチを踏まないとエンジンが始動しない
 “クラッチインターロック機構”の装備。
5~6型は後期型と呼ばれています。
PCM00157_05
3代目 FD3S型 マツダ・RX-7 スペック表
■販売期間 :1991年~2002年
■乗車定員 :4人/2人
■ボディタイプ :3ドア ファストバッククーペ
■エンジン :13B-REW型 水冷直列2ローター
■排気量  :654×2cc
■最高出力 :255/265 ps(アンフィニ・RX-7)
:280 ps(マツダ・RX-7)
■最大トルク :30.0 kgm
■変速機 :4速AT / 5速MT
■駆動方式 :FR
■サスペンション :前後/ダブルウィッシュボーン
■全長 :4,285 mm
■全幅 :1,760 mm
■全高 :1,230 mm
■ホイールベース :2,425 mm
■車両重量 :1,240~1,330 kg
PCM00157_06
下手こいてしまった
このFDは昨年末に撮影しました。その頃にカメラの
マクロレンズを購入しました。喜び勇んで撮影した
訳ですが、いつもなら前後左右の4面図を撮ってます
が、ボケていたんです<左右の写真が(ショック!
ブログに写真をアップするまでわからなかった。
情けな~い!また撮り直そっ!トホホ。。精進精進

関連ページ↓ FC3S RX-7(2代目)
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>
ほぼ 1/24 scale 世界のクルマ博物館<File No.25>Part 2

Car Models File-No.57
Car museum in the world with almost 1/24 scale-model

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR