耐久シリーズ(続き3)

B-spec の方は、「鈴鹿1000km」を再び走行。
勝利して無事にレベル32に昇格。
そのまま「ニュルブルクリンク4時間耐久」に突入!
クルマはおなじみのミノルタトヨタ 88C-V レースカー。
無事に勝利するも、次の「筑波9時間耐久」はレベルが33なので、
ここでも、もう一度レースに参加(夜間)して33にレベルアップ!
う〜っ、PS3の電源切ってないなぁ(心配

33にレベルアップしましたが、
「筑波9時間耐久」は今日の夜間に放置プレイしようと思い、
昼間から手つかずの A-spec やってます。

「グランバーレー300キロ」をミノルタトヨタで参戦。
楽勝過ぎて、眠い眠い。壁に刺さったまま20分ほど寝てました。
やはり、計算通りレース時間は約2時間ですね。
止めればいいのに、引き続き(現在)「ロードスター4時間耐久」を走行中!
いま、少し眠気が出て来ましたので、「ポーズ」ボタンを押して、
こうして書き込みしております。

クルマは B-spec で使用した。ロードスター RS (NC) '07 です。
現在201Lap、残り時間は32分というところです。
2位以下を26lapしているので、このまま放っておいても勝てるでしょう。

つぎ、ピットインしたら逆走して後続車を混乱させたろか?

まだ電源切ってないぞ〜。
スポンサーサイト

タンスのコヤシがまた一つ、、、、1/20 シルビア

120_silvia_1
今日は予定通り、お昼は友人と3人でインドカレー。
しかし、バターチキンは無く、980円食べ放題にしました。(泣
お茶をして、みんなと別れ一人大○へ。
そして、出会ってしまった。。。
1/20 バンダイ シルビア 思わずなつかしい。
欲しい〜っ、野口さんが3枚かぁ、GWのしょっぱなだというのに。
でも、この出会いを期待して大○へ来たんだから、、って振りが長いね。
結局購入。しかし、写真が暗いです m(__)m
ほんとは、もっと白いです。
120_silvia_2
↑こちらは、その中身。サスペンションあたり金属部品です。
ゼッケンデカールが付いてますね(使えないでしょう)
ボンネット(エンジン)、ドア、トランクが開きます(さすが1/20スケール)

バンダイは現在はガンダム一辺倒ですが、70年代は1/20スケールの自動車模型では、
たくさんの秀作キットを世に送り出していました。
これもその内の一台と記憶しています。
個人的にも実車のこのニッサン シルビアのデザインが好きでした。

う〜ん、作りたいけど作れない♪
また、タンスのコヤシが増えました。(嬉

B-spec の耐久シリーズ(続き2)

鈴鹿1000km
「インディ500マイル」優勝の歓喜醒めやまぬうちに、、、
夜間「鈴鹿1000km」に突入。
クルマは、ここでもミノルタトヨタ 88C-V レースカー。
2時スタート。
↑スタート、あっという間にトップ。
このまま6時間ちょい
朝8時過ぎにチェッカーを受けました。

B-specのトップドライバーは、レベル31のまま。
32に上がらないと次の「ニュルブルクリンク4時間耐久」に進めない。
もう一回鈴鹿1000km?
経験値稼ぎは何が一番効率いいんだろう???

※さすがに写真荒いですね。やはり長時間録画のせいでしょうか?

B-spec の耐久シリーズ(続き)

現在、「インディ500マイル」走行中。
クルマはミノルタトヨタ 88C-V レースカー。
参戦できる交代ドライバーは4人。

自分の獲得したレベルで与えられたドライバー枠は6個、
全部の枠でドライバーを作成しました。
一番最初に作ったドライバーを核にして、3人ずつ交代で耐久を走らせていたら
もう全員レベルが23を超えました。

その最初のドライバーがレベル30を超えたら、、、、
あらっ、びっくり!


スペシャルイベントに追加がありました。
「レッドブル X2010 チャレンジ」
でた〜、クリスチャン・ベッテル
とんでもないクルマで、とんでもない速度で、ベッテルを追いかけてタイムトライアル。

目が付いていかない、手が動かない。な、な、な、なんだこりゃ〜。
このクルマは購入できるんですね、レベルが40になれば。
それと所持金が Cr.2,000,000,000 必要です(呆

B-spec の耐久シリーズに参戦中

この3日間、B-spec で耐久シリーズに参戦してます。
月曜日は「グランバーレー300キロ」
火曜日は「ロードスター4時間耐久」
水曜日は「ラグナセカ200マイル」は現在走行中。

使用したクルマを書いておきます。
「グランバーレー300キロ」はプレゼントカーでいただいたミノルタトヨタ 88C-V レースカー
「ロードスター4時間耐久」は市販車マツダ ロードスター RS (NC) '07 を購入しフルチューン
「ラグナセカ200マイル」は中古車で購入した BMW V12 LMR レースカーです。

どれも楽勝です。

フォーミュラ・グランツーリスモ参戦(後編)

第5戦:モンツァ・サーキット:20周
雨です。って、スタート前の画面の背景が雨模様だったので、
セッティングでレインタイヤをチョイス。
最高速設定は第4戦の370km/hのままです。
F1_5_1_モンツァ
↑第1シケイン手前の飛び込み競争です。(自分のクルマは3番手の青・ヘルメット赤です)
多少気を使いますが、走りやすいです。
早めのシフトアップ、ハンドル操作は慎重に。
ハンドル操作しながらのアクセルオンは禁物。これ「掟」。
F1_5_2_モンツァ
↑でシケインを抜けたらトップに、そのまま全車を周回遅れにして
トップチェッカーを受けました。
さらに、これで100ポイント追加500ポイントに<チャンピオンも同然か?

最終戦:鈴鹿サーキット:20周
最後に来て大きなチョンボをしてしまいました。
スタート前画面でてっきり鈴鹿も雨かと、、、、
全く前回同様の設定、最高速370km/h、レインタイヤ装着。
で、スタートボタンオン!
F1_6_1_鈴鹿.
な、な、なんと、天候は雨上がり、路面は、ほぼドライ。
「なんじゃこりゃ〜」
みるみる離れていきます<敵車
まったく歯が立ちません。あせってコースアウトするわスピンするわでヘロヘロ。
F1_6_2_鈴鹿
↑即ピットインするもトップには周回遅れにされ、結局挽回できず
ビリという結果(泣
ポイント0点
しかし、シリーズチャンピオンは獲得。無事「金ちゃん」です。

※それにしても、このピットイン写真「ヘン?」ですよね。
シャフトとブレーキが繋がってませんね。
ジャッキも無いのでクルマが宙に浮いてます。

「おそまつっ!」

フォーミュラ・グランツーリスモ参戦(前編)

再挑戦しま〜す!
自分のクルマは、ブルーです。ヘルメットはレッド。
F1_1_富士
第1戦:富士スピードウェイ:20周
参戦にあたって、クルマの設定をしようと思いましたが、
まぁ、トランスミッションの最高速設定だけでよいかなぁ?
で、ここは380km/hに設定。
↑の写真は7周目の2コーナーです。ここでトップになりました。
それにしても接触のことですが、こちらが敵車にぶつけても相手はびくともしませんが、
敵車に当てられるとフッ飛びます。なんとかしてくれ!
このワンミスが尾を引きますね。
で、レースはこのまま大きなミス無く、トップをキープ。
2位に 04.695秒という僅かな差で勝利しました。

F1_2_ロード-インディ
第2戦:ロードコース-インディ:20周
ここは、いままで走ったことが無かったのですが、アップダウンはありませんが、
オーバルと連結されていて、走ってすごく楽しいです。
最高速設定は380km/h。
↑の写真は1周目のオーバル走行中ですね、既にトップです。
このまま抜かれることは無く勝利。2位との差は 07.163秒でした。

F1_3_コート・ダジュール
第3戦:コート・ダジュール:20周
モナコでございます。
最高速設定は少し下げて350km/h。
↑の写真は有名ですね、「ローズ・ヘアピン」です。1周目のここでトップに。
しかし、3戦目ともなると睡魔に襲われまして、あちこちぶっつけます。
が、狭いコースなので抜かれることはありませんでした。
2位との差は 02.771秒でした。フ〜っ、ヤバい、ヤバい。
この後、しばらくPS3の電源切らず、テレビの電源だけ切って休憩に入りました。

F1_4_ニュル-GP_F
第4戦:ニュルブルクリンク GP/F:20周
ここのレースは面白いです。端から見てるのが、、、、。
最終のシケインで、やってれるやってくれる、クルッ、クルッと。
縁石でスピンするんですね。こちらも巻き込まれると大変です。
なんせ、砂塵が舞って、前が見えませんから。
最高速設定は370km/h。
↑の写真は話題の最終のシケインです。1コーナーで強引にトップに立って
前半部のコーナーは得意なんですが、後半のコーナーが下手なんですね、
2位に追いつかれてインに入り込まれてるとこでしょうか?
もちろん、彼はこの直後スピンしましたね。
2位との差は 04.189秒でした。

と、今日はここまで。
続きはあした。

※でも、この時点で4連勝。ポイントも400点でトップ。
ちなみに2位は215点。

まずはドリーム・カー・チャンピオンシップから

DCC_5_ニュル-24H
エクストリームシリーズもいよいよ大詰め!
が、フォーミュラ・グランツーリスモは早々にリタイヤ(泣
速すぎ、敵車!

で、先にドリーム・カー・チャンピオンシップに参戦しました。
クルマは、多少反則気味ですが、、、、ミノルタトヨタです。
完全勝利!
ただ↑の写真のように最終戦はニュルブルクリンク 24H で、
天候は「雨」
楽勝と言えば楽勝ですが、神経使います。
疲れました。

なので写真は1枚きりです。

「ベルン・マルクト通り」の女

ベルン-マルクト通り-ts_1
長丁場レースを敬遠して、昨日から引き続きフォトトラベル。
今回は祇園のとなり、ベルン・マルクト通りです。
ベルン-マルクト通り-ts_2
やはり、ここでも気付きますよね〜。
クルマを設置したとたん、真後ろで携帯電話をかけている美しい女性。
目立ちますねぇ。
で、一枚。
ベルン-マルクト通り_女性
トロフィーをいただけますよ。(ポートレート)

祇園に、コルベットに、佇む男!

京都-祇園_コルベット_1
エクストリームシリーズの「米国選手権」に参戦するために
ディーラーで買ってしまいました、コルベット。
馬力的にも不安がありましたので、グランツーリスモの1作目からの復活叶った
レーシング・モディファイ、略して「RM」。そしてフルチューン、、、、、
こんな↑↓姿になりました。     けっこう好みです。。。。
京都-祇園_コルベット_2

京都-祇園_コルベット_3
おおっと、、、ここで気付く、、、後ろの橋の上に佇む怪しい男。
何を見ているのか?誰かを待っているのか?、、、う〜むあやしいなぁ。
顔は英国人?もしかして秘密諜報部員、スパイか、、、、007?

クルマから離れて、隠し撮りしておこっ〜と。
京都-祇園-007
とってもハンサム。
やはり彼にはアストン・マーティンが似合うかな。


最後ですが、レースは無事に A、B-spec ともに勝利。
このあとはフォーミュラ・グランツーリスモ選手権とドリーム・カー・チャンピオンシップ。
ともにシリーズ戦の長丁場。攻略は休日かなぁ?

エクストリームシリーズの攻略状況

スーパースピードウェイ_3-2
NASCARシリーズです。
A-spec B-spec ともに難易度高いです。
カーディーラーで購入したシボレーインパラを買って参戦。フルチューンにオイル交換、
できることはすべて施しています。
A-spec の場合、シリーズ最終戦のスーパースピードウェイ・デイトナ、ここだけ
1位が獲れない。他のコースでは、すべて1位なのでチャンピオンは取れましたが。
このあと、このコースのみを何度か参戦して何とかすべてを「金」にしました。
その都度のオイル交換は、一気に50馬力ほどアップするので必需です。

B-spec は、さらに大変です。各コースでクルマのサスペンションやギヤ比、
ダンフォースなどの設定が必要です。
もちろんドライバーのテンションを考えての戦略も必要です。
特に A-spec と同じく最終戦は厳しいです。何度チャレンジしても優勝できず、、、

そこでプラクティスのデイトナに入り込んで、クルマの設定を一目盛りずつ少しずつ
イジリながら詰めていきました。その中でのベストタイムを叩きだした、
その設定を持ち込んで参戦、何とか「金」でクリア。
やはりオイル交換は有効です。

※さすがに疲れで実際のレースの写真は撮っておりません。
この写真は、前回のスペシャルイベントでの写真です。

GT-R のウラ側

トライアルマウンテン-方輪_3
ポリフォニー・デジタル・カップの第2戦 トライアルマウンテン・サーキットの最終、
右の路肩に乗り上げると簡単に方輪走行状態に。
バッチリ、ウラ側が見れます。
トライアルマウンテン-方輪_1
方輪が浮いた瞬間。
トライアルマウンテン-方輪_6
なんとか元通り着地できそうです。

現在のゲーム進行状況はエクストリームシリーズに A-spec B-spec ともに参戦中。

エンツォ飛来!

ハイスピードリンク-横転_2
独占スクープ!
エンツォ・フェラーリ横転事故直前の極秘写真を入手。
まさに空から飛来した感じがします。
ハイスピードリンク-横転_1

GT-R '07 を購入

アールヴァイラー 小路1

アールヴァイラー 小路2

アールヴァイラー 小路3

A-spec、B-spec ともにエキスパートシリーズに進み、
ターボ車限定や日本選手権、ポリフォニー・カップの参戦を睨み
ついに GT-R 購入を決意しました。
個人的に好きでないエクステリアをエアロパーツで飾って、
少しでも戦車のイメージを払拭しようと・・・・・
心臓部も結構のチューンを施しまして、、、、
でも、乗りやすいんです。クセがないんです。ガヤルドよりも素直。
優等生のスーパーカーですね、日本車の頂点は。

撮影場所:アールヴァイラー 小路

事故のニュースです。

ハイスピードリンク-横転_14
本日、15時30分頃、ハイスピードリンクにおいて
ミッドシップ・スポーツカー・ミーティングに参戦中のエンツォ・フェラーリが
横転事故を起こしたもよう。
ハイスピードリンク-横転_12
最終ラップの最終の高速コーナーにおいて、
居眠りによるアクシデントのもよう。
ハイスピードリンク-横転_13
しかし、ドライバーは奇跡的に何の怪我も無く無事とのこと。
なんと、横転事故により「ロールオーバー」という
トロフィー受賞したそうです。

AMG ドライビング アカデミー卒業

8'21.725
金タイムが 8'30.000 なので、余裕でしたね。
なんだか区間ごとの試験より滑り具合がゆるいようでした。
ニュルブルクリンク-超上-_6
第1区間のオーバーテイク!
ニュルブルクリンク-超上-_7
第2区間、2台をまとめて、、、。
ニュルブルクリンク-超上-_8
第3区間、ストレートスピードを殺さないように壁との接触、他車との接触回避に集中!
ニュルブルクリンク-超上-_9
第4区間、、、、慎重に慎重に。
ニュルブルクリンク-超上-_10
これでスペシャルイベントはすべて終了しました。そしてすべて「金」獲得。
つぎはエキスパートのレースに参戦で A-spec、B-spec ともにレベルアップに励みます。

AMG ドライビング アカデミー 超上級のつづき

ニュルブルクリンク-超上-_3.
第3区間と第4区間を攻略しました。
が、注意すべきことは昨日と同じなんですが(汗
タイムは、、、
第3区間 2'07.406
第4区間 2'27.516
ニュルブルクリンク-超上-_4
写真は第4区間のストレート。295km/hのトップスピード付近ですね。
ニュルブルクリンク-超上-_5
こちらの写真は最後のコーナーです。
ここまで超上級の割には短時間で進んでおります。
つぎはラストのお約束、邪魔な他車を抜きながらの1周でのタイムアタックですが、、、
う〜む、集中力がどこまで持続できるか、、、、?

スペシャルイベント AMG ドライビング アカデミー 超上級に入校

ニュルブルクリンク-超上-_1
うわ〜っ!滑る滑る、ここは氷上かっていうくらい滑りますね。
アクセル、ハンドル、ブレーキまでも慎重に操作しなければなりません。
個人的には全然面白くないです。神経使うのって、ホント疲れます。
しかし、「金」の合格タイムは随分と甘い設定です。
ニュルブルクリンク-超上-_2
写真は2点とも第2区間のものです。
わたしのタイムは以下の通り。
第1区間 1'38.361
第2区間 2'23.247

わたしなりの攻略は、コーナーは滑ってるのを意識して小さく回って、
早めのシフトアップを心がけました。

A-specのプロフェッショナルが終わりました

グランツーリスモ・ワールド・チャンピオンシップを無事総合優勝。
しかし、レベルが24にいかなかったんです(泣
で、で、配信イベントを見ていたらランボルギーニ・エクスクルーシヴがあるじゃないですか!

↓のガヤルドを駆ってエントリーしました。
見事1位で多額の賞金とExpポイント(経験値)を獲得。
24レベルに達しました。

これでB-specのプロフェッショナルを終了したら
スペシャルイベントのAMG ドライビング アカデミーの超上級を攻略します。

今日は写真が無いので、書き下ろしイラストで、、、
countach

ランボルギーニ・エクスクルーシヴ参戦

ローマ市街地_ガヤルド_1
またもスーパーカーを購入。
フェラーリのつぎはランボルギーニ・ガヤルド LP 560-4 '08。
このクルマはドライブフィールが自分に合ってます。
ランブルギーニって認識が変わりました。アウディの傘下に入ったことが
クルマ作りにも影響があるんですね。そこへいくと、エンツォはさすがに持て余しぎみです。
ガヤルド、ぜひ実車をドライブしてみたい。

ローマ市街地_ガヤルド_2

ローマ市街地_ガヤルド_4

ローマ市街地_ガヤルド_3
その他の参加の皆様です。



スーパーカーフェスティバル (Professional)

ニュルブルクリンク-GP_エ1
スーパーカーフェスティバルに参戦ということで車両は何にしようかと、、、、。
で、で、買っちゃいました、エンツォ・フェラーリ。イエローです。
スペシャルイベントで稼いだ大枚をはたいて!
しかも、750馬力超えまでチューンして。
レースは、反則以上に楽勝で、、、。
↑はスタート後の1コーナー。つぎのコーナーまでにはトップです。
あとは独走。
ニュルブルクリンク-GP_エ2
このお尻の出具合がたまりません。
ニュルブルクリンク-GP_エ3
で、お尻のアップです。
ちなみに3枚ともニュルブルクリンク GP/F サーキットです。
プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR