【ムック】 ホリデーオート最新刊7月号は、トヨタGTカー祭りだわっしょい!

ホリデーオート毎月買ってるなぁ。
コストパフォーマンスいいのよねぇ。
なんたって 380円だもの。
過去の資産を上手に活用すればね。
企画命です!
さぁ~て、今月の企画はなんダァ・・・?
2017-06-08_mook_01
ホリデーオート 2017年7月号
雑誌
出版社:モーターマガジン社
発売日:2017/6/9
2017-06-08_mook_02
【第一特集】
『TOYOTA GT傑作選』
○トヨタGTの歴史はここから始まった・2000GT
○2000GTのDNA・セリカXX ・スープラ ・レクサスLFA
○GTアゲイン ~箱のGTたち
○TWINCAMの時代
○ハチロクの魂は今も生きているか?・AE86 × ZN6
○トヨタ秀作GTグレードの歩み系譜・セリカ ・ソアラ ・トレノ&レビン・MR2 ・カルディナ
○レクサスLC Fこそ2000GTの後継車だ
○時代の目撃者たち
○レーシングマシンに見るトヨタのGT魂
○トヨタワークス=TRDのお仕事

2017-06-08_mook_03
他にもちょーっと読みたくなる企画がありますねぇ
【第二特集】
『シビック アゲイン! 』~7年ぶりに日本で発売! ブランド復活なるか?~
【特集】
『今、日本で買えるGT大全 2017』
2017-06-08_mook_05
【第三特集】
『ワイルド7 Cars' Chronicle』~ハードアクションのヒーローとマシンが蘇る~
ワイルド7には数々の名車が登場していたのです。
幻のランボルギーニ・イオタまで出ていたとは・・・
2017-06-08_mook_04
トヨタのGT魂
これまた懐かしいレースカーの写真のオンパレード。
サーキットからラリーフィールドまで数々の名マシンが続々と登場。
Amazonより


スポンサーサイト

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 中古本:自動車アーカイヴ '80sアメリカン

最近、近くのスーパーに『草叢BOOKS』という本屋さんができました。
そのスペースには中古楽器屋さんやスタバもあって、休日の午後をゆったり過ごせるのですよ。
そこで見つけた中古ムックをご紹介します。
2017-06-05_mook_01
自動車アーカイヴ Vol.12 (別冊CG)
- 80年代のアメリカ車篇 -
ムック:224ページ
出版社:二玄社
発売日:2005/03
2017-06-05_mook_02
オイルショックの70年代を乗り切ったアメ車でしたが、ダウンサイジングを余儀なくされたは80年代は、まだまだ元気がありません。デザインも試行錯誤の途上です。写真を見ながら時代の流れが一目でわかる一冊です。当然、90年代のアメ車アーカイヴがあればいいのに・・・
2017-06-05_mook_03
ダウンサイジングで、日本車や欧州車と完全ライバル関係に。
ちなみにこの80年代の日本車のシェアは20%だったそうです。70年代は10%しかありませんでした。


   

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 ニューモデル速報、ホリデーオート、モデルカーズの3冊でーす

3冊紹介しまーす!
今月はフェアレディZの「月」でした。

2017-05-28_mook_01
モーターファン ニューモデル速報 第552弾
レクサスLCのすべて
ムック:112ページ
出版社:三栄書房
発売日:2017/5/16

以前、【ビデオ&写真集】 名古屋駅周辺 自動車ショールーム事情 2017でお伝えしました
レクサスの最新クーペ『LEXUS LC』の特集本。
今の日本には無いクーペ。
いいですねぇ。。。

2017-05-28_mook_02

レクサスの新しい時代を感じさせるラグジュアリー・クーペが誕生。

欧州のライバルを追い掛けるのではなく、唯一無二のフォルムを追求した美しいデザインと後輪駆動用の新設計プラットフォームを採用しより進化したハンドリングを獲得

5.0L V8エンジンと、リニアリティを大幅に増した3.5L V6エンジン+モーターのマルチステージハイブリッドシステムというふたつのパワートレーンを用意。

レクサスのフラッグシップとなるこのLCの詳細を様々な角度から解説した1冊です。


Amazonより


フェアレディZ…その1
2017-05-28_mook_03
ホリデーオート 2017年6月号
雑誌:月刊版
出版社:モーターマガジン社
発売日:2017/5/10

上手だなぁ<モーターマガジン社
毎月買ってるかなぁ・・・

2017-05-28_mook_04

『オレたちのフェアレディZ物語』
○フェアレディZの物語 48年の歩み(歴史編)
◯オレたちのフェアレディZ物語(オーナーインタビュー編)
◯S30Zのレンタカーに乗る!
◯もう一度、Z Car Hobby
◯次期フェアレディZは2019年に登場!!
◯戦うフェアレディZの記録と記憶
◯Z以前のフェアレディ、ダットサン・フェアレディの系譜
◯華麗なるZチューンの世界
◯〝団長のZ〟西部警察スーパーZ
◯アドバンHF Type D 、S30 & S130にジャストフィット


Amazonより

2017-05-28_mook_05
最近のホリデーオートの特集は、ターゲットの設定が若者ではなく「おじさん」にシフトされてます。ますます若者のクルマ離れを助長しそうだ。しかし、そうしなければクルマ雑誌の存在も危ぶまれるわけで・・・

フェアレディZ…その2
2017-05-28_mook_06
model cars (モデルカーズ) 2017年 7月号 Vol.254
雑誌:月刊版
出版社:ネコ・パブリッシング
発売日:2017/5/26

どちらかというと「買ってしまったぁ」という感じですが(汗
1500円(税込)という値段設定で売上部数を伸ばす狙いは理解できますが、中身は薄くなってしまった。
雑誌の厚さのことでは無いですよ。記事内容の厚さです。
昔のモデルカーズは保存価値がありました(中古雑誌もそこそこいい価格)。
現在の雑誌に保存価値はありません。その日その時のためだけ、要は時間つぶし的雑誌です。
それに1500円というのも高いわけで、この内容ではこれからネコパブ雑誌経営は苦しいでしょうねぇ。
いつまで続けられるのか・・・とりあえず考えて頑張れ!

2017-05-28_mook_07

特集:永遠のアイドル フェアレディZにときめく

かつて我が国では、大衆の人気を一身に集める存在は「スター」と呼ばれていた。
「銀幕のスター」、「歌うスター」、「TVスター」……。
それが「アイドル」へと変わったのは1960年代後半のこと。
それまでの「スター」が、最初から完璧な容姿・完璧な芸を売りにしていたのに対し、「アイドル」とは、その人ならではの華を持ちながらもある種の未熟さを併せ持ち、その成長をファンがともに感じることのできる存在であると言われている。
丁度それと同じ頃、国産自動車の世界に現れたアイドル、それがフェアレディZだ。
1969年に登場したこのスポーツカーは、現在でも人々の人気を集めるアイドルであり続けている。
「Z」とは、「これ以上ない最高のもの」という命名だが、それに反して、このクルマがファンとともに成長する存在だったことは論を俟たないだろう。
今回はそんなフェアレディZの特集である。
【その他のコンテンツ】
・新宿おもちゃカーニバル オークション大会事前情報
・アメリカ・モデル・カーズ
・トミカプレミアム(タカラトミーモールオリジナル カタログ)
・Zミニカー大全
・丸餅博士の古典ミニカー天国 など


Amazonより



  

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 アオシマ 1/24 パガーニ・ウアイラを作るなら・・・

今日、紹介の雑誌は、模型雑誌のモデルグラフィックスです。

2017-04-29_mook_01
モデルグラフィックス 2017年 6月号
雑誌:月刊
出版社:大日本絵画
発売日:2017/4/25
定価:743円(税別)


2017-04-29_mook_02
目次より
[巻頭特集] スペース観艦式2017
続・電飾のススメ [短期集中講座]
特集の中身も濃いです。
2014年公開の映画『インターステラー』に出てくるレンジャー号ですよ。
ミクロの決死圏のプロテウス号やウルトラセブンのウルトラホーク2号、スペース1999のイーグルまでと
艦の選択がゼツミョーですよ。

2017-04-29_mook_03
本来、この雑誌の購入の理由がこれ↑
アオシマ 1/24 パガーニ・ウアイラ
これからキットを組み立てようとお考えの方・・・
キャンディ塗装と可動部にネオジム磁石を使って、ピタッとフィット!
しかし、参考になるけど、自分には無理か!?



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

【ムック】 新しい雑誌から ランボルギーニ・イオタSVR の情報を発見!

書店で、創刊された雑誌をペラペラと・・・
あれ?この写真はイオタ SVR ?
見たことないぞ、この写真は!?
そう思ったら、いても立ってもいられない。

その本の名は?
2017-04-20-mook_05
ジェントルマン・ドライバーズ
雑誌(不定版)
出版社:三栄書房
発売日:2017/4/10
定価:2000円


ちょーっとお高いのね。
カーグラフィックが1500円ですからねぇ。
しかし、見たことない写真がー・・・う〜む、どうしよう。買う?買わない?
と心の中で葛藤があったとか、なかったとか。。。
2017-04-20-mook_06
さすがに売りのイオタの写真は載せられない。
ぜひ買って見てくださいね。

──── ランボルギーニ・イオタSVRとは

 “イオタ”という名前にスーパーカーブームの頃の子供たちは熱狂した。
日本の子供たちがイオタと思っていたクルマが、実はミウラを改造したレプリカだと知ったのは後の話。
card_jota_svr_01
ランボルギーニ イオタ SVR
↑このスーパーカードが“幻のイオタ”
これが日本に輸入され、東名モータースの展示場に置かれていたのを子供の頃の自分が自転車で何度も見に行っていたわけで・・・

card_jota_svr_02
このイオタ・レプリカのシャシー番号は#3781。
実はこの番号は初期型のミウラP400のものなのだ。

card_jota_svr_03
このジェントルマン・ドライバーズの記事の内容は、日本にやって来る前の#3781のことが書かれているのだ。
所有者は誰で、ランボルギーニへのオーダーはどんなものだったのか?
今までは“幻のイオタ”にスポットライトが当たっていましたが、レプリカにもスポットライトが回ってきました。
特にこの“SVR”は思い入れがある人が多いと思いますので、この雑誌は必見!!




テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR