【写真集】2015 オートモデラーの集い in 名古屋 …Part 7

第24回 2015 オートモデラーの集い in 名古屋

第7回目、、、
そろそろ、お昼ですねぇ!
お腹が空きませんか!?
カレーが食べたいですねぇ。
地下鉄 藤ケ丘駅の近くにうまいインドカレーがあるのですけど〜♪
行きましょうよ♪
それまで、もうひと頑張り撮影しましょ!

ちょいピンボケが多くてゴメンなさい m(_ _)m

automodeler2015_088
510 ブルーバード

automodeler2015_089
ELEANOR エレノア

automodeler2015_090
サバンナ RX-7

automodeler2015_091
コルト ギャラン ハードトップ

automodeler2015_092
セリカ 1600GT

automodeler2015_093


automodeler2015_094


automodeler2015_095


automodeler2015_096
ブルーバードが人気なの?

automodeler2015_097
もう一丁、ブルーバード

automodeler2015_098
さて、これで撮影は終了です。
あら、畔蒜先生がおみえになりまたよ。

帰りの駐車場にて、、、
automodeler2015_099
これは美しい日産・ブルーバード、510型ですね

automodeler2015_100
クルマの外に立っている方がオーナーさんです
良い趣味をお持ちです。うらやましい。。。

automodeler2015_101
後ろ姿も美しいですよー♪
写真を撮らせていただいて、ありがとうございました。

■主催:TMCC(東海モデルカークラブ)
    TDMC(トヨタデザインモデラーズクラブ)
    クラブ MODENA(モデナ)
■日時:平成27年11月22日(日)10:00 ~ 16:00
■会場:トヨタ博物館 新館1F 大ホール会議室


おしまい。
また、来年、お会いしましょう♪
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

【ビデオ】3Dプリンターって話題ですねぇ…キットのないカーモデルを作ってしまう夢の箱

ことの始まりは、、、
5月17日・18日に行われた「第53回静岡ホビーショー」についての記事を調べていました。
そこで見つけたのがGAZOO.comの記事なのです。
→これです→静岡ホビーショーに行ってきた!モデラーブースレポート

そこで目にとまった1枚の写真、、、
toyota-sera
1/24 トヨタ セラ

そこにあったのは、

「キットがなければ自分で作る!」

トヨタが市販車として初めてガルウイングを採用したセラの1/24モデルカー。こちらは市販キットではなく、3Dデータを作成し、3Dプリンター(プロッター)で出力したものだそう。



これは気になるー!!
この完成度の「セラ」、しかもガルウイングドアが開いている!
内装もちゃーんと作ってある!
えーっ、どーやって?

3D関係に詳しい友人に聞いてみたら、すぐにわかってしまった。
制作過程の映像を教えていただきました。
ありがとー♪

part1からpart3までの映像3本、ちょーっと長いですが見る価値大ですよー♪

モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part1【内装編】


モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part2【外装編】


モデラやろうか-1/24トヨタ・セラ part3【完結編】

どうですたか。すごいでしょー。
この使用している機材はローランドの「モデラ」という機械です。
切削RPマシンというんですね。
素材の塊から削り出していくという仕組みなんですね。
これも3Dプリンターっていうんですねぇ。(ローランドでは3D出力装置になってます)
ローランドのホームページ→ローランド DG

技術があるって、素晴しい!うらやましー♪
このこだわりに脱帽です。
キットがなければ、自分で作ってしまえー!♪

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

『模型ファクトリー』って、もっと増えると良いと思う!

mokei-factory
▲モデラーの聖地となるか、模型ファクトリー!

『模型ファクトリー』

 2009年4月にリニューアルした新宿マルイ本館、 その後9月にオープンした新宿マルイ・アネックスの7階にできたのが「模型ファクトリー・ライデンシャフト」http://mokei-factory.com/
ココは模型専門店!模型のことならプラモデルから鉄道模型、それらの魅力を伝える書籍がたくさん並んでいて、模型用の工具や塗料を取り揃えたショップです。
★ココがポイント!必要な工具類をココで借りることができ、ココで気軽にプラモデル製作ができるアトリエがあるのです。エアブラシだって吹けちゃうんだぞー。
さらに、鉄道模型分野では自分のお気に入り車両を走らせることができるジオラマも併設されているのです。
mokei-factory-book
▲模型の伝導、塗装手法や製作手順の見本や完成品紹介の書籍など。
懐かしい戦車や、時代を変えた伝説の名車たちのプラモデル、その魅力を伝える本たちが厳選されて並んでいます。

mokei-factory-atlier
▲これがプラモデル製作が出来るアトリエ! 作業スペースは、横幅:73cm×奥行き:60cm。
必要な工具類を借りられるので、手ぶらで気軽にプラモデル製作が楽しめます。
買ったその場でプラモデルを製作をしたり、家で現在製作中のプラモデルを持込んで製作することもできるのです。
隣で製作する人とお友達になったりして、、、

mokei-factory-airbrushcorner
▲なんと、エアブラシによる本格塗装が可能な塗装ブースがあるぞー♪ 作業台の大きさは、横幅:80cm。
自分の家では諸事情があってなかなか出来ないエアブラシ塗装が、ここで出来てしまうのですよー。

mokei-factory-airbrush
▲塗装ブースにはアネスト岩田エアーブラシ。 使用圧力:0.25~0.4Mpa
道具も贅沢ですね。エアブラシを持っている人でも良い製品は良いものです。
お試しどーですか。

mokei-factory-tool
▲基本工具も借りられる。手ぶら行けちゃいますね!
【主な工具】…薄刃ニッパー、ラジオペンチ、モデラーズナイフ、カッターナイフ、各種ヤスリ、ピンセットなど

利用料金はといえば、、、
■基本料金:240円、延長10分:80円
■お得なパック料金 
 3時間パック:1,100円
 5時間パック:1,500円
 一日最大:2,000円
■ロッカー使用:2,000円/1ヶ月
※すべて税込み
※ロッカーとは、作り途中のプラモや工具を預けることが出来るロッカーなのです。仕事帰りとか、待ち合わせの前にとか、手ぶらで行って自由に利用できるのはありがたいですね。

これぞ、都会に住まうモデラーの住宅事情に適合した“個人のアトリエ”、それに作品発表に役立つサークル“仲間作り”にもいいでしょうね。

私といえば、今から30年前の第2次プラモデル・マイブームの頃の夢はエアブラシが常設できるアトリエを作ることでした。
第2次マイブームの頃というのは、高校を卒業した後からの
ことですね。それが今も続いている訳ですが、、、(汗

第1次マイブームの頃は、家の中でプラモデルを作っていると家族からは白い目で見られていましたね。
色を塗った日にゃー、「くさい!」「やめろっ!」とじいさんに怒鳴られていました。
ただ、ばあちゃんだけは味方してくれてかばってくれてました。
プラモデルは専らばあちゃんにおねだりして買ってもらっていました。懐かしいなぁ。
「ばあちゃん、ありがとう」
現在は、幸いにも家でエアブラシを吹くことに何ら問題は無いのですけど、さすがに常設とはいきません。
準備に15分、片付けに20分は必要です。しかし、これ以上は“贅沢”というものだろうと、、、。

いまの夢は、「エアブラシが常設できるアトリエを作る」「ほぼ 1/24 世界のクルマ博物館を作る」ことです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toratousagi

Author:toratousagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR